忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
大手消費者金融の株価の下落が止まりません、過払い金請求も落ち着きをみせてきているような気もしませんね、やはり過払い金請求はお早めに!という事ですね(`・ω・´)ノ

皆さん、こんにちはルパンです( ・∀・)ノ

と「分かっているよ」、と突っ込まれそうな挨拶から入りましたが、最近、毎朝過払いに関連してという事で趣味的に調べている大手消費者金融の東証での株価の動向なのですが、独立系消費者金融の大手2社(まぁ、アイフルと武富士の事なんですけどねw)の株価の下落が止まりませんね((((;゚Д゚))))ガクブル

アイフルの株価に関しては大証では先日は確か500円を割ってはいなかったのですが、東証では今朝はアイフルは450円割れ、武富士は700円を大きく下回っていました、大手銀行系消費者金融のプロミス・アコムも下げから始まっていますね、これは世界的な株安の影響も当然ながらあるのでしょうが、独立系消費者金融の株価はかなり微妙な株価になってきていますね((;゚Д゚)オソロシイ

消費者金融の株価と最近の過払い金返還請求の関連性に関してはどうなのか?
俺はここで多くの方からのコメントの書き込みを頂いて、それを日々読ませて頂いていますが過払い金請求が落ち着きをみせてきているとはあまり感じる事が出来ないんですよね、最近でも新たにこれから過払い金返還請求を始めます、というコメント等も頂いたりしていますので、俺の中では過払い金請求は今でもまだ減少してはいないのでは、という印象を受けています(  ・д・)

そもそも金融業者の潜在的な過払い債務の総額は一説には10兆円以上あるというような事も言われていましたよね、それがそんなに簡単になくなるとは当然ながら思えませんし、俺のこの過払いブログを訪れて下さっている方の数も今でもそれ程変わりはありません。
「それはお前の周りだけだろ」と言われてしまえばもしかしたらそうなのかも知れませんが、それでも現在頑張って金融業者から過払い金を取り返えそうとしている人や、これから過払い金を取り返すんだという人達の熱い言葉を聞いていると、過払い金請求はまだしばらくは続くんだろうなと感じています(* ̄д ̄)

ただ、そこでやはり問題になってくるのが、金融業者の株価の下落という事なのですが、実際これから先どのような事態が起こっても不思議では無いような状況に近づいてきているような気もしますので、やはり「とにかく過払い金返還請求はお早めに!」とこの言葉を今は出来るだけ伝え続けたいと思いますヽ(・ω・´ )ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 危険な水準
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

株式の専門用語なんて知らない小生ですが、アイフル・武富士はかなり微妙な水準になっていると感じます。
過払い請求のピークはサラ金各社が引当金を積み増した2年前に半年後なんて予測があったようですし、ちょうどヤマトが戦っていた昨年も「今年がピーク」などと言われていました。
ところが最近になっても「来年初頭がピーク」なんて無責任な見解が目立ちます。
そもそも株価の予想ですら当たらないのに、なぜ未来を予測できるのか不思議でしょうが、取引履歴の請求が減るとか具体的な動きがでているんでしょうかね。

武富士は現在のところ「対応が他社に比べて期間が長い」「和解から支払までの期日が長い」「和解書の返送が遅く、場合によっては振込後まで届かない」というような対応の遅さと「故人では履歴の郵送に応じない」といった手続き上の批判こそあるものの、特に現段階では提訴さえ行えば利息まで含めて払う(訴訟費用は泣き付かれるらしい)方向に有るようだし、当初は「元金の数割」というフザけた提案こそ有るらしいのだが毅然とハネ付ければ期日前に和解できるところはルパンさんの経験と重なるところがあるようです。
しかも(未確認情報ですが)個人の請求でも「元金」までなら訴訟を通さずに返すということも有るようで「ノラリクラリ」は相変わらずでも、多少は利口になってきていると思われる部分があります。

アイフルは今でも「仏恥義理(ぶっちぎり・暴走族風)」にカッ飛ばしているようでいい噂は皆無です。

両社とも株式を公開しているのでIR情報から業績を見てみました。武富士は平成15年の貸出残高1兆7千億円・口座数300万から現在では1兆円割れ寸前、口座数170万まで減少。
新規の貸出は平成18年の3500億円から2000億円といずれもが2~5年の間に半減したといっても良いのが現状で、普通の企業ならこんな短期間に急激な減少には持ちこたえないでしょう。
本年の業績予測を武富士は115億円の黒字(昨年は141億円)としていますが、予想会社の推測によれば最大120億円黒字~最小240億円赤字となっており二年後は300億円黒字~1500億円赤字というものが有り予断を許さないというのが正直なところでしょう。

