忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
この過払いブログを書いていて、日々思う事です。

今日は祭日、俺は最近はブログの更新をカレンダー通りに行なっていたので、今日の記事は休みにしようかなぁ、と思っていたのですが、本日の朝、ヤマトさんや天井貼りつきさんからコメントを頂いて非常に強く感じてしまった事を少しだけ書いてみようと思いました(´・ω・`)ノ

過払い金返還請求を行なうための基本的な流れや対策、これを文章に起こす事はそれ程難しい事ではありませんでした、過払い金請求の大体の流れ、これは現在ではほとんど確立されている物ですから、それを順番に沿って、更に私の経験を交えて解説していけば良い訳ですから、でも色々と引用する言葉や言い回しなどには多少の苦労もありましたけどねヽ(・ω・´ )ノ

私はこの過払いブログにコメントを書き込みしてくれていらっしゃる方達に比べると、私は頭の良いほうでは無いという事を感じていますので、過払いに関する事だけでは無くても、自分の考え気持ち知識や経験などを文章にする事の難しさという事を日々感じています。
自分の書くコメントの文章が破綻しているんではないか?自分の思っている事の半分程度の事くらいしか伝えられていないんではないのかな?そのように感じる日々を過ごしています(´д`;)?

いつもこのような事を感じています…(´・ω・`)

過払い金請求訴訟においての訴状・準備書面・上申書などに使用する文言や法的解釈、またその」引用などに関してはある程度の雛形の様な物が存在していますから、それにそって自分なりの主張に変えてそれを作成していけば良いだけですし、過払い金請求で多くの弁護士や代理人、判事書記官などと口頭で話をする分には、それなりの自分としても納得の出来る主張をする事が出来たのだと思っています(だからと言っては何ですが、これもあって私の過払い金請求訴訟はそれ程の問題が起きなかったのだとは私自身は感じています(´▽`))

より多くの人に自分の思いや気持ちを短い文章で伝える事、この難しさにいつも悩み考えさせられています。
私のコメントは必要無いんじじゃないか…そんな風にも考えてしまったりもしています…(´д`;)

これは完全に私個人の悩みなので、ココで人様にお話する内容の事ではないのかも知れませんが、文章で自分の頭の中で考えている事を人にそのまま伝える、これは非常に難しい事ですね(これは過払い金請求に限った事ではありませんけど…)
人生まだまだ、勉強中という事なのでしょうね…(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 短い言葉でも
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

よく判例などを見ていて「判決理由」の部分になると、莫大な文字数で書かれており、「主要な部分」「重要な部分」を専門家、或いは報道関係者などが「要約」した案内は我々一般人にとってありがたいものでもあります。

ところが気心を知れた友人や親族であっても、ちょっとした行き違いから互いに険悪になることすらあります。

借金問題というのは中々人に相談しにくいというのは、ご貴殿も感じていた通りと思います。
過払い請求についても身近に相談できる人がいると言うのは皆無に近い事例だと思います。

当然、自分も身近に相談できる相手などいませんでした。この場で頂いたコメントの一つ一つが自分にとっては宝物のようなものです。

例えば「多重債務」という問題でも、借金と向き合ったことの無い人間のアドバイスなんて、ハッキリ言って支離滅裂です。
過払い請求という問題も「借金を知らない」人間にしてみれば「借りた金に約定利息を付けて返すのは当然」と言った様な、まるで貸金業者のHPから抜け出してきたような答えが返ってきても不思議ではないでしょう。

過払い請求を行ったことを公にするということも、一般社会の中では中々困難なことだと思っています。自分も家族と親しい友人以外にこのことを知る人はいません。唯一の例外は元同僚女性ですが、これも元彼氏だった同僚男性が相談を持ちかけてきたからこそであり、自分が世間一般の上長に過ぎなければなんの役にも立たない答えしか返せなかったでしょう。

