忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
年末・年始の休息も終わり、今年の過払い請求も本格的始動ですね(・∀・)ノ

この過払いブログをご覧になって下さっている皆さん、改めまして、新年あけましておめでとうございます、今年もルパンとこの過払いブログをよろしくお願い致しますm(_ _)m

クレディアにアエル、そして年末ギリギリになってのレタスカードの破産申立などと波乱も多かった2008年の過払い金請求界ですが、今年もこの1月から最高裁で広島高裁松江支部の上告審を受けての不当利得金返還請求権(過払い金返還請求権)の時効起算日に関する自判があるのでは?という事で過払い金請求に係わっている者としては目の離せない一年の始まりになりそうですね

アエルやレタスカードの破綻やその他多くの中小の消費者金融などの廃業はともかく、クレディアという東証一部上場の金融業者が破綻に追い込まれるご時世ですから、今年の過払い金請求界にも何が起こってもおかしくはないでしょうね…(  ・д・)

実際にこの1月に最高裁で不当利得金返還請求権の時効起算日は取引終了時から進行する!という判断が下される事になれば、多くの金融業者にとっては今後の過払い金返還請求訴訟の場においての最大とも言える厄介な争点を失う訳ですから、そういう流れになると金融業者にとってはかなりの大きな痛手になりそうですねぇ+(0゚・∀・)wktk

という事も踏まえまして、今年2009年もこの過払いブログのキャッチコピーはやはり「過払い金返還請求はお早めに!」と独断で勝手に決めさせて頂きたいと思います(`・ω・´)ノ

最近、この過払いブログのコメント欄も過払いに関する疑問やご質問等だけに及ばずに、多くの過払い金請求に携わっている方や携わってきた方達同士の交流も盛んになってきているのを強く感じる事が出来てブログ管理人としてはその事を非常嬉しく思っています、多くの方の優しく温かく時には厳しい気持ちで、この過払いブログのコメントがいっぱいになると良いですねぇ(*´∀`*)

それでは同士の皆さん、2009年も引き続き私達自身の払い過ぎた大切なお金である「過払い金」を取り帰す為に頑張っていきましょうね、その為に必要なのは「努力」と「やる気」、そしてキャッチコピーはもちろん、「過払い金請求はお早めに!」という事ですねヽ(・ω・´ )ノ

2009年は、これで流行語大賞を目指しますね( ・ω・)ノシ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 本年もよろしくお願いします
ルパンさん、皆さん、おめでとうございます。
と言っても、もう一週間が過ぎてしまいましたね。

去年の裁判所の仕事始めの1月4日に武富士に提訴
したのは、もう1年前のことなんですね(笑)
今月の19日に最高裁の時効に関する上告審がありますが、去年の18日の最高裁判決のことを思い出します。私の親の案件は6年弱の空白があったので
、仕事中にもかかわらず携帯から情報を得ようとしていたのですが、サーバーからの応答がなくたぶん
同じような感じで情報を得ようと殺到してたんでしょね。
それで仕方なく皿の株価をチェックして、終値でアップしてたので、こちらにとって有利なものではなかったのかなあと予想はしていました。案の定、その日の夜に結果がわかった時にがっかり…したことがまざまざと思い出されます。
この判決では分断に関しては7個の特段の事情等が示されましたが、いまだに混迷の素になって、裁判の長期化につながっています。武富士の弁護士と訴外でも交渉したのですが、その時に私の案件は横浜地裁だったので最高裁に近いから、原告には不利だと言われました。大阪だとあそこは庶民の味方で3年以上の空白でも被告には不利だから武富士には妥協するように説得するんだけどとも…、当然かもしれないのですが地域で交渉を変えているのだと、これで悟りました。実際に弁護士の無料相談など受けてみると、第一契約書の返還と第二契約の締結が同日だったのですが6年弱の空白だと難しいと言われました。実際に裁判でも被告弁護士が7個の特段の事情の中でも空白期間が裁判では一番に重要視されていると言うと判事は大きく頷いていたので、やっぱり関東ではこちらに不利なのかと思ってしまいました。あと親の案件だと免許証のコピーだけの徴収の簡易審査や契約書の返還と第二契約の締結が同日だったりと有利かなと思われるところと、カードを紛失して再発行されていたりと不利な面が入り乱れていました。
第一契約書の返還と第二契約の締結の同日のことは裁判で第二契約書に従前契約の記載がないので東京高裁では皿が勝訴していると武の弁護士が口頭で言ってたのですが、調べてみてもわからなかったので真偽のほどは不明です。第二契約の時は平成10年だったので皿も現在みたいな過払い金の返還など想定外だったでしょうから、別契約と捉えていたのでしょうから、そうなのかもしれないのですが、同じ当事者同士と考えると納得できないところもありますが、1月18日判決や上告すると次は東京高裁になり、弁護士に依頼することになり勝訴したとしても、実際にこちらに返還されると金額は減額和解とかわらないので、私は安全策を選びました。

