忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
クオーク救済の色が濃い三井住友のノンバンク再編

ノンバンク再編が加速する。2月29日、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、100%子会社の中間持ち株会社を設立し、信販系のセントラルファイナンス(CF)とクオーク、流通系カード会社のオーエムシーカード(OMC)、そして三井住友カードを含めた4社がその傘下に入ることを発表した。

来年4月、三井住友カードを除いた3社が合併し、OMCを存続会社とした新会社となる。昨年4月にCFが三菱東京UFJグループを離脱してSMFGの傘下になったときから、CFとクオークの合併は既定路線であった。そこに昨年7月、三井住友銀行がOMCの株式を取得したことで、その2社にOMCが加わることになった模様だ。

もともと、OMCの舟橋裕道会長とCFの土川立夫社長は旧知の間柄で「合併を模索している」(関係者)といううわさもあった。また、流通系カードであるOMCが持つ即時発行機能やマーケティング機能と、CFが提携している百貨店や鉄道などとの相乗効果が、今回OMCが合併に加わった理由とされている。

だが、本来の事業構造からすれば、流通系と銀行系の違いはあるにせよ、同じクレジットカード事業がメインであるOMCと三井住友カードが一緒になり、信販系のCFとクオークが一緒になるほうが自然である。

今回の再編に関しては、複数の関係者が「クオーク救済の側面が大きい」と指摘する。同社の事業の60%を占める個品割賦(ショッピングクレジット)は、「経済産業省からたびたび注意を受けるほど質の悪い加盟店が多く、管理の強化によって縮小を迫られている」(関係者)。また、財務状況も急速に悪化していると見られる。

関係者は次のように分析している。「同じく個品割賦事業を抱えるCFとクオークの合併だけでは先行きは厳しい。まずはOMCが加わることで、コスト削減などを含めた規模の利益を求めるのではないか。その対価としてOMCが存続会社となったのだろう」。

いずれ第2段階として、数年後にこの3社合併に三井住友カードが加わる可能性は高い。「そうなれば脅威」(ライバル会社幹部)と言うように、加盟店開拓力などで強みを持つ三井住友カードを中心とした強大なカード会社が出現する。だがそのときまでは、競合他社を脅かす存在になれそうにない。(ダイヤモンド・オンライン引用)

数日前にもこの過払いブログの記事中で、これと同じような記事を紹介させていただいているのですが、今回の記事中では完全にクオークの救済が目的ではないのかと示唆されていますね(・∀・)

セントラルファイナンス(CF)にOMC、そしてクオークと三井住友FG系には多くの金融会社が存在していますが、過払い金返還の対応に関してはどうなのでしょうか、色々とこの過払いブログに寄せて頂いているコメントなどからはセントラルファイナンスやOMCなどの過払い金返還の対応は概ね悪くは無いようですね(・∀・)

やはり問題はクオークなのでしょうかね?
クオークに関しては、正直俺はあまり詳しくないのでクオークの過払い金返還の対応がどのようなもんなのか、あまり深くコメントは出来ませんが、一応クオークも天下の三井住友FG系の金融業者なのですから、きちんとした過払い金返還の対応を取って貰いたいものですね(`・ω・´)

この再編によって各社に対する過払い金返還請求権の権利関係なども複雑化してそうですが、その辺りに関してもきちんとした対応をとって貰いたいものですね(`・ω・´)ノ

この三井住友FGの金融部門の再編が行われれば、三井住友FG金融会社の当面のライバルは、やはり同じメガバンク系の三菱東京UFJ系の金融会社や大手信販会社でいうならばJCBなどにあるんでしょうかね(・∀・)?

これからますます先細りしていくであろうと思われる、無担保融資での顧客の囲い込みに大手メガバンク各社も色々と必死になって来ていますね。

その事がメガバンク系の消費者金融にも良い影響を与えて、アコムやプロミス、三洋信販などの過払い金返還の対応も良い方向に変わってくれれば良いですね(´▽`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 閑話2題
こんにちは、ルパンさん。あとは返還を待つばかりとなったヤマトの近況報告です。

一つ目は「確定申告」を済ませました。
昨年の住宅購入もあって「電子申告」の開始手続きが出来ており、自宅からHP上に記入して送信するだけでしたが、過払い返還金から利息額を計算し申告しました。電子申告の場合、源泉徴収票なども含めて証明書などの添付は必要なく(但し保管の義務あり)手元の書類を見ながら必要事項を記入するだけです。

電子申告には「開始手続」と、IC住基カードが必要になり、ICカードリーダーが無い場合は購入しなければなりませんが5000円の税額控除があり、1回でモトが取れます(税額控除は一回限り)

ヤマトの場合住宅ローン控除があるために源泉徴収された税額のほとんどが還付されます。そこで入力時に気付いたのですが、電子申告控除も含めて最終的な税額がギリギリ0円。

