忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

<パチンコ>5月の倒産は最多11件 一獲千金狙う客減る

民間調査会社の帝国データバンクが12日発表したパチンコ業者の動向調査によると、5月の倒産件数は11件(負債総額147億円)に達した。単月で2ケタになったのは昨年8月以来だが、当時は同じグループの連鎖倒産があったため、実質的には集計を始めた05年度以降最多。規制強化でギャンブル性の高い機器を交換する費用がかさむうえに、消費者金融業者が貸金業規制法改正による上限金利引き下げを前倒しし、新規融資を絞ったあおりで、借金して「一獲千金」を狙う顧客が減ったためだという。
04年の風営法施行規則改正で、ギャンブル性の高い人気機種を6月末までに交換する必要があり、業者の設備投資負担が増していた。経営悪化に拍車をかけたのが顧客離れで、その一因になったのが、「消費者金融の融資抑制」というのが帝国データの分析。金利引き下げに伴い、融資の焦げ付きを減らしたい消費者金融業者は、新規融資に慎重になっている。融資申し込みに対し、実際に貸し付けた割合は4月で約4割(大手4社平均)と、前年同月の約6割から大幅に低下した。
パチンコ専門誌、プレイグラフの額田淳一編集長は「ギャンブル性の低下もあり、消費者金融から借りてまでパチンコをする人が結果的に減っている」と分析し、「高い射幸性で30兆円産業に膨れ上がっていた状態を正常化する過程と言える」と指摘している。(毎日新聞引用)

パチンコ・パチスロの話題です(*・ω・)ノ
いやぁ、見に覚えがあります…私も昔は大好きでした、暇があればパチンコ屋に通っていた時期もありましたね・・・
ただ、ミリオン・ゴッドなどの射幸心を煽るような機械が出た頃には、もうほとんどパチンコやパチスロをする事は無くなっていたので現在生き延びられているのかもしれません('д` ;)
確かに手軽に出来るストレス解消方としては有りなのかも知れませんが、先進国で朝からパチンコ屋の前にいい大人が行列を作っている光景は異様ですよね( -д-)
節度を持って、自分の小遣いの範囲で遊べるなら良いのでしょうが、なかなか難しいですからね。

私は、過払い請求を行なった過程で色々と考え方も変わってきていて、おそらく今後の人生でパチンコやパチスロをする事はほとんど無いでしょう、一度通ってしまうと癖になってしまいますが、1,2週間くらい行かないでいると結構やりたいとも何とも思わなくなります。
ちなみに私の場合はそうでした(。・ω・)

パチンコやパチスロで作った借金の返済をして、現在、過払い金請求をしているという方も中にはいるとは思いますが、過払い金を取り返しても同じ事は繰り返さないように気を付けましょうね。
お金が無くなるのは早いものなので、せっかく過払い金が戻って来てもパチンコやパチスロで毎日何万も無くなっていってしまっては悲しい事なので、過払い金を使って何か他のあまりお金の掛からない楽しい趣味を見つけましょう。
毎日、パチンコに行く事を考えれば結構色んな事が出来ると思います。

還って来た過払い金は大切に使いましょうね(・∀・)ノ

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
オイラもここ数ヶ月パチスロをしていません。
数週間しないと、もうパチスロがバカらしく、くだらないものに思えてくるから不思議(?)ですね。(ってそう思うのがあたりまえ!)
話は変わりますが、オイラ利息制限法への引きなおし計算をした時にふと、迷った事がありました。
というのは最初50万円の限度額の契約でしたが、増額を重ね、最後には160万円の契約になりました。さて、その場合、最初は利息制限法18%で計算していき、借入額が100万円を超えた時点で15%で計算していきました。
しかし、人によっては、包括契約は借入限度額で法定利率を適用という人もいますし、そういう高等裁判所の判決もあったようです。(平成16年11月12日福岡高裁 )
ルパンさんはどうしてますか?
よかったら教えてください。
借金野郎 URL 2007/06/14(Thu)23:23:27 編集
» Re:無題
借金野郎さん、それは過払い金返還請求訴訟でかなり熱い争点の1つですね。
私個人の考えとしては、借入残高が100万を超えたら15%と考えていますが、訴訟上では利息制限法での引き直し後の残高を基準に考えられる事が多いようですね。
これは利息制限法の示す元本とは何を指すのか?という問題だと思います。
借入限度額や極度額での主張が出来ない事はないですが、私の考えとしては現実的ではないですね…
これについても最高裁による判例が、ぜひとも欲しいところですね。
2007/06/15 01:14
» 無題
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

自分は地裁案件となる会社については専門家に任せてしまった理由のひとつとして15%適用に関する部分への法的見解が不十分であることも理由のひとつだとご報告してきたかと思います。

