忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
三菱UFJ系キャッシュワン、アコムと統合へ

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は2日、傘下の消費者金融会社、DCキャッシュワンをアコムと経営統合させる方針を固めた。TOB(株式公開買い付け)によるアコムの連結子会社化とともに3日にも発表する。改正貸金業法で規制が大幅に強化されるなか、グループ内の消費者金融事業をアコムに集約する。

DCキャッシュワンは2001年、当時の東京三菱銀行、三菱信託銀行、アコムなどが共同で設立した消費者金融会社で、現在、三菱UFJが45%出資している。6月末の貸付残高は798億円。同じ銀行系消費者金融のモビットやアットローンに比べ、営業収益や融資残高が伸び悩んでいた。(日本経済新聞引用)

先日に引き続き、最近、過払い金返還の訴訟対応が酷いという噂も流れている三菱UFJFG系の消費者金融である、アコムとDCキャッシュワンが経営統合するというニュースを紹介します(  ・д・)ノ

三菱UFJ銀行は過払い金返還の対応が悪いアコムにTOBをかけてアコムを連結子会社化し、更には過払い金の返還対応に問題が多いのではと思われるアコムと、これまた傘下の多少だけ低金利な融資を行っているDCキャッシュワンの経営統合を行う予定のようですね、まぁでもDCキャッシュワンの保障会社は確かアコムだったんで、これはアコム主導型の一般的な糞消費者金融が出来るだけなんじゃないかなぁ、と俺は個人的には思います、大手銀行の後ろ盾を得て一般消費者に擦り寄る消費者金融…((((;゜Д゜)))怖いモンですね。

三菱UFJ系の消費者金融には他にもモビットもありますしね…

まぁ、この動きがどういった結果になるのかは分かりませんが、アコムさんは俺達の払い過ぎた利息であり、おたくらの長期間の不当利得の結果でもある過払い金に民事法定利息の年5分をきちんと+して素直に速やかに返還して下さい、みんな困っています、大切な自分の払い過ぎたお金なんです(´・ω・`)過払い金とは…

基本的に今後もアコムがきちんとした過払い金返還の対応が取れないようであるのなら、三菱UFJFG系の消費者金融の統合もアコムを子会社化するためのTOBも一般消費者に対してはあまり効果が無いような気がするのは俺だけでしょうかね…
まぁ、それでも銀行的には自社経営の消費者金融の経営のスリム化や両社のノウハウを合わせた経営統合という観点からみれば十分なのかも知れませんね(  -д-)

追加・ちょっと話題が遅いのですが福田総理が突然辞任してしまいましたね、次の総理はやはりあの人でしょうか?そして解散総選挙はいつ頃何でしょうかね?
総選挙になると最高裁判事の国民審査もありますので、それまでに今までの最高裁における過払い金返還請求訴訟に対する納得の出来ない判決を出した判決の内容と判事の名前を選挙の日までにじっくりチェックしておきたいと思っていますw
オリャ、キック!! ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ アワワ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ありがとうございます!
ルパンさん>

返信遅れましたが、詳しく説明ありがとうございます!

最近の皆さんのコメント見てるとゼロ和解なるものも存在するのですね、全部が全部取り返せる訳じゃないんですね・・・。

さて、私はQ&A式(名古屋式)で計算しました。
チェック欄は判ったのですが、初日参入をチェックしたら高くなりました!
なんでろう・・・。高くなるモノなのですか?

私はアイフルもライフも100.000円借りてました。
未満が今ひとつ判らないのですが(学校で習ったのにね)18%でいいのでしょうか?