是非、今年の最高裁判決はこちらに有利なものであるように祈っています。
ルパンさん、昨年は本当にお世話になりました。
私はそんなにお役にたちませんが今年もよろしくお願いします。
にゃんたろう 2009/01/07(Wed)13:33:19 編集
» Re:本年もよろしくお願いします
にゃんたろうさん、少し遅めですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
にゃんたろうさん武富士への過払い金返還請求訴訟の提訴日は昨年の1月4日ですか、1年という月日は本当に早いものですね。
今月の19日ですか、最高裁での上告審、これどんな結果になるのか非常に興味深いですね。
過払い金返還請求権の時効起算日は最終取引日からというのと過払い金返還請求権の時効起算日はその過払い金の発生時からというのでは私達にとっては天国と地獄くらいの大きな差が有りますからね…
今度の最高裁判決では昨年と同じように様々な特段の事情になりような難解な判断をせずに明確なものであると良いんですけどね(もしくは最低でも高裁差し戻しというのでも良いですね)
今現在、過払い金返還請求訴訟上で一番熱い争点はやはり個別分断に関するものですか、これについても確かににゃんたろうさんの言われているように地域によってその判断にかなりの格差がありますよね、これも去年の最高裁判決が糞判決に「特段の事情」などという難解なおまけを付けてくれたせいじゃないのかなぁなんて私は思ってしまいますが、さて今回の最高裁はどのような司法判断を下してくれるんでしょうかね。
最高裁判決の情報をネットで調べる際には消費者金融などの金融業者の「株価チェックが役に立つ、確かにその通りですねw
投資家の情報収集能力は半端じゃないでしょうからね、最高裁判決の消費者金融の株価への反映は素早いものなんでしょうねw
それでは、にゃんたろうさん、今年も過払い金請求を少しでも世間に広める為の草の根活動へのご協力どうかよろしくお願い致しますね。
2009/01/08 22:47
» ブルードラゴン死す
こんばんは,ルパンさん、みなさん

今日は、本来出頭予定ではなかったブルーの2回目に出頭してきました。
というのも、和解協議のブルーの話ではブルー側から2回目期日の延期を支払い期日以降に延期を上申する。
そういう話だったのですが前日の昨日になっても裁判所からもブルーからもなんの音沙汰も無し。

さすがに心配になって昨日,書記官さんに電話したころ、「武からの延期依頼はありましたが、2回目は開廷しますのでロトさんは出頭してください。」
「延期はしないで、調停に変わる決定で進めたいともいます。」

なんと言う心遣いでしょう。昨今の情勢では高金額案件の訴外和解ではリスクがあるからという裁判所側の配慮でしょうか。

本日,判事さんから「・・・と言う訳で、訴外での和解と言う事でしたが、その内容で調停にかわる決定と言う事にしたいと思いますがロトさんとしては異議はないですね?。」
もとより、あろう筈もなく「ありがとう御座います。どうぞよろしくお願いします。」
「武富士がこの決定にどう言う対応を取るかわかりませんが、多分異議申立てはないと思います。」

とても、地裁での出来事とは思えない御高配、信じられない事にその場で決定書と残り郵券も渡していただけました。
まさに「神光臨??」と、思われる奇跡に感謝の一言しかありませんでした。
ブルードラゴンのHPがドンドン下がってきているとの噂しきり、粋な地裁の計らいが信じられない今日のロトでした。

