忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
「東京」 アエル(株)(資本金50億円、中央区八重洲1-5-3、ウィルフレッド ワイ ホリエ社長、従業員324名)は、3月24日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は田淵智久弁護士(港区赤坂2-17-22、電話03-5574-7402)。

当社は、1969年(昭和44年)6月に設立された消費者金融業者。90年代後半に業容を急拡大させ、95年からは無人店舗「ひタッチくん」を主力として積極的な営業を展開していた。事業の多角化にも乗り出し、ピーク時の98年3月期には営業収益約611億1700万円を計上、消費者金融業界では中堅の地位を確立していた。

しかし、99年以降は資金調達先だった金融機関の経営破綻によって、当社の保有していた金融機関の社債、株式などが不良債権化。また、2000年6月の出資法改正(上限金利の29.2%への引き下げ)の影響や貸し倒れの増加、グループ会社の業績不振など業況は伸び悩みを余儀なくされていた。こうした中、2001年7月には日立信販(株)から現商号のアエル(株)へ変更してイメージを一新して再スタートしたものの、2003年3月期は、営業貸付金残高約1064億円(前期比4.0%減)、営業収益は約281億8600万円(同4.8%減)にとどまっていた。損益面もABS(資産担保証券)の早期償還やデリバティブ取引の評価損などで、111億円以上の特別損失を計上したことで赤字転落を余儀なくされ、2003年9月に東京地裁へ会社更生法の適用を申請、スポンサーの支援を得て再建を進めていた。2005年には再建計画「AEL2010」と称して5ヵ年計画をスタートさせ、全国の店舗数を500店舗にまで増やすことを目指した新たな拡大路線を推進し、2007年8月に更生手続きを終結していた。

しかし、2006年12月に成立した改正貸金業法の施行によって高水準の過払金返還請求が続いたことで、金融機関からの資金の引き締めが厳しくなり資金繰りが悪化していた。加えて、貸し付け基準を厳格化したことなどにより、事業継続が困難となっていた。

負債は約231億円。(帝国データバンク引用)

アエルは利息制限法の上限金利を上回るグレーゾーン金利で利用者に貸し付けをしており、過払い金については債権者として返還請求が可能。同社に債権の有無を確認し、東京地裁に債権届けを提出しなければ失権する可能性がある。(西日本新聞一部引用)

今日もアエル株式会社の破綻に関する記事を紹介します。

帝国データバンクによりますと
>98年3月期には営業収益約611億1700万円を計上
とありますね、600億オーバーですよ…
あの糞高い貸付利率の裏では一時期はこんなに多額の利益を上げていたんですね、この利益の中にはもちろん私達のような者がアエルに支払った過払い利息も含まれている訳ですよね。
それが会社更生適用申請、更には今回の民事再生法の適用申請、返還するべき過払い金の返還を色々な理由を付けては先延ばしにしてこの有様です、ふざけた話ですね(´・ω・`)

また、西日本新聞の記事には過払い金返還に関しては債権の有無をアエルに確認し、債権届けを東京地裁に提出しなければ、過払い金返還請求権を失権する可能性があると書かれていますが、アエルに対して自分が過払い金返還請求権という債権を有している事に気付いている人はアエルと取引をしてきた人の中にどれだけいるのでしょう?
自分自身のの過払いに気付いていない、そんな人達もまだまだ多く存在しているんでしょうね。
アエルへの過払い金返還請求、どれだけの過払い金を取り返す事が出来るかは本当に微妙な話になってしまう可能性はありますが、それでも少しでも多くの人により多くの金額の過払い金の返還を行えるようになってくれる事になると良いのですけれどね…やはりそれは難しい話なのでしょうかね(´д`;)
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» アエルについての司法書士無料相談会
こんにちは、逆襲のルパンさん、皆さん
東京司法書士会が主催するアエル無料相談かあります。下記URLに詳しく書かれていますが、まだアフクションを取られていない方は、何をどうしたらよいのかなど一度電話で問い合わせて聞かれたらと思います。


http://www.tokyokai.or.jp/doc/news/news080327.pdf
Yoshi 2008/03/28(Fri)13:03:25 編集
» Re:アエルについての司法書士無料相談会
Yoshiさん、おはようございます。
いつも情報提供していただきまして、ありがとうございます。
アエルとの取引に関する事(過払い金請求や借入金返済等)の弁護士会や司法書士会の無料相談、全国各地で行われていますね。
アエルと取引を行なってきた人や現在も取引がある人達がこのような相談会に参加して、新たに自分の過払い金に気付きアエルに対する債務が無くなるという人が1人でも多く出てくると良いですよね。
アエルの民事再生により過払い金返還請求を行っていた人が請求額の全ての過払い金をアエルから取り返す事はかなり難しくなってしまいましたが、未だにアエルに残債務の存在している少しでも多くの方が貸金業法所定の利率で今までの返済を引き直しを行い、アエルへの債務が無くなっている事に気が付いてくれたらよいなぁ…とは思います。
でも、アエルのやり方は…やはりおかしいと思わずにはいられませんよね…
2008/03/30 06:49
» 過払いについて思うこと
アエルに対して自分が過払い金返還請求権という債権を有している事に気付いている人はアエルと取引をしてきた人の中にどれだけいるのでしょう?

