忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
アエル:民事再生法適用申請 利用者対象、無料の法律相談会--19日/栃木

県司法書士会が相談会

今年3月、消費者金融会社「アエル」(東京都中央区)が民事再生法適用の申請を行った問題で、県司法書士会(芝口久雄会長)は19日、アエル利用者を対象に無料の法律相談会を行う。

利用者の多くは、利息制限法の上限を超える過払い金利を支払っている可能性が高く、一定の期間内に請求を行わなければ払い戻し金を受け取れない。相談会では返還請求に関する相談を受け付け、アドバイスする

日時は19日午前10~午後3時、宇都宮市幸町の県司法書士会館に直接出向くか、特設電話(028・639・2099)で相談できる。(毎日新聞引用)

アエルの民事再生法適用申請に対する無料法律相談会、今度は栃木県司法書士会でも開催されますね。
前回と違い、今回は行なわれる前に紹介する事が出来ましたので、栃木県近郊に住まわれている方でアエルに対して過払い金返還請求権を持っている方などには参考にしていただけるかなぁと思います(´・ω・`)

今回の無料相談会は電話相談だけではなく直接面談の上で相談も出来るようなのでこれは良いですね(・∀・)

このようなアエルに対する過払い金請求などの問題を扱ってくれる情報は出来る限り随時紹介していきたいと思っています。
またこのような無料相談会は結構各地の司法書士会などで行われているので、アエルに対しての過払い金請求などでお悩みの方は一度自県の司法書士会に電話で確認などしてみると良いかも知れませんね(`・ω・´)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» やるべきこと
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

特に多忙というワケではないのですが、我が家のDVD環境はPCに頼らざるを得ない状況で、例の「ヨミウリの星」に占拠されていたというのが実情です。

ブログの記事や、みなさんのコメントも欠かさずに拝察しており、お役にたてればの思いはありますが、最近の過払い対応の悪化もあって役立つ手法も限られてきています。

そんな中、本物のプロ野球に行ってきました。球場の中というと企業広告で一杯ですが、中でも一番高い(テレビで長時間映る)とされるネット裏は武富士ですよ。今さら知名度云々でもあるまいし、そんな金有るんだったら過払い金返せよって思います。

まぁスポンサー大事ってのもわかるし、自動車のF1なんて広告だらけ。年間数百億円とも言われる運営費もあるんでしょうけど、チーム関係者のスポンサーに対する気の使い方はハンパではありません。

チーム関係者はそれこそ末端に至るまで自チームを呼称するときに「マイルドセブンベネトン」「キヤノンウイリアムズ」「マルボロフェラーリ」とスポンサー(商品名)を言うように徹底的に教育されます。(スポンサー名は当時の話)

ファン感覚では「?」でしょうが、チームにとっては死活問題だそうで、公式の場で「我々ウイリアムズは~」なんてスポンサー名を省略すると責任問題にまで発展するとか。

今貸金業者はスポンサーとしての「威厳」の獲得より他にやるべき事が有るだろうって思うのは小生だけではないですよね。
ヤマト 2008/04/17(Thu)19:10:31 編集
» Re:やるべきこと
ヤマトさん、おはようございます。
やはり「ヨミウリの星」の観賞に没頭されていましたか(笑)
1日に1話や2話観賞されてもかなりの時間がかかりそうですから、しばらくはヤマトさんのパソコンは「ヨミウリの星」に占拠されている割合も増えそうですね。
そういえば現実の某ヨミウリ球団、今年は今のところ絶不調ですね、あれだけの戦力で現在の結果はどうなのかと疑問すら感じてしまいますね、でも先日のクルーンは凄かった、あのクルーンはちょっと打てそうに無い感じでしたね。
それとヤマトさんも言われているようにTVで野球観戦をしていると球場の企業公告に消費者金融や銀行系カードローンなどの公告を目にする事も多いですよね、TV中継の際のCMでも金融系やパチンコ台やパチスロ台のCMなどが多いような気もしています、金融業者にパチンコのCM、なんだかなぁ…といった感じですね。
確かにF1のスポンサー料金に比べれば野球の球場公告やTV中継のスポンサー公告はたかが知れているのかも知れませんが、そのような公告を見るたびに私達のような過払い金返還請求に携わった人間に対しては「そんな金があるなら素直に過払い金の返還に少しでも多く応じろよ!」と不快な気分を与えている事に気付かないんでしょうかね?
でも、まぁ私達のような過払い金請求を行った者は、その金融業者にとっては現段階ではもう客ですらないのでそんな事は気にもしないでしょうし、新規顧客の奪い合いや更なる知名度の向上による金融業会での覇権争いに必死何でしょうね…
話を過払い金請求に戻しますと、これもヤマトさんも言われているように最近は過払い金返還の対応が悪化の傾向を見せてきていますね。
それと過払い金請求も一昔前(と言っても一年位ですが…)とは色々な部分でも業者側の対応に変化が見えてきていますね、もうある部分においては私達が過払い金請求を行ってきた時の知識も通用し辛くなってなってきているようにも少々感じています…
後私に出来る事は過払い金返還請求に関しての基本的な事を少しでも多くの方に伝えていく事くらいしか無いのかなぁ…なんて感じてしまう事も多い今日この頃です。
それでも誰か1人でも多くの人がこのブログやこのブログに寄せて頂いているコメントなどを読んだ事がきっかけになって過払い金請求を行う事の第一歩になってくれたらいいなぁと思っています。
最後に私もヤマトさんお考えているのと同じように現在の消費者金融などの金融業者に対しては、スポンサーとしての「威厳」や「知名度」などよりも今後の経営のための基盤作りのために企業イメージを少しでも良くするための努力(これはCMをバンバン垂れ流せば良いという物ではありません、松下が今でも数十年前に販売した石油式暖房機の回収CMをずっと流し続けているような誠実な対応が必要なのでは、と個人的には思うのですけどね)
現在の目先の事も重要なのでしょうが、将来の企業としての+効果を考えれば過払い金の積極的返還も決して無駄では無いような気もするんですけどね、特にメガバンク系の消費者金融さんにはその辺を良く考えた行動を取って貰いたいものですね。
グループ企業の企業イメージのダウンがその母体である銀行自体のイメージの悪化に繋がるという事には気が回らないのでしょうかね?
少なくとも私は大手メガバンクから随分と預金額を減らしましたけどね…
2008/04/18 10:55
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]