忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
気持ちを引き締めて過払い請求、頑張りましょう(`・ω・´)ノ

早いもので今日から7月、俺が大きな過払い金請求のほとんどを終えてから約1年という月日が経過してしまいました(。・ω・)

その間にも数多くの方がこの過払いブログを訪れて下さって、その多くの方も自身の過払い金請求を終了したり、いくつかの金融業者に対する過払い金請求を終えたという報告を聞かせて頂く事が出来ています。

今でも、そしてこれからも過払い金請求を行なうそして行なっているという人はまだまだ多いと思います、この過払いブログのコメント欄には今でも多くの方からの過払い請求に関する質問やアドバイスなどを頂いています、これは本当に嬉しい事ですね(*´∀`*)アリガトウゴザイマス

自身の過払い金請求が終わってからもここを訪れて後に続く方達に温かい励ましの言葉や的確なアドバイスを下さる方も多く、感謝の気持ちでいっぱいです(´▽`)

そして、この過払いブログから相互リンクをして下さっている過払いブログの数も増えてきました(これはブログ右下のリンク欄を参照して下さい、過払い金請求を行なう上で為になるブログが多いですよ( ・Д・)ノ)

という事で月初めの挨拶になってしまいましたが、これからも皆さんのお力をお借りしながら過払い請求を世間に広めて、このブログが過払い金請求を行なう方にとって少しでも役に立つ物になるようにしていきたいと思っています

それでは皆さん、引き続き過払い金返還請求、今月も頑張っていきましょうね(`・ω・´)ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 笑い話(にしては悪質)
こんにちは,ルパンさん。ヤマトです。

最近,過払いに取り組み始めた知人がいます。かつては彼も極限までの多重債務者であり,今でも複数社に業者の言う残高があるそうです。
まぁ,本人ブラック上等と一気に11社を個別に提訴する仕儀となっています(その他,訴訟前の和解3社)

4社は第一回期日前の和解で取り下げが決まっており,数社からは既に過払い金の返還を受けるなど滑り出しは上々です。

しかし,改めて業者の出してくる答弁書は,あきらめ半分のコピペ(大手に多い)か,日本語(最高裁判決)を理解出来ない悪あがき(中小に多い・未だにみなし弁済・任意の主張)ばかりです。

ところで,今日のヤマトのコメントに違和感を感じられませんでしょうか?

実は,裁判の訴状などでは一般的に(、読点)ではなく(,コンマ)が使われます。
もちろん(、)でも何の問題も有りませんが、書類のテンプレなど複数からコピペした場合や,実際に案件に合わせて文言を挿入すると(,)と(、)が不自然に混在することになります。

その業者,よほどヒマだと見えるのか,知人氏の訴状について

(,)と(、)が不自然に混在するのは昨今の過払いブームとでもいうべき異常な事態を受けてネット上などで公開されている文章をパソコン上で写し取ったお粗末極まりないもので,本来任意に支払ったハズの金員を,流行に乗じて請求しているに過ぎなず,適法な返還要件としては認められない。

まぁ簡単には上記のような主張をしてきているワケですよ。ご貴殿や小生のように過払い請求完了者にしてみれば単なる笑い話ですが,こんなおバカな主張を堂々とされる当事者にすればたまったものではありません。