色々なご苦労や苦悩も生じるとは思いますが、ご貴殿からのコメントに救われたものとして今後も地道な活動をお願い申し上げます。自分も及ばずながらお力添えを致します。
ヤマト 2007/11/24(Sat)20:58:18 編集
» Re:短い言葉でも
ヤマトさん、こんばんは。
いつもながら感じている事なのですが、ヤマトさんのコメントは言葉に重みを感じますね(これは良い意味ですよ)
たぶんヤマトさんと私はそれ程年も違わないと思いますが、やはり歩んできた人生の違いなのですかね?そして今過ごしている環境、自分の力で家族を支えているという立場の人の持つ言葉の力というのもあるんでしょうね。
少し話は反れてしまいましたが、借金の事や過払い金請求の事は確かに人に自分から進んで話をしたりしませんね、借金の事はともかく過払い金請求の事は何故なんでしょうね?何も悪い事をしている訳では無いのに…不思議ですね?
私もこのようにブログで過払いについての記事や自分の経験や見解を書く事は出来ますが、極端な話、裁判所や消費者金融などの前でデモ行進が出来るかと言えば出来ませんしね(まぁ、これは極端な例で参考にはなりませんね(笑))
借金や過払い請求の事、これだけでは有りませんが、やはり人間自分が実際に経験した以上の事を人に話したり、その事の相談を受けてそれにアドバイスをすると言う事は難しいですね、私ももし借金をした事が無かったら多重債務で苦しんでいる人の気持ちなど理解出来なかったでしょう…
数多くの事を経験すれば良いと言う訳では無いですが、味わった者や経験した者にしか分からない事というのは少なくはないのでしょうね。
ヤマトさんの言われているように、私は自分の経験した借金生活や過払い金請求の事を過小も誇張もせずにバカなりに自分の言葉で少しでも多くの人に伝えていけるようにしていきたいなぁ、と改めて思いました。
そしてヤマトさんを含め多くの皆さんとこうして知り合いになり気持ちを共有する事が出来た事を嬉しく思っています。
今年ももう残すあとわずかですが、今後とも宜しくお願い致します。
2007/11/24 22:28
» お久です!
ご無沙汰しております。
ふざけたHNのパンチら賛成!です。
本日の記事を拝見してのコメントです。
某巨大掲示板では初心者に対して「過去ログを読め!」とか「スレ違い!」とかで済ましてしまう事が多々有ります。
それに比べればルパンさんの誠実な対応は誰が見ても明らかです。
自信をもってブログ継続で困っている人の力となってくれることを切に願います。
自分の案件ですが弁語士さんに任せっきりです。
団体訴訟を起こす等地方紙に載るくらい頑張っておられます。
全てが解決したら書き込みさせていただきます。
これからも我々の力になってください!
パンチら賛成 2007/11/25(Sun)00:55:33 編集
» Re:お久です!
パンチら賛成さん、こんばんは、お久しぶりですね、お元気そうで安心しました。
某巨大掲示板…私も出先などで時間がある時などたまにですがカキコしたりしています、初心者スレや超初心者スレなどの初歩的な質問に対してというのがほとんどですけど、まぁこれも過払い請求をしている人の少しでも助けになればという事でコソーリと回答したりしていますw
本当にたま~になんですけどね…
それにあそこと私の過払いブログでは訪問者数の桁ががまるで違いますからねw
でも私的には非常に有意義な掲示板だと思いますよ、あそこは、私も昔は少々お世話になりました、ありがとうございました。
でも、ここでお礼を言ってもあまり意味がないですねw
パンチら賛成さんの依頼された弁護士さん、頑張っているようですね。
団体訴訟だと訴訟の進行に時間が掛かってしまうという難点はありますが、社会的にも大きな問題となるという利点もありますね、これだと不可解な判決などは出せないでしょうし、そもそも判決を出されて話題になる事も業者としては避けたいでしょうね。
早くパンチら賛成さんの過払い金請求も全てが終了すると良いですね、その時は喜びのコメントをいっぱい書き込んで下さいね。
私もそれを読める日を楽しみに待っていますね。


2007/11/25 01:44
» 無題
変なプレッシャーかけてるようですみません。しかし、ルパンさんのコメントで相当助けられてる方々も多いはずです。
私も、伝えられているか不安です。皆同じだと思います。「自分が思うほど、他人は気にしていない」ですから、自信を持たれてください。

