忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
2012年最新版、大手金融業者過払い金返還対応リストをこの過払いブログのスペシャルアドバイザーのヤマトさんがコメントして下さいましたので、私ルパンが少々手直しをして本文掲載させていただきました、それでは、どうぞ(`・人・´)パチパチ、パチパチ♪

アコム(4年前の過払い対応
提訴前の交渉では過払い元金の8割までだが、納得できなければ訴訟してくれと言われる。
ただ、事前に訴訟になれば直ちに過払い全額に5%の法定利息を付加して支払うとの確約有り。
提訴後2週間ほどで和解案の提示。
第一回期日までに和解締結。
期日は1度延期、延期期日までに入金があり、その後取り下げ。
アコム(現在の過払い対応
提訴前には「元金の5~7割」とか「分断があるから少なくなる」と言って大幅に値切られます。
ただ訴訟後は以前ほどではないものの元金全額に利息部分をある程度譲歩した程度の和解が可能です。バックは三菱東京UFJ銀行であり、アコムを見放すということは数千億円から兆の単位の損失が明らかであり、責任追及などの火の手が上がることから簡単には切れないようです。
実際、銀行本体のカードローンの保証会社を三菱UFJニコスからアコムに切り替えたり、(過払いという問題のない)DCキャッシュワンをアコムと合併させたりと収益の点でも配慮があることが伺えます。
第一回期日前の解決は「件数が多いこと」を理由に先延ばしされ、多くは第二回期日以降での解決です。
入金も期日に関わらず3~4か月先とされることが多く、解決に半年以上かかるようになっています。
(アコムの注意点)アコム自体は完済・解約していれば信用情報上の問題は生じません。
また残有りでの過払い請求でも現時点では以前のような事故扱いには出来なくなっています。
DCキャッシュワンや本体カードローンの保証会社となっているため、あくまで「弊社の判断」といった理由でカードローンの打ち切りや預金の差し押さえの可能性が出てきます(アコムは現時点では行っていないようだが、かつての保証会社三菱UFJニコスに過払い請求するとカードローンが止められていた)万全を期すのであれば系列のクレジットカードなどで公共料金などの引き落としがあれば解約(他社に変更、他の支払い方法の選択)しておいたほうが良いでしょう。

プロミス(4年前の過払い対応
金額が大きい(300万円弱)ため即提訴。
第二回期日までに和解成立。元金全額、法定利息全額付加、訴訟費用各自負担。和解後約二ヶ月で入金。プロミス(現在の過払い対応
プロミスも三井住友銀行の持分法会社であり、こちらもアットローンとの合併や銀行本体の保証業務を受任するなど延命を図っています。
当時と比べて支払いまでの期日が4~5か月後とされることが多く、提訴でスムーズに和解できたとしてもやはり半年以上かかってしまいます。
(プロミスの注意点)アコム同様、キャッシュワンや系列のカードでプロミスが保証会社となっている場合、打ち切りなどを通告されるおそれがあります。
もちろん「弊社の判断」「新しい法律の施行」などと理由付され、決して「過払い請求したから」とは言いません。こうした意趣返しの話はよく聞くところです。
以上の問題点などは、あくまで「プロミス本体」から借りていた場合の話で、いわゆる子会社(クオークローン・ぷらっと・タンポート等でコロコロ社名が変わっている。現クラヴィス)からの借り入れが発端の案件は注意が必要です。
と言うのも、平成19年に、こうした子会社の債権はプロミスへ譲渡され、プロミスも平成20年頃までは元子会社からの借入についての窓口はプロミスであると自ら告知していたのです。
しかし、これらの子会社をネオラインキャピタルへ売却後は、法的に別会社(法人格が別)であることを理由に「返還の義務はない」として争ってきます。
形式的な法律論では間違って無いようで、事実プロミス勝訴、プロミス敗訴と下級審の結論も別れています。
現状ではプロミス及び子会社が「切換・切替」と言った言葉を用いて積極的に債権譲渡を進めていたこと、貸付債権と過払い金は密接な関係にあることなどを理由に最高裁で平成23年9月30日債権譲渡された元子会社の分に付いてもプロミスに請求できるという判決(第二小法廷・全員一致)が下されました。
法律論などの詳しい話は良く理解出来ませんが、これまで一部の下級審勝訴事案を頼りに、子会社案件では徹底した控訴戦術が取られてきました。
最高裁判決を恐れたプロミスは高裁で負けると上告はしてこなかったのですが、高裁プロミス勝訴案件で請求者が上告し今回の判決となったのです。
最高裁は、通常事実審理をせず、従って差し戻しや逆転判決の可能性がある場合のみ口頭弁論を行います。
今般、最高裁が通例の「差し戻し」とせず、逆転の自判をしたことには大きな意味があると思っています。

レイク(4年前の過払い対応
少なくとも自身が関わった案件では不開示部分が有ることで最も手間取った案件。
判決でようやく回収できたのは1年後。
レイク(現在の過払い対応
現在も不開示期間を含む場合には相当の手間がかかりますが、以降の取引分に付いては非常にスムーズ。
不開示を含む場合でも取引開始時期相応の計算方法(推定・残ゼロ)にも応じるが、この場合はある程度の「値切り交渉」が行われている。
GEから新生フィナンシャルへの売却時に、従前の過払いについてはGE負担との条項があり、新生の負担が少ないことから、現在大手では一番解決が早いとされ、提訴前でも元金全額・法定利息の一部といった条件でも和解が可能だが、件数が多いことを理由に返答は遅い(2か月程度はざら)ので、期日を区切りたいのであれば訴訟も有効。
和解後の返金は概ね2か月程度で、かつての判決後の支払いより早いくらい。
(レイクの注意点)最近では悪い噂はあまり聞かない、一般的な注意事項を守って速やかな行動が大事と思います。

以上、大手銀行系消費者金融3社の現在の過払い金返還対応リストでした、細かい部分で案件によって変わってくる場合もあると思われますので、このリストはあくまで参考にして下さい。

ヤマトさんご苦労様です、本当にいつもありがとうございます(`・ω・´)b感謝です。

(アイフル、丸井などの最新過払い対応リストは管理人の予定によりパート2にて近日公開予定です)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» re:リンコさん。
はじめまして、ヤマトと申します。
ご貴殿の案件を詳しく存じないので抽象的なコメントになってしまいますが、ご容赦下さい。
CFJはユニマットなど複数の貸金業者の合併で出来ており、案件によっては数件分、過払い1000万円なんて事も多いと聞きます。また合併の中心となった以外にも中小業者を多く吸収しており、多くは法改正前には40%以上の高金利でしたので、金額が大きくなっています。

特にそうした「吸収合併案件」などでナゲヤリな対応と聞きます。伝説的・紙のムダ使い答弁書も有名なものですが、裁判上有効なものでは有りません。

不開示に対する判例も出ていますし、合併業者に対する過払い支払い義務も今般明示されています。

想像ですが、ご貴殿は今般過払い請求を始めたばかりと思います。これまでの苦しさや辛さが思い出されてくるのに、テキトーな対応をされれば頭に来るのも道理です。しかし私たちも過払い請求で同じ思いをしてきました。今後も裁判や和解交渉の過程で同じ思いをすることと思います。
その時は是非ともこちらを訪問くださいませ。直接的な力は不十分ですが、経験をお話しすることで参考になると思います。
ヤマト 2011/12/04(Sun)18:36:07 編集
» アコムへの過払い金返還請求 Vol 1
こんばんわ

はじめまして、ヤマトさん
ゴッツと申します

ふとしたきっかけで、こちらを読ませていただくことになり、ヤマトさんの多大なる資料を参考にさせていただき、アコムへの返還請求に踏み切った者です

この場を借りて、
大変ありがたい情報を掲示していただき、誠にありがとうございます。

小生もこの場に情報を載せることによって、他の方々の参考になればと思い、
自分の案件が解決するまで
情報を載せていこうと思っております

さて、自分の案件ですが
11月初旬に、簡易裁判所に提訴をしました(請求額80万)
今日、アコムから答弁書が簡裁からFAXで届きました

答弁書はこちらでもありましたように、ごくごく普通の文章(要は原告の要求を棄却・・ ですね)

