忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
あの「武富士」役員・武井氏が語る「コンプライアンス」とは

コンプライアンス徹底 選ばれる消費者金融めざす

改正貸金業法の段階的施行により消費者金融業界を取り巻く経営環境は厳しくなるばかり。上限金利の引き下げや、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する総量規制が実施されると、市場規模の縮小は避けれない。利用者に選ばれるには利便性やサービス向上などの営業努力に加え、法令順守(コンプライアンス)の徹底も求められる。コンプライアンスを経営の最重要課題と位置づける武富士の武井健晃代表取締役兼専務執行役員に取り組みを聞いた。

-不祥事で頭を下げる企業トップが相次いでいる。この現状をどう見るか
「不祥事を起こすと、それまで築いてきたブランド力が一日で崩れ落ちてしまう。生き残っていくには基本を守り、きちんとやっていくしかない。消費者金融業界は貸金業法の改正による規制強化で道幅(手がけられる範囲)が狭くなるが、横道にそれず、悪いことをせずに真ん中を歩んでいくことで利用者のニーズに応える。そうすれば収益も出る」
「武富士にとっての基本とは、創業の精神である『お客様第一主義』に徹すること。ささいなことでも苦情はすべて報告を受けて解決するようにしている。(上限金利の引き下げで)金利差による金融機関の住み分けがなくなる。利用者がどの金融機関を選ぶかを考えると、順法精神、つまり法律を守る会社が選ばれるはず。だからコンプライアンスが大事になる」

-法令順守体制の確立に向けた取り組みは
「12月5~7日に全社員対象の研修会(3カ月に1回実施)を開く。今回は、12月19日に施行される改正貸金業法への対応を徹底させるのが狙いだ。創業時から、法律より一段と厳しい社内規制を作ってきたが、今回も例えば、利用者が紹介不要といったら法律では1年間紹介できないが、私たちは永久に行わないといった規制を設けた。また、利用者との電話でのやりとりを録音するために10月から録音システムを導入した。不適切な言葉遣いなどのほか、交渉履歴がコンピューターに正しく入力されているかをチェックするためで、誤入力や虚偽記載を防ぐようにしている」

-コンプライアンスに対する社員の意識は
「かなり高まってきた。この一環として、2004年から金融財政事情研究会主催の金融業務能力検定『コンプライアンス・オフィサー(消費者金融コース)』資格の取得を推奨してきたが、すでに85%が取った。来年度中に全社員の取得を目指す。さらに07年度から管理職を対象に『個人情報保護オフィサー(同)』の取得にも取り組んでいるが、こちらも15%が取得済み。法令やコンプライアンス意識の向上に役立っている」

-09年末までに改正貸金業法が完全施行される。経営環境はさらに厳しくなるが
「貸し付け審査などが厳しくなるので市場規模の縮小は避けられない。その備えとしてコンプライアンス体制の確立に取り組んでいる。これを実践することで利用者に信頼され、選ばれる消費者金融会社になれるはずだ」
(産経新聞引用)

コンプライアンアス=(法令尊守・法令順守)
今日はあの過払い金返還の対応が???な武富士さんがコンプライアンスについて語ってくれている記事を紹介します、決してお笑い記事では無いのですが、大笑いです(*´∀`*)www

記事は一問一答形式になっていますが、表向きの回答ばっかりですね、過去のグレーゾーン金利での不当な経営、そしてそこから生じた不当利得である、過払い金の返還という部分についての企業としてのコンプライアンスについては一切触れていません、お笑いですね、コレ(・A・)

自社の過去の不当な利得である過払い金の返還については言及せず、企業の未来を語る、そして言うに事欠いて武富士にとっての基本は、創業の精神である『お客様第一主義』だそうです、さすがは武富士です、素晴らしすぎて言葉を失いそうですw

