忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
昨日は怒りのあまり脊髄反射で記事を書いてしまいました…

少し反省しています…

その為、少々考えてみました(  -д-)

金融業者が過払い金請求によって受けている影響、これは確かに経営における大きな問題になっている事は確かなのでしょう、これについては別に否定はしません(・ ω ・)

過払い金返還請求が本格化してきたのは確かにここ1年2年の話ですが、ではクレディアなどの金融業者が不当な金利を消費者から取り続けてきた期間というのは一体どのくらいなのでしょう?10年でしょうか?20年でしょうか?それとも、もっと長い期間ですかね?

その長い期間、高金利を取り続けていた会社の経営に関わっていた人達はどれだけの利益を得て、どれだけの良い暮らしをしてきたのでしょうか?
俺にはまるで想像もつきませんね(*゚∀゚)

今後の消費者金融で過払い金返還請求や改正貸金業規制法・総量規制等の流れを耐えしのいでいける企業の数は、そう多くは無いと思います、会社自体のバックボーンなどにおける経営資金の調達金利の問題や、マーケットシェアや企業イメージの回復など多くの問題をクリア出来る会社でなければ、おそらく生き残っていく事は出来ないでしょうね(  -д-)

クレディアという会社は、そういった会社ではなかったのでしょう。
俺には今後のクレディアがどうなるのかは分かりません、再生計画が認められるのか、他の企業に買い叩かれて買収されるのか、それともこのまま破綻するのか、または別の方法なのか…

ただ、昨日の記事にあったような、「過払い請求によって会社がダメになった」、というように聞こえるコメントは俺としては何だかとても納得がいきません( ` ε ´ )

今後も過払い金請求の増加によってクレディアのような道を辿る業者も出て来る事が十分に予想されます。
皆さん、過払い金の取り逃げは許してはいけません、なるべく急いで過払い金を取り返せるように頑張りましょうねヽ(・ω・´ )ノ

何だか2日続けて自分の伝えたい事が、どうしても上手く言葉に出来ません、ただの駄文になってしまっているかと思います、ゴメンナサイ…(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» シンキ登記中
こんにちは、ルパンさん。今日友達が3社簡裁に提訴するのに代表者事項証明書を取りに行ったら、シンキが登記中で25日以降しか取れないとメールが来ました。ヤマトさんのコメントを読み、心配になってしまいました(((゜д゜;)))
新生銀行グループに入ってるとはいえ、予断を許さない状況なんですかね(-"-;)友達が提訴前に電話交渉で元金の7割しか出せない、それが普通です!と言われそれはないでしょと元金は本来返して貰えるお金なのに値切られるのなんてない!てメールしたんです。それで和解蹴って提訴する決意をした矢先にこうなってしまい、うち間違ったアドバイスしてしまったかな?と責任を感じてしまいました。ルパンさんの意見訊きたいです。
源苦労の妻 2007/09/18(Tue)17:43:53 編集
» Re:シンキ登記中
源苦労の妻さん、こんばんは。
シンキ登記時効変更中ですか、困ったものですね。
ただ、基本的には当期変更中で代表者時効証明書が取れなくても提訴は出来ますから、その点は問題無いと思います。
代表者時効証明書は後出しでも訴状は受付けてくれますので、詳しくは裁判所に訴状を提出する時に聞いてみて下さい(その裁判所によって多少の対応の違いがあるかもしれませんので)
シンキが7割和解を提示してきて、それを蹴った!
これに関しては何が正しいのかは私に判断する事は出来ません、本人が7割の金額でも良いので早期に解決したいのであれば、それで和解でも正解ですし。
ただ私なら、私ならですが、絶対に7割で和解はしません、7割で和解に応じる理由も根拠もありませんから。
先のクレディアの例でもあるように、今後の金融業社がいつどのようになるかは誰にも予想出来ません。
もしかしたら訴訟中に相手の会社が破綻してしまうかも知れませんが、これを予想する事は難しい事ですから…
私もアエルを相手に長い時間を掛けて過払い金請求訴訟を行っていた時は、いつアエルがアボンしてしまうか毎日心配でしたが、何とか判決貰って過払い金満5を振込み日までと訴訟費用まで取り返す事が出来ました。
このような例もありますから、過払い金返還請求訴訟をどのような内容で決着するか?と言う事に答えは無いと私は考えています。
参考にならなくて、すいません。
本人の考え方を尊重する事が一番大事だとは思います(最終的な判断は自己責任と言う事になってしまいますね)
2007/09/18 18:27
» 過払い返還と言うよりも
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

