忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
ブラックになると困る・・・(´・ω・`)

これはネットの掲示板などでも、よく議論されている事柄です。、
信用情報機関への事故情報の登録(俗にいうブラックっていうの)についてなんですが、やはり出来る事なら自分の信用情報は汚したくないですよね。
(ブラックリストというものは、実際には存在しません、あくまでココで言うブラックとは信用情報のネガティブな記載の事です(・A・))
まぁ消費者金融から200万、300万も借りてたら、事実上ブラックみたいなもんなんですが(・ω・)
クレジットカードは生活の中でも必要ですし、持ってないと不便な事もあったりします、車を買うにもローンが必要だったりしますよね。
借金をなくすという観点だけからすれば、どうでもいい事かもしれませんし必要以上にきにする事はないかもしれませんが、
俺の場合は、完済済の業者が数件と、たまたま余剰資金が少しあったので、自分の信用情報にキズをつけないですむ方法を選びました(・A・)
過払い金の請求をする以上、もう二度と消費者金融から借入をするつもりはなかったので、消費者金融の社内のみのネガティブな情報については、どうでもいいという判断で以下の手順を踏んで請求を行いました。
その方法は、

単純に完済そして解約(・∀・)ノです。

完済だけでは、まだ金融業者と契約は終わっていません。
解約して初めて金融業者との契約が切れるのです。
俺は、まず完済済の業者を全て解約し、余剰資金と銀行系のローンカードから残債分の借換えをして残り1件の消費者金融とある1件の悪評の高い大手小売業者の発行しているクレジットカードを全て返済し解約しました。
(銀行や信販系のローンカード等の金利は利息制限法で定められた利率以下のものが多いので、この借換えだけでも支払いはかなり減ります)

何故に、このようなメンドクサイ事をしたのかというのは
現在の金融会社の実務上では、残債を残したままで過払い金の請求をすると、不思議な事に債務整理扱いにされる事が多いらしいのです(`Д´)

過払金返還請求
読んで字の如く、払い過ぎたお金を返して貰うのに、何故に債務整理扱いなんでしょうか?おかしいですよね?意味がわかりません(゚?゚)?
ただ悲しいけど、それが現実なので上に書いたような方法をとりました。

業者との契約を解除してしまえば、信用情報をいじられる事はありません。
契約がない(信用情報の登録に同意していない)のに事故情報をつけられたら、その業者に対して損害賠償を求めて訴訟を起こす事が出来ます。
まともな業者なら、まずそんなアホな事はしないでしょうが。
そのため、解約をするという行為が大切になってくるのです(・∀・)

だから、自分の信用情報に債務整理と記載されたくないという人は、完済解約、そして過払い金を請求し、戻ってきたお金で残りの業者を完済解約、そしてその業者に対して過払い請求という方法がありますが難点があり、結構な時間が必要になってしまいます。
他には、銀行系ローンや金利の低い信販系ローンで借換えをして、金利の高い業者を全て返済し、過払い請求をして戻って来たお金で借換えした業者に返済する。
という方法も考えられます(・∀・)ノ
ここまでは事故情報(ブラック)回避のための方法です。

ただ大事なのは借金をなくすという事なので、今現在の借金をなくす事を1番に考えて行動する事です。
事故情報は5〜7年ほどで消えますし、自分にとって1番いい方法を選んで行動するべきでしょう(´0`)
クレジットカードは持てなくなっても、スルガVISAデビッドカードという物もありますし。
業者との交渉によっては、残債務ありで過払い請求をしても事故情報を載せないという事も考えられます。
毎月毎月払わなくてもいい、お金を払い続けることが、1番アホらしい事なので、なるべく素早い行動が望ましいと思います。

なお、ここに書いたのは、あくまで俺が行った方法や俺の調べた上での考えなので、同じように行動して違う結果になったとしても一切責任は取れませんので、
参考にするのは自由ですが、あくまで自己責任で行動してください(・A・)ノ

信用情報に関するwiki

続く
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。
度々の投稿お目汚しとは存じますが、やはり過払い請求を行おうとするものにとって、この信用情報(ブラックリスト)への懸念というのは避けて通れない事実であると感じています。

