忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
もう12月、過払い金請求も追い込みの時期ですね(  ・д・)

1年が経つのは早いもので昨日から12月、俺が歳をとってきたせいなのか1年という時間が過ぎていくのがえらい早く感じています…( ・ω・)

最近、この過払いブログにも過払い金請求に対する精力的なコメントを多く書き込んで頂いていて、「あぁ、みんな年末に向けて今年の過払い金請求に悔いを残さないように頑張っているんだなぁ」と感じると共に、現在、過払い金請求を行っている皆さんの過払い金を取り返す為の熱い思いや気持ちをヒシヒシと感じています(・∀・)

1人1人の過払い金請求を行っている状況はもちろん違いますが、それでもみんな自分なりに「やる気」を出して「努力」し、自分の払い過ぎたお金である「過払い金」を金融業者から取り帰す為に必死で頑張っている事を皆さんのコメントから感じて、自らが過払い金請求を行っていた頃を俺も思い出したりもしています(=∵=)シミジミ

不当利得金返還請求の時効期間に関する改正法案の提出や来年1月に最高裁で過払い金返還請求権の時効起算日に関して業者側に有利なアホ判決が出るのでは…なんて不穏な噂も流れているようですが、これはまだどちらも完全に決定している事ではないですから、今の段階ではまだ自分の出来る事を出来る限り行っていくしかないですねヽ(・ω・´ )ノ

それに最近この過払いブログに寄せられているコメントなどを読ませて頂いていても、本当に来年1月の最高裁判決がそこまで業者に有利なものになるというような確定的な予測があるのなら、現段階ではほとんどの金融業者がしばらくは過払い金返還に素直には応じずに訴訟の引き延ばしなどをもっともっと大胆に行ってきていても良いような気がするんですよね…

何度かコメントの返信には書かせていただいてはいますが、仮に上記のような法改正や最高裁判決などによって過払い金返還請求権の時効の期間やその起算日が現在よりも過払い金債権者にとって不利なものになったとしても、その後は過払い金請求という名の不当利得金返還請求訴訟から貸金業者の不法行為による損害賠償請求に流れが変わっていくだけのような気がしています、これはいくつかの高裁でも認めれた裁判例がありますしね、そういう事だと俺は考えているんですが今後の過払い金請求は実際にはどうなっていくんでしょうかね…(-_- ;)?

