忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い金を滞納税に 多重債務者の410万円完納

香川県は5日、県民税と市町村税合わせて約410万円を滞納していた多重債務の女性について、女性が貸金業者に払った利息制限法の上限を超える「過払い金」(グレーゾーン金利)を差し押さえ、納付に至ったと発表した。税徴収を目的に貸金業者への過払い金を県が差し押さえ、滞納税を完納したのは県内初で、全国でもまれという。

税務課によると、女性は2000年以降、県民税などを滞納。女性が住む自治体から「税徴収が困難」と申告を受けた県が預金口座などを調査したところ、少なくとも10年前から複数の貸金業者に借入金を返済していたことが判明した。

このため、過払い金が存在するとみられる13社に対し、県が取引経過の開示を請求。回答のあった4社の過払い金を差し押さえ、10月に1社から220万円を回収。県民税約40万円などを徴収した。その後、女性から債務整理の委任を受けた弁護士が別の業者から過払い金を回収し、残っていた市町村税の滞納金約190万円についてもすべて完納されたという。

自治体によるこうした取り組みは全国で徐々に広がっているが、業者が情報開示や返金に応じないなど、回収が困難なのが実態。同課は「毅然とした態度が必要。税負担の公平性という観点からも有効な措置であり、市や町にノウハウを広めたい」としている。(四国新聞引用)

この過払いブログでも何度か紹介している過払い金で税金の滞納分を回収という記事なのですが、今度は香川県でも同様の方法が取られたようですね、しかも香川県の税務課、市や町にもノウハウを伝えたい…って良いですね、ただ滞納税を回収するために税金を掛けて個人の過払い金請求を行なうという行為は、自分の力やお金で苦労して過払い金請求を行なっている人にとっては公平性という部分ではどうなのかなぁ?という疑問は少々残りますね…(  -д-)

このような国や自治体などによる過払い金請求はそこそこ広がりを見せてきていますね、それにこの女性の場合は香川県の税務課の行動によって過払い請求を知ったという感じに見受けられますね、そうであるならこれは非常に素晴らしい事だと思います(・∀・)

この記事は同様に毎日新聞にも掲載されていたのですが、内容的にはこちらの四国新聞社の記事の方が詳しかったので、こちらを紹介しました、でもこのような記事は毎日新聞に多く見られるなぁと思うのは俺の気のせいでしょうか(´・ω・`)?

税金と過払い金、どちらも重要な事ですから、もっと多くのメディアで扱われても良いのではとは思うのですけどね…
やはり色々とイヤらしい大人の事情があるんでしょうね(´д`;)

ちなみにこの記事の過払い金の回収先で県の履歴開示に素直に応じたのは、どこの金融業者で素直に応じなかったのは、どこの金融業者だったのかという事が、俺としてはちょっぴり気になってしまいました(´▽`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 案ずるより・・・でした
こんにちは、ルパン様、皆様

本日、プロミス{クオークローン}1回目行って来ました。
ヤリマシタ。
何の問題もなく、満5+支払日まで、380万円で和解成立しました。(訴訟費用と端数はオマケ)
事前に答弁書が届いていなかったので、今日渡されるか、むこうの代理人が来るだろうと思っていたのですが、答弁書を渡され、見てビックリでした。
代理人が来る事を想定して、かなり理論武装して意気揚揚と出向いたのですけど、呆気なくこちらの主張を認めてきました。実はここ1992,11,12以前の履歴が無かったので残高0計算で訴状提出していて、かなり争うだろうと思っていました。(履歴どうりで引き直すと272万超:残高0計算で+110万上乗せ、損害賠償なし)
ただ、クオークローンからの引継ぎに関して、何も答えが無く、和解金が書いてある程度の簡単な答弁書でした。

もし、同じ境遇の方が居らしたら、余り深く考えず取りあえず、提訴してみて下さい。
私の場合は、超楽でした。
(あくまでも私の場合はですが)

