忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
今日ここで紹介させて頂くのは、先日紹介したこの北海道での過払い金返還請求訴訟に2年前から関わっていらっしゃる、司法書士の先生から紹介して頂きました、この事件の原告の方(敢えて御遺族の方と言わせて頂きます。)の意見陳述書です。

今日は俺はあまり多くは語らないので、まずはこの意見陳述書をじっくりと読んでみて下さい。

そして、考えてみて下さい…(´・ω・`)

平成20年(ワ)第●号損害賠償請求事件原告

●相続財産管理人●外3名被告  株式会社武富士外4名
 
意 見 陳 述 書
 
2008(平成20)年7月24日

釧路地方裁判所北見支部民事部合議係 御中

住所:北海道●●●●●●●● 氏名:  ● ●  ● ● 

1 私は,亡くなった●●の娘です。今回の裁判に際して,父が亡くなるまでの経過,私たち家族の思いを述べさせていただきます。 父●は,わがままで気分屋でしたが,優しい父でした。小さい頃,寒いときには,冷たくなった私の手を服の中に入れて温めてくれました。今でも,心に焼き付いています。 「2006年2月20日」私の父は自ら命を絶ちました。原因は「借金」,しかも実際には,払いすぎであったのに・・・。

2 その8日前の2月12日,父から電話がありました。 当時,私は,仕事の関係で埼玉県の●市に住んでいました。少し前に,出張でタイから戻ってきたところ,実家から父が家出をしたと連絡がありました。私が小学生の頃に一度,父は借金を苦にして家出をしたことがありましたが,数ヶ月経って帰ってきました。そうしたこともあり,多少は心配でありましたが,いつかは戻ってくるだろうと思っていました。 父は,●にいるとのことでした。 私は,仕事を早退して,急いで,●に向かい,父に会いました。そして,父が泊まっていたホテルで食事をしながら話をしました。最後の会話でした。 「3週間ほど『死に場所』を探したんだ」 「鞄に包丁とロープが入っている」 「『利息』に疲れた。」 と,これまでの経過について話してくれました。サラ金とは長い付き合いとなり,返済のめどが立たなくなっていたのでした。 さらに,父が言うには,サラ金に電話をして, 「死んだらどうなるのか」 と尋ねたとのことでした。 すると,サラ金の担当者は, 「死亡診断書があれば(借金は)なくなりますよ。」 と答えたとのことでした。 今になって思うと,父には借金から逃れるのは「死」以外考えられなくなったのでしょう。 でも,本気で死を考えているのであれば,わざわざ私に「死に場所」を探すなんて言うはずがないと私は思っていました。 だから,私は, 「死んでも仕方ないよ~」 「家に帰りな」 と父を促しました。
 
3 翌日,父は自宅に帰りました。私も一緒に実家に帰ろうと思いましたが,仕事の調整などもありましたので,「20日には帰るよ」と父に伝えました。 私は,実家で父と一緒に話し合った上で,一緒に借金の返済を手伝うしかないと覚悟していました。

4 2月20日,運命の日。 早朝,兄から電話がありました。 「今日,帰ってこられるか?」 「うん,帰るよ~」 「・・・・・・・。」  一瞬の沈黙の後,兄から思いもよらない一言。 「落ち着いて聞けよ。パパが首をつった。」 「・・・・・・・。」 言葉が出ませんでした。 急いで身支度して,羽田空港へ急ぎ,実家へ向かいました。 ●空港に着くと,兄がいました。 「パパは,今どこにいるの?」 「・・・。うちで寝てる。」 兄の表情から,父の死を悟りました。 車中では,無言が続きました。実家に着くと,父は和室で横になっていました。本当に眠っているようでした。 父の死を受け入れることが出来ず,台所で小さくなっていた母。 父の横で呆然として,座り込んでいる祖父母。 父は本当に死んでしまったのです。 あの光景は,今でも昨日のことのように忘れられません。 ●で会ったときに,父の言葉が覚悟の上だと気づいていたら・・・,一緒に実家に帰っていたら・・・今でも悔やまれてなりません。
 
