忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
不当利得金返還請求訴訟主な争点(・∀・)ノ

訴訟上の主な争点の解説

みなし弁済
利息制限法の上限利率を超過する利息契約は、利息制限法が強行法規であるため無効だが、貸金業規制法43条では、この利息制限法超過利息であっても、債務者が任意に利息として支払った場合は有効な利息の弁済とみなすと定めてる。
最高裁判決にて、貸金業規制法の第17条及び第18条規定の業者発行書面の記載事項や発行時期等に対して、多くの要件を満たしていない場合や、契約書に期限の利益の喪失の条項が記載されている場合には、任意の返済にはあたらないと認定されたため、現在は訴訟上でみなし弁済の成立を主張する業者はあまりいない、アイフル等は未だに主張してくるが、立証はしない(出来ない)

悪意の受益者
民法704条所定の悪意の受益者、その法律を理解していた上で行為を行い不当に利益を得ていた者の事、一般に使用される悪意とは異なる。
簡単に説明すると、悪意=知っていて行為を行う。善意=知らずに行為を行う。
現在、訴訟上で争われる事も多いし、業者も認めたがらないが、金融業者が貸金業の登録業者である以上、貸金業規制法の内容は熟知していて当然、という事で判決においては、ほぼ否認される事はない。
ちなみに過払い金に利息を付けて請求出来るのは、金融業者が悪意の受益者であるという主張が必要、この主張をしないと利息は請求出来ない。
ほとんどの業者は悪意の受益者ではないと主張して来るが、みなし弁済が認められない現状では、貸金業登録業者が貸金業規制法を熟知せずに金銭の貸付を行っているはずは無いので被告は悪意の受益者であると主張しておけば十分足りる。

過払い利息
つい先日までは、商事利率の年6分と民事利率の5分で過払い金返還訴訟の大きな争点の1つだったが、平成19年2月13日の最高裁判決により、商事利率の6分を求めて争う事が難しくなって来た、6分以上の過払い利息を求めて争うなら、不当利得金返還請求権の最高裁判決の趣旨である、両者間の格差の公平を保つ等を主張し、今迄とは違う争点を作って争って行かないと厳しい、それでも厳しいとは思うが・・・主張をするのは個人の自由。
ただし、先の判決によって民事利率の年5分の利息を請求するのは、断然容易になったと考えられる。
ただし相手の悪意が認められなければ、過払い金に対する利息は請求出来ないので注意。

履歴の一部不開示(全部不開示)
貸金業登録業者に取引履歴の保存を義務づけている期間は、貸金業規制法の3年と商法の10年の2つの期間がありますが、これは取引の終了(契約の終了)から起算される期間です。
金融業者によっては、10年以上前の履歴は廃棄していて存在しないとか、ヒドイ業者になると3年以上前の履歴を開示する義務は無いなどとアホな主張する事もあるらしいが、解約の合意がなされてない以上は契約中であって、履歴の保存期間の適用を受けるはずがないので、10年前や3年前と期間を決めて履歴を廃棄した等の主張は法的に考えて、不当な主張であると思われる。
(レイク・アイフル・三和・エイワ・丸井・セゾン・オリコ・ニコスや、その他のクレカ系を相手にした案件に多い争点の1つ)

推定計算残高0計算
上記の取引履歴の一部不開示(全部不開示)によって使用される、利息制限法による引直し計算書の計算方法で、訴訟上においては、かなり争う事になる部分である。
推定計算の場合は、主張しているこちら側に立証責任が生じるので、その推定の期間に取引のあった事を証明出来るものがなく、相手にその期間は取引がなかったという事の証明を求めるのは、悪魔の証明をしいる事になるので、こちらに何らかの証拠になるもの「領収書や取引に使っていた銀行の通帳等」がないと主張が認められる可能性は低い。残高0計算の場合は、履歴を提出しない相手側に立証責任が生じるので、認められる事が多い。
基本的に、開示された履歴の最初に記載されている借入残高が高額で取引履歴の開示されてない期間が短い場合は残高0計算がお得であり、初回の借入残高が小額で開示されてない期間が長い場合は推定計算をしないと損になる。
・推定計算=自分の手持ちの書証等から取引のあった期間や金額を推定して引き直し計算書を作成し提訴する方法。
・残高0計算=業者から開示された履歴が取引の途中から始まっている場合、その最初に残っている借入残の金額を無かった物として借入残高を0にして、借入からじゃなく、返済から計算書を作成していく方法。
GEコンシュ−マ−、丸井、三和、ニコス、セゾン、オリコ等の業者と取引が10年以上前からある場合に争われる事が多い。

引き直し後の利率(15%・18%)
取引履歴の利息制限法の利率による引き直しをする時に、借入残高100万以上の利率15%を採用するのは、利息制限法の利率で引き直し後の残高か、額限度額の借入残高か、それとも契約書の極度額による金額なのかという、現在とても争われる事の多い事の1つ。
最高裁による判例はまだ無いので、個々の下級審によっても判断は分かれているが、利息制限法第1条1項の元本の指すものを考えると、利息制限法の利率による引き直し後の残高を指すものであろうと考えるのが妥当であると判断されることが多いため、限度額や極度額による引き直し利率15%の主張には、それ相当の判例と法的根拠を持って臨まないと苦戦すると思われる。
ただし訴訟外の和解の場合は限度額が100万になった時点から、引直し利率を15%での計算をした請求が認められる事も多い。

一連一体充当相殺
基本契約(包括契約)とは決められた極度額の中で借入返済を繰り返す契約のことで、一度完済解約して、何年かして借入が必要になったため新たに基本契約(包括契約)を結び、借り入れた債務に対して先の借入の過払い金は当然充当は認められないという事が、先日の最高裁の判決により相手業者から主張されやすくなった。
しかしこれは当然予測し得る将来の貸付という、特段の事情であるとの主張は出来るが、認められない恐れもあるため、相殺の主張が必要になってくる、今迄のように当然充当の主張だけでは厳しい場合がある。
相殺(民法505条) 相殺は、訴訟上で、相殺したとの主張が必要、例えば「先の取引契約Aの返済で生じた過払い金を、後の取引契約Bの元本に相殺した」等のように訴訟上でこちらから主張しなければ、認められる事はない。
クレジットカードの取引などで、キャッシング等の貸金取引において発生した過払い金をショッピングの支払い残金の相殺等で争われるケースもあります。
最近、最も多い争点の1つで、途中で完済があり空白期間があると、契約の分断やそれに対する消滅時効の援用などを主張する業者も増え、訴訟が長期化する案件が増えて来ている。