お客様第一主義!、非常に良い響きの言葉ですね(・∀・)
でも、金融業者の企業理念としては少々無理があるんじゃないですかね?確かにお客様第一主義を企業理念に掲げている企業と言うのは多いでしょう、無論この理念を持った企業を否定する気は俺にはありません、でも企業としての利益の追求とお客様第一主義という企業理念、これを金融業者が両立する事はおそらく難しいでしょうね…
まぁでも、まずその前に武富士がそのお客様第一主義という理念を守っているとは到底思えませんからねw

武富士さんは、まずは現在返還を請求されている多くの過払い金を素直に返してからコンプライアンアスについては語って下さいヽ(・ω・´ )ノ

・余談ですが、この記事でインタビューに答えている武富士の代表取締役兼専務執行役員営業統括本部長、現在37歳だそうです(・A・)アラマァ!

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 取り返したい!2
ルパン様、赤い彗星様、第20使徒様、打倒様、素早い良答に感謝します。また、御礼が遅くなり申し訳ございません。

プロミス以外の5社は1年3ヶ月前に完済しています。9月28日に履歴開示請求した時、「有限会社誠貴に譲渡した」とレタスカードに初めていわれ、開示請求も誠貴に致しました。誠貴が入金したとか、強制執行で回収したなど情報がなく不安もありますし、レタスカードも残り時間が少ないかもと感じますので、完済後に無告知で譲渡を理由にレタスカードを提訴してみようかと思います。
ルパン様、皆様の優しい気持ちに改めて感謝します!

ちなみに本日、アコム第1回行ってきました。初めてで20人ぐらい居ましたのでかなり緊張しました。
(順番最後だったので自分の番には誰も居ませんでしたが・・・)
アエル・三和などの良く聞く問題会社の事件もありました。
アエルは「自社もクレディアみたくなるので・・」
三和は第2回でしたが
三和「3割で和解して下さい」
弁護士「・・・・1回目は5割希望でしたが・・」
三和「社長替わりましたんで・・方針が・・」
と噂通りの悪行振りでした。再度、不安になりましたが私の案件には争点もないですし時間もありますので満5+5+訴訟費用まで頑張ります。
mk928 2007/11/26(Mon)13:08:25 編集
» Re:取り返したい!2
mk928さん、こんばんは。
レタスカードと有限会社誠貴について少し調べてみましたが、ヒドイですね。
この有限会社誠貴というのはレタスカードに過払い請求をしようとすると債権譲渡先として存在しているような会社のようですね。
まずmk928さんはレタスカードへの債務が残っていた状態で有限会社誠貴に債権を譲渡されているんですかね?有限会社誠貴に対して貸金の返済は行なっているんですかね?
もしレタスカードに対して債権が存在しない状態であったなら有限会社誠貴に債権譲渡という図式は契約変更でないとおかしいような気もするんですが?
貸金の全てをレタスカードに返済していて、いざ過払い金の返還請求を行なおうとしたら有限会社誠貴に債権を譲渡しました、これだと譲渡する債権は存在していないと思うんですけどね…
債権が無い状態での債権譲渡、契約の無い状態で契約変更は出来ませんよね。
有限会社誠貴がレタスカードの債権回収会社でもない限り、恐らく有限会社誠貴には強制執行しても抑えられる財産が存在していないんじゃないですかね?
何だかそんな臭いがプンプンしていますね、これ結構難しい案件のようですが、レタスカードがいつ有限会社誠貴に対してmk928さんの債権を譲渡したのか?この辺りもレタスカードから債権譲渡契約書の写しでも開示して貰いたいところですね?またレタスカードの金銭賃借契約書には「債務者に無断で債権を譲渡する事を了承する」旨の記述があるらしいですが、これって通知義務があったような気がするんですが、まだ詳しく調べてないのでこれについての法的な正しい回答は出来ません、ゴメンナサイ。
あとは有限会社誠貴の登記事項全部証明書でも取ってきてレタスカード経営者の親族などのダミー会社的なものではないかも調べてみると何か分かるかも知れませんね。
もしかしたら権利関係が複雑すぎて難しいと感じた場合は金額によってはこのレタス案件は専門家に依頼、もしくは相談した方が良い可能性もありますね。
レタスカードについては、今の所はこんな漢字ですかね…
話は変わりますが、本日対アコムへの過払い金請求第1回に出廷と言う事ですね、お疲れ様でした。
初めての出廷、緊張した事だと思います、でも他の金融業社の現在の過払い金返還の対応が見えて、非常に勉強になったと思います。
私も三和のバカ答弁で少し笑わせて頂きました、社長が変わると和解条件の提示金額が下がるんですね…意味不明ですw
まぁ、三和・アエルはともかくアコムは大きな争点の無い案件なら、過払い金を自分の納得出来る金額で返還させる事はそんなに難しくないと思いますので
、まずはアコム、そしてレタスは色々と調べつつ他の案件も過払い金を取り返すため頑張って下さいね。
2007/11/26 19:13
» 雑感
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