アイフルは武富士と同期間で貸出残高2兆5千億円口座数400万から2兆円口座数300万と武富士に比べて減少は緩やかで、この間は「略奪融資」に邁進していた様子が伺えます。さすがに外堀は埋まった感があるのか新規貸出は5500億円が3000億円と武富士同様半減しており、異様な動きは軌を同一にしています。
アイフルの業績予測は317億円の黒字(昨年274億円)と武富士とは違い増益予想。その原資は過払い対応ドッチラケで生んだ粉飾モノ。
同じ予想会社の予測は355億円黒字~120億円赤字と黒字への振り幅が大きいものの2年後は武富士同様350億円黒字~1300億円赤字と明らかに赤字側に偏っています。

アコム・プロミスといった他の大手も赤字含みの予測であり、いずれも2年後は1000億円を超える可能性が予想されています。
ヤマト URL 2008/10/24(Fri)17:49:12 編集
» Re:危険な水準
ヤマトさん、こんばんは。
私も株式の事に関してはほとんど素人ですが、毎日過払い金請求に何か役に立つかなぁという意味合いで大手消費者金融の株価の動向などを調べてはいますが、アイフルと武富士の独立系消費者金融の株価の下落が一向に止まりません。
この両社の現在の株価の水準がどのくらい微妙なものなのかを予想し判断する事も難しいですが、過払い金請求という流れが起こる前の株価から比べるといくら現在全世界的な金融不安による株安傾向であるとは言っても有り得ないくらいの下落ですよね、現在、武富士やアイフルの両社に過払い金請求を行っている人達にとっては非常に心配になってくるような株価の動向ですよね…
ヤマトさんも言われているようにアイフルに比べればですが、武富士の過払い金返還の対応はまだ多少なりにまともな一面もあるのかも知れませんが、それでも決して褒められたものでは無いですしね。
本日のアイフルの東証の終値は412円、最安値は409円でした前日比は-76です、武富士はというと終値が649円、最安値が645円で前日比は-58です、これはもうどうなんでしょうかね…
アイフルの株価の下落率に至っては(-15.5%)です。
やはり業績予想云々もあるのでしょうが、将来的な展望は明るく無さそうなので過払い金請求はお早めに!そして武富士・アイフルの両社にはなるべく長く慎ましく経営していて下さいね、としか言えないような状況がやってきてもおかしくは無さそうな気がしてなりませんね…
やはり、現在の状況での過払い金請求とはまずは迅速に動く事、そこから始めて行かないといけないようですね。
貴重な情報ありがとうございました。
2008/10/24 23:46
» ロプロ
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

表題はバビル2世が呼ぶ僕の書き間違えではなく、かつて社会問題になった商工ローン会社の現在の社名です。
主力が中小企業向け担保融資なので、個人が多いこのブログではあまり名前が出てきませんが、担保融資にも関わらず40%超という暴金利を取っていたことで知られており、巨大掲示板では有名な存在の一つであると言っても良いでしょう。

