忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い金返還一斉提訴 消費者金融会社などへ 鹿児島と宮崎の債務者 計4700万円求め

利息制限法の規定を上回る金利を支払わされたとして、鹿児島、宮崎両県の債務者32人が5日、消費者金融会社「太平洋信販」(宮崎市)とそのグループ会社2社を相手に、過払い金と慰謝料計約4700万円の支払いを求める訴えを、鹿児島地裁川内支部などに起こした。

訴えによると、3社は利息制限法の規定(年15‐20%)を超える73%‐55%の金利で貸し付け、原告1人当たり最大約450万円の過払いをさせた、としている。3社が取引履歴の開示を拒否している、1995年末以前の債務に関しては「債務整理を困難にさせた」として、1人当たり最大50万円の慰謝料を請求するとともに全履歴の開示を求めている。

原告側代理人の宮田尚典弁護士は提訴後に会見し「会社内部で組織的に取引履歴を隠しているとしか思えない。債務者で過払いの心当たりがある人はぜひ専門家に相談してほしい」と訴えた。

太平洋信販は「訴状の内容を確認していないので、コメントできない」と話した。(西日本新聞引用)

あのぉ…普通にびびりました(・_・;)

これって過払いとか慰謝料とかって話じゃないんじゃないですかね…
記事の金利の部分が何かの間違いで無ければ、これは一体いつの時代からの契約なんですかね?
普通に俺の知る限りの出資法の上限金利を軽くブッちぎっているんですが…( ゚д゚)!!!

55%はまだ分かるんですが、73%って昔は合法だったんですかね?だとしたら恐ろしい数字ですね(・_・;)
(自己解決しました、1983.11.1~1986.11.1までは73%合法でした、まったく恐ろしい数字です…

しかも取引履歴の開示に応じないって、そりゃこれ普通に長期間継続契約していたりしたら、とてつもない金額の過払い金になりそうですねよね、ここまでエグイ金利だと業者が履歴を隠したくなる気持ちも分からなくはないですが、過払い金は法的に認められた不当利得金ですから、ちゃんと請求者の返還に応じなければいけませんね、(´д`;) アア、シカシ、コワイデスネェ73%ッテ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» アエルに断罪(東京簡裁判決より)
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

自分の場合アエルは取引履歴を素直に開示してくれたけど、弁護士からも「手強いよ」って言われていたし、ご貴殿も相当の苦労をしたことを紹介されています。

そうした中、つい先週(平成19年10月31日)アエルに対する明確な判決がでました。
この案件は、平成17年3月11日以降数度に渡って全取引履歴の開示を請求していたのですが、全部が開示されたのは1年半以上もたった平成18年9月21日だったと言うのです。(ココまでヒドいのは呆れますねぇ)
このため元借主は不開示は不法行為であり、そのために不当利得返還請求を困難にさせたとして慰謝料20万円、不法行為のため提訴を余儀なくされたとして弁護士費用(司法書士費用かも)を含めて提訴していました。

しかしアエルは履歴の「出し渋り」で時間稼ぎをしながらも、なお取引の分断(完済)が有るからとして平成9年6月以前(提訴が今年6月のため)は、過払い金の存在こそ認めたものの、消滅時効の援用を主張しつつ、不開示に対する慰謝料については「最終的には全部の履歴を開示しており、原告になんら損害を与えていない」というビックリの主張を展開。

ご貴殿ブログの「主要消費者金融の対応」にあるアエルの項目は、ご自身の経験もあってかかなりボロクソに書かれておりますが、自分の場合、比較的スムーズに解決(元金の8割ながらも提訴前に解決)したことから特別に悪い印象はありません。

しかしご貴殿ブログでの書き方が「甘い」のではないかと思われるほどの対応が実はあるのですねぇ。
すこしばかり評価する点があるとすれば履歴を廃棄したとする主張をするところの多くが「実は隠し持っている」というような対応に終始するのと比べ、一応は全履歴を最終的には開示していることくらいでしょうか。

