忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
クレディアや三和Fを続々傘下にかざかファイナンスの逆張り戦略

改正貸金業法による上限金利引き下げ(20%以下)や過払い金返還請求などで急速に縮小しつつある消費者金融業界。そんななか、矢継ぎ早に同業他社を手中に収め、規模を拡大しているかざかファイナンスが話題を呼んでいる。

今年3月、中堅商工ローン、イッコーの筆頭株主となった後、4月には経営破綻した東証一部上場の消費者金融、クレディアのスポンサーとなり、そして9月には、消費者金融準大手の三和ファイナンスを子会社化した。

狙いは、改正貸金業法下での、生き残りを賭けたビジネスモデルの転換である。

同社は、もともと消費者金融のロイヤル信販(2004年にライブドア〈現LDH〉の子会社となり、06年には投資ファンドの傘下となった)で、事業の柱は個人向けの無担保ローン。

法律に合わせて貸出金利を20%以下にすると「借り入れ希望者100人のうち、せいぜい1人か2人しか貸せない」(藤澤信義社長)ため、このままでは生き残れないと判断した。

そこで事業を大きく3つに分けた。まずは担保ローンで、不動産など担保がある客は長期で低金利の担保ローンに切り替える。次に、担保のない客には債権回収だけを行なう。そして銀行ローンの保証業務である。

これらは、無担保ローンに比べて利幅が薄いため、規模の拡大が欠かせない。そこで、他社の買収に動いているというわけだ。また、クレディアは不動産ローンや銀行の保証業務にいち早く取り組んでいたためノウハウもあった。

消費者金融業界は、改正貸金業法の下、新たなビジネスモデルを描けていない。かざかの試みは、1つの方向性を示すことにもなるが、不良資産を抱え込む可能性もある。要注目である。(週刊ダイヤモンド引用)

という記事をネットで拾ってきたんですが、俺の考えとしては買収した各金融業者の大きな隠れ債務である過払い金という不良資産を抱え込む可能性がめちゃくちゃ高いような気がするんですけどねこれ…( ̄o ̄;)

確かに三和ファイナンスや破綻したクレディアを救済したかざかファイナンスの動き自体は三和やクレディアに対して過払い金請求を行っていた者にとっては希望のようなものであったとも思えるのですが、かざかの試算では買収した各社に対する今後の過払金返還請求に対応していってもこの記事にあるようなビジネスモデルでやっていけると考えているんでしょうかね?まぁやっていけるとは考えているんでしょうけどね(。‐_‐。)

クレディアに関しては過払い金の返還金額もある程度計算の出来るものではあると思いますが、三和ファイナンスや商工ローンのイッコー(俺はこれ初めて聞いた名前です)に対する過払い金返還請求にも対応しきれるんでしょうかね?これには俺は疑問が残りますね。
改正貸金行法の施行によって他社や大手銀行系消費者金融などと同じ方向性で事業を行っても生き残りは難しいという考え方自体は非常に理解出来るのですが、かざかファイナンスの過払い金問題に対する認識が少しでも甘いと厳しい事になりそうな気もしますね(  ・д・)

まぁ、三和ファイナンスや商工ローンのイッコーに対して過払い金債権を持っていて、今後、過払い金返還請求を行おうと考えている者にとっては、かざかファイナンスに何とか頑張って貰って、買収した各社に対する過払い金返還請求については真摯に対応してくれるようになってもらいたいものですね(-_- ;)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ロトさん
こんにちはロトさん。ルパン家居候のヤマトです。

ご貴殿いよいよスタートですね。武富士、アイフル、アコム、レイクそしてオリコって100%小生と同じ所で取引がありますね。まぁ自慢にもなりません。

小生、既に過払いの返還は上記全てより受けていますが、当時とは事情が些か異なる部分もありましょうがお力添えが出来ればと思っています。

さて、中でも対オリコ案件については「燃える」理由が有りまして、ブログオーナーもその事については承知して下さっていると思います。

ところがオリコは過払いについては請求が有ればという条件付ながらも、5%の利息を付して裁判によらずに返還を行っておりますので「腕が鳴る」ようなご相談が今まで無かったという事情があります。

