忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
ついに重い腰を上げて、楽天KC(旧国内信販)への過払い金請求を始めます

多分半年以上前からだと思いますが、やるやると何度か言っておきながら中々手を付けなかった楽天KC(旧国内信販)への過払い金請求をついに開始しました(・∀・)

何故にこのような過払いに関するブログを書いている俺が楽天KC(旧国内信販)に対して今まで過払い金返還請求を行ってこなかったのか?疑問を持たれるかも知れませんが…

えぇ~それはですね…ホント単純多少忙しかったのと、俺の行うべき過払い金請求の中でも楽天KC(旧国内信販)がずば抜けてもっとも過払い金額が少なくて、他に行なった案件と軽く10倍以上の金額の開きがあった事と、楽天KC(旧国内信販)は訴訟を起こさないでも過払い金の返還に応じてくれるというネット上での情報?から何となく、「少し暇になった時にゆっくりやればいいだろう、楽天はそう簡単に潰れないだろうし…」なんていう甘えた考えでいたからです…これ良くない事ですね改めて反省です(´・ω・`)

という事で少々忙しかった仕事もかなり落ち着いてきたし、いつも自分自身が皆様に言っている「過払い金請求はお早めに!」との言葉を自らに投げかけて、楽天KC(旧国内信販)への過払い金請求を実行に移す事にしました(`・ω・´)ノ

今回は楽天KC(旧国内信販)が現在どのような過払い金返還の対応を取っているのかを調べるためにも正攻法で攻めてみる事にしました。
まずは取り寄せ済みの取引履歴と引き直し計算書を再度チェック、これで3回目のチェックなので絶対にミスは無いでしょう…しかし悲しい数字がやけに目に入ります、やはり何度見ても数字は変わりません、過払い金の額は数万円です(ちなみに2つある1つの取引に関しては過払い金に対する民事法廷利息は数百円であります…(´д`;))

でもまぁ、ここは金額の大小ではなく、全ての過払い金を自分の力で取り返し清算するために奮起ですヽ(・ω・´ )ノヤッテヤンヨ~

という事で奮起した俺は、早速、過払い金返還請求通知書を作成し楽天KC(本社は九州です)に昨日配達証明で送付してきました(これも少々勿体無いとは思ったのですが基本に立ち返ってみました)
あちらから連絡があるか、それともこちらから連絡をする事になるのか、これはまだ現段階では分かりませんが取り合えずは来週の週末くらいまでにあちらから連絡が無かったらこちらからアプローチを掛けてみようかと思っています(でも本社が九州なので電話代が心配なので出来たら連絡欲しいんです…(´・ω・`))

この俺の楽天KC(旧国内信販)への過払い金請求に関しての詳しい取引内容などについては、また来週にでもここに書いてみたいと思いますが、期待しないで待っていて下さい(。・ω・)ノ

えぇ~楽天KCさん、お願いですから連絡下さい。
そして俺の過払い金、請求書だけで素直に返還して下さい。
どうか、よろしくお願いしますよヽ(・ω・´ )ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
こんにちはルパンさん、ヤマトです。

楽天KCは旧国内信販の頃(と言っても昭和時代まで遡る)ショッピングクレジットで利用したことがあります。
ご存知のようにショッピングクレジットは利息制限法の規制対象とはならないのですが、当たり前のように20%を超える実質金利が設定されていました。(今ではアドオン表記は規制対象となりますが、当時は当たり前のようにアドオン表記でした)

まぁ勿体無いと言えばそれまですが、おそらく金額も少ないことから労力に見合う金額の返還は無いと考えられます(推定数千円)

さてさて、サラ金業者の衰退が言われ各社リストラの真っ只中のようですが、先日発表されたアイフルの決算は274億円の黒字とか。じゃぁサッサと過払い返還に励んで頂戴というのが偽らざるホンネです。

リストラとは違いますけど、佐藤琢磨選手は今後F1でシートを得ることが出来るようにファンとしては願っていますが、大日本自転車バクチ振興会(仮称・競輪の胴元)関係者が言うには佐藤選手はF1レーサーという高い身体能力を要求されるプロフェッショナルであり、特に自転車競技に於いては過去にインターハイで優勝するなどの素晴らしい功績があることからぜひ競輪選手にというアプローチもあるようです。
ちなみに競輪のトップレーサーの武田豊樹選手はスケートのオリンピック代表ですし、F1史上最多勝を挙げているミハエル・シューマッハ選手はサッカーW杯などでも強豪国として知られるドイツにあって代表クラスの選手と互角にサッカーをするといわれています。

