忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
民法改正:債権の時効、3年か5年に統一 1世紀ぶり着手

法務省は、民法が定める債権の消滅時効を統一化する改正作業に着手した。原則の10年を引き下げる一方で、短期消滅時効(1~5年)も廃止し、5年か3年に統一する方向で検討を進めている。消滅時効の統一化により、債権者、債務者双方の債権管理の労力削減を図るのが最大の狙いで、法学会も同様の方向で提言している。早ければ10年度の改正を目指しており、民法の債権分野は1世紀ぶりの大改正となる。

現在の民法は債権について「10年間行使しないときは消滅する」との原則を定めている。同時に、債権額が大きくないと想定されるケースについて、事例を挙げて5、3、2、1年の短期消滅時効も設定。▽医師の診療報酬や工事請負代金の請求権は3年▽一般商店の販売代金や理髪店の散髪料は2年▽旅館、料理店、飲食店の宿泊料や飲食料は1年--などとなっている。

原則10年の消滅時効については、「支払い証明書を長期間保管しなければならず、債務者の負担が重い」として、期間の引き下げで債務者を守るべきたとの指摘があった。一方で、短期消滅時効についても、業者側から「請求期間が短すぎる」との意見が出ていた。こうした消滅時効の差が債権者、債務者双方に分かりづらいため、法務省や学会が消滅時効統一化に向けて検討を進めてきた。

民法は1898年施行。04年にカタカナ語からひらがなの口語体に現代語化されたが、財産に関係する分野は制定当初から変わっていない。法務省は学会の提言も踏まえ、法相の諮問機関・法制審議会に諮り、意見がまとまれば、時効を含めた債権分野の大がかりな法改正に踏み切る方針だ。

▽債権の消滅時効▽
債権とは、金銭を貸した側(債権者)が借りた側(債務者)に返済を求めるなど、一定の行為を特定の相手に請求できる権利。時間がたつほど証明が困難になることなどから、一定期間行使しないと請求の権利が失われる。債権の請求権は原則として、権利行使が可能になった時を起算点に10年で消滅するが、取引の慣例上、短期間で決済される債権には個別に短期消滅時効を示している。時効進行中に債務者が一部弁済したり、債権者が裁判を起こすなどすれば、時効は中断する。(毎日新聞引用)

過払い金返還請求に携わってきた者としては何ですかこれ?というような記事を今日は紹介したいと思います(  ・д・)ノ

この過払いブログに最近寄せて頂いているコメントの中でも、過払い金返還請求権(不当利得金返還請求権)の時効起算日に関してや、この記事にもあるような過払い金返還請求権(不当利得金返還請求権)などの債権に関する時効期間を短縮するような法改正の動きがあるらしい…などという不安が多くありましたので、こんな記事を探してきて読んでみましたが、何ですかねこの「ふざけんな!ゴルァヽ(・ω・´ )ノ!」と叫びたくなるような法改正の理由は…

>「支払い証明書を長期間保管しなければならず、債務者の負担が重い」として、期間の引き下げで債務者を守るべきたとの指摘があった。一方で、短期消滅時効についても、業者側から「請求期間が短すぎる」

この主張を大手銀行経営の消費者金融や大手信販会社の主張であると仮定して考えると本当に腹の底からイラついてきますね (-_- ;)

支払い証明書を長期間保存する負担?債務者を守るべきだ?…ふざけんな!んなもんどんな業種の会社でも顧客データの保存に関する負担なんてそんなに大差ないだろうが、お前のところのスパコンや記録保存媒体の性能はそんなに糞なのか?と小一時間聞いてみたいものですね
更には、短期消滅時効についても、業者側から「請求期間が短すぎる」との主張が…
どっちなんですかね?良いとこ取りですか、あまり一般の消費者を愚弄しないで下さいという感じがしますね(  -д-)