司法書士、弁護士で迷ってる方の参考に・。司法書士案件ですが簡易裁判所には、誰でも入ることができます。被告側(皿側)はヒゲ&パンチの社員でもOKです。
一方、地裁案件は、被告側は意思決定のある社長か委任を受けた代理人しかダメです。第二回からは欠席が認められません。弁護士は140万円に達しないときには、合算して140万円を超えるようにして、地裁案件にして自分の土俵に相手をあげます。
地裁案件のほうが和解が早く条件が有利というのはそこら辺の事情によるものです。
天井貼りつき 2007/11/25(Sun)10:34:02 編集
» Re:無題
天井貼りつきさん、こんにちは。
暖かい励ましの言葉、ありがとうございます。
でも、これは前々から少し葛藤していた事ではあるんですよね…
この過払いブログを書き始めた当時は、自分の行なった過払い請求という行為をブログで紹介して「少しでも多くの人がこれを読んで、自分の行なう過払い請求の参考にしてくれたらいいなぁ」とただそれだけでした。
でも多くのコメントを頂けるようになってきて、それに自分がコメントをしている内に「この自分の返すコメント、これこの言葉で本当に自分の伝えたい事が伝わっているのかなぁ?」などと小生意気にも考えてしまうようになりました…でも良く考えてみれば全て自分の思っている事や考えている事を文章にして伝えるなんて事は不可能に近いんですよね…
これは私だけではなく多くの人の持っている葛藤ですね、過払い請求での訴状や準備書面でもそうですが、話す言葉と文章にする言葉の違い、そのもどかしさ、これを解消するには相当の文章化能力が必要ですよね、確かにこれを自分の満足のいくレベルにするのは難しいんでしょうね。
天井貼りつきさん、私は自分の身の丈にあった行動で過払い金請求を広められるように私は私なりに頑張っていってみますよ、カッコいい綺麗な言葉では無くても自分の言葉で少しでも多くの人に過払い請求を…広める…それを目指します。
それから簡裁、地裁案件へのアドバイス、ありがとうございます。
私も少し付け加えさせていただきます。
地裁案件でも私の行なったアエルに対する訴訟では、アエル側は2回目以降も誰一人として出廷はして来ませんでした、このような場合は時間は掛かりますが、特に完全な時効などの大きな問題となる争点が無い場合はほとんどの場合、原告側前面勝訴になると思います、後は判事や書記官の言われるとおりに行動していれば問題無いと思います、参考までに…
(アエルだからと言って必ず出廷しないとは言い切れないので、そこは注意していて下さいね)