現在一部上場企業の中で最も安く買える銘柄として知られ、現在価格は30円ほど。100株単位なので3000円です。
帳簿上の一株当たりの資産は300円ほどあり、会社が解散しても十分なリターンが見込めるはずですが、現在の株価水準は「膨大な不当利得」を織り込んでいると考えてよいでしょう。
もう一つは何年か赤字が続くと上場廃止の対象になりますが少なくとも3年以上赤字を垂れ流しており、帳簿上の資産も目減りしています。もう危ないというのが市場の判断でしょう。
ヤマト URL 2008/10/24(Fri)18:06:27 編集
» Re:ロプロ
ヤマトさん、こんばんは。
それはロプロスですねw
ではなくてロプロですか、同じ商工ローン会社の話なのですが今日の夕方から放送している報道特集NEXTという番組を見ていたら、SFCGの基地外っぷりに思わず唖然としてしまいました、ここもう法治国家に存在していい会社では無いですね国会でも話題が取り上げられるのも当然ですね。
・ほぼ全ての債務者に対して一斉に貸金の一括返済の通知を送る(期限の利益を喪失していなくてもです、まるで意味不明です)
・無担保ローンの融資先に「担保割れで融資回収が必要」と即督状を送りつける(無担保融資ですから担保割れするはずがありません、これも意味不明です)
・債務者の取引先から勝手に債権を回収する(返済に遅れた事の無いこの債務者への通知は一切無し)
その事で取引先から取引を断られ会社の経営が危うくなったためSFCGに債務者が抗議の電話をすると「うちは潰す気でやっているんだ」という意味不明な回答(この人既に過払いになっているそうです、何ですかね犯罪ですよねこれ…)
まだまだあるのですが、書いているとキリが無いのでこの辺にしておきますが、何ですかこの会社…基地外集団ですか?
株主総会で社長の大島という男が3つの問題があるような事を言ったそうです。
1・国際的な金融不況
2・不動産担保価値の下落
3・改正貸金業法の施行
1、2に関しては何を言ってもどうなる問題ではないですが、3の改正貸金業法に関しては「個人的にはこの法律はおかしいと思う」というような事をのたまっていました、何がおかしいのか理由は述べていません…
当然ながら過払い金の問題や貸し剥がしの問題などで対策弁護団も設立されているのですが、民事だけではなく刑事告訴もいけるような事を言っていました、まぁ証拠さえあれば当然いけそうですね「脅迫」だそうです。
ヤマトさんのロプロの話から完全にずれてしまいましたが、SFCG、酷い酷いとは聞いてはいましたがこれ程とは…とビックリしてしまいました、もう既に貸金業者の多くは暗黒の時代に突入しているんですね。
やはり過払い金請求はお早めにという事間違いは無さそうですね。
ロプロの株価30円というのも凄いですが、SFCGは約1年前には15000円を超えていた株価が今では744円です、改正貸金行法や過払い金請求の影響や世界的経済不況の影響もあるのでしょうがこれまた凄い下落ですね。
一応一株の配当は300円、配当利回りは40.32%という事ですが、この会社の株は私には怖くて買えませんね…
ロプロにSFCGにシティズ(アイフルの子会社)などの一世を風靡した悪質な商工ローン会社も、もう既に風前の灯火といった感じなのでしょうかね…?
2008/10/25 19:25
» 丸井の集団訴訟
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
大地の会の丸井への集団訴訟が10月10日に控訴されているようですが、
第一審はどのような判決が出たのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
ケン 2008/10/25(Sat)05:07:40 編集
» Re:丸井の集団訴訟
ケンさん、はじめまして、こんばんは。
大地の会の丸井に対する過払い金返還請求の集団訴訟に関して少し調べてみたのですが、すいません、大地の会のHPに書いてある以上の事は分かりませんでした…
2008年9月30日第1次訴訟 判決
そして
2008年10月10日第1次訴訟 東京高裁に控訴
に控訴しているという事は丸井にとって有利な判決であった事は間違いなさそうですね…
高裁での控訴審ですから結果が出れば分かるとは思うのですが、どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら情報提供よろしくお願いいたします。
お役に立てずに、すいません。
2008/10/25 19:40
» 工業デザイン
こんにちはルパンさん。ヤマトです。

以前に「F1のパーツを作っている会社にお世話になったこともあり~」という事を書いた事からもお察し頂ける様に、工業デザインという分野での活躍を夢見ていました。

日本では企業がデザイン部を丸抱えすることが多く、中退してしまった自分では選考用の書類さえ受け付けてもらうことが厳しいワケですし、必ずしもデザイン部門に配属されるとは限りません。
また「カーデザイナー」「インテリアデザイナー」のように独立系でも専門分野が限定されているのが現状です。
一方、世界に眼を向けるとアルファロメオやいすゞ117クーペなどで有名なジュジアーロはニコン製カメラのデザイナーでもありますし、ルイジコラーニはスペースシャトルから家庭用品までキヤノン製カメラのデザインは彼の手によるものです。
販売終了後、中古市場で高値を付けたスズキKATANA(刀)は、ハンスムートのデザインへの人気の証でもあります。

日本でもグローバルな活躍をされている方は多くいらっしゃいますし、そうした才能に伍して戦わなければならない世界なので今の方がいいのかなと思うことだってあります。

異色な所では稲川淳二さん。タレント活動の方が有名で、丹波哲郎亡き後二代目霊感タレントというほうが思い出しやすいでしょう。彼はデザイン系の学校の出身で本業は工業デザイナー。数年前にはグッドデザイン賞も受賞していますし、スズキのレース車のデザインをしていたこともあります。

