忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
信用情報の事故記載と過払い金請求について(。・ω・)

先日の過払い日記で紹介した、全情連が、金融業者に残債務有りで過払い金請求を行なった際の事故情報記載を更新していないという記事について俺が思った事について、今日も続けてですが書いてみたいと思います。

信用情報の事故記載=俗に言うブラック
という問題、これは金融会社に対して過払いは発生しているが、「過払い請求を行なう事によってブラックになってしまうのは困る…」という考えの下で過払い金請求を行なう事を躊躇してしまうという人は潜在的に結構多いんじゃないかなぁ、というのは俺も思っています(´・ω・`)

そのためもあってか、今年の9月から全情連では、今までは残債務ありで過払い金請求を行なった際には、信用情報の記載内容を政務整理・延滞等と記載していたのを契約の見直しという項目を作り通常の債務整理と区別するという事になったはずなのですが、それ以前に残債務ありで過払い請求を行なったものに対しては記載を更新していない物も多くあるという事実が発覚しました(  -д-)

これってかなり重大な問題ですよね
上記したように、「過払い金請求は行いたいがブラック(信用情報上の事故記載)になるのは困る…だから過払い金請求に踏み切れない」こういう風に考えてしまっている人って結構いると思うんです。

全情連に「契約の見直し」という項目が出来た事により、過払い金請求における事故情報の問題は多少ですがクリアされたものと考えていたのですが、全情連に今回の件のような言い訳をされてしまうと何を信じて良いのかすら分からなくなってきてしまいますね(´・ω・`)

全情連においては個人情報という物の重要性について、もう一度きちんと考えて、自らが決めた事に対してはきちんとした対応をとっていって貰いたいものですね(`・ω・´)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 地裁へ行ってきました。
こんにちはルパンさん。ヤマトです。

本日所用にて地裁の隣にある建物へ行く機会があり、途中相応の時間が有りましたので傍聴してきました。
本日の公判(ボードに有ったもの)24件中、不当利得返還請求事件は4件。比率的にはさほど多くないように思います。
ボードに代理人名のない「本人訴訟」と思われるものは24件中1件で残念ながら過払い請求とは違う事件名のようです。

日本の場合裁判は原則公開であり誰でも傍聴できますが、さすがに民事裁判で特に注目の事件でもない以上、当事者以外の傍聴というのは「目立つ」ようで少々尋問?されるというハプニングもありました。

主に午前中は第一回期日などの審理で、午後は判決を含めた案件のようで午後に有った「判決公判」は傍聴できませんでした。

自分が傍聴したのは対エイワの第一回公判。擬制陳述であり特に目新しい材料も有りませんでしたが、相変わらずサラ側は陳腐な論法でお金を返そうとはしないようです。
最後は弁護士(代理人)の「早期の判決」を望むとの意見陳述で終了。

やはり簡裁とは雰囲気の一味違う重々しさがあります。刑事・民事の違いはありますが「死刑」という判決すら下せる地裁の雰囲気は本人訴訟というのを躊躇させる一因でもあるのでしょうか?