とうとう残り、あと2件になりました。
今年中に終わりそうです。

今日までに取り返した金額(和解分まで)
三洋信販 259万
アコム  252万
アイフル 237万
プロミス 380万
ディック  17万
ユニマット 21万
計1128万になりました。
残り2社分
プラム  69万
レイク 105万

37年の人生でこんな大金見たのは初めてです。
と言ってもこれだけのお金をバカみたいに払い続けていた自分を痛烈に反省しています。
「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」
こうゆう気持ちは、すぐに忘れてしまいます。
ルパン様や皆様に誓い、もう借金はしません。

また報告に伺います。
            打倒でした
打倒 2007/11/07(Wed)16:05:44 編集
» Re:案ずるより・・・でした
打倒さん、こんばんは。
良かったですねぇ、素直に380万円で和解成立ですか、悩んでいた時間が何だか無駄になってしまうようなスピード和解ですね、本当におめでとうございます。
残りは2件ですか、それにしても取り返した過払い金の総額は非常に高額ですね、打倒さんずいぶん苦しい時期を過ごしてきたんですね、お疲れ様でした。
残高0計算で特に争いも無しという事はとても楽な戦いでしたね。
何とか後2件、頑張って取り返して、大きな貯蓄のある穏やかな生活を手に入れて下さいね、最後まで気を抜かずに頑張って下さいね。
いやぁ、それにしても羨ましい金額ですね、大事にして下さいね。
2007/11/07 18:55
» 私の個人情報何処に行ったの~?
ルパン様こんにちは、香川県やりますね~今日は2時間掛けて全情連のセンター窓口に行って来ました、もちろん自分の過払い請求訴訟後の個人情報がどのように記載されているかを知る為であり、間違った記載であれば異義申立を行うつもりでしたが、六社中、ニ社しか載っていません、残り四社は何処?業者にで確認しても「全情連に加盟していますよ」との返事、
私の個人情報は何処に行ったのでしょうか、後日改めてCICへ行って観ようと思います、つまらない投稿で申し訳ありません、
又コメントしますでは失礼しますm(__)m。
玄海 2007/11/07(Wed)16:21:12 編集
» Re:私の個人情報何処に行ったの~?
玄海さん、こんばんは。
香川県、やりますねぇ、今日は個人情報の開示に行って来たんですね。
個人情報登録機関なのですが、これはあくまで私の経験なのですが金融業者によっては登録されていない事がありました。
何故?全情連だかCCBだかの職員に聞いてみたら、過払い金請求が増加しているため企業防衛のために契約情報などを載せていない業者もあるらしいです。
私は確か2社くらい登録が無かったような記憶があります。
ただし私の場合は遅延は一回も無かったと言う事も関係しているのか知れません、この辺は謎でした。
2007/11/07 19:02
» 頑張ろう
ルパン様、皆様へ

先程、私の取り返した金額を公表したのは、これだけの金額を取り返せる可能性がある事を今から過払いに取り組む方々に伝えたかっただけですので、他に意図する所はありません。
誤解の無いように訂正します。
ムカついた方には、深くお詫び申し上げます。
今から過払いに取り組む方、今現在戦っている方も頑張って取り返しましょう。
             打倒でした。
打倒 2007/11/07(Wed)16:23:15 編集
» Re:頑張ろう
打倒さん、たびたびこんばんは。
気にしないで下さい、その金額はあくまで打倒さんの払い過ぎたお金、そして打倒さんが長い間に苦労してきた結果取り返す事の出来た物じゃないですか!
確かに私も羨ましい金額だとは思ってしまいましたが、取り返す金額に比例して苦しい時期も長かったと思うと単純に金額を羨ましく思う事は失礼になってしまいますね。
何しろ打倒さんが個人の力でそれだけの金額を取り返す事が出来た、そして多くの人も同じように過払い金を取り返す事が出来るという目標になると思いますよ。
金額の大小だけではなく、打倒さんのやる気のある前向きな姿勢、それに多くの方が共感して貰えたら良いなぁ、と私は思います。
皆さん、打倒さんに負けないように頑張って過払い金を取り返しましょうね!
2007/11/07 19:09
» 高額所得者?
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

