忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い金請求や債務整理、特定調停などをまだ詳しく知らない人は多いですね

過払い請求仲間の皆さん、こんにちは、ルパンです(´д`;)ノ

最近の俺は本格的に風邪を引いてしまい、更には年末という事で仕事の追い込みもありバタバタとしていて、この過払いブログの更新や頂いているコメントに対する返信が遅くなってしまったりしている事を、大変申し訳なく思っています…(´・ω・`)

俺の周りでは、ここのところ旧知の友人や仕事先の知人などが、「債務整理過払い金請求などを行おうと思っているんだが、具体的にはどうしたら良いのかなぁ?」という打ち明け話を聞く機会が増えています。
もちろん、私は自分自身がこうした過払い金請求に関するブログを書いている事は伏せながらも債務整理過払い金返還請求などに関する詳しい手続きや現在の過払い金請求における状況などを説明したりはしているのですが、多くの人って今でも過払い金請求に関しては結構知らなかったり間違った知識を持っている人が多い事に少しだけですが驚いています。

過払い金請求個人訴訟で行う事を凄く難しい事だと思っていたり、弁護士等に依頼しないと過払い金に対する民事法廷利息である年5分の利息を取る事までは難しいと思っていたり、俺としてはそうではないんではないのではないのかなぁと思う事がある意味で常識のように浸透しています、やはりまだまだ過払い金請求に関して詳しく知らないという人は自分の身の回りにもたくさんいるものなんですね…(・_・;)

俺はその人達に出来る限り過払い金請求に関する事を口頭や図に描いて説明したりしているんですが、こればかりは完全に理解して貰うまでには少々時間は掛かりそうですね…
ですから、まずは個人訴訟での過払い金請求に関する最高の指南書である,Q&A過払金請求の手引き-サラ金からの簡易・迅速な回収を目指して 第3版、これを購入して、まずは読んでみる事をお勧めしています、まぁこの本を読んでみて個人訴訟過払い金請求を行う事が難しいという判断に至るなら、弁護士や司法書士に過払い金請求債務整理特定調停などの依頼を行うのも一つの考え方でしょうから、俺はその考え方を否定はしない事にしようとは思っています(  ・д・)

そのような友人や仕事先の知人に関しては、昔からの知り合いという事もあるので、「何でもっと早く相談してくれなかったの」、などという話はしてはいるのですが、改正貸金業規正法の施行や総量規制の影響などで突然消費者金融などから出金停止を喰らっている事などが、債務整理過払い金請求に着手する事の引き金になっている人はやはり多いようですね(-_- ;)

これから金融業者の融資判断基準はますます厳しくなっていく事が予想されますので、「過払い金請求は出来る限り早く、出来る事なら自分の力で行った方が良いと思うよ」というアドバイスはしていますし、過払い金算出の為の引き直し計算や訴状の作成位なら手伝ってあげるから、「出来る事なら自分自身の力で過払い金請求は行った方が良いよ」、とは伝えてはいるんですが…こればかりは人それぞれの考え方もありますし中々難しいものですね(´・ω・`)

という事で、まだまだ世の中には潜在的な過払い債権保持者の数は大きく減少はしていないのではと俺自身は感じていますが、過払い仲間の皆さんの周りではこれはどんな感じですかね?

それから、遅くなってしまいましたが、ここ1週間10日くらい俺は風邪をこじらせてダウン寸前でした、この前の週末辺りが体調最悪のピークでしたが、病院に行って薬を貰ってきて飲んでいたら少しは回復の兆しが見えてきました、この過払いブログにコメントを下さっている皆さんに対してはコメントの返信が遅れてしまい大変申し訳なく思っています、まことにすいませんm(_ _)m
少しだけ時間は掛かってしまいますが頂いたコメントには必ず返信いたしますので、今しばらく時間を頂ければと思っています…

