忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
上毛ローン上毛與信:被害弁護団、顧客救済へ説明会--来月7日、前橋で /群馬

過払い金集団提訴検討

県内の消費者金融大手「上毛ローン上毛與信」(高崎市、田中政三社長)の顧客救済を目的に、「上毛ローン被害対策弁護団」(代表・鈴木克昌弁護士)が6月7日午前10時半から、前橋市新前橋町の県社会福祉総合センターで説明会を開く。同社は利息制限法を上回る金利で貸し付けており、説明会では過払い金を巡る相談を受け付ける。また、弁護団は過払い返還の集団提訴を検討中で、参加者を募る。

同社は4月25日に突然店舗を閉鎖し、5月14日に一部で営業を再開させた。顧客が過払い金返還を求めた訴訟で、1月に26人へ約2320万円を支払うことで和解が成立したが、今月に入って支払いが滞っていた。同社の顧問弁護士が8月をめどに破算や営業譲渡の可能性も示唆しており、被害対策弁護団は「早急に対応しないと過払い金を回収できない恐れがある」と判断した。

同社の顧客は県内に1万人以上いるとみられている。弁護団は「今も高金利のまま利息を支払っている人、多重債務の整理が必要な人など、誰でも気軽に話を聞きに来てもらいたい」としている。問い合わせは新前橋法律事務所(027・210・7770)へ。(毎日新聞引用)

皆さん、こんにちは(`・ω・´)ノ

今日もまた先日紹介した群馬県の消費者金融である上毛ローン上毛與信に関するニュース記事を紹介したいと思います。

何度かここで書いていますが、俺はこの上毛ローン上毛與信という消費者金融を詳しく知らないのですが、群馬県内のみで経営している小規模の消費者金融のようですね、HPもあったんでちょっと見てみたら登録番号が群馬県知事になっていました。
でも登録番号が群馬県知事(9)なのでそこそこ長い期間に亘って経営を行なってきているようですね…(・_・;)

今回紹介した記事の内容でも分かるように中小規模の消費者金融は過払い金請求や改正貸金業規制法とそれに伴う総量規制などの影響がかなり大きくなってきているようですね、この上毛ローン上毛與信のように過払い金の返還が滞ったりしている会社も増えてきているようです(´д`;)

現在でも未だに過払いというものの存在に気付かず、利息制限法を超過する金利での返済を必死になって続けている人もまだまだ多い事と思います、このまま過払い金の返還を受ける事が出来ずに中小規模の金融業者の破綻を許してしまっていたら金融業者に過払い金を不当利得されっぱなしで終わってしまうという事にもなってしまいますね(´・ω・`)