この記事を読んでふと思ったのが滞納税額が住民税だけで410万円ということ。
税の時効は5年だから最低でも年額80万円以上が課税されているという計算になります。

おそらくこの金額が正当な「所得」なら多重債務に苦しむことなど有り得ないと思えるのですが、中小企業経営の実態を知るものとしてイヤな気になります。

というのも中小企業に銀行などが融資を行う際に必ず社長の「個人保証」が要求されます。そのため社長は無理に書類上の所得を作り出し、その所得を経営する会社に「貸し付けたこと」なんていうのは日常茶飯事です。そしてこの実体の無い「高額所得者」というのは銀行主導で作り出されるのです。
この実体の無い「高額所得者」になるための経費が税金ということなのでしょう。

自分の場合、父が「エセ高額所得者」であったため、公的な奨学金は所得制限により受給できず非常に苦しい立場に追い込まれています。

自治体はこうした実情を詳しく調べ上げ、実際の所得に応じた課税をするべきだとは思いますが、本来税金と言うものは申告課税が基本であり「よもや多く申告するなど有り得ない」という矮小な考え方のようです。
ヤマト 2007/11/07(Wed)16:23:49 編集
» Re:高額所得者?
ヤマトさん、こんばんは。
確かにこの記事では県民税と市町村税で410万円とあり、その内訳それに延滞金の額など細かい部分は明記されていないので詳しい事は分かり辛いですが、延滞はどうやら2000年からのようですね。
高額所得者であったかどうかというのは分かりませんが、ヤマトさんの言われているようなカラクリが存在していたのかも知れませんね。
ただ、過払い金請求を利用してまで滞納税を回収する国や自治体、これは金融業者も本当にうかうかしていられない状況になってきているようですね。
いやぁ、税金の滞納は恐ろしいですね。
それにヤマトさんの言われるような事だったら、銀行のやり方にも大きな問題があるように感じてしまいますね。
ヤマトさん、いつも多くの知識を授けてくださって、ありがとうございます。
非常に勉強になっています、今後も色々と教えて下さいね。

2007/11/07 19:26
» 気持ちが解る
こんばんは、ルパン様、皆様

私も小さいながらも個人経営していますのでヤマト様が言われる事が痛いほど解ります。
1度経営が苦しくなり借金すれば、後はもう雪だるま式に、あれよあれよと借金が膨らみます。
そして、それからです。
次の借金をする為に所得なり売上なりを不正に上乗せして、申告します。
そうしないと、どこも貸してくれませんので。
必然的に上乗せした分にも税金が掛かりますが払える訳ありません。(しかも税金が高い)
経営が持ち直しても、借入れがある為金利しか払えず、どうしても足りなくなります。
私と同じ事をしている方も大勢いると思います。
気持ちが解るので心が痛みます。

私は、ルパン様、皆様のおかげで、またやり直せる事が出来そうですが、中には出来ずに・・・。

現在、経営の方も持ち直し、ほぼ安定していますので、借入金が無くなれば、少し蓄えもできそうです。

ヤマト様の書き込みに勝手に思いをめぐらせてしまい、申し訳有りません。   打倒でした。
打倒 2007/11/07(Wed)22:40:18 編集
» Re:気持ちが解る
打倒さん、こんばんは。
借金の理由は人それぞれ、私のように自己の欲求を満たすために多重債務になってしまった者もいれば、打倒さんのように会社そして生活のためにという方、家族の借金返済のためにという方など、借金を作ってしまった理由は数多くあると思います。
私のような場合は、ただ自分がバカであったという事を反省すれば良いのですが、仕事の上で借金を重ねていかねば生活する事が出来なくなる、そしてその結果多くの借金と税金の支払い…悲しい話ですよね。
私は自分で言うのもなんですが、日本と言う国の底辺で生きていると思っています、また私のように思っている人も現在の日本では数多いとも思います…
政治家や官僚の不正、税金の無駄遣いなどのニュースを連日目にすると本当にやりきれなくなって来てしまいますね。
私はたまたま過払い金請求と言う、この時代においての1つの救いのてによって何とか普通の生活を送れるまでにはなりました、でもまだこの国には過払いなど知らずに借金返済で苦しんでいる人がたくさんいると思います、何とかそのような人達に過払い請求と言う行為を伝えたいと心から思っています。
打倒さんを始め、皆さんにもお力を貸していただいて、出来るだけ多くの方が過払い請求という行為によって借金返済での生活苦から抜け出す事が出来たらいいなぁ、と思っています。
これも私の自己満足ですね…すいません。
2007/11/08 04:01
» 滞納
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