12月ももう残すところ後半月を切りましたね、ここから過払い金請求の追い込み作業に入る人も多いとは思いますが、寒さ厳しい中で体調の管理には気を付けて俺のように酷い風邪など引かぬようにして、今年も最後まで出来る限りの過払い金請求に関する事、頑張って下さいね(`・ω・´)ノ

俺はこれからもこの過払いブログを中心にしながら、自分の周りで過払い問題に関して詳しく知らない人に少しでも多くの過払い金請求に関する情報などをアドバイスしたり手助けしていく事が出来たらいいなぁと今は思っています。

それでは、過払い仲間の皆さん、今年も最後まで悔い残らないような過払い金請求を行えるように頑張って下さいねヽ(・ω・´ )ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» たださんへ
ルパンさん、皆さんこんばんは。

ルパンさん、無理せず大事にしてください。

たださん、初めまして。12/19に武富士との結審を控えている、あきパパと申します。

たださんの三洋信販との取引期間が解らないので、的外れかもしれませんが、参考になればと思い書きます。

次の口頭弁論に、準備書面が間に合わなくても大丈夫なはずなので、焦らずにしっかりとした、準備書面を作成されることをお勧めします。
準備書面に書いたことは「自白」であり、自分に不利な内容を書いてしまうと、「自白の撤回」は難しくなります。

みなし弁済適用要件の主張、立証責任は皿側にあるので、「17条18条書面を交付してきた」という主張だけでは足りず、交付した書面の提出が必要になるはずです。

たださんが、皿の発行した書面に基づき、長年に渡り支払を続けた事だけで、「債務者である原告から、書面の交付についても一度もクレームを受けることが無い事から、原告に対して貸金業法第17条及び同法18条の各所定事項が記載された書面を交付していたことは事実である。」とは言えないと思います。

まずは、皿側にみなし弁済適用要件を具備していることの立証を求め、立証出来ないのであれば、みなし弁済適用はなく、当時から「悪意の?%E:419%#v者」であると主張してはいかがでしょう?

更に、みなし弁済適用要件には「任意に支払った」が必要で、任意に支払ったとは「他人の強制などによらず、自己の自由な意思に基づいて支払う事」とされています。

任意について「平成18・1・13最高裁第二小法廷判決」以前のものでは、「平成9・11・17東京高裁」があり、ATMでの支払において、返済行為完了前に充当予定額の表示が無ければ、任意に支払ったと言えないとしています(かなり端折ったので間違えていたらすいません)。

また、平成20・8・19鳥取地方裁判所米子支部判決(争点は時効の援用)では、「原告がこのように長期にわたり被告に対し支払を続けたのは,支払の都度,被告から「次回支払日」「次回支払金額」等の記載のあるご利用明細書を交付されることから,まだ弁済すべき債務が残っているものと信じたためであり,被告もまた,みなし弁済は成立しないことを認識していながら,原告の法律知識の欠如に乗じてこれらの弁済金を受領していたものと認められる。」としています。

何かの参考になれば良いのですが(^_^;)

乱筆乱文にて失礼いたします。
あきパパ 2008/12/17(Wed)19:29:09 編集
» Re:たださんへ
あきパパさん、こんにちは。
コメントへの返信遅くなってしまい、すいません、私の体調を気遣って頂きましてありがとうございます。
そして、私がダウンしている間にもたださんのコメントへのアドバイスを送って頂きまして感謝しています、この過払いブログを訪れて下さってくれている皆さんの同じ過払い金請求を行う方への優しいお気持に感謝しています。
あきパパさんの武富士に対する過払い金返還請求訴訟の結審、いよいよ本日ですね、どのような判決が下されるかはまだ分からないですがこれで取り敢えずは武富士への過払い金請求は第一段階終了という事ですね。
ぜひとも全面勝訴して来年早々から新しい年に弾みを付けたいところですね。
今日は出廷ですね、寒さに負けずに頑張って来て下さいね、もしよかったら本日の弁論の出廷時の様子でもぜひコメントして下さいね。
2008/12/19 10:28
» 皆さんありがとうございます
ぷちサン・あきパパさん
コメントありがとうございました。

ルパンさん体調崩されているところ申し訳ありませんでした。

ぷちサン・あきパパさん からコメントいただいた内容を参考に、なんとか準備書面作成できました。
(私の文章なので少し不安でありますが・・・)

今日昼から第二回口頭弁論に行ってまいります。
かなり不安があったのですが、皆さんが付いていてくれると思ったら、少し楽になりました。
頑張って行ってまいります!!