アイフルは借りてから1年半くらいですが、請求額との差額が約17.000円(怒)。
ライフはまだ履歴が届いていないので計算してませんが、5年以上は借り入れしてるので・・・(怒)。

思い出しましたが、丸井、2年くらい前に完済済みですがありました。
こちらも取引履歴取り寄せねば。でも、過払い請求難しそうですね・・・。

ドキドキですが、ルパンさんのおっしゃるとおり、返してもらえるモノは返してもらう! そんな姿勢で挑みたいです。

くるみ。 2008/09/03(Wed)22:22:50 編集
» Re:ありがとうございます!
くるみ。さん、こんばんは。
0和解というのは簡単に説明すると、完済済みで無い借入残高の残る案件で業者に対して極小額の過払い金を請求する時に取り交わされる事の多い和解方法ですね。
例えば消費者金融に50万円の債務が残っているが、本来の利息制限法所定の金利で取引を引き直しすると過払いが1万円くらい生じていた場合、その金額で訴訟を起こすのもどうかという事でこの1万円の過払い金の請求を放棄して、その消費者金融との間に双方債権債務の存在が無い事を確認する和解ですね、もちろんその1万円を訴訟によって取り返す事も出来なくはありませんよ。
このようなケースには過払い金を請求する側の時間と手間隙の問題が大きく関係してくると思います。
それから引き直し計算には名古屋式を使用ですか、私勘違いしていた事が1つありました初日算入の欄は初日不算入で計算して下さい、これ決まっている訳では無いですが原則的にはそうなっています(詳しくは初日不算入の原則で調べてみて下さい)、間違いを書いていましてすいませんです…
そして仮にくるみ。さんがアイフルとライフから最初から10万円ずつ増額無しで借りていたとしたら、最初から引き直しの利率は18%でOKです。
アイフルは恐らく過払いにはなっていないと思いますが、ライフは5年以上の取引ならもしかしたら債務残高によっては過払いになっていると思います。
それから丸井にも当然過払い金請求は出来ます、2年前に完済済みでしたら確実に過払いが発生しています、ただ丸井はあまり付き合いが長いと昔の履歴を廃棄していると主張して出して来ませんので、そういった場合自分の通帳などに返済の記録が残っていたりしないとメンドクサイ訴訟になる事があります、ちなみに私はそうでした…
それから丸井は過払い金元本だけで過払い金に対する利息を求めないのであれば訴訟を起こさないでも過払い金を返還してくれるという話しです、今はどうか分かりませんが少し前はそうでした。
過払い金請求は難しいか?これは難しい質問ですが私にも出来ましたから普通の人なら出来ると思います、私はこのブログで何度か書いていますが、個人訴訟での過払い金請求は本人の「やる気」これに尽きると思っています。
くるみ。さんのケースの場合、コメントだけを読ませて頂いて判断するとアイフルとライフに現在いくらの借入残高があるのか分かりませんが、丸井とライフから過払い金を取り返してそれをアイフルに返済しアイフルから過払い金請求か、信用情報の事故記載(俗に言うブラックですね)を気にしないのなら、アイフルも過払いが少々発生する位まで返済して過払い金請求を行い債務不存在の確認(0和解と同じだと思って下さい)を行い借金生活とお別れするのが良いのではと思います。
過払い金請求に限らず、何か事を新しい事を始める時はやはりドキドキですよね、でも返せるものは返してもらう!その気持ちを忘れずに頑張って下さいね。