携帯電話など丸と四角と直線の無骨なものから、流線型でスタイリッシュなものに変化しています。洗練されたデザインの加工そのものは複雑な制御が出来る機械によって作られますが、人間の手と頭でしか生み出せない面白さを感じています。

男だったら子供の頃プラモデルを組み立てたことがあると思います。モノが欲しければ完成品というのではなく「作ること」が楽しいからだと思いませんか。

サーキットに行くと「レースクイン」、大規模なコンベンションでは「イベントコンパニオン」彼女たちの多くはプロダクションに所属し将来のタレントを目指しています。
レースクインから有名タレントになったはZARDの坂井泉水さんや岡本夏生さんが知られていますが本当に宝クジなみの確率です。
私が懇意にしていた複数のプロダクションでも、週刊誌のグラビアくらいなら相当数いますが、レコードデビュー&深夜番組レギュラーが1人、劇場公開映画のタイトルクレジット(準主役)が1人。
その後は2人揃って落ち目アイドルの王道コースとも言うべきヌード写真集を出して表舞台から消えていましたが「青年実業家」「プロ野球選手」と結婚。
プロ野球選手の方は一時はレギュラーに定着。晩年は代打の切り札でしたが日本一も経験し先年引退。まぁお幸せに!で良いのですが、青年実業家の方は犯罪行為で逮捕されたという話までは聞いています。2人とも10年ほど著名な活躍はしていませんが、片方は今でもタレント名鑑にその名が残っています。
ヤマト URL 2008/10/25(Sat)11:09:40 編集
» Re:工業デザイン
ヤマトさん、こんばんは。
ヤマトさんの夢は工業デザイナーという職業だったんですね、私は工業デザイナーという仕事の内容に関してはおぼろげな知識しか持ち合わせていませんが、ジウジアーロやハンスムートは知っています、ルイジコラーニという人は名前しか知りませんけど…
工業デザイナー、夢、私はいつから自分自身の将来に対する夢を失ってしまったのか分かりませんが過払い金請求を終え借金の無くなった生活である今の生活に非常に穏やかで幸せを感じていますので私もこれで良いんだなとは思っています。
いくつもの可能性を奪う事のある借金、しないに越した事は無いのは当然なのでしょうが、それもこれも自分自身の人生だったとして受け止めていくしかないですね…
ただやはり本来ならば返済し終えていたはずの借金で失われた時間、これはもう二度と返っては来ない、でも口惜しさは残りますね…
自分自身の将来の夢というのを叶える事の出来る人はほんの一握りかも知れませんが、ささやかでも幸せを感じる事が出来る人生を手に入れる事が出来る可能性は多くの人にありますよね、借金によってその可能性すら奪われている人や過払い金の存在に気が付かずにいる人、そんな人の少しでも多くに特定調停などの債務整理や過払い金返還請求について知って貰いその人のこれからの生活が穏やかなものになるきっかけになれたらいいなぁと私はいつも思いながらこの過払いブログを更新しています。
ヤマトさんや多くの同士の方たちのお力をいつもお借りしてばかりの私ですが、今後ともご協力よろしくお願いいたします。
2008/10/26 23:50
» 商工ローン
こんにちはルパンさん。ヤマトです。

SFCG(旧商工ファンド)の悪行は特に知られるところですが、最近の乱行ぶりは書き足りないほどの勢いです。報道特集は見ていなかったのですが、動画投稿サイトで見てきました。
このSFCG、決算はここ数年多くの高利貸しが引当金の積み増しで赤字に陥る中、毎年黒字を計上しています。商工ローン問題で8万円を超えた株価は急落しましたが、今年の10月初頭(3週間ほど前)までは1万円前後の水準にありました。いったい何が有ったのかと疑いたくなるような急降下です。
直接関連の有る話じゃないけど、近年タバコに対する風当たりは強まるばかりと言うのはご貴殿も感じていることと思います。ヤマトが禁煙をしない理由(言い訳)は、かの有名な「禁煙パイポ」がSFCGのグループ会社の製品と言うこと。
悪徳高利貸に間接的でも利益を与えたくないってね。

