忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
<消費者金融>大手3社黒字回復 引き当て一段落

プロミス、アコム、武富士の消費者金融大手3社は8日、08年3月期連結決算を発表した。利息制限法の上限金利を超えた「過払い利息」の返還に備えた引き当てが一段落したため、最終(当期)損益は、3社とも前期の大幅赤字から黒字に回復した。

ただ、昨年末の改正貸金業法の本格施行で融資基準が厳格化されたため、融資残高が大幅に縮小した。過払い利息返還額も今後、高水準が続きそうで、経営環境は依然厳しい。

08年3月末の3社合計の融資残高は4兆5655億円で前年同期比12.6%減だった。改正貸金業法の施行で、利息制限法の上限(年15~20%)を超える灰色金利を撤廃したほか、返済額を月収の3分の1以内に収める総量規制も前倒しで導入したため、「市場の縮小は歯止めがかからない」(武富士の近藤光社長)状況だ。

銀行傘下のプロミスとアコムが信用力をバックに低金利で資金調達しているのに対し、独立系の武富士は調達金利が高く、体力格差が開きつつある。

一般企業の売上高に当たる営業収益は、プロミスが増収を確保した。昨年9月に三洋信販を子会社化した効果が出た。(毎日新聞引用)

というニュースなのですが、俺としましてはこのニュース記事の中で気になった点は

1>「過払い利息」の返還に備えた引き当てが一段落したため、最終(当期)損益は、3社とも前期の大幅赤字から黒字に回復
2>過払い利息返還額も今後、高水準が続きそうで、経営環境は依然厳しい
3>銀行傘下のプロミスとアコムが信用力をバックに低金利で資金調達しているのに対し、独立系の武富士は調達金利が高く、体力格差が開きつつある

この部分ですかね、まず1つ目に関しては過払い金返還に関する引当が一段落したのなら各社共にもう少し素直に過払い金の返還に応じて貰いたいものだと思いますね、ただこの1つ目の部分と2つ目の過払い金返還は今後も高水準が続きそうで経営環境は厳しい、何だかこの2つ言っている事が比例していないような気もするんですが…俺の気のせいでしょうか(´д`;)?

そして3つ目の部分ですが、やはり大手メガバンクの後ろ盾を持つプロミス・アコムの2社が今後の消費者金融業界での主導権争いを行っていきそうですね、アイフル・武富士の独立系消費者金融は今後もドンドン厳しい状況になっていくんでしょうね(・_・;)

この銀行系消費者金融2社の中でもアコムに関しては最近は少し前に比べると過払い金の返還に関してあまり良い対応では無いというような話を聞く事が多いのですが、このような対応の変化には先日紹介したアコムのレイク(GEコンシューマー・ファイナンス)買収という事も少しは関連性があるのでしょうかね?
現在では昔よりも意外と素直に過払い金の返還に応じているような感もあるレイクですが、今後アコムに買収さるような事になったら過払い金返還の対応もアコム並に変わってしまうんでしょうかね(´・ω・`)?