その中で、一つ気になった点が・・

答弁書の最後に

1 現在 進行方法について検討中である。
  よって、次回期日は2月中旬以降の指定を願います

と、あり

やはり、ヤマトさんの最近の記事にありましたように、長引きそうです --;;

でも、めげずに腰を据えてやりとげようと思っております

これからも、ちょくちょくアップさせていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ゴッツ 2011/12/14(Wed)23:54:22 編集
» すみません!!
度々すみません
ゴッツです

自分、勘違いしておりまして
こちらの管理者様はルパンさんですね

大変申し訳ございません。。
勘違いしておりました

ルパンさんの作られたこちらのサイトで大変助かりました

この先も、なにかとご意見もらえたら大変ありがたく思います

よろしくお願いいたします

ゴッツ 2011/12/15(Thu)00:01:08 編集
» Re:すみません!!
ゴッツさん、はじめまして、こんばんは。
アコムへの過払い金請求ですか、今現在でも営業している大手消費者金融の中でもヤマトさんが書いてくださっているようにアコムはその中でもまだまともな過払い金返還対応をしている方ではないかと思われます。
もちろん私がアコムに過払い金請求を行った当時と比べれば、消費者金融側も多くの訴訟を重ねて知恵を付けたよいう理由もあるのか、過払い金を返還するまでの期間を引き伸ばす為に様々な手段や主張を行ってくる事と思います。
それでも最終的に判決まで訴訟が進んでしまった場合はアコムが判決内容の通りの過払い金をゴッツさんに返還する事にはなると思います。
それを阻止する為にアコムはおそらくは減額和解や悪意の受益者であった事の否認などは行ってくる可能性は高いかも知れません。
一応アコムへの過払い金請求は私も行った経験があるので何かお役に立てる事があったらアドバイスさせていただきますね。
それとゴッツさんが勘違いされたようにヤマトさんは私以上にこのブログを訪れて下さっている方々にとても優しく丁寧に的確なアドバイスをして下さっています、私はホントに単なるブログの管理人みたいなものですw
過払い金請求を行う事がどんどん難しく厳しくなってきてはいますが、現在銀行系消費者金融である数社への過払い金請求はあまり理不尽な結果で終わる事は少ないと思いますので、ご自信が納得してアコムへの過払い金請求を終える事が出来るよう頑張って下さいね。
寒さもどんどん厳しくなっています体調管理には十分気をつけて下さいね。
またいつでもコメントして下さいね、それではまた。
2011/12/15 00:23
» re:ゴッツさん
はじめましてゴッツさん。張本人のヤマトと申します。

早速ですが提訴お疲れ様でした。11月初旬提訴で、12月14日に答弁書FAXという事は、おそらく第一回期日も無事終了したことと思います。

概ね1ヶ月後とされる裁判期日も裁判所によって開廷曜日が決まっているためや件数の多さなどが有るのでしょう、現在ではおおよそ一ヶ月半後と聞いていますのでここまでは予定通りですね。

アコム側の次回期日希望が2月中旬以降とか。まぁ引き延ばし工作でしょう。裁判は基本曜日が決まっているので次回は28日後、35日後、42日後くらいの期日を裁判所側から提案される事が多く、今回は年末年始を挟むので、通常であれば1月下旬もしくは2月初旬というのが通常です。
明確な理由を示して(進行方法検討中というのではムリ。例えば全口座について過払い返還を進めているというような理由であれば別だが)相応の期日を稼ぐことは出来ますが、今般示されただけの内容で3月以降の希望を出しても却下されるだけなので、ほぼ確実に許可の得られる最大限の日数を見積もったものと考えられます。さすがにバカの集団では有りません。

最新過払い対応なんて書いていながら、案件や担当者などで随分と温度差が有ることも知っています。小生と管理人のルパンさんは、ほぼ同時期にアエルという有名クソ会社に返還請求を行っていますが随分と違う対応をされており、お互いの笑いの対象にしてしまっています。

勝手な推測ばかりになってしまいますが、請求額80万円から逆算すると、当初限度額20万円~30万円前後、その後「お枠が広がりました」攻撃にさらされ、気が付けばという事象を前提に10年以上不当な収奪を受けていた事になります(もちろん契約利率や限度額、利用方法によって大きく異なる)
ちなみに小生はアコムは16年120万円でした。

今年は例の震災で自粛ムードとは言っても、世間の多くは祝賀となる正月を挟んで2ヶ月先というのは少々どころか大いに頭に来ると思います。

そして次は企業の決算期である年度末を挟んだ攻防となるので値切り交渉&引き延ばし工作の可能性は大きくなります。

もちろんどこかに合意できるポイントがあり、早期解決を目指してもよいし、確実に全額回収に重きを置くことも最終的にはご自身の判断です。
ヤマト 2011/12/16(Fri)08:59:53 編集
» ヤマトさん、コメントありがとうございました。
とりあえず夫も無事、再就職もでき頑張っているので、夫と二人、過払い金請求を弁護士にお願いすることにしました。悔しさをバネに頑張るつもりです。ヤマトさんの言葉を参考に頑張ります。
リンコ 2011/12/18(Sun)00:57:18 編集
» Re:ヤマトさん、コメントありがとうございました。
リンコさん、こんばんは。
人生納得出来ない事って多いですね。
旦那様は無事に再就職出来たとの事、本当に良かったですね。
過払い金請求も今の時代は難しい案件に関しては弁護士に任せてしまうというのも1つの方法ですよね。
無駄に腹立たしい思いをしたりするよりも、変な言い方ですが時間や苦痛をお金という対価によって解決する事は間違ってはいないとも思えますので弁護士さんとお互いに協力しあって悔しさを晴らし無事に案件を解決する事が出来ると良いですね。
ヤマトさんのアドバイスや多くの過払い仲間の言葉などを参考にして、早く穏やかな日々を取り戻す事が出来るようになると良いですね。
寒さも厳しくなってきていますので体調管理には十分注意して下さいね。
私にはこのような言葉を掛ける事しか出来ませんが、おそらく人生のほとんどの悔しさや辛さは時間が解決してくれますので旦那様と共に挫けずに頑張って下さいね。
2011/12/20 21:59
» アコムへの過払い金返還請求 Vol 2
こんばんわ
ルパンさん ヤマトさん

まず初めに
先日の小生のコメに対し
ルパンさんヤマトさん共に、親切丁寧な対応、及びコメント、誠にありがとうございました

さて、アコムへの過払い請求の続きですが
もう昨日になりますが、一回目の裁判期日を無事に終えてきました。

初めての法廷でしたので緊張はしましたが、それとは裏腹に、あっけなく終わってしまい、若干、拍子抜けした感はありましたが、、

一番驚いたのは、まだまだ過払いの請求事件が圧倒的に多い!ということです
小生の簡裁では第五法廷までありましたが、ほとんどの法廷で争われてるのが、過払い事件ばかりで、しかも、その人数の多さに驚きました。。

ちょっと話がずれましたが、、

自分の場合、一回目の期日前にはアコムとは直接の和解交渉はしませんでした。

何故に?と思われる方もいらっしゃると思いますが、、自分の中で、こちらかわざわざ手間暇かけて裁判まで起こしたのに、
そこにして、こちらから連絡せんといかんのじゃ!!と、、少々怒りの念がありましたもので、連絡はあえてしませんでした。

が!しかし、、

先日の法廷での裁判官からの意外な言葉に驚きました

アコムさんの場合、ほぼ100%支払いに応じると思いますので、一度、電話して交渉してみてください   との、こと。。

この言葉にはさすがに驚きました。
耳を疑いたくなりましたが、

まぁ、自分としても一回目を過ぎたら、連絡しようとは思っていたので、
とてもありがたい言葉にとれました

と、一回目を終えて、帰路についたわけです

さぁ~て、次は電話してのアコムとの交渉ですね
当日に連絡しようと思いましたが、、
なにかと抵抗すると予想できますので、こちらも理論武装する必要がありそうだなぁと思いましたので、後日、連絡することにします

