忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
友人や知人、肉親などの過払い請求を手伝う(。・ω・)ノ

最近、コメントを頂いている中に、「自分の行なった過払い請求の知識や経験を生かして友人や肉親などの過払い請求の代理人になったり手伝いをしたりしようとしているんです。」という報告があったりしています。

個人的には、これは非常に素晴らしい傾向だと思っています。
自分が借金の返済に追われるという辛い生活を送ってきた分だけ、同じような状況で苦しんでいる人や、苦しんでいた人には優しくなれるのだとも思います(´∀`)

例え借金の原因が自分自身の問題であったとしても、同じ経験をした者にしか絶対に分からない事ってありますしね、借金の原因はともかくとしても長い間の借金生活の辛さというものは、同じ思いをしていない人には、まず理解出来ないものだと思いますしね (´・ω・`)

ただ…俺自身は過払い請求という行為を他人に伝える事の難しさというものを感じています。

過払い金返還請求
俺も始めて知ったときには「夢のような事だなぁ」、と思いました。
しかも、それを個人の力でも行なう事が可能である、一部の人にとっては人生が変わりますよね?やり直しのチャンスを得る事が出来るんですから(´∀`)

過払い請求を自分自信で偶然知ったという人は、夢中になって「過払い」について調べたり学んだりするケース多いので過払い請求についての理解も早い場合が多いんではないかと思います。
ただ、肉親はさておき、知人や友人などの場合、過払い請求について説明して理解して貰う事って、結構難儀な事だったりしますよね(まぁ、過払い請求について教える相手や教え方にもよるのかも知れませんが(  -д-)俺の場合あまり良い反応は…)

過払い金請求、大手の消費者金融や信販会社などから個人の力で(まだ現在では司法の力を借りる場合が大半ですが…)、払いすぎたお金を取り返す事が出来る(`・ω・´)!
これって、理解する事が出来れば、長い間借金で苦しんでいた人にとっては本当に夢のような事なのですが、なかなか信用して貰えなかったり、ひどい場合はマルチの勧誘くらいに思われる場合があります(これは一応実話です、最終的に過払い請求についての理解だけはしてくれましたが…)

このような場合や個人信用情報の問題などもあって、自分以外の人間に過払い金請求を伝えて、それを行なう気にさせるのって、本当に難しい事だと思います。
俺の結論としては、過払い金請求には訴訟実務知識や法解釈、それに相手との交渉術も必要だとは思いますが、一番大事なのは本人のやる気だと思っていますから、本人がやる気になってくれないと過払い請求を行なうのは難しい事になってしまいますね…(´・ω・`)

俺は何とか、この過払いブログで1人でも多くの人に「過払い」について知って貰えるように頑張っていきたいと思います(`・ω・´)ノ

そして、少しでも多くの人が、この過払いブログを読んでくれた事がきっかけの1つになったりして、今後の人生がより明るいものになったりしたら、いいなぁ(*´Д`*)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» はじめまして。
気になる書き込みが2chでありました、7月17日に悪意の受益者5%に対する最高裁での裁判があるらしいのですが、こちら側が不利になる判決にならなければいいのですが。
モンキー 2007/07/12(Thu)18:11:34 編集
» Re:はじめまして。
モンキーさん、はじめまして。
気になる情報ありがとうございます。
悪意の受益者の認定の問題ですかね?
過払い金に対する利息が民事法定利息である5%というのは最高裁小法廷で出た判決なので、民事利率の適用に関してではなさそうですね。
悪意の受益者に対する立証の問題でしょうかね?
興味深い裁判ですね。
有益な情報ありがとうございます。
2007/07/13 00:04
» 無題
ルパンさんはじめまして。わたしも現在過払金の訴訟を終えました。あなたのブログは大変約にたちました。
名無しさん 2007/07/12(Thu)19:36:29 編集
» Re:無題
名無しさん、コメントありがとうございます。
そう言って頂けると私も非常に嬉しいです、取り返した過払い金は大事にして下さいね。
2007/07/13 00:06
» 過払い請求を手伝う難しさ
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

不当利得返還請求を個人で行う場合、その人のパーソナリティも含めた難しさがあると感じています。

あと、非常に人によって違うのが生活環境。
例えば「郵便」の受け取りなどで「親と同居していて知られたくない」などであり、特別送達は「指定場所」での受け取りが原則(本人が集配局で受け取る事は可能だが、身分証との住所記載が異なることでトラブルの原因となる)のため、特に事情を知る協力者がいない以上困難といえます。

また「過払い返還請求」は人に勧められて行うというものではないと言うのが自分の考えです
もちろん、そうした方法が有る事を知らせる役割というのは大切ですし、初めてでわからないことを教えて行くのは責務とも思います。

