忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
「消費者金融詐欺」が増加 都消費生活総合センター

都消費生活総合センターは20日、消費者金融から借金をすれば報酬を支払うと誘い、現金をだまし取る詐欺被害の相談件数が今月1日から14日までの半月で8件寄せられたと発表した。1カ月で8件だった11月に比べ2倍の速さで増えており、注意を呼びかけている。

同センターによると、この2カ月半に寄せられた相談20件は、いずれも20代の若者が被害者で、被害額は20万~150万円だったという。(サンケイニュース引用)

えぇ~クリスマス・イブ、クリスマスも終り、今年2007年も後は仕事納めそして大晦日まで突っ走るだけとなってきてしまいました、もの残すところ今年も今日を含めて後6日ですねついに残り1週間を切りました。

先日、第二回の口頭弁論において2件の過払い金返還請求訴訟が無事に和解合意に達したという嬉しい報告を聞ける事が出来ましたが、残りの2件に関しては越年になって意しまうとの事でした。
出来る事なら年内に全ての過払い金請求を終わらせてしまいたかったんだとは思いますが、その方の過払い案件は、どうやら色々と複雑な要素が絡み合って残る2件の過払い金請求に関しては越年もやむなしという状況になってしまったようです(´・ω・`)

でもされでも過払い金請求という行為を知った事によって、去年の年末とはまた違った気分で歳を越し、新しい1年を迎える事の出来る気持ちになっているのではないかなぁと、俺自身は感じています(・∀・)?

この前、ヤマトさんがコメントされていたように、俺の今年の10大ニュースの第一位は年末の31日に数億円という形でやってくる可能性も0.5ミリ位は」あるかも知れませんが、実質一番のニュースとしましては過払い金返還請求の終了によって穏やかな生活を手にする事が出来たという事、やはりこれに尽きると思います(´▽`)

話はだいぶ反れましたが、今日のサンケイニュースの伝える所の「消費者金融詐欺」これも色々とあるようでして、昨日、一昨日とTVを見ていたら、「融資保証金詐欺」「」債務整理詐欺」「過払い金返還請求代理詐欺」などの多くの詐欺行為が行なわれているという事実に実際ショックを受けました。

消費者金融からお金を借りなければ生活もままならない者や、今まで長い間借金返済に苦しんできた者を食いものにする詐欺行為は断じて許す事は出来ません、どれもこれもシステムとしては非常にちゃちな物でよ~く冷静になって考えたら詐欺だと分かる物ばかりだろうと思いましたが、高齢者や若者などの法に関して無知な者を狙うんですね、TVを見ていて思ってのですが、非常に卑劣なやり方でしたねヽ(・ω・´ )ノ

勿論皆さんもご存知のように過払い金返還請求や債務整理に関しては簡裁での過払い金返還請求訴訟以外では親族以外は代理人にはなる事出来ませんし、地裁に関してはもっと厳格で弁護士以外は代理人にはなる事が基本的には出来ません。
この詐欺的行為は明らかな非弁行為に該当すると思われますし、また融資保障に関しては現在の改正貸金業規制法ではいかなる場合でも融資の対する保証金の預かりなどは行ってはいけないはずですね(基本的には利息以外の金員を取ってはいけないはずですよね)(`・ω・´)

皆さんのように、この過払いブログを読んでいてくれている人や、自分で一生懸命になって過払い請求について学ばれている方はこのような詐欺行為に引っ掛かる事はまず無い徒歩思いますが、高齢者などの法の無知に付け込んでの悪質な詐欺行為、これは断じて許せるような事ではありません、引き続きこのような過払い金請求などに関連した詐欺的行為に関しては追ってこの過払いブログでも情報を提供していきたいと思っています(・∀・)ノ

皆さん甘い話には罠がありますので気をつけて下さいね。

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 落とし穴
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

ご貴殿のブログでも紹介のあった神戸地裁(これも兵庫県ですね)の11月13日の判決は、「不当利得返還請求権については当裁判所も時効により消滅したと判断する」としながらも、「過払金となる弁済金の受領行為は、債務者の無知に乗じ、適法に保持し得ない金員を収受するものというべきであるから、社会的相当性を欠く違法な行為といわざるを得ず、民法709条所定の不法行為を構成する」として、プロミスに返還を命じる素晴らしい判決でした。

この素晴らしい判決に水を差すようで恐縮ですが、ヤマトの依頼した弁護士に拠ると、全ての案件に対してこの判決を引用する危険性を指摘されました。

と言うのも、この判決の元となった契約は昭和56年に結ばれたものであり、貸金業法制定の昭和58年11月1日以前のものだと言うことです。

判決文に拠れば契約当時「超過利息の支払が貸金業法により有効な利息の債務の弁済とみなされる余地は全くなく、超過利息が支払われても、それを利息制限法所定の利率に引き直して債権管理を行うべきであり、元本完済後の弁済金についても、不当利得として返還せざるを得ないものであることも認識し、あるいは当然に認識すべきであった」という部分がありますから、言い換えれば「みなし弁済規定」が定められる以前の契約だから不法行為であると読み取ることも出来るワケです。