また、この内容は後日UPしたいと思っております

この件について、なにかアドバイスなどありましたらよろしくお願いいたします

皆様も、非常に冷え込む日々が続いていますが、体調など壊さぬよう、ご自愛ください
ゴッツ 2011/12/20(Tue)02:18:57 編集
» Re:アコムへの過払い金返還請求 Vol 2
ゴッツさん、こんばんは。
大したアドバイスも出来ずでしたが、この過払いブログがゴッツさんを始め少しでも多くの方にとって過払い金請求を行うという事のきっかけにでもなってくれれば良いなぁと思っています。
最近は私自身あまりコメントや記事の更新をする事は無くなってきてしまいましたが、今でも新たに過払い金請求を行う準備を始めた方やこれから過払い金請求を行う方が訪れて下さっている事が嬉しい反面、少々複雑な気持ちも感じています。
それはゴッツさんのコメントにもあるように、まだまだ過払い金請求という存在自体は過去のものになってはいないんだなという事、そして武富士やアイフルなどの大手消費者金融の破綻によって本来債権者に返還されなければいけないはずの過払い金が返還されずじまいになってしまっているという事をむなしく感じています。
一時はTVCMをバンバン垂れ流しこの世の春を謳歌していた消費者金融の責任がうやむやになってしまったようで何だか納得がいきません…
話がずれてしまいましたが、おそらくゴッツさんのアコム案件は時間が少し掛かる可能性はありますがゴッツさん自身がそれなりに納得出来る形で終える事が出来るのでないかと思われます(というか、そうなって欲しいと思っています)
丁度、本日旋風マスターさんというゴッツさんと同じくアコムに対して過払い金請求を行っていらっしゃる方が訪れて下さいましたので、訴訟を行う場所や金額などにも違いはあると思いますしこのような場ではありますが少しでも多くの情報を共有して今後の訴訟に役立てる事が出来れば良いですね。
私は早くも風邪気味になってしまいましたが、ゴッツさんは体調管理に十分注意して下さいね。
2011/12/20 21:44
» ゴッツさん、出廷おつかれさまです。
こんにちは、ゴッツさん。表題の通り、出廷おつかれさまです。
不確かな記憶で申し訳有りませんが、小生が過払い請求をした年の年末年始は天皇誕生日、土曜日曜が新年跨ぎで、今年のように大晦日・正月が土日の曜日配列に比べて、日数的な不利が有りました。
とは申せ、日程もある程度は機械的に決まるため(仕事にもよりますが)年末年始はゆっくり過ごされるよう希望します。

さて、第一回期日、言い換えれば第二回期日を決める儀式のようなもので終わった事でしょう。
常に悪い方向にしか物事を考えない小生の見方はさておき、裁判長の言葉に勇気付けられた事と思います。

それでもほぼ100%返すというのが「請求額の100%」なのか、額はさておき返すことは返すのかは不透明です(ここが小生の悪い考え方)

請求額の100%でも、提訴費用(印紙、登記簿代、切手代)に加え、既に出廷した日当、交通費の合計で20000円にはなると思います。

どこで折り合うかは、ご貴殿の判断次第で外野がとやかく言う事ではないので基準などはもちろん有りません。ご家庭やご家族が今後も安心していられることを切に願っております。

さて私事ですが、現在小生は長期療養中の身です。さいわい病人ではなくケガ人なので、時間が唯一の薬です。冬は電車バカの息子を連れて温泉で湯治の予定です。痛いのだけはご勘弁というだけで、ゆっくりと過ごしていますが、かつての借金漬けから解放された安心感が後ろ盾です。

ご貴殿におかせられましても、そうした安心感のある時間を取り戻すために奮闘下さいませ。
ヤマト 2011/12/20(Tue)16:05:27 編集
» Re:ゴッツさん、出廷おつかれさまです。
ヤマトさん、こんばんは、ご無沙汰しております。
ゴッツさんへのコメントの場をお借りしてのコメントになってしまいますが、多くの方へのアドバイスやコメント、いつもありがとうございます。
これはもしかしたら私が忘れているだけなのかも知れませんが(そうだったらすいません)、ヤマトさんお怪我なさっているんですね、大丈夫なのでしょうか?
長期療養中との事ですので心配になりこうしてコメントさせていただきました。
今冬は息子さんをお連れになって温泉でゆっくり湯治との事ですので大事にはなっていないと思われますが、お互いもう若くはない体なのでゆっくり療養してお体万全に回復して下さいね。
お互い過払い金返還請求を終えた事により精神的に大きなゆとりが生まれた事は喜ばしい事ですね(ヤマトさんは未払い賃金返還請求も終えられましたね)
この過払いブログを訪れて下さっている多くの方々も過払い金請求を無事に納得する形で終えゆとりを感じる事が出来る生活を取り戻す事が出来るようになると良いですね。
後10日程で今年も終わってしまいますが年末年始はゆっくりと体を休めて下さいね。
2011/12/20 21:16
» お邪魔します!
管理人のルパンさん、ヤマトさん、ゴッツさんはじめまして。
旋風マスターと申します。

対アコムにおける個人の過払い訴訟を考えていたため、色々ネットを彷徨っていましたら、ここに辿り着きました!

ルパンさんの情報・体験記はすごく為になりました。
裁判なんか、自分にゃ全く縁のないもの・・・と考えておりましたが、いざ「提訴したる!!」となると「どうしたらええねん・・・?」と途方にくれていたところ、ルパンさんの情報は、正に「渡りに船」でした。感謝いたします!!

私も11月当初に提訴(簡裁にて130万の案件です)しました。
ゴッツさんと同じく、自身案件のトピックを記載する事で、他の方の参考になれば・・・と思います。宜しくお願い致します!


自身の案件ですが、平成6年~平成20年までの取引(解約済み)で、今年10月に取引履歴請求⇒引きなおし計算書&請求書発射⇒アコムTEL・・・と手順を踏んだのですが、アコムの提示額は「40~70万」と、まあ納得のいかない提示でしたw

11月に提訴し、先週末に大阪公的応対センターから答弁書が届きました。
「まあ、ネットでの予習内容のとおり、悪意の受益者否定と、ふざけた和解金額が記載されてんにゃろな~」と思い封を開けると、「リボ方式の取引ではみなし弁済が成立するから、弊社は悪意の受益者とは違いまっせ!!もしオタクが、そのように主張するんやったら、それを証明してや!!」といった内容でした(笑)。
しかし、驚いたことに和解金の提示は一切記載されていませんでした(笑)
「おや~?これは、アコムからのガチンコの宣戦布告・・・って訳ですな!」と、怒りの炎がメラメラと、嗚呼メラメラと(笑)。


さて、本日は第一回口頭弁論でした。
「簡裁は和解を勧めがちw」とネット情報にあったのですが、「和解金額が答弁書に記載されてないのに、裁判官に和解の勧告をされたらどうしよ~」と不安を抱きつつ法廷へ。
初の法廷で、少々緊張気味でしたが、おばちゃん2名(裁判官と書記官?)でちょっと和む(笑)

裁判官「旋風マスターさん本人ですね?」
私「はい」
裁判官「訴状内容で間違いないですね?またアコムからの答弁書も届いています。」
私「はい。答弁書も受け取りました。」
裁判官「・・・・もう、ご存知かと思いますが、訴状記載されている満額は、ちょっとキビシイかもしれませんよ?」
私『何ですと??』⇒心の叫び
書記官「以降は、直接アコムと和解交渉してみて下さい。」
私「・・・はい」
裁判官「では次回は2月上旬です。」
私「はい。失礼します・・・。」

てな、感じで初口頭弁論は滞りなく2~3分で終了しました・・・。


さて、第一準備書面の発射+アコム電話交渉が次の作業です。
満5+5を勝ち取るためにも準備書面上の理論武装が必要となります。
最近、平成23年12月1日最高裁第一小法廷の不当利得返還請求事件において、以下の趣旨の判例が出されました。

『リボルビング方式の貸付けについて,貸金業者が17条書面として交付する書面に確定的な返済期間,返済金額等の記載に準ずる記載をしない場合は,17条書面には上記記載を要するとした最高裁判所の判決以前であっても,当該貸金業者につき民法704条の「悪意の受益者」との推定を覆す特段の事情があるとはいえない』

「準備書面の内容で、どうやって反論してやろうか・・・?」と考えてた矢先、まさに、うってつけジャストミート!ドストライク!の判例が出されたわけです。

過去の判例+最新の上記判例を上手く織り込み準備書面を発射・交渉したいと思います!

