忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い金請求はまだまだこれからが本格化じゃないですかね(  -д-)?

皆さん、こんにちは(・∀・)ノ

最近、落ち着きを見せ始めているなどと世間では言われている、過払い金返還請求ですが、この過払いブログでは、まだまだ平日、休日を問わず多くの方からのアクセスやコメントなどを頂く事が出来ています。
これはここしばらくの間、あまり変わってはいませんね(・∀・)

ですから俺の中では、あまり過払い金請求が減少傾向になっているなんて事は感じる事もほとんど無く、むしろ多くの方が自分の過払いに気付き、そして禁輸会社に対して過払い金請求を行い、自分の払いすぎた利息である過払い金を取り返そうと一生懸命になって頑張っているなぁ、なんて事を日々ひしひしと感じています(`・ω・´)

私がこの過払いブログを書き始めてからはもう1年以上の月日が経っていますが、その1年以上という時間の中で、多くの人が自分も過払い金請求を終える事が出来た!というコメントを下さったり、最近でも、これから過払い金請求を始めるので頑張るぞ!というようなコメントも止む事無く頂き続ける事が出来ています。
俺としてはやはり過払い金請求の本格化というのはこれからなんじゃないか?なんて事を感じてしまわずにはいられないですね(`・ω・´)

そのような中でも非常に嬉しく感じている事は、こんな小さなブログの中でも数多くの色んな人達が過払いや金融業者に関する情報を共有しあう事が出来ていたり、コメントを下さっている方同士がお互いにアドバイスや励ましの言葉を送りあってくれたりしているという事ですね。
これは本当の嬉しいですし、実際に過払い請求を行っている方にとってもかなりの励みになっているのではないかなぁと個人的には思っています、本当に嬉しい事ですね(´;ω;`)

俺はこの過払いブログを書き続けている事によって多くの人の優しさに触れる事が出来て、本当に良かったと思っています(´▽`)

過払い金請求を行っている皆さん、頑張って下さいね(`・ω・´)ノ
私にはこうして応援しブログを更新し続ける事しか出来ませんが、多くの方達の知恵や優しさに支えら何とか頑張る事が出来ています、本当に感謝ですm(_ _)m

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» まだまだでは?
先日(40万アクセス)のコメントに対しレスを頂きありがとうございました。
和解するには甘い内容でしたので、助言を参考にさせて頂き、近々にアコムに対して控訴の予定です。(書類準備も貴ブログや某掲示板ログを参考にさせて頂きました)

併せて、残のあるレイクには履歴開示請求を行いました(電話請求不可、改めて申請書提出、3週間程度必要と、現時点でもアコムより対応は悪いですね)。

訴訟には時間を掛けずに解決し(希望)、その元手でレイクには、若干の過払い発生程度までの返済でアコム同様の残有りでの請求を行おうと思っています。
企業再編の中、レイクはいつM&Aされてもおかしくないので、不安定な企業相手に残金返済しての過払い請求といった正面突破を避けようと考えています。

訴訟始まりましたら、書き込みさせて頂きますね。
茶屋 2008/03/10(Mon)14:57:00 編集
» Re:まだまだでは?
茶屋さん、こんにちは。
アコムに対する過払い金請求は控訴?ですか、たぶん提訴ですよね。

間違っていたらごめんなさい、和解交渉の決裂から察すると提訴だと思ったので…
まずはアコムから迅速に過払い金を取り返し、還って来た過払い金でレイクを過払い状態にし、過払い金請求。
これは双方債権債務無しの0和解狙いで良いのでしょうかね?
そこまでの筋書きが出来ているようでしたら、後は目標に向かって突き進んで行くだけですね、レイクは確かに現在微妙な経営状態かも知れませんので頑張って早めに全ての過払い金請求を終える事が出来ると良いですね。
訴訟が始まったら是非またコメントして下さいね。
頑張って下さい。
2008/03/11 10:04
» 無題
こんにちは、Yoshiです。
決算書の利息返還損失引当金の計上額については、各消費者金融会社が引き直しをしなければ金額が出てこないと思いますね。逆に言えば各借り手側の利率も明確にわかっていると言うことだと思います。
詳しい事は日本公認会計士協会のホームページに掲載されていますので、興味かある方は一度ご覧になってください。
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/pdf/00801-003509.pdf
大まかに言うと引当金利計上については、会計上は根拠になるように、引当金を積み立てないと会計士は決算書に同意しませんと言っているので、もし公認会計士が了承しないと決算書が認められないばかりか、報告出来なくなります。

