忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い金返還請求を行っている人達の優しさや思いやりに感謝です

最近、この 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求! に頂いているコメントの数も、本当に多くなってきたなぁ嬉しいなぁ、などという思いを感じると共に、コメントの内容に付きましても本当に多くの方が過払い金を取り返すために頑張っているんだなぁ、という思いが伝わってきますし、そしてそれと同じくらい多くの方が自分以外の過払い金返還請求を行っている人やこれから過払い金請求を行おうとしている人に対する励ましやアドバイスをくれて、更に自分の経験や知識などを情報として提供してくれています。

本当に暖かくて優しい気持ちを持った人達が多くて嬉しい事ですよね(・∀・)

実生活の中では俺はここまで多くの人の優しい気持ちや暖かな心に触れる事は中々ありません、長い間に亘って借金返済という辛い思いをしてきた人同士にしか分からない気持ちというものが根底にはあるのだとは思いますが、過払い金返還請求という1つの目標に対してこれだけ多くのお互いに顔も名前も知らないはずのまったくの他人同士の人達が気持ちを共有して、お互いに助け合ったり励ましあったり出来るという事は本当に凄いし素晴らしい事だと感じています(´;ω;`)

俺はこの過払いブログの中でも何度も、過払い金返還請求に一番必要なものは、本人の「やる気」だと思うという事を書いてはいますが、たった1人で大きな金融業者を相手に過払い金返還を求めるという事に最初は躊躇してしまい、その「やる気」を起こすのも中々難しかったりしますよね、でも多くの同じ思いを持ち頑張っている人達の存在や、先人達の励ましや的確なアドバイスなどは非常に大きな後押しになっていると思います(・∀・)ノ

何度も書いてしまいますが、本当に嬉しいですよね、この過払いブログも多くの方達の力や思いで俺が想像していた以上に価値のある物になってきているような気がしています(俺のアホな日記や単なる素人の雑感などは不要な物になりつつありますねw)

それから、続々と「過払い金を取り返したよ(´▽`)」という報告も頂いています、そのようなコメントの中でも、このブログが過払い金返還請求のために少しは約に立っているんだなぁ、という事を感じられるコメントも多く頂き、それもまた本当に嬉しい事だなぁこの過払いブログを書いてきて良かったなぁ、と非常に強く感じています(´▽`)

過払い金返還請求はまだまだこれからも続いていくと俺個人は思っています、今後も多くの方が自分の過払いに気付き、過払い金返還請求を行う事だと思います。
そんな人達のためにも多くの方達の知恵や力をお借りしたいと思っていますので、今後ともご協力や情報提供などなど、ぜひとも宜しくお願い致しますm(_ _)m