では、また報告のコメントさせていただきます。

皆さん本当にありがとうございました。
ルパンさん、お大事にされてください。
ただ 2008/12/18(Thu)09:52:17 編集
» Re:皆さんありがとうございます
たださん、こんにちは。
コメントの返信遅くなってしまい、すいません。
私も前回のたださんのコメントに少しだけですがコメントを書かせていただきましたが、ぶちさんやあきパパさんや50台主婦さんがたださんの過払い金請求に関して多くのアドバイスを下さっていますね、これは私としても非常に嬉しい事ですし、たださんにとっても心強いのではないかなぁと感じています。
第二回口頭弁論への出廷は終わったようですね、その事に関しましてはまたその件に関するコメントにでも返信させて頂きますね。
たださんは現在お一人で過払い金請求を行っていますが、この過払いブログには同じ思いを持った多くの同士や先人の方が訪れて下さっています、たださんは1人ですが1人ではありません、皆さんの知恵や知識、経験などから多くの情報を提供して頂いています、これは本当に重要な事ですね。
管理人はあまり頼りにならないブログではありますが、多くの方の善意に支えられて何とか過払い金請求の普及の為に頑張っています、たださんお忙しいところ私の体調の心配までして頂きまして、本当にありがとうございます。
たださんの過払い金請求が納得の行く結果で終える事が出来ると良いですね。
多くの先人や同士の方のアドバイスやお知恵を借りて過払い金を取り返すその日まで頑張って下さいね。
2008/12/19 12:10
» 第一回口頭弁論期日
ご無沙汰しております。あるです。
本日、13:10より地裁にて武との第一回口頭弁論期日が始まります。
が、結局被告からの答弁書が届く事はありませんでした。
いろいろ調べてみたら当日に裁判所へFAXで届く事もあるとか・・・
このまま今日、被告が欠席していて結審な~んて都合のいい事あるわけないか~♪
とか思いながら仕事着のスーツとは別のスーツを選んでる私です。
あきパパさんは明日19日が結審という事で他人事ではなくとても興味をもっています。
頑張って下さいね。
さ、何分初めてなものでちょっと緊張していますが頑張ってきます。またあらためて、報告させて頂きます。
アル 2008/12/18(Thu)10:55:49 編集
» Re:第一回口頭弁論期日
アルさん、こんにちは、お久しぶりですね。
今日はアルさんは武富士に対する過払い金返還請求訴訟の第一回口頭弁論に出廷、そしてあきパパさんは本日の弁論で結審の予定ですね、お互いに何らかの良い結果が出てくると良いですね。
武富士の答弁書はもしかしたら今日の弁論前に手渡しされるかと思います、私も自身が過払い金請求を行っていた際にはそのような事が何度かありました、基本的に舐めていますね…
アルさんは仕事着とは違うスーツを選んで自分自身に気合を入れているところですか、おそらくアルさんの今日の第一回口頭弁論は被告欠席の訴状と準備書面の擬制陳述で終わる事と思いますが、武富士からどのような主張や和解条件の提示が出されているか楽しみでもありますね、おそらく怒りに火を付けるような内容の物である可能性も高いとは思いますが、それでも一歩一歩進んでいく事で過払い金請求のゴールは見えて来ますからね、緊張もあるとは思いますが今日はまずは初めの一歩という事で訴訟の場に慣れる事を目的とした感じで良いと思います、頑張って来て下さいね。
今日の武富士の答弁書、何か面白い主張や訴訟の進展、過払い金返還金額の提示などありました、ぜひともコメントして下さいね。
それでは、アルさんあきパパさん共に本日の裁判所への出廷、頑張って来て下さいね。
2008/12/19 12:38
» 第二回口頭弁論 終了しましたが・・・
ルパンさん・皆さん こんにちは