誤字や脱字での揚げ足取りなんてのは,ネット上でも一番タブーと言われており,内臓HDDなんていうちょっと気持ちの悪い間違いも少なからずあります。

請求額が一ケタ間違っているとかなら,指摘も止むを得ませんし,実際自分の案件でも提出した計算書で,貸付11000円の項目を誤って1000円で算出してしまったため総額に差異が出てしまい突っ込みを受けています。これは明らかに自分のミスですが,(、)と(,)の混在を指摘して,ネット上からのコピー(事実その通りなのだが)だから要件を欠くというのは実にバカげた主張であり,それ以外に争うことがないなら早く払えよと言いたくなりますよね。
こうした揚げ足取りを気付いた担当者の想像力には脱帽すると共に,このような答弁書を受け取った知人氏,あるいは同様の文章を受け取った同士には心から同情いたします。
ヤマト 2008/07/01(Tue)17:19:20 編集
» Re:笑い話(にしては悪質)
ヤマトさん、こんばんは。
ヤマトさんの知人の方も過払い金請求を始めたんですか、それにしても14社とはかなり重傷だったようですね…
でもそれ位になると過払い金請求を行なう事によって返還される金額も結構莫大になるのではないですかね?
現段階ではブラック上で過払い金請求もかなり順調に進行しているようですが最近の中小消費者金融はかなり抵抗が激しいですからこれからが本当の難関になってくるんでしょうかね、でも幸い近くにヤマトさんという心強い味方がいらっしゃるのできっと頼もしく感じていると思いますよ。

話は訴状の話に変わりますが、過払い金請求だけでなく簡単な訴訟で提出する訴状なんて基本的にコピペみたいなもんだと思いますけどね、それの何がいけないんでしょうかね?バカなんでしょうかねw
まったくもって意味不明な主張ですね、金融業者の答弁書のほとんどもコピペなんですから何を言ってんだかなぁ…といった感じですよねw
最高裁判決をまともに理解出来る人ならば、今更になってみなし弁済の成立や悪意の受益者の否認をした答弁書なんて作れないはずですから余程日本語が不自由なんでしょうねw
某巨大掲示板通の判事ならば「おまw過払いブームとかw日本語でおk」と突っ込まれそうな答弁書を受け取った知人の方も可哀想ですね、確かに私達のような過払い金請求を経験した者からすれば、「おまえバッカじゃねぇルンバ」といった感じで笑い飛ばす事も出来そうですが、これ過払い金請求の初心者で誰にも相談出来ないというような人が受け取っていたらどうしたらいいのか悩んでしまいそうですよね…
更には結局のところその業者の示す適法な過払い金の返還要件とは何なのかじっくりと聞いてみたいですね、おそらく最高裁判決を根底から覆すような素晴らしい理論を聞かせてくれるんでしょうねwww
それにヤマトさんも言われているように句点「,」はあくまで推奨ですから「、」でも「.」でも訴状記載の趣旨が理解出来れば構わないはずなんですけどね、あっ、でもさすがに「.」は無しですかね?
実は私もある業者と訴訟中に相手の準備書面で「被告」が「原告」になっていて「原告は悪意の受益者ではなく…」という主張があったのですが、きっとこの業者もいっぱいいっぱいなんだろうなと思った事があります。
とにかくくだらないCM垂れ流して無駄金使っているんならとっとと過払い金返還しろよといつもTVにツッコミを入れている今日この頃です。
そういった悪質な業者にはコンプライアンスという言葉は絶対に使って欲しくないものですね…
長文、失礼しました。

2008/07/01 21:57
» 無題
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

小生とて武富士・アコム・アイフル・アエル・クオークローン・レイク・UFJニコス・オリコ・プロミスの9社に過払い請求をし、時効などの理由で請求できなかったオリックス・セントラルファイナンス・ジャックスに加え殆ど意味の無い(過払い数円)の丸井を含めれば13社であり、どうでもいい数合わせではありますが負けてはおりません。

つい先日ジューンブライドを迎えた共通の知人の結婚式で数年ぶりに会ったところ、過払い請求の話が出てお互いに驚いたところです。
まぁ借金の話は語られないのが実情ですが、同様の経験を水面下でして来たこともあり、旧交を温める仕儀となりました。

その際に聞いたのが件の話であり、ご貴殿のブログも紹介したので近いうちに参内する可能性すらあります。貴様は「ドメル」とでも名乗っておけと申し伝えましたが、せめて「シュルツ」にしろというのが希望のようです。

小生の過払い請求中も、そして晴れて完全勝利を迎えた後も、ご丁寧な返信の数々、感謝に耐えません。
また、知人の方も2chなどでの情報収集に熱心な様子で、おバカな答弁書を笑い飛ばす余裕があるようにも見えましたし、先行きについては負ける要素が無いようにも思えます。