さてさて過払いとは無縁な話ばかりですが、スペース戦艦ですけど劇場版セットで4万円程度、TVシリーズまでとなるとかなりの出費が伴います。先のヨミウリの星なんですけど最近「楽天」などのショータイムで見ることも出来ます(有料)
こっちの方が安かったかなぁなんて思いもありますが、スペース戦艦の場合、著作権利者である監督が「トラトラトラ」や「二〇三高地」などの大作でも知られる舛田利雄監督で、かつてヤマトが居住した家のオーナー(名義は奥様)であり、声優もやっておられた娘さんとも知己があります。
道義上の問題として中古の選択は難しいってのがホンネです。なんか「買わない理由」を模索しているってところですが、ご貴殿のお勧めに従ってとうとう発注してしまいました。なんと楽天KCの系列(大元?)の楽天です。
ヤマト 2008/05/16(Fri)09:34:41 編集
» Re:無題
ヤマトさん、おはようございます。
そうなんですよねぇ、私の場合は楽天KC(旧国内信販)との取引、完全に個別の契約が2本で1本がカード契約、もう1つが証書貸付なんです。
しかも先の契約での過払いは数千円、さすがにこれを後の借入金に充当させて争う事は本当に労力に見合わないような気がするので今回は合算での請求で行こうと思っています。
実際にこれ訴訟までいって数回弁論でもしなければならなかったら判決貰って訴訟費用まで請求しないと本当にやり切れないくらいの金額なんですけどね…
たぶんヤマトさんが、「祝!ご購入おめでとうございます(´▽`)ノ私煽っちゃいましたかねw」を決められたスペース戦艦の劇場版セットを買って少しお釣りが来るくらいの物ですからね…
まぁ、私もリン・ミンメイの歌を聴くよDVD‐BOXなど購入してしまったので、その分の補填にもなるかなぁなんて勝手に思ってはいます。
それにしても「スペース戦艦は」劇場版だけで4万ですか…結構なお値段ですね、TVシリーズも含めると私が過払い金が返還された喜びで購入したルパン三世のTVシリーズのDVD‐BOXの値段を超えそうですね…大人の趣味とは言えお金が掛かりますね、でも私にとってはその作品を所有している事でいつでも見たいと思った時に見る事が出来るという事がとても嬉しくて、普段溜まったストレスの解消になるのでは…などと思い込むようにしています。
佐藤琢磨選手に関しては私としては競輪ではなく来期にでもまたF1でぜひ走って貰いたいのですが、こればかりはどうなるか分かりませんね…
アイフルやその他3社の大手消費者金融の業績も落ち着いて来たようなので、これからの過払い金返還請求に対しては今までと違ってきちんと素直に返還してもらいたいものですね、楽天KCに関してはヤマトさんが高額のDVDを購入されたようなので私に返還する過払い金は確実にあるはずですからwぜひ素直に返還に応じて貰いたいものですw
2008/05/17 08:08
» アイフル決算発表を追加
こんにちは、先日の大手消費者金融会社の決算報告資料に昨日アイフルが決算発表がありましたので、追加しますが、決算資料から過払い金に関係する数値を拾いましたが、アイフルに関して間違っているかもしれません。過払い金引当額が他社に比べて少ないです。もし詳しく調べられる場合は、各社決算資料を参照願います。

---------------------------------------
過払金返還額(単位:億円)
     武富士  アコム  プロミス アイフル
平成18年度(2006/4/1~2007/3/31)
過払金返還額 641 423 311 363 
営業貸付減額 447 419 387 149
合計  1,087 841 698 512 
平成19年度(2007/4/1~2008/3/31)
過払金返還額 992  760  660 662
営業貸付減額 612   588  495 302
合計  1,604 1,348 1,155 964
利息返還引当額 3,863 3,748 3,163 1,438
営業貸付利率別残高
営業貸付残高 11,953 12,779 11,418 8,178
20%以上 9866 7379 8306 6,296*1
20%以上割合  82.5% 57.7% 72.7% 77.0 *1