昨日、第二回口答弁論に行ってきました。

・・・が

第三回に突入になりました。

先日皆さんに相談させていただいた「悪意の・・・」件は、まったくふれられることもなく済んだのですが・・・

私、一つ争点がありまして(途中完済)その件で、第三回に突入に・・・

しかし・・・私の意見なんですけど

準備書面である程度詳しく一連の取引を主張したのですが、裁判官から「その主張をもう少し詳しく、陳述書を作成して提出して立証してみてわどうですか?」言われ
「ですので、もう少し被告(サラ)の対応の様子を見てみるということで、もう一度、口頭弁論を・・・」

陳述書って・・・準備書面にほぼ書いてしまってるのに、何を書けばいいのやら・・・
裁判官の人も慎重すぎると言うか・・・

はぁ・・・長期戦になりそうで・・・憂鬱です

では
また何か進展ありましたら、報告いたします。

ルパンさん・皆さん準備書面の件と、励まし本当にありがとうございました。

皆さん!サラなんかに負けないで頑張りましょうね!!
ただ 2008/12/19(Fri)11:06:44 編集
» Re:第二回口頭弁論 終了しましたが・・・
たださん、おはようございます。
第二回の口頭弁論への出廷お疲れさまでした。
というところですが、第三回目に突入という事になってしまいましたか…
陳述書に関してですが、陳述書と準備書面での主張は基本的には別個の証拠書類という事になります。
簡単に書くとですね、陳述書とは
陳述書とは、証拠のひとつで、手紙のような体裁の、ことの経緯や状況などが記された書面です。陳述書に書かれている内容は、訴状や答弁書、準備書面などに書かれている内容と似ています。しかしながら、これらの書面と陳述書の性質はまったく異なります。
準備書面などの主張が書かれた書面と陳述書とは見た目の内容は似ているけれども役割がまったく異なるということを知っていると、例えば裁判所から「○○についての陳述書を提出してくれませんか。」などといわれたとき、「その点についてはもう準備書面で書いたじゃないか?」などと悩むことはなくなります。
陳述書は主張を裏付ける証拠ですから、書かれてあることが信用できるかできないか、というような目で見られます。書かれていることが具体的で、描写が詳細で、情景が映像のように目に浮ぶような陳述書はよい陳述書といえます。
ネットで拾ってきた物のコピペですが、この説明が一番分かり易いかなぁ、と思いました。
要は判事さんは準備書面でたださんが主張している一連の取引である事の主張をもう一度陳述書にして提出して下さい、という事を言いたかったんだと思います。
ですから、たださんと被告の間に置ける取引をどう一連のものと立証するのか、それを案件を担当する判事さんに分かり易く説明して提出するのが陳述書という事のようですね、これは提出しておいても自身が損をするものでは無いと思いますので、何故、たださんが被告との間の取引が一連のものであると主張しているのかを準備書面での主張以上に詳しく経緯などを交えて文書を作成すれば良いと思いますよ。
長期戦になってしまう可能性もあるかもという、たださんの過払い金返還請求訴訟ですが、出来るだけ判事の心象を良くする為にも陳述書の提出は行った方が良いかも知れませんね。
何とか良い陳述書を作って訴訟を早期解決に導けるよう、頑張って下さいね。
2008/12/20 09:34
» 無題
お久しぶりです。

先日知人が〇富士に対し過払い請求を行い、そのお手伝いをしたのですが驚きました。

引き直し計算をして請求書を送り約20日、提訴の準備の打ち合わせをしていたところ、なんと先方から「請求額の8割で和解しませんか?」
との電話がはいってきました!

