忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
セシールとカード発行 プロミス、事業多角化推進

消費者金融大手のプロミスは23日までに通販大手のセシールと提携した。子会社を通じてセシールの顧客向けクレジットカードの発行を開始したほか、セシールの貸金業子会社を買収した。貸金業法の改正などで本業である消費者金融の収益環境が厳しさを増す中、他社との連携を通じて事業の多角化を進める考えだ。

プロミス子会社の「Doフィナンシャルサービス」が今月、セシールの顧客向けカードを発行した。セシールの通販で買い物をする際に分割払いに利用できるほか、希望に応じてキャッシングサービスの機能も付けられる。リボルビング払いや分割払いの利用額に応じてポイントも付与する。

一方、プロミスは子会社を通じて昨年10月、セシール子会社の「セシールクレジットサービス」を買収した。同社発行済み株式の66・5%を数百万円で取得。セシールの仕入れ先の売掛債権をセシールクレジットが買い取る事業を開始した。

貸金業法の改正で出資法の上限金利が引き下げられることが決まるなど、規制強化で消費者金融の市場規模が大幅に縮小するのは避けられない。このため、プロミスは三洋信販を子会社化して規模拡大を図ると同時に、事業の多角化を進めている。

プロミスは多角化の一環として、ヤフーと提携しインターネットで中古車オークション事業を開始しているほか、ライブドアとの提携でネットショッピングモールも手掛けている。(フジサンケイ ビジネスアイ引用

三井住友FG系の消費者金融であるプロミスさん、その資金力によってまたまた企業規模を拡大ですね(・∀・)

通販会社大手のセシール、俺のような男にはあまり馴染みの無い会社ですが女性には有名な会社なんでしょうね、そのセシールの子会社であるセシールクレジットサービスを買収という事で新たな顧客開拓+事業規模拡大という事なんでしょうね。

まぁ、俺はプロミスが三井住友の力を最大限に利用して消費社金融業界でのトップを目指す事は何とも思いません、ただ会社を大きくしていくためにはそれなりの社会的責任を負っていただきたいとは思いますので、プロミスさんや三洋信販さんには、きちんとした過払い金返還対応を行って貰いたいと思います(`・ω・´)

これはこのような話題が出るたびにいつも書いている事なのですが、事業を拡大しようがどこの会社を買収しようが構わないが、過去の自社の不当利得金である過払い金の返還という負の遺産をきちんとした形で解決する事からまずは初めてくれよ!という事ですねヽ(・ω・´ )ノ

中古車オークションでもインターネットモールでもご自由にやって下さって構わないのですが、見てくれだけ綺麗に企業としての体裁を整えるよりも先に、もっとやる事があるような気がするんですけどね…
まぁ、でもプロミスと三洋信販は大手消費者金融業者の中では過払い金返還の対応に関してはまだまともな方だという事なんでしょうかね…

最近では大手銀行系消費社金融であるアコムさんの方が過払い金返還の対応が日増しに悪くなってきているという噂もよく聞きますね。
大手銀行系消費者金融としてどこかの銀行の頭取さんがインタビューで答えていたように、コンプライアンス遵守wwwでお願いしたいものですね( ゚∀゚)アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 貸金業の金利見直し
おはようございます。逆襲のルパンさん、皆さん
貸金業者の金利について、改定が決まっていますが、現在金利について特例法を成立させて巻き返しを図っている消費者金融会社を阻止するために超党派議員が立ち上がっています。特例法があることも知らないけど、早く改定された法律が実施してもらいたいです。朝日新聞web版です。