2回目の審理、法は平等ですから当然、武にも連絡が行っている筈なのに代理人も電話もなし。
一方的な大川裁き、和解案廃棄で起訴状全面勝訴の判決になってもおかしくないくらいでしたw
ロト 2009/01/07(Wed)22:57:17 編集
» Re:ブルードラゴン死す
ロトさん、こんばんは。
案件担当判事さんの配慮あり英断による武富士に対する過払い金返還請求訴訟の調停に変わる決定での終結、お疲れさまでした。
まだ武富士の控訴期限であると思われますので、おめでとうございますは早いかも知れませんので、今日のところはお疲れさまでしたとだけ言わせて貰いますね。
しかし、良い判事さんに当たったようですね。
武富士自体はどうだか知りませんが今現在の過払い金返還請求の置かれた状況下では訴訟外での和解が簡単に無かった事にされるという事も有り得ますからね…
まぁ訴訟外和解には基本的には法的な効力はないので仕方が無いと言えばそれまでの事になってしまうのかも知れませんが、訴訟外であれ和解契約を締結しておいてそれを覆すという事は大手企業としての倫理観には欠ける行為である事に間違いは無いですよね。
それを平気でやる可能性があるのが今の金融業者という事なんでしょうね、きっとそういった問題も多い事をロトさんの武富士に対する過払い金返還請求訴訟を担当した判事さんはご理解していてくれたんでしょうね。
その場で決定書の作成に郵券の返還と無駄な手続きも簡略化されて本当に良かったですね、後は決定書の確定期限を向かえ早く過払い金がロトさんの手元に無事に返ってくると良いですね。
その時には改めて、おめでとうございます、お疲れさまでした、とコメントさせて頂きたいと思いますので、ぜひよろしかったら嬉しい報告を聞かせて下さいね。
2009/01/09 03:31
» 取り返したい!13
ルパン様、皆様、おはようございます!
レタスのmk928です

2006年08月09日(朝日)

消費者金融「レタスカード」(本社・京都市中京区)の元取締役の男性(45)が、同社社長にたばこの火を押しつけられたり不当に叱責(しっせき)されたりしたとして、同社に約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、京都地裁であった。
田中義則裁判官は「叱責などの精神的な苦痛で、男性のうつ病が慢性化した」として同社に慰謝料など670万円の賠償を命じた。
判決によると、男性は同社の取締役だった03年10月ごろから、社長に「なめとんのか」「ぼけ」などと言われるようになった。
同12月の同社役員の食事会では、社長から左ほおにたばこを押しつけられて水ぶくれができるやけどを負った。
また、男性は04年2月、部下の休暇を認めた理由を答えられなかったことから、社長に叱責され2階級下の管理部次長に降格になった。
同6月に慢性的なうつ病を理由に休職。昨年4月に退職した。
同社社長は証人尋問で「たばこは偶然当たった」と証言。
しかし判決で田中裁判官は、医師の証言などから「やけどは偶然とは考えられず、男性をよく思っていなかった社長が故意に押しつけた」とし、300万円の賠償を認定した。
叱責については、相手の人格を傷つける言葉遣いで頻繁に叱責すれば、上司であっても不法行為に当たるとした。
原告の男性は休職中の04年12月、やけどを負わされたとして社長を傷害容疑で告訴し、京都府警が今年7月、京都地検に書類送検している。
レタスカードは昨年3月末現在の従業員約150人。京都、大阪、兵庫各府県や四国などに計44店舗(今年3月現在)がある。同社総務部は「判決内容は不本意なので、控訴を検討したい」としている。

ヤマト様の仰るとおりほんと人罪ですね( ̄_ ̄|||)

(京都地裁平成18年8月8日)
670万+5% 内訳

弁護士費用60万
罵倒50万
タバコ300万
同時休暇認証50万
鬱病慢性化210万(相殺)
+5%(平成17年8月24日~支払済みまで)

請求額62269509円

原告は入社10年で役員になり最高年俸1300万円。
その後700万の経費を稟議無しでかけ代表者から口撃が始まり訴えるに至る。

個人的には被告も原告もどっちもどっちと言うか670万円も700万円も1300万円もクラブ貸し切りも全て不当利得金からなるもんでホント!レタスってウンチですね!
本当にこんな所と取引があった事を悔やんでしまいます。また、潰れた事は当然だと思う反面、残された方の事を考えると複雑です。

「過払い請求はお早めに」です!

