忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
<貸金業>全国で1万社割る 規制強化で廃業増加

全国の貸金業の登録業者数が1月末に1万社を割り込んだことが25日、金融庁のまとめで分かった。改正貸金業法に盛り込まれた上限金利の引き下げや融資額の総量規制導入が約2年後に控えるなど、規制強化が段階的に進んでおり、中小・個人業者を中心に廃業が増加しているためとみられる。

金融庁によると、財務局や都道府県への登録業者は1月末で9819社となり、前月末の1万108社から289社減った。改正貸金業法が成立した06年末と比べると、2000社程度の減少となる。

貸金業者は86年には約4万7000社あったが、商工ローン問題を契機に、00年に上限金利が年40%から29.・2%に引き下げられると減少が加速。ヤミ金融対策として、04年に登録条件が厳格化されて以降は、さらに減少に拍車がかかった。

改正貸金業法は10年前半をめどに、上限金利を元本額に応じて15~20%に引き下げる。昨年12月に一部が施行され、取り立て時の禁止行為が強化されたほか、過剰貸し付け防止など社内管理体制が整っていない業者には、行政処分が出せるようになった。同時に日本貸金業協会が発足し、「毎月の返済額は原則、月収の3分の1まで」などの自主規制もスタートしている。

さらに、09年前半には2000万円以上の純資産がないと営業ができなくなるなど、規模の小さい中小・個人業者は事業継続が難しい状況となっている。(毎日新聞引用)

えーと、前回、書いた記事と繋がってくるようなニュースなのですが、全国的に登録貸金業者が減少してきているそうです、俺が思うにはこれにも当然ながら過払い金返還請求が大きく影響していると思うんですよね、前回書いた大手消費者金融の融資残高の減少よりもこちらの方が過払い金返還の影響は大きいと思うのですが、やはり過払いに関しては今回も一切記事中には書いてないですね(´・ω・`)

毎日新聞は結構この手の記事を書くときはきちんと「過払い利息の返還の影響…」などと書いてくれてはいたんですが、今回は過払いの「過」の字にも触れていません、なんででしょうね?
まぁ、きっとそこには色々と複雑な大人の事情というのがあるのでしょうね(・A・)

それから、これは前々から気にはなっていたんですが
>09年前半には2000万円以上の純資産がないと営業ができなくなる
この部分、これって普通に考えれば分かる事だと思うんですけどね…(゚⊿゚)
純資産が2000万円以下でまともな利率での金貸しなど普通はやっていけないと個人的には思います、純資産が2000万くらいでは貸付に回せる金額も限られてくるでしょうし、ならどうするかといえば、何処かから借りてくるか、違法な利率での貸付で営業を行うか、そのどちらかしか考え辛いですよね(  -д-)

前回、今回と2つの記事を書いていて思ったのですが、俺達のように今まで本来なら法的に支払う必要の無い金利である過払い金を払い続けていた者達がみんなで頑張って過払い金返還請求を行っていけば、世の中が少しずつでも良い方向に変わるのではないかなぁ、と難しい事だとは思いますがそう感じてしまいました(`・ω・´)

ですから、皆さん、頑張って過払い金を取り返して、自分のや家族のためそして後に続く人達のためにも、少しでも住みやすい世の中にしましょうねヽ(・ω・´ )ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 控訴審結果
ルパン様、こんばんは。まだまだ寒い毎日です。

今日は、控訴審の判事職権による和解協議の2回目でした。
先ずは、ルパン様をはじめ今まで応援してくださった方に感謝の意を込めて、御礼申し上げます。
さて、控訴審結果ですが・・・やはり1・18の影響は否めず、控訴審での逆転勝訴は成しえませんでした。以降に続く皆さんに、何かひとつでも吉報を残したかったのですが、申し訳ありません。ルパン様には述べましたように、「判事次第でどのようにでもなってしまう」ことを実感しています。「一審判決を基に判断する」との前提で審理が進められたら、不利この上ない控訴審ですね。唯一救いとも受け止められることは、判事裁量にて和解額を引き上げた点でした。さすがに原審で時効を勝ち取っているだけに、先方は強気で、判事が出した和解額にも従うことはなく、ほんの少しだけのUPで今日返事を出してきました。控訴審弁論終結以後、本当に色々考えました・・和解を不服とし判決を取ったとして、判事が職権での和解を勧告してきたことを考えれば、結果は限りなく敗色は濃厚・・上告するにしても、今度はその理由も限られて、且つ受理されるか否かさえも確定せずひたすら連絡を待たねばならない・・これはもう、考えただけで精神的に困憊です。故に、私は和解を受け入れ、訴額にははるか及びませんが早期回収することにします。頑張っている方々には、本当に申し訳なく思いますが、実利を選択させていただきます。ただ・・「争点ありの闘いに何らかの一石を投じたい」との思いで臨み、控訴審に向けての準備は出来る限りのことはしたつもりでした・・それでも、判事達に私の陳述は響くことはなかった、それがもうとても悔しい!・・ですが、1円のお金も取り返せないことはもっと悔しい・・だから、皆さん本当にごめんなさい。