の一文は僕自身本当にそう思います。
むしろ潰れたらすごい取立てが来るんじゃないか?自分は今後どうなっちゃうんだろう?
それとも借金から開放されるのかぁ?
いやそれはありえないだろう・・・・。

って考えてる人のほうが多いかも!?って思います。

僕も最近まではどうやって、何の仕事やってかね稼いでいったら借金払い終えることできるだろうか?

恥ずかしながら男ながら愛人契約してくれるお金持ちの奥さんとかどこかいないだろうか?

とかバカなことばかり考えていました。

人間返すことに頭がいってしまうと高々200万くらいの借金なのに20年も9万以上の金を毎月払っているのに何で終わらないんだろう?
とは思っても、でも早く終わらせなきゃ!=金稼ごう!とは思っても『払いすぎだからもう返さなくていいんじゃないか?』という考えにはなかなか結びつきません。

大手銀行がバックに付いているアコム、プロミスでさえ相談に乗ると言いながら『あなたは払いすぎているから借金はもうないですよ、もう返さなくていいですよ』なんて能動的に動いてくれることなんてこの先もまず無いでしょう。
こんな時代だからそーゆーことやって一回借金チャラにしてあげて法定の範囲の中でもう一度審査し法定利息で極度額設定しますよ!

ってやったら企業の株上がるのにって思います。

話はそれてしまいましたが、銀行も含め金融業界全体が腐っているのでしょうね。今に始まったことではないですが・・・・・。

インターネットを見ることができない人たちはおそらく過払いの存在や仕組みについてはまずかなりの確立で知らない人ばかりでしょうし、そういった人たちにいかにわかりやすく伝えていける仕組み、媒体を作るかってことを政治家はやってほしいですね。

10年前に過払い知っていれば仕事を含め自分の人生は違っていたように思います。
ただその当時では今のようにはいかなかったとは思いますが。
40になって自分は何のために今まで生きてきたのかとちょっと最近むなしいです。

昨日の武富士の応対でこの野郎!って怒ったのとなんでお前らわざと変な計算して金かえさねぇんだ?なんで俺はこんな奴等相手にして交渉しなきゃいけないんだ?ってちょっと情けなくて泣きそうになりました。
それとともに絶対俺の計算認めさせてやる!
って決意も出てきましたけど。
まぁ認めるでしょうけどね。