すくなくともまた行ってみたいという感想は有り得ない所だと感じました。
ヤマト 2007/10/29(Mon)18:50:51 編集
» Re:地裁へ行ってきました。
ヤマトさん、こんばんは。
地裁で裁判の傍聴ですか、いつもながらヤマトさんの向上心には感服させられてしまいます。
私も自分のブログの書き込みなどからも、過払い金請求は少し落ち着きを見せているのかなぁなどと感じている今日この頃なのですが、絶対に潜在的な過払い債権の保持者はもっと多いものだとも思っています。
やはり「過払い」を知る手段、そしてそれを実行する行動力というものには壁が存在しているんですかね?
地方裁判所、確かに刑事に関して言えば日本の司法上の最高刑である死刑判決を言い渡す事が出来る機関ですね、そこからくる地裁独特の空気の重さというのは、そこに確実に存在しているんでしょう。
でも、過払い金請求を行なうのであれば、やはり私は地裁案件である方が、ある意味正当な判断が下される事が多いと思います(和解攻撃の問題は大きいですからね(笑))
私は、私のこのブログに過払い金請求を知る事が目的で訪れる人がいなくなる世の中が早く来たらいいなぁ、などとも考えてしまいますね。
ヤマトさん、それまではお互いに頑張りましょう、この過払いブログを訪れてくれる皆さんに色々とお力や知恵を貸していただけたら私も嬉しく思います。
2007/10/29 19:08
» 時効について
ルパンさんこんばんは。今日武富士の支店に取引履歴を取りに行ってきました。かなり以前に完済していましたが、まさか平成8年5月で完済解約になっているとは思っていませんでした。書面の一枚目には「かりに過払金が発生していたとしてもこの過払金の返還請求権は時効により消滅しておりますので、弊社はこれを援用致します。」と書かれていました。やはり10年以上経過しているので過払金訴訟は無理でしょうか?そもそも悪意の受益者であって不法行為に時効は援用できないとか、なんとかしたいです。やっぱ悔しいですね。
初心者 2007/10/29(Mon)20:56:24 編集
» Re:時効について
初心者さん、こんばんは、はじめまして。
初心者さんと武富士の契約をコメントの通りで判断させていただくと、最終取引時に完済解約になっていて、そこから10年以上の時間が経ってしまっているので、通常の過払い金請求(不当利得金返還請求訴訟)では、まず敗訴する事は間違いないと思います、悔しいですが現実的にはそうなってしまうと思います。
後の手段として残された道は不当利得金返還ではなく架空請求類似行為の不法行為(これは時効は20年です)で争ってくれる弁護士を探して依頼するという事が一番可能性は高いと思います。
ただ、これについては相手の抵抗も激しい事が予想されますし、通常の過払い請求よりは高度な訴訟戦術や法的知識が求められるので、個人では難しいかもしれません(何より最高裁での判例が無いですから、高裁の裁判例なら今年2件ありますが…)地裁に提訴でどちらかが敗訴して高裁まで争う覚悟は必要になってくると思います。
私もこの架空請求類似行為に関しては、それ程の知識を持ち合わせていませんので、やはり専門家に一度相談してみる事をお奨めいたします。
お力になれずに、すいません。
2007/10/30 02:20
» 控訴に向けて…
ルパン様、おはようございます。先日のコメントにおいては、大変喜ばしくない報告を記してしまい、ヤマトさんを始め、ここに集い日々皿との闘いに奔走されている皆さんには、大変申し訳なく、この場をお借りしてお詫び申し上げます。ルパン様、ヤマトさん、激励の言葉ありがとうございます。判決文を何度読み返したことでしょうか…当初の落胆は薄れ、今は控訴に向けて気持ちも高揚しています。担当弁との打ち合わせにて、今週末には東京高裁に控訴手続きを済ませる事になりました。50日以内に理由書を提出せねばなりませんが、高裁は地裁より口頭弁論期日間隔が若干長く設定される傾向にあるので、11月初旬には作成し提出する予定です。また、先の判決で認められた部分の過払金は、被告代理人より「来週早々に返還する」との連絡を受けたので、それはひとまず回収しておき、引き続き棄却部分の返還請求にあたります。控訴においては、原審にて4回の口頭弁論を済ませているので、新たな証が出されない限り、呆気なく判決を出される可能性もありますので、そうなればさほど長期化しないかもしれません。当方の争点についての地裁判例は様々ですが、上級審判例はまだこれといったものが見当たらないので、今般の過払金返還請求の風に鈍感な判事に再び当たれば、あっさり棄却される可能性も否めませんが、その時は即時抗告してもう一つ上に行くつもりです。「債務者の無知に付入り、不当に利得を請求・受領し続けた上、本来返還されるべき性質の金員を正当に請求する権利について、その消滅時効の起算点は発生時ではなく、当該権利の発生に気付いた時よりのものである」…この主張はなかなか認められにくいものですが、札幌や大阪、高松の高裁判例を基に頑張ってみます。もしも…もしも、当方側の主張を客観的に理解し、認めてくれる判事に出会えたなら、ひょっとしたらその実際の過払金返還よりももっと嬉しい事かもしれません。
実際に法廷に立つのは担当弁ですが、とにかく頑張ってみます。

昨晩のNHK「クローズアップ現代」では、消費者金融の現状を特集していましたね…「過払金返還請求」というテロップが僅かに映りましたが、もう少し濃い内容だったらよかったですね。