*1アイフルの決算資料には20%以下の利率資料が
 無いため25%以下(表記上最低利率)で集計


アイフル決算資料より
③貸付金金利及びみなし弁済
平成12年6月1日付で貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律が施行され、出資法上、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合の貸出上限金利が年40.004%から29.2%に引き下げられ、その違反は刑事罰とされておりますが、当社グループの貸出上限金利はこれを下回っております。また、前述のとおり平成18年12月に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立、公布されております。同法に基づく関係法令の改正は、公布から概ね3年を目処として、出資法の上限金利が29.2%から20%へと引き下げられるとともに、後述の貸金業法上のみなし弁済制度が廃止されることとなっております。当社では、この対応として平成19 年8月1日以降、新たにご契約いただくお客様及び新融資基準により契約が可能なお客様に対して、貸出上限金利の引き下げを実施し、現在18.0%以下としております。これらの規制強化により、収益力の低下、市場規模の縮小によるクレジットコストの増加、その他新たに予定しない費用が発生した場合などには、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。また、利息制限法第1条第1項で、金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、利息の最高限度(元本が10万円未満の場合年20%、10万円以上100万円未満の場合年18%、100万円以上の場合年15%により計算した金額)の超過部分について無効とするとされておりますが、同条第2項により債務者が当該超過部分を任意に支払ったときは、その返還を請求することができないとされております。もっとも、貸金業法第43条により、同法第17条に規定する書面等が金銭貸付時に債務者等に交付
され、かつ、当該超過部分について債務者が利息として任意に支払った場合で、支払時直ちに同法18条に規定する書面が交付され、その支払が同法第17条に規定する書面等が交付された契約に基づく支払に該当するときは、利息制限法第1条第1項の規定にかかわらず、有効な利息の債務の弁済とみなすとされております(以下、当該規定による弁済を「みなし弁済」といいます)。しかしながら、平成18年1月13日の最高裁判所判決において、利息制限法上の上限金利を超過する部分を含む約定利息の返済が遅れた場合に残債務の一括返済を求める特約条項は、利息制限法第1条第1項に定める利息の最高限度を超過する部分の支払に対する事実上の強制であり、特段の事情のない限り債務者が任意に支払った場合にあたらないとしたほか、受取証書への契約年月日等への記載は契約番号で代替できるとする貸金業の規制等に関する法律施行規則第15条第2項は、法律
の委任の範囲を超えており、無効である、との判断がなされております。当社グループといたしましては、これらの司法判断を真摯に受け止め、これを反映した契約書への切り替え等の対応を行なっております。当社グループが現在提供しているローン商品の約定金利には、利息制限法に定められた利息の最高限度の超過部分を含んでいるものがあります。なお、当業界において、貸金業法に定める契約書記載事項等の不備等を理由に、この超過部分について返還を求める訴訟がこれまで複数提起され、これを認める判決もなされております。当社グループに対しても、かかる超過利息の返還を求める複数の訴訟がこれまで提起され、貸金業を営む当社グループが
貸金業法上のみなし弁済の適用を受けるために必要な要件を満たしていないとの原告の主張が認められ、あるいは、和解により超過利息の返還を行った事例があり、その結果、当連結会計期間における当該超過利息に係る現金返還額は73,221百万円となっております。平成18年10月13日、日本公認会計士協会より、平成18年9月1日以後終了する中間連結会計期間及び中間会計期間に係る監査(当該中間連結会計期間及び中間会計期間が属する連結会計年度及び事業年度に係る監査を含む)から適用されるものとして、「消費者金融会社等の利息返還請求による損失に係る引当金の計上に関する監査上の取扱い」(業種別委員会報告第37号(以下「第37号報告」といいます))が公表されております。第37号報告は、将来の利息返還損失の額を合理的に見積る観点から、概ね、(ⅰ)各借主口座の種類ごとの口座数(正常債権口座数、延滞債権口座数、完済口座数、償却債権口座数)に、(ⅱ)合理的見積り期間に係る返還実績率及び(ⅲ)平均返還額を乗じて得られた金額、並びにこれに必要に応じた一定の補正を行
なって得られた金額により、利息返還損失引当金を計上するものとしております。当社グループにおいても当該第37 号報告に従い、前連結会計年度に利息返還損失引当金を362,698 百万円計上しております(営業貸付金に優先的に充当されると見積られたため貸倒引当金に含められた返還見込額195,545 百万円を含みます)。しかしながら、会計上の見積りは、過去の返還実績や最近の返還状況などに基づき見積られているため、これらの見積り
上の前提を超える水準の返還請求が発生した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/16(Fri)10:39:42 編集
» Re:アイフル決算発表を追加
Yoshiさn、おはようございます。
いつも様々な資料や情報の提供、本当にありがとうございます。
今回はアイフルの決算資料や過払い金返還に関してのパブリックコメントですね、私が特に気になったのはやはり後半にあるアイフルの過払い金にとみなし弁済などに関してのコメント部分ですね。
普通に読んでいると最もらしい事が書いてあるのですが…そこまで分かっているんなら不当な利得は素直に返還しろよ!などと思ってしまいますね。
過払い金返還で財政が圧迫されるという事は不当利得での収益を柱とした経営戦略を以って営業を行っていたという事は明白であるとも思えますので、やはりこれからが消費者金融業界にとっては大きな転換期になるという事なのでしょうね。
2008/05/17 08:23
» 消費者金融2社 行政処分へ
こんにちは、
三和ファイナンス、武富士が行政処分されるようです。NHKでは朝のニュースで放送され、TBSでは昼のニュースで報道されたようです。

