忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
「9年の歳月…正しい判決」=死刑判決受け会見-光市母子殺害・本村さん

「正しい判決」。山口県光市の母子殺害事件で、元少年(27)に死刑を言い渡した22日の差し戻し控訴審判決後、遺族の会社員本村洋さん(32)が広島市内で記者会見し、「これまで9年の歳月がかかったが、遺族の求めた判決が下った。広島高裁に感謝している」と心境を語った。

本村さんは、報道陣から一斉にフラッシュがたかれる中、無言で会見場に着席した。目をつぶり、じっと約10秒うつむいた後、まっすぐに前を見据えた。

傍聴席で聞いた判決文について「高裁の見解はまっとうで、正しい判決が下ったと思う」と評価。「一つのけじめが付いたのは間違いない」とし、近く妻子の墓前に報告すると話した。(時事通信引用)

今日は過払い請求とはまったく関係の無い記事なのですが、朝からTVのワイドショーなどはこの話題で持ちきりでしたね、本日4月22日ついにこの光市母子殺害事件で広島高裁での差し戻し審にて死刑判決がくだされました、ここまでに掛かった9年間という時間は被害者にとって非常に長かったものだと思われますが、これでやっと少しは救いの道も見えてくるのでしょうか?

死刑判決という結果が全ての救いになるとは決して思えませんが、それでも今までの地裁・高裁における無期懲役という不当とも思える判決から考えると、日本の司法がやっとまともな判断を下したと言う事は出来るのでしょうか?

またこの判決を受けて被害者側の弁護団は上告を決めたらしいですが、私はこの加害者側弁護団の糞主任弁護士が大嫌いなので、アホかふざけるなと声を大にして言いたいところです。
私は死刑制度に関して是非を語るつもりはありませんが、それでも「自分の犯した罪に見合った罰を受ける」、これは至極当然の事であると思います。

この広島高裁での差し戻し審の死刑判決自体が最高裁の意を汲んだものであると容易に想像出来る以上、この上告にそれ程の意味はあるとは思えませんが、それでもこれ以上被害者やその遺族を苦しめる事になる事は避けて貰いたいものですね、弁護士とは依頼人のために全てを尽くす、これも1つの前提ではあるのでしょうが、その前提の前に倫理観という概念は吹き飛んでしまうものなのでしょうか?

過払い金返還請求訴訟に関しても不当と思われるような判決や訴訟の引き延ばし、敗訴判決後の過払い金の不払いなどの開き直りなどが、糞三流消費者金融ではまかり通ってきていますね、その事と今回の事に直接の関係は無いかも知れませんが、今回の判決が日本の司法に対して何らかの影響を与えてくれたものであると思いたいものですね…

本村さん、9年間の悲しみや悔しさとの闘い、本当にお疲れ様でした。
これで全てが終わる訳では無いですが、今回の判決が本村さんにとって何か1つの区切りになる事になればと私は日本国民の1人として感じています…

最後に、現在過払い金返還請求を行っている皆さん、私達も最後まで諦めずに頑張りましょうね(`・ω・´)ノ

今回は疑問文、駄文ばかりですいません…

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 同感です
あの糞主任弁護士は見るだけで吐き気が出ます。
死刑廃止論の目的の為に事実、真実を捻じ曲げるやり方が気に入りません。
真実は真実であり、到底傷害致死(過失のニュアンスを持たせた)にはなり得るものではないはず。
なぜ棄却されるのがわかっていて上告?と思いますが・・・・。
橋本弁護士が文句言うのもわかります。
そーゆー橋本弁護士もアイフルの元顧問弁護士であり過払い庶民の敵ではありましたが・・・。

下級審での過払いの事件においてもこのような適正な判断を下す判事ばかりになってほしいですね。

YOSHIさんの記事の中でコンプライアンスがしっかりしていれば買収の対象になるとありましたが、そこが一番できてないのが消費者金融であり、だからこそ訴訟だらけになっているわけでそこのところを踏まえての発言を頭取はしているのかというと疑問ですね。

やはりマスコミを巻き込んで司法を正しいほうへ動かす件数が増えてこないときっと法令違反ばかりしている皿の実態は大手金融機関には知られることは無いでしょうね。

今日のニュースで後期高齢者が母親を刺し殺し自分も自殺したニュースがありました。
理由は保険料が上がって支払いができず、介護の必要な母親を施設に入れることができず、『生きていくのが嫌になった』そうです。

この一人の人の事件がどれだけ厚生労働省に、舛添に届くでしょうか?