その辺りも少々気になる感じですね(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 多重債務の相談、過去最多8万7千件に 07年度
こんばんは、朝日新聞の記事からです。
---------------------------------------
多重債務の相談、過去最多8万7千件に 07年度
2008年05月09日15時00分
 複数の消費者金融などから借金をした多重債務で、全国の消費生活センターに寄せられた相談が07年度、過去最多の約8万7千件に達する見込みだ。国民生活センターによる推計で、06年度より約7千件多い。過払い金の返還請求と、自己破産など債務整理の方法に関する相談が目立つ。
 国民生活センターによると相談は3年連続で増え、04年度の約1.5倍。相談者は働き盛りの世代が大半で、給与生活者が6割以上を占める。「夫が消費者金融数社から長年融資を受けており、過払い金があるようだ。取り戻すにはどうしたらよいか」「5、6社に総額300万円の借金がある。失業して支払えないので自己破産したい」といった相談が多い。無許可のまま違法金利で貸す「ヤミ金融」の被害も減らないという。
 利息制限法の上限金利(借入額に応じ年15~20%)を超える「グレーゾーン金利」分が過払い金で、さかのぼって返還を求めることができる。返済を5、6年以上続けていれば過払い金が含まれている可能性があるとされる。全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(電話03・5207・5507、平日午後1~6時)は、約500万人が過払い金を請求できると見積もるが、返済し続けている人が少なくないという。
 一方、貸金業法改正で消費者金融の融資審査が厳しくなり、借り換えできず返済に行き詰まった借り手の相談も増えた。政府が全市区町村に相談窓口の設置を求め、消費生活センターによっては専用窓口を置いたことも相談増に結びついたと見られる。
 多重債務者救済に取り組む宇都宮健児弁護士は「相談件数は実際に悩んでいる人の数と比べるとまだまだ少ない。この問題は貧困や格差社会と結びついている。生活資金を支援するセーフティーネット(安全網)の拡充を急ぐべきだ」という。(上田学)
http://www.asahi.com/life/update/0509/TKY200805090166.html
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/09(Fri)18:35:04 編集
» Re:多重債務の相談、過去最多8万7千件に 07年度
Yoshiさん、こんにちは。
多重債務者の相談件数が2007年度は過去最高になりましたか…
中でも特に過払い金に関する相談は増えているようですね、この記事の中では約500万人が過払い金請求を出来ると見積もっているらしいですね。
中にはきっと相当な額の過払いをしている人も多いのでしょうね、相談者の6割以上が給与生活者であるという所も大きな問題ですね…
ただ2004年度から比べて1.5倍という数字からは、まだまだ多重債務で困っているが誰にも相談も出来ずに悩み続けているような人も多そうですね…
このような問題は何とかしたいし何とかして欲しいものですね。
2008/05/10 14:26
» いよいよ
5月15日は、プロミスとの第一回口頭弁論です。初めての口頭弁論なので、不安も有りますが、どんな感じなのかと言う好奇心もあり、楽しみです。

今後、武富士、ディック、アイク、レイク、パスキー、オリエント、アイフルと、多数の案件を抱えており、アイク以外はまだ残債のある状況なので、プロミスと武富士からの返還金を使い、完済してからの過払い金の返還請求をする予定です。

ちなみに、レイクに対しての取引履歴の開示請求は、早い方が良いでしょうか?

完済してから、開示請求した方が良いですかね(^_^;)
あきパパ 2008/05/10(Sat)02:47:13 編集
» Re:いよいよ
あきパパさん、こんにちは。
もう少しでいよいよプロミスに対する過払い金返還請求訴訟の第一回口頭弁論ですか、確かに初めての口頭弁論、期待も不安も少々あると思いますが緊張もしますね、でもそれもある意味で良い緊張感であると思いますよ。
でも、恐らく第一回は被告側の出廷しない擬制陳述であると思いますので、まずは法廷の雰囲気に慣れるという事を目標にしていけば良いのではと思います(まぁ裁判所も慣れてしまえば役所に行くのとそれほど感覚は変わらなくなるのではなかなぁと思いますよ、やっぱり違いますかねw?)
今後も続いていく過払い金請求に向けて気を引き締めるという意味でも気合を入れて頑張って来て下さいね。
レイクの取引履歴の開示ですが2通りの考え方があると思います。
まずはレイクは10年以上経過した古い履歴を順次廃棄していく可能性があるので早めに開示請求をしてしまった方が良いという考え方、これには更にレイクが何処かの消費者金融に営業譲渡をしてしまった後に対応がどう変わるか?という不安も含めた問題もあると思います。
そしてもう1つの考えとしましては
レイクに対してあきパパさんは完済後の過払い金請求を望んでいるんですよね?
それを前提にしますと、レイクに対しての過払い金請求がいつ頃になりそうか?という事にも関係してくると思います。
その中の1つは非債弁済の問題、これは債務が存在していない事(すなわち過払いが生じている事をあきパパさんが知っていたうえでレイクに対して返済を続けていたという事)をレイクに突かれる可能性が0では無いかも知れない…という問題(まぁ、これはあきパパさんがレイクに取引履歴を開示する際に、過払いの確認のため等という理由で請求をしたり過払い金返還請求書をレイクに送付した後にあきパパさんがレイクに返済を行わなければレイクは非債弁済を立証は出来ないとは思いますけど…)
後は開示請求を行なった後に行っていく通常返済に関してはATMの領収書などを全て保存しておかないと、もう一度開示請求を行わなければいけなくなるという些細な問題ですかね。
と、まぁ問題点はこのくらいであると思います、後はあきパパさんが良く考慮の上で開示するかしないかを決めてみてください。
PSちなみに私はレイクに対しては完済前に取引履歴の開示請求を行い、その後完済してから過払い金請求を行いましたが特に問題はありませんでした。
ただし非債弁済に関しての問題だけは、これ本当に揉める可能性がありますので要注意して下さいね。
では…
2008/05/10 14:51
» GE入金
お久です。
先日5月7日朝一でGEより75万入金ありました。
朝8時半に銀行に行き引き出ししてきました。