過払い金の返還請求をする側というのは基本的には一般の消費者ですよね、過払い金というのはその一般消費者が金融会社のひん曲がった法解釈によって不当利得され続けてきたお金ですよね、その過払い金という物を取り返す為の権利なんて特別に時効期限無しでも良いくらいだと俺は思いますけどね
強い者を守って弱い者を切り捨てるというのが立法の根源ですか?何ですかねこれ、こんな出来レースのような法改正案はありなんでしょうかね?過払い金請求に少しでも携わっている者として非常に大きな疑問ですね…(-_- ;)

確かにこの法改正案に関しては、過払い金返還請求権に関してだけが全てでは無いですが、それでもおかしな改正案じゃないですかね、これって…(・_・;)
この民法改正の動きというのが、単に過払い金返還請求潰し、そして過払い金返還請求の流れで経営が苦しくなっている金融業者を救済する為の法案のように取れるのは果たして俺だけでしょうかね(´・ω・`)?

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 被害妄想?
ルパンさん、皆さんこんばんは。
要は債権の時効を煩雑だから5年もしくは3年に統一しようということですが?
例えば過払い金の時効も飲食店のツケの時効も5年にしてしまおうという事ですよね。
それだとなんて今更と感じてしまうのは被害妄想の私だけでしょうか?ツケとかの売掛金の踏み倒しは昔からあるし、過払い金請求が一般的になったのはここ2、3年のことですよね、タイミング的にみてもおかしいですよね。過払い金請求を的にしてるとしか思えないんですけど…
うまくオブラートに包んでのませようとしか考えられないですね。
P.S私も解約しないで預金が数百円の口座が3つくらいあります(笑)子供の頃の預金6千円の三井銀行の通帳が出てきて、まだ三井住友に変わる前のさくら銀行に行って返還してもらいました。利息20年以上なので千円以上ついていた憶えがあります。
にゃんたろう 2008/11/25(Tue)20:12:28 編集
» Re:被害妄想?
にゃんたろうさん、こんにちは。
この不当利得金などの債権に関する時効期間の短縮という法改正案、明らかに時期的に考えても怪しい匂いがプンプンしますよね。
にゃんたろうさんもこのコメントの中で指摘していますが、タイミング的に考えて過払い金返還請求からの企業保護が内にあるような気がして私も成りませんね…
債務者の負担を減らす…
今まで散々ぱら多重債務者の負担を減らす動きなんかほとんど見せていないのに今になって債務者の保護ですか、変な話ですよね…
にゃんたろうさんだけではなくて私も被害妄想かも知れませんが、この法改正は過払い金返還請求による大手銀行や金融業者を救済する目的があるような気がしてならないですね…
弁護士や司法書士の世界で囁かれていた過払いバブル、そして今度は金融業者wにとって有利な法改正案ですか、肝心の長年過払い金という支払う必要の無い債務を支払い続けてきた一般の消費者は何だか蚊帳の外のような感じになっているような気がしてなりません…
過払い金という債権を持った者をもう少しきちんとした形で保護するべきだと思いますけどね…まぁ最悪は不法行為による損害賠償請求に不当利得金返還請求から進化していくだけのような気もしますけどね、でもそれだと余計な争点が増えるという事実は否めないですね。
過払い金返還請求に時効なんて無ければ良いんですけどね。
2008/11/27 09:44
» この時期思い出すこと。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

既にスーパーではクリスマス用のお菓子ブーツが並べられたり、お歳暮コーナーが設けられるなど、年の瀬を感じる時期に来ています。

かつて借金に苦しんだ頃、通常の勤務先以外で「アルバイト」に励んだのがこの時期でした。
知人の父親が経営するプラスチック成形加工の会社で、通常は車のウインカーレンズなどの製作を手がけていますが、この時期はクリスマス用のイルミネーションの電飾部品の最盛期ということで、ちょっとばかり手伝って欲しいという話からでした。

いわば季節雇いの臨時工ですが、社長の息子の知人と言うことで融通も利き、休日以外にも通常の勤務が終わった後の5~6時間働かせてもらっていました。通勤にちょっと時間がかかることから、効率的にいいとは言えませんが、自分勝手な都合も聞いて頂けるなど恵まれたアルバイト環境でした。