きっと悲劇として扱われた後に風化していくでしょうね。

司法も政治も正しいこと間違っていることを正しく判断してほしいものです。

取り留めなくてすみません。
しま 2008/04/22(Tue)15:39:38 編集
» Re:同感です
しまさん、こんばんは。
取り留めの無い会話、これ私は非常に大事だと思っているんですよね、私の書いてきた日記なんかも本当に取り留めの無い事柄ばかりですし、それがどれだけ役に立っているのかは分かりませんが、その取り止めの無い会話の中からも何処かの誰かにとっては非常に重要な事が伝わっていく可能性もありますからね。
今日は朝から何度もワイドショーなどを見ながら仕事をしていました。
光市の事件を報道していて、あの加害者の弁護団、特に主任弁護士が画面に映るたびに、「じゃあ、お前が自分の家族全員に同じ事をされても、その加害者を同じように弁護出来るのかよ!」と何度も頭の中で突っ込んでいました…
ヤツは多分、出来る!と詭弁をのたまう事だと思われますが、私はそんな弁護士は氏ねばイイと思います、職業意識と倫理観、この2つには大きな壁が存在していると私は思います。
この壁は人間として決して超えてはいけない物だと私は思うのですが…
それも死刑制度という大きな問題に関して、間違ったやり方で得た結果に何か得るものはあるのでしょうか?私には到底理解出来ません。
しまさんも言われているように、最高裁は数ヶ月前に下した判断をそう簡単に変える事はないでしょう、ですから上告は無駄に終わると思われます、それでも上告ですか…これも私には理解出来ないし、したくも無いですね。
この話はこの位にしておきますが、Yoshiさんの紹介して下さった、三菱東京UFJ銀行頭取さんのコメントも私にしてみれば自分のとこの子会社のコンプライアンスはどないなってんの???といった感じですね。
他社の買収に関して、その他社のコンプライアンスを語る前に自分達の足元をまず見てからにしてもらいたいと思うのは私だけでしょうかね?
そしてマスコミによる偏向放送が真なる報道に変わり、国や行政が本当に国民のため、特に弱者に優しいものになっていけばいいんですけどね…
最近も国土交通省役人のタクシーチケット問題などの報道を見て、またこの国が少し嫌いになってきてしまいました…
税金は国、そして国民のために使われるべきであって一部の既得権者に不正にしようされるなら…なんのために私達は税金というものを払っているんでしょうね?
何だか私も取り留めの無い話から、単なる愚痴っぽくなってしまって、すいません。
2008/04/23 00:36
» 私生活では一市民
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

光市の事件はその残忍さ悲惨さから、どのように考えても極刑はやむを得ないというのが多くの市民の見解でしょう。当然のように注目度は高く、報道各社も死刑判決の通例である「主文の前に判決理由の朗読」の段階で「厳罰(死刑)」との速報を打っていました。

過払い関連の報道の少なさは相変わらずですが、以前に比べて「消費者保護」という流れは確実に定着しています。
スポーツクラブの規約などの「万が一の事故の際に責任は負わない」といったような一方的な契約は無効という判例もありますし、製造物責任法(PL法)では消費者側に欠陥の立証責任を求めなくなっています。
まぁその分野球場で「ファールボールにご注意ください」の放送がやたら増えたのも事実です。