という事で、かなり久々に書いたルパンの過払い日記ですが、もう12月という事で過払い金返還請求に費やせる時間も少ないかも知れませんが、現在、過払い金請求を行っている皆さん、そしてこれから過払い金請求を行おうと考えている皆さん、今年も最後まで悔いを残さないように頑張って下さいね(`・ω・´)ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» お返事送れました。
 ルパンさん皆さん、こんばんわ。
先日は長文で乱文 のメールで失礼しました。
 翌日の朝、裁判所に電話して、担当の書記官に聞いてみました。
1、裁判の前に準備書面出しても、裁判の流れが、
例えば、一ヶ月進行が早くなることはないそうです。が、第一回の口頭弁論の時でもいいし、先方が送った答弁書の受領書を提出する時にいっしょに出してもよいとのことでした。
 一応、あの書き込みのあと、準備文書は作ったのですが、1枚の文書に参考の判例文書を7枚コピーして添付しました。(まだ、提出してません。)
 裁判所に電話した後、法テラスにも電話して、再度相談しようとしたのですが、私の場合、これまでに3度法律相談してあるので、もうそちられでは受け付けてもらえませんでした。仕方がないので、法テラスで教えてもらった地元の無料法律相談を受けるため来る10日に予約しました。ぎりぎり第1回裁判までに間に合いそうです。
 あわてて、馬鹿を見るのは、先回の三洋信販で懲りてるので、今回は慎重に進めたいと思います。
 オーエムシーですが、「残債有り」での過払い請求です。最後の支払いが平成5年で、手元にある請求書は平成13年になってます。また、今回取引履歴が送られた日付は、平成20年1月で、手元にある請求書の金額より、大分増えた残高が示されているのですが。それって取引の残高(灰色金利含む)なんですよね?それなのに、過払い請求したら、「クレジットの取引は平成5年で、契約解除されている。借り入れに対する過払い請求は、最後の支払い平成5年から、10年以上たっているので、消滅時効を援用する」なんて随分都合のいい解釈なんですね。
 今となっては、録音してなかったのが悔やまれるのですが、履歴が返送され、連絡くださいとあった際に、電話で、「過払い請求には誠意を持って対応する、引きなおしも当方でします。」なんて言ってたんですがねー。今度から、電話する際は全て録音準備してから話さないといけないですね。
 ということで、月曜日から、ばたばたしてて、お返事送れました。
 私の考えでは、残債のある時点での過払い請求は
取引が終わってないわけですから、「時効うんぬん」というのは、通らないと思うのですが。
 今回も長くなったしまいました。
 「過払いを知ってから10年」ではないんですね。ありがとうございました。あきババさん。
 ルパンさんもいつもありがとうございます。
50台主婦 2008/12/03(Wed)20:37:12 編集
» Re:お返事送れました。
50台主婦さん、おはようございます。
裁判所に電話して書記官さんに確認取りましたか、確かにそれが一番確実な回答を得る方法かも知れませんね。
確かに第一回口頭弁論までにこちらから相手の答弁書の主張に対する準備書面を提出しても相手がその50台主婦さんの準備書面での主張に対して争うという事で和解の提示などを行わずに、新たな準備書面を次回の弁論まで提出して来ない、というこの繰り返しになってしまうと訴訟の進行は早くはなりませんね。
でも、相手が50台主婦さんの準備書面に対して具体的な反論や新たな争点を出して来ないケースに限れば、訴訟の終結は早まる可能性はあると私は思います(まぁ、これは本当に相手の対応次第という事にはなってしまいますが…)
それから、これも判事さんにもよるので言い切る事は出来無いのですが、準備書面を作成する際に最高裁判例は別紙などで添付しないでもOKなケースもありますよ、最高裁判例は判事は基本的に知っているという事で「そんなもん添付しないでも知ってるよ」的な扱いを受ける事もあるようですね。
ですから私は準備書面に判例を添付する場合は高裁以下の判例文書を引用する場合だけ判決文の全文を添付するようにしていました、まぁこれもローカルや案件を担当する判事によってかなり違いがあると思いますので参考程度に聞いておいて下さい。
OMCの残債有りでの過払い金返還請求、50台主婦さんの取引内容だとどちらの主張が認められるか非常に微妙な状況ではあると思いますので、その辺りを弁護士の無料法律相談の際に確認する事が出来ると良いですね(私としてはコメントを読ませて頂いている限りは取引は継続しているものだとは思いますが、契約書の約款に何か〇年間返済・借入の無い場合は解約扱いとするなどの強制的解約に関する特約事項などがあるとメンドクサイかもしれませんね…)
それから利息制限法所定の利率で引き直し計算を行っても残債務が残る場合は、その金額によっては貸金返還請求訴訟を起こされるという事になるのでしょうが、50台主婦さんの取引の場合、支払いを止めた時点で利息制限法所定の利率で引き直し計算を行うと既に過払い状態だったんでそのまま形式上の請求だけは続けていたのではないかなぁと思いますけどどうなんですかね。
非常に難しい状況の過払い金請求ではあると思いますが、まずは弁護士さんという専門家の意見を聞いてみて、これからどのように訴訟を進めていくかの参考にされるのが良いのではないかと思います。
私もこのようなケースの場合、法曹の専門家はどのようなアドバイスをしてくれるのか非常に興味深いです。
弁護士さんへの相談をきっかけにして、何か良い訴訟戦略が見つかると良いですね。
PS 準備書面を提出する前に、不法行為を知ってから10年では無く3年である事の時効期間起算に関する勘違いに気付いてくれてほっとしています。
あきパパさんにも感謝ですね、難しい案件ではあると思いますが、何とか良い攻略法が見つかると良いですね、頑張って下さいね。
2008/12/04 09:54
» 望むこと
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