---------------------------------------
消費者金融2社 行政処分へ 5月16日 7時2分
金融庁は、消費者金融業界で中堅の「三和ファイナンス」の支店で悪質な取り立てがあったとしてこの支店を対象に大半の業務の停止を、また、業界大手の「武富士」に対しては利用者の情報の管理などに問題があったとして業務の改善をそれぞれ命じる行政処分を行う方針を固めました。関係者によりますと、東京・新宿区に本社を置く中堅の消費者金融、三和ファイナンスの埼玉県内の支店で違法な取り立てが行われていたということです。このため、金融庁は三和ファイナンスの問題のあった支店に対し、返済の受け付けを除いた大半の業務の停止を命じる行政処分を、16日にも行う方針を固めました。三和ファイナンスは、去年の4月にも組織的に悪質な取り立てを繰り返し行っていたとして、すべての店舗を対象に大半の業務を1か月半停止するよう命じる行政処分を受けています。一方、業界大手の武富士については、利用者の情報管理や取り立ての方法に問題があったとして、金融庁は16日にも業務の改善を命じる方針を固めました。
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/16(Fri)12:34:32 編集
» Re:消費者金融2社 行政処分へ
Yoshiさん、またまたおはようございます。
三和ファイナンス、そして武富士も行政処分ですか、三和の行政処分については特に驚きもないですが、武富士も未だに行政処分を受けるような事を行なっていたんですね。
大手消費者金融4社がせめぎ合い生き残りを賭けている中で、今回の行政処分は武富士にとっても大きなマイナス要素になるのではないかなぁなんて事も考えてしまいますね。
各消費者金融に対する行政処分に関しての詳細は新たなコメントを頂いたようで、ありがとうございます。
私もぜひ記事を読んでみますね。
いつも多くのコメントや多くの方へのアドバイス、ありがとうございますね。
Yoshiさんの情報収集やその解析には頭が下がる思いですし、他の過払い金請求を行っている方を気遣ってくださる気持ちがとても嬉しく思います。
2008/05/17 08:44
» おはぎさんへ
ルパンさん、みなさん、ご無沙汰してます。
私の状況は、三和ファイナンスの差し押さえた口座が供託となったので、配当の割合の決定を待ってるところです。強制執行がこんなに時間がかかるものだとは、思いもよらなかったです。

おはぎさん、エイワの取引履歴が揃ったのですね。ひとまず、おめでとうございます。請求書を送るかどうか迷ってるようですが、送っても意味がないので、すぐ提訴されたらいいですよ。あと、この会社は、裁判でも出廷してこないので、裁判官からの「和解されては?攻勢」こそが、敵でした。
エイワは期日を2カ月先にしてほしいとか言ってくる時があるのですが、延ばしたところでまともな準備書面も出てきません。裁判を舐めてる、不誠実な会社です。
頑張って、過払い金を取り返してください!
きょぱん 2008/05/16(Fri)13:56:46 編集
» Re:おはぎさんへ
きょぱんさん、お久しぶりですね、おはようございます。
三和ファイナンスへの強制執行、やはりかなり困難を極める状況のようですね、先日の過払い金返還請求一斉提訴などの動きから少しでも状況が改善されれば良いなぁ…とは思ってはいるのですが中々難しそうではありますね…
そして、おはぎさんへのエイワに対する過払い金請求に関するアドバイスありがとうございます。
やはり経験者の言葉は非常に有益ですね、エイワも三和も過払い金返還に関しては相当に難敵ですからね…
裁判を舐めているというよりも過払い金(不当利得)に関する事全てを舐めているんでしょうね、過払い金を全て返還してからとっとと逝ってしまってくれればいいんですけどね…
きょぱんさんも三和への強制執行、本当に大変だと思いますが何とか頑張って下さいね!
2008/05/17 08:55
» 三和ファイナンス行政処分
こんにちは、金融庁ホームページに三和ファイナンスに関する行政処分の内容です。
支店長自ら強引に回収していると言う事は、かなり資金繰りが苦しいのでは無いでしょうか。もちろん回収したお金は差し押さえされていない方法で、たぶん個人名義の口座が使われているのでは無いでしょうか?または現金をそのまま本社にもって行くとか考えられますね。本当にひどい会社ですね。
---------------------------------------
平成20 年5 月16 日 関東財務局
貸金業者に対する行政処分について
1.三和ファイナンス株式会社(以下「当社」という。)については、当局による報告徴収の結
果、以下の事実が認められた。
(1)旧貸金業の規制等に関する法律第21 条第1項(取立て行為の規制)関係当社大宮西口支店長(貸金業務取扱主任者)は、債権の取立てに当たり、親族に無断で親族名義の借入れを行った者(以下「実質的債務者」という。)に対し、社内規則を無視して本社に報告することなく、早期一括弁済を促すため、親族名義で借入れを行った行為について「詐欺である、警察沙汰にする」旨の発言を行った。更に、後刻(同日中)架電した際に実質的債務者より一方的に切電されたことから、再度、連絡を取ろうとして実質的債務者の携帯電話に約30 分間で少なくとも23 回の架電を行い、実質的債務者を困惑させた事実が認められた。
(2)旧貸金業の規制等に関する法律第19 条(帳簿の備付け)関係上記(1)の交渉経過の一部について旧貸金業の規制等に関する法律第19 条の帳簿に記載していなかった事実が認められた。
2.本件は、当社が昨年4月、多数の法令違反が認められたことから業務停止処分を受け、法令等遵守意識の浸透・徹底など内部管理態勢の抜本的な改善に取り組んでいる途上でありながら、社員に対し法令等遵守を指導する立場にある貸金業務取扱主任者である支店長が法令に違反する行為を行ったものである。更に、当社においては、
① 社員に対する法令等遵守意識の徹底・浸透が図られていなかったこと。
② 本社の貸金業務取扱主任者に対する監視態勢が不十分であったことから、当局が当社に対して事実確認を行うまで当該事案を発見できなかったこと。
③ 本事案の発生について、同一営業店内の他の社員も気付かないなど相互牽制が機能していなかったこと。など、重大な問題が認められた。
以上のことから、本日、当社に対し、貸金業法第24 条の6の4第1項及び同法第24 条の6の3の規定に基づき、下記の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。