もちろん納期というのが有るので、最盛期には睡眠時間を削ってでも両立を図り、当初約束の時給に加えて200円を加算した報奨金を頂いたりと感謝に堪えない部分が大きくあります。

借金のことはもちろん内緒で、将来家を買いたいから貯金したいなんてウソを付いていましたが、せっかく頂いた報奨金も、頑張った分の給料も殆どが貸金業者の不当利得として消えています。

10月半ばから12月初旬まで、おおよそ2ヶ月間のアルバイトで約40万円、これを4年間続けています。ボーナスと併せて1~2社を完済していますので、後の返済計画にも大きな余裕が出来たものです。

5年目はどうなったのか?というと、その会社が無くなって(倒産)しまったのです。最初の年と2年目に完済したジャックスとセントラルファイナンスが時効になってしまうほど昔の話です。未曾有の経済情勢や様々な環境要因もあっての倒産ですが、やはり高利の借金というのはあったようです。

5年目には幾分の余裕も有り、直ちに困るというワケではなかったのですが、一緒に働いていたスタッフのその後は本当に気がかりです。
社長は知人からその後も元気である事を伺っています。違法な金利の借り入れが当時あったのかは不明ですが、仮に今取り戻せたとしても失われた従業員の生活は戻って来ません。

その頃頑張った分の報酬は、10年余り後に過払い金の返還ということで取り戻すことが出来ましたが、時効のカベに泣いたジャックス・セントラルファイナンスという案件もあります。
その会社も倒産から9年を過ぎています。商法上の債権だとすると既に時効。社長の個人保証を民事と考えても時効はすぐそこに迫っています。個人レベルで返還請求が可能になった一連の最高裁判決から考えても短すぎる年月と感じています。不当利得=不法行為として保護すべきではないのかという思いが未だに有ります。ジャックスは平成12年頃、カードなどの貸出金利を利息制限法上の金利に引き下げています。先見の明というのは確かな事ながら、それ以前は明らかな違法金利を収受しています。
昨今の「過払い問題」とは無縁で堅実な経営なんて言われていますが、平成8年頃まで取引のあった小生は推定で6~7万円の過払いがあります。

何とかしたいなぁという思いだけは、同時期の質屋も含めて有りますが、生活者の犠牲を持って利益にするというのは犯罪行為ではという思いは尽きません。

法律論というのは様々にあり、中には庶民感覚で疑問に思うことも少なくありません。近々の話では、犯罪行為厳罰化の流れもあり、死刑相当の犯罪の時効が15年から25年に延ばされています。他の事犯も3年から5年と言うように延びていますが、法律は成立の前に遡って適用されないという原則があり、「犯罪事実は明らかだが、既に時効」という誤認逮捕劇も生じています。
かつて殺人事件の時効後(15年)、名乗り出た犯人に対して民法上の時効(20年)は完成していないとして賠償を命じた例も有ります。

刑法学では他者の名誉・生命・地位・財産を侵害しないものは犯罪として処罰しないという考えがあります。これに該当するのがいわゆる「モラル」に対する犯罪です。「地球が動いている」という説を唱えて牢獄にぶち込まれては堪らないという考えです。
キャバクラを経営する知人が時間外営業(風営法)や客引き行為(迷惑防止条例)を繰り返して有罪判決まで受けています。法令違反は確かなことで言い訳の仕様もないのですが、客引き行為と言ったって迷惑な付きまといをしたわけでもなく(現在の条例では客側の「いくら?」という質問に答えてもアウト)、先ほどの他者への名誉・生命・地位・財産に対する侵害行為とは無縁とも思えます。