サラ金側は「グレーゾーン」と呼ばれる違法金利で空前の利益を上げていましたよね。
確かに出資法・利息制限法という上限利率の異なる2つの法が存在したこと自体にも問題があり、高金利というだけでなく「取立て」で問題になった商工ローン事件の際(平成12年)に、行政側は出資法の上限金利を下げるという手法に出ています。

事実上行政側がグレーゾーンを追認したとも受け取れる軽率な行為で、その後司法が明確に出資法を否定しています。

このことからも今回クレディアの経営サイドが「過払い云々」というのは詭弁に過ぎず、元々有り得もしない不当な利得であったという認識が欠けています。

もちろん企業だけの責任ではなく、経営破綻した銀行に公的資金を注入する際の貸出先としてサラ金が利用されてきた側面もあります。

行政が責任を持って不当利得の返還を進める等が行われないというのは行政の怠慢だとすらいえる行為ではないでしょうか。
ヤマト 2007/09/18(Tue)20:03:05 編集
» Re:過払い返還と言うよりも
ヤマトさん、こんばんは。
そうですね、過払い請求の増加で経営が圧迫され破綻…言うのは自由ですが、そこに至るまでの自社の行なったきた経営の責任については一切触れていませんね。
これは、どうなのでしょう?
私は、法を遵守せずに不当な利得によって経営を続けて利益を上げてきた会社の代表者が、このような言い草をしているのが許せませんでした。
取り敢えず、クレディアに過払いがある人は早めにクレディアに請求してほしいですね、そのままにしておくと無かった事にされてしまう恐れもありますからね。
クレディアに対する過払い金請求への対応が最終的にどのようになるのかは、まだ分かりませんが、どんな形にしろ過払い金は不当利得ですから真っ先に債権が保全されるべきだと私は思います。
今回も司法の適切な判断を期待したいですね。
2007/09/18 22:38
» 動き出しはしましたが・・
 またまた、少しご無沙汰しておりました。良きに付け悪しきに付け、動き出して参りました。まづ、知り合いの知り合いは、本日、自力で提訴に漕ぎ着けました。自分で法務局に行き、簡裁に行き、事件番号を貰ってきたと喜んでいました。1週間後アコムに電話するのが楽しみだと連絡が有りました。ちょろっとアドバイスしただけなんですが、私も楽しみになってしまいます。そして、私自身の案件ですが、いよいよ入金を待つのみとなりました。期日は第一回口頭弁論期日までなので、あと1週間となってきました。そして、問題なのが知り合いの件です。ここで、何時ものように御意見、御指導、宜しくお願いいたします。CFJに関してですが、先月29日に送られてきた、取引履歴請求書に署名捺印後身分証明書のコピーを添えて送り返したそうです。電話の応対では請求後2週間ぐらい時間を見てくれと言われたそうです。かれこれ、2週間経つので電話で問い合わせた所、今月10日に請求書が届いたので、25日頃までには送ると言われたそうです。
これって、有り得る事なのでしょうか?たかだか郵便物が手元に届くまで2週間、送り返して自分の手元に帰ってくるまで、さらに2週間。腹立たしい現実です。そして、信販系の1社ですが、取引履歴の開示を求めた所、「いままで、さんざん融通着けてきたのに、そんな事するんですか、失礼だと思わないんですか」という様な事を言われたそうです。直接聞いた、先方の受け答えでは無いので正確では有りませんが、耳を疑いました。取引履歴を請求しただけで、この態度は有り得ないと思います。本人も怯んでしまい、たしかに、世話になったので、残りの債務は全額返して行こうなんて、言い出す始末です。私も少し知り合いに対して腹が立ったので、ご自分の判断に任せますと言ってしまいました。只、ここの業者とは、20年以上の付き合いと言っていますので、とんでもない金額が絡むと思われます。こんな事言う業者、私的には許せません。是非とも戦って欲しいのですが・・・。現状では動き出しはしましたが、何一つ進んではいない様に思われます。
しまどり 2007/09/18(Tue)22:14:35 編集
» Re:動き出しはしましたが・・
しまどりさん、こんばんは。