という事で、このニュース記事を紹介すると共に、中小規模の消費者金融への過払い金返還請求はとにかくお早めに!という事をお伝えしたいと思いますヽ(・ω・´ )ノ

上毛ローン上毛與信に過払い金が存在していたり、未だに返済を続けているという人は、ぜひこの機会に上記の記事の説明会にでも参加してみて下さいね(´・ω・`)ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 第二回口頭弁論
ルパンさん、皆様こんばんは、お久しぶりです。
もう1ヶ月くらい過ぎてしまったのですが、武富士との第二回口頭弁論に行ってきました。被告からの準備書面をもらったのは当日でした。予想通り、分断を主張され1・18の引用と第一取引の時効援用です。やはり金額が大きいので抵抗もすごいですね。
ルパンさんの私見を聞かせていただきたいのですが、1・18の「特段の事情」の7つの要素を示した文の次に「第一の基本契約に基づく債務が完済されてもこれが終了せず、第一の基本契約に基づく取引と第二の基本契約に基づく取引とが事実上1個の連続した貸付取引であると評価することができる場合には、上記合意が存在するものと解するのが相当である」とあるのですが、私の事案は第一の契約書の返還と第二契約の締結が同日なので、まさにこのことだと思うのですが、 いかがでしょうか?幸いに契約書の返還の受領書も手に入りました。
よろしくお願いします。
にゃんたろう 2008/05/28(Wed)00:35:42 編集
» Re:第二回口頭弁論
にゃんたろうさん、おはようございます。
武富士は最近その主張が大好きなようですね…
恐らくそのにゃんたろうさんの契約書返還というのは限度額変更などの契約変更ですよね?会員番号なども恐らく同一か前回の契約と連番などではないかと思いますけどどうなんでしょう?
前にもどこかに書きましたが
1.18最高裁判決により示された事実上1個の連続した貸付取引であると評価できるか否かの特段の事情の具体的な判断基準は下記のようになっていますね。
1.第一の基本契約に基づく貸付及び弁済が反復継続して行われた期間の長さ
2.最終の弁済から第2の基本契約に基づく最初の貸付けまでの期間
3.第1の基本契約についての契約書の返還の有無
4.借入れ等に際し使用されるカードが発行されている場合にはその失効手続の有無
5.第1の基本契約に基づく最終の弁済から第2の基本契約が締結されるまでの間における貸主と借主との接触の状況
6.第2の基本契約が締結されるに至る経緯
7.第1と第2の各基本契約における利率等の契約条件の異同
にゃんたろうさんがこの中で気になる部分は3と7辺りでは無いかと思いますが、私が思うにはにゃんたろうさんの案件は単なる契約変更であって個別契約では無いと思うんですけどね。
私もにゃんたろうさんと同じように
>上記のような事情を考慮して、第1の基本契約に基づく債務が完済されてもこれが終了せず、第1の基本契約に基づく取引と第2の基本契約に基づく取引とが事実上1個の連続した貸付取引であると評価する事が出来る場合には、「過払い金を新たな借入金債務に充当する旨の合意」が存在するものと解するものである。
この解釈にドンピシャであると思いますよ。
後はこのような最高裁判決の真意を下級審の判事がどれだけ汲んだ上での審理を行なってくれるか?が鍵にはなってきそうですね。
にゃんたろうさんの武富士との契約変更が私の想像通りであるなら、これを一連の取引と判断してくれないと貸付限度額の増枠毎に契約書の書き換えを行なう場合(貸付極度額が最初の契約からかなり高めに設定されていない場合)は全て個別契約という事にもなりかねませんよね、そんなバカな話も無いと思いますし、各消費者金融によって貸付限度額変更の手続きも異なるでしょうし限度額変更のための契約書の書き換えの度に前取引と分断されては堪ったものじゃないですよね、ですからにゃんたろうさんに対する武富士の分断の主張はかなりナンセンスな主張だと思いますね。
私はあくまで基本的にはですが、完済・解約、もしくは完済後相当な長期間の空白期間が存在しない限りは分断の主張は退けるべきであると個人的には思います。
にゃんたろうさんの案件はその点から考えてもそんなに不利な案件でも無いとも思えますので何とか一連一体の取引であった事を判事に認めてもらう事が出来るように頑張って下さいね。
2008/05/28 05:25
» 大変ご無沙汰しております
ルパンさん、大変ご無沙汰しております。
今年に入ってから会社での移動やら何やらで休む暇なくドタバタしてました。m(__)m過払いもこんな感じで早く解決出来れば良いんですけど…(笑)

前置きが長くなりましたが、ご報告が有りましてコメントさせていただきます。昨年より引きずってた〇洋信販の控訴審が今日裁判所による和解案で解決出来る見通ししです。お決まりの和解案(控訴人は解決金として〇〇万円の支払い義務が有る事を認める)ですが、昨今の中小サラの懐具合を考えて妥協する事にしました。


赤い彗星 2008/05/28(Wed)07:43:22 編集
» Re:大変ご無沙汰しております
赤い彗星さん、おはようございます、お久しぶりですね。
かなりお仕事がお忙しかった様子ですね、お疲れ様でした、私も年初めくらいから少々バタバタとしておりまして、最近、私の最後の過払い案件である楽天KCへの小額の過払い金請求を開始した次第です。
どうやら長期間に亘っていた〇洋信販に対する過払い金返還請求訴訟の控訴審が和解成立の見通しが立ってきたという感じですね(中小という事ですから〇の中は三ではなく新ですねw)良かったですねぇ、まだ実際に過払い金の返還までは気が抜けない状況であるとは思いますが、まずはお疲れ様でした。
赤い彗星さんもお考えになられているように最近では中小の消費者金融への過払い金請求はかなり微妙な状況になってきていますから、色んな意味で適切な状況判断が必要になって来ていますね…
妥協という言葉がどの程度のものかはお察し出来ませんが、赤い彗星さんがよく考えられた上で納得されたのなら、それで正解であると私は思いますよ。
後は過払い金の返還を待って、実際に返還されましたら本当のお疲れ様でしたとおめでとうございますを言わせてくださいね。
お忙しい中のコメントありがとうございます、お仕事に過払い金請求にと体調には気を付けて頑張って下さいね。
入金ありましたら、ぜひコメントして下さいね。
多くの方の過払い金請求の成功コメントは後に続く方への励みになると思いますので、ぜひともよろしくお願いいたします。