時効の援用
不当利得金返還請求権は民事債権であり、民法上の時効は最終取引日から10年である。
10年以上前に、完済や増枠で契約の切替などがあると、一連の契約が継続しているにも関わらずに、10年以上前の貸付に対して、時効の援用を主張してくる業者も存在する。
増枠や更新等の契約書の書き換えが10年以上前に存在すると、別個の契約としてそれ以前の契約で発生した過払い金の時効を主張してくる業者もあるようだが、基本的に、一連の基本契約(包括契約)として主張すれば認められることが多い。

信用情報への事故情報の記載(残債ありの場合)
基本的に、借入残の残った状態で過払い請求を行うと、信用情報機関に債務整理の記載をされる事が多い、これは業者との契約上と違う形で債務の返済に至ったために、こう解釈される物と思われる。業者によっては、この登録をしないところもあるが、現在で確実にこれを回避するには、過払い金の返還請求をする業者の債務を完済・解約する事。和解条件の中に、この信用情報に債務整理の記載をしないという項目を入れるように交渉は出来るが確実ではないし、難しい。
信用情報に記載しない事を訴訟で争うなら、訴額+160万の訴額にして地裁で争う事になる(金額に換算出来ないものは訴額+160万円という扱いになる)
詳しくは信用情報についても読んでみてください。
なお利息制限法で引き直し計算をしても債務が残る場合は、過払い金返還請求ではなく、特定調停という方法で借入債務を減額する事が出来ます。

注・上記に記載したものは、あくまで管理人の個人的な見解ですので、内容に対する責任は負えません(・A・)ノ


クレディア の詳細
株式会社クレディア 
代表者 代表取締役社長 石尾 頼央
住所 静岡県静岡市駿河区南町10-5
TEL 054-202-1111(代表)
登録番号:
東海財務局長(8)第00040号
日本消費者金融協会(JCFA)会員(46002)

個人情報開示開示担当
住所 〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2-6-8TOKAIビル5F
株式会社クレディア サービスセンター
TEL 0120-001020

加盟団体
全国各都道府県貸金業協会
日本消費者金融協会(JCFA)

加盟信用情報機関
全国銀行個人情報センター
全国信用情報センター連合会
株式会社シーシービー
株式会社シー・アイ・シー
株式会社テラネット
 
営業店舗 全国182店舗

関係会社
有限会社サンフレックス
株式会社ビブレックス
株式会社アプリス
株式会社プリーバ
SBI債権回収サービス株式会社
株式会社メディファンス
PR

人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 教えてください
はじめまして。突然ですが、私はニコス(地裁案件)を相手に訴訟中の者です。実は本日2回目の期日で出廷してきたのですが・・その場で手にした準備書面(1)に
①約定利率は年15%で利息制限法の範囲内であ  り、過払金が発生する余地はない。
②取引履歴一部不開示のため残高ゼロ計算したこと に対し、残元金が0であることを原告は具体的に 主張・立証しなければならない。
③被告は過払金の発生を認識しておらず、悪意の受 益者には該当しない。よって不当利得金の発生時 からの利息の返還義務を負わない。
と書かれているのですが・・・
①については、次回期日までに被告は契約書を提出することになりましたが、②③に対してはどのように対処すれば良いのでしょうか?
乱文のため理解しにくいでしょうが、よろしくお願いします。
ひろ 2008/02/07(Thu)17:01:36 編集
» Re:教えてください
ひろさん、はじめまして、おはようございます。
ニコスですか、最近ニコスは過払い金返還にだいぶ柔軟になってきていると思っていたのですが、履歴不開示の残高0計算での提訴だとそんな主張をしてくるんですね…
まず②についてですが、残元金が0である事を原告が具体的に立証する必要性は無いでしょう、残高0計算の場合は、不開示部分の履歴を提出しない相手側に立証責任が生じるので、開示された履歴が返済から始まっている物であるなら被告が全ての履歴開示を行わないため止む無く行なったものであるため、逆に被告に対して履歴を開示し残高が0出なかった事の立証を求めれば良いと思いますよ。
ひろさんが開示された履歴以前にもニコスとの取引が有ったという事は返済から始まっている履歴があるならばそれだけで取引の存在は証明されますから後はニコスの問題だと思いますよ。
残高0計算を認めた裁判例は結構あるので、兵庫弁護士会の判例検索で「残高0計算」などで検索して裁判例を調べてみるとより具体的な主張の仕方などが分かると思いますよ。
それから③に関しては今時の過払い金返還請求においては問題外の主張なので、平成19年7月13日の最高裁判決を引用して、そのクダラナイ主張は蹴散らしてあげて下さい。
まぁ、残高0計算については被告が履歴開示を拒むのであるなら文提の申立を行なって、最終的には真実擬制を貰えるまで争うかその前に納得出来る範囲の和解を行うかというのは微妙な判断になると思います、残高0計算で被告が必死に反論してくる場合は実際の過払い金と訴額が大きく掛け離れている場合が多いと思いますので大変揉める可能性が大きいですからね。
色々と大変だとは思いますが現実的には全ての取引履歴を開示しないニコスが悪いと私は思いますので頑張って下さいね(ただ推定される過払い金の金額と残高0計算による訴額があまりにも掛け離れているようだと、判事の心象はあまり良くないと思いますのでその点だけは注意して下さいね。)
2008/02/08 09:49
» 充当について、教えてください
はじめまして。現在アコムと裁判中の者ですが、訴状の書き方が悪かったのか、事務官に訂正され、過払い金の元本充当しない計算で提訴しており、現在第二回口頭弁論に向けて、このサイトで勉強させて頂いております。
何度か数日から半年程の中断期間があり、一連の取引が認められないと、古い契約は時効が成立してしまいます。
この場合、過払い金の元本充当を主張しなかった=
一連の取引では無いと自ら認めてしまった事になるのでしょうか?
第一回口頭弁論のサラ金側の犠牲陳述では、具体的な主張は何も無かったです。
充当するしないの意味を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。
男爵イモ 2008/02/09(Sat)15:05:27 編集
» Re:充当について、教えてください
男爵イモさん、はじめまして。
微妙な状況ですね…
充当するしないの意味ですか…これはまた難しい質問ですね。
言葉の通りだけで言えば、発生した過払い金を次回の借入金に充当するかしないかの違いという事になりますが、男爵イモさんの聞いている事はそういう事では無いようですしね。
ようは充当をしない計算で提訴してしまった事が今後の訴訟のおいて不利になるかどうか?という事ですよね?
どういった経緯でそうなってしまったのかがよく分からないのですが、訴えの変更を行って過払い金を充当する計算での訴額に変更する事は出来ないのでしょうか?
また、充当計算をしないからといって一連性を自ら否認している事にはならないと思いますし、充当が認められなくとも相殺敵状時に遡っての相殺のい主張を行なう事が出来ますよね(これは認められれば充当とほぼ同じ計算結果になります、ただ認められるかは充当よりも主張内容が困難になる可能性がありますので通常は充当が認められない場合の予備的主張に使用しますね)
ですから、出来る事なら過払い金を充当する計算にした計算書での訴額に訴えを変更するのがベストかなぁとは思うのですが、それが何かしらの理由で困難な場合でも、空白期間が数日から半年程でその間に解約が無いのであるなら取引の一連性に問題は無いと思いますけど。
相手からその部分に関しての主張が無いという事は一連性については今の所争う余地は無いと考えておけば良いのではないですかね。
やはり出来る事ならば、訴えの変更を行う事をお勧めします、これの根拠については法・最高裁判決のどちらからでも根拠を求める事は出来ますし何の問題も無いと私は思うのですが…
上記の説明で何か分かり辛い部分や男爵イモさんの細かい部分での状況説明などありましたら、またコメントして下さいね。
では何とか良い状況に出来るよう、頑張って下さいね。
2008/02/10 02:15
» 充当について2
男爵イモです。アドバイスありがとうございます。
もう少し具体的な説明をさせて頂きます。
充当しない計算をしたのは、私の無知による所が大きいです。訴状を書くのに内容を理解しないままネットの雛形を利用したのが原因だと思います。
簡裁に訴状を提出する時に、2種類の訴状と計算書(充当するのとしないのと)を持っていきました。
どちらも完璧な訴状では無かった為、事務官に訂正して頂いたのですが、文面が合うのが充当しないタイプの訴状だったのだと思います。それでも日付や
金額の訂正が10箇所位で出ました。その段階で充当する訴状の訂正の仕方を教えてほしいとは、厚かまし過ぎて言い出せなかったです。
また提訴前にアコムと電話で話しましたが、中断時効の主張も有り、私の計算額と違うと言っていましたのでそちら側は私の過払い金がいくらあるのか聞いてみると、言ってきた額が私の訴状に書いた額と
ピッタリ一致しました。
その事から中断時効を争わないものと考え、充当しない計算の方がスムーズに和解交渉が進むものだと考えていましたが、和解交渉すら出来ない状況になりましたので判決での決着に備えて勉強しないと不利になりそうです。
アコム側は引き伸ばし作戦に出ているような印象を持ってますので、中断時効に関しても想定した準備をして裁判に臨もうと思い相談させて頂きました。
まだ具体的な主張は無いですが、中断時効が争点にしてくるのならば、訴えの変更も考えております。
なお和解交渉が出来ない理由は、消滅時効直前に提訴した為、提訴後電話した所、私との取引の形跡は無い(10年が過ぎたのでデータ削除した)と言ってます。過去に交渉した担当者に繋いでもらっても、私の状況が分からないみたいで、裁判でとの事です。
ルパン様や他のみなさまにはお手数お掛けしますが、何卒ご指導の程宜しくお願いいたします。