サラ金や信販の情報は数多く出てきますが、商工ローン系は個人での取り組みが少ないためかあまり出てきません。テレビでバンバン取り上げて行って欲しいですね。
まぁ信販系はあまり悪評が無いと言われますが、昭和の履歴でも一部を除いてキチンと出してくるサラ金系と違い、信販系の多くは「破棄」を主張するという有様で、ご貴殿も丸井に於いてこの件で辛苦を味わっておられます。逆にレイクでは運が良かったのか履歴の無い期間が無いようでしたが、ヤマトはこの件で揉めています。

でもなんとか解決に向かうための情報は相当ありますが、商工ローン系は少ないのが現状な上、担保・連帯保証人という複雑な問題が残されています。
ヤマト URL 2008/10/26(Sun)12:49:24 編集
» Re:商工ローン
ヤマトさん、こんにちは。
SFCGの悪行の数々、動画サイトで観賞してくださいましたか、あれって酷すぎませんか?っていうかほぼ法に抵触している犯罪のような気がするんですよね、SFCG被害者対策弁護団も刑事告訴も検討という話をしていましたから当然その線でも記事告訴し立件して貰える可能性もあるという事なんでしょうね。
私のこの過払いブログは基本的には一般の消費者金融や信販会社などから個人訴訟で過払い金を取り返すという事の軸をおいて書いていますし、私自身商工ローンとの取引は無いですし不動産担保融資や連体保証人が存在する状況での借入といった物が無かったので、私の過払い金請求もある程度スムーズにいったのだとは感じています、ですから私自身の知識としてもこの過払いブログの情報としても商工ローン問題に関するものは数少ないのが実情ですね、もっと知らべていかないといけませんね。
そんな事を先日の報道特集NEXTというTV番組を見ていて思いました。
貸した金と利息は必ず取り返す、これは確かにある意味では貸金業の経営姿勢としては間違ってはいないのかも知れませんが、その取立ての方法や過払い金の問題などが法に触れるものである時点でもうアウトですね。
今の金融業界を取り巻く社会情勢や司法に携わる者がそれを許すはずは無いでしょうしね…
一時はこの世の栄華を誇った商工ローン会社もその実は砂上の楼閣だったという事なんでしょうね、それを現在のSFCGやロプロの株価が示しているのだと私は個人的にはそう思います。
後はそのような会社から事業資金の借入を行わざるを得なかった人や企業がこの問題を司法の力を上手く使ってなるべく早く解決の道に辿り着く事が出来れば良いんですけどね。
PS 禁煙パイポはSFCGのグループ会社の商品ですか、二度と購入しないように心掛けたいと思います。
2008/10/27 12:42
» お久しぶりです
ご無沙汰しています。

実は,今回,ブログの名称を「法律と法曹の取扱説明書」から「債務整理の取扱説明書」に変更しましたので,ご連絡させていただきました。 同時に,新「法律と法曹の取扱説明書」を立ち上げました。

また記事を参考にさせていただくこともあるかと思いますが,その折はよろしくお願い致します。
シンマイ URL 2008/10/28(Tue)02:49:14 編集
» Re:お久しぶりです
シンマイさん、お久しぶりです、こんにちは。
お仕事の方は順調ですか?
新たにブログを立ち上げたんですね、今度覗きに行かせて頂きますね。
うちの過払いブログでも名称変更かリンクの変更を行っておきますね。
それでは、借金返済で困っている人のお力になって下さるようよろしくお願いいたします。
お仕事お忙しいとは存じますが、体調には気を付けて頑張って下さいね。
2008/10/29 12:44
» 通り名
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

株式市場が冷え込んでいるといってもSFCGの株価は連続でストップ安を記録するなど、高利貸系は軒並み倒産水準を邁進しています。

以前、ルパンさんが「最高裁判決について考える」シリーズを連載しておりましたが、ふと気付いたのが多くの判決は11~19日に集中していますが、手続き上のものなのでしょうか。中でも13日が多いように感じます。数ある13日判決の中でも、みなし弁済の主張を明快かつ明確完全に退けたシティズ判決(平成18年1月13日)が特に有名です。

この判決以降、当然のことながら下級審に於いてもみなし弁済を認める判決は考えられなくなりました。そして一層個人での過払い請求訴訟が容易になりました。
この訴訟を闘った方は、業者側の上告で解決を先延ばしにされ、解決までの日数分イヤな思いを味わったと思います。我々にとって感謝しなければならないと思っています。
明確な判決の効果もあって、その後業者側は強硬な控訴・上告を断念する効果があります。不利な判決でもビシビシ上訴して堀が埋まってくれればとも思います(特に架空請求と断罪された高裁事案)が、闘う方からすれば一日も早い解決が望みです。