税金の滞納分は「優先債権」とされ、例えば個人ではなく企業破綻(破産)の場合でも勤務者への給与などと同様に一般債権とは区分されます。

サラリーマンの場合、税金などは給与から天引きされる「特別納付」であり、申告課税対象の自営業者は「普通納付」とされます。
(今回のお話は「税金の滞納」ですが、ヤマトの場合サラリーマンですから税金については常に完納しています。)

自営業の場合、一括で納付するのが困難だとか色々な理由で「予定納税」という制度があり、前年の収入などを参考に予め納付することも可能です。
その場合、急な所得減少などで払いすぎた場合、年利5%の利息付で返還されます。
逆に滞納の場合金額に関係なく(利息制限法の範囲ですね)年利14.5%が加算され請求されます。
(無申告・所得隠しによる重加算税は別途)

税金の時効である5年目となると当初の1.7倍以上の支払いが必要になりますから納付はお早めにってことになりますね。

滞納と聞いて思い出すのは支払いが苦しかった頃、毎月のようにサラ金への支払いが遅れがちだったことです。打倒さんが○○年の人生と書いていますが、まさに同じ数字が入る自分としては単純に他人事とは思えません。

今後自分が借金をする可能性があるとしたら子供の教育費でしょうね。
私立理系自宅外であれば学校納付金+住居費で4年1000万円は飛んでしまいます。衣食を切り詰めても年間300万円は必要になります。
これをアルバイトで賄うったって一般的な時給を1000円としても3000時間。実際にこれだけの収入があれば税金、年金、保険などの負担も生じますので4000時間は必要になる計算です。とても不可能です。

公的な借入が入学時に国民金融公庫で最高額200万円、毎月の分が独立行政法人日本学生支援機構で10万円(2種奨学金・有利子)
なんと卒業時には680万円の有利子負債を抱えて社会へ出発です(在学時は無利子)

さすがに公的な資金ですので利息制限法の15%なんていう高利ではありませんが、現在1.7~1.9%(固定金利)か1.2%(変動金利)。
いずれも上限が3%で、自分の進学時はバブルの全盛期でもあり上限の3%。ただし当時の定期預金の金利は5.5%程度でした。

給与所得者4人家族の場合無利子の1種奨学金の所得基準は1041万円、有利子の2種奨学金は1391万円(いずれも自宅外私立・給与所得者)