アイフルの貸倒引当金が多いのは、アイフルが個別に計算したら債権ではなく債務となってしまい、貸付金残高がゼロとなり、それを貸倒引当金で処理しようと考えているいるのだと思います。日本公認会計士協会では貸倒引当金でも利息返還損失引当金でもどちらでもOKと書かれていますが、通常の貸倒引当金と利息返還損失引当金では税法上違うのかもしれませんね。詳しい事は調べないとわかりませんのでコメントできません。
でも日本公認会計士のホームページを調べてわかったのですが、これが報告されているのは平成18年9月ですからもう1年半も経過しています。
Yoshi 2008/03/10(Mon)16:20:26 編集
» Re:無題
Yoshiさん、たびたびこんにちは。
>決算書の利息返還損失引当金の計上額については、各消費者金融会社が引き直しをしなければ金額が出てこないと思いますね
これは私もそう思います、結局、多くの消費者金融などは自社の不当利得については詳しく把握しているのではないのか?という事ですよね。
多額の過払い利息返還引当金を計上していながらそれにも拘らず、未だに訴訟を行わなければ過払い金の返還には応じられないとか、過払い金元本満額以下の減額での和解交渉を行なっているという事がとても信じられないような対応であると言えますね。
アイフルさんは独自の考え方で損失金として処理しようとしているようですが、これはどちらでもOKなんですね、驚きですね。
私としては貸倒引当金と過払い利息返還損失引当金はまるで別物のように感じてしまうんですけどね…税法上でもまるで別物のような気が…
これ以上は私には難しくて分かりません…
Yoshiさん、色々と詳しい情報提供、ありがとうございました。
非常に勉強になりました。
PSでも世の中って難しい事が多いですねぇ…
2008/03/11 10:15
» スージーさんへ
はじめまして、スージーさんへ
お友達の事ですが、完済している業者や借入残高がある業者から履歴計算書を取り寄せて、過払い金があるのか計算する必要があると思います。
ただし亡くなっているので本人ではない為、対応を間違えると開示されない可能性はあります。
一度無料の法律相談されたりするのが良いと思いますよ。下記はヤフーの知恵袋で投稿があり回答されているようですが、通常と違いますので専門的な方々に確認し対応方法をしてから行動されたほうが良いと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414707239
Yoshi 2008/03/11(Tue)09:36:59 編集
» ビックリしたよ~
ややこしそうな武富士や、その他消費者金融の難しそうな案件は、司に依頼することにして・・・
8年くらい前に完済しているモノに手をつけることにしました。
手始めにUCカード。
クレディセゾンに業務委託しているようで、
ここも手強い?って思ってたのですが、
あっけないほど簡単に交渉成立。
そのヤリトリの経過は一主婦ブログにUPしています。
セゾンは訴訟が必須だったような・・・
この過払い請求増加の流れの中で、
潔く対応するという方針に変わったんでしょうか?
半信半疑で合意書、入金待ちです。
一主婦 URL 2008/03/11(Tue)10:51:12 編集
» Re:ビックリしたよ~
一主婦さん、こんにちは。
クレディセゾンとの和解交渉成立、おめでとうございます。
セゾンは最近はだいぶ過払い金の返還に対して柔軟になってきたんですかね?
それでも昔は丸井等と同じように10年以上前の取引履歴は開示しないという噂だったのですが、一主婦さんはその辺りはクリアされていたんですかね?
詳しくは一主婦さんのブログを覗かせて読ませていただきますね。
半信半疑という事ですが、大手クレカ系ですから大丈夫だとは思いますが、過払い金の返還が待ち遠しいですね。
それから司に依頼してしまったらしいですが、武富士などの大手消費者金融への過払い金請求は意外とスンナリの場合もあるので、ご自身で過払い金請求を行えるなら行ってみても良かったかも知れませんね。
でも、せっかく依頼したんですから、その司法書士さんを信じて頑張って貰いましょうねw
またのコメントをお待ちしていますね。
お疲れさまでした。
2008/03/11 11:53
» 引当金の違いについて
こんにちは、逆襲のルパンさん
引当金については、貸倒引当金は消費者金融会社の貸付残高が減ることので引当しているので、アイフルは、訴訟されても過払金返還以上に貸付している可能性が大きいのではないてしょうか。
過払請求されている人は消費者金融会社の残高がゼロになり、それプラス過払金が戻ってくると考えると仮に借入残高50万で、過払金が30万だとすると消費者金融会社は借入は貸倒引当金で50万を計上して、利息返還損失で30万計上する事だと思います。アイフルはそういった案件が多いのではないかと思います。
それから税法上も貸倒引当金と利息返還損失引当金は同じだそうです。しかし利息返還損失引当金については、一時期のみ計上可能な気がします。