そして、現在過払い金請求を行なっている人、これから過払い金請求を行いたいと思っている人へ
皆さんは決して1人ではありません、同じ思いを持った多くの優しくて暖かい気持ちを持った同士がいます、俺も大した事は出来ませんが自分の経験を話す事や過払いに関するちょっとした疑問などには答える事なら出来ます、先日の最高裁判決などもあり過払い金返還請求に少々の逆風は感じていますが、頑張って「やる気」を出して過払い金を取り返して穏やかで幸せな生活を取り戻しましょうね(`・ω・´)ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんばんは!
このブログを拝見させて頂いて個人訴訟でと決意して4ヶ月になりました。決意と勇気を与えてくださり感謝しております。ありがとうございます。
出来るだけ一人で頑張ってみようと思いましたが、お知恵を貸して頂きたくよろしくお願い致します。
レイクからの答弁書中、請求の趣旨に対する答弁に、訴訟費用は原告の負担とする。なお、仮執行の宣言を付することは相当ではないが、仮にその宣言を付する場合には、担保を条件とする仮執行逸脱の宣言を求める。とありました、これに対する反論とか、準備書面に記載した方が良いのでしょうか?
意味が今ひとつわからず、無視していいもんやらどうかわからず困っています。
もう一点は、CFJの答弁書中、原告が振り込み手数料と収入印紙代を貸付額から控除している点は否認もしくは争う、となっています。二回目、三回目の借り入れの際、仮に5万円借り入れとすれば、いったん50万借り入れ、45万返済となり差し引き5万のうちから収入印紙代と振込み手数料を引いた半端な金額が通帳に記載されてます。取引のうちの8割は上記のような貸付で取引履歴には記載があります。3万借り入れしようと思えば、相手側の履歴には50万借り入れ、47万返済、印紙、手数料の差し引きを通帳に振込みというように。8割は収入印紙代と手数料がからんでいますが、2割は絡んでいない、この2割は例えば2万借り入れの場合、手数料も何も引かれず、通帳には2万の記載になってます。取引履歴もそのままの金額です。全て口座入金なのに疑問に思い通帳に記載されたしょうみの金額で引きなおし計算しました。
意味がはっきりわからず、悩んでおります。
印紙、手数料も借り入れの一部ですが、その金額も引き直し計算にプラスするのもどうか?と思い、かと言ってなんて反論したらよいものかと悩んでおります。良い案がございましたら低レベルな質問とは思いますが、ご指導のほど宜しくお願い致します。
ダルマ 2008/02/04(Mon)23:38:51 編集
» Re:こんばんは!
ダルマさん、おはようございます。
個人訴訟で過払い金請求、頑張っているんですね、お疲れ様です。
まずGE(レイク)に関しての質問ですが、これはレイクお得意の答弁ですね。
まず、訴訟費用は原告の負担とする、この文言はコピペだと思って下さい、これは相手が何処であれ必ずと言っていいほど使われていますよね。
多分、ダルマさんが気になっているのは
>なお、仮執行の宣言を付することは相当ではないが、仮にその宣言を付する場合には、担保を条件とする仮執行逸脱の宣言を求める。
というこの文言の事だと思います。
簡単に説明すると、「お願いですから、うちの会社が敗訴しても仮執行宣言は付する事は止めて下さい、でももし判決文に仮執行宣言が付される場合には、同額の担保を預け入れますから強制執行を行う事が出来ないようにして下さい…」と言っています。
分かりましたかね?そうですね泣き言を言っているんですねw
これに関してはあまり認められる事も無いと思いますし、レイクが敗訴した場合に余程の争点が無い限りは控訴してくる事は無いと思います。
ですから後は勝訴判決後の強制執行の問題という事になってきますね、今のところレイクが過払い金返還請求訴訟で敗訴して控訴もしない過払い金も返還しないという話は聞いた事が無いので、そのようなお金に関しての心配はそれ程必要は無いと思いますよ。
ただ、そんな事を主張されて黙って見過ごすのも癪なので、こちらも準備書面いて「原告は被告の上記の主張の棄却を求める、原告は仮執行宣言を付した判決を求めるものである」くらいの事を主張しておけばいいんではと思います。
後はこれに関しては判事の判断次第になってしまうとは思います。
それからCFJの件ですが
出資法にはこのように記載されています。
>貸金業者がその貸付けに関し受ける金銭は、礼金、割引料、手数料、調査料、その他何らの名義をもってするを問わず、利息とみなされます。
どうやら利息という事になりそうですね。
ダルマさんの場合は振り込み手数料や印紙代の分だけ借入金を低くしている訳ですよね、これは問題無いと思うんですけどね、出資法の上記の文言から鑑みると思いっきり利息に当たるはずですよね、ですからむしろ控除では無く利息としての返還に当てて計算書を作成するべきなのではないですかね?
私、この2つに関しては自身の知識に加えて補足として少し調べてみただけなので、この説明で正しいとは言い切れませんが、確かこのような解釈であったと思います。
出来れば、CFJの主張に関しては出資法と貸金業規制法を少し調べてみればもっと詳しく分かると思いますよ。
あまり、力になれずにすいません、レイクとCFJに対する過払い金返還請求頑張って下さいね。

2008/02/05 07:55
» 宜しくお願いします。
ルパンさん、こんにちは。
とても、わかりやすくアドバイスして頂きまして有難う御座いました。

債務がなく、返金有り、お金はもちろんですが、それだけではない、何か希望が持てる日々が来るという期待、勇気を頂き、早速、適切アドバイスと私の体までも、お気使い頂き感謝致します。