約1年まえの自分の案件の時はこちらから連絡しても「個人には対応しません。」でしたが・・・

他の消費者金融の方に聞いたのですが、ルパンさんのおかげで過払いを理解する人が増えて30%とかのアホみたいな条件で和解したりする案件が減ったりとかもあるみたいですよ。

詳しい和解案は近日中に話し合うようです。(返還日、正確な金額など)

それにしてもあの〇富士がねー!!!

パンチら賛成! 2008/12/20(Sat)07:57:37 編集
» Re:無題
パンチら賛成!さん、こんばんは、お久しぶりですね。
パンチら賛成!さんは最近は知人の方の過払い金返還請求のお手伝いですか、素晴らしい行動をされていますね。
武富士が自身から請求額の8割での和解提示ですか、まぁこれ金額や過払い金に対する利息の金額などにも拠りますが、場合によっては過払い金元本満額くらいにはなる可能性もありますよね、パンチら賛成!さんの知人の方の請求の内容が気になりますがそれでも珍しいケースかも知れませんね。
最近この過払いブログに書き込みを頂いているコメントでは武富士の過払い金返還対応は悪化の一途を辿っているように感じられますからね…
本当に金融業者各社共にその地域や案件の内容によって対応がかなり違っているような気がしますね、そんな中で私が感じているのはこのコメント欄で書き込みされている、さとみさんという方のアイフルに対する過払い金請求や今回のパンチら賛成!さんの知人の方の武富士に対する過払い金請求などから考えても来年1月にあるという話の最高裁の不当利得金返還請求権の時効起算日についての審理は巷で少し噂になっているような、「過払い金返還請求権(不当利得金返還請求権)の時効起算日はその発生時から」という判断が下される可能性は低いのではないのかなぁ…という事なんですよね。
もしも本当に金融業者有利な判決が出る可能性が高いのだとしたら通常ならば後一月時間を稼げば良いのですから自社から早期の過払い金の返還に応じる必要性は少ないですよね?
まぁこのような解釈には私の希望的観測もかなり入っていますけどね…
まずは何よりも、パンチら賛成!さんの知人の方の武富士への過払い金請求が早いうちに納得の出来る条件で和解成立する事が出来ると良いですね。
パンチら賛成!さん、お疲れさまですが知人の方の武富士への過払い金返還請求を最後まで頑張って手伝って差し上げて下さいね。
和解が成立しましたら、ぜひとも詳しい内容でもコメントして下さいね。
知人の方にもぜひご自身の納得出来る過払い金返還請求が出来ますように頑張って下さいね、と出来ればお伝えしておいて下さいね。
2008/12/22 00:07
» 初めまして。
ルパンさん、みなさん、初めまして。
広島でアコム・レイク・武富士・三洋・シンキと本人訴訟しておりますwakaと申します。
よろしくお願い致します。
以前から拝見させて頂いて、大変に勉強させて頂いております。
本当にありがとう御座います。
近況はと申しますと、一応ひと通り第一回口頭弁論が終了し、次回は来年となっております。
各社答弁書は皆様と同様で「みなし」「悪意」です。「みなし・・」「悪意・・」を主張してきた業者には「求釈明」として以下の提出を求めました。
・原告との間の貸付取引に関して作成された契約書
(貸金法17条1項及び18条書面)写し全部
・同じく業務帳簿(同法19条)
以上の文書の提出をしない場合,その理由を明らかにすること。
また,以上の文書を現に所持しているか否かを明らかすること。
としてやりました。
後は出方をみる事に・・
そして、次の準備書面で、分断を主張してきそうな業者には、(電話交渉で分断指摘)
「法律上の原因がないこと知っていたにも関わらず,実態のない債務の弁済を請求し,これを収受することは架空請求詐欺的行為である。 」