男爵イモ 2008/02/10(Sun)11:42:53 編集
» Re:充当について2
男爵イモさん、おはようございます。
消滅時効直前に提訴という事は時効にはなっていないんですよね?
時効になっていないなら時効の問題を持ち出しているアコムがおかしいですよね、あくまでこちらの主張としては最終取引から10年経過していない限りは過払い金返還請求件は時効消滅しないという物になるでしょうからね。
やはりアコムがそういった対応を取ってくる限り、こちらの対応として1番なのは訴えの変更から判決を視野に入れた戦い方になってくると思います。
最悪の場合でも減額和解によって男爵イモさんの最初の訴額(アコム側主張とピッタリ一致の金額ですね)での和解を選択する事も出来ますしね。
訴額を拡張する事は争点を増やす事にはなりますが、その争点が充当に関してなら相手が中断時効を主張してくる可能性があるなら元々争点になり得る可能性があるでしょうから特に問題も無いでしょうしね。
後必要なのは、訴えの変更そして充当問題に関してきちんとした主張を行なえるように、男爵イモさんのやる気と努力だと思います。
また何か動きがあるようでしたらコメントして下さいね、ぜひとも自身の納得出来る結果で終える事が出来るように頑張って下さい。
2008/02/11 09:59
» 預かり金について
ルパンさん、おはようございます。丁寧なコメント有難うございます。度々で申し訳ございませんが、
後1つだけ質問させて下さい。
私の取引では、預かり金(ATMで小銭が使えない等の理由により余分に払いすぎて残高がマイナスになっているもの)が発生しております。
この状態で完済・中断=解約と考えるなら、相手側が中断時効を主張してきても、この預かり金の件で
否定するつもりでいます。
無知な私なりに考えたのですか、以下のように裁判で主張する事は愚かな事でしょうか?
銀行業では無い貸金業者が、お金を預かっているのは出資法に違反しているのではないか?
又は、預かり金を返還しないまま完済解約を主張するなら、その預かり金は私から騙し取った事にならないか?
こんな主張をすると裁判で大恥かきそうなので、何かアドバイスして下さい。
ネットで調べてみても、預かり金の事は検索出来なかったです。
有利・不利および計算方法等、些細な事でも知っていらっしゃいましたら、お教えください。よろしくお願いいたします。
男爵イモ 2008/02/11(Mon)10:59:03 編集
» Re:預かり金について
男爵イモさん、おはようございます。
私の分かり得る限りで良いのでしたら、いくつかの質問に対して回答させていただきます。
まず預かり金を返還していないという事は完全解約には当たらないと考えるのが妥当でしょう、預かり金を返還しない解約など有り得ないでしょうし、預かり金が存在しているという事は当然その預かり金を次の貸付に当てるという事でしょうから分断の主張を崩すとても大きな根拠になると思いますよ。
それから、預かり金を銀行業でない貸金業者が行っている事、これは多分出資法には違反はしないのでは、と私は思いますが正確な回答を持ち得ないので回答は保留させて下さい。
また、預かり金を返還しないままでの完全解約の主張は相手側にとっては非常に不利になると思いますよ、何故完全に取引を解消する際に本来なら返還するべき預かり金を返還していないのか?これこそ不当利得以外の何物でも無いでしょうしね。
完全な契約の解除というものは、債務者債権者の双方に債権債務の存在が無い事を確認して行うべきものでしょうから、預かり金を返還しないままでの完全な契約の解除というものは通常では存在しないと考えて良いと思いますよ。
当然、一連の取引であり途中で契約書の書き換えがあっても単なる契約更新か契約書の書き換えとみなされるのではないかなぁと思います。
計算方法としましては当然一連一体で計算するでしょうから、預かり金はそのまま過払い金に充当される事になると思いますので、あまり気にせずに普通に返済した金額を入力し、貸金業規制法所定の利率で引き直しをするという事で問題無いと思いますよ。
と、こんな感じだと思います、もっと詳しい説明が出来る方がこのコメントを読んでいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスお願い致します。