まず一番最初にCFJの件からですが、CFJは結構それあるらしいんですよ、わざとかどうかは知りませんが、CFJは請求書などの書類の類は別の部署に回されてから処理というパターンが多いらしいです、まぁ、悪あがきもあるのだと私は思いますが、請求書を送ってから届くまで約1ヶ月ですよね?長い期間ですが微妙な期間ですよね、私はアエルには前取引履歴を開示して貰うまでにはもうチョイ時間が掛かったと思います(ちなみに開示請求は3回しています)
この問題は財務局に「CFJは履歴開示が遅いんじゃないか」と苦情を入れるくらいしか手立ては無いですが1ヶ月だと微妙ですね、でも早いトコなら3日で届く場合もありますからね、長いですよね。
あとは知り合いの方の信販会社ですが、本人が過払い請求をしたくないと言うのでしたら何も言えませんが、過払い金請求はちゃんとした法的根拠と最高裁判例に基づいて行なうものですから、そんな20年近くも不当な金利を取り続けてきた業者に義理を感じる必要は無いと私は思いますけどね、その知り合いの方は返済を全て終えても、またその信販会社との付き合いを続けていくつもりなんですかね?
最近のクレディアの破綻などをみても、過払い請求が何時まで正常に行なえるかは未知のレベルになってきていますので、請求して取り返せるうちが花だと思うのですが…どう考えているんでしょうね?
それに取引履歴の開示は過払い金請求ではありませんし、通常は取引履歴の開示を求めたからといって契約が変わる訳でもありません、取引履歴の開示は正当な権利の行使ですから、まずは取引履歴の開示だけでも行なってみて、引き直し計算をして発生している過払い金の金額を確認してから、過払い金請求を行なうのか、そのまま返済を続けていくのかを考えれば良いと思いますけどね。
人間、実際に取り返せるかもしれない金額が分かれば考えも変わるとは思うんですが、やはりこれも本人次第と言う事になってしまいますね。
最後に、しまどりさん、過払い請求広報活動、お疲れ様です。
しまどりさんの知り合いの知り合いが、やる気になってくれている、それを聞いて私もちょっぴり嬉しい気分になりました。
そして、しまどりさん、アコムの入金楽しみですね。
今後も色々と頑張って周りの方を助けてあげて下さいね。
2007/09/18 23:03
» 無題
ルパンさん、お久です。 
コメントを読ませていただいての自分なりの意見ですが全く激しく同意です!
自分の実際の例ですが三洋信販は3年ちょっと前に先方より利息を18%にしますと連絡があり、そうなりました。
パンチら賛成! 2007/09/18(Tue)22:31:29 編集
» 無題
すみません!続きです。
自分が思うに過払い金請求を察知して手を打ったのでは?と思います。
会社によってこのように返還義務を担う事を予想して過払い利息を少しでも抑えようとするところもあれば、現在でもグレー?ブラック?の利息を取り続けてる所も有ります。
一言でいって危機管理能力の無さ、自業自得!
と思います。
あくまでも自分の感想です。
ルパンさん。これからも我々の心の拠り所でいてください!
パンチら賛成 2007/09/18(Tue)22:41:09 編集
» Re:無題
パンチら賛成さん、こんばんは、お久しぶりです。
ご声援、ありがとうございます、皆さんの温かい言葉に支えられて、私も微力ですが何とか頑張れています。
金利引下げの件については、私もほぼ同意です。
過払い金請求に対する最高裁の判断、そして改正貸金業規制法の所定金利、これを踏まえていても未だにグレーゾーン金利で貸付を行なっている金融業者が存在する事が信じられないです。
確かに現在でも過払い金は請求されなければ自主的に返還しなければいけないという義務はありません、だからと言ってその行為の存在を知らない者からなら不当な金利による利得を取り続けても良いという考え方は許せないですね。
今まで何十年間、高金利で多額の利益を得てきたんでしょう、それで過払い金の返還に関しては値切るゴネる引き延ばす、ある意味やりたい放題ですね。
今後も皆さんのお力をお借りして、世の中に過払い金請求の波を広げていけるように頑張りたいと思います。
パンチら賛成さんも頑張って下さいね。

2007/09/18 23:31
» アエルの広告より。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

新しい職場にもだんだんと慣れてきてはいますが、以前の仕事と違って時間が読めないのが辛いところです。(その分自由が利きますが)