しかし当然のことながらアエルの主張が認められるほどの評価には値しないですよね。

最近の判例に従い「同じ会員番号で、期間的に接着しながら反復継続して行われていたものであることから、一連の連続した取引であると推認することができる」としてアエルの消滅時効の援用を退け過払い金の全額と利息を認め、1年半以上に及ぶ履歴の不開示(当初は現在残高のみの表示、続いて小出し)は「最高裁平成17年7月19日判決」からもアエルの全取引履歴の不開示行為、及び履歴の改竄と思われる行為は違法性を有するとして慰謝料20万円を認め、更には不法行為により提訴を余儀なくされたとして弁護士費用10万円を認めています。

裁判でどのようなことを主張するのも自由ですし、それを判断するのは判事だけです。もちろんアエルだって控訴する権利はあるワケですが、このネット時代に「恥さらし判決」が下されれば、あっという間に周知されてしまいます。上級審ならその影響は計り知れないでしょう。

願わくば本件に関してもアエルは判決を受入れ、早急に過払い金を返還すると共に、真摯に反省して少しはおとなしくなることが期待されます。
ヤマト 2007/11/08(Thu)12:11:04 編集
» Re:アエルに断罪(東京簡裁判決より)
ヤマトさん、こんにちは。
アエルですか…アエルの法務ってやっぱりアホだったんですね。
まぁ、きっとアエルの法務課の中の人も好きでそんなアホみたいな主張を訴訟上でしている訳ではなくアエルの企業としての方針だとは思うのですが、やはりアエルは企業としての正常なコンプライアンスというものが欠落していますね。
なんせ地裁案件の二回目以降であっても、まともに出廷すらしてきませんからね、そんな事でまともな主張をしようと言う事すらおこがましいんではと私なんかは思ってしまいます。
更生会社の取れたアエルが今後どのような道を辿る事になるのかは私には分かりませんが、ヤマトさんの言われるような判決が簡裁でとは言っても下された以上は今後は過払い金返還に対してまともな対応の出来る企業になって貰いたいですね。
2007/11/08 16:23
» まだあるアエルのアホ主張。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

アエルが法廷でどんな主張をしようと知ることが出来るのは当事者、及び裁判は公開ですから傍聴者、さらにはネットなどでの公開を通じてのみでしょう。下級審ではおそらく報道というものがありません。また不当利得返還請求では借主の方とて浅慮な借入で招いた結果とも反省が必要でしょう。

しかしビックリするのが「改正貸金業法」に反対するアエルの声明。一部はHPでも参照ができますが、実際に配布されているパンフレットにはもっと驚くことが書かれています。

(以下、アエル発行パンフレットより引用)
見出しには
「改正貸金業法規制法は、現在利用中のお客様そして潜在の利用者にも極めて大きくマイナスに働きます。また将来融資が必要となる人びとを締め出すことになります。」
「借入総量規制は、本人の返済能力判断と自由意志を無視して資金調達限度を年収の1/3に法律で規制するものです。これは憲法で定められた(13条「個人の尊重」)生命・自由・幸福追求の権利の侵害にあたります。

(以下・ヤマト)
憲法云々言うなら「違憲立法審査」でも申し立てればいいのにって思いますよ。
パンフレットの中には「今回の改正貸金業法は1920年にアメリカで施行された禁酒法以上の悪法」だとか、「私たちは法律の下の規制を正しく守って営業してきました」だとか書かれています。だったら何故不当利得返還請求が行われるのですか?って聞いて見なければなりませんよね。

パンフレットの最後には「どうすればあなたと、ご家族と、お友達を手助けできるのか、私たちにどうぞお知らせ下さい」と書いています。

簡単なことです。アエルは素直に不当利得を返還し、我々は過払い請求を広める努力をすればいいのです。

ただ、一番頭に来たのが以下の声明部分
(アエルパンフレットより引用)
育英会奨学金は、高い向上心の優秀な学生のために金利3%で融資する制度ですが、2004年度の要返還債権(=未払い)がなんと13.5%にも上がるそうです。
金利が低ければ延滞や貸倒れがゼロになる訳ではないのです。