また何か途中で分からない事などありましたらいつでもコメントして下さいね、ここにはくるみ。さんと同じ思いを持った多くの同士の方もいらっしゃってくれていますし、既に自分の力で金融業者から過払い金を取り返したという先人の方もいっぱいいらっしゃいますよ。
それに私も自分がアドバイス出来る範囲でしたら、いつでも出来る限りのアドバイスをさせていただきますよ。
2008/09/04 03:12
» 無題
ルパンさん、皆様こんばんは。
ちょっと疑問に思ったのですが、過払い金請求したら、少なくともそのサラからは前科ありということで再び借りることは難しいんですよね?
まぁ過払い金返還してもらった人は嫌な思いしたので、また借りる人も少ないでしょうけど、でもサラが素直に自ら返還してたら、新たなビジネスチャンスも生まれてたんじゃないでしょうか?
これからの貸付には過払い金は発生しない利息制限法以内の利率だし、過払い金返還するような顧客は優良顧客が多いと思うからです。
完全な与太話ですね(笑)
現実はますます抵抗が激しくなり、大手4社で共同戦線張って徹底抗戦なんていってるようじゃ、つくづく救いようのないクソ業界ですね。
PS 毒チワワの株価七百円も割りそうです、ちょっとの時間だったけどウリストップも出てたし、大丈夫なんでしょうか?
にゃんたろう 2008/09/04(Thu)01:15:26 編集
» Re:無題
にゃんたろうさん、こんばんは。
基本的には金融業者に過払い金請求したらその会社はお金を貸してくれませんね特に消費者金融などは、でもいくつかの信販会社などでは過払い金請求を行った後でも「そのままカードをご使用いただいて結構ですよ」という会社もあるようです、まぁ借りる必要も無いと思いますしこれは自分の体験ではなくネットで聞きかじった話なのでどこの会社だったかは忘れてしまいましたけど。
確かに過払い金が発生するまでひたすら借りては返しを繰り返してきた顧客は優良顧客であると思うんですけどね、法や最高裁判決に基づいて払い過ぎたお金である過払い金を返還にて貰っただけで決して貸し倒れにはなっていないですからね、まぁこの辺りを新たなビジネスチャンスと考える事が出来るかどうは業者の経営方針等の問題でもあるでしょうから私は別に気にもしませんけどねw
多分私はもう二度と消費者金融からお金を借りる事は無いと思いますから…
大手消費者金融4社の中でも今は銀行系と独立系で完全に勝ち負けがはっきりとしてきているようですね、独立系の大手消費者金融二社は外資のファンドが狙っているなんて噂もありましたが、やはり高止まりの過払い金の事を考えると早々簡単には手を出す事は出来ないでしょうね、外資系の中小消費者金融はほぼ日本から撤退みたいになっていますしねw
今後は大手銀行系消費者金融二社とレイクを買収した新生系の覇権争いになっていくのではないかなぁと私は思います、独立系の大手消費者金融でも毒チワワはかなり厳しい状況かも知れませんね…
まぁ、何処が生き残り何処が消え去って行こうと私的には一向に構わないのですが、不当に利得した過払い金だけはきちんと全て返還し終えてから逝っていただきたいものですね。
PS毒チワワは何か業績が好転するような好材料が無いとキツイでしょうね。
2008/09/05 03:00
» 辞任された最高裁裁判管
ルパンさん、みなさんこんにちは