2007/11/25 14:18
» まさに・・・
コメント 私の気持ちを汲み取っていただきありがとうございます。
>私は自分の身の丈にあった行動で・・・
その身の丈がなかったから、私をはじめ、皆さんが抱えている状況に至ったんだと思います。
怖かったから、先送りしていただけ・・。今月の利息さえ支払っておけば、とりあえず今月だけでも生き延びられる の連続だったような気がします。
弁護士さんに、負債案件の総額や借りた動機、取引開始日・・・。開示された内容の確認。本当に1000円単位の借り入れ。
それを乗り越えれば普通の生活が見えてきます。もう、あんな生活に戻る気がないのなら「ブラック上等!」になれます。切り替えるちょうどいい機会です。
ルパンさんのアエル案件は、第二回欠席だったんですね。
戦う弁護士さん それを狙っているようです。第二回は出廷の義務があるようです。そこに出廷しないのは、事件を解決する意思がない ということを裁判官に訴えるチャンスだと。
態度の悪いところには、出廷しないのを見越して、慰謝料、弁護士費用、訴訟費用を請求し、わざわざ遠方案件では現地で訴訟を起こし出向くそうです。訴前和解には相当有利で、出廷して旅費の全部は認められないはずだけど、相手にダメージは与えられるはず。との説明でした。
天井貼りつき 2007/11/25(Sun)22:30:18 編集
» Re:まさに・・・
天井貼りつきさん、こんばんは。
身の丈に合った生活…自分の収入で送る事が出来る以上の生活を送らなければ出来たはず、そういった思いを感じている人も多いでしょうね。
自分の人生は何処で狂って来てしまったのか?毎月何件もの金融業者に利息だけを支払って次の月まで問題を先送りにする生活、誰にも相談する事も出来ず、自分の人生に絶望すら感じる…
過払い請求で、少しは明るい未来、ささやかでも希望を持てる自分の人生を手に入れる事が出来るのなら、もう二度と同じような過ちは犯したくない、多くの人はそう強く思う事でしょう。
ブラック上等!これも一つのけじめ、そう考えられる事が出来る人は、ある意味ではとても強い人だと思います、私は結果的に自分の個人情報を気にしてしまいましたから…
まぁ、これも人それぞれ事情や生活状況などによって考え方も違いますし、何が正解なのかは分かりません、ただ天井貼りつきさんの言っているような覚悟と言う意味では自分を変える為の1つの選択肢ではありますね。
アエルへの地裁案件での過払い金請求、これは色々とネット上で調べてみても2回目以降も出廷して来ないという事が多いようですね、正直負けが決まっているような案件ではCP的にも割に合わないのと問題を先送りにして現状の経営に全ての力を注いでいるんではと思われますね。
これはまるで昔とは立場が逆になっているようですねw
コメントを読ませて頂いていると、天井貼りつきさんの依頼された弁護士さんはかなりのやり手ですね、決して敵に回したくないタイプですねw
でも一度、その弁護士さんに消費者金融側で弁護するとしたらどのような手法を使うのか?色々とお伺いしてみたいところですねw
2007/11/26 02:08
» ルパン様
こんばんは、ルパン様、打倒です。

ルパン様、伝えるのに、綺麗な文章や上手い言葉など必要でしょうか?

戦場カメラマンを見て下さい、彼らは、画像で、全世界の人の心に、伝えます。(命を賭けて)

生まれたばかりの赤ん坊を見て下さい、泣き声で、伝えます。

動物が好きな人は、動物の意思が解ると言います。

考古学者は、その時何があったのか、知ろうとします。

過払い請求を、初めて個人で戦ったといわれる、主婦の方は、誰もが納得する文章を書けたのでしょうか?

伝えるのに、上手い文章や上手い言葉など必要でしょうか?

私も含め、ここに集まる「みんな」は、ルパン様の「熱い気持ち」「想い」は、十二分に伝わっています。

たしかに、裁判上は必要ですね。でも上手い文章を書けなくても、上手い言葉を言えなくても、強い想いさえあれば、必ず誰かが助けてくれると、私は信じています。 
それが、弁護士であり、ルパン様であり、皆様です。

上手く伝わらなかったら、
何度でも伝わるまで、話せば良いんです。
何度でも解るまで聞けば良いんです。
いつか、伝わりますし、理解できますよね、誤解があれば、絶対誤解は、とけます。