(以下ヤマト)
なんという暴論でしょう。
第一に本当意味での貸倒が何%かは知る故も有りませんが、内容が間違いだらけです。
まず育英会という表記、旧日本育英会を指しているつもりでしょうが現在は改組され独立行政法人日本学生支援機構となっています。
3%で貸し付けているという表記もおかしく、実際には上限が3%で、2004年当時であれば有利子の第2種奨学金でも1%未満(変動)~1%程度(固定)です。
また融資の性格上、高校から大学、大学から大学院と進学する場合返済が猶予になりますし、そのほかにも災害猶予や疾病猶予、失業猶予(家族なども含む)なども認められています。
また特別免除制度(無利子の第1種のみ)というのもあり、公的な職業(教育や研究など)に従事する場合(全額免除)や、在学中の特に優れた業績(学業以外にスポーツ・ボランティア活動などでも可。全部または一部)
もちろん1種でも2種でも死亡・障害では全額が免除されます。

そうした免除・猶予を含めての税金投入額が貸し出し総額の10%程度(つまり赤字)ですから、これらは間違いなく「国民負担」です。
しかし奨学金とて債務ですから返済の義務はあります。国とて財源が無限でない以上、延滞にはキチンとした処置が取られます。
以前は延滞の場合6ヶ月ごとに返還すべき金額(元金ではない)に対し5%の延滞金(金利とは書いてない)が必要でした。今では年10%の計算で返還期日の翌日から支払日までの延滞金が必要です。

それでも返還が行われない場合は一般の債務同様に支払督促予告→支払督促申立→仮執行手続付支払督促申立→強制執行と手続きは進みます。
まぁ「貸金業者」の支払督促予告の文書とは違い「ななたが奨学金を受けていた頃を思い出してください」で始まり「あなたが滞りなく奨学金の貸与を受けられたのは、あなたの先輩であるお兄さんお姉さんの順調な返還があったからです。どうかあなたの後輩である弟や妹たちにために法的手続きの前に一日も早い返還をお願いします。」と書かれています。