(1)業務停止命令
平成20 年5月26 日から同年5月30 日までの間、大宮西口支店の業務の全部(弁済の受領に関する業務、訴訟又は調停に応ずる業務及び関東財務局が特に必要と認めた業務を除く。)の停止。
(2)業務改善命令
資金需要者等の利益の保護を図るため、以下に掲げる事項について業務の運営の改善に必要な措置を講じること。
① 法令等遵守に取り組む経営姿勢の明確化
② 経営管理態勢の充実・強化(過去に受付けた苦情の総点検、内部監査態勢及び苦情対応態勢の充実・強化、営業店における厳正な事務処理の徹底、相互牽制機能の充実・強化を含む)
③ 貸金業務取扱主任者に対する本社の管理機能の充実・強化
④ 貸金業務取扱主任者の資質の向上と役割に係る認識の徹底
⑤ 社員に対する取立行為規制を始めとする法令等遵守意識の醸成及び徹底
上記①から⑤までに関する業務改善計画(具体策及び実施時期を明記したもの)を平成20年6月16 日までに提出し、以後、計画の実施完了までの間、履行状況を3か月ごとに報告すること。
(参 考)
三和ファイナンス株式会社の概要
1.商 号 三和ファイナンス株式会社
2.代表者 小和田 克人
3.主たる営業所等の所在地 東京都新宿区西新宿8丁目2番33号
4.登録番号 関東財務局長(8)第00409号
5.登録(更新)年月日 平成17年11月27日
連絡・問い合わせ先
関東財務局 理財部 金融監督第5課
電話048-600-1152
(ダイヤルイン)
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/16(Fri)17:13:25 編集
» 武富士の行政処分
続けて武富士の行政処分の内容です。
この行政処分を見ると、回収した場合には、受取書の交付以外に、具体的な回収状況を記載して保存しなくてはいけない事になっているようですね。
もし、回収時に困ったことがあれば、記載された内容と違うことも違反になるようです。取立てで困った時を想定して、ぜひ録音出来る物を持ち歩く必要がありますね。
---------------------------------------
平成20 年5 月16 日 関東財務局
貸金業者に対する行政処分について
1.株式会社武富士(以下「当社」という。)については、当局による立入検査及び報告徴収の結果、以下の事実が認められた。
(1) 旧貸金業の規制等に関する法律第19 条(帳簿の備付け)及び第18 条第1項(受取証書の交付)関係貸付けの契約に基づく債権の取立てに当たり、担当者が、社内規定に違反して集金を行った事実や債務者の親族に債務内容等を開示し弁済を受けた事実等の発覚をおそれ、これらの事実に係る交渉の経過について、旧貸金業の規制等に関する法律第19 条に規定する帳簿に記載していない事例及び事実と異なる記載を行った事例が複数店舗において認められた。また、これらの事例の中には、旧貸金業の規制等に関する法律第18 条第1項に規定する受取証書を交付していない事例や、債務者以外の者から弁済を受けたにもかかわらず、当該弁済者に対し受取証書に債務者本人の名前を記入するよう促し、故意に債務者本人から弁済を受けたかのような受取証書を交付した事例が認められた。
(2) 旧貸金業の規制等に関する法律第21 条第1項(取立て行為の規制)関係担当者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てに当たり、集合住宅である債務者の自宅を訪問した際、在室中の債務者の親族が「ドアを蹴られた」と認識するほどドアを強くノックしたうえ、玄関前において「貸した金返せよ」等の文言が入った携帯電話の音楽を流すといった行動により、債務者の親族を困惑させた事実が認められた。
2.本件については、当社の内部監査や苦情により判明し、不備の是正が行われているほか、当社においてそれらの再発防止に向けた取り組みも実施されている。しかしながら、社員に対する法令等遵守意識の徹底・浸透等に関し、なお一層の改善が必要であると認められることから、本日、当社に対し、貸金業法第24 条の6の3の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
             記
資金需要者等の利益の保護を図るため、以下に掲げる事項について業務の運営の改善に必要な措置を講じること。
① 法令等遵守に取り組む経営姿勢の明確化
② 社員に対する法令等遵守意識の醸成・徹底
③ 営業店における厳正な事務処理の徹底と相互牽制機能の充実・強化
上記①から③までに関する業務改善計画(具体策及び実施時期を明記したもの)を平成20 年6月16 日までに提出し、以後、計画の実施完了までの間、履行状況を3か月ごとに報告すること。
(参 考)
株式会社武富士の概要
1.商号 株式会社武富士
2.代表者 近藤 光
3.主たる営業所等の所在地 東京都新宿区西新宿8丁目15番1号
4.登録番号 関東財務局長(9)第00020号
5.登録(更新)年月日 平成19年12月20日
連絡・問い合わせ先
関東財務局 理財部 金融監督第5課
電話048-600-1152
(ダイヤルイン)
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/16(Fri)17:24:00 編集
» 金融庁が活発になってきました。
お久しぶりでございます。
 アイフルが過払い射程に入ってきました。最近は虎視眈々と訴訟準備をしております。
 さて、今回金融庁が行政処分を連発しているようですが、この裏にはどうも消費者庁が設立際に消費者金融もこの管轄になるのが原因のような気がします。(昨日、福田首相が消費者庁管轄にするよう指示したそうです。)
 なので、これからの金融庁の動きに注目です。が
結局、この業種を管轄することは甘い蜜がたくさんあるということなんでしょうね。この先、どうなることになるでしょうか?どっちになってもそんなに変化はないような気がしますけど・・・
 それではまた。
 
