忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
昨日のレイク売却検討の記事から少し雑談です(・∀・)

最近だけでも、三洋信販がプロミスと経営統合、そしてレイクが売却を検討というニュースが出てきて、大手と言われている消費者金融ですら、今後はまともに経営を行っていく事が難しいと判断しているという事になりますね。

これは、これからもドンドン増え続けるであろう過払い金返還請求改正貸金業規制法の影響が大きいと言う事は昨日も書いたように間違いない事実としてあるのでしょうね(´▽`)

そのような事からも、今後生き残っていく事の出来る消費者金融は大手銀行のグループ会社などで営業資金の調達金利を低く出来るところか、闇金のような違法金融のどちらかという両極端になっていくと言う事なのでしょうね、それはそれで少し怖い話ですね(´・ω・`)

もちろん、今後の生き残りを目指す大手消費者金融も過払い金の返還に関しては、今以上の激しい抵抗を行なって返還すべき過払い金をいかに低く抑えるかと言う事にも必死になってくる事が予想されそうです(´・ω・`)

現在、過払い金請求を行なっている人や、これから行なおうとしている人には、あまり関係の無い話になるかもしれませんが、改正貸金業規制法によって貸出金利の上限が低くなると言う事は、確実な返済の望める優良な属性の人にしか融資も出来なくなっていくと言う事になりますよね。

そもそも優良な属性の人が消費者金融からお金を借りるとケースは少ないでしょうから、今後の消費者金融業界はどのようになっていくのでしょう、今から1年後くらいが楽しみですね(。・ω・)

そのような事からも過払い金返還請求は、早め早めが正解かもしれません・・・

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 常連です!
こんにちは ルパンさん

常連でいいですよ~(*'-')v

私もルパンさんの意見に同意です。今後も粛々と過払い請求を行える所は、やはり大手銀行をバックにしている所ではないでしょうかね~

がしかしw私自身アブナイ所が後回しですw

そこで私自身は方針転換を検討中です( ̄~ ̄;)
本意ではありませんが、ボコボコにしないで握手するかも知れませんw

焦ってはいないつもりですが、今後のリスク等を鑑みて検討してま~す。
Nana 2007/08/22(Wed)17:03:29 編集
» Re:常連です!
Nanaさん、こんばんは。
では、常連さんと言う事でw
そうですねぇ、今後の消費者金融業会の動きを予測していくと、場合によっては少し妥協をしても早期の解決が必要になってくるケースは出てくるかも知れませんね。
特に危なそうなトコが残っていると不安になってきてしまいますよね。
私もアエルが後回しだったので、だいぶ不安がありましたよw
実利とリスクのバランスを考えて、頑張って過払い金を取り返して下さいね。
2007/08/22 19:27
» 度々ごめんなさい。
今Q&Aのソフトで再計算していますが
初日算入にチェックは入れた方がよいのでしょうか?
結構延滞もありまして60日とかあります。
気にせずにそのまま計算してもよいですか?

それから、利率ですが自分で変更するのですよね?

いつも質問ばかりで申し訳ありません。

第一回は9月初です。
りん 2007/08/22(Wed)20:20:07 編集
» Re:度々ごめんなさい。
りんさん、現在の基本は初日は不参入です、延滞は特に気にしないで良いです(突っ込まれたら考えれば良いですし、過払いが発生しているなら延滞とかは関係ないですし)
利率に関しては引き直し計算書後の残高が10万以上で18%、100万以上で15%というのが最近の利率解釈の傾向です。
計算頑張って下さいね。
2007/08/22 20:49
» 初めての訴状
ルパンさんこんばんは

三洋に返還通知が届いて数日経ちましたので、明日電話する予定です。和解が難しそうなら即提訴したいので、訴状を書いてみました。主張はシンプルに、反論には立証を求めつつ応じるというつもりで考えました。

長文ですが、よろしければ読んでみて下さい。趣旨と原因のみ載せます。

請求の趣旨

1 被告は原告に対し,金○○円及び内金○○円に対する○○年○月○日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。