今後ご報告していくことで、ルパンさん始め、皆様の体験談の様に「過払請求」を考えている方の、お役にたてればと思います。
スタート・ライン 2008/02/11(Mon)14:00:29 編集
» Re:宜しくお願いします。
スタート・ラインさん、こんにちは。
まさにハンネの通りに過払い金返還請求のスタート・ラインに立ちましたね。
でも過払いなんて事に気付かぬまま、そのスタート・ラインに立てないでいる方はまだ大勢いる事と思っています、今後にスタート・ラインさんが過払い金請求を行なっていく上での経験などを広めて頂けると、少しでも多くの方が自身の過払いに気付き過払い金請求を行おうと思い立つ事が出来るかも知れません。
これから色々と困難はあるかも知れませんが、頑張って「何か希望が持てる日々」を手に入れて下さいね。
2008/02/12 10:20
» 訴状が完成しました。
御無沙汰しております。
サンプロからはやっぱり相手にされませんでした。
レイクの訴状が完成いたしましたので、もしお役に立てるようでしたら、掲載を願いします。
請 求 の 原 因
1 被告の表示
被告は全国に支店を持ち,消費者に対して小口の貸付を行う関東財務局登録の貸金融業者である。
2 原被告との取引
2002年2月00日,原告と被告は,借入申込書兼融資限度額設定基本契約書(以下「基本契約書」という),(甲第3号証)を締結し,原告は顧客取引リスト(甲第一号証)の記載のとおり借入,返済を繰り返した。

3 被告の不当利益
1 基本契約書(甲第3号証),契約条項第9条には期限の利益喪失の記載がされている。また17条1項,18条書面の要件を満たしていない。よって貸金業規正法43条のみなし弁済は成立していない。(平成18年1月24日最高裁判所第三小法廷の判例,平成16年2月20日最高裁判所第二小法廷の判例)よって,被告の原告に対する請求金額は,利息制限法の範囲を超過する無効な利息を元に計算されたものであり,超過利息の弁済については,元本に充当されるべきである。
原告は被告と契約を行った平成14年2月00日から,平成16年3月00日までの取引経過を,利息制限法所定の金利により,再計算したところ,利息制限法に基づく法定金利計算書(甲第二号証)の通り,金0万0000円の過払い金が発生している。これについては,元本にないものを認知することなく支払ったものであるから,被告の不当利得金である。
 なお,平成14年7月24日から平成14年8月5日までの12日間,平成15年8月7日から平成16年2月18日までの195日間の取引中断があったがその際も基本契約書の返却もなく,原告が被告に電話で基本契約書の返却を求めてから返却に至っている。(甲第4号証)又,被告は同様の方法と貸付条件で行い,顧客取引リストに,一連の取引として計算を行っており,制限超過部分を元本に充当し過払金が発生した場合には,当該過払金をその後に発生する新たな借入金債務に当然充当し,再計算を行った。

4 利息(悪意の受益者)
被告は,貸金業の登録業者であり,利息制限法を超える金利で貸付をしていることを知りながら,原告より返済を受けていたので,悪意の受益者にあたる。受けたる利益を附して返還する義務を負う。
なお上記過払金に対して,その発生日から年5%(民法704条)の割合による, 平成20年0月4日時点での未払い利息は,金0000円である。
5 よって,原告は被告に対して不当利益返還請求に基づく過払い金0万000円,ならびにこれに対する平成16年3月00日から支払い済みにいたるまでの法定利息年5%の利息金の支払いを求める