今回の提灯記事の語り主の武井氏、当然ごぞんじかもしれませんが、創業者、故・武井保雄氏の子息です。
でなければ武富士ほどの企業で37歳で取締役の肩書きは付かないでしょう。驚くことにヤマトと同じ年代です。

もしかしたら「本部長」という肩書き、例の元幹部に「全然足りねぇじゃん」と絶叫していた御仁かも知れませんねぇ。ともあれこの武井専務氏も親の威をかるなんとやらじゃないけど、部下(四国地区の支店長)に暴行し、さらには退職後には盗聴と言う行為に至ったとして損害賠償を請求され支払うハメになっています。(刑事事件として立件はされていなし)
こうした同族経営の弊害というのはやはり起こるものなのでしょうね。
まさにお世話になった武富士元店長から聞いた話もwikiで「ブラック企業」で掲載されている体質そのものとのこと。

ちょうどヤマトが奨学金を打ち切られ、生活に支障をきたして武富士から借りてしまったのがドツボの始まり。このころ本部長殿は不当利得による莫大な利益で悠々自適だったと思うと、複雑な思いがあります。

もちろん自分の興した会社を子息に禅譲したい親の気持ちは理解できますが、そもそも創業者の故・武井保雄氏は盗聴事件で逮捕されたため、貸金業の免許(登録)取消処分を回避するため自ら身を引いたハズなんですけど、当然のように院政が敷かれていたと思われます。

武富士は同社の体質を批判する出版物や記事に対して訴訟を起こすことが多いことで知られていますがほとんどが敗訴(事実証言などウラ付けに事欠かない)で、反訴を提起した出版社やライターに多大な賠償金を支払うハメになることから「武富士銀行」などと揶揄されていると聞きます。
参考URL
http://www.kinyobi.co.jp/takefuji
(週刊金曜日HPでの武富士裁判特集)

また武富士と聞いて思い出される事件といえば、弘前支店での強盗放火殺人事件です。
もちろん強盗放火殺人は決して許される行為ではなく、5名死亡という結果の重大性から見ても我国司法での最高刑は遺族感情を考えれば、やむを得ないと思います。(平成19年3月最高裁判決)

被告に前科がなかったことや、殺意については未必である(最高裁認定)とされながらも極刑が選択されるほどの凶悪事件について被告側を擁護するのは些か憚られる思いではありますが、案の定というかやっぱりというか犯人逮捕時に報道で目にしたのは「複数の消費者金融から多額の借金」