ほんとに入金されるのか不安でしたがこれで一段落です。
内容は訴前で91万の元本に対しての75万です。
これを今後の活動資金として裁判をしていきます。
ちょっとこのところ他で忙しく残り四社は訴状作る段階でストップしていたので・・・・。

しま 2008/05/10(Sat)10:30:54 編集
» Re:GE入金
しまさん、お久しぶりですね、こんにちは。
GEから過払い金の入金がありましたか!
本当におめでとうございます、おつかれさまでした。
確かに銀行に行って入金を確認するまでは不安ですよね、本当に過払い金なんて返還してくれるのかなぁ?なんて思いでいっぱいですよね。
でも、多くの金融業者は和解や判決での解決さえ出来れば素直に過払い金の返還に応じてくれますね、まぁこれは当たり前の話と言ってしまえば当たり前なのですが…
でも、その当たり前の事すら行わない金融業者も以前存在していますので許せない事ですね。
しまさんは今回のGEから返還された過払い金を元にして残る他社への過払い金返還請求を行っていくとの事ですので、これからがしまさんの過払い金本番とも言えますね。
色々とお忙しいようですが体には気をつけて残る4社への過払い金請求も頑張って下さいね。
本当に良かったですね、これからも進展等ありましたら是非コメントして下さいね。
2008/05/10 15:20
» あきパパさんへ
はじめましてしまといいます。
GEについてお考えということですが、今回私は
5社全て取引履歴は借入残のある状態でしたが
取り寄せました。
(アコム、タンポート、レイク、CFJ、武富士)
とりあえず理由を聞かれたときは『親にばれて今までの状況を見せないといけなくなった』の嘘で済みました。

そして計算して過払いが出ていたのでその旨を伝え『既に債務は無いのでお支払いする義務は無いので』と伝え三月からは支払いは当然しておらず、向こうからは葉書も電話も督促などという愚かな行為はしてきません。

レイクはその中で先日経済状況もあり訴前和解し既に入金されました。

確実に過払いが出るという可能性があるならば取引履歴を取り寄せたほうがいいのでは?
と思います。
ちなみに信用情報については私はブラック上等なので気にしませんが、それも後々確認して不当な情報が載っていれば訂正してもらうことはできると思います。
レイクの過去の借入状況は私の場合は、
初回借入が初回借入が15万、その後徐々に増額し最終的には40万で天井張り付きの状態で常に継続していました。
借入期間は平成元年~平成20年までで一連一体の取引でした。
取り寄せた履歴は平成5年10月からの履歴しかなく、記憶では平成元年から取引があったはずという記憶があったのと平成3年のATM明細があるので取引があったはずであり倉庫に残っている契約書があるはずだといい探してもらって向こうも探してくれ、全て送ってくれました。(契約書に関しては本来は小為替を送らないと契約書は送ってくれないシステムらしいのですがそんなことは知らなかったので『履歴が無ければ契約書の写しだけでもいいから』と言っといたのですが)

履歴の無い部分は推定計算で計算方法は利息の返済のみの推定で行いました。

向こうも履歴が無い部分は推定計算をしてきてこちらの計算とニアでした。

(私も間違えていて発生した過払い元金対する利息を元金に未充当で計算してしまったので)