いつも長々とすみません。また、経過報告させて下さい。
第20使徒 2007/10/31(Wed)06:26:58 編集
» Re:控訴に向けて…
第20使徒さん、おはようございます。
謝ったりなんかしないでください、誰よりもショックを受けているのは第20使徒さんだと思いますし、ここに集ってくれている多くの過払い金請求訴訟を行なっている方達にも警鐘を与えてくれた事と思います。
やはり過払い金請求には難しい側面も存在しているという事、それにより気を引き締めなおしてという事が私としても理解する事が出来ました…
高裁での結審は確かに早くなりそうですね、今度こそ過払い金返還請求の趣旨を汲み取った判決を出してくれる判事に当たると良いですね。
私も昨日のNHKの番組は視聴しましたが、今ひとつの内容でしたね、闇金問題などには触れていましたが、今後の話よりも過去そして今現在の問題である過払いについてももっと深く切り込んで貰いたかったなぁ、と感じました。
第20使徒さん、何とか勝利を手に出来ると良いですね、そしてここに喜びの報告が書き込まれる事を応援しながら待っています。
私には何も出来ませんが…応援しています、頑張って下さい。
2007/10/31 07:45
» 第20使徒さんへ
おはようございます。ルパンさん この場をお借りして申し訳ありませんが、ぜひとも応援の書き込みをしたく失礼致します。私も同じく対プロミスで『取引の分断、消滅時効の援用』で争ってる立場なので第20使徒さんには是非とも頑張って頂きたいです。私も『控訴上等』の方針は変えるつもりが無いので勝つまでは、諦めません。微力ながら応援してますので是非嬉しい報告を頂けるまで頑張って下さいね。
長々と書き込み失礼しました。
赤い彗星 2007/10/31(Wed)08:18:32 編集
» Re:第20使徒さんへ
赤い彗星さん、おはようございます。
私もこの場でもう一度…
第20使徒さん、赤い彗星さん、そして過払い金請求を行なっている皆さん…
頑張って下さい(`・ω・´)ノ”
2007/10/31 10:01
» 第20使徒様へ
こんにちは、ルパンさん(´∇`)

私もこの場をお借りして、第20使徒様へ応援致したく失礼させて頂きます。

さいたま地裁では9年9ヶ月の分断を一連と認められた裁判例もありますが、確かに判事の判断に委ねられますよね・・・分断無くても時効が認められてしまう場合もあるし(-_-;)

私も時効で戦っている仲間として、是非頑張って下さい!ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
そして、いい結果報告をお待ちしております~♪
Nana 2007/10/31(Wed)12:06:05 編集
» Re:第20使徒様へ
Nanaさん、こんにちは。
皆さん、ありがとうございます。
第20使徒さんへの言葉、きっと届いていると思います。
確かに現在の過払い金返請求訴訟の場においては下級審での分断・時効に対する判断は分かれています、でも諦めないで闘う事にも何かしら意味や結果があると思います、皆さんの応援を力の一部にして第20使徒さん、頑張って下さい。
そして皆さん、優しさをありがとうございます。
2007/10/31 12:12
» 金融庁の英断。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

このコメントを下げている「信用情報」についての問題で金融庁からひとつの指針が実は2週間ほど前に出せれていたようです。
参考URL
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071017AT2C1504A16102007.html

貸金業者は不当に得た利得を少しでも返さないようにとする抵抗は予想以上に激しく、中でも一部商工ローンなどでは連帯保証人の信用情報まで「ブラック扱い」(一応ウワサの域はでませんが)という脅し?すらあるようです。

上記URLからは強い意向での「指導」ではなく、要請という甘い指針のようですが、少なくとももっと有効性のある手法で徹底的にやっていって欲しいと思うのはヤマトだけではないでしょう。

というのも実際に自分が「過払い」ということを知りつつも返済?を続けたのは住宅を買うという目標のためです。
誰しも好んで「ブラックリスト」には載りたくないでしょうし、今後どのようなカタチでそうした情報が使われるとも予測ができません。

例えば子供の大学進学が6~7年後だとして、最悪銀行から「教育ローン」を受けようとしたときに、こうした情報を元に流れる可能性だって有る訳です。

過払いがあるということは言い換えればキチンと上限利息を支払っても完済しているということです。
今回の金融庁の指導がキチンと実効性のあるものとして定着することが期待されます。
ヤマト 2007/11/04(Sun)19:50:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]