話が冗長になってしまいましたが、この原則を考えても明らかに財産に対する侵害行為が犯罪として処罰されない以上、時効は完成しないというのがヤマト流の考え方でもあります。
ヤマト URL 2008/11/25(Tue)23:57:44 編集
» Re:この時期思い出すこと。
ヤマトさん、こんばんは。
ここのところ少し忙しくてコメントへの返信が遅くなってしまい、すいません…
私のいない間にも多くのコメント頂き、たつみさんへのアドバイスも率先してして頂いたようで、どうもありがとうございます。
そうですねぇ、もう街はすっかりクリスマスムードになってきていますね、私がこの時期になると思い出すのはやはり過払い金請求、そして年が明けた頃から書き始めた過払い金に関するこブログの事ですね。
私はヤマトさんのようにその時期にしか出来ない短期の掛け持ちバイトというのをした事は無いので分かりませんが、今となっては良い思い出という事になるんでしょうか?それとも苦い思い出ですかね?
どちらかはヤマトさんにしか分からないとは思いますが、知人の方のお父様の会社という事である程度の融通も利く職場という事でヤマトさん的にはだいぶ重宝させて頂いていたようですね、まぁその友人の方のお父様もクリスマス関係の仕事で人手が必要だったのでしょうから、持ちつ持たれつという部分もあったのではとは思いますが、この季節になると思い出されるヤマトさんの冬の思い出という事ですね。
その当時に必死に働いて稼いだお金は一度は金融業者の不当利得になってしまっていたようですが、現在では既に過払い金と名を変えて立派に利息を付けてヤマトさんの資産として手元に戻って来てくれたようですね。
私の冬の思い出といえば、これは数年前の事なのですが、武富士とレイクに対する過払い金請求、そして丸井やアエルに対する過払い金請求訴訟ですかね。
私の過払い金請求はアコムが一番最初でこの時期にはもう和解をしており、その後に確か続いて武富士、アエル、レイク、丸井の順番だったと思います、その中でも武富士とレイクはこの時期に両社とも第一回口頭弁論前に和解が成立し、昔は両社ともいい子ちゃんだったんですけどねぇ…最近はあまり評判がよろしくないですねぇ…
そしてそんなアコムや武富士に対する過払い金請求を終わらせた私がこのような過払いブログを書こうと思ったのは年も明けた寒い時期でしたね、最初の頃は少し(というか一文字ですがw)ブログのタイトルも違いましたし、こんなに多くの方が自分の書いているブログを訪れてくれるようになるとは思いもしていませんでしたw
自分が経験した過払い金返還請求という行為を少しでも多くの人に知ってもらう事が出来たらいいなぁ…
そんな単純な思いで書き始めたブログですが、今では私にとってはとても大切な場所になっています、ヤマトさんを始め多くの方と出会い、そして多くの方が過払い金請求の参考にして下さったりコメントを下さったこの過払いブログ、自分ではよく分かりませんが少しは世の為人の為になったのかな?という思いで今も書き続けていますが、これから過払い金請求を行うという人はまだまだ大勢残っていそうですね。
随分前から言われ続けている日本の中小の町工場や自営業の経営危機ですが、これに対する具体的な救済案というのは今でもまだ明確なものが無いですね…
日本という国を縁の下で支えている中小企業の経営者や従業員、特に経営者の方の中には問題になった商工ローン会社などから借入を行っていたという方も多いと思いますし、その高利の返済のせいで経営が破綻という方も少なくないでしょうね…確かに失われた時間ものせいで失った生活も取り戻す事は出来ませんよね…
そう考えると本当に一体過払い金というのどの位の規模であるんでしょうかね?その不当な利得を甘受してこの世の春を謳歌していた商工ローンの多くも今では衰退の一途、やはり悪銭身に付かずという事なのでしょうかね…
ヤマトさんと同じアルバイトをしていた多くの従業員の方が今でも幸せに暮らしていてくれていると良いですね。
不法行為による財産権の侵害、不当な利得金での経営が悪意であったなら確かにそんなものに時効期限なんていらないと私も思います…お金だけでなく時間を失った者に追い討ちをかけてどうしたいんでしょうかね?
法務省、そして最高裁という法を操る立場での法改正案の提出や法解釈は本当に冷静になって行って貰いたいものですね…
2008/11/27 22:42
» 選挙で叩き落とせ!
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