昨日の新聞で
最高裁判事の横尾和子さんの辞任が報道されてましたね
この方、社会保険庁長官出身で
年金問題がらみで相当たたかれてましたが
実は2.13日のとんでも判決出された方なんですよ

社会保険庁問題でのバッシングから
辞意をだされたらしいですが
罷免ではないので退職金(?)は満額
いったいいくら社保庁時代も含め
いったい国民の税金からどんだけもってくつもりなのか・・・

しかし、改めて考えると
三権分立のなかの長が官僚出身って
おかしくないですか?
これも一種の天下りなのでしょうか?

私はアコムの代理人の準備書面の意味が良くわからないざる頭なので
理解できませーん(笑)
ayuzou 2008/09/05(Fri)11:28:59 編集
» Re:辞任された最高裁裁判管(編集版)
ayuzouさん、こんにちは。
私もayuzouさんのアコムに対する過払い金返還請求訴訟で、アコムの訴訟代理人が提出してきた準備書面の内容は理解出来ない脳みそですが、6.7最高裁判決を出したという横尾和子最高裁判事が辞任しましたか…
と、新たに次のコメントでayuzouさんから訂正が入りましたが、2.13ではなく6.7の最高裁判決でしたか、危うい間違えでしたね(;^_^A アセアセ
ただし最高裁6.7もまぁ決してその内容の全てが褒められた判決では無いようですので、どちらも辞めて頂くという方向で良いのではと個人的には思います。
しかしでもこの国は官僚や政治家などの有資格者や既得権益保持者に関してはとにかく何かあってもその後の対応が非常に甘いですよね。
私達のような庶民はガソリン代を節約し、電気代を節約し、食費を節約しながら生活しているというのに…
確かにこのような方達は若い頃から努力をして現在の地位を気付いたんだとは思いますが、それと国民が血を流して支払った税金を自分達の利権に関わる事などに使用するのは話が別次元の問題ですよね、2.13最高裁判決での過払い金に掛かる利息が民事か商事か、これは別に民事利息であるとの判断は間違ってはいないとは多少なりには思いますが、過払い金請求の勢いを少しでも止めるような判決を出した事には間違いないと思えますね。
社会保険庁長官だったという事は現在の年金問題にも多少なりとも責任の一端名をを有しているはずですからもっと自身の責任についても少しは考えて貰いたいと一国民としては強く感じてしまいますね。
政治の問題はあまり書きたくないですし、私も頭の出来があまり良い方では無いので難しい事はまるで分かりませんw
まぁ、目の前の箱で調べればいくらでも情報を手に入れる事は出来るんですけどね、仕事を含め色々と忙しいのでしばらくはパスですw(←これが致命的でしたね)
少しでも一般庶民に優しい政治が行われるようになると良いんですけどね、中々難しいかも知れませんね…ayuzouさん解散総選挙になったら立候補しますか(笑)?
2008/09/05 23:39
» 訂正です
ルパンさんこんにちは

すみません
私の書き込みで
横尾和子氏が2.13判決の際の裁判官という部分ですが
正しくは2.13に続く19.6.7判決の間違いです
私の恨み帳の記入ミスでした

深くお詫び申し上げます

コメントの編集は可能ですが
ルパンさんのコメントもありますので
訂正文として再コメントいたします

この方が社保庁の長官だったとき
年金横領事件がおき
職員へのお咎めがながったんすよね

おとといの産経で批判があったと思ったら
昨日辞意表明でした

ちなみに2.13判決は
那須弘平氏で
今度の解散総選挙で任命後初の国民審査となるはずです
みんなで×をつけちゃくちゃ

現行最高裁裁判官の主な裁判関与はこちらで確認できます
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/index.html

取り戻した過払い金を元手に立候補!
なんて結構話題性あるかもしれませんね(笑)

政治家は立候補ではなく
裁判員制度のように
ある日突然指名され任期は1年とうかんじで
国民全員参加となれば
無関心でも居られないし
利権にとらわれることもなくなるのでは?
と結構無茶苦茶なこと考えてます

ayuzou 2008/09/05(Fri)14:56:42 編集
» Re:訂正です
ayuzouさん、こんばんは。
そうでしたね、横尾和子氏は2007.06.07最高裁判決の時の裁判官でしたね、でもこの人確かに微妙ですね…ちなみにその時の裁判長裁判官は甲斐中辰夫氏ですね。
そして2007.02.13の最高裁判決を出した時の裁判官は
裁判長裁判官 那須弘平(在任) 裁判官 上田豊三(退官) 裁判官 藤田宙靖(在任) 裁判官 堀籠幸男(在任) 裁判官 田原睦夫(在任)
です、解散総選挙の際の為に参考にでもして下さいw
しかし国民の支払った年金や税金を横領してもお咎め無しとは、ある一部の国家公務員というのは本当に良い身分ですよね…
公務員の中には本当に真剣になって国民や行政の為に働いている方も大勢いるんでしょうが、ある一部の特定の人の起こす大きな問題のせいでそのとばっちりを受けていい迷惑になっているんでしょうね、それも何だか可哀想な話ですよね。
2008/09/06 18:20
» 差押えの件
こんばんは!例の差押えの件あっさり終了、入金確認しました。