法律の条文が「杓子定規」であってはならないと思う反面「社会の矛盾」というのを感じることも少なからずあります。

しかし、ご貴殿やこのブログに集うみなさんから持ち寄られる多くの知恵が「あたたかいこころ」のみで運営されているのは非常に心強いことだと感じています。
ヤマト 2008/04/22(Tue)16:10:26 編集
» Re:私生活では一市民
ヤマトさん、こんばんは。
私、ヤマトさんが窮す虎を噛むさんのブログにこの光市の事件の事を書かれているのを読ませていただいてから更に今回の判決が気になっていました。
最高裁で無期懲役を差し戻されたという事は…まぁこれは普通にあくまで普通に考えればですが、今回の結果は何となくですが見えていたものであると思います。
死刑がやむを得ないかどうかは私には分かりませんが、それでも今回加害者に対して下された判決は妥当なものではないかとは思います。
私がいつも犯罪などの裁判などの判決などをTVなどで見たり聞いたりした時に思う事があります。
法は全ての者に平等でなければいけませんよね、これは私の中での法の原則であると思います、企業や特定の個人その立場や地位、境遇などによって変わってはいけないのではないかと思っています。
ですからその法に基づき判断を下す司法制度に携わる者は自分が加害者や被害者と同じ立場に立った時にその自分に対しても同じ判断を下す事が出来る者でなければとも思っています。
もちろんヤマトさんの言われているように杓子定規なだけではダメであるとも思いますが、裁く立場の人間が裁かれる立場の人間と同じ立場に立ってものを考える事も出来ないと、いつまで経っても司法制度の矛盾や司法と個人の距離感は埋まる事が無いのではないかなぁと考えたりしてしまいました。
何だかこれ自分で書いていてもよく分からなくなってきてしまいました…
上手く伝わらなかったり、誤解を招くようでしたら言ってください。
言いたい事を上手く言葉にするのは難しいですね…
でも、ヤマトさんが言われているようにこのブログが多くの方の「あたたかいこころ」と「やさしいきもち」で満たされている事は私もとても嬉しく感じていますし、その皆さんの存在を非常に心強く感じます。
私は特に法に詳しい訳でも、社会的な事に関して博学でもありませんので、ヤマトさんを始め多くの方の強い気持ちや知恵、そして優しさにいつも支えられている事を忘れずにいたいと思います。
そしてこのブログを通じてもっとより多くの方に過払いなどについて伝える事が出来て、その結果、少しでも多くの人が穏やかで幸せな生活を手にする事が出来たらいいなぁ…と思っています。
優しさの輪という訳では無いですが、自分が少しでも何かの役に立つかも知れないという気持ちを大事にしていけたらと感じています。
何だか本当に訳分からん文章になってしまっていますね…すいません
2008/04/23 01:10
» 死神弁護士
安田氏、罰金五十万の有罪判決だけで弁護士資格剥奪ならず(><)それでもなお上告。
悔しいです!!

死神弁護士とは国選も着任したがらない死刑が求刑されるであろう麻原などの極悪犯罪者を死刑廃止論者として自ら進んで弁護を請負い、奇奇怪怪な弁護、手法を繰り広げるためかえって死刑判決を確実に出させてしまうため付けられたニックネームです。

今回の少年の弁護に於いても荒唐無稽な弁護を『これが少年が語る真実』としてそのまま差し戻し審で繰り広げ、結局判事より情状酌量を考慮するすべを失ったと言わしめてしまい、また一人死刑台に送ってしまった。

まぁ死刑になるべくしてなったわけなので結果としてはいいのだが・・・・

自分の場合、自分が雇った弁護士が自分の意としない手法、発言、方針を取った場合には即刻喧嘩してでも解消、解任しないといけないなぁとちょっと思ってしまいました。
和解する気無いのに勝手に和解したりとか、取引履歴を三ヶ月経っても取り寄せないとか
時々いろんなサイトで『弁護士に電話して聞いてみたほうがいいんでしょうか?』
なんて弱気な問いが書かれていたりしますが
あくまでも代理人として最終的には報酬を支払うわけなので横柄になってはいけないけれども、言うべきことは言わなければならないし、自分の借金なんだから基本的には『こうしたい!満額じゃないとヤダ!判決まで妥協しない!』とか自分で方針を立てなければ今までの自分自身を反省し変えることはできないと思うし、それこそ刑事事件では死刑台までいってしまうこともあるくらいですから、要領を得ない弁護士、司法書士は考えないとですねぇ。事務員に相談を受けさせてるような事務所は論外です。