また、動きがありましたらコメントします。
ご意見など頂けましたら有難く存じます!
今後も宜しくお願い致します。

PS・ゴッツさん
ともにがんばりましょう!!


旋風マスター 2011/12/20(Tue)16:48:01 編集
» re:旋風マスターさん
はじめまして旋風マスターさん。

提訴、出廷お疲れ様でした。かく言う小生も数年前にこのブログだけを頼りに多くの過払い請求を戦い、全てに勝利することが出来ました。

確かに簡裁は和解の為の専門家がいて、小生の時も「お互いに歩み寄るから和解であって、そちらの意見ばかり言ってはダメですよ」というような感じで冷たく言い放たれた事が有ります。

提示金額だけでなく、これまでの対応とか過払いを知らずに苦しんだ記憶とか、様々な思いが交錯するでしょう。また昨今の貸金業者の経営状態は予断を許さず、破綻が早いか、返済が早いかのギャンブル的要素も持っています。

小生と、こちらの管理人ルパンさんが当時「経営が危ない」と噂されたアエルに対して過払い請求を行っています。小生の方は着手が少し遅かったものの、ある程度の減額で和解し、返還も少し早かったのですが、ルパンさんは金額も大きく、最低の対応に激怒し判決まで戦っています。
お互いの戦果を見届けるようにアエルは破綻、我々2人からすると、返してもらったらあとは野となれ山となれでも良いのですが、後に続く皆さんの事を考えると少々複雑でした。

ご貴殿に於いても、さぞかし15年は長かった事と思います。利用年数も過払い額も小生のアコム案件と近似しており、ご苦労が偲ばれます。

過払い請求では有りませんし、簡裁ではなく地裁案件なので条件は大きく異なりますが、小生の訴訟では訴額411万円に対し、裁判長が提示した和解条件は「300万円台の大きく後半の方」と言うものでした。大きく後半が380万円なのか390万円なのかは不明ですが、小生は「被告の法に反した不正を一部でも認めることになり納得出来ない」として拒否しています。判決では411万円のうち、408万円が認められ(差額の3万円は計算上の差異)、法定利息の25万円を含めて433万円、訴訟費用関連で4万円近くが加わりました。

仮に399万円で和解としても40万円近くを判決までの忍従代として支払わせたことになります。

もちろんどの道を選ぶのかまでは、ご貴殿の意思に任せられるもので、小生の戦い方は参考文献の域を出ません。

なにとぞ、ご自身で納得できる解決を模索し、ご決断下さい。
ヤマト 2011/12/20(Tue)22:19:48 編集
» re:ルパンさん
管理人のルパンさん、ご無沙汰しております。

当ブログを我が物顔で占有する不届き者に対し、ケガの心配までさせて申し訳ございません。
仕事場の高台から転落し、下半身を強打してしまいました。その時は痛いだけで何ともないと思ったのですが、帰った後に知人と飲んでいて、激痛に顔を歪めてしまう仕儀となり、真っ青になった知人が救急車を読んで病院直行です。

その知人氏、外国生まれの外国育ちという生粋の外国人ですが、日本在住は昭和の時代から四半世紀、既に日本の方が長く、言葉を聞いていても外国人とは誰も100%思わないほどです。

しかし今回、小生が「痛てぇ痛てぇあんよが痛てぇ」と苦しむ様を見て「どうした大丈夫か、どこが痛いのか」と聞かれ「あんよ、あんよ、あんよが痛てぇ!」

まぁ普通の日本人なら「あんよ」がどこか位はすぐに理解できるでしょう。思わぬ幼児語にエリート外国人の日本語の弱点を見てニヤリと言った程度です。

さて無理やりこの話を過払い関連の話に結び付けますと、日本語が達者なハズの日本生まれ日本人でも、裁判用語というのは難解この上ないものと思います。

この場では少し砕けて誰にでも理解出来るようにというのが本音と、ご恩返しと思っています。

ケガの方ですが、見事にバキッと折れており、完治までに数か月を要する見込みです。ドクターからはこんな状態で酒飲んでるのは自殺行為と厳しい指摘。

ま、そういうことで仕事も出来ず、ヒマなヒマな年末年始を迎える事になりました。さいわい当然ながら労災適用と傷病手当満額受給ですからお金の心配は有りません。
それに加え、今年は久々に年末ジャンボを30枚も買ってしまいました。現在の予定では小生の持っている番号が「当たり」の予定ですので、ご貴殿や皆様はあきらめて頂きますよう申し上げます。
10数年前は、当たったら(無いはずの)借金返してとか思って買ったものですが、今では子供に何か残そうという達観の境地です。ただし、言い訳は「世のため人のため」と変化なく、せいぜい今年は「被災地・被災者のため」と言い換えている次第です。
ヤマト 2011/12/20(Tue)22:58:35 編集
» Re:re:ルパンさん
ヤマトさん、こんばんは。
この過払いブログでヤマトさんは既に名誉顧問的な存在ですから、ご自身が思い立った時にいくらでもコメントして下さい、というか私が不甲斐ない為なかなかコメントや記事の更新も出来ない状況なのでむしろよろしくお願いしますといった感じです(このような会話ももう数年言っているような気がしますねw)
怪我の方は骨折という事ですが、よくそのままお酒を飲みに行けましたねw
確かに長年日本に住んでいる外国人で日本語がペラペラの方でも「あんよ」という幼児語までは分からなかったようですね、その事とは直接関係は無いのですが最近の若い人よりも外国の方の方がまともな日本語を話すような気がしてなりません、まぁ裁判で使うような難しい言い回しはもう少し柔らかく分かりやすい言葉に置き換えても良いかとは思いますね、そうすれば日本での個人での民事訴訟ももう少し身近になるのではないかと思ったりしています。
年末年始は労災適用の為、お金の心配も無く(まぁ過払い金請求や未払い賃金支払い請求を終えた時点で大きなお金の心配は無くなった事と思われますが)過ごす事が出来るとの事で羨ましいやら何やらといった感じですが、残念ながら年末ジャンボの当たり券は現在我が家にあるのでその点はヤマトさんの勘違いかと思われますねw(というか二人とも当たると良いですねw)
毎回買うのは夢ばかりの宝くじですが、私も昔もう既に無いはずの借金地獄だった時は「宝くじが当たったら借金返して仕事も辞めてゆっくりと過ごそう」なんて妄想ばかりしていました、まぁ当然の権利ではあるのですが自分自身で過払い金請求を行う事が出来るようになった流れというのは、ある意味で宝くじに当たったようなものであるかとも言えるかと思っています。
本来既に支払い終えているはずの借金が完全に無くなった事、借金の無い生活というのは本当に心にゆとりを生むものであり何事にも買える事の出来ないものであったなぁと過去を振り返り考えたりしています。
借金の無い生活というのが私にとって昔は本当に夢のようなものでしたからね…先人の方や過払い金請求を一般に認知させてくださった方々に感謝です。
2011/12/22 21:43
» ヤマトさん、コメントありがとうございます
ヤマトさん、早速のコメントありがとうございます。

・・・そうなんですよねえ。
結局、落としどころを、何処にもっていくか?がポイントなんですよね。

ただ、自分に100%フィットするかはともかく、みなさんのこれまでの戦術は、自分の「やり方」を定めるには、心強い指針であることは間違いありません。
あとは、上手くアジャストできるかどうか・・・と考えています。