2008/05/28 08:22
» ご無沙汰しております
ルパンさん、皆様こんばんは、ご無沙汰しておりました。
何から、お話しすればいいのか・・・このブログから、いろいろなお力やヒント、
アドバイスを頂き、過払い請求に励んでいます。
こちらの提示する過払い請求金額に素直に応じる業者もあれば、
めいっぱい値切って和解を申し出てくる業者もあり・・・
いろいろな対応に頭を使って対抗しています。
司に依頼していた武富士案件は、こちらの請求通り満額+5%+訴訟費用で和解になり、
入金待ちの状態です。
今日は私の案件、ベストライフという中小貸金業者との第1回期日でした。
期日前に和解の申し入れも答弁書の提出もなく、いきなりの口頭弁論でした。
過払い金については認めましたが、悪意の受益者については争うということで、2回目の期日を決めました。
法廷で、いきなり過払い金の9割での和解を言い出したのですが、そんなのは認められないと言ってやりました。
悪意の受益者については具体的な立証は被告側でしなさいと答弁書に書けばいいのですか?
2回目までに答弁書を提出するように言われたのですが・・・
久々のコメントで厚かましいのですが、アドバイスをお願いします。


一主婦 URL 2008/05/29(Thu)00:35:16 編集
» Re:ご無沙汰しております
一主婦さん、お久しぶりですね、こんにちは。
一主婦さんのブログ、私たまに覗きに行かせて頂いていますよ、
なかなか更新されていないのが残念ですが、お忙しいんだろうなぁ…なんて勝手に思っていましたw
まずは武富士に対する過払い金返還請求は司さんのお力もお借りして請求通りの金額での和解成立という事ですね、本当におめでとございます。
武富士からの過払い金の入金日が楽しみですね。
そして今回のベストライフ(酷い名前負けですねw)という消費者金融に対する過払い金請求に関してのお悩みの事ですが、過払い金については認める、という事はみなし弁済であった事を立証出来ないという事ですよね。
そうでしたら
平成19年7月17日最高裁判所第三小法廷判決と平成19年7月13日最高裁判所第二小法廷判決の示す下記のように
>「貸金業者が制限超過部分を利息の債務の弁済として受領したが、その受領につき貸金業法43条1項の適用が認められないときは、当該貸金業者は、同項の適用があるとの認識を有しており、かつ、そのような認識を有するに至ったことがやむを得ないといえる特段の事情がある場合でない限り、法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した者、すなわち民法704条の「悪意の受益者」であると推定されるものというべきである。」(平成19年7月17日最高裁判所第三小法廷判決)
>利息制限法の制限超過利息を受領した貸金業者が判例の正しい理解に反して貸金業法18条1項に規定する書面の交付がなくても同法43条1項の適用があるとの認識を有していたとしても,民法704条の「悪意の受益者」の推定を覆す特段の事情があるとはいえない。(平成19年7月13日最高裁判所第二小法廷判決)
最高裁判決で示されていますので、これを引用してこの判決趣旨を覆せるだけの根拠を相手業者に立証するように求める内容の準備書面を作成すれば良いのではないかなぁと私は思います。
悪意の受益者に関しては、こちらからはそれ程強く主張しなくても上記最高裁判例を基に考えれば、相手にその特段の事情が存在する事が立証出来なければまともな判事なら貸金業者が悪意の受益者であった事の認定は普通にしてくれると思うんですけどね、まだ悪意の受益者で争ってくるような業者もあるんですねぇ…往生際が悪いですね。
と、アドバイスになっているか微妙ですが、私が上記した最高裁の判例を何度か読んでみたり、解説しているサイトなどを読んでみると(これは私のブログでも考えてみていますby宣伝w)準備書面の作成のヒントになるのではないかなぁとは思います。
ただ、あまり深く突っ込んだ準備書面を作成しても争点を増やす事になりかねないので、訴状や準備書面はなるべくならシンプルに、という事を忘れずに頑張って見てくださいね。
また、これに関して疑問・質問などがありましたら、いつでもコメントして下さいね、私の分かる範囲でしたらコメントさせていただきますよ。
主婦業と過払い金請求の両立、大変だと思いますが、ゴールはもう少しだと思いますから最後まで頑張って下さいね。
2008/05/29 14:07
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]