忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

先週発売の週刊現代に過払い請求の記事が載っていますよ (。・ω・)ノ

これは、俺が自分で気付いた訳ではなく、この過払いブログによくコメントや書込みをしてくれている常連さん?と呼んで良いのかは分かりませんが、親切な「40男さん」という方が教えて下さいました(・∀・)

さっそくコンビニに行って立ち読みして来ました、内容とその感想を報告します。

確かに、40男さんの言うように表紙には一切「過払い」の文字はありませんでした、これは広告主への配慮でしょうか( -д-)?
割かれたページ数は、わずか4ページと少ないものでしたが、過払い請求の基本的な事はしっかりと押さえていました。
過払いの発生する仕組みや、取引履歴の請求の仕方なども記載されていましたし、消費者金融や信販会社各社の過払い金請求に対する提訴前や提訴後の対応が一覧表になっていました。
この表は「俺のブログにある記事に良く似た感じだなぁ、でも各社に取材して過払い金請求に対しての各社の回答が載ってる、すげえなぁ」と思いました(・◇・)!

まぁ、この週刊現代の記事を読んだだけで、個人訴訟で過払い金返還請求を行う事は難しいとは思いますが、このような有名な週刊誌が4ページを使って「過払い」について記事を書いていると言うのは素晴らしい事だと思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚
この週刊現代の過払い特集を読んだ事で、過払いと言う言葉を知って過払い金請求を行うきっかけになる人は数多く出てくると思います。

過払い金返還請求を行っている皆さんも、興味があったら先週の週間現代を読んでみて下さい(。・ω・)ノ゙

40男さん、貴重な情報ありがとうございました(´∀`)

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» タイムリーな記事でしたね。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

週刊現代の記事は自分も読みました。
日頃は電車をあまり使わないのですが、前方でスポーツ新聞を広げている人がおり、現代の広告が目にとまったのです「過払い金・会社別対応」みたいなことが大きく出ていました。
電車の中吊広告もあり、こちらでもそれなりの扱いでした。

偶然ではありますが、電車に乗っていたというのはアエルが履歴は店頭でお渡しするというので取りに行くためでもあり「過払い」という字に過剰反応したというところと思っていました。
結構、気が付かずに見逃してしまうこともあるでしょう。でもしっかりとやって行きたいですね。

金曜日にクオークローンの履歴が届きました。
過払い元本で40万円を超えています。
残るはオリコのみですが、この時点まででも各社の対応に温度差があることを感じます。
(全社同じ日に履歴請求、最短は店頭渡しのアエル、2日後のアコム、5日後のアイフル、翌週のクオークローン)

オリコにしても「悪質な引延事例」というほどの期間は経過していませんし、先年の判決以降改竄などの悪質事例は無くなっていると聞いています。

ただ一方で返還請求に対する取り組みの差が有るのは事実のようで「提訴」という一般生活者には困難なハードルを用意する業者の態度があります。

最高裁で確定した判決を重く受け止め、真摯に返還対応している業者が「バカを見る」ような構図がありますが、それこそ遅延工作には利息制限法にある年15~20%の利息を懲罰的に適用できるようにしなければ改まることはないでしょう。

業者(特にアエルのような中小事業者)サイドで、利息制限法にある年15~20%の金利では事業が出来ないとして噛み付いて(アエルHPにも掲載しています)いますが、この金利がどれだけの高金利であるか身を持って知ることが出来ると思っています。

金曜日には地元の簡裁へ出向いて、貼付する印紙額、予納する郵券額を聞いた上で、念のため作成した訴状の確認をしてきました。
提訴前に内容の確認は出来ないのだがという前置きの上で、原告、被告の表示、請求の趣旨、請求の原因の記載があり証拠の添付があれば受理できるとのこと。ほぼ第二段階はクリアできるでしょう。

雛形はここのサイトから頂戴しました。あらためまして御礼申し上げます。

出費の削減はここ十数年の至上命題。
提訴が決定しだい従前より常連となっている金券ショップで印紙・郵券を購入して提訴費用すら節減対象として努力いたします。

昨日おとといは土日でしたので、しばしの小休止。
さぁ今日から再び頑張るぞ。
ちなみに本日はクオークローンに電話で過払い金があることを伝え返還を請求します。
結果は後ほどご報告いたします。
ヤマト 2007/06/04(Mon)07:22:44 編集
» Re:タイムリーな記事でしたね。
ヤマトさん、おはようございます。
週間現代は、新聞広告や電車中吊りでは、過払いと言う記事内容が出ていたんですね、すごいですね。
アエルが一番対応良かったですか?私の場合はアエルは全履歴を開示するまでに3回、一ヶ月半位の時間を要しました。
オリコが履歴開示に時間が掛かるのは前から結構有名ですね。
ココ最近、色々と金融会社各社の対応も変化してきていますね、私のブログの古い雛形や記事なども少しリニューアルが必要かもしれません。
ヤマトさんは、これから戦いに臨まれる訳ですが、最後まで気を抜かずに頑張って下さいね、応援していますよ!
またの報告、お待ちしています。
2007/06/04 09:45
» 無題
おはようございます。借金野郎ッス
過払いのブログも増えてきた今日この頃…
もっと広く過払いの事を知ってもらうためにはブログはとても有効だと思うッス
個人がコストなしで情報をどんどん発信できるのですからネットとは素晴らしいものッス
しかしネットの弱点(?)とは…
情報発信しようにも受動的である事ッス
まずは検索エンジンで「過払い」と検索してもらわなければならず…
その点ではテレビ、ラジオなどの能動的メディアでの過払いの取り上げはとっても素晴らしい事ッスね!
検索エンジンで「過払い」を検索する人が増えるでしょうから!!
借金野郎 URL 2007/06/04(Mon)10:21:28 編集
» Re:無題
借金野郎さん、おはようございます。
そうですよね、私もネットによって過払いと言う言葉を知ったのが、このブログを始めたきっかけなのですが、ネットというのは身近な人には良いのですが縁遠い人にはまったく認知されないメディアですからね・・・
TVや本などの媒体が過払いを取り上げてくれる事によって、ネットの検索も増えて来ると思います。
借金野郎さんも頑張って下さいね。
私も微力ながら頑張って過払いを広めていきたいと思います。
2007/06/04 10:52
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]