追伸

不謹慎ながら流行語大賞宣言・・・壺です。
でも本当にそのぐらい世の中に過払いが広まるといいですね( ´∀`)
mk928 2009/01/08(Thu)03:11:53 編集
» Re:取り返したい!13
mk928さん、こんにちは。
レタスの創業社長を元取締役が訴えた事件の判決内容や支払い命令の内訳ですね、まぁ事件としては問題はあるとは思いますがレタスカード内部での事のようなので私的には何だかなぁ…といった感も無きにしも有らずですね。
しかし消費者金融の創業者一族や創業者には少しおかしな人が多いようですね、というかお金という物が人をおかしくしてしまうんでしょうかね?
どちらが正解なのかは私には分かりませんが、この人達が平気で湯水のように利用し当たり利得していた年俸などの一部は当然ながら過払い金という不当利得金が含まれていた訳ですよね、過払い利息という不当利得によって一時はこの世の春を謳歌していた消費者金融の没落、勝手に没落してくれるのは結構なんですけど、過払い金返還に関してはしっかりと全て返還してから破綻でも何でもしていただきたいものですね。
レタスカードに対するかばらい金請求を行っていた方や和解締結後の過払い金の返還を心待ちにしていた方は大きなショックを受けているでしょうね…
やはり「過払い金請求はお早めに!」という事が今後の過払い金請求においての大きなキーワードになってしまいそうですね…
PS マジで「過払い金請求はお早めに!」2009年の裏流行語大賞目指しますよw
半分冗談半分本気といった感じではありますが、本当にそのくらいの勢いで過払いという存在が世間一般にも知れ渡ってくれると良いですねぇ。
2009/01/09 11:32
» 古いアニメ
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

看護婦が看護師となったように、特段差別的な使われ方をしてこなかった表現でも様々な意見を元に使われなくなることがあります。
同じような理由で使われなくなった言葉にカメラマンなんてのがありますが、純然たる和製英語でマンの部分が「男」という意味を殆ど持っていません。

ちょっと違った見方では、現在無料のギャオで見られる「アタックNo1」では、スポーツ指導者たる先生が選手である女子中高生の目の前でタバコを吸うシーンが少なからずありますが、現在の常識的な判断ではアウトでしょう。

さて、小生が探しているといった法外なプレミア商品のひとつが「キャソディ・キャソディ(仮名)」です。正確なタイトルを書くと著作権法上の問題や、「ロリ」「キモ」「ヲタ」の謗りを受けそうなので書きません。

原作者と漫画家の間でかなりの争いとなり、ほぼ完全に漫画家が敗訴することになり、現状では再販もネット配信も絶望的状況であり古本などの価格が急騰したままになっています。

現状では「営利・非営利問わず」という一方的な判決で、漫画家サイドは代表作であるキャソディの絵を名刺に印刷することもできませんし、ファンの求めに応じて色紙に描くこともできません。

もちろん厳格な解釈では、我々が落書きすることも「著作の無断利用」となるわけですし、言い換えれば社会通念上の黙認の範囲というわけです。

漫画家の協会なども「一方的判決で驚いた」としながらも、著作権の重要性というものを非常に重視する立場から表立った反論はしていませんが、多くの漫画家からは疑問の声が上げられています。

「違法だが容認」「合法だが手順に疑問」こうした事例は実生活上少なくありません。

材料や製法でビールの要件を満たさないことで、ビールに課せられる高額の税金を逃れることで「脱税ビール」などと揶揄される発泡酒。

税務当局にすれば「面白くない」ものなのでしょうが、消費者の支持を受けあっという間に定着した表品となっています。

キャソディの件や、有名歌手が原作にない「セリフ」を付けて歌ったとして、月光仮面やコンドールマンの作者が差し止め請求をした例などは、消費者の視点が欠けていたとも思えます。

サラ金は利息制限法に反する違法行為を幾度の司法の指摘(判決等)を受けながら放置してきました。古くは昭和30年代からあり、結果として現状を招いています。消費者の視点などという蒙昧な反論をするバカ業者・組合もありますが、弱みに付け込んだと社会通念では言うことでしょう。