「債務が無い事を知っていた被告がこれを継続的に収受していた事は告知義務違反であり,不作為による欺罔行為である。」
などと、それとなく「分断・時効」で争ってきたら
過払い+不法行為で損害賠償+慰謝料でいくよ?
みたいな準備書面にしました。
でも、私は法律は素人で、挑発的でマズかったかな?と思ってます。
そこで、皆様にお聞きしたいのですが、挑発的な文章はマズかったでしょうか?^^;
それと、今、第一回口頭弁論を終えたところですが、「訴えの変更申立書」で追加的に変更するのは可能なのでしょうか?
みな様のコメントをお待ちしております。
かなり長文になってしまい申し訳ありませんでした。




waka 2008/12/22(Mon)22:45:41 編集
» Re:初めまして。
wakaさん、はじめまして、こんばんは。
wakaさんは広島県で過払い金請求を行っているんですね、広島県の過払い金返還請求訴訟事情はどんな感じですかね、広島高裁などの判決は全体的にはどういった感じなのでしょうか?調べれば分かる事ではあるのですが、実際に訴訟を行われている方に裁判所の雰囲気や判事の審理の方向性などを御伺い出来たら何かと参考にもなると思いまして…
全ての業者に対する過払い金返還請求訴訟の第一回口頭弁論は一先ず終了しているという事で、お疲れさまでした、これからの年末年始は来年の第二回口頭弁論に向けて充電&休養、そしてお勉強の期間ですね。
wakaさんが気にしていらっしゃる挑発的だったかどうかに関しては、私はこのコメントの内容を読ませて頂いている限りは別に挑発的だとは思いません、単なる和解交渉の上での駆け引きに過ぎないとは思います。
ただ、先に広島県での過払い金請求事情はどんな感じですか?とお聞きしたのは、広島県内での過払い金請求に対する裁判所の判事の考え方によっては素人の癖に随分挑発的な感じだな、などと受け取られてしまう可能性も無いとは言えませんのでその辺りが少しだけ気になってしまいました。
と言っても、wakaさんの主張自体は今後の過払い金請求事情を見据えた上では決してそんなに挑発的なものとは思いませんけどね、ただこちらが主張を行うという事はそれに対する立証責任というものが発生してきますので、今後は不法行為(架空請求類似行為)での損害賠償請求も視野に入れて争っていくにはそれなりに法的根拠や過去の不法行為による損害賠償請求について知識として学んでいく必要性はありますね。
法律的に素人、これは私も含めこの過払いブログを訪れて下さっている方の多くが始めはそうであったと思います、後は本人の「努力」と「やる気」で補っていけるものではないかなぁと私は思います、wakaさんもここまでご自身の力で出来たのですからきっと勝利の日まで闘い抜く事は出来ると思いますよ。
それから、「訴えの変更の申立」に関してですが、これは基本的には弁論中でしたらいつでも出来るはずです、認められるかどうかという問題はありますが申立自体はいつでも出来るはずです。
ただし通常の不当利得金返還請求訴訟に損害賠償請求などを追加する事になると「訴額の拡張の申立」にもなりますので、印紙代の追加は発生するかとは思います。
現在の過払い金返還請求訴訟は難しい状況下ではありますが、何とか最後まで頑張ってご自身の納得出来る結果で訴訟を終える事が出来るよう頑張って下さいね。
何か分からない事など出てきましたら、またいつでもお気軽にコメント書き込みして下さいね。
2008/12/24 22:11
» 陳述書・・・
ルパンさん先日は体調悪くされているところコメントありがとうございました。

仕事等で忙しく、やっと今日から「陳述書」作成に入りたいと思ったのですが・・・

一つマズイ事を思い出しまして悩んでおります・・・

私、途中完済後に再借り入れをしたのですが、先日提出した準備書面に
「途中完済後、カードの番号も変わりなく、何の契約などなく以前同様借り入れできた」(多少省略)
と書いて提出したのですが・・・

