忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

昨日の丸井の過払い請求に対する対応の続きです(・∀・)ノ

昨日も書きましたが、丸井への過払い金返還請求訴訟はその金額から簡裁において行なわれる事がほとんどだと思います(これが前提条件です)(。・ω・)ノ

ここからがポイントです、丸井は支払いをしたという証拠があれば基本的には、その支払いに対する過払い金の返還には応じます。
しかし、古くから丸井との取引がある人で、全てを銀行引落としで支払っていて、またその通帳を全て保管している人はどれだけいることでしょう?それに丸井は店頭での返済が出来るので、俺のように自転車漕いでた場合は店頭で返済して、その日のうちにまた借入枠を作って貰うような事をしていた人は、金を借りれた安心感で領収書などは帰ったら家のゴミ箱行きだったと思います(;´Д`)

簡単に言うと丸井から完全に正確な金額の過払い金を取り返すためには、丸井のカードを使った際の領収書や請求書等の書類と銀行の通帳を全部保存していないと、丸井に対する正確な過払い金額は出ません、つまりほぼ不可能という事です( -д-)

それに丸井は銀行の引落としという証拠だけでは、「物品購入の支払いかも知れないから、貸金の返済である事は原告にて立証すべきである」と言う主張をしてきます。
これに関しては確かに貸金の返済であると主張する以上こちらに立証責任が有るのは理解出来ますが、そんな事が出来るくらいなら誰も苦労はしません(´д`;)

丸井への過払い金返還請求訴訟において1番の争点になってくるのが、丸井がリボ払いを採用する前の取引が、個別契約であるのか?一連の取引であるのか?という事であると思います
これについいては不思議な事に丸井の個別契約の主張はいくつかの地裁や高裁で認められています。
俺も丸井から出された書証で見ただけなのですが、1枚のカードを使って継続的に借入や返済を行なっているのに個別契約なんだそうです、俺にはまるで理解出来ませんでした(*`Д')

現在、大地の会という団体が、丸井に対して過払い金の返還と取引履歴の開示を求めて、東京地裁で集団訴訟を行なっていますが、これの結果によっては丸井に対する過払い金返還請求のあり方も大きく変わってくるかも知れません。
しかし、まだ地裁ですから、へたしたら最高裁に行く事を考えると結果が出るのは何年先になるやら予想も出来ません、この個別契約に関しては丸井の過払い金返還の対応の生命線ですからトコトン争って来ると思われますので…

以上のように(なかなか上手く説明出来ませんでしたが)現在の状況としては、丸井への過払い金請求は、こちらに余程の証拠が無い限り、かなり不利な状況で争わねばなりません。
ただ、俺のケースのようにある程度の返済の証拠等があれば、丸井が行なってくる推定計算での過払い金の金額は自分が納得出来る範囲の場合もあるとは思います。
これに関しても全てのケースに当てはまるのかどうかは分かりませんが(´・ω・`)

俺は丸井への過払い金返還請求訴訟を和解と言う形で終了させてしまったので、これ以上の事は分かりません。
ただ、他の金融会社などに比べても、丸井に対する過払い請求の情報というのは極端に少ない物であると俺は思いました。

これから丸井に対して過払い金返還請求を行なう皆さんへ
参考になるかは分かりませんが、基本的にはこのような実情になっています。
丸井に対する過払い金返還請求訴訟は色々と苦労する訴訟になるとは思いますが、頑張って丸井から自分の納得出来る金額の過払い金を取り返して下さい(`・ω・´)ノ

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました

丸井への過払い金返還請求を行なって思った事( -д-)

俺が丸井という会社に対して過払い金返還請求訴訟を行なってきた約半年間、和解という解決をするその間に色々と思った事や経験してきた事などについて,2回に分けて書いてみたいと思います(。・ω・)ノ

まず前提条件として、丸井が全ての履歴を開示している状態の人(つまりは丸井との取引がそれ程の長期間ではない人)は、丸井は開示している履歴の利息無しの過払い金満額でしたら訴訟を起こさなくても,
丸井は基本的に素直に過払い金の返還に応じます。
取引が短くても過払い金に対する利息を含めて返還を求める場合は訴訟を起こさないと難しいでしょう。
それでもその場合、その過払い金返還請求訴訟で負ける事などまず無いでしょう、負ける要素がほとんど何もありませんから(・∀・)

ここで問題になってくるのは、丸井との取引期間が長期間に亘っていて丸井との取引内容を自分で立証する事が難しい人です。
丸井はある時期以前の取引履歴に関しては自社の都合によって廃棄したと主張し、ほぼ絶対に開示してきません、少なくとも俺の場合はそうでしたし、開示したとか言う噂は聞いた事があっても、その資料を1度も見た事はありません(`ε´)

