忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
大手消費者金融 「総量規制」で3社しか生き残れない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000003-jct-bus_all
J-CASTニュース引用)

上記URLのニュース記事ですが、記事タイトルの「大手消費者金融 「総量規制」で3社しか生き残れない
」という事について論じています(・∀・)

転載して紹介させていただこうかと思ったのですが、(長い+へぇそうなんだ…)といった程度の内容だったので全文掲載は控えました…

簡単に説明すると大手消費者金融の資金調達コストや総量規制に関して論じられていましたが、俺は昨日の日記でも紹介したように、こちらが思っている以上に大手消費者金融4社ともしたたかだと思っていますので、しぶとく4社とも生き残るような気がするんですけどね、まぁそれはどうでも良い話ですね(・∀・)

俺達のような過払い金返還請求を行う者が、過払い金返還請求を終えた後には、そのほとんどの人がもう2度と消費者金融から金を借りようとは考えないと思いますので、しっかりと過払い金を返還さえしてくれれば大手消費者金融が何社残ろうが興味は無いですね(´д`;)

それに、この記事の中にもあったのですが、最近では単独の消費者金融系だけではなく銀行系や流通系などのカードローン事業への進出が目立ってきていますよね、しかもその中にはかなりの低金利商品が多いですね。
これに関してはやはり資金調達コストの関係というのは大きいのでしょうね、例として考えても東京三菱UFJ系ならば消費者金融だけでも、DCキャッシュワン・モビット・アコムという3社もの消費者ローンが存在している訳ですしね、やはりメガバンクの後ろ盾(強大な資金力)というものは凄まじいものなんでしょうね(  -д-)

まぁ、俺の個人的な意見としては、今後どこの金融会社や消費者金融が生き残ろうが消えていこうが別にどうでも構いません、ただそのどちらになろうとも「過払い金」という不当利得金は全てきちんと返還した上で、生き残るなり消えていくなり好きにしていただきたいものですね(`・ω・´)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» CFJの答弁書
ルパンさん こんばんは。
CFJから、ゆうパックで答弁書が送られてきました。噂通りの枚数の多い答弁書でした。争点は、時効、一連計算(完済後再貸付問題)、過払い利息の充当計算です。
時効については、一番古い取引が平成7年に完済しており、その過払い金は時効だとCFJは主張しています。しかしその次の取引までは、84日しか空白がありません。契約番号は連続性がありますが、利率が異なります。36.5%→29.2%になってます。利率が異なる場合、一連計算が認められないケースが多いように思うのですが、どのように主張していこうか悩んでます。
CFJですが、平成19年7月19日・平成20年1月18日最高裁判決は引用せず、平成19年2月13日・同6月7日を引用しています。このあたりが、突破口になるのかな?と考えてます。
きょぱん 2008/02/12(Tue)20:53:49 編集
» Re:CFJの答弁書
きょぱんさん、おはようございます。
CFJの答弁書の内容がよく分からないので何とも言い辛いのですが、その利率の変動は単なる出資法改正による利息の引き下げではないですかね?
契約書の返還や、新たな契約書の提示などの条件はいくつかあるとは思いますが、84日間の空白期間と契約番号の連続性という事から考慮しても一連の取引であったとの主張はし易いと思うんですけどね。
それに、最高裁6.7はともかくとして、きょぱんさんの案件では最高裁2.13を引用しての個別取引の主張は失当のような気もするんですよね…
2.13はあくまで基本契約の無い個別の2つ以上の取引で生じた並列間の過払い金の充当を「特段の事情」が無い限りは認めない、というものですから、ききょぱんさんの案件に当て嵌めて考えてみると…???といった感じですよね。
あくまでCFJが個別契約で第1契約に関しては時効の成立を主張してくるのなら、きょぱんさんはまずはCFJに第1取引と第2取引の際に交わした契約書の開示を求めてみるというのはどうでしょう?
それにきょぱんさんの案件に関しては「期間の接着」を引用しても十分いける可能性は高そうですよね。
2008/02/13 09:39
» 大誤算?
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

先週土曜日UFJニコスより「お問い合わせについて」と題する書類と一緒に金額が記載された和解書が速達で送られてきました。

昨年12月中旬にに電話で履歴の問い合わせをして「開示請求書」を送付して以来7週間以上が経過しています。履歴の請求書に「4週間程度」と書かれていたのですが年末年始を挟んだことを考えてもちょっと怠慢なのですかね?