2 訴訟費用は被告の負担とする。
 との判決ならびに仮執行宣言を求める。


請求の原因
1 原被告との取引
 原告は,平成○年○月○日に被告より金○○円を借入れ,以後,平成○年○月○日に至るまで,継続的に金銭の借入れ,弁済を繰り返した(甲第1号証)。

2 被告の不当利得
 原告と被告の間で行われた全ての取引について,利息制限法の法定利率に照らし,引直計算をすると,金○○円の過払金が発生している(甲第2号証)。

3 悪意の受益者
 被告は,貸金業の登録業者であり,利息制限法を超える金利で貸付をしていることを知りながら,原告より返済を受けていた,悪意の受益者である。

4 よって,請求の趣旨のとおり請求する。

※テンプレの意味を考えながら作ったつもりなんですが、難しいですね。ちなみに地裁案件です。


ジャバ 2007/08/22(Wed)23:01:45 編集
» Re:初めての訴状
ジャバさん、こんばんは。
三洋信販ですか、訴状の内容としては非常にシンプルで良いと思いますが、悪意の受益者に関しての主張の部分だけは判事に立証を求められる可能性がありそうに感じられる内容なので、もう少し突っ込んで書いた方が良いかなぁと思ったりしましたが、最高裁判決有りますし大丈夫ですかね。
まぁ、相手の答弁書での反論を待ってからの細かい主張でも問題は無いですけどね。
全体的にシンプルで良いと思います、頑張って下さいね。
出来れば提訴前に和解できたら良いですね。
2007/08/23 00:34
» ありがとうございます
ルパン様、ありがとうございます。
どうなのか困っていたので助かりました。

なるほど、合法なのですね。
でも金利が高いので引き直ししていると、顔が、にやけてきます。クオークローン(Kローンです)
だけでも、250万超えてます。(計8社有り6社で1100万超え2社は履歴未到着)
思えば、18才の頃、安易に借りた50万から、ほんの数年で600万もの借金になり、月17万(利息のみ、収入は28万です)の支払いを16年間、よくこんなに支払ってきたものです。今更ながら、猛反省しています。
でも16年間に得る物も有りました、借金返済の為に、かなりの節約を強制されまして、計画的にお金を使うようになりました。

取らぬ狸のなんたらにならぬよう気を引きしめて頑張ります。

それから履歴の途中開示{廃棄したそうです)が2社ありレイク、クオークなのですが、その場合、推定計算と残高無視計算どちらを主張すれば裁判時に戦い易いのでしょうか?
推定計算する資料は何も有りません。
ゼロ計算の計算方法の方が作成しやすいのでゼロ計算を主張しようと思っています。

ルパン様、本当に有り難う御座います。



打倒 2007/08/23(Thu)06:55:13 編集
» Re:ありがとうございます
打倒さん、こんにちは。
そうですねぇ、私も引き直し計算をしていてビックリしました。
16年間頑張りましたね、1100万超えと金額が大きいですが頑張って下さいね。
推定計算と残高0計算はどっちが楽かと言えば残高0計算です、履歴開示されていない時期に取引が有った事を証明さえ出来れば、後の立証責任は相手側に有りますから、ただ取引期間によっては推定計算の法が金額が高くなる場合も有りますが、取引の資料が残っていないと推定計算の根拠が無いので難しいですね。
金額が大きいので、相手金融業者の抵抗も予想されますが、16年間で観につけた我慢強さを大きな武器にして頑張って下さいね。
2007/08/23 17:29
» ありがとうございます
拙い訴状を読んでいただいてありがとうございます。詰め込み勉強しながらなので不安です。

悪意についてこちらから直接的な証拠で立証するのは難しいと感じています。多分相手が悪意を否定する時にみなし弁済を出してくると思うので、みなし弁済の成立を求めるつもりです。

みなし弁済を被告が立証するのは不可能でしょうから、悪意だけは否定するという方向に進むと予想。そこで善意を信ずるだけの「特段の事情」の立証を求めます(最高裁7月13日判決)。ここらへんでみなしと悪意は撃退できるんじゃないかという作戦です。