それで4月4日に電話で和解して5月九日限りの約束で五月七日の入金でした。

ちなみに嫁のノーローンは取引履歴取り寄せる前に記憶で計算してみておそらく貸金残高は0にならないので、まだ取引履歴は取り寄せてません。
しま 2008/05/10(Sat)11:12:34 編集
» 大手決算内容について
こんにちは

大手三社(武富士、アコム、プロミス)消費者金融会社の決算資料より、過払金の対応について各社の方向性などがある程度読み取れますので、どう考えているのかわかると思います。また、過払金に対する姿勢も判断できると思います。
私見では、アコムが営業貸付残高に占める利息制限法を超える貸付比率が一番低いので、かなり数値から判断すると利率見直しや返還請求に対応しているようです。しかしプロミスはアコムに比べて法定利率を超えた貸付が多いのに、引当はかなり少なく見積もっているので返還請求には裁判の引き伸ばしや金額の減額がありそうです。武富士は法定利率を超えた残高の割合が多いですが、引当金もそれなりに多く積んでいるようです。

過払金返還額(単位:億円)
     武富士  アコム  プロミス
平成18年度(2006/4/1~2007/3/31)
過払金返還額 641 423 311
営業貸付減額 447 419 387
合計  1,087 841 698
平成19年度(2007/4/1~2008/3/31)
過払金返還額 992  760  660
営業貸付減額 612   588  495
合計  1,604 1,348 1,155
利息返還引当額 3,863 3,748 3,163
営業貸付残高利率別残高
営業貸付残高 11,953 12,779 11,418
20%以上 9866 7379 8306
20%以上割合  82.5% 57.7% 72.7%

武富士決算報告資料より

過払金返還請求に伴うリスク
当社の貸付金利には、利息制限法第1条1項に定められた利息の限度を超過する部分があります。
従来、この超過部分については貸金業規制法第43 条の適用要件を満たした場合に有効とされておりました
が、平成18 年1月13 日最高裁判所において適用要件の一つである任意性を否認する判決が出されたことにより、過払金返還請求事案における抗弁は極めて困難な状態となり、前連結会計年度の過払金返還額は急激に増加いたしました。このような動向を踏まえ、日本公認会計士協会が平成18 年10 月13 日に公表した「業種別委員会報告第37 号 消費者金融会社等の利息返還請求による損失に係る引当金の計上に関する監査上の取扱い」に基づき、当連結会計年度においても利息返還損失引当金の算定を行い、3,862 億56 百万円の残高となっております。来期に向けて過払金返還請求事案の動向は落着く兆しも見えつつありますが、平成19 年4月札幌高裁、7月大阪高裁で判示された「みなし弁済が適用される余地が極めて乏しいことを認識し、過払金発生時に法律上の原因を欠くことを知っていたと推認される約定利率による請求は、架空請求に類似する」ことから損害賠償を認めた判決について現在のところ業績への影響は確認されておりませんが、今後の司法判断の動向次第では、過払金返還請求事案増加の要因になることも予想されることから同様の司法判断が続く場合には当社グループの業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。

私見は、上記のように裁判判例には注意しているようですので、武富士がどういった争点では争うのか
参考にされたらどうですか

アコム
利息返還損失の増加
当社のローン事業において、平成19 年6月17 日以前に契約締結したローン商品の貸付金利等は、「利息制限法」の上限金利を上回るものがあります。当社も含め消費者金融事業を営む各社に対し、貸金業
法第43 条に定める各要件の一部を満たしていないこと等を理由として、支払金等の返還を求める訴訟
が複数提起されており、このような請求を認める判決も複数下されております。当社の顧客(弁護士等の代理人を含む)が、利息制限法の上限金利に基づいた債務を主張し、貸付金の減額や過剰支払額等の返還を求める場合があり、当社は貸付金の放棄や支払金等を返還する場合があります。また、これによる貸付金放棄額や支払金等返還額(以下「利息返還損失」という。)は当連結会計年度末現在、高止まり状態であります。今後において、利息返還損失の発生状況や利息返還損失引当金の計上、及び利息返還を求める訴訟において、当社を含む金融事業者にとって著しく不利となる司法の判決などが、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