しかし自身で「過払い請求とは?」ということを深く考えずに、単に「お金が返ってくるから」で取り組んでも結局はタダの臨時収入程度の感覚で浪費してしまうことでしょう。

ただでさえ過払いがあるということは、過去に自身の収入を上回る浪費をしてきたことの証左でもあります。

借金が有ったことを真摯に反省し、次への取り組みを考えるためにも、まずはご貴殿のブログを紹介し、本などで過払い請求を勉強した上でなおも実務的に不明な点は最大限協力するという姿勢で取り組んでいます。

明日は、職場の元同僚の女性が過払い請求のための履歴を武富士に請求し、支店窓口にて準備しておくとされた期日ですので、久々に「引き直し計算」が楽しめます。
ヤマト 2007/07/12(Thu)21:41:38 編集
» Re:過払い請求を手伝う難しさ
ヤマトさん、こんばんは。
ヤマトさんの協力している方は幸せですね。
借金というのは、そのほとんどの場合は自分自身の意思でした事だと思いますので、やはり過払い請求を行なってお金を取り返す事が出来ても、過払い金を取り返したという行為を、その後の人生の糧にする事が出来るかどうかと言うは、その人のお金に対する考え方がいかに変わるかが重要な部分だと私も思っています。
やはり本人の反省とやる気がないと過払い請求を人に勧めるのは難しいですね。
久々の引き直し計算、頑張って下さいね。
2007/07/13 00:15
» クオークローンから答弁書が来ました
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

クオークローンから答弁書が届きました。
要約した内容をお伝えします(カッコ内はヤマト流解釈)

請求の趣旨に対する答弁。

1.原告の請求を棄却する。
2.訴訟費用は原告の負担。

請求の原因に対する認否

1.被告を悪意の受益者とするのは認められない。
2.過払い金に対する利息は認められない。
3.原告作成の計算書には一部誤りがあり認められない。(自分の単純ミスです)

クオークローンの主張

原告は過払い発生時より法定利息を付しているが、43条の立証ができないことが悪意の受益者というなら出資法という法律が存在する因果関係を踏まえて理論として乱暴すぎ技巧的である。

取引において利息制限法による弁済の主張がなければ(あのぅ他社完済時に何度も要求してますけど)、当初の契約に基づいたみなし弁済による取引が行われているのが通常であり、平時の状況下に於いてはみなし弁済による取引が継続していると理解するのが当然である。

そのため、利息制限法による引き直し計算は紛争が発生した時点に初めて行い、その結果として過払い金額を認識するのであり、過払い金発生当時にその事実を認識した事実もなく、その必要性もなかったのであるから、本件紛争の起算は訴状の受理をした日でなければならない。
本件紛争が発生していない時点に遡り利息を付加し請求することは不当と考える。

(中略)

特段の主張として裁判の長期化も判決も望まない。原告が応じるのであれば以下の条件で調停もしくは決定を求める。(争っても勝つ見込みはないからちょっとくらい勉強して下さいってこと?)

仮に結果的に悪意の受益者であると判断されても、その金利相当額は紛争認識後に発生するものであり平成19年8月○日限り元金○○円、及び提訴から支払期日に至るまでの法定利息◎円を付加し支払う。

(以下略)


な~んだ、要は金利分を勉強するなら和解に応じるよ!って内容じゃないか?
でも訴訟前の交渉から含めて「提訴前、或いは期日前までに和解に応じるなら」として金利分の譲歩は繰り返し伝えて来たのになんでここまで来ちゃったのでしょうね?

当初請求から(計算ミス補正後・過払いに対する金利含む)の譲歩額は66150円であり、比率に直すと10%少々の金額です。

元々、金利分については「余禄」という考えでもあり、現状の住宅ローン金利の3倍あまりの金額は少々欲張りすぎとも思いますし、住宅取得のため「寝かした」期間もありますので、なにがなんでもという思いはありません。

結論から言えば「和解します」
これで手元の案件はすべて終了になります。

最後にテロップ・・・・

訴訟前解決

アエル(元金の8割・利息なし)
オリコ(推定のため不明も元金プラスアルファ)

提訴後期日前和解

アイフル(時効主張分と利息を相殺・ほぼ元金)
アコム(元金+満5・ただし訴訟費用負担)

提訴後、和解に代わる決定?