自分自身も住宅ローンのため従前より「過払い」を知りながら返済をし、完済後も頭金を捻出するまでの期間「寝かせた」という事例もあります。
もっともこの間に最高裁での判例が出来たことや、ご貴殿のブログでの情報提供など、遥かに環境が整うという幸運もあり、念願の住宅の購入も果たし現状なんら後顧はありません。

その後ワザと信用情報への対応が悪いとのウワサのある武富士から借入→数円残して返済→過払い請求というバカなことをしてみた自分です。
返還がまだですのでその後の信用情報の確認は行っていませんが、今後報告が出来ると思っています。

さてさて「完済+解約」ですが、今までの経験から結構手間が掛かるということを感じています。
一例ですが契約、返済、完済の全てがネットで出来る今日に於いても「解約は来店で」とするところもあります。

自分の場合いわゆる信販系は解約以前に滞納のため契約解除通知が来て「一括返済(或いは2回払い)」して敢無く終了という案件ばかりですが、サラ金系では扱いに大差がありました。

共通点としては「年会費などかかりませんし、万が一の際いつでも利用できますから考え直していただけませんか?」というもの。

まぁ「そちらが金利が一番高いので最初に返す。もし利用して欲しいのなら金利を下げろ。出来ないのなら調べればまだ他社に債務が有ることぐらい判るだろうし、全額返済が目標だから解約する」

実際にプロミス(4回)レイク(1回)武富士(1回)が下げてきているので侮れない方法でもあります。

無事解約するためのハードルは返済のそれに比べたらさしたるものでもありませんが、各社が用意している「解約逃れ」の手法を紹介します。

アコム
滞納→訴訟となって一括返済を迫られた信販系と違い、地道な返済で完済→解約した最初の会社です。
長い長い第一歩で感慨深い思いがあります。
ここの解約ハードルは1000円未満の残高についてATMが受け付けないこと。
ただし999円以下の残高については期限が無く、しかも利息も不要で次回利用時の精算でよいと言われます。
それでもしつこく「解約」を申し出ると店頭に来店して精算する必要が有ると言われます。
一応時間を見つけて来店し数百円を支払い解約までこぎつけました。

アイフル
ここはサラ金のATMでは珍しく硬貨を扱える機能のあるATMを早くから導入しています。自分の知る限り今でも武富士の「お釣り」機能を除けばここだけのような気がします。
やはりATMや電話だけでは解約が出来ず来店する必要が有ると言われカード返却に行っています。
解約時に利用御礼としてハンカチを貰ったのもいい思い出です。

レイク
ここもアコム同様ATMで1000円未満の返済は受け付けません。さらに1000円未満の残高についても利息が発生するようですが電話での説明では残高が1000円を超えるまでは返済不要とのこと。結構強い調子で(この頃は慣れ過ぎ?)解約を主張すると1000円未満の残高に対し返済不要としてカード返還(郵送可)をもって免除するとのこと。ただし、不当利得返還請求の際にこの残高がどう扱われるか現在のところ不明。

モビット
銀行系で金利が利息制限法内であることから過払い返還対象外ですが、元々無店舗でネット申し込みや無人機に特化していることから少々毛色が違っています。「持っていても年会費云々~」の常套句こそありましたが、千円単位での残債を上回る返済を受け付けた後、翌営業日までに差額を指定口座に振り込むとのこと。電話一本で解約できた稀有な事例です。

プロミス
千円単位での返済に於ける残高以上の支払いがATMで出来ます。ただし超過分は預かり金として次回利用時に精算とのこと。アコムよりちょっとばかり悪質です。
そのことを踏まえて解約請求すると残額(必ず999円以下)については支店窓口か振込みと言われ、手数料はお客様負担と言われてしまいます。
一旦1000円を借りだして差額を1円単位でネット返済。残高をぴったり0円にして電話で解約請求。カード返送を求められたので「封筒よこせ」というと一応キチンと切手を貼った封筒が送られてきます。