1月には噂になっている最高裁判決が有るかも知れませんが、望みたいのは「単純明快」という事ですかね。今でも時折紹介されている判決文なんかを読んでもイマイチ完全に理解できないのは単にヤマトがアホだからですが「特段の事情」とか「厳格に解釈」といった文章では相手に付け入るスキを与えるだけのような気がします。
「期限の利益の喪失事項がある以上、任意とは認められない」これって非常に単純明快ですよね。
時効であれば10年というカベがあるのですが、不法行為による損害賠償請求は20年若しくは知った日から3年という有る意味ダブルスタンダードがあります。法に反してまで収奪されたお金ですし、高裁段階では不法行為を認める判決も出ています。
過払い金が有る事を正確に知るのは履歴を請求し引き直し計算をしてからです。マトモに考えれば履歴到着から3年以内とするのが妥当のような気がします。

そういえば今日の12月4日は、プロミス社員強姦事件が起きた日ですね。新聞等では殆ど報道されず、ゴシップ好きの夕刊紙などが伝えた程度ですが、顧客情報を元に若い女性を呼び出し事件を起こしているのですが、逮捕されたのは半年後。その間にプロミスは当該社員2名を解雇しており、プロミスとしては「元社員の個人的犯行」として公式の謝罪を未だに行っていません。

逮捕が5月末ですから刑事裁判の結果も出ていないでしょうし「推定無罪」という原則もあります。
そういえば最近羽賀研二さんと渡辺二郎さんに無罪判決がありましたが、以前の報道の有り方は確かに偏向的な見方で一方的とも言えます。
ただ普通の感覚だったら自社社員が強姦、それも自社の顧客データの悪用っていうのであれば通常は公式謝罪くらいはするでしょう。性犯罪という微妙な事件と言うこともあって相手方が望まなかったという可能性は否定できないものの、キチンとした社会的責任くらい取れる会社であって欲しいものです。

今、高利貸しがキチンと社会的責任を果たすと言うのは「取りすぎたお金を返す」というのが第一義ですね。
ヤマト URL 2008/12/04(Thu)12:08:34 編集
» Re:望むこと
ヤマトさん、こんばんは。
そういえば天下の三井住友FG系の消費者金融であるプロミスの社員がそういった事件を起こした事がありましたね。
天下の三井住友FGの社員2名もが顧客情報を悪用しての犯罪を犯した上に、その行為に関して謝罪も無いとはさすが天下の三井住友FGですね。
これ仮にプロミスではなくて三井住友銀行本体の社員の犯罪だったらもっと大きな話題になっていたんでしょうかね?
まぁ、強姦という犯罪の内容が内容だけにあまり公にならずに示談での解決という事もあるのでしょうが、個人情報の管理体制に関して一切の謝罪が無いとは、さすが天下の三井住友、大したもんですね…
元社員の個人的犯行、それは確かに個人的な犯行かも知れませんが、それに利用された顧客データは何処の会社が所持している個人情報なんだよ!馬鹿じゃないの…と小一時間くらい詳しくおたずねしてみたいもんですね。

話は変わりますが、最高裁判決、確かに最高裁が自判するならするで分かりやすいものにして貰いたいものですね、「特段の事情」「期間の接着」「厳格な解釈」
、こんなの過払い金請求を行った事の無い人からすれば何をおっしゃっているのか意味が分かりません…といった感じですよね、実際に過払い金請求を行った私も上記の言葉の示す明確な意味は分からないですしね(まぁ、これは私がアホだからという説もありますけどね)
「単純明快」、最高裁判決にこれを求めるのは難しいかも知れないですが、今回は不当利得金の返還請求権の時効起算日に関する審理ですから、ぜひとも単純銘菓に最終取引日から10年もしくはヤマトさんお言われているようにその不法行為を知ってから(取引履歴の引き直し計算後、不当利得金の請求を行ってから)3年というように素人にも理解しやすく尚且つ時世を考えたものになると良いですね。
無知な消費者を長い間に亘って食いものにしてきたとも言える不当な行為を行ってきた金融業者の追うべき社会的責任の追及、これをしっかりと考えた上での判断を行って貰いたいものですね。
最悪場合、過払い金返還請求は不当利得金返還請求訴訟から不法行為による損害賠償請求訴訟にシフトという事になるのでしょうが、出来る事ならその双方を今のように使いこなす事が出来るような状況が望ましいですね。
2008/12/05 01:18
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]