窮す虎を噛む 2008/05/17(Sat)00:56:48 編集
» Re:金融庁が活発になってきました。
窮す虎を噛むさん、お久しぶりですね、こんにちは。
といっても結構私、窮す虎を噛むさんのブログを覗きに行っていますのであまりお久しぶりという気もしないのですがw
まずはアイフルが過払い金返還請求の射程に入ってきた事と新たなPCの完成、そして禁パチンコ、おめでとうございます。
アイフルに対する過払い金請求はぜひ早めに行う事が出来るようになると良いですね。
消費者庁の設立に関しては先日、貸金業法を消費者庁に移管する方針を福田首相が打ち出しているようですが金融庁側の反発は物凄く大きいようですね。
まぁこれにも様々な理由があるようではありますが、私達にとってはあくまで消費者保護を大前提とした省になってくれる事だけを願って止みませんね。

PS先日、窮す虎を噛むさんがブログで書かれていた青山学院大学准教授のブログ、炎上しているようですね、大学側も本人も火消しに躍起になっているようですね。
私もやはり永山基準などはともかく人の命を0.5などという基準で考える事や彼女の考え方には賛成出来かねますね…
>選挙権がないから。選挙権もないのに、義務だけあるのは気に入らない。
私にはこれ意味不明です、このようなコメントからも彼女のような人が国際政治学に携わっている事が不快でなりません。
まとめサイトなどを読んでみると、この人本物の基地外なのか単なる目立ちたがりなのかも知れませんね…

2008/05/17 09:28
» ネクストさんへ
逆襲のルパンさん、皆さんこんばんは。

ネクストさんへ。

参考になるか分かりませんが、私と武富士のやり取りについて、ちょっとだけ書きます。

私と武富士との取引は、約20年間に及びその間に完済、限度額の変更、利率の変更があり、限度額、利率の変更時にはネクストさん同様「カードローン契約証書兼告知書」等の発行がありました。

8年間取引したのち完済し、1年2ヵ月後に再借入し、再度完済しその2ヵ月半後に、限度額及び利率の変更を伴う借入をしました。

上記の事を考慮せずに、一連一体とした引き直し計算による過払い金及び6%の利息の請求と慰謝料の請求をしたところ、武富士から電話があり、「17条、18条の書面の交付による、みなし弁済の適用と悪意の受益者ではない事は立証できないから、請求された物は仕方ないが、慰謝料についてはそちらで立証出来なければ、支払えない」みたいな(完璧には覚えていません。すいません。)内容でした。

これは私個人の意見ではありますが、一連一体として計算し、過払い金が発生している状況で一度、請求書を送り武富士の対応をみるのもアリかと思います。

参考になるかなぁ?
あきパパ 2008/05/17(Sat)02:58:43 編集
» ネクストさんへ②
逆襲のルパンさん、皆さんこんばんは。

武富士に請求書を送ったのは、今年の3月26日で、武富士から電話が来たのは4月になってからです。

今年の3月5日に、セブン銀行から武富士に入金した明細には「基本契約日」「最終変更契約日」が記載されてました。

勿論、私の基本契約日は1988年なので、一連一体として請求出来ると思っています。
あきパパ 2008/05/19(Mon)01:12:12 編集
» レイク
ルパン様

お久しぶりです。明日、第二回の口頭弁論です。
アコムとは希望額の和解ができそうで、先週期日の延期をしました。
アコムに上申書を出してもらって和解に代わる決定をした方が早く終わるし、郵券の無駄を省けた様な…と交渉の後に気が付きました。
まぁ、希望額まで行けたので、良しとしました。