でも実際はもっと厳しいんでしょうね。裁判官や被告の出方によって柔軟に対応する力を付けたいと思います。

ルパンさんに読んでもらってちょっと心強くなったところで、早速電話をかけてみます。
どきどき~~。
ジャバ 2007/08/23(Thu)12:46:52 編集
» Re:ありがとうございます
ジャバさん、こんにちは。
最初は誰でも分からない事だらけで不安になるものですよ。
私なんか今でも分からない事だらけですし(笑)
ジャバさんの訴状、シンプルで良いと思います、相手が答弁書で反論や主張してきた事と判事に説明や主張を求められた事に対してだけ、こちらも主張や説明や反論をすれば良い訳ですから楽ですよね。
まぁ、相手がどんなに悪意を否認しても、まず善意だったと言う事が認められるケースは無いと思いますので、そこの部分はあまり心配は要らないかも知れませんね。
頑張って下さいね。
2007/08/23 17:35
» 電話かけてみました
三洋に電話してみました。
いろいろまわって最終的には「事務法務課」で対応してもらいました。

和解どころか、話しができるまでに1ヶ月かかるとのこと。順番待ちのようです。事件番号が出ると担当が決まるらしいので、「提訴決定」です。

もういちどルパンさんの実録裁判日記を読み返して、今週中には提訴します。また報告させて下さい。
ジャバ 2007/08/23(Thu)13:01:51 編集
» Re:電話かけてみました
ジャバさん、たびたびこんにちは。
それはもう即提訴で正解ですね、どのくらいの和解金額を提示されるか、そもそも訴訟前の和解に応じるかも分からないのに相手の対応を待つ必要なんて1ミリも無いですからね(笑)
訴訟が始まれば相手もいやでも対応しなければなりませんから、早めに提訴してとっとと過払い金を取り返しましょう。
またの報告待っています、頑張って下さいね。
2007/08/23 17:39
» 再計算しましたっ!!
ルパンさん、こんにちは♪
まだまだ、暑い日が続きそうですね。。

再計算終わりました。
元本に充当したら過払い元金が230万、利息41万円になりました。
充当しない計算と10万円程多くなりましたが
変更届けなど出さないといけないみたいだし
父にはそのまま行かせます。
高齢なので色々言っても分からないみたいだし。

いいですよね~。。
りん 2007/08/23(Thu)19:13:25 編集
» Re:再計算しましたっ!!
りんさん、こんばんは。
そうですねぇ、あまり思ったほど金額に違いが出ませんでしたね…
過払いが発生してからの期間が短めなんですかね?
そのままでも全然問題は無いですよ、過払い金を充当しない計算方法で相手に文句を言われる理由はまるで無いですからね、文句を言われたら充当してあげて下さい(笑)
2007/08/23 23:39
» 証明とは?
こんにちは、ルパン様
打倒です。

昨日に関連する質問なのですが、残高ゼロ計算の場合、ルパン様御指摘の「履歴開示されていない時期に取引が有った事を証明さえ出来れば」と言う部分の「証明」なのですが、証明する資料が何も有りません。取引履歴の始まりが返済からになってますのでそれ以前に借り入れがあるはずなので、それが履歴開示以前に取引があったと言う証明にならないのでしょうか?
なお、サラ側は廃棄したと言っています。

「証明」出来ない場合の対応はどうしたら良いのでしょうか??