5 父の死により,私たちの生活は変りました。 いつも明るく笑顔を振りまいていた母でしたが,ほとんど話しをしなくなってしまいました。今でも,父と一緒に寝ていた和室では寝られず,居間のソファの上で寝ています。 兄夫婦は,父の死,その後の様々な出来事で夫婦関係がぎくしゃくしてしまい,結局離婚してしまいました。 私は,母をひとり放っておくことは出来ず,●で続けていた仕事を辞めて,実家に戻りました。 父の死後,私のおなかの中には,新しい生命が宿っていたことが分かりました。もし,このことを早く知って父に伝えることができたならばと思うととても残念です。娘は,今年の10月には2歳になります。父が生きていれば,とても可愛がっていたことでしょう。私たちにしてくれたように。
 
6 今回,父の借金の整理をするために,矢箆原司法書士に依頼して,はじめてサラ金が,利息制限法に反して違法な金利で貸し付けていることを知りました。そして,父についても払いすぎになっていることを知りました。 父は,遺書らしきメモを遺しています。読んでください。いずれもサラ金の借金についてのことです。もし,払いすぎであることを父が知っていたならば,こんなことにはなっていなかったでしょう。 私たちは,父の無念を晴らしたい,そして,二度とこうした被害を起こしてはならない,そうした思いで今回の訴訟を提起しました。

以上

原告代理人の意見陳述書はまた明日UPさせて頂きます、お忙しい中で重要な意見陳述書のご提供に踏み切って頂きまして、本当にありがとうございました、なお俺の紹介文中の言葉などで不適切な部分などありましたら、ご指摘お願い致します。

この過払いブログでこの意見陳述書を目にしてくれて、このような重要な問題が世間に少しでも広まり借金や過払い等について考えてくれる方が少しでも多くなる事を願っています。

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
借金で自殺「過払い」で裁判

借金を返済しすぎていたと知っていれば、父は自ら命を絶つことはなかった。遺族は司法の場でこう訴えました。消費者金融の取り立てで自殺に追い込まれた男性は、1800万円も借金を払い過ぎていたとして遺族が訴えた裁判が始まりました。

自殺の責任を消費者金融に問うのは、全国でも初めてです。 (男性の長女)「(父は)利息に疲れて死んだ・・・(消費者金融の担当者は)死んでも大丈夫と他人事・・・自分の利益しか考えていないのはいかがなものかなと・・・」

自殺した男性の無念を晴らしたいとして、裁判に踏み切った遺族ー相手は消費者金融会社5社です。死後、男性は、違法な利息による借金の返し過ぎが1800万円余りに及ぶことが判りました。きょうの裁判で、法廷に立った男性の長女は、自殺の少し前の男性との会話をこう証言しました。

「父が言うには、サラ金に電話をして"死んだらどうなるのか"と訪ねたとのことでした。担当者は"死亡診断書があれば借金はなくなりますよ"と答えたとのことでした。

二度とこうした被害を起こしてはなりません」実際には存在しない借金によって自殺に追い詰められた男性ー遺族側は損害賠償の請求は一部にとどめ、「消費者金融会社の社会的・法的責任を追及したい」としています。 (札幌テレビ放送「どさんこワイド180」引用)

動画あり
http://www.stv.ne.jp/news/item/20080724190833/

これはこの過払いブログでも今年の5月5日に自殺の慰謝料請求 過払いの男性遺族 消費者金融を提訴 北見という表題で紹介している裁判をTVで扱ったものです。

このニュースは過払い金請求に関連したニュースの中でも非常に悲しいものであり、俺はこのニュースの動画で見ていたら、その当時このニュースを知った時のようにまた物凄く悲しくというか悔しくなってきてしまいました(´・ω・`)

もしも、この方やこの方の周りの方が過払い金という言葉や過払い金請求という行為に関する事を少しでも知っていたら…おそらくこの方は亡くならずに済んだ事でしょう。
そしてこの国の中に借金返済に追われて苦しんでいて、でもその借金は本来ならば既に返済は終わっている筈なのに「過払い」という事を知らないが為に今でも同じような苦しい思いをしているという人は必ず存在しているんだと思います、これは考えると悲しい現実ですが多分そうなんだと思います(´д`;)

消費者金融従業員の放った言葉、この言葉を俺は絶対に許したくありませんし、許す気もまったくありません(´;ω;`)
>サラ金に電話をして"死んだらどうなるのか"と訪ねたとのことでした。担当者は"死亡診断書があれば借金はなくなりますよ"と答えたとのことでした。