こんな感じです。もし訂正などございましたら、遠慮なく御指導ください。初訴状なのでかなり悩みながら作成しました。重要視したのは一連の取引を主張したところです。今の判例や業者の動きを見ると完済後の借入は個別で計算する傾向にありますが、判例等をしっかり収集すれば何とかなると思います。(漠然とした理由ですが、取引中断期間、貸付条件の変更などで左右されているみたいです。)
ルパンさんをはじめ、皆さんのお力を借りてやっと土俵に上がる準備ができました。ほんとに感謝です。
窮す虎を噛む 2008/02/12(Tue)02:34:55 編集
» Re:訴状が完成しました。
窮す虎を噛むさん、こんにちは。
訴状はそのままコメントの通りに公開させて頂きました。
サンプロはシカトですか、さすがはアカヒ系ですね、この国が何処なのか?日本だぞという事を、分かっていない人が多いんでしょうねw仕方ありませんね。
訴状については私がコメントする前に即効でジャバさんが気になる点などについてご指摘をしてくれましたので、私からは特に言う事も有りません。
ただ1つ訴状に限らず主張はあくまでシンプルに、これは訴訟を行っていく上での基本であると思います(理由はジャバさんの言われているように主張を行なった者にはその立証責任が生じるからです。)
まずは土俵に上がる準備が出来たという事で、これからが本当の過払い金請求という戦いの始まりですね、窮す虎を噛むさんを多くの同士や先人が応援してくれています、頑張って下さいね。
2008/02/12 10:29
» 訴状について
窮す虎を噛むさん、はじめまして。
こちらでお世話になったジャバと申します。
訴状についてのコメントです。

1)「3 被告の不当利益」部分に三つの異なる内容(みなし弁済の不成立、不当利得の発生、取引の一連性)が含まれています。タイトルに合わせて不当利得が発生しているという主張を持ってきた方がよいと思います。

2)またできるだけ訴状はシンプルにした方がよいので(余計な争点を生み出す、主張に対し証明責任が発生する可能性、判事は最初から細かな論点まで読まない等)、不当利得の発生だけを書いておいたほうがよいと思われます。相手方がみなし弁済の成立を主張してきたら、その証明を相手に求めればよいと思います。

3)細かな点ですが、「。(甲第1号証)」ではなく「(甲第1号証)。」のように句点の前に置きましょう。漢数字とアラビア数字を統一しましょう。

4)おまけ。裁判所の受付で訴状はチェックしてもらえます。その際、悪意を主張するならこの文言を入れろなど、かなり具体的な修正を求められることがあります(手引きを見ながら確認していました)。訴状の形式は全国で統一されたものではありません。僕が全く同じスタイルの訴状を出した時、地裁ではそのまま通り、となりの簡裁では修正させられました。ですから、あまり厳密に考えず臨機応変でいいと思います。

5)おまけその2。訴状や準備書面でこちらの主張をすべて出し尽くし、なるべく迅速に裁判を進めたいという気持ちはよくわかります。ただ、さくさく進める判事もいれば、何度も期日を重ねる人もいます。前述したように、下手に主張すると争点を増やしたり立証責任が重くなる可能性がありますので、相手の主張にカウンターを合わせるという姿勢がよいかと思います。慌てず、じっくりです。いきなり和解案が出ることもあるので、今日この時点でいくらならいいか、いつも確認しておくことをおすすめします。これも慌てると安い和解に応じて後でがっかりとなりかねません。