何度もすみません
よろしくお願いします。
打倒 2007/08/24(Fri)04:15:55 編集
» Re:証明とは?
打倒さん、こんにちは。
前日は説明の仕方が正しくなかったかも知れません、ゴメンナサイ。
言いたかったのは残高0計算で提訴して相手がある一定時期(仮に一年前とします)に取引があった事を証明出来る書証(レイクの場合エントリーカードなど)を持っていてそれが取引の始まりであると主張されて訴額よりも少ない金額で推定計算などをされた場合には、それ以前からの取引があった事を証明するのはこちら側になってしまうと言う事です。
打倒さんに開示された履歴の残高や取引期間によってはレイクは激しく抵抗してくると思われます、打倒さんは初回契約書の写し(解約済みなら原本)などの開示や返還を求めたりはしているんですかね?これも廃棄をしたと言っていますか?
打倒さんの言われるように残高0計算で返済から始まっている履歴の場合は、履歴自体がそれ以前に取引が有った事の証明になりますが、恐らく残高0計算で提訴を行った事の根拠については判事に説明を求められると思いますので、同時に文提の申立も行なっておいたほうが良いと思います。
後は残高0計算が認められた裁判例などを用意しておくと主張のためにも、自分が残高0計算について理解するためにも良いんではないかと思います。
訴訟では実際に相手がどのような答弁をしてくるかが分かりませんので、出来る限りの用意はしておいた方が良いと思います。
私の理解不足で色々と惑わせてしまって、すいませんでした。
残高0計算での過払い金返還請求訴訟は、相手の抵抗も激しいと思いますので、負けずに頑張って下さいね。
2007/08/24 11:22
» ありがとうございます
ルパン様、ありがとうございます。

恥ずかしい話、勉強不足です。初回契約書等の開示要求はしていません。すぐに要求してみます。
ルパン様に指摘されて、頭を殴られたような気がします{こらっ打倒しっかりやれって}
もっと慎重にやらなければ・・・

ルパン様、今後も御指導の方、宜しくお願いします。
打倒 2007/08/25(Sat)03:17:19 編集
» Re:ありがとうございます
打倒さん、こんにちは。
いやいや、私もまだまだ分からない事や理解の難しい事だらけです…
解約済みだったら、全ての契約書の返還、解約前でも全ての契約書の写しは開示請求しておいた方が良いと思います(特に履歴を途中開示している業者の場合は相手が何処までの取引の証拠を残しているかも把握できますしね)
後は申立をしても中々命令は出ませんが、提訴と一緒に文提の申立もしておくと「私は全ての履歴の開示を求めていて、正確な過払い金の金額が知りたいのだが、相手が廃棄したと主張して履歴を出さない、だから仕方がなく残高0計算で提訴したんだよ」という根拠も生まれてきますからね。
昨日も書きましたが、取引履歴を前回時しない業者との過払い金返還訴訟は苦労が多いかもしれませんが、頑張って下さいね!
2007/08/25 14:27
» 争点は。。。
ルパンさん♪お疲れさまです。
またまた りんです。

9月初に第1回がありますのでそろそろ父と打ち合わせを・・と思っています。
それで・・
S59年9月~S59年10月完済。
S61年10月~S62年7月完済
S62年10月~完済
ですが、これって問題ありですか~?
相手から言われる事は一連一体くらいですよね~?
りん 2007/08/26(Sun)17:23:41 編集
» Re:争点は。。。
りんさん、こんばんは。
解約は無しですよね?
場合によっては、取引の分断・時効の援用を主張してきそうな取引内容ですね(第一取引と第二取引の空白期間の二年争点にしてきそうですね)
ただ解約が無く同じカードや会員番号などで取引を行なっていたのなら、普通に一連の取引であったとの主張で勝てるとは思いますけど、相手の答弁書の内容を読んでみない事には何とも言えないですね。
ただまともな判事に当たれば負ける内容の争点ではないと思いますので、一連一体の取引を強固に主張出来れば問題無いと思いますので、頑張って下さいね。
2007/08/26 21:40
» こんがらがってます
ルパンさんお疲れさまです。

三洋を週明け提訴の予定でしたが、ちょっとおかしなことになりました。
この件はすでに某掲示板で書いたのでマルチになるかもしれませんが、こちらでは僕なりにまとめた考えを書かせて下さい。なんだか推理小説めいてきました。

発端)
引き直しの時には気がつかなかったのですが、履歴のスタートが借り入れ20000円、残高19643円のようにずれてスタートしていました。掲示板で尋ねると、それ以前に完済していて、払いすぎた分が預かり金となり次の借り入れで引かれたのだろうということでした。