クオークローン
自分が完済したのはぷらっとの頃ですが、やはり店頭でなければ解約できないと言われ店頭にて1円単位で精算しています。借り入れ当時の東和商事の店舗は既に無く、業務縮小?の煽りを受けて結構離れた有人店舗まで出向いています。その際解約に係る費用として自身が負担したのだからと交通費を請求したのですが敢無く却下されました。

武富士
店舗ATMで通常は1000円単位の扱いですが、残高以上の返済をするとお釣りが出てきます。
フリーダイヤルに電話して解約を申し出ても店舗扱いと言われます。店舗に電話した際「なんとか解約だけはご勘弁を」と泣きつかれました。店舗成績で影響を及ぼすとの事。
さらには解約は「契約当時(電話している管理支店)の店舗で(とても遠い)」とまで言われ結局断念しています。

まぁ強い意志で返済・解約という道程さえ越えられればあとはわずかです。
ご貴殿のブログを有効に活用できるかは結局自身の強い意志によるものだと思います。
ヤマト 2007/11/04(Sun)21:52:57 編集
» Re:無題
ヤマトさん、こんばんは。
多くの御意件に情報提供、ありがとうございます。
確かに借金をしたのは自分の意思や弱さからくるものである事が大部分を占めている物であると思います。
私もそうでしたが、気軽に借金を繰り返して、何とかなるだろうとの甘い考えから多重債務状態になってしまったという経緯は自己の責任による物であるという反省はしています。
しかしグレーゾーン金利で商売をしていた金融業者が最高裁によって、みなし弁済が立証出来ない限りはグレーゾーン金利分の支払いは過払い金であり不当な利得であるため返還しなければならないとの判断を示してくれたため、私は何とか生活を立て直す事が出来た訳です。
過払い金請求と信用情報、これは残債務ありで過払い金返還請求を行なう者にとっては大きな問題の1つでありますよね、過払い金請求を行なった後にまた消費者金融などからお金を借りようとする人は少ないとは思いますが、ヤマトさんの言われるように住宅ローンや教育ローンなど、どうしても一括で支払いをする事が難しいが、必要になるかも知れないものの存在、それらの事などを考えてしまい信用情報への自己記載を恐れて過払い金請求に踏み切れないという人も存在している事だと思います。
やはりこの問題は早急に何とかして貰いたいものですね、過払い金は法律上では払い過ぎた自分のお金、過払い金請求はそれを返して貰う為の行為ですから、これによって自分の大事な信用情報にはどのような言い訳をされようともネガティブな情報の記載をされる事はされてはならないと私は思います。
まぁ、これはあくまで私の個人的見解なので、考え方も人それぞれだとは思いますが…
ヤマトさん、ご自分の過払い金請求も大変な中に色々と情報や問題提起をして頂き、ありがとうございます。
どうやらレイクが問題を抱えているようですが、レイク自体が今後どのようになるのか分からない状況ですからね、気が抜けない状況ですね。
時間は掛かってしまうかもしれませんが頑張って下さい、そしてヤマトさんからの嬉しい報告が聞ける日を楽しみに待っています。
2007/11/05 01:03
» ブラック恐怖症
若干、私も居候組になってきました(笑)

ブラック回避が出来れば最高。
でも、目の前の借財がなくなる方が先決なんですよね。

人それぞれ理由があって、この道を歩んだのですから。

私は自己での請求は時間が難しいので、司法書士に依頼しました。
案件は、次はあそこと言われるところです。

書士会を通して何件か紹介してもらいましたが、対応も様々。

決めた先生の一言が、過払いの返還もありますが、減らしましょう。
それで、事故情報に掲載されても借金しないようにすれば、数年で回復出来るのですからという言葉でした。

今後の人生設計を如何様にするかの前向きな考えを優先させた方が、精神衛生上いいですよね。

踏み出す勇気!!
これさえあれば、前が開けると感じました。

しかし、事故情報もなんとかして欲しいですね。

例えば、
A社 敗訴とかB社 和解など(笑)
鞍馬天狗 2010/12/13(Mon)22:50:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]