債権差押命令はいわば判決ですから抵抗も何もなく、振込先の連絡のみでした。
差押命令送達で債権があるかないかの陳述書が業者より送られてくるのですが、債権あり、支払う意志あり、そして金額は過払い元金のみが書いてありました。電話で「当然悪意の受益者で利息があるはず、それも命令に明記してある」と話したところ、あっさり認め差押え金額全額回収できました。

過払い金差押えは先日コメントした以外の場合でも「埋蔵金」発掘することで相手も助かります。もっとも身内に裁判しなきゃならないようなこともありますが…

次は履歴無しの債権差押やってサンプル数増やしてみます。私のような個人でできた実績あれば本職の弁護士にできないはずはないのだから

それではまた
nanaiti 2008/09/08(Mon)00:26:54 編集
» Re:差押えの件
nanaitiさん、こんにちは。
おお!例の差押さえの件あっさりと終了、金融業者も債権差押命令であっさりと白旗ですか、ただ業者によってはもう少し抵抗してくるケースがあるかも知れませんね。
それでも最初は過払い金元金のみの返済などとという戯言を抜かしていましたか、その後電話で一喝、悪意の受益者に対する利息分も全額回収ですか、これはテストケースとしては上々の滑り出しですし今後の展開にも期待できますね。
本当におめでとうございます。
「埋蔵金の発掘」により助かる会社、そして人、これは本当に有意義な視点に立った行動かも知れませんね、確かに身内というか直接的な債務者の協力が必要な部分もある事にはありますが、履歴無しでいけるならもう何も問題は無くなりますね、nanaitiさん凄いです個人でこれを行動に起こしやってのけているんですから、尊敬しますよ!
本職の弁護士も無論これ行えるでしょから今後の過払い金請求の流れに1つ大きな波を起こす事だと思います。
ご報告ありがとうございました、感謝感謝です。
2008/09/08 11:54
» nanaitiさんへ
こんにちはルパンさん。
はじめまして、nanaitiさん。

nanaitiさんにお伺いしたいのですが
過払い債権は条件付債権にならなかったのでしょうか?
転付命令等でなかったですか?

不躾な質問で申し訳ありません。
実は、私が手伝っている友人が某社に強制執行中なのですが、普通の強制執行では、埒があきません。
そこで、某社が現在貸し出している貸金に執行しようと思っているのですが、どうも、条件付き債権になるみたいです。(出来るのなら既に弁護士がやってますよね。)
何か裏ワザみたいなやり方があるのでしょうか?
塞翁 URL 2008/09/08(Mon)04:29:15 編集
» Re:nanaitiさんへ
塞翁さん、こんにちは、ルパンです。
前半と最後の疑問に関しては私はnanaitiさんではないので詳しい回答は出来ませんが、転付命令ですと問題無いのではとも思われるんですがどうなんでしょうかね?
>差押命令申立時に、債権者(申立人)が転付命令をつけることにより、差押時点で差押債権に競合が無い限り、債権者へそのまま差押債権が移転されてしまうことです。
通常の差押では、複数の債権者からの差押が入った場合、差押の競合といって、特定の債権者が一方的に取立てすることは不可能ですが、転付命令であれば、差押時に競合がなければ、後から差押が入ったとしても、取立てをすることが出来るわけです。
という事ですから、これはnanaitiさんケースのような知り合い同士での債権のやり取りである場合は特に問題はなさそうですよね。
ただ、貸金債権に対する強制執行、これも自身の知り合いの貸金債権であるならば条件が付いても問題はクリア出来そうですが、単なる貸金債権に対する執行は中々難しいものになる事が容易に予想されますよね。
ですから、私の予想では塞翁さんの行おうとしているケースとnanaitiさんの行ったケースでは少し毛色が違ってくるのかなぁなんて感じてしまいました。
私の感じた事はこれくらいですので、後はnanaitiさんから解説頂けるのを待ちたいと思います。
nanaitiさん、非公開コメントでも構わないので出来れば塞翁さんのコメントにアドバイスできる部分がありましたらぜひお願いいたします。
そのコメントから公開できる部分を抽出して私がコメントとしてnanaitiさんのお名前でうpさせて頂ければと思っています。
でもデリケートな問題でもあると思いますのでアドバイスの有無に関してはnanaitiさんにお任せ致しますね。
私、まったく塞翁さんのお力になれずにすいません。
2008/09/08 12:12
» 塞翁様、ルパン様へ
塞翁様へ
>某社に強制執行中なのですが、普通の強制執行では、埒があきません。
そこで、某社が現在貸し出している貸金に執行しようと思っているのですが