でもアエルを相手にしている人たち頑張ってください。
気持ち萎えないでください。どんな状況でも突破口は必ずあると突き進んでください。

取り留めない長文ですみませんでした。


しま 2008/03/29(Sat)12:31:12 編集
» Re:過払いについて思うこと
しまさん、おはようございます。
アエルの民事再生に対する動揺は某巨大掲示板のアエルスレなどを読んでいるとかなり広がっているような気がしますね…
アエルに過払い金返還請求を行っていた人は落胆、今月末などに過払い金の返還を控えていた人はアエルに上手く騙くらかされたというような怒り、そして今でもアエルに債務の残っている人は今後どうなるのか?どうすれば良いのか?というような不安、と様々な思いを感じ取る事が出来ます…
私個人の考えとしましては、アエルは存続するにふさわしい会社では無いのでは?と思わずにはいられません…会社更生法の適用、そして今回の民事再生法の適用、そこまでして残すべき会社なのでしょうかね?
本来ならアエル(当然、旧日立信販も含みます)との間に取引があった人でその履歴の残っている人の全てに対してアエルから能動的に何らかの文書を送達する位の事をするべきであるのでは…などと思ってしまいますね(もちろん、今更そんな物が届くのは迷惑だと思う方も存在しているというのは理解出来ますが…)
アエルの今回の民事再生の手続きなどに関しては、あまりにも手際が良く、やはり様々な憶測も感じ得ずにはいられないところですね。
私も過払い金請求を知るまではしまさんのように長い年月に亘って借金とその返済という人生を送ってきました、私も「どうにかなるだろう…」と「どうやったら全ての借金を返し終える事が出来るのだろう…」こんな事をずっと毎日考え続けるような生活を送っていました、借金返済が中心の人生…そんな時間を多く費やした事を今更悔やんでも仕方が無いですし、当然ながら自分自身にもその責任の一端は在ったのだと今では思う事も出来ます。
誤解を恐れずに言うと、私は自身の過払い金請求のほぼ全てを終える事が出来たため、今ではこのような事が言えるのかも知れませんが、過払い金返還請求を行うという時間の中で「お金と人生」について色々な事を考えたり学んだりする事が出来たような気がしていますので、今回の経験は過払い金という金銭的な物だけではなく、他にも大切な事を気付かせてくれた物であると感じています。
この私の感じた事、これが全ての過払い金返還請求を行う人に当て嵌まるか?というのは別としても、出来るだけ多くの人に過払い金請求という行為の存在を伝えていけたら、私の長かった借金生活も無駄な物では無かったという事になるのではとの思いもずっと持ち続けています…
過払い金に関する報道や行政などの取組みが今後どのように変わっていくかは私には分かりませんが、それでも少しでも多くの人が自分の過払いを知り、過払い金返還請求に取組む事が出来るような世の中になれば良いなぁと思います。
私も取り留めの無い長文・駄文で失礼しました。
でも、しまさんが取り留めの無いと思っているコメントが誰かにとってはとても大切な事である可能性もありますので、今後もコメントの書き込み、ぜひよろしくお願いいたします。
それから、ご自身の過払い金返還請求も、まずは今までの悔しさを力に変えて
、頑張って取り組んで行って下さいね。
2008/03/30 08:27
» アエル民事再生開始決定
こんにちは、逆襲のルパンさん、皆さん

今日アエルのHPを見たら、民事再生開始が裁判所から決定されたようで、いよいよこれから債権債務の金額の確定に向けた作業が始まります。

以下は内容です。
1.事件番号:平成20年(再)第77号
2.再生債権の届出期間 平成20年6月30日
認否書の提出期限 平成20年8月8日
再生債権の一般調査期間 平成20年8月29日 から平成20年9月12日まで
 報告書等の提出期限 平成20年8月8日
 再生計画案の提出期限 平成20年9月24日

上記内容のURLです。
http://www.aelco.jp/pdf/saiseikaishi.pdf
  
Yoshi 2008/03/29(Sat)13:51:18 編集
» Re:アエル民事再生開始決定
Yoshiさん、おはようございます。
アエルの民事再生、決定したんですね、いつも情報提供して頂きまして、ありがとうございます。
このコメントの内容は、記事にして貼らせて貰いますね。
少しでも多くの方が目にする事が出来ると良いと思いますので…
  
2008/03/30 08:50
» Yoshiさんへ。
アドバイスありがとうございます!
実はその本なんです。
二月末に注文したのですが、人気?があるようですね。需要が多いということでしょうか(^^;)
二月末時点では確かにUSEDもありました。でもまさかこんなに時間がかかるとは思わなかったので新品を注文したんです・・・翌日くらいに再度アマゾンをのぞいてみると、そのUSEDは売切れていました。そして久々にまたアマゾンをのぞくと、今度は全てsoldoutでした・・・ツイてないですよね。
Yoshiさんのコメントもとっても参考になります。
また拝見させていただきますね^^
ミント 2008/03/31(Mon)18:24:25 編集
» Re:Yoshiさんへ。
ミントさん、こんにちは。
横からすいません、過払いQ&A本、何だか現在大人気のようですね。
需要が多いのでしょうかね、だったらそれはそれで良い事ではあるのですが、ミントさんにとっては歯痒いですね…
後はミントさんの住んでいる地域ににもよりますが、大都市圏の大きな書店(東京で言うと紀伊国屋クラス)なら結構扱っていたりするんですけどね、これも実際行ってみるまでは分かりませんからね…
早く届くと良いですねぇ。
2008/04/01 14:55
» ミントさんへ
おはようございます。ミントさんへ
アマゾンで購入される本ですが、もしかして『Q&A過払い金請求の手引き』ですか?私もネットだけではなく、本でも調べようと図書館に無いか確認しても無かったので、購入しようと思いアマゾンにアクセスしましたが、納期が4月となっていたので取消して、すぐに納期が早いユーズ品にしました。届いたのは3日後でしたよ。ユーズ品は安いしアマゾンのユーズ品は出品者がきれいにしているので、問題ないと思いますので、一度アマゾンに電話で確認してユーズ品があるか確認後、今発注している物をキャンセルできるか確認して下さい。でももう予定納期が近いので、急がなければそのままでも良いと思います。
2008/04/01  9:00
Yoshi 2008/04/01(Tue)09:00:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]