もちろん借金が有るから犯罪を犯すという短絡思考は責められるべきですが、やはり心理的に相当追い詰められての犯行だと思います。

おそらくニュースなどで報じられることはないと思いますが、もしかすると犯人には「多額の借金」ならぬ「多額の過払い金」が有った可能性があります。

もし武富士やその他のサラ金が早い段階で不当利得という犯罪行為で得た金銭をキチンと返していればもしかしたら防げた犯罪なのではないか、この犯罪を誘発したのは武富士やその他のサラ金ではないか、そんな気がしてならないのです。
ヤマト 2007/11/26(Mon)16:23:42 編集
» Re:雑感
ヤマトさん、こんばんは。
武富士のお笑い記事、読んでいただけたようですね、まさに提灯記事、こういった回答を真顔で答えられるんですから大したものですね(笑)
この人は少し前に追徴課税事件で有名になった人とは違う人のようですが、ヤマトさんのお話を聞いていて、なんだかんだで一族揃ってやりたい放題ですね、追徴課税事件に関しては非常に残念な判決が出たというような事を少しだけ目にしましたが、さすが消費者金融界の雄である武富士、色々と大きな事件には事欠かないようですね。
武富士放火事件、これも確かに非常に痛ましい事件でしたが、過払い金請求という行為がここまでの物になっていなくて消費者金融の体質が昔のままであったら、同じ事がまた起きてもおかしくない様な事件ですからね…亡くなられた方の冥福はお祈りしますが、犯人も少しだけ時代が違っていたらまた違った人生があったのかなぁ、なんて考えてしまうと少々やり切れなさが残りますね…
放火や殺人を用語する事は決して出来ませんが、武富士に限らずいくつもの消費者金融も間接的には今まで何人の人の命を奪ってきたんですかね?お金に絡んだ犯罪、目に見えるものそして見えないもの、残るのはやるせなさだけですね…
2007/11/26 19:33
» やっぱり、あの人なんだ。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

先ほどのコメントにて、今回の提灯記事の語り手の武井氏こそがかの有名な「#!?**(聞取不能)ほざいてんじゃねぇねえよ!手前ら!」「全然足りねぇじゃん×∞」の声の主で間違いないようです。

東証一部上場という社会的責任も果たさなければならない大企業の代表取締役の言動とはとても思えないほど下品極まりないですねぇ。

弘前支店強盗放火殺人事件の被告に極刑が言い渡された直後、2chで5人殺して死刑は当然だとしたら武富士(借金苦自殺)は何人死刑になるのかなんて書き込みもありましたが、従業員にもかなり過酷な状況で精神面の病気や、そのことが原因での自殺などもあるようです。

やっぱり「一部も三部も関係ねぇんだよ。俺ら金貸し、金貸しなんだよ」(注・これはアイフル従業員。やはり録音テープが公開されている)

故・武井氏の右腕として「辣腕」を奮ったと言われる次男坊ですが、時折取りざたされる疑惑に深く関与した嫌疑もあり、そうしたことが何度も週刊誌上などにて掲載されていますが、有識者の間ではこうした武井一族支配が続く限りコンプライアンスの完全な構築は無理だと言うのが一致した見解のようです。

武富士が同業他社に比べて東証一部上場が遅れたのは、故・武井氏が株式の大半を持っていたことで上場基準を満たさなかったからです。
その後盗聴事件で逮捕・起訴されていますが、禁固以上の刑が確定すると、株式会社での貸金業登録の場合、一定以上の株式を所有していれば自動的に登録が取り消されます。

そのため相当数の株式を手放すハメになっていますが、さすがに「サラ金の帝王」と呼ばれた立志伝中の人物。その後の業績の急落と共に株価は大暴落。
見事に高値で「売り抜けた」運のよさは死の直前まで健在だったということでしょう。
ヤマト 2007/11/26(Mon)18:27:27 編集
» Re:やっぱり、あの人なんだ。
ヤマトさん、たびたびこんばんは。
そうですか、この人があのニコニコやようつべで有名な「全然足りねぇじゃん!」連呼の人ですか、今年の裏流行語大賞にもノミネートは決定ですねw
「全然足りねぇじゃん!」と同じ口から「コンプライアンス」なんて高尚な言葉が出てくるんですね、へぇ~スゴイですねw
まずは会社のコンプライアンスを語るより自分自身のコンプライアンスについて見つめなおした方が良いのは明白ですねw
武富士を含めいくつかの多くの消費者金融、その成り立ちや出自については色々と調べれば分かる事も多いですが、あえて此処でそれに触れる気も言及する気もありません、ただ借金返済で苦しみぬいている者の上で、長年に亘る過払い金という不当行為によって多くの金銭を得ている企業、それ素直に返還するという当然の対応すらまともに行なっていない企業に新聞という媒体を利用してコンプライアンスについて、なんて事を語って欲しくは無いですね。
2007/11/26 19:48
» アドバイスお願いします
ルパンさん、同士の皆様過払い請求ご苦労さまです。