もちろん裁判と言うものは全て個別に審理されるものであり、この見解も一弁護士の個人的な解釈に拠るものに過ぎませんが、時効案件を「なんとかしたい」人には個別に判断される「審判」に於いて非常に有用な味方として残された素晴らしい判例であることに些かの疑いもありません。
ヤマト 2007/12/26(Wed)21:11:44 編集
» Re:落とし穴
ヤマトさん、こんばんは。
いつも有益な情報提供、本当にありがとうございます。
先日の神戸地裁の神判決にはそういった部分もあったんですね、確かに11.13の神戸地裁の控訴審判決は時効案件を抱えた過払い金請求を行っている者にとっては大きな光になったとは私も思うのですが…ただあの判決を基にして訴訟をまともに維持して勝訴判決まで持って行くには素人にはいささか難易度が高いものではないかなぁ、という事も考えていました(もちろん本人の努力や法的根拠を示せる位の学習などによっては可能ではあるでしょうね)
また裁判例などと言う物はあくまで裁判の結果であって最高裁判例に比べると1判事による司法見解であったりしますので参考にこそなれど多くの法曹界の人間から見れば異端な考え方である可能性も大きいですよね。
ただ先日の神戸地裁の控訴審判決のような活気的な判決が出る事、その意義と言う物は常識云々以前に非常に大きな物であると私自身も考えています。
非常に重要な忠告ありがとうございました。
PSヤマトさん年末とてもお忙しいようですね、くれぐれも体調を崩さぬように気を付けて頑張って下さいね。
2007/12/26 22:37
» 去年よりは・・・
おっしゃるとおり、今年は少し気持ちが楽に過ごせそうです。
過払い金請求が出来るという事実を知り、まだ、開示請求をしている最中ですが・・・行動を起こすことが出来ました。
本当に今までは暗い気持ちで年末を迎えていました。
世間は年末だ正月だと浮かれているのに・・・

弱者の足許を見るような卑劣な犯罪が起こっている事実は、本当に許せません!!
引っかかってしまう人はワラにもすがる思いなんですよね・・・悲しいことです。
こういう現実が早くなくなってしまうよう、過払い金請求のノウハウが広く世間に知られるようになればいいと願っています。

年明けには開示が出揃うと思います。
いよいよ本番です。
干支も一回りしました。
次の十二年は明るく平安であって欲しいと願っています。
一主婦 2007/12/27(Thu)11:45:40 編集
» Re:去年よりは・・・
一主婦さん、こんにちは。
最近、色々とニュースを調べたり、TVでの報道を見ていたりすると、社会的弱者から更に搾取をするようなビジネスがドンドン増えているようですね。
それと多重債務者などを狙った詐欺的行為なども…
この国は大丈夫なのでしょうかね?最近、本当に不安を感じてしまいますね、使わないでも良い所に無駄に税金を投入し、本当に困っている日本国民を救済するためには税金は使わない…何を考えているんでしょうかね?
まぁこれ以上は別の話になってしまう可能性が有りますので、ここまでにしておきます。
借金の不安を感じながら年末年始を迎える事の出来る嬉しさ、まさにこれは一主婦さんが過払い金請求に着手する事が出来た事による1つの幸せであると思います、実際の過払い金請求は来年になってしまいますが、過払い金請求の第一歩を踏み出す事が出来た!その事によって一主婦さんは来年2008年という年に希望を持つ事が出来ると思います。
来年の年末には「少し気持ちが楽に…」ではなく、「心から笑って」年末年始を過ごせるようにしたいですね、今年ももう終わってしまいますが、来年から過払い金返還請求、頑張りましょうね。
年末年始はは来年から始まる本格的な過払い請求に備えて、ゆっくりと休んで力を溜めておいて下さいね。
2007/12/27 13:38
» はじめまして^^
ルパンさん、こんにちは。

私も11月末より過払い金の返還請求をしています。
自分の分が流通系3社、夫の分が流通系4社です。
実際夏ごろから過払い利息返還請求という言葉を見かけていましたが、なかなか踏み出せずに悩んでいました。
でも思い切ってやってみたらなんとかなるものですね^^
12月初めに各社宛に開示請求書を送り、それぞれ同じように全部開示はされませんでした。
昭和60年頃からの通帳のコピーをどっさり添付して、引き直し計算書と一緒に返還請求書を送りましたが、すんなり応じるハズも無く(笑)年明け早々簡易裁判所に提訴の予定です。
このブログはとても面白く参考になります^^
こういう法律的な難しい話は、読むのが面倒になるものですが、ルパンさんのブログは面白くて読むのが楽しいです。
楽しく読ませていただきながら、これからの戦いの参考になっています。ありがとうございます^^

来年もどうぞ頑張ってくださいね!
私もこれからが頑張りどころです^^

どうぞ良いお年をお迎えください<(_ _)>
まぐ子 2007/12/31(Mon)18:16:37 編集
» Re:はじめまして^^
まぐ子さん、はじめまして、こんばんは。
過払い金返還請求、正式な訴訟上の事件名で言うと不当利得金(等)返還請求事件ですね、これ一般の人が聞いたらやはり取っ付き辛いですよねw
でも過払い金と言う言葉であれば少しは興味を持てる感じがするかなぁ、なんて私自身は考えています。
法律や訴訟実務について調べていると私も頭の中がクラクラしてしまう方なので、何とか過払い請求の入り口を少しでも分かりやすく、より多くの方に伝える事が出来たらいいなぁと思ってやっています、この私のブログがまぐ子さんを始め人様のお役に立っているならば非常に光栄に思います、コメントありがとうございますね。
いよいよ来年は、まぐ子さんにとっては過払い金請求の本番に突入しますね、過払い金の存在に気付き行動を起こす事が出来た、それだけでも2007年という年には大きな意味があったのでは無いでしょうかね。
2008年はその2007年よりももっともっと良い年に出来るように頑張って下さいね、何か困った事などありましたら気軽にコメントして下さいね。
ここでは多くの先人や同士の皆さんが力や知恵を貸してくれますよ。
それでは、まぐ子さんもまぐ子さんの旦那様も穏やかな良いお年を迎えて下さいね。
2007/12/31 21:36
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]