数年前までは「残高あり」の状況で過払い請求を行えば、勝手な計算を元に残高を捏造し「貸金請求」の反訴まで行って来たと聞きます。

ちなみにオリコは、小生に対しかつて貸金請求の提訴を行って来たことがあります。平成11年のことで「履歴開示」の明確な判決もなく、算定には困難を極めますが、取引期間などからの推定で債務は無い事はほぼ明白との答弁書と引き換えに「給与差し押さえ」という暴挙。
このようなことが平気で行われてきました。

さすがに最近では反訴や、引き直しで過払いとなる案件への「差し押さえ」といった暴挙は聞きませんが、様々な妨害行為は今でも散見します。

ヤマトやルパンさんにとって過払い請求は「終わったこと」なのかもしれませんが、多くは先に戦った人たちのおかげの部分があります。
役に立つ度合など知れているのでしょうが、こうしたブログで双方向のお話ができるというのは非常に心強いものと思います。そしてそのことにどれだけ助けられたかを忘れるわけにはいきません。
ヤマト 2009/01/08(Thu)08:46:41 編集
» Re:古いアニメ
ヤマトさん、こんにちは。
差別的な表現、過去のTVなどでは平気で私用されていたような言い回しの言葉でも現在では放送界の倫理規定なのか何かは知りませんがかなり厳密に抑えられてきていますね。
言論の自由云々はともかくとしてどうなんでしょうかね、これは。
私が先日スカパーで視聴した「伝説巨人イデオソ」の映画版もオリジナルを尊重して放送していますというテロップが放送前に流されていましたが、私には何処の何の台詞が現在での放送倫理的に問題があるのかあまり理解出来ませんでしたが、おそらくは「狂い死ぬ」というような台詞があったのでその辺りではないかとなぁとは思っています、「狂い死ぬ」、決して良い言葉ではない事は確かだとは思いますが、笑い死ぬ、と何が違うんでしょうかね?
私にはその違いがいまいちですが理解出来ません…
そういえば最近のTV放送では昔だったらタブー視されていた他局ネタをバラエティ番組などで普通に発していますよね、糞NHKネタ等から自放送局以外のネタまで幅広いもので昔だったら考えられないような感じが私にはしますが、これも時代の流れという事なんでしょうかね?
ヤマトさんのお探しになっているプレミアもんのアニメ・漫画作品は「キャソディ・キャソディ」ですか、決してロリ等とは言いませんが、あの作品の著作権に係わる問題の根深さは結構有名な話ですよね、私も詳しい事は知りませんがまず今後TVなどで再放送されるような事は無いだろうという話ですね。
似たような話(ちょっと主旨は違いますがw)ウルトラマンセブンの幻の第12話というのもありますね、これはスペル星人という敵が出てくる回の事なのですが、詳しくはネットで調べれば分かる程度の事なのですが、これを永久欠番にする事に大きな意義はあるのでしょうかね、臭いものには蓋という事では無いとは思いますし円谷プロの配慮というものもあったのでしょうが、現在の消費者金融などの過払い金問題にも似たような事が言えそうですね。
これは単にTV局や製作会社が大スポンサー様に配慮をしてという事が一番大きな原因ではあるのでしょうが、じゃあ国民が大きなスポンサーである糞NHKはどうなのかというかというと…ヤマトさんもご存知のような感じですね。
国民が自らの目で真実を探す事は容易な事ではないとは思いますが、このようなネット上の双方向での情報のやり取りという物がもたらしてくれる恩恵は決して小さなものではないと私は信じています。
私のこの過払いブログもたまに過激な発言を書き込んだりしていますが、これは私の本音であり少しだけですがオブラートに包んで理解出来る人には理解出来るというレベルでしか書き込みは出来ません、まぁこれはこの過払いブログによる過払い金請求を世の中に少しでも知って貰う為の草の根活動を少しでも長く続ける為には仕方のない事なのかも知れませんね…
このブログを見た事によって自身が過払い金請求を行うきっかけになったというような方が1人でも2人でも多く存在してくれたら本当に嬉しい事だと思っていますからね。
2009/01/09 12:18
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]