またまた何方かアドバイス頂きたく、書き込みさせて頂きます プロミスの消滅時効の案件なのですが、以前書き込みさせて頂いた時に「新たな立証。。。。」云々書かせて頂いた時の弁論時に、裁判官より甲号証の引き直し計算書の返済欄の金額が明らかに不自然な項目が有り 裁判官「この返済金額。。不自然では?」 母「そんな半端な金額支払った覚えが無い」 裁判官「でも貴方が主張されてるんですよ」 母「えっ・?そうなんですか?」 裁判官「。。。」「この金額で丁度残高がゼロになるから、原告は取引の終了を知っていたのではないですか?」 母「いや。。そんなことは無い」「そんな半端な金額払って無い」 裁判官「。。。。」「次回までに意見をまとめてくださいね。」

と言うやり取りがあって もう一度プロミスの開示した履歴とこちらの甲号証を再度チェックしなおしたら、甲号証に記載漏れがあり再計算をしなおすと、訴額が違ってきました。あと裁判官の指摘は丁度分断された所の指摘のみでしたが、その他数箇所に支払い額、貸付額に不自然な数字の記載を見付けました。

そこでお尋ねですが、この事を踏まえると、①訴額の変更 ②新たな争点の提起  と言う事になろうと思われますが、次回弁論の時に準備書面で主張すべきなのか?従前にプロミスに②について釈明を求めた方がよいのか?
迷っています。 どなたか良いアドバイス頂けないでしょうか
よろしくお願いします。
赤い彗星 2007/11/26(Mon)23:07:51 編集
» Re:アドバイスお願いします
赤い彗星さん、こんばんは。
お母様…ちょっと気まずい答弁をしてしまいましたね。
まぁでも仕方の無い事だと思います、初めての裁判で判事から予想外のツッコミはキツイですよね…
中途半端な金額の返済や貸付という部分は恐らく完済もしくは増枠による一時完済扱いにした上での契約変更箇所ですよね?
これについては増枠での借換えならその事実を認知していようがしていまいが関係なく当然一連の取引であるという主張を通しますし、完済でも解約していないのであれば当然一連の取引を主張ですね、完全解約で無い場合なら契約書を返して貰っていようがそんな事問題にもなりませんし。
赤い彗星さんの過去のコメントを読み返させて頂く限りでは、プロミスのBM何とかなしの時点では借換え契約という事でいいんですよね?
お母様に「取引終了の事実を知っていたのか?」という判事の質問ですが、仮に一時的な取引の終了は理解していたとしても、基本契約である包括契約が終了したという認識は無かったという事なのですかね?その辺り赤い彗星さんnコメントをもう一度読み返してみますね。
②に関しては第二回まで時間があるのであれば、プロミスが開示した履歴に対する不明点ですから先にプロミスに説明を求め、それでも納得行かない場合には争点として採用する方が良いのではと思いますね、争点が増えるとお母様の負担も大きくなってしまうんじゃないかなぁと心配であります。
あと②に関してはもう少し詳しい事が分からないとプロミスに対する過払い金請求経験者でも答えるのは難しいと思われます。

どなたかプロミス経験者の方、この点についてアドバイスお待ちしていますので、宜しくお願いします。
2007/11/27 00:46
» 赤い彗星さん
こんにちは、ルパン様。

赤い彗星さん、私もプロミス有りました。
なぜか、プロミスは,争って来ませんでしたが。

私もルパンさんと同じ意見です。
①の場合は、正確な金員に変更が必要でしょう。
②の場合は、プロミスに直接、説明を求めて、それに対し、プロミスが説明できなければ、争点にする等を、考えた方が、良いと思います。

それから、消滅時効の件は、一連の主張で良いのではないでしょうか。
契約番号、カード番号等が違うのでしょうか?
完済後の期間が長いとか?