ココからが重要です(*・ω・)ノ
俺の感想としては、丸井の過払い金返還に対する対応や環境は本当に上手く出来ています。
この状況になる事を昔から予測していて、このようになるようにしていたのなら、それを考えた人は天才だと思いますよ。
まず、丸井は基本的に貸付限度額の設定が低いので過払い金が発生していても、地裁案件になる事が少なく丸井に対するほとんどの場合の過払い金返還請求訴訟は簡裁案件です、これも丸井に対して有利になっていると俺は思いました、簡裁において文書提出命令が出される事はまずありませんし、不思議な事に丸井に対して文書提出命令が出され、真実擬制になったという最終的な裁判例は俺は聞いた事がありません(これについては簡裁や地裁で文書提出命令が出されても丸井は控訴しています)

そして簡裁は基本的に判決での過払い金返還請求訴訟の解決を嫌います。
「裁判所、そして裁判官の仕事とは何だと思ってる?」と聞いてみたいくらい判決を出したがりません( ・Д・)
まぁ、確かに民事訴訟の解決は和解が基本前提だと言われてしまえば、それも納得せざるを得ない部分もあるのですが、簡裁で判決を貰うための苦労は地裁で判決を貰うのとは比べ物にならないでしょう。
だから丸井に対しての過払い金返還請求訴訟の上で周りの雑音を少なくして戦うためには、最低でも司法委員のいない地裁に上がる事が重要になってきます。
つまり簡裁で判決を出して貰った上に、さらに控訴するという事です、これも1つの大きな壁になっていると思います(´・ω・`)

それから丸井は基本的に簡裁でも提訴後の第一回口頭弁論の時から訴訟代理人の弁護士と担当者が出廷してきます、これは俺のケースなので絶対にそうだとは言い切れませんが、他の金融会社と比べると訴訟における裁判所への心証はこの行為によって比較的良く見える事でしょう、確かに弁護士費用は掛かるでしょうが丸井の行なっている履歴の廃棄という行為を正当化させ過払い金の返還総額を減らすためには大した金額では無いのかも知れません( -д-)
丸井という会社の過払い金返還に対する対応は、提訴前と提訴後では確かにかなりの違いが有りました。
全部の履歴が開示されていない人にとっては、ここからがやっと丸井への過払い金請求の本番になってくる事だと思います。
次回(・◇・)その2へ続きます。

<<前へ  次へ>>



人気blogランキングに参加しました

昨日、丸井相手の過払い金返還請求訴訟が終わりました

結論から先に書いてしまうと、すいません和解してしまいました…(´・ω・`)
判決を貰うとこの過払いブログに何度か書いていたのですが、いくつかの理由と事情により、訴額から2万数千円減という金額で和解という選択をしてしまいました(;´Д`)

大きな理由としてはいくつかあるのですが

1.丸井側が取引の推定計算の再現に非常に真摯な対応で協力的だった事。
2.その推定計算で出された金額が、俺の差額と近いものであった事。
3.俺の方が、これ以上の推定計算に必要な書証を出すのが極めて困難であった事。

1については、「丸井は実は全部の履歴持ってんじゃねえのかよ」というくらい協力的でした、推定計算の方法も現段階では文句を言い辛いレベルでした。
2については、俺の当初の訴額と丸井の推定計算で出した金額が3万も違いませんでした、これを否定してそのまま訴訟を継続していくと言う判断は、少し現実離れをしているように思えたので今回このような判断をしました。
3については、一番重要な理由の一つになるのですが、俺自身が今回の訴訟に出した書証は、引落とし銀行の通帳の一部、調査嘱託によって開示された一部の銀行履歴、カードの申込書、その他は文提関連の裁判例くらいでした。
正直言って、俺の場合丸井の店頭での支払いってのが結構多かったんです。
何しろ、これが無いと言うのが一番痛い問題でした(-д-)

後は簡裁独自の和解しなさい攻撃にも軽くやられはしたのですが、結果自分としては納得度としてはあまり高くはないのですが、様々な要素を含めて考えたら、これで正解だったと思う事にします(。・ω・)

ただ、この丸井相手の過払い金返還請求訴訟を行なってみて、丸井の過払い金返還の対応と言うものの仕組みが大まかにですが見えたような気がするので、明日以降に、俺の経験を基にした上で丸井に対する過払い金請求の色々と細かい部分を解説してみたいと思います( ・Д・)ノ

それも含めて読んでもらうと、今回の俺の判断の理由も少しは理解して貰えるかなぁ、と思います。
言い訳っぽくて、すいません…
結局最後まで戦えませんでした、後に続く皆さんに申し訳なく思います(´・ω・`)
簡裁での過払い金請求は難しい…

<<前へ  次へ>>



人気blogランキングに参加しました
HOMENext ≫
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]