私見
アコムについては、個別の判例についてコメントしていませんが、かなり情報収集して対応しているようです。

プロミス
利息返還損失の増加に関するリスク
プロミスグループの消費者金融会社各社が提供するローン商品(一部を除く)の貸付金利には、利息制限法の定める最高限を超える部分があります。この超過部分の支払いにおいて、みなし弁済の適用要件の厳格な解釈を求める動きが近年高まっております。貸金業者が交付する書面は、法令によって、その記載要件事項や交付時期が定められております
が、最も厳格に適用された場合、提携ATM利用時に交付される書面の記載事項や、銀行振込によ
る取引時の書面の交付時期等について、法令違反と判断される可能性があり、業務の見直しを求め
られる可能性があります。また、リボルビング方式貸付の場合は限度額の範囲内であれば何度でも利用でき、返済金額も予め決められた一定額以上であれば自由に返済できるため、プロミスグループの消費者金融会社各社では従来、返済回数と期間及び返済額の記載は契約時に交付する書面上省略して参りました。しかしながら、平成17年12月に、リボルビング方式貸付の場合であっても、契約時に交付する書面上に書面作成時点での暫定的な返済回数と期間及び返済金額を記載する義務があるとする最高裁判所の判断がなされました。加えて、平成18年1月には、ローンの分割返済が遅れた場合に残債務の一括
返済を求める融資特約は、利息制限法の規制金利を超過する部分の支払いに対する事実上の強制で
あり、貸金業規制法第43条で定めるところの「利息としての任意の支払い」に当たらないとしたほ
か、契約年月日等の受取証書への記載は契約番号で代替できるとする貸金業規制法の施行規則第15
条2項は、法律の委任の範囲を超えており無効であるとの判断がなされました。プロミスグループの消費者金融会社各社といたしましても、司法判断を真摯に受け止め、利息の不払いを理由に残債務の一括返済を求める融資特約を廃止したほか、自社発行分の受取証書の書式を変更し、契約年月日等の記載を行うことといたしました。しかしながら、お客様が提携ATMを利用された場合には、受取証書の書式に不完全なものがないとは言えず、完全な対応が図られている訳ではありません。また、法的債務整理の増加に伴い、利息制限法の規制金利を超過する部分の利息についての返還請求が年々増加傾向にあり、プロミスグループの当期の利息返還金は、平成20年3月末現在で86,971百万円となりました。こうした状況に対して、プロミスグループでは、利息返還損失の範囲を貸付元本との相殺部分も含めて認識して利息返還損失引当金を算出し、貸倒引当金として計上した元本相殺見込額183,281百万円を含め、総額で467,169百万円の引き当てを実施し、将来発生する利息返還リスクに対応しております。しかしながら、想定以上に利息返還額が発生した場合や、法令等の改正内容によっては、プロミスグループの業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。

私見
プロミスは、かなり詳しくコメントされていますので、当てはまるようでしたらちゃんと対応されると思われます。
Yoshi 2008/05/10(Sat)14:50:34 編集
» Re:大手決算内容について
Yoshiさん、たびたびこんにちは。
これ、凄い有益な情報ですね、情報の提供いつも本当にありがとうございます。
内容もかなり興味深いものですし、大手消費者金融3社である武富士・アコム・プロミスに対して過払い金返還請求を行おうとしている方や行なっている方には非常に参考になる資料ですね。
特に武富士が先の高裁での架空求類似行為での損害賠償請求を認めた裁判例に関してかなりの危惧を抱いている点などは本当に興味深いものですね。
この資料は是非皆さんに参考にしていただきたいですね。
Yoshiさん、ありがとうございました。
2008/05/10 15:31
» しまさんへ
初めまして。あきパパです。

レイクに関しての情報及びアドバイス有難う御座います。

私の場合は、ちょっと複雑なのですが、平成12年からの契約で、最初は20万、その後増額を繰り返し70万になりました。
平成16年頃から支払いが厳しくなり、不払いが発生し平成17年から、残債68万を無利子での返済となり、平成19年から1年間は、全く支払いが出来ず、先月から残り38万の支払いを再開しています。