クオークローン(元金+少々の金利相当額)

以上でヤマトが自身の手で行った不当利得返還請求は終了します。残るは弁護士依頼の地裁案件、合計6615000円余り(利息含む)

ココまでの戦績
5戦5勝
請求額(利息含む)に対する勝率
8割1分7厘
満足度
8割(理由・アエルに譲歩しすぎたかな?)
ヤマト 2007/07/12(Thu)22:38:01 編集
» Re:クオークローンから答弁書が来ました
ヤマトさん、こんばんわ。
取り敢えず、クオークローンも終了と言う事で…
お疲れ様です!
しかし、面白い答弁書ですね(笑)
金利分を少し負けてくれ以外には何をどう立証できるのか突っ込みどころ満載ですね。
まずは最高裁のシティズ判決から声に出して10回程読んでから答弁書を作成してほしいですね。
みなし弁済の立証と悪意の受益者の結び付け方が強引ですね。
みなし弁済が立証出来ない=悪意の受益者では無いですからね、技巧的に作ったつもりなんでしょうが、結論は判決は望まないですか、大したもんですね。
まあ、ヤマトさんとしては本人の譲歩出来る金額での和解と言う事で良かったですね。
クオークローンも初めから和解の選択をすれば良かったのに、何故なんでしょうね?やっぱり少しでも減額を狙ってですかね?
でもヤマトさんの場合は提訴前にも減額の意向は伝えてますよね?
社内稟議の問題ですかね?
考えても仕方が無いので、お疲れ様でした!
後は大きな案件が残っていますね、弁護士さんには必死になって頑張って頂かないといけませんね。
2007/07/13 00:43
» こちらにもお邪魔します
ルパンさん、こんばんわ。
先ほど、別のところでコメントさせて頂きましたが、同感だと思ったのでまたお邪魔しましたm(__)m
私はルパンさんの過払いブログを拝見して過払いを個人でしようと決意した一人です。きっかけであり、今では教科書です。いまだに借金があるので本は買いませんでした。過払いWikiと平行して全てネットで調べています。ルパンさんのこのブログに出会っていなかったら、過払い請求はしていなかったかもしれない、と思います。
主人の独身時代のもので、やはり自信がなかったし、弱気になったこともありました。でもやっぱり現状打破するには自分しか頑張れないんだ!と発起して、今に至ります。結局はやる気が全てのような気がします。実際、主人はパソコンが苦手ということもあるのでしょうが、調べたりしませんし、全て私任せです。『借りた手前、自業自得だから』といった気持ちとやはり自信がないと言います。
でも…借りたからこそ、きっちり払いすぎた分は取り返していいんじゃないか?いやそうすべき!!と私は思います。借金するには色んな理由があって、みなさんそれぞれですが、立場が弱いわけではない、消費者としてきちんとした権利を守られるはずが、業者側が甘い汁を吸いすぎていると感じます。
まずは自分たちの生活の為に過払い請求をすることになりましたが、もう一つ、私たちの行動がのちにつながるんだ、という気さえ最近はしています。それが大したことではないかもしれないけど、小さいことの積み重ねが何か良い方向に向く一つになれればなぁ、なんて思いました。
hiro 2007/07/12(Thu)22:53:32 編集
» Re:こちらにもお邪魔します
hiroさん、こんばんわ。
熱いコメントありがとうございます。
hiroさんのご主人のような人って結構多いんですよ、「自分がした事だからしょうがない…」「大手の消費者金融と訴訟なんてしたくない…」「返済が終わったから、もう消費者金融とは係わりたくない…」
そういった人の返答は、こんな感じが代表的ですね。
言ってる事は私にも理解出来ますし、過払い請求をするしないは個人の自由なので強制も出来ません。
私が最近思っているのは、現在の過払い金返還請求というのは砂上の楼閣のような物かも知れないと言う事です。
過払い金返還の趣旨が弱者(消費者)の保護である事は理解出来ますよね?
ただ、この流れはいつ変わるか分からない物であると私自身は考えています。
消費者保護から企業保護に風向きが変わってしまう事も考えられますからね。早い者勝ちという訳ではないですが、やはり時代の流れと言うのは存在していると思います。
現に私が過払い金請求を始めた頃よりも、良くなっている部分もあれば、難しくなっている部分もありますから、今後の展開は誰にも分からないのですから、今自分が出来る事をいかに出来るかという事が重要だと思います。
長くなってすいませんが、私のこの過払いブログを見た事が過払い金請求をするきっかけになったという言葉を頂くのが私はスゴク嬉しいです。
私のブログは専門的な知識や法解釈などもまるで素人ですが、過払いと言う存在を知って貰って、そのきっかけにさえなってくれたら、それで私は満足です。
専門的な事は後からいくらでも調べられますから、まずは過払いという物の存在を知って貰えたら私のブログの趣旨としては十分だと思います。
長文、自己主張ゴメンナサイ。
hiroさん、その熱い気持ちで頑張って下さいね。
2007/07/13 03:06
» 無題
長く熱く納得なコメント、ありがとうございましたm(__)m
ルパンさんは本当に素人だったの?っていうくらい勉強なさったんでしょうね、豊富な知識と素人だったからこそ、初心者の方が分かりやすい内容になっているんだと思います。実際、私が過払いという言葉を知って、初めて出会って勉強したのがこのブログでしたので。(おかげ様で少しずつ知識が身についてきていると思います)
いろんな方々の意見を見聞するのも、自分の知恵の糧になります。自分の考えのみだと突っ走る傾向にあるので(^_^;) 『今、自分にできること』大事ですね、悔いないように取り組んでいきます!この際、主人の代わりに法廷に立とうかな…
あっ、請書、必要ですよ~送達費用もちろんもったいないですもん(:_;) 電話ないんだとあきらめていました。早速明日、裁判所に聞いてみようと思います!
hiro 2007/07/13(Fri)02:42:48 編集
» Re:無題
hiroさん、私はまったく大した知識などないですよ。
ただ「過払い」と言う言葉を偶然にも知ってからは、過払い金請求について自分なりに必死になって調べたり学んだりはしました。
まぁ、これは自分の為にする事ですから、当たり前の事って言えば当たり前なんですがね(笑)
個人訴訟で過払い金請求をしている間は色々と情報や知識を得ようと努力はしていましたが、過払い請求もほとんどが終了してしまいますとダメですね、今は現役で過払い金請求の現場に立って戦っている皆さんの方が詳しい事が多いと思います。
hiroさんも今後の過払い金請求の過程で学んだ事を、後に続く人達に伝えられるように頑張って下さいね。
2007/07/13 19:58
» 無題
こんにちはルパンさん。コメントでモンキーさんが言っていることについてですが先ほど和解交渉しているCFJの担当が行っていました。争点は利息を付す始期だそうです(間違ってたらごめんなさい)