あたたかいアドバイスありがとうございました!
旋風マスター 2011/12/22(Thu)15:05:08 編集
» Re:ヤマトさん、コメントありがとうございます
旋風マスターさん、初めまして、こんばんは。
管理人なのにヤマトさんよりもコメントが遅くなってしまい、すいません(ただこれはほとんどそうなので許して下さいね、私自身は今のところはこうして本当にたまにコメントを書いたりブログの記事を更新したりするのでいっぱいいっぱいです…)
アコムへの過払い金返還請求の落としどころを決めるのはそれ程難しい事では無いのではないかと私は思います。
それは何故かと言いますと
まず、アコムが早期に破綻する可能性がほとんど無いと考える事が出来る事
これは絶対ではないですが、アコム、プロミス、レイクという大手銀行系消費者金融に対する過払い金請求に関しては相手の会社の経営状況をほぼ考えの中に入れる必要性が無いので落としどころは旋風マスターさんご本人の意思に委ねられるのではないかと思います。
民事訴訟は判決まで戦っても自分自身が100%納得出来る結果が得られるかというとそれはその訴訟を裁く裁判官以外誰にも分かりませんが、それでも判決までを視野に入れていれば自分の求める結果とそう大きく変わる事は無いと思います、ただその場合時間を失っていく可能性が高くなってしまうという欠点がありますね。
私は判決まで争った過払い金請求訴訟が一件、和解で終える事が出来た過払い金請求を五件行いましたが、時期が早かったせいもあった為そのほとんどを自分の納得出来る形で終える事が出来ました、その中でも面倒だったのはヤマトさんのコメントにも有ったように破綻しもう存在しないアエルこと旧日立信販と丸井ですね、あとの武富士やアコム、レイクなどはその二社と比較するとカワイイものでしたよ(笑)
昔から主張になってない主張しかしてきませんし、旋風マスターさんのコメントされていたリボ払いの場合は悪意の受益者に当たらないという主張も私が過払い金請求を行ってきた頃からもう既に訴訟上では取り上げられるほど大きな問題でもありませんでした、悪意の受益者である事の立証は貸金業者が貸金を生業としている事により貸金業法と出資法の間のグレーゾーン金利を把握していた上でその事を消費者に伝えずに(書面での通知も含む)グレーゾーン部分のの利息を得ていた事で既に承知の上だったと言えると思います、リボ払いという返済方式や返済期限が決まっていない事などは問題にもならないでしょう。
こうした事からもアコムへの過払い金請求の着地点を決めるのは旋風マスターさん自身が主導権を持っているものであると思います。
もちろん判決まで争い訴訟費用まできっちり請求するも良いですし、時間と金銭のバランスを取って早期に和解する事も選択肢であると思います(もちろん旋風マスターさんご自身が納得出来るという事が最低限の条件ではありますが)
先日、ゴッツさんという方もアコムへの過払い金請求を行っているというコメントを頂きましたのでこのような場ではありますがお互いに情報を共有しアコムへの過払い金請求に役立てる事が出来ると良いですね。
お二方共に納得してアコムへの過払い金請求を終える事が出来るよう応援しています、大したアドバイスは出来ないかも知れませんがアコムへの過払い金請求ならば経験がありますので困った事や悩みなどが生まれた時はいつでもコメントして下さいね。
2011/12/22 21:20
» 恐怖の偶然
こんにちは、ルパンさん。

ジャンボ宝くじは組番2ケタ、番号5ケタ、合計7ケタが合えばウフフフフとなるところですが、ご存じのように世の中そう上手く行くものでないことは、党の昔にご存じだと思います。
7ケタの数字と言うと銀行の口座番号もそうですが、サラ金の口座番号のケタ数はは会社によって違います。武富士は支店番号3ケタ+口座番号が5ケタ、古くからの取引が有れば口座番号は4ケタです。
小生の場合、武富士の取引は古く支店番号+口座番号は7ケタで、銀行の口座番号とケタ数は一緒です。

ところが7~8年前に某ネット銀行の口座を作った際の番号を見てビックリやら驚きやら、なんとネット銀行口座番号と武富士の口座番号がまったく同じ、確率からいえば、1000万分の1の偶然で一致したのです。宝くじでも普通は10枚連番で6ケタが「偶然」の要素なだけに本来有り得るレベルの話とは思えません。

今でも残高確認などでネット銀行にログインするときは武富士の口座番号(と同じもの)を入力するワケですから少々複雑な気分です。

宝くじは確かに当たればラッキーですが、過払いと言うものを知り返還のための行動を起こしても「ラッキー」と思った人は少数で、多くの場合は「なんでこんなに払わなくてよいお金を取られてきたんだ」と怒り心頭になっただけではないでしょうか。
仮に元利均等返済で一般的なサラ金の契約期間5年で払い終えたとしても借入が50万円なら利息制限法でも95万円支払わなければならない高金利で、同じ支払金額でも29.2%なら28万円ほど残高が残ってしまい、単純に28万円ものお金が金利込みでさらに収奪されるのです。これがアエル(日立信販)などのような40%超なら毎月利息の支払い残りが1000円程度出ているなんていうおぞましい結果にもなるのです。
本人訴訟が可能な法整備が進んだことや、一連の最高裁の判例など、過払いを請求する立場にとって追い風になった部分は認めますが、決してラッキーの一言では片付けられません。
ヤマト 2011/12/24(Sat)23:38:40 編集
» 管理人ルパンさん、レスありがとうどざいます
ルパンさん。ご丁寧な内容のレス、ありがとうございます。心強い限りです・・・。

もうすぐ今年も終わりますが、当方のアクションとしては、年内は電話折衝と準備書面の提出で終わるかと思います。

個人訴訟は初体験であり、当初は右も左もわからんまま・・・でしたが、ルパンさんのブログでの助言をはじめ、色んな情報を事前に察知することができました。
先人の方々の経験談や知恵には非常に感謝しています。


皆さんにとって、来年がいい一年になりますように・・・。
私も、もうひと踏ん張りします!!
それでは、また!


旋風マスター 2011/12/27(Tue)02:22:59 編集
» Re:管理人ルパンさん、レスありがとうどざいます
旋風マスターさん、あけましておめでとうございます。
昨年のコメントに対して都市が明けてからの返信になってしまい、すいません。
新たな年、2012年が旋風マスターさんにとって良い年であり、なお且つ過払い金請求においてもなるべくスムーズに旋風マスターさんご自身が納得の行く形で終える事が出来ると良いですね。
このような辺鄙な私の過払いブログを訪れて下さった事も何かのご縁であると思っています。
このブログが今や旋風マスターさんの過払い金請求においてどれだけのお役に立つ物であるかは分かりませんが、ここにはヤマトさんを始め多くの知識や経験を持った先人の方も訪れてアドバイスを下さったりもしていますので少しでも旋風マスターさんの過払い金請求を勇気付け奮い立たせる為のきっかけに
なれば良いなと思っています。
今年は勝負の年ですね、旋風マスターさんや過払い金請求を行っている方々にとって2012年という年が良い年になる事を陰ながら応援させていただきますね。
2012/01/03 16:30
» あけましておめでとうございます。
こんにちは、みなさん。

過払い請求真っ只中の人も、これから着手する人も、そしてもう全てが解決した人も、世間一般はお正月という事で少しはのんびりできるのではないかと思っています。さて年末ジャンボは案の定というか、予定通りというか大部分を被災地支援として貢献することになってしまいました。買ってから約3週間、わずかな夢の代金ですと諦める事が出来ます。