なぜ伝わらないのか、なぜ理解できないのか途中で、諦めるから、もしくは同じ思い「共感」出来ないからです。

福岡であった、3人の子供が犠牲になった飲酒事故も当事者、関係者でなければ、時間がたてば忘れるのかもしれません。

伝えたいと思えば伝わると思います。
理解したいと思えば理解できると思います。

伝えたくなければ、伝わらないし
理解したくなければ、理解できません。

私たちは、心を持っています。

「腹を割って話す」私が好きな言葉です。武士道ですね。真剣に諦めずにお互い頑張りましょう。

ルパン様、疲れてるのかも、ご自愛下さい。
              打倒でした。

打倒 2007/11/26(Mon)02:41:55 編集
» Re:ルパン様
打倒さん、こんにちは。
熱く、そして暖かい言葉の数々、本当にありがとうございます。
武士道ですか、そう言われて自分が幼い頃、剣道と合気道を学んでいた事を思い出しました、私は幼少の頃は体が弱かったせいもあり母親の意向で剣道・合気道・水泳などの教室に通わされていました、中でも剣道だけは一応初段という物を持っています(まぁ、これ中学生くらいまでやっていると大体誰でも取れるんですけどねw)
そこで学んだ物、今思い出せる事と言えば、礼に始まり礼に終わるという事、多分、今考えると「仁義礼智」という事が」基本にあったんだと思われます、今はもう忘れてしまい掛けていましたけど…
それでも、武士道という言葉は、自分が日本人である以上好きな言葉の1つですね、これを上手く説明するのも、それはそれはそれで難しい事だと思いますが、この武士道という物は多くの人の中に自分の信念として形を変えていても残っているんじゃないかなぁと、私は思っています。
基本的には人を思いやる気持ち、そして自分を戒める気持ち、この辺りの重要な事を何処かで忘れてしまっていたんでしょうね…
そして人を理解する、人に理解される、これは非常に難しい事だと今でも思っています、人間他人の考えている事の100%を理解する事は難しいですし、相手に自分の考えている事の100%を理解して貰う事も不可能に近い事なのでしょう、言葉と言うのは一応人間だけが持つコミュニケーション手段ですが、言葉は一方では残酷ですね、人を傷付け罵る事も出来る、ようは本人の使い方次第なんですよね、私も過払い金請求などの訴訟においては正しい言葉、そして相手(判事や書記官。または被告などですね)に伝える事の出来る言葉というのが必要であると思います、これは訴訟実務上から考えても書式やその他の決まりがある程度はありますからね、私は自分がこれを出来ていたのか?それは今となっては分かりませんが、出来る事ならこの「過払い」という言葉、そして「過払い請求」という行為については自分の考えている事の多くを、出来るだけ多くの人に伝えたい。そんな大それた事を目標にしていますので、少しだけ考えてしまいました。
打倒さんを含め、多くの常連さんから暖かい言葉を頂きまして、色々と考えてみました、そうですね、確かに繰り返し伝えようとし、そして繰り返し理解しようとするとい、気持ちこれが大きければ大きいほど相手に自分の考えている事の大部分は伝得る事が出来る、そう信じたいものですね。
私も決して綺麗な言葉やカッコいい言葉で「過払い」について広めていきたいと思っている訳では無いのですが、なるべく理解しやすく人の気持ちに届くような言葉で、過払い請求について理解をして欲しいなぁ、とは思っています。
これが出来ているのか?問う事に対して少々考えてしまった次第であります、確かに少し疲れていたんでしょうか…そんな事は自分では無いと思ってはいるんですが、葛藤はありました。
でも打倒さんを含め多くの方から励ましの暖かいお言葉を掛けて頂き、思いを新たにする事が出来ました、汚くても駄文でもいいから自分の気持ちを自分の言葉で伝えていきたい、決して感謝されたい訳でも無く、少しでも多くの人の意識に響く言葉を伝えたい…そう考えるようになりました。
私はこの過払い金請求を広めるという事に決して命を掛けていると言う訳ではありません、でもそれに近い位、多くの人の人生観に何かしらの影響を与えたい、そしてその人が過払い請求に踏み切る事によって新たな人生を手に入れる事が出来るようなお手伝いをしていきたい、大それた事なのでしょうが今の私に出来る事、それをこれからも自分の言葉で伝えて行きたいと思っています。
変な悩みや自己満足に対して、多くの人に心配を掛けてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
そして、皆さん、ありがとうございます。
私には皆さんの気持ちの多くが伝わってきました、これで良いんですね。
私はこの過払いブログを訪れてくれている人達が大好きです、みんなに穏やかで幸せな人生を送れるようになって欲しいと思っています、その為には打倒さんを含め、多くの皆さんのご協力が必要です、今後とも宜しくお願い致しますね、本当に皆さん、ありがとうございました。

ps.今日は武富士の考えるコンプライアンスという物いついての記事を紹介してみました、まるでお笑い提灯記事のようになっていますし、長いけど面白いですし、ツッコミどころは満載なのでぜひ時間があったら読んでみて下さいね、コンプライアンスについて考えさせられますよw
2007/11/26 11:22
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]