平成17年の無利子での返済契約時には、それまでの遅延利息は差引され、平成19年から平成20年までの遅延利息も差引されました。

取引履歴に関しては、問題なく開示されると思いますが、過払い金の発生については微妙な感じです。

それと、レイクに取引履歴開示を請求すると、最速で3週間かかると言っています。
今、アコムが買収する話しが出ていますよね?はたしてGEに請求しても大丈夫なのかも気になるところなんです。

ブラックに関しては....あまり上等ではないです(笑)
あきパパ 2008/05/11(Sun)01:31:04 編集
» しまさんへ②
逆襲のルパンさん、皆さんこんばんは。

しまさん、わざわざ推定計算までしていただいて本当に有難う御座いますm(u_u)m

レイクの明細なんですが、レイクのATMの横にはご丁寧に「シュレーダー」が設置してあり、他社の明細共々粉砕処理しちゃいました(>_<)


実はプロミスと武富士以外は、過払いがあるかどうかは微妙なんです(^_^;) 

ディック、アイクに関しては、両方で80万程度有った残金を13万の入金でアイク(8万入金)は完済扱い、ディック(5万入金)は残金20万になり、40万以上の減額になっているので、あまり過払い金は無い気がします。
まぁ損する様な事はしないはずなので、若干の過払い金は有ると思いますが(笑)

今後の予定は、先ずはプロミスと武富士から返還して貰い、その分で他社を完済しながら過払い請求していくつもりです。

その武富士に対する訴状を今日地裁に提出しに行きました。
が、数ヶ所直され、直してから提出して下さいって言われちゃいました(笑)

15日にプロミスの第一回口頭弁論が有るので、その時に提出する事になりました。

簡裁と地裁では、訴状提出でも結構違うものですね。

簡裁では訂正印を十数個押して受け付けて貰えましたが、地裁では受け付けて貰えないとか
取引履歴照会表(被告作成)を甲第1号証、引き直し計算書を甲第2号証としたのですが、簡裁ではOKで地裁では、引き直し計算書は別紙として訴状に添付して、取引履歴照会表を甲第1号証にして下さいって言われたり...。

地裁案件は武富士だけなので、良い勉強になりました。

私の最終目標は、妻名義(私が保証人)でアイフルから不動産担保で借りた約190万の完済です。
これは個人では難しく、弁護士に依頼する事になると思いますが、他社からの返還金を元に交渉したいと思っています。

アイフルの分で、過払い金が手元に残らなくても、借金0になるならOKです。

これから先も、いろいろとご相談させていただく事になるとおもいますので、宜しく御願いしますm(u_u)m
あきパパ 2008/05/13(Tue)01:22:56 編集
» Re:しまさんへ②
あきパパさん、こんにちは。
遅くに横からのコメントご容赦下さい。
あきパパさんのコメントを読ませて頂いていると、恐らくいくつかの消費者金融に関しては任意整理のような形をとっているか、長期延滞という状態になっているのいるのでは、との思いからコメントさせていただきました。
これに関しては全常連やCCBやCICなどの信用情報機関で個人の情報を開示してみると個人の債務状況がどのようになっているか把握する事が出来ると思いますので、今後の過払い金請求や債務不存在通知などの参考にしてみてはどうかなぁと思いました。
それから、簡裁と地裁ではかなり訴状の書式などに違いがありましたか、これは受付を担当するの書記官などの判断や裁判所自体のローカルルールによる部分も大きいと思います、私は簡裁・地裁共に訂正印OK、引き直し計算書も甲号証扱いで訴状を受理して貰う事が出来ましたので、地域での差が結構大きい物なんでしょうね…
あきパパさんにおきましては、信用情報の開示によって任意整理(債務整理)に関する項目や長期延滞の記載などがされているようでしたら、今後の過払い金請求に関しての方向性も少しは変わってくるかと思いますので1度開示請求をかけてみたらと思います。
あきパパさんの最終目標はアイフルの不動産担保ローンを完全に解決する事のようでありますので、それを目標にしてその他の過払い金請求を踏み台にしてアイフルとの直接対決に向けて資金を貯めて何とか無事に解決出来るように頑張って下さいね。
今後とも、こちらこそよろしくお願い致しますね。
2008/05/14 11:47
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]