そりゃそうでしょう、その当時は消費者金融からお金を借りるとおそらくそのほとんどの場合は勝手に死亡保険に入らされていたんですから、死ねば保険金で残債務は埋まる、当たり前の話です、ただこのような場合は過払いが生じている状態ならば消費者金融は更にこの方の死亡保険金も手にしている可能性もありますからね(´・ω・`)

だからこそ許せないんです…
もしも過払い金請求という行為を知る事が無かったら俺自身もそうなっていた可能性は0ではないですからね…

本来ならばとっくに返済は終わっていて過払いが生じていたはずなのに、この方は何故死ななければならなかったのでしょうか、多重債務で借金返済に追われていた経験のある人ならこの思いが分かりますよね…
この消費者金融の従業員の放った言葉、これも実際には自殺のきっかけの1つになっているのではないでしょうか(´・ω・`)?

皆さん、まずは出来ればこのサイトに飛んでニュースの動画を見て下さい、動画がいつまでUPされているかは分かりませんがぜひ見て下さい、そして単なる過払い金返還請求訴訟ではないこの裁判の意味を考えて下さい、そしてこれから出来るだけ多くの人にこの裁判の行く末を見守っていて欲しいと思います(´;ω;`)

今、俺が言えるのはこれだけです…

<<前へ  次へ>>


人気blogランキングに参加しました
自殺の慰謝料請求 過払いの男性遺族 消費者金融を提訴 北見

網走管内の自営業の男性が利息制限法の上限を超える金利を長年支払わされ、過払いと知らされないまま自殺に追い込まれたとして、男性の遺族三人が二日、消費者金融会社五社を相手取り、慰謝料計約千四百万円の損害賠償と、過払い金計約千三百万円の返還を求める訴訟を釧路地裁北見支部に起こした。

日弁連の多重債務対策本部事務局長の新里宏二弁護士=仙台=によると、自殺者の遺族が過払いをめぐって消費者金融会社に慰謝料を求めるのは全国的にも異例。

訴えによると、男性は、同法が定める金利で計算すると債務が消滅しているのに、消費者金融会社側は取り立てを続け、債務消滅後最長十四年間にわたり年利25-29%の高い利息を支払わされた。男性は二〇〇六年に遺書を残して自宅で自殺した。

五社のうち一社は権限がないまま男性の死亡保険金を受け取り、別の一社は自宅に根抵当権を設定し、男性や遺族に精神的負担を強いた-としている。(北海道新聞引用)

今日はG.wの中日、今日もも先日Yoshiさんがコメントで紹介して下さったニュース記事の紹介からです(´・ω・`)ノ

これ、記事を読んでいただければ分かると思うのですが…ヒドイ話ですね(´д`;)
とても悲しいニュースですね…でも私の知る限りこのニュース、全国紙では取り上げられていないようです…

過払いが生じているため本来ならば借金の返済は終わっているはずなのに、借金返済を苦にして自殺…
そしてその後に遺族が金融業者を提訴、もっと早く過払い金の存在に気付いていればこの男性は自ら命を絶つなんて事は無かった可能性は非常に大きいんでしょうね(´;ω;`)

しかも、許せない事に2006年当時でもこの方の取引していた金融業者のうちの1社はそのような権限の無いままに男性の死亡保険金を受け取っていると…やりたい放題ですねヽ(・ω・´ )ノ

この事件、訴えている側の主張の全てが事実であって、これが訴訟上で認められるような事になるならこれまた金融業者にとってはまたまた非常に大ピンチな事態ですね。

でも仮にこの遺族が勝訴したとしても亡くなってしまった人は決して返っては来ません…
やはりこのような不幸な事件が起きないようにするには「過払い金」問題をもっと世間に広めて貰い、自分自身で自分の過払い金について知る事が出来、その上で金融業者に対して自分の払い過ぎたお金であるはずの過払い金を返還して貰うために過払い金請求を行う事が出来るような環境を作っていって欲しいと思ってしまいました(´・ω・`)悲しい話ですね。

<<前へ  次へ>>


人気blogランキングに参加しました
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]