武富士さんが11月の返還合意ながら、年明けの返還を余儀なくされたため所得の年次が変わってしまった事が「税額ゼロ」の大きな要因になっていました。

電子申告の期限は17日月曜日。開始手続やIC住基カードが無い場合「間に合わない」可能性がありますが、来年以降行う可能性のある方は調べておくとよいでしょう。

もうひとつは「儲けのカラクリ」というタイトルの本を見つけたことです。
コンビニなどにある廉価版コミックのような装丁の雑誌でしたが背表紙に「過払い金回収」の文字があり、古書店価格が100円という手頃な価格であったので買ってみました。

10ページ位に渡って「過払いとは」「発生する仕組み」「返還への手続き」「再計算方法」「訴状作成」といった必要なことが書かれていて、こうした部分でも知る人が増えてくれると思います。

マンガ本ということもあり、この10ページだけで本人訴訟を十分に戦える内容には遠いのですが、とにかくキッカケというのが必要だと思います。

惜しいのは「過払い」の項目にしても本のタイトルのように「儲け」の一環のような扱われ方であり、過払い以外に紹介されているのが「死体洗い」といった都市伝説的な仕事であったり、中には「ヤミ金集金人」とか「ウラDVD配達」「大麻栽培」といった明らかに違法なものと同列に掲載されていることです。

実際に読んでみて役に立つのは「過払い」に関する部分だけで「100円損した」という気持ちで一杯ですが、「知らないことには何も始まらない」ワケで、こうした所から出発できる人もいるかとは思います。
ヤマト 2008/03/14(Fri)15:28:38 編集
» Re:閑話2題
ヤマトさん、こんばんは。
電子申告ですか、そういった便利な物もあるんですねぇ、私は確定申告に関しては親の頼んでいる税理士に任せっきりなもので、そういった事には非常に疎いもので勉強になりますね。
ただ、期限が17日までという事は今からこれに気付いても間に合わないという事ですよね…
もう1つの話題の本ですが、それ私コンビニか書店で少し前に販売しているのを見た事があるような気がするんですが、かばらい金返還請求は別に金儲けでは無いですよね。
かばらい金返還請求とは本来なら払うべき必要の無い自分の払い過ぎた利息を定められた手続きで返還して貰うだけですから、その他の怪しい情報と一緒にされてしまっているのはどうかとは思いますが…そういったところから「過払い金」の存在に気付く事が出来て、興味を持ち実際にかばらい金請求を行なう人っていうのも中には存在しているんでしょうね。
一応、世間にかばらい金返還請求を広めているという観点から考えると、それもありという事なんですかね?
私は何だか微妙な感じを受けてしまいますが、まぁそれでも情報という物が無いよりは在った方が良いという所でしょうかねw
ヤマトさんのかばらい金請求はあと少しでその全てが終了ですね、これは何度も書かせて頂いていますが、やはり返還日が楽しみですね。
全てが終わった暁には終了宣言、ぜひコメントにてよろしくお願いいたしますね。
2008/03/14 19:08
» re:閑話2題
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

電子申告制度はサラリーマンのように収入の証明が容易であり、尚且つ自身(家族)が慢性的な病気であり(医療費控除)毎年確定申告が必要な場合には非常に便利なシステムです。
それ以外の、特に自営業など「仕入」があり「売上」がある場合、事業内容にもよりますが100年分の「引き直し計算」をするような莫大な手間がかかってしまいそうです。

今過払い請求を始めても多くの場合複数の業者との取引があると思われ、場合によっては2年続けて申告が必要になるケースも出てくると思います。

住基カードは市区町村によって扱いが異なると思われます。現在ヤマトの住所地では手数料500円、発行(郵送)まで2週間くらいでした。
住基カードは他行政区域との違いを知りませんが、印鑑証明は無料、有料、即日交付、郵送(条件あり)と確かに違いがあり、今年の手続きが間に合うかは難しいところですが、開始手続き自体はおそらく通年有効であり、その際に16ケタの手続き番号を交付してもらえます。
こうしておけば自宅でできるのは「書類作成」だけですが、来年以降は「郵送」のみでOKになりますし、「納付」の場合は17日が期限ですが(遅れる、最悪でも延納申請を出さないと加算税)、最終的に「還付」がある場合期日以降(5年以内)でも可能です。(その際電子申告が可能かは未確認)

一方マンガはマンガで、その内容を信じるかどうかは「自由意思」とも言えます。
今さら強調しても手遅れでしょうが、ヤマトも当初は過払い請求については半信半疑でしたし、当初の自分の書き込みなんか見てもご貴殿に結果の依存をするようなバカバカしいことばかりでした。
何を見て「過払い」を知るのかは、個人の環境にも左右されますがヤマトの場合7~8年前位に話題になった「入学辞退に於ける入学金及び授業料」の返還請求が発端です。