赤い彗星さんの案件が、どのような案件か良く解らないのであまり、良いアドバイスになってませんが、気持ちを強く持って諦めずに頑張って下さい。
              打倒でした。
            

打倒 2007/11/27(Tue)06:21:19 編集
» 取り返したい!2
ルパン様、赤い彗星様、第20使徒様、打倒様、素早い良答に感謝します。また、御礼が遅くなり申し訳ございません。

プロミス以外の5社は1年3ヶ月前に完済しています。9月28日に履歴開示請求した時、「有限会社誠貴に譲渡した」とレタスカードに初めていわれ、開示請求も誠貴に致しました。誠貴が入金したとか、強制執行で回収したなど情報がなく不安もありますし、レタスカードも残り時間が少ないかもと感じますので、完済後に無告知で譲渡を理由にレタスカードを提訴してみようかと思います。
ルパン様、皆様の優しい気持ちに改めて感謝します!

ちなみに本日、アコム第1回行ってきました。初めてで20人ぐらい居ましたのでかなり緊張しました。
(順番最後だったので自分の番には誰も居ませんでしたが・・・)
アエル・三和などの良く聞く問題会社の事件もありました。
アエルは「自社もクレディアみたくなるので・・」
三和は第2回でしたが
三和「3割で和解して下さい」
弁護士「・・・・1回目は5割希望でしたが・・」
三和「社長替わりましたんで・・方針が・・」
と噂通りの悪行振りでした。再度、不安になりましたが私の案件には争点もないですし時間もありますので満5+5+訴訟費用まで頑張ります。
mk928 2007/11/27(Tue)08:08:31 編集
» 聞いてみました
ルパンさん おはようございます
昨日、戦う弁護士さんから経過について説明がありました。忙しそうでしたが、皿側に付いたらどんな主張されるか聞いてみました。
「結構嫌われてますから、無いことだとは思いますが、はっきり言って争点なんぞはありません。判例も最高裁が基本ですから勝てません。針の穴ほどの原告の主張の矛盾をつっついて、とにかく引き伸ばし・・。その間、しびれを切らせた原告と有利に和解 狙いくらいです。皿側に不利な判例は出尽くしてるので今以下の状況にはなりにくい。常習窃盗の弁護でも、何気なく鍵を触ったら勝手に開いた っと、検事、裁判官の失笑を買うような発言もやりますから・・。」でした。時間ありそうなときに、もう少し突っ込んでみますね。
皿側の期待は、族議員だけでしょう。防衛省の問題も 防衛省ー金融庁 山田洋行ー大手皿 久間、額賀、野呂田ー塩崎、中川、甘利、柳沢 に置き換えれば、同じことだと思うのですが・・。
天井貼りつき 2007/11/27(Tue)10:10:39 編集
» Re:聞いてみました
天井貼りつきさん、こんにちは。
お忙しいところわざわざ、私の疑問まで尋ねて頂き、ありがとうございます。
現在の過払い金請求を冷静に分析すると、やはり弁護士さんの本音もそんな感じになってしまうんですかね?
天井貼りつきさんの依頼された弁護士さんは、まさに私の想像している弁護士って感じの方ですねw依頼人の利益のために出来得る最大限の事をする、そんな感じに見受けられますね。
実際、言われている通りに過払い金請求は訴訟上でも、分断・時効などくらいしかまともな争点はありませんしね、あとはレタスやクオークなどの行なっているふざけた権利関係の複雑化などの問題ですかね。
「常習窃盗でも…(ry」の言葉を聞くと良く理解出来ますね、このような弁護士さんからすると、たまに皿社員が作って出してくるような稚拙な独自理論を展開したお笑い答弁書などそれこそ何とも思わないんでしょうねw
防衛省、金融庁、社会保健省、厚生労働省などの利権問題、特に金融庁に関係している族議員のしてきた事…これは某巨大掲示板やネットなどで調べても日本という国をどうしようとしているのか?と頭を抱えてしまいますね、まずは自分達の利権ありきなんでしょうね。
日本の省庁の中で一番の働き者と言われている国税庁wあのレベルの仕事を全ての省庁がこなしていかなければいけないんでしょうね。
ご自分の案件でお忙しい中、ご報告、ありがとうございました。
またのコメント、楽しみに待っていますね。
2007/11/27 15:46
» クオークローン
ご無沙汰しています。
先日書き込みしたクオークローンの入金が本日ありました。
本日仕事が終わったら、早速プロミスを完済して、請求の準備に入る予定です。
これが終われば晴れて過払い請求終了となりますので、なぜか感慨深いものがあります(苦笑
最初の頃は右も左もわからず、マニュアル本を片手に四苦八苦していましたが、このブログと出会って周りにアドバイスが出来るくらいまでになりました。