よく同一の業者でも「なんとかプラン」とか言うのを複数作って、場合によっては利率が違うとかで「別個の契約」という主張をしてくることがあります。小生の場合レイクで毎月払いの通常の契約の他に、ボーナス毎の半年払い契約であるBプランという特約を結んでいました。(通常30万円Bプラン20万円)
途中でBプラン分を一括返済し、月払いのみの契約にしたのが10年以上前。そのためレイクはBプランは別個の契約として時効の援用を主張してきています。
でも会員番号も利率も、更にはカードも同じ1枚のもので別個の契約というのは失当だという判断を頂いています。

例えば同一の時期に同一の業者から、金利29.2%で100万円を無担保で借り、もう一つの契約コース、こちらは不動産担保と言うことで金利15%、金額を100万円とします。そして両方のコースとも金利のみの支払だとします。

無担保コースは利息制限法に引き直せば5年後には過払いとなり、8年後には過払い額が100万円(5%含む)に到達します。この時点で不動産担保コースと単純相殺すればゼロになりますが、この計算は不正解です。正確には4年11ヶ月目に無担保コースの支払は終わっており、その時点から不動産担保コースに充当すれば15万円の過払いとなるハズです。

昨年サポートローンとやらで、本来50万円の残高を140万円にされたというのは、金利引き下げを装って本来の3倍の金利を収奪する行為ですよね。
無担保ローンで6%というと安いようにも思いますが単純に3倍すれば18%ですね。140万円というと利息制限法で15%ですので真っ黒の違法金利みたいなものです。

小生の読解力が不十分なので正確かどうかは分かりませんが、引き直し残50万円に対して繰り入れ140万円というのは、本当なら90万円の過払いが有るにも拘らず、別コースとして必要の無い金員を無理矢理貸し付けたとしか考えられません。

必要の無いお金を借りさせて金利まで「盗る」というのはどういう了見なんだろうって思いません?

貸付が有効か無効かを判断するのは判事ですが、どうオリコ寄りに判断しても本来不要だった差額分の金利は「不当利得」としか思えません。

対オリコ戦であれば、ブログオーナーから差し止めでも食わない限り徹底してご協力をすることを宣言すると共に、ロトさんが望む決着を応援する次第です。
ヤマト URL 2008/11/02(Sun)23:39:09 編集
» Re:ロトさん
ヤマトさん、こんばんは。
ロトさんへの早速のアドバイスありがとうございます。
私もロトさんに少しだけコメントさせていただいたのですが、微妙に分からない部分がありましたのでその部分が分かればと思いました。
私はオリコに過払い金請求をした経験もありませんし、ヤマトさんのオリコに対する熱い思いは十分理解していますのでwぜひともロトさんの良き相談相手になって頂ければと私は思っています。
差し止める気など一切ありませんw
ヤマトさんとロトさんの望むように私もここで出来る限りサポートさせていただきたいと思います、そしてロトさんのオリコを含む全ての過払い金返還請求がロトさん自身がきちんと納得の出来る結果で終える事が出来ると良いですね。
ヤマトさん、ぜひ応援よろしくお願いいたします。
2008/11/03 02:01
» アコムでいいやん。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

こんなタイトルにするとYoshiさんあたりから「アコムじゃダメじゃん!」なんて声が聞こえてきそうです。これは数年前のプロ野球再編問題の際にブルーウエーブに吸収されるバッファローズファンが掲げた横断幕の言葉です。
その後ライブドアの堀江貴文氏が出てきて一躍寵児となるのですが、その後の球団創設では楽天に敗れ自身も逮捕拘留と一時期の覇気は消えたように思います。最近ソフトバンクの「経営危機」みたいなことが言われると、堀江氏は福岡出身なんだからホークスでも買えばいいのにというのが九州時代からのライオンズファンのお約束。なぜって「ライブドアホークス」って略してドアホ!