過払い金が発生した時からか請求を受けた日からなのかということです。

後者のほうであれば請求している皆(私も)にとって大打撃ですのでとても気にしています。
nanaiti URL 2007/07/13(Fri)11:09:33 編集
» Re:無題
nanaitiさん、こんばんは。
やっぱり、7.17はCFJでしたか。
過払い金に対する利息の発生する時期、興味深い判決になりそうですね。
最高裁の判断で、今後の過払い金請求の流れが、また変わってきますからね。
ぜひ我々請求者にとって良い判断がされると良いですね。
交渉、頑張って下さいね。
2007/07/13 20:04
» プロ・アコ途中報告
こんにちは ルパンさん

今週火曜に受け取ってきた取引明細を元に引き直し計算を行いました。
・プロ:過払い40万弱
・アコ:過払い400万越え(・・;)

そして、プロ分は7/12に簡裁へ提訴、アコ分は本日請求書と計算書を同封して書留で郵送しました。
いよいよ相手側への一歩を踏み出した感じです。

プロ分の訴状を提出した際に、私が行った簡裁では計算書は別紙扱いにしてくれと言われました。1回目は1ヶ月~1ヶ月半後くらいとの事です。

アコ分は予想以上の金額となってしまって、正直戸惑いもあります。昭和59年(フルw)~平成17年までの取引ってのもありますが、引き直し計算をしてみて、3年後には過払いが発生してたんですよね~
実際過払いが200万前後だろうと思っていたので、電話してみて提訴の流れにしようかと思っていたのですが、額が大きくなってしまったのでとりあえず書面にて送りました。請求書にはお決まりの
 ・14日以内に振り込め
 ・14日以内になんら連絡が無い場合は誠意が無いものとみなし、提訴
 ・提訴した場合は一切減額には応じない
との文言を付けて見ました。

あと引き直し計算してみるとわかるのですが、過払いが発生すると皿側も増枠してきますね。これは皿側も過払いって認識があるって事ですよね?

ところで、私もルパンさんのコメント同様に「時代の流れ」ってのを危惧してます。ですが、こればかりは逆らいようは無いですし、それまでに出来る事を最大限やるしかないですね・・・(早いもの勝ちの感はありますが・・・)

では、又動きがあったら報告にあがります~(´∇`)

Nana 2007/07/13(Fri)12:27:51 編集
» Re:プロ・アコ途中報告
Nanaさん、こんばんは。
アコムが巨額ですね…
ずいぶん頑張って来られたんでしょうね?
私も過払い金請求の流れについては結構考えていますが、すぐにこの流れが変わるとは思えませんが、いくつかの裁判例などによって少しずつでも難易度が高くなってしまう恐れはありますからね。
現在も色々なところで金融業者も必死になって抵抗している部分もありますので、私たちも負けずに闘って過払い金を取り返しましょう。
そのアコムは私なら即提訴していますね…
その金額をアコムが提訴前に和解するとは思えません。
でも万が一にも提訴前に和解出来たら良いですね。
プロミスに対しての訴訟も含めて頑張って下さいね。
新たな報告お待ちしています。
2007/07/13 20:13
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]