残る敵はレイクとワールドです。
レイクはこちらが希望している和解金額より8万も
下げて上申書を出してきました。
レイクからは、「弁護士先生に担当が移っています」って言われ、担当の弁護士からは
「満額に近い金額なので、会社がどう判断
するかは分かりませんが…」って言われました。
一体誰が、減額した金額を決定したのかい?って感じです。
弁護士先生がせこいのか、はたまたレイクがせこいのか。
当日出席もないので、裁判官の「和解」攻撃に耐えるのみです…。聞かザル化してきます。
きっとワールドは担当者が出てくるので、3回、4回と長引くことが予想されます。
頼むから、全額早く返還してちょ~~~だいっって
感じです。1ヶ月に1度の裁判、育児に追われて訴状の内容も忘れちゃいます。(> <;)
へたれ 2008/05/19(Mon)23:39:53 編集
» Re:レイク
へたれさん、お久しぶりですね、こんにちは。
まずはアコムへの過払い金返還請求訴訟和解が成立出来そうという事で、おめでとうございます。
まだ来は抜けないでしょうが、取り敢えずはお疲れ様でした。
確かにへたれさんも思われたように訴訟内で和解に代わる決定を出して貰った方が良かったかも知れないという部分も多少なりにありますが、まぁへたれさんが納得出来る金額で和解出来た事が一番であると思いますよ。
ここは良しとして、次に控えているレイクとワールドに対する過払い金請求、頑張っていきましょう。
レイクは現在会社自体が非常に微妙な立場なので何とも言えませんが、私の頃は大きな争点(履歴の不開示による推定計算や0計算などや分断案件など)で無ければこのまま突っ張っても問題は無いと思いますが、確かに和解しろしろ攻撃の方が問題になるかも知れませんね…
ワールド…私はここの会社あまり良く分からないのですが、担当者が出廷してくるのなら、相手がどんな主張をしてくるかを聞いてからの対応になるでしょうから確かに少々時間は掛かってしまいそうですね。
育児に過払い金請求、その両立は大変だと思いますが、少しずつ解決に向かっていますね、最後まで頑張ってゆっくりと穏やかな環境でお子様を育てられるようにして下さいね。
また何か進展有りましたら、コメントして下さいね。
2008/05/20 10:26
» 3和とエイワ

ルパンさん、皆さんこんにちは。

ついに金曜に訴状を提出出来ます。
今日、エイワの引き直し算をしたので。
両方とも少額ではありますが、債務0になるだけでも良いので。
そして質問なのですが、次の金曜に支払日も来るのですが、過払いが発生しているし、訴訟するので支払いはしなくて良いのですよね?
それと、支払いについてもし催促の電話があったら、
【過払いが発生しているので支払うことはないと思います】
と言えば良いのでしょうか?

寝不足と慣れないPCとのにらめっこで疲労感たっぷりですが、これから帰って訴状を書きたいと思います。

そしてこちらですみませんが。。。
Yoshiさん、きょぱんさんありがとうございます。
過払いが発生してましたので訴訟します。
請求書を送らないといけない場合もう1度支払いしないといけなかったので、そのぶんを印紙代や切手代にあてようと思ってるところです。
周りに過払いに関して詳しい人が居ないので皆さんのアドバイスがとても有り難いです。
長期戦になりそうですが、最後まで頑張ります。

それからきょぱんさんへ。
エイワが裁判に来ないとの事ですが、私の借り入れをしている支店は裁判所の隣街なのですが、それでも来ないですか?
質問ばかりですみません。

おはぎ 2008/05/20(Tue)13:40:37 編集
» Re:3和とエイワ
おはぎさん、こんにちは。
いよいよ提訴ですか、三和にエイワ、2社とも難敵ですが気合を入れて頑張って下さいね。
おはぎさんのコメントから推察してのアドバイスという事になりますが、引き直し計算をしたら若干の過払い状態になっている、最悪債権債務0確認をお互いの間で交わす事が出来れば良い、という事ですよね?
そして請求書送付は飛ばして、即提訴、という事でしたら提訴後には絶対に支払い(返済)をしてはいけません、過払い金請求を行なうという事はこちらが既に債権者になっているという事を主張する訳ですから、支払い(返済)という債務者が行なうべき行為を行なってしまうと非債弁済に当たってしまい厄介な事になる可能性が大きいです。
もしも、三和やエイワから返済に関して連絡などが直接有ったら、「過払い金が発生しているため裁判所に民事訴訟を起こした、過払いが発生している以上これ以上支払う必要は無いと考えている!この件に関して意義があるなら訴訟上で話しましょう( ゚∀゚)アハハハ八八八ノ ヽノ ヽノ ヽ/ \/ \/ \ 」とでも言っておいてあげて下さい。
それから、裁判所への距離とか関係なく、会社の方針として裁判所への出廷はして来ないのではないかと思いますよ。
代理人が出廷してくる会社は簡裁案件の第一回からでも出廷してきますし、して来ない会社は地裁の2回目以降でも出廷して来ません、そんなもんみたいです。
慣れない作業でお疲れ気味のようですが、まずは訴状の提出までは頑張って下さいね、訴状さえ裁判所に受理して貰えれば後は少し時間が出来ますのでその間にまた先の事を考えたり、訴訟について学んでいけば良いと思いますよ。
質問、全然構いません、私に分かる事でしたら出来るだけアドバイスさせていただきますよ、おはぎさんも言われているように長期戦になる可能性もありますが借金が0になるその日まで頑張りましょうね。
2008/05/20 15:46
» 余談
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