いわゆるライブドア事件以後、当時のグループの関連性はどの程度のものなのかはシロート衆には見えにくい部分があるものの、ロプロ、アエル、SFCG、そしてかざかと不祥事がある度に社名を変えるというのは貸金業カメレオンの法則とでも名付けてやりたいですね。
ヤマト URL 2008/11/03(Mon)00:07:13 編集
» Re:アコムでいいやん。
ヤマトさん、こんばんは。
アコムでいいやん。このタイトル最初は私も何かと思いましたが、そういった事だったんですね、近鉄バファローズファンが当時はアコムに対してどう思っていたのかは分かりませんが、球団経営会社アコムじゃたぶん駄目だったと思いますよね…
大阪アコム・バファローズとか恥ずかしくてやってません、アコムだったら今頃後悔の嵐だったかも知れませんね(球場内の横断幕で、糞アコム早く過払い金返還しろ!ボケ!とかw)。
まぁその辺りは消費者金融の汚さと言う事で大阪三菱UFJアコム・バファローズとか意味不明な名称になっていた可能性もありえますからね…
確かにロプロにアエルにSFCGなども含め大手でも多くの金融業者がカメレオンのように名前を変えたり、さも有名企業のグループ会社を装ったような名称を使用したりと汚い戦略で消費者に安心感を与えようと必死になっていましたね、今ではアコム・プロミス・ポケットバンクなどが大手銀行の後ろ盾を全面に押し出して消費者に安心感を与えようと必死になっていますよね。
サラ金は何処までいってもサラ金、大手銀行系の傘を得ているなら素直に今までの不当利得である過払い金を返還し真面目な金貸し?として更正して貰いたいものですね。
2008/11/03 22:56
» 早々のレス有り難うござます
おはよう御座いますルパンさん、はじめましてヤマトさん 心のこもった、早速のお返事 心強く、取っても嬉しく拝見いたしました。

実を言うと、過去2回ほど来世へ旅行を試みた事があって、3回目に。。という時に御サイトを発見。

司法書士も弁護士もまず前金ありきで手が出せず
途方にくれた私に勇気を下さった事を感謝したします

最初の書き込み時は不安と焦燥からかなり動揺していて言葉足らずが多々ありました。

以下具体的な契約の進行をお話させていただきます。

まず、カードローンは、H12年9月に10万限度からスタート、H13年4月に20万に、H15年7月に50万に増枠され天井張り付きでH19年11月まで。

アメニティーローンは、H12年7月からスタ-トH19年11月までほぼ天井張りつき。

で、履歴を元に名古屋式で引きなおした結果、金利が低かったのか、カードは567.000円の残。アメニティーも3.000円の残が出てしまいました。

オリコ側の残高がこの時点で幾らあったのかは、入出金のみの開示であったので当初は不明でした。

其処で、家捜しした所サポートローンの契約書が出てきたのです。

本契約書には記載されていませんでしたが、連帯保証人の嫁あてに来たコピーには繰り入れ元本がはっきり明記されていたのです。

それによると、カードの方はなぜか2行になっていて各々6.000円と954.000円。

アメニティーの方が481.439円の金額が<契約原因及び原因債務の内容 H19/11/**現在>と明記されていました。

この金額の合計1442.000に未収利息やら未収手数料、印紙代等々が25.000円 計1.473.000が元本とさてた契約内容です。

以上の状況から、開示には明記されていない金額、サポートローンからカード、アメニ双方に繰り入れた事は明白ですよね。

ローン会社が、よく個別契約を主張してくるのでこれを逆手に19年11月時点でカードで386.000円の過払いが発生している。

また、アメニティーで478.000円の過払いが発生しているので、サポートとは個別契約であるからこの2契約の不当利得返還請求・・・

なんて言うのも考えたり、サポートローンは虚偽の元本によって構成されており不法行為にあたるから無効である・・・

色々、考えたあげく契約締結時のサポート元本から2件分の過払い金を差し引いて残金を6%の金利のままで返済。

そう言った落しどころで訴訟外で和解が成立すればいいかななんて思ったりもしています。

もっとも、その時点で大手各社の返還があれば勿論一括で返済するつもりですが。

ちなみに、武富士と三洋は各々300超えた地裁案件、んでも両者ともに手ごわい噂しきりで結審まで行く事になると金員が手に入るのは早くて来年2月

高裁まで行けばサクラサク時期になっちゃってます。

サクラサクまでオリコは寝た子を起さない方が良いのかななんて弱気にも・・・(もっとも、開示請求した時点で相手さんは臨戦態勢かなぁ)

自営で業績はそこそこサラリーマンさん+5%くらい
の収入はあるにはあるにですが印紙代にも事欠くっ、
て言うか携帯や電気水道代にも困窮する返済がまだ
続いているので下手な事はできず思案しているのです。