2008/02/11 11:18
» 預かり金
ルパンさん、こんにちは。

僕も預かり金から履歴が始まったものがありました。業者はそこからが新しい取引だと主張していましたが、その具体的根拠は示されないまま和解となりました。財務支局の担当者と電話で話した時も、預かり金を繰り越した状態から新たな取引が始まるのはおかしいという意見でした。

法廷での判断を仰いでいないので何とも言えませんが、一連の取引を直接証明する貴重な証拠だと思います。

以上、参考までに。
ジャバ 2008/02/11(Mon)13:09:44 編集
» Re:預かり金
ジャバさん、こんにちは。
早速のアドバイスありがとうございます。
やはり経験者は強いですねw
確かに業者は「そこからが新しい取引だ!」と主張してくるかも知れませんが、預かり金を繰り越したままでまったく新たな契約が交わされるなどとは通常考えられないでしょうからねw具体的な立証などはする事が出来ないでしょうね。
やはり基本的にはジャバさんの経験されたとおりの判断をされる事になるんでしょうね。
2008/02/12 10:15
» 預かり金
ルパン様、ジャバ様
貴重なご意見有難うございます。
預かり金が有って残高が0になってないのに、
別個の契約などの主張は出来ないですよね。
同じように過払い金が発生している状態での完済
=残高が本当の意味で0ではないので別個の契約
ではなく一連性が有る。で合ってますよね?
この事と充当するしないの問題とは全く関連性は
無いと考えていいのですか?
計算ソフトでは何故、充当する・しないの2種類
の結果が出るようにして有るのでしょうか?
結局充当問題が理解出来てません。
第2回目は来月なので、結果がでましたらご報告させて頂きます。


男爵イモ 2008/02/12(Tue)23:20:56 編集
» Re:預かり金
男爵イモさん、おはようございます。
>預かり金が有って残高が0になってないのに、別個の契約などの主張は出来ないですよね。
この部分の理解はあっています、正解です。
でも…
>同じように過払い金が発生している状態での完済=残高が本当の意味で0ではないので別個の契約ではなく一連性が有る。
この部分に関しては現在の過払い事情では、完済だけで解約・再契約を行っていないという前提が一連の取引である事の立証には非常に重要になっています。
ですから、過払い金が派生しているため本当の意味で残高が0になっていないので別個の契約では無いというのは少し間違った解釈になってしまうかも知れませんね。
一番重要なのは充当する過払い金の発生した契約と充当される借入金の発生した契約が同一の契約であるか?という部分です。
この2つが別の契約である場合は現在の過払い金返還請求訴訟においては、充当する事を認めるに値する「特段の事情」の有無が大きな争点になってしまっています。
ですから、その事と充当するしないの問題は関連性があると考えて下さい。
現段階では充当については、充当する過払い金と充当される側の借入金が同じ基本契約の中に存在する物でない場合は、当然充当の主張を立証する事が非常に難しい状態になっていますので、結構ココ重要なのですが、文章で分かりやすく説明するのも中々難しいんですよね…
また計算ソフトで充当をする・しないや過払い利息の利率を返還出来るようになっているのは、あくまで色々な計算方法に対応している仕様だと思います。
過払い金の充当に関しては上記に書いたような感じで理解していただけると良いのですが、もし分かり辛いところがありましたら、またコメントして下さい。
第2回は来月という事なので、まだまだ時間はたっぷりありますので色々と法や判例の解釈などを読んで勉強、頑張ってみて下さいね。

2008/02/13 10:14
» 電話和解
ルパン様。有り難うございます。
先程、アコムと電話にて、和解合意に至りました。
アコム側から具体的主張が無いまま、明日が第二回期日でしたので、連絡が有るとは思って無かっただ
けに正直ビックリでした。
結果は、裁判費用自己負担かつ元本+今日までの
5%の利息ー千円単位の値引きで和解しました。
(支払日は1ヶ月以上先です。決算をまたぎたいよ
うで今月中は無理でした)
充当しない計算でしたので、1万円程少なくなった
かも知れません。
それでも弁護士に依頼せずに済んだので10万円
程節約出来たと納得しております。
裁判所には明日朝イチで期日の変更を願い出るつも
りですが、当日の変更は無理でしょうね。
本当にここのプログは最高ですね。
ルパン様これからも頑張って下さい。応援しています。
男爵イモ 2008/03/06(Thu)20:12:05 編集
» Re:電話和解
男爵イモさん、こんにちは。
アコムと和解の合意に至ったとの事で、本当におめでとうございます。
お疲れさまでした。
和解の内容もまずまずと言った所ではないでしょうか?
もちろんこれは男爵イモさんも納得の上での和解(少々妥協された部分もあるとは思いますが…)でしょうから、今のところはアコムに対する男爵イモさんの過払い金返還請求は大成功で終了という事になりそうですね。
アコムが決算を跨ぎたくないという気持ちも分からなくは無いですけど、一ヶ月以上先になってしまった返還日が待ち遠しいですね。
アコムは和解に合意した以上は過払い金の返還に関してはほとんど問題は起きないと思いますが、やはり実際に過払い金の返還を確認出来るまでは心配ですよね。
でも、ご自身の力で成し遂げる事が出来た過払い金返還請求、これは今後の男爵イモさんの人生においても色々な意味を持つ物だと思います。
このブログを褒めて頂き、ありがとうございます。
また、振込みを確認出来たらでも、嬉しい報告を聞かせて下さいね。

2008/03/07 11:43
» 10年以上前の請求
こんばんは、ルパン様。
私のアコムの件ありがとうございました。結局、期日の変更は出来ず、第二回目が開かれ、入金後取り下げる事を前提に次の期日を決めてきました。
自分から電話交渉したのが、舐められた原因だと思います。同日の一回目で和解案が出た人もいたのに
私には争う気も無いなら何故引っ張ったの?と思います。相手からの電話交渉も最初は半値強で泣いて
下さいだって・・二日目前日ののに(^^)

話は変わりますが、私の友達で13年位前に取引が
終了した物を7件抱えている人がいるのですが、昨年末の淡路島の人のプロミスとの裁判のように、架空請求で訴えて勝てる見込みは有るでしょうか?
その前に取引履歴の開示に応じないと思われるので
すが、何か方法を知ってらっしゃしますか?
友達がアコムに電話したら、貴方とは取引していないと言われ取引履歴も送ってもらえません。
私も時効直前(最終取引日から9年362日目に提訴)つまり時効3日前に提訴しましたので、提訴後、和解交渉の為に電話した所、同じように別のサラ金と間違ってませんか?と言われました。
幸い提訴前に交渉した人の名前を告げ何とか代わってもらえましたが、PCから履歴を削除しているようで、話に成らず、和解交渉もこちらから出来なくなっていました。
最終取引日から10年と1日でも過ぎれば、履歴を
捨てたと言われれば、諦めるしかないのでしょうか?