また、プロミスの件で動きがありましたらご報告にしたいと思います。

ルパンさんをはじめ皆様も風邪などひかないようお体には気をつけてがんばってください。
さとこ 2007/11/27(Tue)15:06:00 編集
» Re:クオークローン
さとこさん、こんにちは。
クオークローンから過払い金の入金が有ったんですね、おめでとうございます、お疲れさまでした。
残るはプロミス、最後の過払い金請求、苦労をしてきた分だけ確かに感慨深いものがあると思います。
でもゴールはもう少し先ですね、もう真近に見えていますが最後の過払い金請求です、悔いを残さないように最後まで頑張って下さいね。
そして全てが終わった時には、今とはまた違う思いをする事が出来ると思います。
さとこさんも体には気を付けて下さいね、またの報告お待ちしていますね。
2007/11/27 15:53
» お久しぶりです
ルパンさん。お久しぶりです。
過払い請求を弁護士に丸投げして、早くも1ヶ月。毎月の支払いに頭を悩まさないって事はこんなに有意義なんだ~ってのを実感しています。

で、7件あった借入れ先のうち3件の和解が成立して、アコム・アイフルは年内、プロミスは1月に入金があるそうです。
満額まではどうにもならなかったけどさほどの差もなく和解できました。

私は、楽をしたのかもしれませんが、このブログ・keikoさんのブログに出会わなければ、
今も「今月どうしよう・・・」と頭を抱える日々を送っていたと思います。

また、何か進展があればご連絡しますね
hiko 2007/11/28(Wed)12:00:22 編集
» Re:お久しぶりです
hikoさん、こんにちは。
毎月の死阿原に頭を悩ませない生活、毎月何件もの金融業者に返済回りに行かないで良いという生活、これは穏やかな生活を送っていく上で非常に重要なことでありますよね、
hikoさんは7件中3件の和解が成立したという事で、残りは4件ですね、後もう少しです頑張りましょう、それにhikoさんは決して楽をしていると私は思いませんし、hikoさんなりに色々と考えての行動だと思っています。
和解済みの案件の過払い金が返還されたら、その時はまた報告をして下さいね、改めてあめでとうございます、とコメントさせていただきますね。
残り案件も少し時間は掛かってしまいますが、ゴールの見えない闘いではありません、依頼された弁護士さんと力を合わせて最後まで納得の行く形で終われるような過払い金請求を行なって下さいね。
私は皆さんをいつも応援しています、頑張って下さいね、
そして喜びのコメントが聞ける事を、楽しみに待っていますね。
さむいn日が続きますので、お体には気を付けて…
2007/11/28 12:27
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]