さてさて、当初は限度額10万円、5年利用、金利29.2%で算出した約6万円という過払い金(元金)ですが、某量販店の提携カードということで金利が低く(とは言え24%)、限度額もショッピングを含めた30万円の内30%、つまりキャッシング用の枠は9万円で利息制限法上20%の範囲内であることが判明しました。

利用期間こそ当初想定の5年より6ヶ月ほど長かったものの、過払い金額は一気に7分の1ほどまでに減じていました。(一部期間に推定計算時期を含む。検証の方法はありませんが、さすがに改竄はしていないと思います)

10年以上前のこととは言っても記憶の曖昧さというのが身に染みる出来事でもあり、キチンとした履歴の開示の必要性を痛感する次第です。

さてさて、元金で数千円、キッチリ5%の金利を頂いても1万円少々という金額に安堵したのか?事前の交渉もなく利息込みで1円単位まで支払うという内容の和解書に不満はなく、早速返送しました。
到達後5営業日以内に振り込むとの記載があり、来週早々に返ってくると思われます。(利息は履歴開示請求書到達日まで。金額が金額だけに振り込み日までとしたところで数十円の違いなので100%と言ってよいでしょう)

今回初めての出来事として返信用封筒に速達分の切手が貼付されていたことが印象的です。
到達→返送での時間短縮効果は2日程度で、履歴開示請求から到達までの時間の遅延を考えると、大したことではないのかも知れませんが、一応の姿勢が感じられてきます。

まだまだ多くの業者が、裁判でなければ返さないという姿勢を貫いています。
中にはそうすることで「減額」を狙うことが戦法とでも言わんばかりの対応をするところもあります。

ある試算では貸金業界全体での不当利得は6兆6150億円(根拠は不明確)というのがありますが、まだまだ返還された金額は数%にとどまるでしょう。

全業者に「速達を使え」とまでは言いませんが、少なくとも今回金額の多寡は別としてUFJニコスの対応に学ぶところもあると思います。
ヤマト 2008/02/13(Wed)04:03:50 編集
» Re:大誤算?
ヤマトさん、おはようございます。
ニコスついに和解成立ですか、少々時間は強いられた上に過払い金の金額もご自身の予想金額とは少し掛け離れたものになってしまったようですが、完全決着、しかも相手の誠意も少なからず感じる事の出来るもので終われた事、おめでとうございます。
この過払いブログのコメント欄にも宇FJニコスに対する過払い金請求に関してのコメントがチラホラとありますが、案件によってはやはり対応が違うと言わざるをえないんですかねぇ…訴訟上で履歴不開示での推定計算などで何回もの弁論を行っている方もいらっしゃるようですからね。
それでも、ヤマトさんに対してのニコスの過払い金返還の対応から判断させていただくと、他の金融会社も学ぶべき部分は多い物だと感じさせられますね。
2008/02/13 10:35
» 無題
こんばんわ。
 早速のお返事ありがとうございました。やはりこの件は後回しにして、次へと思い、○フルへ 履歴開示請求 の電話をしてみました。あれこれ言われるのかと少しドキドキでしたが、思いのほかあっさり、「10日以内に送る」とのことで、まずは一安心。(これからまた、裁判所通いがはじまるのですが)
 ところで、OMCですが、(返信用の封筒)が送られてくるのをずーっと待っているのですが、一週間以上たっても、まだ送られてきません。封筒送るのに、そんなに時間がかかるのなら、これからの交渉はどうなるんだろう。(手紙と電話だけの交渉で裁判起こさなくても和解できるだろうと予想してましたので)
 あまり長時間にわたる交渉になると、私のほうが余裕が無いので、 開示請求裁判 から手がけようかとも考えています。過日の電話でのやり取りで、「こっちは後回しにしても、大丈夫。他の客を急ごう」なんて思われたのかしら?と、疑心暗鬼になりそうです。今週いっぱい待っても、送られてこなければ、裁判所へ行こうと思っています。実質的にはまだ1件も解決してないのに、(三洋からの入金は来月ですし) 「自分でする過払い請求」 って本当に大変ですね。今となってはルパンさんのサイトに書き込んだり、他の方の過払いに関する情報を読むのが一番の救いであり、励みにもなってます。
 ルパンさん、皆さんいつもありがとうございます。
50台主婦 2008/02/13(Wed)20:48:39 編集
» Re:無題
50台主婦さん、おはようございます。
過払い金返還請求、これを知って手を付け始めたばかりの頃は中々思うように事が進まず歯痒い思いも多いと思いますが、これは私も含め多くの方が通ってきた道であると思いますのでめげないで下さいね。
OMCに対しては電話で約束の期日を設けて、その日までに返信用の封筒が送られてこない場合は提訴しますのでその時は一切妥協せずに争わせてもらいます、的な事を伝えてみたらどうですかね?
また、訴額によってはいくらかの金銭的な損害は出ますが、とっとと提訴してしまってから訴外で交渉、その後に和解成立なら訴えの取り下げという手順を踏んだ方が解決が早い場合がありますよ(ちなみに私はレイクに対しての過払い金返還請求がそうでした。)
ただ時間的に余裕を持てるならばあまりお勧めはしませんけどね(訴外和解では郵券代と印紙代が取れない場合がありますので、その分損をしてしまう可能性がありますからね…)
自分の力で行う過払い金返還請求は確かに大変ですが、やればそれなりの結果と充実感、そして今後の人生において大切になってくるであろうと思われる事を多く学ぶ事が出来ると私は思いますよ。
今はゆっくりと知恵と力とやる気を溜めながら色々な先人や同士の方の経験や知識を吸収する時間だと思って頑張って下さいね。
そして、いつの日にか心から笑える日がやってくれば良いですねぇ。
2008/02/14 08:59
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]