時効にかかる不法行為での提訴の案件は少なくとも1,2件は弁護士使おうと思っているので、今回の安田弁護士を見ていてちょっといろいろ考えてしまいました。

過払いとは関係ない話題で続けてしまいすみません。この話題はこれまでにします。

PS:松山に引っ越そうかなぁ?時効の案件が5件もあるもので(^O^;)
しま 2008/04/23(Wed)19:17:35 編集
» Re:死神弁護士
しまさん、こんばんは。
死神弁護士ですか…
私はかの糞弁護士を見ていて常々思っていた事があるんですよ、死刑制度廃止論を唱える事は個人の自由ですよね、ただその手法には絶対に超えてはいけない壁も存在していると思うんです…
仕事として依頼人のために全てをかけて弁護する、これは単なる職業意識として認められる部分もあるでしょう、ただ弁護士という職を差し引いても人としての倫理観という物は絶対に守らなければいけないのではと考えていました。
被害者やその遺族などを冒涜するかのような弁護、その先には何が残るのでしょうか?私はその点で本村さんは本当に辛く悔しい思いを長い時間してきたんだろうと思うとやるせない気持ちになってしまいますね…
加害者が死刑になったところで失った人や時間は絶対に還ってきませんよね…
私もこの話をしていると自分でも良く分からなくなってきてしまいますので、この話はこの辺にしておきますが、弁護士の選び方、これは確かに非常に重要な事ですよね。
大金を払って依頼をする訳ですから自分が最低限納得出来る仕事をして貰わない事には納得も出来ないですしね。
民事訴訟、特に過払い金返還請求訴訟はそのほとんどを個人で行う事も可能ですし自身で行う事によって多くの事に気付く場合も多いと思います。
私が思うには弁護士依頼は特殊な争点を抱え個人で争うには難しい案件や、しまさんの抱えられているような時効案件での不法行為による損害賠償請求訴訟などの場合において依頼する者の意向に沿った仕事をして下さる弁護士さんを根気よく探して更にはよく話し合った上で依頼するべきだと思います。
単なるやっつけ仕事として過払い金返還請求を行う弁や司も多いようですが、そのような人に依頼するくらいなら自分でじっくり時間を掛けて訴訟を行なった方が数十倍マシでしょうね。
全ての弁護士や司法書士の方がそうではないのは勿論でしょうが、中にはトンデモナイ人も存在している事に注意しなければいけませんね、それを今回安田という弁護士が教えてくれたんだとも思えますね。
PS松山に引っ越す(笑)ですか、控訴も視野に入れているなら札幌・名古屋・大阪でも良いかも知れませんよw
2008/04/24 01:03
» 無題
 ルパンさん、皆さん、こんにちは。
 この事件は、近年例を見ないほどの凶悪事件として、私たちの記憶に残っています。
事件の内容や裁判などは皆さんも御存知だと思います。
 本村洋さんという方は司法の知識もなく国会議員でもなく、普通の一般の方が亡き家族のために、裁判制度を変え、法律を変え、国を動かした尊敬できる方です。
 あまり知られてはいませんが、本村さんは事件後すぐに、独身寮に自ら移り、そして、司法の勉強をし、死刑制度と終身刑の勉強の為にアメリカに渡りさらにその制度の違いを勉強されたそうです。
 あまり言いたくありませんが、それに比べ、あの弁護団たちは被告のみに執着し、被害者遺族の感情を逆なでし、、裁判そのものを愚弄し、弁護士というより人間としての倫理がまるで無く、どちらが弁護士なのかというような感じさえしました。
 裁判所への遺影の持込、傍聴の際の優先制度、被害者(遺族)自らが、証言台に立てるようになったのも本村さんが変えていった制度です。私は本村さんを資格無き最強の弁護士であり、すこしは、あの弁護団も見習って欲しいと思います。
 今回が事実上の最終審だと思います。本村さんにはお疲れ様でした。という言葉しかありません。そして、弥生さん、夕夏ちゃん、心より御冥福申し上げます。
 追伸
 私も、このことを書くと何を書いているのか判らなくなります。
 

 
窮す虎を噛む 2008/04/24(Thu)13:10:54 編集
» Re:無題
窮す虎を噛むさん、こんばんは。
光市母子殺害事件に関しては、ほとんどの一般的な方が同様の意見や考え方であると私は思います。
これすごい極論のように聞こえてしまうかも知れませんが、もしも自分が本村さんと同じ立場であったら、仮定の話をしても仕方が無いかも知れませんが彼と同じ事が出来るでしょうか?悔しさや憎しみは想像を絶する物でしょうし、私だったら報道陣の前で冷静でいる事さえ困難であると思います…(当然、本村さんもそれを押し堪えているのでしょう)
人が人を理由も無く快楽のために殺害し、それを正当化する…
これは暴挙以外の何でもないと思います。
私もこの事件に関してはあまり語れるような立場では無いのでこの位にしておきます…

このような話に通じるかは分かりませんが、私は出来るだけ多くの人に過払い請求という行為を知って貰い、現在多重債務に陥っている人にも借金の返済に追われるような事の無い生活を送る事が出来るようにして貰う事が出来ればとの思いでこのブログを書いています、借金苦で自殺する人がいる、そのような悲しい事が少しでも減るようになったらいいなぁと思い続けています・・・
まぁ、これは単なる自己満足なのかも知れませんが、それでも誰かが行動を起こす為の何かのきっかけにでもなれば…
2008/04/24 17:19
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]