某社に強制執行で某社が貸し出しているということは返還請求で債務名義獲得し第三債務者に貸し出している貸金を指名したと解することになりますがそういうことでしょうか?そのへんの事実関係が今いち読み取れません。ごめんなさい

誤解があるといけないのでルパンさんに非公開にしてもらったコメントを説明すると、私は自営業であり法人Aから工事を請け負いその代金が未払いであったため請負代金請求訴訟をし債務名義を獲得した。そしてAに対して貸付していた事業者ローン業者Bに対してAは不当利得返還請求権(過払債権)及びその利息債権(悪意の受益者として年五分の利息)を有していたため、Bを第三債務者として過払い債権を取り立てた、ということです。

大変申し訳ないのですが塞翁様のご質問の意図がつかめてないのでコメントが出来ません。なんとなく私の非公開コメント無しで判断されたことによる勘違いではないかと思われますが・・・どうなのでしょうか?もう少し具体的に話し合わないといけないかもしれませんね。

話は変わりますがブログ見ました。1300万?ぶっ飛びました。よく耐え切れましたね。私は700万でしたのでほぼ倍、すごすぎます。

ルパンさんへ

久しぶりに自身のブログアップしました。コメント欄覗いてみてください。本文より有意義ですよ。もともと差押さえ自体は自治体に出来るのだから理論上は可能だと思っていましたが「その方」から助言貰い具体的になっていきました。「その方」が本職であるか私のような個人であるかは伏せますが私やルパンさんより後発であることは間違いない人です。債権なら差押さえできる、あるかないか分からなくても差押命令は出る(口座なんかそうですよね)という助言えて着手しました。その結果が今回の取立てにつながってます。

なおあるかないか分からないけど差押命令無視するなら取立て訴訟が出来ます。返還請求において取引履歴が出てこない場合文提で開示させることが出来ますがそれと同じことが出来ます。

問題は私のような一般市民が「なめられず」に出来るかどうかです。もっとも業者が私を恐れることがあっても裁判所の命令を無視できるかという問題ですが・・・個人で出来れば当然弁護士には出来るでしょう。しかし債権として認識してるかどうかが問われます。弁護士のメーリングリストにも上がってないらしいですし、先月無料相談行った時にそこの弁護士にはなしふったら「はとが豆鉄砲」みたいな顔してましたから。

とにかく次に出来上がる?債務名義の差押に成功できたらもっと自慢?しにきます。これによって助かる人がいる以上自身おブログの訪問者なんて数知れてますので、心苦しいのですがルパンさんのブログを活用させていただきます



nanaiti URL 2008/09/08(Mon)23:49:47 編集
» ルパンさんへ
こんにちは、ルパンさん。

実は、私のブログに打倒さんと言う方が
コメントを残してくれていました。

nanaitiさんと同じ様な案件で取り立てた経験がある方のようです。

その打倒さんが言うには打倒さんやnanaitiさんの案件と違い、私の友人の場合の取り立ては、「出来るが、幾つかの難題があり簡単では無い」と言うものでした。
出来ない事は無いと言う事でしたので、友人には伝えました。
ですが本人は、「弁護士に相談するから・・」
競泳の北島選手じゃないが何も言えませんでした。