---------------------------------------
貸金業者の金利「巻き返し」防げ 超党派議連が発足 2008年04月24日19時12分
 上限金利の引き下げを柱とする貸金業法の完全施行を前に貸金業者の「巻き返し」を防ごうと、超党派の国会議員連盟が24日、発足した。同法にある、完全施行までに「所要の見直しを行う」という異例の規定をてこに、金利引き下げを止めようとする動きが強まっているためだ。
 発足したのは「多重債務問題対策議員連盟」。「多重債務者をなくす」という貸金業法の本来の趣旨が実現するよう厳しく監視する方針だ。
 議連には、元金融相の与謝野馨氏(自民)ら各党の国会議員約70人が名を連ねる。設立総会では共同代表の後藤田正純氏(同)が「全会一致で貸金業規制法の改正を成し遂げたのに最近、反対方向の風が吹いている」と指摘。枝野幸男氏(民主)も「逆方向への動きを『芽』のうちにつぶしていく」と述べた。
 出席した渡辺金融相も「見直し規定は『昔に戻す』という趣旨の規定ではない」と明言した。
 06年12月に成立した貸金業法は、上限金利を現行の29.2%から、10年6月までに20%に下げることが柱。当時は貸金業界が強く反発、一部の融資については20%超の金利を認める特例も検討された。しかし、完全施行前に「見直し規定」をつけることで特例を撤回し、何とか成立にこぎ着けた経緯がある。
 法改正を受けて、大手消費者金融が自主的に上限金利を引き下げたこともあり、多重債務者の数は今年2月末には121万人と、1年前に比べて3割以上減った。
 一方、運転資金を個人で借り入れるケースが多い中小企業の倒産件数は増えており、「金利引き下げが、個人事業主への貸し渋りを招き、倒産につながっている」との指摘も出ている。さらに、融資が受けられなくなった個人事業主が、法外な金利で貸し付ける「ヤミ金融」に流れる悪循環を招いているとの疑念も消えていない。(吉川啓一郎)

http://www.asahi.com/politics/update/0424/TKY200804240231.html
---------------------------------------
Yoshi 2008/04/25(Fri)08:45:38 編集
» Re:貸金業の金利見直し
Yoshiさん、こんにちは。
またまた新たな情報提供ありがとうございます。
改正貸金業規制法の完全施行を前にそれを巻き返すために金融業者側が議員に対しても色々と根回しなどしているんでしょうかね?
特例法ですか、確かに今更特例法など制定したら、何のための改正なのかまるで意味が分からなくなってしまいますね。
その特例法の制定を阻止するために党をを超えて国会議員が結託、これはこれで良い傾向ですね、まず考えてみて欲しいのは何故に貸金業法の上限金利が下げられたのか?これは当然ながら多重債務者を減らし国民の生活を守るためですよね、これを施行前に覆されるような事があったら何のために貸金業法が改定されたのか分からなくなってしまいますよね。
こういった超党派なら大歓迎ですね、自民、民主その他の政党を問わずまずは消費者保護という観点から本来のこの貸金業法の改正趣旨を考えて見てもらいたいものですね。
また、この話題が出ると必ずと言っても良いほど、個人事業主への貸し渋りやヤミ金に走る者の増加が引き合いに出されて懸念材料にされますが、それに関しては他の政策を考えていくべきであると思うんですけどね…
中小企業への融資に関しては銀行や行政が、そしてヤミ金に走るという構図を阻止するためにはヤミ金自体の撲滅などを柱とした政策をもっと強化しても良いと思うのですが、これもまた色々と難しい側面もあるのでしょうね…
私個人としましては、この話が出てくる度に必ずまともな金融業者から融資を受けられなかった者がヤミ金に走る可能性があるという疑念があるなどという極論的な意見が出されますよね、私はこれ飛躍した発想であるとも思うのですがね、どうなんですかね?
私も一時は多重債務者と呼ばれるような人間でしたが超えてはいけない壁(ヤミ金などの違法金融からの融資に関しては絶対に考えた事はありませんでした)、これは私だけでは無いと思いますし国民の全てはそんなにバカでは無いと思うのですがね、一部の追い込まれた人間がそのような事を考えてしまうという可能性は否定は出来ませんが、それを懸念する位だったらそうならないための政策などを考える事が国会議員や行政の仕事なのでは無いのかなぁと思わずにはいられません…
PS先日Yoshiさんが紹介して下さった弁護司法違反の男を逮捕の記事を読みました、これ記事を読んだ限りでは逮捕されて当然ですね。
消費者金融のATMの前で待ち伏せしていて、過払い金返還請求について持ちかけ(ここまでなら問題は無いと思いますが…)自身が法律事務的な行為を行ないその報酬として取り返した過払い金の4割を報酬として受け取る約束をしていたようですね、これは完全な非弁行為であり逮捕されても当然ですね、しかし取り返した過払い金の4割って…弁護士でもそこまで取らないでしょうに…
やはり過払い金返還請求を悪用したこのような犯罪は決して許すような事をしてはいけないですね。
またそのような犯罪が起きないためにももっと世間に過払い金の存在と過払い金返還請求という行為を広めるための努力をマスコミ行政には行っていって貰いたいものですね。
2008/04/25 11:04
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]