現状の過払い請求はスピードが命の部分が顕著ですが、さすがにこの時期は裁判所も休みですし、サラ金が過払い金を返そうにも銀行窓口もやっていません。

サラ金なんて正月も休まずに「24時間365日電話受付」とやるくらいなら、過払い返還もそのくらいスピーディにやればとは思うのは小生だけではないでしょう。

現状、着手から返金までに6~9ヶ月くらいと言う話をよく聞きます。暦に当てはめれば正月やGW、お盆と言った「小休止」の時期がどうしても出てきます。

今は慌てても事態は進展しません。焦らずのんびり構えて正月明けのフルダッシュに備えましょう。
ヤマト 2012/01/01(Sun)19:54:59 編集
» Re:あけましておめでとうございます。
ヤマトさん、こんにちは、あけましておめでとうございます。
こうしてネット上でお付き合いながらもヤマトさんにあけましておめでとうという言葉を書かせていただくのは何回目になりますかね。
私はもちろんヤマトさんの顔は存じませんがコメントの1つ1つからヤマトさんのお人柄というものを少しは理解出来ていると勝手に思っていますw
ヤマトさんも私のずぼらな性格を少しは把握してくれていますかねw
ジャンボ宝くじ残念でしたね、ヤマトさんはきっと先日のコメントにあったように凄い確立の出来事で運?を使ってしまったせいもあるのかも知れませんね、こうして外れた宝くじの事などで気軽に会話が出来るのも過払い金請求を無事に終える事が出来たという要素は私にとっては大きなものです。
借金を抱えながら生活をしていた時は宝くじを購入しても「当たったら借金を返済して…」とまず頭に浮かぶのは借金返済の事ばかりでしたので、今考えて見るとその当時はもう存在しないはずの借金の事で随分悩まされたものだなぁと思い返してしまいます…
私は宝くじを買っても新聞やネットなどで当たりを調べずに宝くじ売り場に持って行くまで結果が分からないようにしていますので恐らくは私の部屋の引き出しの中に1等の当選券がまだ眠っていると信じていますw
まぁそう言いつつも少しでも長く夢を見ていたいというだけの事なんですけどね。
今年の復興支援グリーンジャンボ宝くじも購入予定なのでまたまた被災地支援に貢献する事になりそうですw
話は変わりますが、昨今の過払い金請求事情は私達が過払い金請求を行っていた頃よりも確かにスピードが重要になっていますね、一昔前(と言っても数年前の事なんですけどね)とは違い如何にして早く過払い金請求を終わらせて素早い返金をさせるかが大きな問題になってきていますが、それと同様に敵も如何にして返金を少なく遅く出来るかに会社の全精力の半分位を費やしているのではないかと思っています(本来ならば素直に素早く返金した方が利息分は安くなるんですけどね)、とは言っても今は正月、裁判所も消費者金融の担当部署も休みですから、現在過払い金請求を行っている方や今年から過払い金請求を開始するぞと考えていらっしゃる方々にとってはこうした時間も長いものに感じてしまうかも知れませんね。
駅前や街道沿いから多くのサラ金の看板が消えている昨今ですから、過払い金請求開幕の正月明けフルダッシュに備えて今はゆっくりと心と体を休め準備を整えて今年も少しでも多くの方が過払い金と共に借金の無い穏やかで心にゆとりを持って生活を取り戻す事が出来ると良いですね。
今年がヤマトさんにとって良い1年になりますように、そして今年もこの過払いブログへのご協力よろしくお願いしたします。
2012/01/03 11:55
» PC初心者
はじめまして、ここにでの質問は間違っているのは分かっていますが、スレの立て方が分からなくここに書き込ませていただきます。
現在私はアコとプロとで一回目を終えて@一週間で二回目です。アコとは満5+5で今月末入金予定です。(約80です)
プロ、ここが金額も大きいので少し困っています。
 請求額が満5で195。プロからの電話では190での和解を希望と電話がありました。4月中旬入金とのことです。私的には、満5+5で和解希望なのですが2回目も迫ってきてましてまだ準備書面も書いていません、プロとの取引には分断もなく進めていましたので問題ないかと自分なりには思います。準備書面を書くにあたっても知識もなくどんな書き方をしていいのかわからなく、これからどんな対応をしていいのかわかりません。。。。。
何かアドバイス、意見等あればお願いします
ピットブル 2012/01/08(Sun)01:26:26 編集
» Re:PC初心者
ピットブルさん、初めまして、こんにちは。
プロミスに対する過払い金請求に対するアドバイスというかコメントを返信させていただきます。
ピットブルさんのコメントを読ませて頂いた限りではプロミスに対する過払い金請求は時間が許すのであれば最悪判決まで争う気持ちがあるのであれば満5+5譲らず和解に応じなければ、おそらくはピットブルさんの目標としている結果で終える事が出来ると思います。
準備書面も「被告は長年に亘って原告から何の法的根拠も無く原告から不当な利得を得てそれを運用し利益を得てきた、よって被告の示す和解金額には正当な根拠が一切無く原告は被告の示す和解に応じる事は出来ない、よって被告が原告の請求する金額での和解に応じないのであれば原告は判決による決着を希望します、又その場合は訴訟費用等も被告が負担するものします」と簡単にまとめてみましたが、上記の内容をご自身のケースに当て嵌めて少しアレンジした準備書面を提出すれば良いと思います。
ただ、最初にも書きましたがその場合、次回の口頭弁論後にプロミスが反論を行いもう一度口頭弁論を行わなければならない可能性と次回口頭弁論時に裁判官に和解を勧められる可能性があります。
金額的に地裁案件ですからプロミスが控訴してくる可能性は低いとは思いますがその可能性も0とは言えません。
こういった時間や裁判官の和解すれば的な言葉に耐えられるのであれば特に大きな問題は無いと思いますよ。
私がピットブルさんのコメントを読ませて頂いた限りではプロミスが特殊な主張をしていないようですので、ピットブルさんは次回の口頭弁論に出す準備書面には何の法的根拠も無い和解提示には応じる事が出来ないという主張を行いだけで問題無いと思います(あくまで推測ではありますが)
まあプロミスがすぐにどうにかなってしまうという事は無いと思いますので一番大きな問題である期間的なものが問題で無いのであれば判決希望という方向で進めて行くかもしくはプロミスとの交渉で満5+5の千円単位切り捨て位で和解を持ちかけてみても良いかとは思いますが、その辺りの判断はご自身が決める事ですので考えてみて下さい。
アコムへの過払い金請求お疲れ様でした、入金は今月末ですか待ち遠しいですね。
ちなみにアコムへの過払い金請求は一回の口頭弁論で和解成立ですか?
そうであれば早く終える事が出来て良かったですね、昨今の過払い金請求は消費者金融側がいかに支払いまでの期間を引き延ばすかを考えている事も多いみたいなので一度の出廷で納得出来る和解条件を引き出せた事は素晴らしいですね。
コメント内容からはこのような単純な事しかアドバイス出来ませんが、何か具体的疑問などありましたら気軽にコメントして下さいね。
寒さも厳しく乾燥していますので1週間後の出廷までに体調を崩したりしないよう気をつけて下さいね。
2012/01/08 15:48
» re:ピットブルさん。
はじめまして、ピットブルさん。
既に管理人のルパンさんからコメントが有ったように、準備書面と言っても気構える必要は有りません。必要事項は事件番号や当事者の表示に加え「法に基づいた主張」なので、訴状に使った文書から必要な部分をコピーし、事件番号を加えて概ね終了です。
時間の空費にイライラするのがちょうどこの時期というのが小生の経験則。法に反して盗られたお金を返して貰うのだから、ついケンカ腰にもなるものです。

2回目も間近との事ですから道のりも半ばを過ぎていると思います。最後まで自分の姿勢を保っていれば解決への道はあと少しです。
ヤマト 2012/01/10(Tue)10:29:41 編集
» ご無沙汰しております
ご無沙汰しております。
久しぶりの書き込みです。

終わるはずの過払いがまだ終わらず(笑)

たった3%すら返さない武富士!!