私は打倒さんの言われた言葉に感銘しました。
「自分で理解して1つ1つ問題を解決していかなければならない」と。
ルパンさん、これは人生でも同じですよね。


私の友人の案件がどういった解決になるか解りませんが、打倒さんやnanaitiさんやルパンさんの精神を友人には伝えておこうと思います。

私は過払いを通じて素晴らしい方々と知り合えたことを本当に嬉しく素晴らしいことだと思うと同時に
自分が成長(35歳ですが)している事を実感しています。

ルパンさん、色々お騒がせしてすみませんでした。
また、お邪魔しに来ます。

塞翁 URL 2008/09/13(Sat)06:24:16 編集
» Re:ルパンさんへ
塞翁さん、こんばんは。
打倒さんがコメントを下さいましたか、打倒さんは本当に真面目な方ですし過払い金に対する取り組み方なども素晴らしい方だと思いますよ。
それは私のこの過払いブログに打倒さんが書かれているコメントや紹介させて頂いている訴状等からも分かるとは思います。
打倒さんに限った話ではないですが、私のブログを訪れてくれる方々は、塞翁さんももちろんそうですし、本当に過払い金の問題を真摯に受け止めて真面目に考え、同じ思いを共有している周りの人に対しても暖かくも厳しいアドバイスをしてくれる事が出来る本当に素晴らしい人ばかりだと私は感じています。
まぁ、私達の多くは過去に多額の借金という行為を行ってきてしまった者であると思いますが、それでも金融業者の不当な利得である過払い金というものの存在に気付き必死になって努力をして自分の払い過ぎた大事なお金である過払い金というそれを取り返すために闘いましたよね、私は過払い金というお金、これお金自体を取り返す事はもちろんですがその過程というのも自分自身のこれからの人生においては本当にためになる行為だと思っています、これは塞翁さんも感じていると思いますけど…
打倒さんがアドバイスして下さった塞翁さんの友人の案件、経験者の打倒さんが言うのですからおそらく難題はありますが出来ない事は無いのでしょう、過払い金請求の多くは法律上の請求の要因を満たしていればどんな困難な案件でもチャレンジする事は出来るでしょう、でも私は決して塞翁さんの友人さんのように過払い金請求を専門家に依頼をされる事を否定はしません、これは個々の考え方の相違でもありますからね。
ただ、塞翁さんのように多くの過払い金請求の経験や知識、それに新しい試みへのチャレンジ精神を持った方が友達として応援してくれているのに…という部分には少々残念な印象はありますが、これもまた仕方の無い事なのでしょう。
「過払い金請求は簡単だ」
確かにそうである部分もありますし、そうでない部分もありますよね…
打倒さんの言葉、「自分で理解して1つ1つ問題を解決していかなければならない」
確かに人生においても同じだと思います。
私の精神は別に伝えないでいいので、打倒さんやnanaitiさん、そして塞翁さんの過払い金請求とこれからの人生における思いを、ぜひとも塞翁さんのご友人には伝えてあげて下さい、専門家依頼で過払い金請求を行っても私は構わないと思いますが、それが今までのお金との付き合い方を見直す事の出来るきっかけになれば良いなぁと私は思います。
長文、失礼しました…
私も塞翁さんより少しだけオッサンですが、ここで多くの素晴らしい方と知り合い意見を交換し、少し成長したかなぁと感じていますよ。
最後に塞翁さんいつもブログ読んでいますよ、私のブログも紹介して下さいましてありがとうございます、そしてこの場を借りてnanaitiさんに打倒さん、私のブログから発生した塞翁さんの疑問へのアドバイスを行って頂きましてありがとうございました。
2008/09/15 02:22
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]