SFCGの悪行の一つに「裁判(司法制度)を利用したイヤガラセ」が挙げられます。司法制度を利用したイヤガラセは貸金業者の常套手段であり、別にSFCGに限ったことでは有りません。ヤマトもオリコには食らっていますし、先件のシティズの顧問弁護士は現大阪府知事の橋下で、散々金貸しの立場で裁判に関わっておきながら、現在も府知事の傍ら経営する法律事務所で「借金問題相談」がHP掲載されるなど、政治家らしい二枚舌です。

みなし弁済の適用を「厳格に解釈すべきだ」とした最高裁判決(平成16年2月20日最高裁第二小法廷)はSFCG判決とも言われていますが、「厳格に解釈」を明文化したのがシティズ判決と思います。

SFCGの「裁判を利用したイヤガラセ」でもっとも有名なのが私製手形を利用した手形裁判です。手形は流通性が重んじられるため簡易な手続きで債務名義を取得することを狙ったものです。
通常手形は銀行に当座を持って発行される統一手形用紙のものでなければ銀行間での流通は出来ず、私製手形は流通性はまったくなく「紙キレ」に等しいものですが、「手形」というものは成立していることから破産によっても「手形行為独立の原則」があり簡単には免責されないことを企図したものです。
一時は東京地裁の手形訴訟の8割がSFCGによるもので、裁判所から手形訴訟を起こさないように要請されるというほどの悪逆ぶりである。
結局平成15年に私製手形による手形訴訟が、手形制度、手形訴訟制度の悪用と断罪され不適法なものとなりました。これをヤマトは「SFCG不適法の原則」と名付けています。

また最近問題となっている不動産担保融資・通称略奪融資ですが、公正証書の悪用と言うのが知られています。
特に包括根保証契約に基づく被害が多発し、債務者・連帯保証人を保護するために民法が改正されたのは記憶に新しいところですが、この改正案は正式名称を「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部改正案」と言いますが別名SFCG改正案とも言われています。
最近(あの放送前で、ごく最近はもっとヒドいこともありそうですが)では、連帯保証人の給与の差し押さえを事前の通告を行わずに実行するといったことも報じられ、抜け目の利用には長けているようです。

どちらかというと業者が抜け目を見付け消費者保護のための法改正が後手に回ってしまう印象があります。改正貸金業法ではSFCG条項と言われるものがあります。第20条3項「公正証書について、貸金業を営む者は、債務者等に対して公正証書作成嘱託の代理人を推薦その他それに類する行為を行ってはならない」はSFCG条項とか、一方の雄アイフル条項なんて通り名があります。
ヤマト URL 2008/10/28(Tue)12:52:51 編集
» Re:通り名
ヤマトさん、こんばんは。
ここ最近の日経平均の大幅下落を受けて金融業者の株も資本の増資を発表した大手銀行系消費者金融以外は軒並み下落傾向になっていますね。
やはり特にその中でもアイフルとSFCGの株価の下落率には目を見張るものがありますね。
今後の事を考えてもやはり過払い金請求はお早めにという事なんでしょうね、会社が存続してくれているうちは何とかなるかも知れない過払い金の返還請求も請求先の会社が破綻してしまったらアエルのようになってしまうのは目に見えていますからね…
話変わりますが最高裁判決、確かに13日や18、19日などが多いかも知れませんね。
シティズ判決があって現在の個人訴訟での過払い金請求が可能であるようになったと言っても過言では無いとは思いますが、シティズ判決の前にもSFCGがふざけた事をやっていたのですね、SFCGの私製手形に関する事は調べたので理解してはいるのですが司法の場においてはそのような裏話があったのですね。
SFCG判決にSFCG改正案にSFGC条項ですか、酷いものですね…完全に目を付けられていますねSFCG問題が国会で議題に挙がるのも確かに理解出来ますね。
私としましてはアホな金融業者が早い内に架空請求類似行為で最高裁に上告して完全敗訴してくれるのを願わずには止みません。
PSいつも思っているのですが、ヤマトさんは様々な事柄に関してお詳しいですね、凄いなぁとただ尊敬しているルパンです、私も色々と勉強して知識を得なくてはと思っています。
2008/10/29 22:11
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]