いつまで待つことやらです(笑)
鞍馬天狗 2012/01/30(Mon)20:15:15 編集
» 鞍馬天狗さんお久しぶり!
こんにちは、鞍馬天狗さん、お久しぶりです。
とは言え、あまりよろしくないご報告のようで小生にも怒りが通じてきます。
武富士のQ&Aを見ると1月中旬にも第一回の支払いをなんて書いているけど、ちゃっかり「遅れる可能性」を書いています。1日でも遅れるとガンガン電話をかけて催促してきた武富士らしくない対応です。

これでは本当に2回目以降の支払いが有るのか当然疑わしくなるし、事業の譲渡先が武富士と悪名の高さで並び称されたロプロ(旧・日栄)っていうのですから、これはもう小生世代(40半ば)にすれば、悪の秘密結社ショッカーと暗黒宗教ゲルダムが合同してできたゲルショッカーと呼ぶべき組織です。
もっとも新会社のブランド名をゲルショッカーにしようにも石ノ森プロはじめ権利先に払うお金もないんでしょうけどね。
ヤマト 2012/01/31(Tue)05:49:12 編集
» 義理チョコか?
ヤマトさんコメントありがとうございます。
その武富士よりバレンタインの義理チョコのような3%を振り込んできました(笑)
ランチでなくなるくらいの金額でしたが・・・。
第2回目の返済はないんでしょうね。
とりあえず、報告まで!!
鞍馬天狗 2012/02/14(Tue)23:33:40 編集
» 悪名高き武富士も終焉。
こんにちは、鞍馬天狗さん、みなさん。

かつては「親が子に就職させたくない企業」のナンバーワン企業であり、良くも悪くもその名を知られた武富士ですが、現在細々と残っている無人店を含めてすべての店舗が今月末で閉鎖となります。
賃貸物件で有れば、敷金・権利金などが戻ってくるでしょうが、圧倒的な過払い債務の前ではスズメの涙以下の金額でしょう。
今後の支払いが有るかどうかは未知数ですが、最後まで諦めずに少しでも行動できることはしておくというのが小生流です。もちろん多勢に無勢で成果は見込めないとは思いますが、悔いを残さないことです。
ヤマト 2012/02/16(Thu)11:14:16 編集
» 旧・武富士(更生会社TFK)が国を提訴。
ルパンさん、みなさん、お久しぶりです。
倒産処理が進められる旧・武富士ですが、このほど国を相手取って法人税の還付を求める訴訟を提起しました。
旧・武富士は現在、更生会社TFKとなっていますが、負債の大きさを考えるとマトモに更生できる可能性はゼロでしょう。旧・武富士の主張によれば、過払いで得た利益まで申告して法人税を払ったのだから、払い過ぎた税金を返せというものです。
額にして2347億円、これに創業者一族が逃れた課税分を合わせると、武富士の弁済率は40%程度になると思われます。
過払いを返せと迫られた旧・武富士に対して、国がどのような主張をするかは未知数ですが、サラ金会社がどのように「過払いを返せ」と主張し、その裏で過払い債権を持つ人に「減額しろ」というのでしょうか。実に興味深いところです。
ヤマト 2012/05/17(Thu)17:40:59 編集
» Re:旧・武富士(更生会社TFK)が国を提訴。
ヤマトさん、こんばんは、ご無沙汰しております。
最近はこの過払いブログを訪れて下さる方もめっきり少なくなり、消費者金融業者の再編など相まって過払い金請求をする方も徐々に少なくなってきているのかな、などと感じておりました。
私自身は特に大きく変わった事も無い日々を過ごしていますが、それでも借金返済に追われる事のない日々の生活というのは本当に精神的な安定があるのもだという事を感じています。
武富士が国を提訴ですか、武富士の主張は分からなくもないのですが仮に国から税金の還付を受ける事が出来た時にはその還付税を本来返済するべきであった過払い金の返済に充てるのでなければまたおかしな話になってしまうように思われますね。
話は変わりますが、少しずつ暖かくなってきましたね、今年はオリンピックもあります前回のオリンピックの頃には既に過払い金請求を終えていたんだななんて事を考えると感慨深くなってしまいます。
月日の経つのは早いものですね、これから梅雨になり暑い夏がやってきます、今年も節電の夏となりそうですがヤマトさんも体調管理には十分気をつけてお過ごし下さいね。
久しぶりにこうしてコメント頂き嬉しかったです、ありがとうございました。
2012/05/17 22:14
» まだまだ続く。
こんにちは、ルパンさん。早速のご返信ありがとうございます。
確かに当所へのコメントも減り、アクセス数の伸びも以前ほどでは有りません。でも過払い問題はまだ終結していないと思っています。

小生、プロ野球はラジオで聞くことが多いのですが、スポンサー料がテレビなどより安いせいか、数多くの法律事務所のCMが流れます。ちなみにメジャーリーグの松井選手が3Aで出場した際の試合後インタビューのバックボードは、かの有名なアディーレです。
今戦っている人たち、或いは今後戦う人たちの多くは、早期に着手しようにも出来なかった人だと思っています。小生も借金全盛期はPCだって買いたくても買えない状況でした。生活に困って取り敢えずPCを売って、ボーナスで中古を買う、そんな繰り返しだったのです。プリンタなんて高嶺の花です。

さいわい、賃金がマトモに支払われる会社(サービス残業なんかクソくらえでしたが、厳密な意味では問題点もある)、休みもキチンと取れる会社だったことで、最終的に過払い請求まで出来たと思っています。

ところが、そんな会社も社会構造の変化で解散を余儀なくされ、再就職した先がバリバリのブラック企業。解散が5年も早かったとしたら未だに着手できているかどうかは分かりませんし、そんなブラック企業を相手に本人だけで訴訟を戦えたかどうかも分かりません。言ってみれば今後戦う人たちは、業者の破綻も含め、我々の時より厳しい条件であることは間違いないと思っています。

さて武富士の法人税過払い返還訴訟の経緯です。TFKでは、払い過ぎた法人税に対し、課税庁に返還を申し入れたところ「申立には理由がない」として却下されています。TFKは国税不服審判所に対して審査請求を行い、審査請求から90日を経たことで訴訟の提起が可能となり、今般の提訴となったようです(TFKのHPより要約)
HP(PDF文書)によれば、提訴は4月10日なので、そろそろ第一回公判です。

逆に武富士側が訴えられている注目訴訟が有ります。こちらのブログ記事ともなっている武富士創業者一族への賠償請求です。
昨年、創業者一族は税金逃れで得た2000億円余りをはじめ、長年の違法営業で巨万の富を築いています。被告は創業者長男と妻、次男の3名。弁護団では会社法429条の1.役員等がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該役員等は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う。を根拠法として掲げています。

既に各地で集団訴訟が提訴されておりますが、全国各地で行われている(現段階で確認できているのは23地裁・支部)ために、武井氏側弁護団が全国を飛び回ることから開廷のペースは遅く、3~4ヶ月に1回程度で、多くが第二回期日を迎えた局面のようです。

ちなみに注目度はそれなりに高いようで、某地裁では当初予定の404号法廷(小生が判決を聞いた小さな法廷)から、101号法廷(死刑適用など全国的な注目を集める事件のための大きな法廷)に変更になっているほどです。

この地区(地裁担当エリア)では、武富士創業者一族への提訴は既に第3次訴訟まで行われており、今後も増えることが予想されます。
ヤマト 2012/05/18(Fri)21:15:31 編集
» 雲行き
こんばんは、ルパンさん、皆様。
お久しぶりです。

自民党の小委員会から貸金業法などの改正案。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE84M05Y20120523

これはどういうことですかね?
また過去の悲劇を繰り返すつもりなんですかね?
上限変動金利30%とか総量規制緩和とか
ふざけてますよね?
貸金業者からの政治献金が減ったから
また復興させて増やそうと画策してるのかと勘ぐりたくなります。
とにかく弱者からお金を搾り取るような考えには
腹がたちます。
にゃんたろう 2012/05/27(Sun)23:00:22 編集
» 近頃簡裁では。
こんにちは、みなさん。にゃんたろうさんからもご報告が有ったように、近頃法定金利を上げる動きがあるとか。まぁ実際にヤミ金とかが蔓延る現実は有るけど、それは別の法律で対処すべきですよね。それと生活に必要なセーフネットを貸金業は違う事くらい理解できないバカなのでしょうか。ここで政治批判をしても仕方がないけど、かつてのような地獄はもうこりごりです。

簡裁には自身の案件以来5年も行っていません。当時は過払い請求よりも、クレジットカード会社による貸金請求事件の方が多かったなぁなんて思い出しますが、最近では携帯電話料金の請求事件が非常に増えているとか。この前のコンプガチャ騒動もこうした流れの一環なのでしょうか。