裁判が判事次第という運の要素も否めないというのがよく言われますが、さすがにこのバカ答弁書を認める(上級審での否決すら有りうる)ほど日本の司法は歪んではいないと思って楽観視しています。
ヤマト 2008/07/01(Tue)22:44:58 編集
» Re:無題
ヤマトさん、こんにちは。
私の場合、アコム・武富士・レイク・アエル・丸井・楽天KC・オリコ・その他クレジットカードのローン枠という約10社位からの借入だったのですがその借入総額は国内信販での車のローンも入れると総額で1000万を軽く超えていました。
オリコやその他クレカのカードローンでの借金は利息制限法所定内での金利だったので過払い金返還請求の対象にはなりませんが、今考えるとこれよく完済出来たなぁ…とつくづく思います。
一時期の私の収入がそこそこの者であったという事もありますが毎月の返済額はやはり想像を絶するものであったと記憶しています。
もしも、過払い金請求を知る事が無かったら…
という事を考えてみるだけでも恐ろしいのですが、過払い金請求というものの存在を知らなかったら私はきっと今このブログを書いている事は無いでしょうし、この世界に今存在していたかどうかも微妙な感じであると思っています。
私にとって過払い金返還請求はまさしく救い以外の何物でもありませんでした、ですから個人の力で必死になって情報を収集し出来る限りの法や訴訟実務に関して学び過払い金返還請求訴訟を行ないました。
今思い起こすと私の行なった過払い金請求には稚拙な部分も多々あったと思われますが、それでも何とか自分の力+多く方の励ましによってその全ての過払い金請求を終える事が出来ました。
そういった面から考えてみるとヤマトさんを初めこの過払いブログを訪れてコメントを下さっている方の多くは私にとっては戦友みたいな感じですね、顔も思いを名前も住んでいるところも何も知らないけど同じ思いを共有し戦ってきたという絆があるのでは、なんて勝手に思ってしまっています(迷惑だったら言って下さいねw)
今日は過払いニュースの方で過払い金請求を利用した非弁行為での逮捕者に関するニュースを紹介しましたが、これって経験者なら誰でも出来る事だから怖い事だと私は思っています、友人知人の過払い金請求を手伝う、そして成功の暁には酒や食事の一度くらいはご馳走して貰う、これはあくまで気持ちの問題であるので法に触れる事は無いと私は思います、ただ過払い金請求を利用してまったくの他人から報酬を得る行為、これは私は絶対に許したく無いと思っています。
私だけでなく多くの方がこのネット上で過払い金返還請求に関しての情報を発信しています、勿論法的資格を持っていませんから無料の情報提供です。
私はこれで良いと思ってこれを行なっています、最近自らの凡ミス(これが一番致命的です…)と弁護士事務所や司法書士事務所の大規模アフィリ攻撃によって私のこの過払いブログのSEOはかなり深刻なダメージを負ってしまいましたが、それでもまぁ何とか修復を目指してコツコツとやっています(SEOの効果が出るまでには結構時間が掛かるんですよね…orz)
まぁそれでも毎日延べ500人以上の方がこのブログを未だに訪れて下さっていますので何とか頑張って「過払い」と「過払い金請求」を世の中に広めて行きたいと思っています、それにはヤマトさんのような方達の力添えがとても頼もしい物に感じますので今後ともぜひよろしくお願い致しますね。
ヤマトさんは私とは比べ物にならないくらい勉強熱心で社会経験も豊富で博学な方ですから、私にとってはとても頼れる存在であります、いつも多くの事を学ばせて頂いています、本当にありがとうございます。
PSヤマトさんの知人の方も「シュルツ」さんで訪れてくれたらいいなぁと今は待ち焦がれていますw
某2ちゃんの過払いスレなどで免疫もそれなりの知識も持ち合わせていらっしゃるようですし、傍にはヤマトさんという心強い方もいらっしゃるのでこのブログを訪れる必要も無いかも知れませんけどねw
バカ答弁書を笑い飛ばせる方なら個人での過払い金請求もそれ程難しい物にはならないのではないかなぁと思う事も出来ますね。
ヤマトさんの言われているように、日本の司法もそこまで歪んではいないと信じていたいと思っています。