ご貴殿とヤマトが同世代としてお話しますが、当時「入学金を含む納付金は理由の如何を問わず返却しません」というようなことが当たり前のように知られており、一審レベルでの判断はまちまちでしたが、その後の消費者保護法の制定や判例により授業料相当額は返還というのが通例になっています。
この納付金返還訴訟の事件名こそ「不当利得金返還請求」であり、諸般の事情で学業を断念したヤマトが興味深く調べるうちに知ったのが「過払い金返還請求」です。

まぁ「瓢箪から駒」で、最悪今回のような本が発端であれば「アングラマネー」のような勘違いをして躊躇した可能性も否定できません。
2chっていうと無責任な書き込みの宝庫である一方、有用な情報も少なからずあります。
自身の経験とは言っても限定的なものですし、ご貴殿にしても当初のヤマトのコメントは迷惑以外のものでしかなかったと思います。

限定的な経験と言っても「知らない」「これから」という人には貴重なモノであり、OBとなってからもお伝えできることはあると思っています。
ヤマト 2008/03/14(Fri)21:02:10 編集
» Re:re:閑話2題
ヤマトさん、こんにちは。
電子申告制度の詳しい説明、ありがとうございます。
私にはちょっと利用は難しそうな感じにはなってしまいますが、これを利用出来る方にとっては便利な物になりそうですね。
過払い金請求の伝え方についてはこれは色々と考え方がありそうですが、ちょっと誤解を受けそうな伝え方のマンガだったんでしょうかね?
過払い金とは、あくまで法律上のみなし弁済の適用要件を満たさない金融業者によって不当に搾取されていた自分のお金を正当な権利として返還して貰う、という事でしょうから、他のアングラマネー的な扱いで扱われてしまうと微妙な感じですよね…
不当利得金返還請求、これは過払い金返還請求だけに留まらず多くの不当利得という物があるのだと思いますが、その全てにおいても司法には正当な判断を期待したいものですね。
ヤマトさんに限らず、過払い金について知ったばかりの頃は多くの方がその返還に対して半信半疑であると思います、もちろん私もその1人でしたし、それでも自身が前向きになって過払い金請求に取り組み、そして学ぶ事によってその全容について知る事は出来ると思います。
私も2ちゃんを始めネットからは過払い金請求についての多くの情報を得る事が出来ました、確かにネットという性質上からその情報の信憑性については誰も保障してくれるものでは有りませんが、それでも多くの有益な情報を得る事が出来るのも確かであると思います。
私は少しでも有益な情報を伝える事が出来たらいいなぁと思いこのブログを書き続けています、これからもヤマトさんや多くの方のお力をお借りしながら、過払い金請求を広めるために頑張っていきたいと思っていますので、今後ともご協力よろしくお願いします。


2008/03/17 08:03
» おはぎさんへ
こんにちは
おはぎさんへ
三○とエイ○に関して、他の方々の対応状況を一度読んでみてはどうですか?
2チャンネルですが、情報の中にも真実があったりしているし、すべてが事実ではない事もありますので、対応方法や裁判の状況など書かれている場合があります。中には参考に出来る情報を集めてみたら
早く解決出来るかも知れません。
あとグーグルで会社名、過払い金請求などの言葉で検索して、裁判情報を収集するといいですよ。
何か自分にヒントになる事がありますよ。

三和の掲示板です。
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/debt/1194616119/

エイワの掲示板です。
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/debt/1194607130/

一日も早く解決出来ると良いですね。

逆襲のルパンさんへ
アエルの事件番号が決定しました。
平成20年(×)第523号で、前回から135番も後とでしたが民事事件でこんなに多くの事件があるのかな?過払い請求の起訴が増えたのかなとも思っています。裁判は4月21日です。
Yoshi 2008/03/15(Sat)13:27:58 編集
» Re:おはぎさんへ
Yoshiさん、こんにちは。
アエルに対する過払い金返還請求訴訟の事件番号出ましたか、これから少し時間の掛かる戦いが始まりますね、頑張って下さい。
アエルはたぶん何もしてきません、私の地裁案件でも判事が苦笑いするような答弁書や準備書面を期日ギリギリに出してきただけで一度も出廷してきませんでした。
ですから早期判決による解決を目指すという考え方で良いと思いますよ。
PSそれから1つだけ訂正させて下さい。
細かい事なのですが
>過払い請求の起訴が増えたのかな
これ起訴では無く、提訴ですね。
たぶん単なるミスだと思いますが、一応訂正させて頂きました。
起訴=刑事事件 提訴=民事事件ですね。
2008/03/17 08:37
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]