よく思い出してみたら、再借り入れの際、カードを紛失していた為、再発行して借り入れをしている事を思い出しまして・・・

もしかすると、カード番号が変わっている可能性が出てきました・・・

変わっているかどうかの確認する方法もなく・・・

陳述書に準備書面と違う内容を書いても大丈夫でしょうか?
やっぱりマズイですよね・・・

何かいい方法が、あれば教えていただきたいのですが・・・

ルパンさん・皆さん
スミマセンが宜しくお願いします。
ただ 2008/12/24(Wed)10:01:58 編集
» Re:陳述書・・・
たださん、こんばんは。
コメントの返信遅くなってしまい、すいません…
という間にこの過払いブログのスーパーバイザーのヤマトさんが的確なアドバイスを下さったようですね。
私も同様の意見ではありますが、ヤマトさんのアドバイスよりも私としてはもう少しだけズルイ考え方で臨んでも良いと思います。
具体的に言うと、主張自体が虚偽の陳述で無ければ良い訳ですから、知らなかった、もしくは気が付いていなかったというのは虚偽の陳述では無いですよね?相手に指摘された時に初めて気が付いた!という事でももちろん良い訳ですし訂正も出来ますし、そこからまた主張構成を考え直す事も出来ますよね?
たださんはカードの紛失はした事は覚えていないんですよきっと…
それにカードを紛失して再発行したから個別の取引だと相手に主張されても私なら笑うしかないですけどねw
仮に再契約時にカード番号が変わっている事で個別契約であるという事を相手が主張してきたら、カード番号がどのように変わっていて何故それが個別契約であるという主張になるのかを相手に立証して貰えば良い訳ですしね、訴訟という場においては主張をした者にそれを立証する責任が生じます、ですから自からが自分自身にとって都合の悪い事を持ち出す必要性は1ミリも無いと私は思います。
カード番号が変わっているかどうか、これは現段階でたださんはあまり考える必要は無いと思いますよ。
陳述書にはたださんが何故一連の取引であると主張しているのか、それに関して虚偽では無い自分自身に都合の良い事だけを上手く盛り込んでいけば良いのではないかなぁと私は思います。
ですから、準備書面上の主張よりも自身が不利になるような主張を自ら陳述書に記載する必要は無いと考えておけば良いのではないかと思われますね。
実際の訴訟で考えてみれば分かるように、金融業者は自らを悪意の受益者であったという事が分かっていても絶対にそれを認めませんし、自ら主張してくる事はないですよね、自分の都合の良い主張しかしてきませんよね取引履歴を廃棄したとかもそうですし、明らかにうそ臭くても立証のしようが無いという点ではどちらも同じ事ですよね、ただし明らかに虚偽であると思われるような主張は危険と言うかアウトですのでその点だけは気を付けて下さいね(なんと言っても過払い金返還請求訴訟という世界は残高0計算が認められる事があるような世界ですからね、カード番号の変更知らなかったなんて事が後に争点になったとしても可愛いものだと思いますよ、まずそこは争点にはならないと思いますけどね)
2008/12/25 20:17
» ルパンさんへ
コメントありがとうございます。

今から「陳述書」出しに行こうと思っていたところで・・・

正々堂々と言いましたが・・・

自分に都合の良いように「正々堂々」とやりたいと思います(笑)

では今から少し訂正して出しに行こうと思います。

ルパンさん・ヤマトさん
ありがとうございました。
ただ 2008/12/26(Fri)09:36:19 編集
» Re:ルパンさんへ
たださん、こんばんは。
陳述書は上手く作成する事が出来ましたか?
正々堂々、気持の良い言葉ではありますが、私達の行っている過払い金返還請求という行為は金融業者によって長年不当に利得されてきた私達の大切なお金をなんとしてでも取り返す!というのが最終的な目的の1つですよね?
その過払い金返還請求という民事訴訟の場においては正々堂々とう理念を持ちながらも相手のずる賢さにも対応していく必要があると思えます。
自分の都合の良いように「正々堂々」と、まさにその考え方で正しいと私はそう思います。
厳しい戦いになる事もあるとは思いますが最後まで頑張って下さいね。
その後また進展などありましたら、ぜひまたここにコメントして下さいね。
たださんの嬉しい報告が聞ける日を楽しみに待っていますね。
2008/12/27 18:04
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]