各法律の「読み方」というか、実際の運用上の対応について下級審での判断が異なることなど珍しいことではなく、最高裁での「判例」が無い以上法律の専門家である弁護士等の「見解」ですら、個人的な「予想」の範疇に留まってしまいます。

例えば現在の上限金利である29.2%での契約は「出資法上」の上限であるだけでなく、利息制限法上での上限金利であるとの話を前回にしましたが、出資法に言う「みなし弁済」ほどの厳格な用件ではなくても、実際に「遅延損害」として利息制限法上有効な利息として収受するための要件として期日の明記や、遅延の場合の利率を明記することが要求されています。

そのため上限の金利として利息制限法上考えられうる上限金利で契約することは認められる(将来の契約履行に対する約束として)が、実際に収受できる利率は利息制限法の規定までという考え方を言う専門家もいます。

このことは利息制限法に言う遅延損害金相当の利率が、平成12年6月1日以降正常金利の2倍までとされていたのが、1.46倍までと制限されたことを受けて出資法上の利率が引き下げられたことにも起因します。

強行法規として制定されている利息制限法ですから、仮に過払い元金の8割という「訴訟前和解」の場合、結果として法定利息を超えた金員を収受したことにもなります。

信義則上問題はありますが、和解を反故にして訴訟し勝訴する可能性もありますし、(この場合は業者側が過払いの5%、60万円に対して3万円という和解案)簡裁で差額について支払いを命じたの判例もあります。

いろいろなことを学ぶというより、お金に対する考え方、借金をしていたという事実、ヒシヒシと感じる次第です。

昨日を回答期限としたオリコから連絡がありました。
結果だけ言いますと再び回答を引き延ばされました。
訴訟前に双方が納得できる金額を提示しての和解前提という合意は出来ていたのですが、その合意の形成が6月7日の最高裁判決と「行き違い」になっていること、他の事例と含めて見直し作業を進めているとのこと。
判決を真摯に受け止め対応の強化をしたくとも人員の増員には困難があり、ご理解頂きたいとの申し出があり、来週早々までの金額提示を行いたい旨の通告があり、今一度の猶予を了承しました。

最後になりますが、裁判期日すべて決定しました。なぜかアコムだけはやたら早く来月初旬、アイフルは前日決定したクオークローンと同じになりました。こうして考えるとオリコ待ちはただの時間の空費だったとも思えて、対オリコ戦への気概すら沸いてきます。
ヤマト 2007/06/15(Fri)06:13:03 編集
» Re:無題
ヤマトさん、おはようございます。
利息制限法に出資法、明確な判断の出来る法律と言うのは少ないものです。
原告、被告のどちらからでも自分の都合の良いように主張の出来る法律が多くあるのが民事訴訟であると私は思います。
だからこそ、民事訴訟の解決の基本は和解とされているのかも知れません・・・
判事や弁護士などによっても、法律によっては解釈は違うと思いますし現実にそうなっていますよね、だから私たち素人が過払い金請求が出来る現在の状況があるのだとも考えています。
いくつかの最高裁判決によって現在の状況は生まれています、これはこの状況を作り出してくれた法曹界の方達に感謝しなければいけない事だと思います。
例として出された15%の利率適用の部分でも、私のような素人は主張は出来たとしても、訴訟上でその主張を法的に構成して維持していく事は困難であると思います。
だから素人の私はこの過払いブログ内ではあまり法律論を展開する事は無いと思います、それは皆さんに理解していただけたら幸いです。
結局は訴訟上において実務的な判断が下されている範囲でしか私には説明は出来ませんから・・・
オリコの件、待った時間が無駄にならないと良いですね。
私も1件1ヶ月半という時間を無駄にされていますので、気持ちはお察しいたします。
期日も決まった事ですし頑張って下さいね。
2007/06/15 08:17
» 無題
こんにちは借金野郎です。
ご丁寧な回答ありがとうございます!
過払い請求の手順をひとつひとつ確認していくと、「これはどうするの?」という場面に多々いきあたりますね。
僕は司法書士にまかせてしまったんで、当時は深く考えなかったんですが、これから過払い請求を考えている人にとって少しでも参考になればと思っています。
もっと過払い請求をしってもらうために、草の根活動がんばりましょう!
借金野郎 URL 2007/06/16(Sat)10:48:24 編集
» Re:無題
借金野郎さん、こんばんは。
いくら簡単に行なえるようになってきた過払い金請求といっても、法律や裁判の行い方、また訴訟上の専門用語など、私たち素人には難題は多いですね。
今後も過払い請求を少しずつでも広められるように頑張りましょう。
2007/06/17 00:30
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]