忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い返還で破産申し立て 三和ファイナンスに600人

消費者金融準大手の「三和ファイナンス」(東京)に、利息制限法の上限金利(年15~20%)を超える金利を払わされたとして、過払い金の返還を求めている顧客約600人が12日、同社の破産を東京地裁に申し立てた。消費者金融準大手に対する破産申し立ては全国初とみられる。

併せて、破産法に基づく資産の保全命令も申し立てた。申し立てたのは、首都圏や九州などの男女約600人で、過払い金に当たる債権総額は約3億2000万円。1人当たりの最高額は約450万円にのぼる。

三和ファイナンス被害弁護団は「今年2月以降、過払い金の返還に応じない上、現金を隠すなどの露骨な強制執行妨害が続いている」と主張。「同社が支払い不能であることは明らかで、資産流出を未然に防ぐため」と申し立ての理由を説明している。

三和ファイナンスは、昭和47年創業の非上場企業。全国に約400店舗あり、昨年4月と今年5月、金融庁から業務停止などの行政処分を受けている。新規の貸し付け業務は昨年4月以降、停止している。(産経ニュース引用)

ねこぱんださんから情報提供して頂きました、三和ファイナンス・過払い金返還で債権者から破産の申立ての臨時ニュースを紹介します(・∀・)ノ

ついにやられましたね三和害ナンス、先日、上毛ローン上毛與信という地方の地場のサラ金に対して同じようなが債権者による破産の申立て行われましたが、これこの上毛ローンのニュースを読んだ時におそらく大手でもまともに過払い金の返還に応じていないような腐れ金融業者はいつか同じような形で過払い金債権者から破産の申立てを行われるのではないのかなぁと何となく考えてはいたんですが、やっぱりこれを大手で初めて行われたのは三和でしたかヽ( ・∀・)ノ

まぁ、何にしろ三和ファイナンスの過払い金の返還から逃れるための強制執行逃れの資産隠しという行動はは酷すぎましたからね、上毛ローン上毛興信という前例からも十分考える事の出来る措置ですよね(-_- ;)
ニュース記事では三和側は
>破産するような状況ではないので、審尋の場で当社の主張をさせてもらう。
という事を主張しているようですが、三和が過払い金の返還から逃れるために行っている数々の事などから考えると、まるで説得力が無い主張ですね。゚(゚ノ∀`゚)゚。

今回の破産申立てによって三和ファイナンスからの過払い金返還が少しでも健全になると良いのですが…何だか色々と難題も多そうな感じもしないではないですね( ̄ロ ̄lll)

ねこぱんださんのコメント内にもあるように、まったくもってあほんだらの三和害ナンス、素直に過払い金返還しろボケといった感じですね(" ̄д ̄)けっ!

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ありゃ(-_-;)
ルパンさん>

こんばんは。丸井の記事、興味深く読ませていただきました。
手強そうなのでまずは現在履歴を取り寄せてるモノから勝負だ!

と、本日ライフから届いた開示報告書で利息計算!!

さんざん特別和解書? なるものを送ってきてその書類に書いてる利息が28.8%だったの(確かにそうだった気がする)が、送られてきた開示報告書での利息が20.00%、「ふふ、奴らごまかしてきたな」なんて思いながら法定金利計算書に数字を打ち込み・・・

あれ? 残元金が送られてきた書類とあまり変わらない・・・(ライフ20.00%計算34.073円、金利計算書32.082円)。

で、送られて来た書類の契約年月日が平成15年。
私、もっと前から借り入れてる気がするけど、気のせい?

注意書きに「完済されたご契約については、一定期間の後、お客様の情報が削除されている場合があります」。とある。

今も嘘の書類って送られてくるのでしょうか?
内容証明で「ちゃんとしたの送れ!」ってやった方がいいのでしょうか?

少額ながら借り入れがいっぱいなのでどこのカードがいつ頃、なんて記憶全然ないです(>_<)

書きたいことがまとまらずわかりにくいかも知れませんが、ご助言お願いします!
くるみ。 2008/09/14(Sun)02:01:34 編集
» Re:ありゃ(-_-;)
くるみ。さん、こんばんは。
ライフに対する過払い金請求ですか、ライフはアイフルの子会社で一度平成13年に会社更生法の適用を受けていますからあからさまに嘘の履歴は送って来ないとは思いますよ。
ただ、「完済されたご契約については、一定期間の後、お客様の情報が削除されている場合があります」という事で一度でも途中で完済がある場合、その前の履歴を送ってきていない可能性はあるかも知れませんね、履歴を受け取った客がいつから取引を始めたか分からないかったら儲けもの…くらいの感覚で。
くるみ。さんの場合大体いつ頃からライフと取引があるのか分かりませんがライフだったら多分銀行口座からの引き落としとかで支払いしていないですかね?
もしもそうだったら支払いに使っていた銀行に口座の照会かけると10年位前までならほとんどの銀行で出ると思いますんで、そういった方法もありかなぁとは思います、出来れば自分自身に起こった事などから「何故、どのような経緯でライフからお金を借りる事になったのか」を思い出してみると大体どのくらいの時期にライフとの取引を始めたのか分かるのではと思いますので自分の過去の事を少し思い出して考えて見て下さい。
それから、特別和解書というものを送ってきていた経緯が分からないので何とも言い辛いのですが、その特別和解書というのはもう所持していないんですかね?あるならばその時記されている貸付利息と今回開示された取引履歴の利息が何故違うのかとライフに直接突っ込みを入れても面白いんですけどねw
もし、その特別和解書という書類をもう所持していないのでしたら契約書のコピーを開示させるか、もしくは既に完済しているなら契約書自体の返還を求めても良いと思いますよ、契約書には普通は利息書いてありますからね(書いてないなら大問題ですね)。
ただ、ライフとくるみ。さんの計算した過払い金の数字がかなり近いので、ライフから借入していた金額があまり大きくないのなら過払い金の充当などの計算方法の違いで最終的な金額が数千円違っている可能性もありますので、ライフの20%という利息で正しいのかも知れませんね。
後、今調べたらライフが会社更生法の適用申請を行ったのが平成12年、そしてその手続きが終わったのが翌年の平成13年、そしてアイフルの子会社になったのも平成13年でした、ライフの会社更生法の適用申請とアイフルの子会社化(債権譲渡か経営譲渡など)を知らないのならば、くるみ。さんがライフからお金を借り始めたのは平成14年以降かも知れないですね、これはご参考までに…
と書いて見ましたが、これでもっと分からない所があったらご指摘して下さい、そうすればその部分をもう少し詳しく説明する事が出来るかもと思いますんで。
何とか頑張って少しでも思い出してライフへの過払い金請求頑張って下さいね。
2008/09/15 04:25
» お願いします
こんばんは、三和の件1ヶ月前から情報つかんでました。ただ公表していいのかどうかわからず…