奨学金云々は過払いブログでは趣旨違いなのかも知れませんが、金利と言うものの怖さを重々知るのが我々です。
よくよく精査せず高利の金を借り続けた結果、どれだけ苦労を重ねたかは今更書くまでもないでしょう。
3%の金利と言っても元金が680万円だとすれば半年に10万円(奨学金は半年毎の返済)の返済では永久に借金はなくなりません。新入社員の10万円が如何に大きな金額かは理解できると思います。
現実には半年毎で上限の10年で返済するには1回あたり約40万円の支払いが必要になります。つまり100万円以上が金利です。
そして15%(利息制限法上限金利)だと66万円。支払い総額は2倍に膨れ上がります。
金利の怖さ、借金の怖さというのは経験するまで実際には理解するのは困難と思います。
過払い請求を通して学んだことは特に子供たちへ伝え、後生の糧にして欲しいと願っています。
ヤマト 2007/11/08(Thu)04:31:39 編集
» Re:滞納
ヤマトさん、おはようございます。
現在、子供のいない私には現実的ではないですが、教育ってお金が掛かるんですね…
それを一括で支払うというのは、かなりの高額所得者でなければ厳しいでしょうし、普通の生活を営みながら支払っていくのはかなり困難な事ですね。
ヤマトさんが個人信用情報に拘っていたのも頷ける話ですね、それにいくら低金利とは言っても元金が大きければ金利負担も大きな物になりますしね。
今日の記事にも取り上げましたが、金利と言うのは本当に怖いものですね。
出来るだけお金を借りない生活を営んでいければ良いのですが、それには限界もありますしね、その為にも過払い金請求を行なった事できちんとお金と金利、支払いについて学ぶ事が出来たのは良い機会だっと思います。
あとは税金滞納も非常に怖いですねw
2007/11/08 10:01
» じつは
こんばんは、ルパン様、打倒です。

身内の話なのですが、強心臓の私の両親の話です。過払いとは,関係ないのですが,こうゆう人もいますので聞いて下さい。
私の両親も多重債務者でしたが、借りたお金は最初の数回だけ払い、後は絶対に返しません。
両親合わせて、借りに借りまくって21社、闇金上等、怖いもの知らずでした。
両親いわく、最初の数回支払えば詐欺にならないし、5年で時効になる、しかも民事だから、どうって事無い。、取立てに来る業者に、無いものは払えない。と逆切れする始末。結局差し押さえされましたが、差し出すものが、家財道具程度でしたので、とうとう大阪から福岡まで夜逃げしてきました。
25年程前の事です。その頃の取立ては,尋常じゃなかったのですが,まったく気にしていなかったようです。(私6~10歳)
友人の連帯保証人になり、その友人が夜逃げし、そこから借金の連鎖が始まったようです。が途中で開き直ったみたいです。
その両親ですが、自己破産する事も無く現在も元気に生活しています。(借金0です)

そんな両親が私が過払い請求している事を知り、こう言いました。「おい、もう借金はするなよ」だって。
やはり自分の子供が借金している事は、気になっていたようです。

私にも2人の息子がいますが、やはり、苦しい生活はして欲しくありません。

ぜんぜん関係ない話ですみません。
                打倒でした
打倒 2007/11/09(Fri)04:09:06 編集
» Re:じつは
打倒さん、おはようございます。
いやぁ、すごいご両親ですねw
>最初の数回支払えば詐欺にならないし、5年で時効になる!
この部分に関しては最初からそのつもりである事が立証されれば、法的にも倫理的にも問題はありありだとは思うのですがwまぁ立証は困難でしょうね(苦笑)
まぁ、それはさておき、極論ですが考えとしての方向性は間違っていないとは思いますね、出来ればまずは法的整理を行なうというのが私は一番良い選択であると思いますが、借金返済で死を選択するくらいなら夜逃げ開き直りのどちらかを選択する事は間違いではないと思います(あくまで極論ですよw)
打倒さんの親御さんも最初は知人の借金の保証人になったがために、結果多重債務に陥ってしまったと言う事ですが、このような人って結構多いと思います。
何故、他人の借金のために自分が…
こう考えてしまえば、本当にバカバカしい話になってしまいますが、やはり連帯保証人になると言う事は、その人間と同じ金額の債務を負うという事ですから、最終的には自身がその債務を払うという覚悟が必要だと思います。
だから軽々しく友人などの保証人などになってはイケマセンね。
そんな打倒さんの親御さんも、打倒さんの借金を心配はしている…複雑ですね。
今度は過払い金請求によって色々な事を学んだ打倒さんが、ご子息にはきちんとお金との付き合い方を教えていってあげて下さいね。
それから、訴状の雛形の投稿、ありがとうございました。
ぜひ紹介させて頂きたいと思いますが、加工に少し時間を頂きたいので、紹介までに数日時間を頂けたらと思っています。
2007/11/09 09:12
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]