何を今更の話ですが、過払いが発生する要因となったのは「利息制限法」と「出資法」という2つの法律に定められた上限利率の違いです。

すべての貸金業者が出資法で定められた「みなし弁済」の要件を満たさないことから、過払い問題は生じていると言えますが、もう一つ最近提唱されているのが別の法律「消費者保護法」に定められた年14.6%(日歩4銭)という金利です。

公共料金などにある「遅延利息」などは、この法律によって上限が決まっておりこれを超えて収受することが出来ないことになっています。

裁判でどう主張するかは自由と言うのがタテマエで、もし認められるとなると大きな金額の差異が生じます。
適用される法律の解釈は判事にゆだねられますが、かつては返還に際する利息が民法所定の5%か商法の6%で下級審での判断は分かれています。

返還に際する利息に関しては最高裁の判例で民法の5%と言うのが定着しましたが、商法の6%を主張して提訴することは今でも可能です。

解決済み案件を今更ですが14.6%で引きなおしてみると年収に匹敵する金額が叩き出されます。

法の施行時期の問題や、今までこの条文での提訴は聞いたことが無く、実際に認められるかは疑問ですが、利息制限法自体もインフレ時代・高度成長時代に制定されてから金利制限の見直しは行われておらず、低成長・低金利が続く市場情勢からは実情を逸脱した高金利を助長する悪法という見方すらあるワケです。

14.6%が適用されるかどうかと言うのは話半分以下ですが、みなし弁済の要件を満たさない貸付は15~20%という利息制限法所定の金利で計算されるべきであると言うのは最高裁の判例として確定しています。

みなさんも希望通りに過払い金が返還されて、ヤマトのように次のDVDは何にしようかと真剣に考えられる生活を取り戻してください。

追伸
「スペース戦艦」が到着しました。「ヨミウリの星」同様「在庫あり1~3日で発送」となっており、翌々日くらいに来るかなぁなんて思っていたけど土日を挟んだ為か金曜発注月曜発送で受取は昨日でした。でも、よくよく考えたらヨミウリもまだ見終わってないし時期尚早だったかなぁ?
ヤマト 2008/05/21(Wed)05:59:33 編集
» Re:余談
ヤマトさん、こんにちは。
過払い金返還に関する遅延利息に関する事ですね、確かに現在の過払い金返還請求訴訟においては民事法定利息の利率である年5分というのが最高裁の判例から一般的になっていますね。
私が過払い金返還請求を行なっていた時期が、この過払い金に対する利息の利率は民事の年5分か?商事の年6分か?という議論に終止符が打たれた時期でした。
その為、私は一部の貸金業者からは年6分の利息を付して過払い金を返還して貰う事も出来ました(まぁこれは時期と相手が良かっただけかも知れませんが…)
ヤマトさんも指摘されているように現在でも商事法廷利率の年6分を主張する事は可能ではあると思います(ただし提訴の際に指摘されても訴状をそのままで受理して貰える位の法的根拠や理論構成は必要にはなってくるでしょう。)
昔、今でも続いているのかは分かりませんが、過払い金に対して出資法制限利率である年29.92%の利息を求めて訴訟なんていうのが某巨大掲示板の情報などでありましたが、これもどのような裁判結果になったのか、実際に有った事なのかすらも私には分かりませんが、このような最高裁の明確に示す基準とは異なる主張で訴訟を行なうのは素人には厳しいという事に間違いは無いでしょうね。
過払い金返還請求訴訟を個人で行う事がここまで容易になったのも、一部の法曹界の方達のおかげであると思います、やはり今後の過払い金返還請求においても何か画期的な変化を起こす事が出来るとしたら私達のような法の素人だけではなく法曹に携わる人間の多大な努力が必要なんでしょうね…
私達に出来る事は限られていますからね…まずは過払い金請求をもっともっと一般的なものにするための努力、私はこれしか出来ないのでこれだけを少しずつでも行なって行きたいと思っています。
少しでも多くの人に広まりを見せれば何か画期的な変化が起こる可能性も0では無いですしね。
そのための過払い金返還請求を広める草の根活動だと思っています、ですから
ヤマトさんや皆さんのご協力をいつも感謝しています。
今後とも、よろしくお願い致しますね。

PS「スペース戦艦」無事にご到着おめでとうございます、劇場版シリーズですかね?それともTVシリーズですか?
何でしょうね、あのDVDなどを注文してから届くまでのワクワク感っていうのは?いくつになっても不思議なものですねw
「スペース戦艦」、時期尚早ですかね?
私は欲しかったDVDが期間限定で手に入れられ無かったという過去の経験からか期間限定だとかなり悩んでしまうんですよね…
私も仕事や何やで中々作品をゆっくり見返す時間は無いんですけどね…
まぁ、これも過払い金を無事取り返してクダラナイ賭け事などは辞めて、普通の穏やかな生活を送る事が出来るようになった自分にとってのストレス解消兼小さな贅沢と考えてはダメですかね?
2008/05/21 10:18
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]