実際に強制執行や給与差し押さえまで行く事例はアエルの言うように13.5%もあるとは思えません。もちろん自分のように高利の借金をしたために返還が後回しになったという反省はありますが、パンフレットだけを読んで勘違いする人たちが出ないことを祈ります。
ヤマト 2007/11/08(Thu)21:49:43 編集
» Re:まだあるアエルのアホ主張。
ヤマトさん、おはようございます。
アエルの主張ですか、私もアエルのHP上に記載されている物は目を通しましたが、あれはアエルの企業利益を正当化するためだけの自分勝手な主張以外の何物でもないですね。
仮に改正貸金業規制法が施行される事によってアエルがお金を必要としている人にお金を貸す事が出来ない状態になってしまうんであれば、アエルが貸金業の看板を下ろせば良いだけの話です、結局貸し金業も自由競争ですから他の企業がアエルの代わりをするだけの話です。
それに総量規制に関しては私としては無担保融資などは年収の3分の1でも負担は大きいと思います、これは私の個人的な見解なので人それぞれに様々な意件はあると思いますが、現在の格差社会と言われている中では、普通の人間が普通に生きていく以上は住宅にしろ自動車にしろ何らかの借金をする事は多いと思います、ただ生活費や遊行費などを借金で行なうという事自体が本来間違った選択であると私は知りました、これも個人的見解ですがこれは間違ってはいないと思っています。
奨学金のデータに関する事は正直、私は分かりませんでしたがヤマトさんの言われるような事実が存在するなら、アエルの引用している物に関してはアエルが自己の主張に都合が良いので使用したに過ぎないと思いますし、また消費者金融での借入と奨学金の借入は、その性質がまったく違うものであるとも思います。
私の最終的な結論としては、アエルが日本の法改正によって日本国内で貸金業を営む事が困難になるのであれば撤退すれば良いだけだと思います。
改正され上限金利は引下げられるとはいえ年20%(貸付金額によりますが)という金利が認められている以上は、そこに利益を求められると判断した企業が進出するでしょう、それだけの話だと思います。
確かにアエルがどのような場でどのような主張をしようと自由ですが、その主張が法的根拠に基づいていないのであれば、まったくの私利私欲のための主張以外の何物でもないと思います。
しかし、ヤマトさんは色々な事にお詳しいですね、ヤマトさんのコメントはいつも勉強になります。
2007/11/09 08:38
» ルパンさん、助けてください。
アエル㈱と平成4年12月28日に契約し、平成17年12月2日
まで返済を続けました。但し平成8年1月30日から平成13年2月28日まで
1856日間取引にブランクがあります。出資法で計算すると残債権額は499433
円ですが、利息制限法に基づき再計算すると144877円の過払い金が発生します。
業者は、取引履歴にブランクがあることを理由に返還には応じられない旨を主張
し残債権額0円で和解を迫られておりますが、訴訟等を提訴した場合、過払い金
の返還は可能なのでしょうか。教えて下さい。
尚、カードの番号等は前の時と一緒です。
ごんべい 2007/11/09(Fri)18:44:00 編集
» Re:ルパンさん、助けてください。
ごんべえさん、はじめまして、こんばんは。
アエル相手の分断案件ですね、分断期間は約5年になりますが、これは解約後に再契約なのでしょうか?それともただの完済後の中断期間なのでしょうか?
後者であるなら通常の一連の契約である事を主張するのはそれ程困難な事では無いと思いますが、前者の場合はそれなりの根拠を持った主張を展開していかないと難しい事になってしまうと思います。
それでもどちらのケースであっても一連の取引であると認められた裁判例じゃ存在していますので、ごんべいさんとしては一連の主張を持って訴訟に臨むべきであるとは思います。
ただし、最終的にこれを判断するのはその案件を裁く判事によってしまうので、ここでどちらが正しくて間違っていると言う判断は出来ません。
アエルの主張はあくまでアエルの主張でありますから、どんな主張をしようと自由ですが、それが正しいと言う訳では無いので認める必要もありません。
1つ疑問に思うのは、仮に平成13年2月28日からの履歴を引き直し計算したとして残債権額の499433 円は残高0にまで圧縮されるんですかね?
もし残高0まで減らないのであれば、アエルは現段階では平成13年2月28日以前の過払い金についても認めていると言う事にもなりますよね。
ここは、あとはごんべえさんの判断になってしまいますが、144877円の過払い金を求めて争うか、残高0で争わずに和解の道を選ぶかの選択になってきます。
正直なところ約5年の分断が存在する案件の場合、どちらが勝訴するかは予想出来ません。
まずは平成13年2月28日以降の引き直し計算を行なってみて、その差額がどれ位あるのか確かめてみると良いと思います。
もし、それでも争うという決定を自分がしたならば、また色々とアドバイスは出来るかなと思います。
具体的な事が言えなくて、すいません。
2007/11/09 20:40
» こんばんわ
ルパンさん、今日アコム入金ありました。お陰さんで借金10年生活から今日で解放されました。
でも武富士の過払いが残ってるからまだまだ気が抜けないですね。早速、取引履歴を取り寄せようとしましたが郵送は無理なんですかね?しかも平日限定みたいだし。
早く、今年中に提訴して第一回目までぐらいは行きたい所です。
借金10年 2007/11/13(Tue)18:59:46 編集
» Re:こんばんわ
借金10年さん、こんばんは。
アコムから過払い金の入金があったんですね、おめでとうございます。
借金10年というハンネも卒業ですねw
残る相手は武富士ですか、武富士、最近は過払い金返還の対応が悪いとの噂も多いですから油断出来ませんね。
武富士は郵送での開示請求はダメでしたね、私自分のでは無いのですが知り合いの開示請求書作って送るのを手伝った事があるのですが、取引履歴開示請求文書と本人確認書類のコピーを2回送って2回とも「お電話もしくは店頭でお願いします。」という糞レターを送られて来ました。
もうすぐ年越しですから、年内に出来るだけの事はしておきたいですよね、でも焦らないで頑張って下さいね、そして来年は良い年になるといいですよね。