事実1)現存する契約(先日完済・解約したもの)以前のものでかつH.6.3.31以前の完済データは業者により一律消去された(個人情報保護のためとか)。
事実2)一番古い履歴はH.5.7で完済直後の借り入れ(と思われる)。履歴暴騰の金額のズレより。
事実3)戻ってきた契約書はH.6.7のもののみ。それ以外の契約書は解約したためないとのこと。
事実4)実際にはH.3.5かH.2.5に第一契約を結んだ記憶がある。
事実5)上の時期の領収書や契約書はない。
事実6)H.5.7直前に完済したと思われる契約の契約書も返却されていない。

考察1)H.5.7は新たな契約の始まりである。なぜならそれ以前は完済データという区切りで消去されたのだから。
考察2)H.6.7の契約書が先日完済後に戻ってきたということは、これ以降最後までが一連の取引だといえる。
考察3)H.5.7からH.6.7までの取引は、H.6.7の契約書以降と一体のものである。なぜなら業者が履歴を消去していない。
考察4)ではなぜH.5.7時点の契約書を返却しないのか(これまで一度も返却されたことがない。あそこは基本返さない)。
考察5)H.5.7直前に完済・解約された際に、払いすぎた分が、次の契約に充当されている(履歴のはじめにあるズレ)とすれば、それは一連の取引ではないのか。
考察6)だとすればなぜデータを消せるのか。

長くなりましたが、こんな風に考えました。最終的にないものは出せないというGEのような応酬になるかもしれません。でも完済時で消去されているので、残高ゼロ計算も意味がありませんよね。どこに向けて、何を主張すべきか混乱気味です。
長文失礼しました。じっちゃんの名にかけてこの謎を解いて下さい。


ジャバ 2007/08/27(Mon)00:42:49 編集
» Re:こんがらがってます
ジャバさん、こんばんは。
非常に珍しいケースですね、というか三洋も過去の履歴を廃棄しているんですね?
私も同じ様に前の取引の完済時の払いすぎの分が繰り越されているためだと思いますが、そうだとすると前回の最終取引日から開示された履歴のスタート時までの空白期間はどれくらいあるんですかね?
前取引を解約していると言うのであるなら、三洋信販は余剰金を解約時にジャバさんに返還していないとおかしいですよね?
しかも、前回の最終取引で発生した余剰金を後の取引に繰り越していると言う事は一連の取引である証拠にもなりますよね。
ただこればかりは訴訟上での三洋の主張を聞いてみないと分かりませんが、推定計算で提訴して文提の申立を同時に行なって真相を究明するしかないですね。357円だと契約時の印紙代の分を返還に当ててきた訳でもなさそうですしね、後は三洋がその357円を前回取引による返済の余剰金を繰り越したためと主張するのであれば、争点は初回契約時が何時だったかと言う事になりますね。
お話を聞いていると一連の取引っぽいですから、履歴の廃棄はおかしいとも思うんですがね、三洋の答弁書を読んでみたいものですね。
じっちゃんの名前にかけて考えてみましたが、私に予想出来るのはこのくらいになってしまいます。すいません。
2007/08/27 19:22
» 謎はちょっととけた!かも
ルパン様
月曜ミステリィ劇場にお付き合いいただき、ありがとうございました。

そうなんですよ、僕も三洋が履歴削除してたと始めて知りました。業務停止の前ですね。

初回の契約はH.3.4という明確な記憶があります。2年と少しの取引ということですね。第一取引の完済と第二取引の開始の期間はほとんどないと思いますが、業者自身が空白を削除していますので、357円の繰り入れと併せて「一連」の主張が基本でしょうか。
 文提のことはよくわからないのですが、提訴時に一緒に行う方がいいのですか?文提があると長期化するという報告を読んだ気がします。ホントに削除しているなら、徹底抗戦駆け引きのひとつとして出してもいいのかもしれませんね。