男爵イモ 2008/03/10(Mon)21:17:34 編集
» Re:10年以上前の請求
男爵イモさん、こんにちは。
一口に過払い金請求と言っても、同じ会社を相手に行う事でも結果は変わってしまいますね。
私は武富士に対する過払い金請求は第一回の期日前に和解合意しましたが、現在では武富士に対する過払い金返還請求訴訟で第一回の期日前に和解というのは稀な事のようですしね。
これはやはり時期や地域、担当の裁量などによっても替わってしまうものであると思いますし、別に男爵イモさんが舐められた訳では無いと私は思いますよ。
次回までの期日が決まってしまったのは残念かも知れませんが、取り敢えずは何とか男爵イモさんの納得のいく形でアコムに対する過払い金請求を終える事が出来そうだ、と言う事がまずは一番大事だと思います。
話は変わりますが、13年前に取引が終了した案件を抱えている方が、架空請求類似行為で損害賠償請求訴訟を戦い勝てる見込みはあるか?
これは非常に難しい疑問ですね、私には到底正確な解答をする事は出来ませんが、1つ言える事は前例はいくつか存在しているという事ですかね…
それとこれを個人で行なう事はやはりかなり難しいのではないかなぁとは思ってしまいますね、まずはいくつかの架空請求類似行為であると認定した高裁判決やそれに係わる準備書面などを検索したりして読んでみて、その主張趣旨を理解する事から始めなければいけないとは思います。
一番早いのは、そのような案件でも争ってくれるという弁護士さんを探し依頼するという事になってしまいますかね。
取引履歴に関しては持っている所は持っていると思いますよ、逆に過払い金返還請求権としての時効は成立していますので出してくる可能性もありますしね。
後は自分自身が何かしらの取引に関する物を示す事が出来なければ難しいのかなぁと思いますが、これはやっぱり私よりも弁護士さんに相談(中々受任してくれないかも知れませんが…)してみる方が良いと思いますよ。
10年以上前に完済済み案件の過払い金返還請求については、少し前に窮す虎を噛むさんがコメントで裁判例を紹介してくれていたので是非読んで見て下さい。
あまりお力になれず、すいません…
男爵イモさんの時効直前の案件については相手はごねてくると思いますが、最終取引日からの時効進行で考えれば問題は無いと思います(多分、相手によっては過払い金発生時からの時効の進行を主張してくる可能性はあるかも知れませんね…)
2008/03/11 10:40
» 和解交渉
今月決算の会社は多いですが決算前後で訴外交渉の難易度は大手6社の場合は変わってくるもんでしょうか?
いかんせん今のところすべて過払い金は200万超えてるので提訴前交渉は弁、司の介入がない場合は相手にされそうにないですが・・・。
しま 2008/03/10(Mon)21:32:18 編集
» Re:和解交渉
しまさん、こんにちは。
決算前後で提訴前の和解交渉の難易度は変わってくるか?
これ、私は変わってくると思います。
しまさんの過払い金返還請求の金額が全て200万以上で、請求相手が大手消費者金融なら早く提訴してしまった方が解決は早いかも知れませんね。
この時期に提訴前の和解交渉を行なっても迅速な過払い金の返還はまずありえないと想像する事が出来そうですし、全て200万超えの過払い金返還請求ならば地裁案件ですから、提訴してしまってから交渉でも大きな争点が無ければ二回目の期日までには和解出来る可能性は大きいんではと思いますよ。
それでもしまさんが納得いく和解提示がなされないなら判決上等という事になるでしょうから、早め早めの動きで良いのではないかなぁと私は思います。
後は、しまさん本人がよく考えてみて下さいね、何とか早く解決出来るように頑張って下さいね。
2008/03/11 10:51
» 経過報告
ルパンさん、ご無沙汰しております。

友達の最終日より13年経っている件ですが、弁護士の無料相談に行ったところ、やはり時効成立で無理と言われたそうです。取引履歴さえ送ってもらえ
ないので、架空請求で訴えたくても何も出来ず、
諦めたようです。

私のアコムの件でも進展?が有りました。
電話和解後1ヶ月になりますが、未だ和解書が送られて来ません。(-.-)y-゜゜
やっとアコムから電話が有り、担当者が代わった事、私の履歴データは抹消している為、忘れていた
?との事でした。(データ抹消しているなら、私の携帯番号よく知ってたなぁとツッコミ入れたくなりましたが、そこは我慢しました。(^ ^))
入金予定日には間に合わないので、公判前日までに
先送りになりました。和解書は週初めに送ると言っていましたが・・・、1ヶ月前も同じ事言っていただけに半信半疑です。
しかも第三回期日が2週間後に迫っているので、和解書を郵送だけでなくFAXで支店から送れと言ってきました。
今はむじんくんにとって代わられ窓口の有る店舗は、遠く離れていますし、行ったら行ったで怖いお兄さんに絡まれそうだし何だか不安です。(>_<)
私は判決まで行ってもいいのですが、さてどうなる事やら。

男爵イモ 2008/04/05(Sat)00:07:05 編集
» Re:経過報告
男爵イモさん、お久しぶりですね、こんにちは。
最終取引日より13年経過の案件はやはり履歴からして出てきませんか…
架空請求類似行為で訴訟を行ってくれる弁護士も少ないでしょうし、推定計算での提訴を考慮してもこちらにかなり大量の取引内容を示せるような書証になる物が存在していないと難しいですよね…
やはり時効の壁、諦めしかないんですかね、残念ですね。
男爵イモさんのアコムに対する過払い金返還請求ですが、一応進展しているようですねw
アコムも私が過払い金返還請求を行なった頃はそんなにいい加減な対応では無かったのですが、やはりもう過払い金返還の対応がいっぱいいっぱいなのでしょうかね?
それにしても全てが解決されていないのに履歴データの抹消は在り得ないでしょうねw忘れていたとはふざけた話ですね。
そういった時は今後の為にも、きちんと突っ込んであげた方が良いと思いますよ。
それとアコムなどの大手消費者金融の店頭に出向いても今は怖いお兄さんはいないと思いますので不安は無いと思いますよ、それに今はこちらが債権者ですから凄まれる理由すら無いですしねw
アコムとしては出来れば判決は避けたいでしょうから、何とか帳尻は合わせてくると思いますけど少々不安は残りますね。
入金日までに間に合わないのは和解書だけですよね?
過払い金の返還日が延びた訳では無いですよね?
私も何処だか忘れてしまいましたが、そういったケースがあったような気がします、何処だったかなぁ…
男爵イモさん、経過報告ありがとうございました、今度は過払い金返還の喜びのコメントをぜひ聞かせて下さいね。
2008/04/05 19:23
» 補足
ルパンさん、こんばんは。

入金日までに間に合わないのは和解書だけですよね?
過払い金の返還日が延びた訳では無いですよね?