最後になりますが、こんな環境が続いている為に多少?うつ病になってる為(現在も投薬中)、書きこんだ文章の文脈が支離滅裂である事をお詫び致します。
ロト 2008/11/03(Mon)11:13:25 編集
» Re:早々のレス有り難うござます
ロトさん、こんばんは。
まず、来世への旅立ちを考えるのは過払い金と穏やかな生活を取り戻し天寿を真っ当してからにしましょう、借金でそれを考えてはいけません、ぶっちゃけ自己破産という手も最終的にはあるのですからお金での失敗のやり直しはそれを選ばなくても出来るはずです。
過払い金請求も簡単である部分と、時としては非常に厄介な部分もありますので、精神的にきつい事もあるかも知れませんがロトさんとロトさんの家族の為にも出来る限りの「やる気」と少しの「勇気」を出して頑張ってみましょう、解決の道は必ずあるはずです。
コメントを読ませて頂いていていくつか疑問に思った点があるので質問させて下さい。
まずカードローンに関してなんですが、なんでH15年から50万円の天井張りつきで返済を続けていてそれを利息制限法所定の利率で引き直しを行った借入残高が567000円もあるんですかね?これ最後の方にかなり長期間の延滞とかしていましたかね?これ実際の契約時の借入利率どのくらいですかね?
もしかしてアメニティの方が限度額50万円の張りつきだったんですかね?
質問ばかりですいませんがそうでないとサポートローンに繰り越されたカードローンのオリコの言う残高である6000円と954000千円という金額の意味が分からなくなってしまいますね…(何故、6000円と954000円の2つに分かれているのかはまるで理解出来ませんね、1枚のカードでの契約ですよね?何故なんでしょうかね?オリコに訊ねてみたいですね)
オリコの言う借入残高、カードローンの96万円とアメニティの約48万円に印紙代や諸々掛かって1473000円のサポートローンに切り替えたという事ですよね、これちなみに返済に困った際に相談した時にオリコから薦められたおまとめですかね?ここ結構重要なので、昨年の時点でオリコから薦められたという事はオリコはグレーゾーン金利による不当利得金の存在を知っていてロトさんにおまとめのサポートローンを進めたという事になりますよね、そうだとすると大層エゲツナイ事してますねオリコ…
本来ならば57万円の返済を行なえば良かったところを約147万円の貸付に増やしたという事ですよね?差額が90万円ですね、返済する利息としては約60万円の18%で10万8千円と150万円の6%で9万円、150万円のサポートの方が金利は安くなってはいますが、元金は90万円増えていますからね、返済の事を考えると長い目でみればオリコが得をする可能性が高いという話になってきますね。
私も頭が少しこんがらがってきたんですが…明らかに余計な約90万円は返済する必要性の無い借入元金ですよね?これ実際にオリコからお金を借りた訳ではなくあくまで帳面上の数字ですからね。
理屈上はそういう事ですよね?
ですからロトさんはオリコに対しては57万円+それに応じた残高に対する年18%の利息以上のお金を払う必要性は無いと私は思うのですが、間違っていますかね?
それとサポートローンへの切り替えの際に未収利息やら未収手数料、印紙代等々で3万1千円支払っている訳ですよね、これサポートローンの元金に乗っけて利息取ってたらまずくないですかね、未収「手数料」っていうのが何だかまず私には分かりませんし(ちなみに手数料は明らかにみなし利息だと思います。これ契約の締結及び債務の弁済の費用では無いですよね?・詳しくは利息制限法第3条をどうぞ)、印紙代(そもそもサポートローンの契約を締結しなければ必要無い費用ですね)もそうですが未収利息に関しては新たな繰越の元金に繰り入れを行っているとしたら明らかに利息を元金に繰り越したら複利になりますね、もしこれ本当に複利で繰り入れしているなら完全に違法行為ですね、不法行為ではなく違法行為です。
問題はオリコほどの会社がそんな事を分かっていてするかという部分ですね、そこはロトさんに詳しく調べ直して頂きたいと思いますが、私の考える落しどころとしては最高に支払い義務があっても平成19年11月の時点での引き直し後の残元金57万円に対する年18%の利息-サポートローン契約の際に掛かった費用の弁済しかする必要は無いとは思います、後はオリコがそれに対してどこまで条件を飲めるかという感じだと思います。
ただ、複利の部分に関しては本当に未収利息をサポートローンの元本に組み入れて貸付を行っているんであれば相当面白い事になりそうな気がするんですが、そこはちょっと微妙な感じがします。まさかオリコほどの会社が複利になる事を知らないという事は考え辛いかなぁ…
最後になりますが(長くなってしまいすいません…)
>19年11月時点でカードで386.000円の過払いが発生している。 また、アメニティーで478.000円の過払いが発生しているので、サポートとは個別契約であるからこの2契約の不当利得返還請求…
この部分が私には分からないのですが、過払いは発生していないですよね?
平成19年11月の時点ではカードローン・アメニティ共に利息制限法所定の利率で引き直し計算を行っても借入残があるんですよね?
と考えてみましたが、ロトさんどんな感じでしょうか?
それからヤマトさんこのコメント読まれていたらアドバイスとご指摘よろしくお願い致します(部分的に私の解釈が間違っていたりしたら、ごめんなさい…)
2008/11/05 03:43
» 複利・・・
こんにちは、ルパンさん。
親切丁寧なレス、本当に有り難う御座います。
複利・・・盲点でした。。そっか、そう言う事になりますね。