ですから利息制限法の利率に法律が変わってからは
利息返還損失引当金は計上できない時期が来ると思います。
引当金は将来のリスクに対する費用計上ですから消費者金融会社は過払金請求には応じやすくなったの思いますが、でも出来るだけ支払わない事や減額和解をしていると思います。最終的には引当金が少なくなれば会社側の利益になりますからね。
Yoshi 2008/03/11(Tue)13:16:51 編集
» Re:引当金の違いについて
Yoshiさん、こんにちは。
う~ん、アイフルの場合はそういった条件での過払い金請求が多いんですかねぇ、それともアイフルだけがそのような計上をしているんですかね。
他社との大きな違いが少々気にはなりますね。
でも税法上の違いが無いのであるなら現段階では企業としてみればどちらで計上しようが大きな違いは無いという事ですね。
確かに必要以上に利息返還損失に損金計上は出来ないでしょうから、これは一時的な物なのかも知れませんね。
色々と開設していただきまして、ありがとうございました。
それでもやはり大手消費者金融には、まずは素直に過払い金の返還に応じるようになって貰いたいものですね。
2008/03/12 11:40
» 来ました~。
ルパンさんこんばんは。
エイワよりまず3年分の取引履歴が来ました。
3年分はすぐ出せるのに残りは何故2ヶ月かかるの?
と、不思議でなりません。
履歴の紙に3~4ヶ月かかるとか記載されてましたが2ヶ月と昨日の電話で言ったので2ヶ月しか待ちません。
そして質問なのですが、エイワの契約というのが、初回契約すると半年返して増額の繰り返しで、私の場合34万までじょじょに増額され、最近では半年返して34万内の枠内融資でした。
エイワから来た取引履歴を見ると、枠内融資をされた月は【融資/34万】と書かれています。
枠内融資なので前回返済後の残高との差額を融資されただけなんですが、引き直し算をする際、融資された時はその差額を記入すれば良いのでしょうか?
私はパソコンはあるのですが、繋いでないのでネットカフェか友達に頼んで使わせて貰おうと思ってます。
前に名古屋式?を見た事があるのですが、ちょっと意味がわかりませんでした。
外山式?と名古屋式ではどちらがオススメでしょうか?
説明が下手なのでわかりにくい文章ですみません。
おはぎ 2008/03/13(Thu)00:48:11 編集
» Re:来ました~。
おはぎさん、こんばんは。
エイワより3年分の履歴が届きましたか、何故に3年分だけなのか理解に苦しみますし、履歴の紙には何故か残りの履歴開示には3~4ヶ月位掛かると記載されているんですよね?まるで意味が分かりませんね…
エイワから開示された履歴は別に手書きでは無く、普通にパソコンからプリントアウトされた物ですよね?
何故、パソコンから履歴を抽出してプリントアウトし、それを郵送するのに2~4ヶ月も必要なのか、これまたまるで意味が分かりませんし分かりたくも無いですね。
おはぎさんは2ヶ月は待ちますか?
多分、私は待てません、せっかちな性格なものなので、本社に内容証明送ると思います。
私が取引履歴の開示を請求した金融業者で一番時間が掛かったのがアエル、そのアエルでも電子内容証明請求後にはすぐに全履歴を開示して来ましたから、掛かった期間は1ヶ月チョイでした、その次に時間が掛かったのがレイクです、レイクは一度こちらに取引履歴開示請求書が送付されてきて、それに必要な事項を記入して送り返してから履歴を開示するという方式だったので3週間位時間が掛かってしまいましたが、まぁこの位なら仕方ないかなぁと思える範囲でしたね。
でも、相手はエイワですからね、確かに一筋縄ではいかない可能性も有りますね…
それから、引き直し計算関しての質問ですが、おはぎさんがエイワとの取引期間中に解約はしていないですよね?
それなら通常通りに借入・返済そしてそれを行なった日を履歴の通りに入力していけば良いだけです。
ですから34万円が限度額と考えると、枠内融資と言う事ですから、借入残金と34万円の限度額の差額がその融資日の融資額という事になると思います。
おはぎさんの考え方で合っていると思いますよ。
最後に名古屋式と外山式、どちらが使いやすいか?
これはどちらもそれ程変わりは無いと思いますが、私は名古屋式の方が使いやすく感じました、計算結果に関しては条件を同じ(閏年や充当の設定など)にすれば、ほぼ違いは出ないと思います。
名古屋式が分からない?とはどういった部分でしょうかね?
使い方でしょうか?
私の印象だと外山式の方が複雑っぽく見えたような気もするんですが…
何が分かり辛いか具体的な事がありましたらコメントしてみて下さい、エイワ・三和と強敵ですが、何とか頑張って過払い金を取り返して下さいね。
応援しています。

2008/03/13 09:47
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]