説明が悪くてすいません。(^^)
店舗に行ってFAXしなくても、アコムが今度こそ
約束どおり和解書送ってくれば、1週間以上前に送り返せます。なのに店舗に来いと言うのは、何か企んでいるかもと思っています。(>_<)
和解書持って行ってその場でお金返してもらえるなら話は解りますが・・・。

過払い金の返還予定日は延びました。つまり前回の和解合意の約束を破ってきたと言うことです。

アコムは大手だから、返還交渉もスムーズといった常識は過去の物です。(-_-)
ここに書き込みしなかったのですが、提訴前に電話
したときには、故意に日付をサバよんで、時効が成立しており、過払い金は返さないと言われました。
さすがにその時はツッコミましたよ。それでも中々認めようとはしなかったです。ようやく認めたと思ったら今度は計算が違うから計算書郵送で送ってこいと言ってきました。
そんな事していたら本当に時効が成立してしまい、提訴できなくなるから嫌だと拒否したら、
「こうやって電話で話してるのだから、時効なんて関係ないですよアハハハハ」だって。(-.-)y-゜゜
それで次の日提訴しました。
電話で話した人も今度で3,4人目です。今度の担当者がまともな人だといいのですが・・・。
電話での第一声が「和解書は送り返していただけましたでしょうか?」だったです。(^^)
何のための配達証明なんだよ。前担当者が送ってない事は知ってる筈なのにねぇ、まったくとぼけた対応です。
第三回目が開かれその日に結審しなければ、充当計算の上、嘘ばっかり言ってきてるアコムに慰謝料の請求も付けた訴えの変更も考えております。

今の段階でも素直に払ってくる確率は五分五分といった所でしょうか。
FAXの件と今回の担当者が言った、「アコムは第三回目には出廷しないから私も出廷しなければ、自動的に裁判延期になるよ。」
との一言が気になります。

本当に支払う気あるなら、不要な言葉ですよね。

また進展があれば、愚痴聞いて下さい。(^^)

男爵イモ 2008/04/07(Mon)00:35:00 編集
» Re:補足
男爵イモさん、こんにちは。
アコム…糞ですね
私が男爵イモさんの立場だったら訴訟上でしかもう話はしないと思います。
訴訟外での和解合意を一方的に完全に破棄しているという事ですよね、それならばもう判決もしくは訴訟上での和解でケリを付ける以外にアコムに対しての信用は置けないという事になりますからね…
アコムが何か企んでいるか?これは私には分かりかねますが、アコムの対応に誠意がまるでないという事だけは分かります。
訴えの変更が必要か、というと疑問は残りますが、上記内容を裁判所に上申した上で早期判決を求めるという姿勢で良いのではと思ってしまいますね…
最近のコメントを読ませて頂いていると、アコムやプロミスが過払い金返還の対応がまともだったというのは過去の話になってきてしまっているようですね…
親会社のメガバンク、なるべく使わないようにするというささやかな抵抗をしてみたいと思います。
男爵イモさん、色々と大変だし勘ぐってしまう部分も多いと思いますが、冷静な判断をしながら何とか早期解決に向けて、頑張ってみて下さいね。
また進展が有りましたら、ぜひコメントの書き込みよろしくお願いいたしますね。
2008/04/07 11:21
» アコム経過報告2
こんにちは、ルパンさん。

また愚痴を聞いて下さい。(^^)
私の予想通り、和解書を送ってきませんでした。
そして午前中に電話が有り、支払期日と公判期日の延期の申し入れをしてきました。
それか今日中に店舗に来て和解書にサインしてほしいとの事でした。
今まで嘘ばっかりついていたが、私が店舗に行けば
今度こそ約束通り支払ってもらえるんだね、と確認
したら、確実なのは支払期日の延期の方だって。
全くふけけた対応です、さすがに頭にきたので、裁判で判決貰うと言って、電話を切りました。
しかし再度電話がかかってきて、絶対に支払期日を守るから今日中に店舗に来てほしいと言って来たので、しぶしぶ今から行って来ます。

行くだけ無駄のように思いますが、今後裁判が続けば自分に有利になると思うのでO.Kしました。
店舗に来いということは、やはり何か企んでいると言うことで間違いないです。

郵送で和解書を送ってこないのは、証拠が残るからだと思います。
要は支払う気など無いはずです。支払う気が無いのにアコムから和解交渉をしてくるのが、嫌がらせ以外に理由が解りません。(未だに裁判上での具体的な主張を答弁書等でもしてこないです。つまり裁判では争点が無いはず)
それなのに支払う気が感じられません。

私が出来ることは、今から店舗に行って和解書にサインして、控えもしくはコピーを貰ってくる事です。それを第三回公判での証拠にしたいです。
2通ともアコムに渡す必要が有りそうですので、コピーを貰えなければ、行く意味が無くなりますので、頑張ってきます。
怖いお兄さんが出てくるかどうかは解らないですが、会話の録音は必要ですね。
また報告させて頂きます。



男爵イモ 2008/04/09(Wed)13:00:58 編集
» 店舗に行って来ました
こんにちは、ルパンさん。

アコムの店舗に行って和解書にサインして来ました。
最悪の事態(データ削除したので履歴が見れず追い返される、または脅迫まがいの暴言を吐かれる)は、無かったです。
店舗での店員の応対は良かったです。
和解書原本は貰えませんでしたが、コピーは貰えました。(コピーすら渡すのゴネてましたが・・・)
アコムの判子は無いただの紙切れですが、電話で言った言わないの水掛け論にされるよりは、少しはマシかなと思っております。
コピーすら貰えなければ、和解書取り返して破り捨てる覚悟でいました。
やっと一歩前進できたと思います。
これで支払いが無ければ、慰謝料だけでなく、行政処分も取らないといけませんね。