それから、うっかりしていましたが、同やらカードローンは70万円まで増額されていた様です。

開示された資料が、入金のみと利用のみの2部構成でしたので残高が確認できずに勘違いしてしまっていたようです。

当初は頼みもしないのに葉書で「融資枠が30万円まで増額されました」「同50万円」「同70万円」と勝手に枠が広がったので無意識に借入れが増加していった。。

3人の子供の教育費、同居している病気がちな無所得(無年金)の両親扶養。。のまるで預金残高が増えていくような錯覚に陥って満額まで直ぐに借入れしていました。

今思えば本当に浅はかでバカだったと情けなくなります。

かといって、もう2度と黄泉路ツアーへの参加は考えません。(団体保険も無くなったから負債は残るし・・・)

オリコの実態はあきパパさんにコメントを頂いたのでソチラに詳しく書きこませて頂いています。
ご笑覧頂ければ嬉しく思います。


ロト 2008/11/05(Wed)17:50:37 編集
» Re:複利・・・
ロトさん、こんにちは。
あきパパさんへのコメントは読ませて頂きました、オリコに限らずだとは思うのですがオリコってかなりエゲツナイ事しているんですね、やはり腐っても金貸しという事なんでしょうかね…
ただまだ疑問なのがカードローンの限度額が70万円だったとしても何故サポートローンに借り換えを行った際の融資残高が6千円と95万4千円になっているんでしょうかね?そこが理解出来ないんですよね…
それと詐欺罪に当たるかどうかは非常に厳しいところであると思いますが、不法行為(もしくは違法行為)を構成する要件は十分あるような気が私はするんですよね。
いくら借り換えと言えど、未収利息に印紙代、手数料などを元金に組み込んでそれに対して民事法定利息である5%以上の利率で利息を取っている訳ですからね、それとやはり特に未収利息を新たな貸付金に充当するのは複利のような気がしてならないんですよね、だっておかしいですよね?利息制限法を超過した利率で発生した未払い利息を新たな貸付金に充当して更にそこからも利息を取るって…
しかも現金は一切手元には渡らずにあくまで書類上での契約ですよね、私も長い事消費者金融などからお金を借りたりしていましたが、あの旧日立信販ですら印紙代や手数料を元金に組み込んで利息を取るなんて事してませんでしたよ。
ロトさんの場合、他社からの過払い金が早めに返還されて金銭的に少しでもオリコに対する一括返済の用意が出来れば少しは気持ち的にもゆとりが出来るのかも知れませんが、最悪本来ならば存在しないはずの借入金約90万を除いても約50万から60万円近い元金の返済義務は存在する訳ですよね?
そうなるとやはり少し様子見という事になってしまうんでしょうかね、他社に対する過払い金請求3件とこのオリコ案件を一緒に行うと結構精神的にも肉体的にもきついような気がしますからね…
まずは何とか早く他社から過払い金を取り返す事出来るよう努力し、そしてオリコに対しては本来の支払い義務がある金員以外は返済しない事に+して不法行為(もしくは違法行為)での損害賠償請求も視野に入れた訴訟を行うのがベターな感じかも知れませんね。
ロトさんの生活的に問題が無ければ、オリコに対しての返済を数ヶ月続けても元金が減るので問題は無いですしね。
おまとめローンに関してはこういった問題が結構多いようですね。
まずは消費者金融3社への過払い金返還請求訴訟、頑張って納得の出来る金額の過払い金を取り返して下さいね。
2008/11/06 12:42
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]