追記:
ルパン様、せっかくの激励に応えられずすみません。逆転勝訴とはならなかったので、以降の方への参考にはならないかも知れませんが、お送りさせていただいたファイルで引用可能なものがあれば、ルパン様にて要点修正の後、ご利用ください。
第20使徒 2008/02/27(Wed)22:15:29 編集
» Re:控訴審結果
第20使徒さん、こんにちは。
心中複雑なところだと思いますが、コメントいただきまして本当にありがとうございます。
第20使徒さんとは少しメールでのやり取りもありましたので、私も同様に悲しい気持ちになりました、本当にお疲れ様でした。
精一杯戦った結果ですので、その重みは第20使徒さん本人にしか分からないとは思いますが、私も悔しさを感じずにはいられません…
第20使徒さんが少しの望みに賭けて戦っていた事を分かっているので、これ以上はなんと言えば良いのか、言葉も見つかりません…
安直な言葉になってしまいますが。第20使徒さんの戦いは決して無駄なものでは無かったと思います、戦う姿勢そして過払い請求において担当判事の考え方という事について大きく考えさせていただきました。
おめでとうございますではないですが、和解締結、お疲れ様でした。
やはり1.18最高裁判決の残した爪痕は大きかったですね…
ファイル引用可能なものは加工してうpさせていただきますね、今後に続く方達のためにも…
本当に残念でした、そしてお疲れさまでした、しばらくはゆっくりと傷を癒して下さいね。
2008/02/28 13:17
» 判例の調べ方
こんにちは。ご無沙汰しております。
いつもご丁寧でわかりやすいアドバスに助かっていると共に感謝しています。

早速ですが、判例の検索をする場合に裁判所のHPの中で検索画面がありますが、具体的に事件番号やどこの地方の裁判所での等々はわからず、こういった内容の物で過去の判例があれば知りたいと思うときの調べ方はないのでしょうか?
手数料や印紙代、クレジットカードであれば会費など項目は違えど利息として返金したとはみなされない旨の履歴が業者から送られてきますが、ルパンさんのブログにて、それら貸付に関し受ける金銭は全て利息とみなされるとコメントにて拝見した記憶がありまして判例を具体的に調べたいと思いました。

何か手がかりがあればアドバイスをお願いします。
いつも、頼るばかりで私からはお力になれず心苦しいのですが宜しくお願いします。
ネクスト 2008/02/28(Thu)14:15:08 編集
» Re:判例の調べ方
ネクストさん、こんにちは。
判例検索ですか、確かに裁判所の判例検索は使い辛いですよねw
判例検索を行うにはいくつか方法はありますが、ネットでしたらキーワードで絞り込んで情報を検索し、そこからどのような事件だったかを調べ裁判所のHPで検索を掛けるか、兵弁連などのHPを見てみるか、判例検索でググると結構色々なHPがありますので、それを利用してみると良いと思いますが。
ちなみにクレジットカードの会費に関しては自信が無いですが
>手数料や印紙代、クレジットカードであれば会費など項目は違えど利息として返金したとはみなされない
これは法律で定められています、適用条件はありますが
確か利息制限法の第3条、そして貸金業規制法の第14条に関連した法令があったと思いますよ。
ちょっとその辺りも調べてみて下さい。
色々と大変ですが頑張って下さいね。
2008/02/28 14:38
» 第20使徒様へ
レタスのmk928です。

第20使徒様には私の案件(レタス偽装債権譲渡)で励ましの言葉を頂きまた、そのおかげもあり和解にたどり着けました。

控訴審お疲れ様でした。
「一石を投じれなかった」とは有りますが第20使徒様の過払い活動は私たち後から追いかける者には勇気とやる気を与えるものだったと私は感じてます。
年をまたいでの訴訟お疲れ様でした。
また、適切な言葉かどうか分かりませんが第20使徒様ありがとうございます。
mk928 2008/02/29(Fri)01:47:15 編集
» パソコンが無くて
 こんにちわ
一主婦さんのコメント読みました。大変わかりやすく参考になりました。サイトものぞいてみました。これからもたびたび訪問したいと思います。
 メールでアドバイスしてくださるとの事でとても有難いのですが、私、パソコン持ってないんです。自分の携帯アドレスも子どもにまかせっきりで、読む事だけしか出来ないのです。
 パソコンは、もっぱら図書館か、行きつけのネットカフェで使っているのです。もっと勉強して、携帯もパソコンも自在に繰れるようになりたいのですが、現実はなかなか時間と経済的な理由で厳しいです。
 そのような訳で、今後ともこちらのサイトでお世話になりたいとおもってます。(ルパンさんはじめ、皆さんのコメントを読む事がとてもべんきょうになり、勇気を貰っています。)
 私も今年は、「過払い請求の年」と思いがんばるつもりです。ルパンさん、一主婦さん今後ともよろしくお願いします。
一主婦様へ 2008/02/29(Fri)16:39:58 編集
» Re:パソコンが無くて
50台主婦さん、こんばんは。
一主婦さんからのアドバイス参考になったようで、良かったと思っています。
本当に優しい方が多くて、この過払いブログの半分以上は皆さんの優しさや温かい気持ちで出来ているとそう感じずにはいられませんね。
一主婦さんのブログも色々と参考になる事が多いと思いますので、同じ気持ちの一主婦さんと同じように、今年は過払い請求の年、という事で頑張って過払い金を取り返して下さいね。
2008/02/29 19:19
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]