今回の交渉相手も先週の人とは別人でした。
(*`з´)=з=з 嘘をついて約束を破っては、次の担当者に代わり責任逃れをしているようです。
三度目の正直があるのか、二度有ることは三度有るになって第三回目に突入するのか、さてどうなることやら・・・。
アコムがまたまた約束を破ってきた場合、
ルパンさんは慰謝料の請求は無理だと思いますか?
また幾らぐらい請求すればいいでしょうか?
よろしくお願いします。
男爵イモ 2008/04/09(Wed)18:01:57 編集
» Re:店舗に行って来ました
男爵イモさん、おはようございます。
2コメント連続で読ませていただきましたが、アコム…最近ヒドイんですね。
男爵イモさんの恐れていたような恫喝などは無いとは思ってはいましたが、やはり一々やり方が姑息なように感じてしまいますね。
半年、いや一年前位までは、アコムは結構素直で良い子だったんですけどね…
東京三菱UFJFGグループが聞いて飽きれるような展開ですね。
取りあえずは和解書の取り交わしは行えたようなので後は本当に過払い金を期日までに返還してくるか?という部分ですね、私はこれ大丈夫だとは思うのですが、男爵イモさんの立場で考えると今までの経過もありますから不安ですよね。
まぁ最悪は次回弁論の際に和解書のコピーを書証にして、被告側の理由無き一方的な和解契約の反古という事で結審を求めて判決待ちで良いとは思いますが、慰謝料ですか…
慰謝料=損害賠償とも言えますが、これあくまで私の経験なのですが、あまり高額は取れないと思います(私が履歴の不開示で損害賠償請求を行なった際に言われたのは数万円程度しか認められない可能性が大きいよとの事でした)。
もちろんいくらでも請求するのは自由ですが、日本の裁判官はあまりこれを認めたがらない(実質的な損害を金額に換算し辛いからだとも思いますが…)傾向にあると思います。
ですから出来たら素直にアコムが延期した期日までにきちんと過払い金を支払ってくれる事を願いながらも、もし判決まで行った場合は判決文に仮執行宣言がちゃんと付いていたら、きっちりと嫌がらせ的に強制執行してあげても良いかとは思ってしまいますね(判決確定後までに過払い金の支払いが無かったら口座かATM内の現金でも差し押さえてあげた方が良いかも知れませんねw)
まぁそんな事にならないようにアコムがきちんとした過払い金返還の対応を取ってくれると良いですね。
また進展有りましたら、ぜひコメントよろしくお願い致します。
負けずに頑張って下さいね。
2008/04/10 09:32
» 慰謝料
こんにちは、ルパンさん。
いつも丁寧なコメント有り難うございます。
私も(過払い問題に詳しい)ルパンさんの考えに同感であり、少し安心しております。
慰謝料の件は、またアコムが約束を反故してきたらの話ですので、たとえ少額でも請求しなければ、腹の虫が治まりません。
この前は支払ってくる確率は五分五分だと書きましたし、実際和解書を送るとの約束も守られませんでしたが、店頭に出向き和解書にサインしましたので、今度は大丈夫なように感じております。
ただし、昨日の1回目の電話では、私が店頭で和解書にサインすれば、今まで裏切られてきたが、今度こそ必ず約束守って支払って貰えるんだねとの質問にアコムのNさんは、なんとこう言ったんです。
「支払いの約束は出来ない」
「支払期日と公判日の延期のほうが確実だと・・」

こんな悪質な応対聞いたことがないです。
つまり、支払うかどうか保証は出来ないけど、電車に乗って店舗に来て和解書にサインしてくれ。
しかも今日中にだって。(("o(゚∩゚*)ムカムカ・・
慰謝料の請求や行政処分を取りたくなった理由です。
それで頭に来て電話を切りました。その事は前回書き込んだとおりです。いつも説明が不充分で済みません。

アコムが嫌がらせしてくる理由はわからないですが、和解交渉は引き延ばし作戦だと自ら認めたようなものです。
要は裁判に出廷したくないだけです。和解交渉することにより公判日の延期や和解合意をしているので欠席にする理由作りの為の嘘の和解交渉だと理解しました。
こちらとしては、アコムを裁判の場に引きずり出す事で対処していきます。
たとえ入金が有っても、取り下げや期日の変更は時間的に無理が有るので、予定通り第三回公判は開かれそうです。
慰謝料を請求するには、第四回目以降にもつれ込む必要が有るので、現実的には無理なのでしょうね。
裁判官次第ですけど、次で結審の可能性が大きいと
思っております。
アコムも判決取られたくないでしょうから、渋々支払ってくると思っております。(^0^*オッホホ
また来週結果報告させて頂きます。








男爵イモ 2008/04/10(Thu)16:37:24 編集
» Re:慰謝料
男爵イモさん、おはようございます。
男爵イモさんに対するアコムの対応…???な感じですね。
特に担当の言っている事の意味が私にはまるで理解出来ませんね、両者の合意の基で和解書を作成しておきながら
>。「支払いの約束は出来ない」「支払期日と公判日の延期のほうが確実だと・・」
何ですかねこれ?アホ丸出しみたいな回答ですね、これ録音しているなら本社法務にでも送りつけてやりたいような内容ですね。
和解書取り交わしておきながら、支払いの約束は出来ない…???
私の中では前代未聞な回答です。
その担当者は基地外なのでしょうか?
多分ですが、アコムは期日に過払い金をちゃんと払ってくるとは思いますが、もし期日を守らずに訴訟が継続する事になったとしても、もう男爵イモさん側が譲歩する必要性も皆無だと思いますので、準備書面や上申書等を提出して行政処分でも損害賠償でも本当に考えていけば良いと思いますよ。
和解書(これ内容にも依りますが…)のコピーや和解に関する状況の説明などを訴訟上で行えば、アコムに対する判事の心象は相当激悪になると想像出来ますので、多分大丈夫だとは思うのですが…確かに過払い金が実際に返還されるまでは不安で仕方無いですよね…
予断を許さない状況ではありますが、来週の結果報告が良いものであったなら良いですね。
2008/04/11 10:20
» 誤解があるようです
こんにちは、ルパンさん。
少し誤解されているみたいですので、訂正させて頂きます。(毎度説明が悪くて申し訳ございません)

>和解書取り交わしておきながら、支払いの約束は出来ない…???
私の中では前代未聞な回答です。

ここが違ってます。店舗に行く前の電話での話でして、和解合意後でかつ和解書を取り交わす前です。
似てはいるものの微妙に違ってますよ。

当然私は激怒して電話を切りました。
しかし店舗に行くことになったのは、担当Nさんが、再度電話してきて、前言撤回し約束は必ず守ると言ってきたのです。(あたり前の事ですが)