チョッピリ過激なタイトルですが、過払い請求に対する意図的な改悪は断じて許されないと感じています。選挙は複雑な要因も絡みますし、所詮は九牛の一毛に過ぎず、大した効果はないとか感じてしまいますし、選挙の公示(国政選挙以外は告示)以後は、候補者・政党・支持者を含めたあらゆる「活動」が制限されます。法律的に言えば個人ブログも制限対象でこちらに候補者の「応援コメント」「否定コメント」も制限対象となってしまいます。

ここで敢えて政治議論をしようとは思いませんが、最近最高裁の話題が出るようになり「国民審査」についての意見も散見します。

総選挙と同時に行われる国民審査は、熾烈な選挙戦の影に隠れて殆ど注目されません。ただし公職選挙法の対象外で公示後も堂々と議論を交わすことが出来たりもします。

主権者として不適当な判事を「叩き落せる」制度ですが、毎回10%前後の罷免票がどんな判事にも示される「通過儀礼」程度の役割になっています。
公職選挙法では「自書式」が絶対原則となっており、いわゆる開票の手間を省くための「電子投票」の足枷となっていますが、この審査は最初から対象者の名前が書かれており、辞めさせたいと思う判事の欄に「×」を書くこととなっています。
辞めさせたい判事に「○」を付けても無効票、つまりは信任同様になってしまうので注意が必要ですが、知らない人も多いのかもしれません。

意外かも知れませんが最高裁判事は司法試験に合格していなくてもなることが出来ます。多くは裁判官・検察官・弁護士という法曹三職の出身者ですが、学者出身や行政官からの任命も有り得るのです。幅広い国民の意見を汲み上げるとして導入される裁判員制度の言わば高級バージョンですが、時には庶民感覚からかけ離れたお偉方ですので、キッチリ庶民の審判を下したい所です。