2008/07/02 12:08
» アイフル判決
ルパンさん、お久しぶりです。
お元気そうでなによりです。
ここで何度か報告致しました、アイフルの件、判決
が出ました。当然、全面勝訴です。

これまで、武富士・アコムと並行して訴えましたが、この2社は態度はともかく、訴状を受け取ってから裁判外で第1回口頭弁論前に解決しようという
姿勢は見せていたのに対し、アイフルは何も連絡をしてこず、出してきた準備書面では
・悪意の受益者ではない。従って訴状を受け取って
 以降の利息のみ払う。→しかし立証は大変だから しない(開き直り)
この繰り返しのためだけに3回も口頭弁論に出席しました。

裁判官も、結局最高裁判例どおりの勝訴判決を書いたくせに、法廷では「相手にも言い分があるんだから(←じゃあなんでその後、勝訴判決を書いたんだ?)和解をしたら」攻撃をしてくるので、出席した3回はそれを振り払うのが少ししんどかったです。
和解を振り払うと、まるでこっちが欲深みたいな気にさせるようなことを言うので、凹んだこともありましたが、判決が出た今、自分は間違っていなかったと安心しています。

勝訴判決においては、お約束通り「相手が悪意の受益者でないというのを立証していないこと」を判決理由に挙げています。

今も、そしてこれからアイフルと戦う皆さん、相手のやり方も変化していくかもしれませんが、情報を
寄せさせていただいた次第です。

でも、昨日アイフルから着信が入ってました・・。
なんだろ?これについても後日報告しますね。

ところで、知人の過払い返還請求を手伝っているのですが、私の時には一番誠意ある対応だったアコムが、上記のアイフルと全く同じ行動を取っています。件数が増えて態度を硬化させたのか、もしくは件数が少しずつ落ち着いてきたので引き締め策をとっているのかはなぞですが。