そしてネタ元から協力依頼きまして「破産申したてをした弁護団は、財産流出を防ぐため、破産管財人が就任するまでは、三和に貸金を弁済しないよう呼び掛けています」これを広めてほしいとのことです。

是非ともご協力お願いします。
nanaiti 2008/09/15(Mon)01:32:43 編集
» Re:お願いします
nanaitiさん、こんばんは。
今回の三和に対する過払い金債権者による破産申立て、nanaitiさんはご存知だったんですね、でも確かに公表して良いものかどうか考えますし、たぶんしない方が良かったのではないかなぁと私個人的には思います。
>「破産申したてをした弁護団は、財産流出を防ぐため、破産管財人が就任するまでは、三和に貸金を弁済しないよう呼び掛けています」
という事を少しでも多くの方に広める為のご協力をすれば良いのですね、もちろん了解です、私のここ過払いブログを見ている方でまだ三和に債務のある方や過払い金請求を行っている最中の方にとって有意義なものであるなら、当然ご協力させて頂きたいと考えています。
ですが、これまだ三和に債務のある方が貸金の弁済を拒否する場合、三和が破産の申立てを受けている事とその結果、または破産管財人が確定するまでは弁済は出来ないという事を盾に突っぱねても法律上の筋道としてはこれ通用するんですかね?無知ですいませんが、出来ればその辺りを詳しく知りたいと思いました。
一応、まだ三和に債務が残っている方にとっては現在の状況の三和に貸金の返済をしない事による不利益が生じるのではという事も考えられるのであるなら、その点についてもしっかりと説明させて頂いた上でnanaitiさんの言われている事に関しては是非ともご協力させて頂きたいと思います。
現在三和の悪質な強制執行逃れなどによって、三和から過払い金を取り返す事が非常に難しくなっていますよね、でもそれが今回の三和に対する過払い金債権者などの行動によって少しでも容易になるのであるなら、今回の債権者の起こした行動が意義のあるものになるんでしょうね。
近いうちにまたnanaitiさんのブログに顔を出させて頂きますね。
貴重な情報、ありがとうございました。
2008/09/15 22:53
» 三和について
管財人確定するまで弁済しないようにすることは現実問題として「苦しい」かも知れません。

ですが少なくとも、倒産→回収強化というありもしない風説を信じ引き直しもせず「一括」してしまう人、仮に三和が回収強化した場合でもあわてることなく「一括」しないよう、また既に引き直しの上で残債となり返済困難で「裁判待ち?」の人が無茶しないように、等々ちょっとだけでもよいわけです。

今回の破産劇の裏には「経営悪化を理由に払わない」三和の資産を丸裸にする狙いですので、本当に債務超過で破産財団が結成されるかどうかも正直断言は出来ません。その上でのお願いですから無理は承知です。
制限法うんぬんのブログ見に来てる人達は当たり前の話なのですが「引き直しなし一括」?%E:47%#Aホらしいことありません。まして三和ですから…

微妙な問題ですが、「呼掛け」があることだけでも知って頂き、「どういうこと?」と思ってもらえるだけでも結構です。

何とぞよろしくお願いします。
nanaiti 2008/09/16(Tue)07:15:25 編集
» Re:三和について
nanaitiさん、こんにちは。
今回nanaitiさんから頂いたコメントの三和ファイナンスの件、私なりにnanaitiさんのコメントのお言葉をお借りしながら本文中に紹介させて頂きました。
私なりの解釈も交えていますのでnanaitiさんの伝えたい事が全て伝えられているかどうか分かりません、もしこれを読んでnanaitiさんが補足したい部分がありましたら、コメントして下さい。
それを踏まえた上で本文の訂正などさせていただきたいと思います。
でも、とにかく今回の破産申立てによって三和の資産状況がきちんと解明されて悪質な過払い金返還逃れが無くなる方向に動いて行ってくれれば良いですよね。
2008/09/16 11:19
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]