本来なら40歳以上の日本国民なら誰でも「最高裁判事」になれるワケで、小生もまもなく有資格者となります。任命後は10年毎の「国民審査」で判断されるのですが、40代はおろか50代ですらほとんどおらず、全てと言ってよい判事が60歳以降の任命になります(前回選挙時最年少が63歳)
最高裁判事の定年は70歳ですから、一度通過儀礼を済ませてしまえば、悪い言い方では「やりたい放題」になってしまいます。ちなみに現在までに2度目の国民審査を受けた判事は一人もいません。
今後の最高裁の判断に注目です。
ヤマト URL 2008/11/26(Wed)18:57:13 編集
» Re:選挙で叩き落とせ!
ヤマトさん、たびたびこんばんは。
へぇ~、そうなんですか、確かに選挙期間中の候補者や政党、支持者などの活動の制限については何となくは知っていましたが、国民審査についての議論は公職選挙法とは無関係なんですね、勉強になりました。
まぁ、私の場合この過払いブログで政治について、特に候補者について多くを語りたいとは思っていませんし、出来る事なら過払い金返還請求に係わる事に司法や経済以外の事を持ち込みたく無いので、問題は無いですが、最高裁判事についての議論や応援・否定はやり放題(まぁ限度はあるでしょうがw)なんですね。
そういえば少し前に辞めた何とかという女性の最高裁判事も官僚出身かなんかでしたよね、そう考えると高裁判事から出世して最高裁判事になる人っていうのはかなり少ないのですかね?
罷免票に関する○と×については確かにあまり知られていないのかも知れませんね、普通の感覚だとその人間の所に印として○を付けるという感覚ですよね。
罷免したはずが信任になってしまうのですか非常には大事なところですね。
そういった事を踏まえた上でも今後(特に今の所は1月の過払い金の時効起算日に関して判断をするのではと噂されている最高裁での上告審で判断を下す最高裁判事ですね)の最高裁判決に要注目という事ですね。
それにしてもほとんどの場合全員が60歳以上でそれなりの地位を持っていた人を選んでいるって、それ本当に多くの一般庶民が考えるような民意を反映しているんですかね?
何だか甚だ疑問ではありますね…
2008/11/28 00:30
» ご無沙汰しております
金田です。近況報告を。昨日、商品先物裁判の弁論準備手続き2回目に行ってきました。ようやく、被告が消滅時効の援用の抗弁をしてきました。まともな反論です。しかし、これについては想定していたので次回準備書面で全部潰します。判決と和解のイーブンを裁判長が言ってきたので和解もありですが、私が納得いくまで裁判で戦うつもりです。
で、今回の消滅時効でで思ったのですが、過払い金返還請求は現在不当利得金返還請求が普通の請求方法になっていると思いますが、これを不法行為による損害賠償請求とセットで出すというのはどうなんでしょうか?ルパンさんも記事の中で書かれてますが、消滅時効や返還金の倍増、早期の返還などに効果があるのではないかと思っています。自分の次回の請求でやってみようと思いますがいかがなもんでしょうか?
金田 URL 2008/11/27(Thu)02:05:26 編集
» Re:ご無沙汰しております
金田さん、こんばんは、お久しぶりですね。
金田さんのブログたまに覗かせていただきには行っているんですが、私には難しい話題も多く中々入り込めないでいますですw
商品先物に関する訴訟、弁論準備第2回になりましたか、で相手側が消滅時効の援用の抗弁をしてきたという事ですね、この債権の消滅時効の起算日に関してこれ今過払い金返還請求の世界でもホットな話題なんですよね。
債権の時効に関する改正法案とか、来年の1月に最高裁で過払い金(正確に言うと不当利得金ですね)の返還請求権の消滅時効の起算日に関して自判するのでないか、という噂でしかも業者よりの判断が下されるのでは…などというような憶測も飛び交っているようです。
私には正直どうなるか分かりませんし、分かるはずも無いのですが、仮に最高裁が不当利得金返還請求権の時効はその発生毎に個別に進行する、なんていう判断を下したら、不当利得金返還請求訴訟(過払い金請求)の多くは貸金業者の不法行為による損害賠償請求訴訟(不法行為による損害賠償請求の時効は20年、もしくは損害に気付いた時から3年ですね)に切り替わっていくのではないかなぁとは思っています(これにはいくつかの前例となる裁判例もありますしね)
過払い金返還請求と貸金業者の不法行為による損害賠償請求、私もこれ丸井やアエルに対して行おうと思いましたが、現段階ではセットでこれを行うのはあまりお勧め出来ないかも知れません。
まず下級審では現段階では過払い金返還請求訴訟=和解での解決ありき、というような雰囲気が未だにありますから、案件を担当する判事やその地域の上級審の裁判例などにも拠りますが、あまりまともに不法行為(不法行為の内容にも拠るとは思いますが…)による損害賠償請求というものに重きを置いてくれません、現に私の丸井に対する損害賠償請求(信用情報上の問題での損害賠償請求です)は簡裁案件だったせいもあってかほとんど相手にされませんでした、要はその請求する損害賠償請求をどのようにして金銭に換算するのか?という部分の判断が難しいようですね、それに私の行ったような損害賠償請求での金銭的換算は数万円程度である上に、実質的にどのように損害を被ったのかという事を立証しなければならないのでそこが一番の難点でしたね…
ただ、今後の過払い金返還請求の流れ如何によっては、不当利得金返還請求訴訟ではなく不法行為による損害賠償請求訴訟と変わっていくと思いますので、それを取り巻く状況も変わってくるかも知れませんね。
それでもやはり一番の難点は相手の不法行為を立証し、それをどのように金額に換算するという部分になってくると思いますが、どうでしょうかね金田さんはどう思われますかね?
質問に質問で返してしまいすいません、出来れば広くご意見を伺わせて頂ければと思いました。

PS 商品先物取引での損害賠償請求訴訟、和解になるのか徹底抗戦なのかという感じのようですが、最後まで頑張ってご自身の納得出来る結果で終われると良いですね。
2008/11/28 01:08
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]