苦労や心配は仕方ありませんが、納得のいく結果が得られますように。
以上、あくまで私見ですので、他の方々の意見と合わせてご判断下さい。長文失礼いたしました。
ジャバ 2008/02/12(Tue)10:02:49 編集
» Re:訴状について
ジャバさん…即効で的確なアドバイス、ありがとうございます。
私、書く事無くなっちゃいましたw
私の意見もジャバさんのご指摘とほとんど同じです、助かりましたありがとうございます。
窮す虎を噛むさんがこれを見て参考にして下さると良いですねぇ。
今後も多くの方へのアドバイス、時間が許しましたら、ぜひよろしくお願いいたしますね。
2008/02/12 10:33
» T社への請求
 こんばんわ。ルパンさんまたアドバイスお願いします。
 別の過払金を請求するため取り寄せた履歴に基づいて引きなおし計算をしようとしたのですが、(手元にある入出金伝票等と照合後)計算、(借入れ計―返済計=限りなく0に近い額)となりました。(未払い残有りでの過払請求で、取引期間は5年余です)このような場合は請求する意味無しとの考えでよろしいのでしょうか?もちろん、借入れ残高無し。むしろ過払いになっているとの主張ができるということはわかっていますが。それならこっちは後回しにして、次に進めようかと考えているのですが。
 ただ、この会社は去年の夏に店頭にて履歴を受け取ったのですが、その後(返済が滞ったH13年から)月2回ほど請求書が定期的に送られてきたのに、あれからぱったりやみました。OMCとは違って、取り立てがすごく厳しい最大手の会社なのに。やっぱり過払い請求されるのが怖くて、わたしの名前を(これ以上刺激しないリスト)に入れたのかと思うのが普通の過払い請求者ではないでしょうか?
 ルパンさん、簡潔な説明ができずにすみませんがどうか教えていただきたいのですが。
50台主婦 2008/02/12(Tue)20:30:59 編集
» Re:T社への請求
50台主婦さん、おはようございます。
借入残有りで、金融業者から開示された履歴を利息制限法所定の金利で引き直し計算を行なったところ少々の過払い金が発生していた、という理解で良いのでしょうか?
上記の解釈で良いのでしたら、その小額での過払い金返還請求書を送付して0和解(お互いに債権・債務の無い事を確認し和解を締結する事です)が現実的かなぁと思います。
ただし、これは相手が和解に応じない場合は当然訴訟になりますので、交渉の際に訴訟にするのであれば判決まで争い、自分が勝った場合は過払い金やその利息に加え訴訟費用も請求する事になりますという事を駆け引きの材料に使うのが良いかと思います。
まぁ、過払い金が発生している状態なら、しばらくなら放置していても特に問題は無いと思いますけどね、取りあえず請求書(訴訟外なら0和解する旨を文言とした物)でも送ってみたらいかがですかね?
相手から支払いを求める事が無いのなら、相手業者も過払いには気付いている可能性は高いですしね。
とまぁ、こんな感じだと思いますよ、私の解釈が間違っていたらまたコメントして下さいね。
それでは、頑張ってみて下さいね。
2008/02/13 09:21
» 先日の、お礼と経過報告
先日は訴状について、いろいろと御指導有難うございました。ルパンさん、ジャバさん本当に感謝です! それと本日は、2件の和解が成立しました。(まだ電話でのやり取りですが・・・)まずは1件目は、サンライフですがほぼ満額のみで和解しました(5%含まず)。正直申しまして、ここは訴訟まではしたくなっかったので妥協しましたが、支払いを今月以内でという和解条件で成立しました。
2件目はレイクですが、ここも満額(5%含まず)で和解しました。レイクから驚きの電話が、「個人和解でお願いします。」(レイクって個人和解なしのイメージがあったので)少し耳を疑いましたが、
ここもいろいろ今後あるようなので、和解で決着しました。会社が変わるといろいろ手間がかかりそうですし・・・支払いは3月末にということなので。
今のところは、土俵に上がらずじまいになってしまいました。訴状まで作ったのに・・しかし今回は少額和解なのでとんとん拍子に進みましたが、「勝って兜の緒を締めよ」でまだまだがんばりたいと思います。ルパンさん、皆さん今後もよろしくお願いします。
窮す虎を噛む 2008/02/13(Wed)16:53:12 編集
» Re:先日の、お礼と経過報告
窮す虎を噛むさん、おはようございます。
サンライフ・レイクともに和解成立ですか、おめでとうございます。
お疲れさまでした。
確かに2社とも先がどうなるか微妙な相手ではありますからね、窮す虎を噛むさんの判断は、それがご自身で納得出来るものであるなら大成功であると思いますよ。
過払い金返還請求も中小の金融会社を相手にする場合は相手の会社の将来まで見据える必要もありますから、妥協のしどころ等が中々難しい物ですよね。
先日の訴状の件については、ほとんどジャバさんが的確なアドバイスをくれていたので私はなんもしていませんw
凄く素早くて的確なアドバイスだったと思いますので、ぜひ参考にして更には「勝って兜の緒を締めよ」の気持ちで、残りの案件も頑張って下さいね。
また、新たな報告をお待ちしていますね。
2008/02/14 08:44
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]