話を整理しますと、第二回公判前日に電話で和解合意しました。それで公判に私だけ出席し、電話で和解合意できたので、金額と入金予定日を裁判官に伝え、通常より2週間後の第三回公判日を決めて終了しました。
しかし和解書を送ってこないで、間に合わないから支払期日を延期してほしいと連絡が有り、私は了承しました。しかし担当者Sは速達郵便でいついつ送るとの約束を破り、今の担当者Nさんにバトンタッチです。そのNさんが電話してきて支払期日の延期と公判日の延期の申し入れしてきました。もしくは私の指定の店舗に和解書FAXして送るから、今日中に店舗に来て手続きしてほしいと言って来ました。
二人の担当者が和解書送ると約束しておきながら守られず、またまた期日の延期とはどういう事だと詰め寄りました。
私「和解書を送ってこない理由は何だ?」
担当者N「・・・だんまり・・・・」
    「不手際をお詫びします」
答えにならない返事です。
最初はいい加減な担当者に当たってしまっただけ、と思っていましたが連続2人ですしね。組織ぐるみで何か企んでると感じましたので、当然今度の担当者の事も信用置けません。
それで念を押したのです。そちらの要求通り、今日中に店舗に行って手続きすれば、今度こそ約束を守るとNさんが責任をもってくれるのか?と聞いたら、「努力はするが絶対とは・・約束できない」
「支払期日と公判日の延期の方なら・・」
と本音をポロリ(^^)
私は裁判で決着つけると言って電話を切りました。
その後は私の書き込みの通りで誤解はないと思います。
このような対応されたにも関わらず、店舗に行って和解書を取り交わした理由は、支払えなかった理由に私が店舗に来なかったからと下手な言い訳をされたくなかったからです。
プラス思考で考えると、今回の担当者Nさんは期待できそうです。「支払いの約束はできない」と言ったのは、裁判で個人的な責任も追及されかねないと感じたのでしょう。
他の担当者とは違って嘘を付きたくなかったので、本音が出たんだと思います。ある意味、正直者ですね。
その上で再度電話が有って、約束すると言ってきたわけですし、店舗に行って和解書のコピーもなんとか貰えたので、今度は約束守るしかない状況に追い込めたと安心しております。
本当は慰謝料付きの判決がほしいですが、それ以上に嫌がらせの理由を教えてほしいものです。

男爵イモ 2008/04/11(Fri)16:02:39 編集
» Re:誤解があるようです
男爵イモさん、こんばんは。
店舗に男爵イモさんが出向く前の話ですか、そうですかぁ…勘違いしてしまいまして、すいませんでした。
でも、和解交渉後に和解合意はしているんですよね?
微妙に違いますがそれでもかなりあり得ない回答ですよね…
>前言は撤回し約束は必ず守ると言ってきた…
これも至極当然な話であって今までの約束が守られていない事自体が大きな問題ですよね、多分私が男爵イモさんのお立場であっても「アコム…何考えてんだ…意味が分からん」といった感じであると思います。
本当にパニくっているのか、ふざけているのか分からないような展開ですが、何とか過払い金の支払期日の約束が守られて笑い話に出来るようになれば良いですね。
そうでなければトコトンまで、というくらいの話ですね。
嫌がらせなのか、アコム内部での仕事の引継ぎがいい加減なのかは私には分かりませんが、何だかなぁという事に付き合わされて大変ではあると思いますが、最後までめげずに頑張って過払い金を取り返して下さい。
そして何度も同じ事ですが、最後にはこんな経験もあったとなぁと笑えるような結果になっていれば良いですね。
2008/04/11 23:42
» アコムより入金
こんばんは、ルパンさん。

本日アコムより入金確認できました。
さすがの糞アコムも今回は約束通り支払ってくるとは思っていましたが、素直に喜べませんね。

ルパンさんも言われていたように、アコムから、こんな応対されたと聞いたことない嫌がらせの数々。
正直このまま払ってこなければ、裁判が楽しくなりそうだったので少々残念でも有ります。(^^)

慰謝料=損害賠償でしたら、支払期日が1週間延ばされた分の利息(350円程)、和解書送って来なかったので、店舗に出向いた交通費(340円)の計690円は請求出来そうですが・・・。

訴えの取り下げ書&和解書の控えはまだ送ってきてません。
あさって第三回公判日ですが、欠席裁判で問題ないでしょうか?
何かアコムをギャフンと言わせる方法は有りますか?
ルパンさんのお陰で何とか解決できました。
本当に有り難うございました。
裁判が終結出来ましたら、もう1度書き込みさせて頂きます。
男爵イモ 2008/04/16(Wed)17:51:05 編集
» Re:アコムより入金
男爵イモさん、こんばんは。
まずは本日アコムより無事に過払い金の返還を受ける事が出来たという事ですね、本当におめでとうございます。
やはり和解書を取り交わした以上はキッチリと支払ってきましたねw
もし今回支払って来なかったら…なんて不安もあったでしょうが、何とか無事に支払いを受けられたという事で私も自分の事のようにホッとしていますよw
アコムの男爵イモさんに対する過払い金返還んにおける対応はとてもヒドイもののようでしたが、まぁここは終わりよければ全て良しという事で何とか納めてはいかがでしょうかね?
明後日に控えた第三回の弁論ですが、欠席で延期でも良いと思いますよ、たぶん今から期日変更を行うのは無理があると思いますので。
取りあえずアコムには和解書の控えと訴えの取り下げの同意書をとっとと送るように、ゴルァ!しておけば良いと思います、アコムをギャフンと言わせる事が出来る可能性は有りますがあまりお勧め出来ませんので、ここでは敢えて書きません(こちらがギャフンと言わされる可能性も0では無いので…)
ヒントは男爵イモさんがアコムと行なった和解合意は訴訟外での当事者同士の和解で有り、それに関しては基本的には何の法的効力も無いという事ですかね…
でも、取り合えずは何とか納得出来る形で過払い金を回収する事が出来たのですから、あまり変な事は考えない方が良いかも知れませんね。
後は裁判が無事終結出来ましたら、また色々とコメントなど書き込んでみて下さいね、楽しみに待っていますね。
お疲れ様でした。
2008/04/16 21:16
» はじめまして
はじめまして。シンマイと申します。
参考にさせて頂こうと思い、リンクさせて頂きました。
もし不都合ありましたらご一報ください。
シンマイ URL 2008/10/12(Sun)04:19:02 編集
» Re:はじめまして
シンマイさん、はじめまして、こんばんは。
早速、シンマイさんのサイトの方にお邪魔させて頂きました。
私としては不都合はまったくありません、シンマイさんのサイトのリンクも張らせて頂きました、今後ともどうぞよろしくお願い致しますね。
色々と大変な事も多いとお仕事であるとは思いますが、ぜひとも頑張って下さいね。
2008/10/13 00:50
» ありがとうございます
早速のコメント、ありがとうございます。
一応本職なのですが、本職以上の研究をされているルパンさんのブログには驚かされています。
私の方も貴ブログをリンクさせて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。
シンマイ URL 2008/10/12(Sun)13:52:43 編集
» Re:ありがとうございます
シンマイさん、こんばんは。
私のブログはあくまで個人訴訟での過払い金返還請求の推奨していますし、その個人訴訟で過払い金請求を行っていく中で今までの自分自身の借金やお金に対する考え方を改める時間を持ちながら過払い金請求を終えた後の生活の役に立てばいいなぁというのが基本的なスタンスなので本職さんであるシンマイさんにとってはあまり好ましいブログでは無いかも知れませんが…
個人訴訟で頑張る!とはいっても私達もあくまで法律的な事には素人ですから、過払い金請求に係わらず本当に何か法律的な難題に直面した時には本職である弁護士さん等を頼らざるを得ない状況になるかも知れません、そういった面からも本職さんのサイトとリンクして頂けるのは非常に心強いです、こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
2008/10/13 21:20
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]