高額な携帯電話料金と言っても一般的には少額訴訟レベルになるのでしょうが、携帯料金未納→強制解約→他社との情報交換による携帯契約不能というレベルに至ると結構大変です。

かつては「固定電話が無いのはマズイ」と言うのが一般認識でした。まぁこれはオウム事件なんかが有って家出信者みたいなのが携帯だけを連絡先にしているといった事が起きたからでしょう。でも今は就職するにしても「携帯が無ければ話にならない」ようになっています。

携帯電話の債権は商法で5年となっていますが、サービサーに半年ほどで回されて、そこから訴訟という流れになっているようです。

実際、ここまで来ると、いわゆるブラック。クレジットカードの停止や、転居に支障が出る事など、生活面でも困窮してしまいます。

時折、記事などでコンプガチャが違法とされると、これまでに払ったお金の返還訴訟が起きるのではないかと言われています。法解釈をどうするのかと言った問題も有るでしょうが、意外に注目しています。

と言うのがウチのバカ息子に、とうとう携帯電話を買い与えたからでして、最初の月の電話代が1万数千円。まぁ覚悟はしていたけど一発で取り上げです。まぁこの程度と言うのは容易いけど、自分もこの程度と思って借金したのが転落の始まりですから気を引き締めています。
ヤマト 2012/05/31(Thu)09:57:09 編集
» 近頃簡裁では2.
先日、近頃簡裁ではと題して下らない話を上梓させていただきました。お目汚しついでに、最近の簡裁での過払い訴訟について調べてみました。

過払い事件は、事実上業者に勝ち目は有りません。簡裁はその名の通り、簡易な裁判所ですから、訴えを口頭で提起出来たり(実際にはテンプレ用紙に記入する必要が有るが)、司法書士が代理人になれたり、地裁より敷居が低くなっているので、大部分の本人訴訟は簡裁でと言うのが流れになっていると思います。

さてアイフルや、ネオライン系の業者は、近年控訴戦術を取り、請求者の頭を悩ましているという話を以前にしましたが、簡裁の審理が以前に比べて格段にスピードアップしていると聞きました。

第一回期日は被告欠席、これは地裁でも同じですが、原告の証拠で事足りる(履歴は被告作成ですから)と判断すれば、3点セットの意味なし答弁書を持って「結審」という流れになっています。

もちろん裁判官によって違いは有るようですが、被告の言い分を聞いても無駄と判断して第一回期日で結審するのです。中にはちょっとした争点(分断など)が有って「もう一回ご足労願えますか」となることも有るそうだけど、事実上2回で結審ですから、早ければ提訴から2ヶ月程度、期日が間延びしても4ヶ月程度で判決が出ているようです。

以前、アイフルなどの控訴戦術で、ちょっと気になった事が有ります。それは司法書士が代理人の場合、簡裁からの控訴でも地裁で代理人になれるのかと言うものです。また本人訴訟でも地裁案件が高裁へ行った際に出廷などが難しくならないかということ。

でも殆どと言うか全く心配有りませんでした。
控訴された場合、司法書士は代理人として出廷できません。でも相手方控訴の場合、控訴審の第一回期日は「擬制陳述」で済んでしまうのです。それこそ被告が出してきた一審の答弁書を切り貼りした程度のもので十分です。

控訴審の7割は即日結審と言いますが、過払い事件では、ほぼ100%が即日結審となっています。
これなら司法書士の本来業務である書類作成で済んでしまうので何の問題もないし、高裁が遠くても手紙一枚出せば済んでしまう事になります。

控訴されて時間稼ぎされたらと思う人もいるでしょうが、控訴審判決まで早ければ半年前後です。従来の地裁判決より早いくらいです。
ヤマト 2012/06/05(Tue)17:14:06 編集
» 取り返せ!既払い金??
こんにちは、ご無沙汰しております。
近年、過払い訴訟も沈静化したのか、以前ほどの賑わいが無くなっておりますが、まだまだこちらの役割も終わっていないと存じます。

さて、タイトルがどこかで見たような気がしますが、少々意味合いが違っています。

過払い訴訟を行った人の中には、いわゆるサラ金などの高利貸しだけでなく、月賦販売で相当に高い金利を払った人もいると思います。でもお金を借りたのではなく、モノを買った代金は、過払い請求の対象外で、悔しい思いをした人もいるでしょう。

さて、そんな話とはちょっと違って、既払い金とは、改正割賦販売(平成21年12月)によって、これまで悪徳商法とされたものの代金は、その会社からしか取り戻すことが出来ず、破綻などで泣き寝入りという事態も多かったと聞きます。

この改正のポイントは、悪質商法に加担していた提携ローン会社、クレジット会社、信販会社に対して、被害者が既払い金の返還を請求できる点にあります。改正から間もないため、最高裁の判例は出ていませんが、既に下級審では支払いを命じる判決が多数出されています。

以前より(少なくとも昭和57年以降で6回)監督官庁の通達で、信販会社には、加盟店管理責任が有るとされてきたのですが、平気で社会問題となるマルチ商法やデート商法、キャッチセールスなどの片棒を担いできたのが実情です。

この法令改正で、信販会社が悪徳商法に事実上加担できなくなり、支払われたお金も返さなければならなくなったのです。

もちろん、疑問の有る契約や、後悔している契約が有れば洗いなおさなければなりません(現状、商法上の時効が適用されており5年となります)

それ以上に、過払い請求も信販会社の経営はますます悪化することが考えられることから、早めに動くことが肝心となるでしょう。
ヤマト 2012/11/14(Wed)08:19:08 編集
» キャスコからの返還にお困りの皆様へ
ルパン様

はじめまして。キャスコに対する過払い金返還に取り組んでいる者です。

この業者に対して大抵の専門家が依頼を拒絶する現状はご存知のことと思いますが,この度,返還の実績がある弁護士さんにようやく出会えました。
相談してみたところ,返還の保証はしかねるとした上で,その事件処理の手続きは私の着手金だけでは想定される費用に不足なため実現できないということで,現在,他の依頼者を募って頂いている状況です。
そこで私も,事件処理の実現の為にこの事を少しでも多くの債権者に周知させるべく,SNSや掲示板等を活用したり,ブログ開設者様にご協力を願い出たりして広報活動しております。
厚かましい話で誠に恐縮ですが,ルパン様のブログにおきましても広報にご協力頂きたく,勝手ながら投稿させていただきました。
(事前にご承諾をとメールしたのですが,不通のため,やむなくこのような挙に出ております。)
この場を借りての広報活動をどうかお許しください。ご迷惑でしたら,削除していただいて結構です


これまでにご協力頂いているブログです。

「マネーマニア」様 ttp://money7mania.seesaa.net/article/318911400.html
「過払い金ゲットブログ」様 ttp://kabaraiget.seesaa.net/article/318606101.html
「冬は必ず春となる 勇気でgo!」様 ttp://yuuki.air-nifty.com/


告 知

プライメックスキャピタル(旧キャスコ)からの過払い金返還を簡単に諦めてはいけません。
返還に実績のある弁護士さんもおられます。
現在,依頼者を募って頂いてますので,お困りの方は相談されてはいかがでしょうか。

「京都寺町法律事務所」ttp://www.kyototeramachi.jp/index.html
「京都寺町法律事務所はなれ」ttp://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/20130208

全ての被害者の為にもこの情報の拡散を望みます。

一債権者より
一債権者 2013/02/09(Sat)22:04:22 編集
» はじめまして
主さま皆様
今さらながら過払いを取り組もうと
しております。
言葉として知ってましたが、目先の
返済に追い回され、やっと此所にたどり着き
やってやると決意した次第です。
まだまだ解らない事だらけで勉強
させて頂きます。
とにかく始めるようと、開示請求を
行動し始めました。
ポケットバンク
キャッシュワン
セディナ
Uc
ニコス
等です。

頑張りまーす
赤い血尿 2013/04/12(Fri)04:42:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]