長々とすみません!
T・Y 2008/07/02(Wed)14:19:14 編集
» Re:アイフル判決
T・Yさん、お久しぶりですね、こんばんは。
対アイフルに対する過払い金返還請求訴訟、全面勝訴ですか!
おめでとうございます、3回もの弁論出廷お疲れ様でした。
アイフルは大手消費者金融4社の中で一番と言っても良いほど過払い金返還に対しては強固な抵抗をしていますからね、完全勝利出来て本当に良かったですね。
私いつも思うんですけど、未だにみなし弁済の適用要件の成立や悪意の受益者の否認などを行なってくる金融業者って何を考えているんでしょうかね?本当に不思議なんですよ、だってこれ最高裁判決で何度も示されている事ですし立証する事なんて99%不可能なんですけどね。
確かに民事訴訟においては和解主義というのが現在でも主流ではありますが、納得出来ないものは出来ない訳ですからその辺をもう少し察して素早い審理を行なって貰いたいものですよね。
まぁ、建前上はお互いのどんな主張に関しても審理を行なうというのが原則でしょうから相手が必要以上にくだらない主張をしてきて訴訟が長引くという事は本当に厄介な話ですよね…最近アコムという会社はこれを平気でやる事が多いらしいですね。
私がアコムに
過払い金返還請求を行なった頃は素直な会社の1つだったんですけどね…時の流れを感じてしまいますね、アコムに対して過払い金請求を行なっているというT・Yさんの知人の方にはくれぐれも挫けないで頑張って下さいとお伝え下さいね。
PSアイフルからの電話は判決からどれ位経ってからかかってきたんですかね?
判決確定しているんなら支払いの件だとは思うのですが、控訴するような争点も無いようですし何なのでしょうかね、気になりますね。
また、何か進展有りましたらぜひコメントして下さいね。
本当におめでとうございました、でも実際に過払い金が返還されるまでは気を抜かずに頑張って下さいね。
2008/07/03 03:14
» Yoshiさんへ
Yoshiさんへ      アドバイスありがとうございます。36万から27万の減額の提示をしてきたのはレイク、200万から99万の提示はアイフルです。アイフルに関してですが、最初に全額返済したものが10年経っていましたが、これも引直し計算の中に入れていたようです。それを指摘されました。自分なりにやったつもりでしたがミスをしてしまいました。あと、請求する業者がクレディア、ポケットバンク、プロミス、アコムの4社です。この中で簡単に応じないとか問題になる業者はありますか?アドバイス宜しくお願いします。
ケンシロウ 2008/07/02(Wed)17:32:06 編集
» Re:Yoshiさんへ
ケンシロウさん、こんばんは。
ルパンです、レイクに関してはケンシロウさん自身が訴訟を行ないたくないのならばもう少し高い金額を提示して和解交渉を行なってみてはいかがでしょうか?
でも多分私なら36万で過払い金を返してくれないなら相手がレイクならば提訴しますかね、特に争点が無ければ早ければ一回目の口頭弁論の前後、遅くとも二回目の前後には36万に近い金額で和解は出来ると思います。
アイフルに関してですが、そのアイフルの指摘しているケンシロウさんが最初に全額返済した時には完済と同時に解約もしていますか?もし解約していないでそのまま継続して取引を行なっていたんなら時効には当たらないという解釈も十分通用します。
ただし仮に10年前の時点で1度解約してしまっている場合は200万を取り返しに行くには結構メンドクサイ訴訟(架空請求類似行為による損害賠償請求系)になりますのでその手の訴訟を受けてくれる弁護士さんを探して依頼するか、もしくはその最初の取引は諦めて後の取引の分を引き直した過払い金で和解交渉か提訴すかという事になりますね。
ただ、アイフルは過払い金返還の対応は大手では良い方では無いので提訴前和解でまともな金額の過払い金を返還させるのは難儀だと思いますので、これも私なら提訴ですかね。
それから最後になりますが、その4社の中でクレディアは破綻して民事再生手続きをを行なっていますので今の段階で過払い金を取り返すのは一番難しいというか再生債権の届出期間も終了しているような気がしますので、東京地裁の判断結果待ちという事になるかと思います。
後の3社ポケットバンク、プロミス、アコムに関しては、今はポケットバンクはプロミス(三井住友FG系)の子会社になっていますので、アコム(三菱東京UFJ系)よりも解決は早いかも知れません。
この3社に対する過払い金返還請求は過払い金の金額にもよりますが、最近ではアコムの評判があまり良くないですが、プロミス・ポケットバンクはそんなに難しいものではないと思います、ただ基本的には全て消費者金融なので減額での和解で無い限りは訴訟は必要になってくるとは思います。
でも、ここに書かれているケンシロウさんの相手でしたら頑張れば全社個人訴訟で過払い金請求出来ると思いますよ。
(あっ…クレディアだけはちゃんと調べていないんで何とも言えませんが結構難しいですし過払い金全額の返還は希望薄だと思います…)
とまぁ、簡単に説明させていただきましたが、こんな感じだと思います。
また、これに関して何か深く聞きたい事とか分からない事などありましたら気軽にコメントして下さいね。
まずは、レイクとアイフルに対する過払い金返還請求、頑張って下さいね。
2008/07/03 04:07
» あまりに無知すぎて…。
ルパンさん、おはようございます。ルパンさん始め、皆さんのコメントを読まさせて頂くと自分がいかに無知なのかを思い知らされます。ただ単に過払い金請求をすればいいだけのことじゃなんって思っていました。                        でも、それなりの知識と法律に基づいた一連の凡例などを調べる必要性も感じました。今まで借金を自転車操業のように繰り返してました。                     これじゃあ、いつまで経っても返せないと正直諦めた自分もいました。                完済してもまた借りる。増額の依頼。こんなことを何年も繰り返していました。なんとか数社の返済が終わりました。あと3社が残り、払い続けてる最中に、この過払い金請求のことを知りました。関連の本を読み漁る日々が続いています。     