最近サラ金業界の不況で出稿が減り広告局が頭を痛めていますが、それでも広告を打たなければ新規の顧客を見込めないとあって慎重に媒体や時期を選択しているようです。

そうした中、久々にアエルの出稿がありましたので覗いていました。
相変わらずグレーゾーンの金利はそのままですが、新たに以下の文章が加えられています。

下記に該当する方はお申し込みされても融資ができません。
・弁護士、司法書士に依頼された方。
・借入が年収を上回る方。
・他社の返済が遅れている方。

まぁ平然と書けるものです。29.2%で年収分となったらおそらく一生利払い生活で終わるでしょう。他社の返済が遅れるほどの困窮者に貸さないのは以前も行われていました。最初の分は近年の過払い請求の増加によるものですね。まぁ借りることはないでしょうが、アエルの分は専門家依頼ではないので一応ヤマトも資格有りなのでしょうかね。

当然出版社には「独自基準」ですが広告規制があり「卑猥・猥褻」「グロテスク」「根拠に乏しい(例えば日本一という表現など)」などの他にも「違法な行為を感じさせるもの」があります。

一般的には「売春」「賭博開帳」などがこれに該当しますが、金融業者に対しては未だに29.2%までの表記を認めています。

金融広告については登録証(許可証)のコピーの提出が義務付けられています。非合法な無届店舗を掲載すれば幇助の罪に問われることもあります。
しかし「みなし弁済」が成立する可能性が有る以上、出資法の上限金利までの記載は認められるというのが会社側の見解です。

一部のフリーペーパーなどには明らかに違法と思われるような「登録番号の記載なし」「連絡先が携帯電話」というヤミ金広告も少なくありません。
しかし大企業であるスポーツ新聞や夕刊紙などにも表向きの許可番号で「都(1)」で、実態はヤミ金であったり買取屋であったりします。

これらに比べれば「かわいいもの」なのかも知れませんが大手新聞社などは「社会の木鐸」「オピニオンリーダー」を自認するのであればグレーゾーン金利での広告を認めないとするべきでしょうね。
ヤマト 2007/09/19(Wed)00:18:10 編集
» Re:アエルの広告より。
ヤマトさん、こんにちは。
アエルが広告を出してきているんですか、まだまだ営業を続けるつもりなんですね、なかなかしぶとい会社ですねアエル。
現在は更生会社の更生も外れて、ただの株式会社アエルになっている訳ですが、現在は社員や店舗も大幅に削減して回収に特化していて新たな貸付は行なっていないとの噂もあったみたいですが、広告を出すと言う事は新たに貸付を行なうつもりなんですかね?それとも何か別の理由があるんですかね?
もうじき危ないと言われ続けているアエルですが、意外としぶとく生き残ってしまうんですかね?アエルへの過払い請求はもう少しの間は問題無いと考えても良いのですかね?広告の出稿…うーん謎ですね。
確かにヤマトさんの言われるように、消費者金融をあそこまで大きくした責任の一端はTVや新聞・雑誌などの媒体にもあるのでしょうね。
大事なお得意様だと言う事は理解出来ますが、ある意味で無知な消費者を騙しているという自覚を持って貰えると何かが変わるのかも知れませんね。
ヤマトさんも、お仕事大変でしょうが、頑張って下さいね。
2007/09/19 09:44
» 無題
ルパンさん、こんにちは。
クレディア、大丈夫そうです。
今月末までに、と言われたのは、丸井が月末払いだからみたいです。
8月に解決していたので、過払い請求がクレディアだけならもっと早く入金されていたのでしょうね。
入金予定の前に返してくれる会社も多い中、丸井は「月末と言ったら月末」らしいので、指折り数えて待つことにします。

それにしても、今回のクレディアの破綻には本当に驚きました。
まさに一寸先は闇ですね。

この件に関して、興味深いコラムがあったので、良かったら読んでみてください。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20070915
ジャスミン 2007/09/19(Wed)01:09:14 編集
» Re:無題
ジャスミンさん、こんにちは。
クレディア、大丈夫そうですか、もう返還されていると言う事ですね、良かったですね。
丸井は確かに月末と言ったら本当に月末の入金でした、遅れる事はもちろんありませんでしたが、予定より早いと言う事もありませんでした。
紹介して頂いたコラムを読んでみました、クレディアの株の話ですね、非常に興味深いものでした。
教えていただいて、ありがとうございました。
クレディア関連については色々と調べてはいますが、クレディアの今後はどのようになっていくのでしょうかね。
ジャスミンさん、月末が楽しみですね。
過払い金が戻って来たら大事に使って下さいね。
2007/09/19 09:51
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]