最初がこれなら後が楽になるかもしれません。
ジャバ 2007/08/27(Mon)20:10:49 編集
» Re:謎はちょっととけた!かも
ジャバさん、まずはジャバさんが三洋とどのように戦うかですね、履歴開示されていない部分はどうしますか?推定計算ですか、諦めますか、文提の申立をしますか?
これはジャバさんがどのような方向で三洋と争うつもりなのかによると思います、確かに文提の申立を行なっても、文提が言い渡されるケースは少ないと思います。
ただし推定計算にはその根拠を求められますので、繰越金だけでは少し弱いので文提も一緒に行った方が良いかなと思いました(当然初回の契約書の開示もです、これはコピーでも可です)、これを訴訟上でも三洋が廃棄して存在しないと主張してきた場合、その繰越金の存在は結構重要な物になりそうですね。
現在のところ、開示された履歴以前にも取引が有った事の立証になりそうですからね。
勿論、それを主張する以上は開示以前の取引から解約無しの全て一連一体の取引であったという主張で良いと思います。
三洋が解約があったと主張するなら、解約時に作った書類の提出と357円の繰越の理由について明確な回答を求めましょう。
ジャバさんに現在必要なのは、初回の契約はH.3.4とだったいう事を立証するための手段ですね。
後は残念ですが、三洋の答弁を聞いてみないと分かりません。
難しそうな案件ですが、私も出来る限り協力しますので、頑張りましょう。
2007/08/27 21:02
» 本当にありがとうございます
ふらりと立ち寄って勝手な書き込みをしているだけの者に親身になっていただき、本当にありがとうございます。過払いという誰にでも気楽に相談できない問題に挑戦するときに、ネットの先人や仲間たちの存在は本当に大きいと感じています。
私もいつか、誰かの力になれればと思います。拙い文章をお読みいただいてみなさんの参考になれば幸いです(反面教師かも)。

今のところ以下のように考えています。
1)財務支局で履歴削除の問題を確認する。
2)三洋に履歴の開示を再度求め、文章での 回答を要求する。
3)提訴は推定計算に基づく過払い返還要求 とする。
4)引き直しは第一契約以降最後まで一連と 考える。
5)推定時期における取引の完済・解約を主 張された場合、その立証を求める。
注)思い切った推定計算は文提なみに効果があるとどこかで読んだので、その線でいきます。金額が下がっても、本当の履歴が出て欲しいと願ってます。

主張は「過払いの存在」「過払い利息の請求」を基礎に、A「繰り入れデータを証拠とする推定部分取引の存在証明」→存在を認めたらB「開示部分との一連性」→認めたらC「推定内容の妥当性」の順番に立証したいと思います。
ABCの順に前提となる事実だと思うので、ひとつずつ固めていく作戦です。多分、最も弱いのがCですね。でもこれはあまり気にしていなくて、ここで金額を主張するよりも、データ削除の不当性が明らかにできれば満足です。ただ相手がデータ開示しないときにはどのような判断が下るんでしょうね。まさか中間をとって・・・なんて。

初提訴なので、きっといろいろ失敗もやらかすと思いますが、裁判に挑戦するみなさんの参考になれば幸いです。
ジャバ 2007/08/28(Tue)01:06:04 編集
» Re:本当にありがとうございます
ジャバさん、気にしないで下さい。
ジャバさんのこの案件は同じような状況で困っている人にとっては非常に重要な物になると思います。
私がこの案件で一番立証が困難だと思うのは、ジャバさんと三洋信販の取引が何時から始まったのか?という部分になると思います。
それ以外の部分では、三洋のやっている履歴開示などには穴が多いので、訴訟上は有利な部分が多いと思います。
私が文提の申立に拘ったのは、推定計算での提訴の根拠を求められた時の為に余剰金の繰越がなされていると言う事は、前回の完済時の取引から全ての取引は一連のもので有ると考えられる事からも、三洋の履歴廃棄は不法好意であり、よって個人の記憶をたどり、仕方なく推定計算での提訴に踏み切ったという主張を前面に出したかったからです(この推定計算が気に入らないなら履歴を開示するか、初回契約時の契約書の写しを提出しろと主張したい為です、これはあくまで私の考えですが…)
ジャバさんは、よく作戦を練られていると思います、後は三洋の出方次第という部分が大きいですね。
相手がデータ開示をしない時の判断は・・・担当の判事次第と言う事になりますね、こればかりは訴訟が始まるまでは何とも言えませんが、頑張って下さいね。
2007/08/28 01:28
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]