 ルパンさんのプログにお会いできたことも本当に嬉しかったです。的確なアドバイスありがとうございます。


ケンシロウ 2008/07/03(Thu)08:29:54 編集
» Re:あまりに無知すぎて…。
ケンシロウさん、こんばんは。
過払い金請求に限らず、ほとんどの事に関して誰もが最初は分からない事だらけだと思いますよ。
私も過払い金返還請求という行為を知った時には本当に分からない事だらけでしたし、本当にこんな事が自分の力で出来るのか不安でした。
でも少しずつでも過払い金請求の仕組みやその方法が分かってくるようになるとそれが自分にとっての自信になると思いますのでまずは焦らず少しずつ過払い請求についての様々な事を理解して行けば良いと思います。
難しくて理解出来ないような事などもあるかも知れませんが今では多くの過払いに関する書籍も出ていますし、ネットという便利な物もありますしね。
私のこの過払いブログに訪れて下さっている方にも多くの過払い金請求を経験した博識な方がいらっしゃいますのでケンシロウさんが困った時にはきっと何かアドバイスをして下さると思います。
過払い金返還請求を行なっている人は大勢いますので、みんなで知恵を集めて金融業者に立ち向かっていきましょう。
私も借金に関しては長い間ケンシロウさんと同じような感じでした、でも今では借金も一切無くなり普通の穏やかな生活を送る事が出来るようになりました。
ケンシロウさんにもきっと同じ事が出来ると思いますので何とか頑張って過払い金を取り返して下さいね。
何か分からない事などがあったらいつでもコメントして下さいね。
2008/07/04 00:43
» ケンシロウさんへ
こんにちは、Yoshiです。
ケンシロウさんへ

コメントありがとうございます。
かなり時間が経ってしまい、逆襲のルパンがコメントされていたので、それ以外で思いつくことをコメントします。今後の参考にして下さい。

レイク、アイフル、クレディア、ポケットバンク、プロミス、アコムの6社と言う事ですが、自分で取引履歴を取り寄せて、引き直し計算された結果過払い金が発生している前提での対応と考えてください。前回もコメントとした通り、過払い金の返還については、弁護士、司法書士に依頼する方法や自分で解決する方法があります。どちらが良いのかはネットで調べて、対費用、苦労、交渉力、条文理解力などがあり一概にどちらとは言い切れませんので、その項目を多くあげてみて検討してください。
ただ結果が出たら、即実行しないと、解決も遅くなりますが、相手は時効を主張したりと過払い金の減額を画策していますので、同時に争点を引き直し計算したら考えられたら思います。

ケンシロウさんを自分に例えて、回答しますね。
レイクは36万円から27万との事ですが、想像では悪意の受益者(5%)を否認しているのではと想像しますが、これは裁判ではそれだけを立証するのは難しいので、満額交渉しますね。それでも相手が納得しないなら、即提訴です。
アイフルは時効と言っていますが、不法行為でも同時に訴えますね。不法行為は知った3年後ですし、不法行為があって20年で時効ですので、過払い請求では、原告有利の判決が多いです。
それか新しい契約書が手元にあれば、その契約書に従前契約として以前の契約が書かれていれば、それでひとつの契約と主張して全額で戦いますね。
知らないことを盾にした減額は本当に許せないと思います。
クレディアは民事再生法を適用されて、再生計画に沿って、清算されますので、これはすぐにクレディアに問い合わせて対応するしかないと思います。
今はこれは最優先だと思います。
これも逆襲のルパンさんの記事2008/04/26付けでありますので、読んでみたらどうですか。


それから以前訴訟期間などの裁判所のデータをコメントしたページがありますので、期間と言うかどのくらい時間がかかるか検討する材料にして下さい。
逆襲のルパンさんのコメントとして載せましたので参考にどうぞ
http://kabarai.blog.shinobi.jp/Entry/403/#comment
Yoshi 2008/07/05(Sat)14:44:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]