2007/11/13 19:58
» なるほど
武富士、対応悪いのですね。今までのようにすんなり返還されるのかな~最後の過払い金はすべて残るのでまた早く入金かな~などと妄想していましたが…武富士に今度は悩まされそうですね
でも今回は借金も0だし、焦らず、気持ちを楽にして判決上等で頑張ろうと思います。
それと遅れましたが、ルパンさんのブログでいろんな人の過払い奮闘やルパンさんのアドバイスなどで気持ちを落ち着かせることができ、尚且つ、自分に自信がつきました。すごく感謝しています。自分の回りにはサラ金で苦しんでる友人は今のところいませんが、もしいるなら助けてあげたいと思います。このブログで助けられたように。本当にありがとうございました。
また武富士の事で進展ありましたらカキコします。
借金10年 2007/11/13(Tue)21:03:16 編集
» Re:なるほど
借金10年さん、たびたび、こんばんは。
武富士、あまり評判は良くないですねぇ、私が武富士に過払い金請求をした時はそこまでの悪印象は受けなかったのですが、ここのところのコメントなどを読むと・・・ですね。
武富士、最近は通常なら分断無しと思われる増枠での再契約などを「別契約だから個別の取引だ!」みたいな唖然としてしまうような主張を真顔で繰り出してくるらしいですよ、怖いですねw
まぁ、通常の案件なら判決上等のつもりで挑めば問題は無いと思いますけどね。
それと常連さんのコメントはともかく、私は借金10年さんを始め何人かの人のやる気に少しだけ火を点けただけだと思っています、みんな同じ気持ちで繋がった仲間のようなものだと私は思っていますし、感謝など無用ですよ。
借金10年さんが感じたその思いは、今後後に続く人達に伝えていってあげられると良いですね。
私は借金10年さんを始め多くの方が喜びの報告をしてくれる、その嬉しそうなコメントを聞ける事が非常に嬉しくて堪りません。
借金10年の過払い請求も大詰めですね、最後まで頑張って納得の行く結果を勝ち取って下さいね、最後まで応援させて貰いますね。
2007/11/13 22:43
» 武富士の件
ルパンさん、こんばんわ。
今日、武富士に取引履歴請求を電話しました。そしたら最初に支店に取りに来てほしいと言われましたが、一番近い所が田舎なもので二時間くらいかかるんですよ!!仕事も休めないしと私が言うと、拍子抜けしましたが郵送OKでした。
びっくりしました。
でも、近い支店はみんな無人になってしまってるから特別と言ってました。まともな履歴を送ってくれるとよいのですが…
早ければ来週中に提訴できそうです。
1年前に残ありで履歴請求したことあり、その時は怖い声の男性が最後に電話でてうまく言いくるめられた記憶ありましたが、今日はまともな対応でした。武富士なにかあったのでしょうか?
あと、昨日のルパンさんの分断の件でアドバイスありましたが、途中解約なし、延滞なし完済解約なので争点は何もないはずですが、分断で向こうが争おうが私は判決までノンビリ頑張ろうと思います。
あっ、今日、アコムの取り下げしてきたのですが、その時に武富士が最後なので宜しくお願いしますと言ったら武富士は変な噂はここの簡裁では聞きませんよ!対応もいいですよと言ってました。
地域差あるのでしょうか…?
長くなりすいません。
借金10年 2007/11/14(Wed)23:08:58 編集
» Re:武富士の件
借金10年さん、こんばんは。
えぇ!武富士って今は履歴を支店まで取りに来いとかぬかすんですか?
私の時は普通に電話で履歴の開示請求をしたら郵送で送って来ましたよ、期間もそれ程長くは掛からなかったと記憶していますね。
それに訴訟にはなりましたが、私の場合は満5+αで第一回の期日前には和解出来ましたから、私自身には武富士にはそれ程手こずったというイメージは無いんですよね、これも時期的なものや地域差などがあるんでしょうかね?
借金10年さんの取引状況での過払い金請求なら特に大きな心配をせずに闘ってもまず問題は無いと思いますよ。
書記官や判事さんにも心強い言葉を頂いたようですし、対武富士戦の過払い請求、頑張って納得の行く勝利を勝ち取って下さいね。
2007/11/15 00:58
» 武富士について
ルパンさん、こんばんわ。夜遅くすいません。
武富士、早速、履歴到着。しかし、パソが調子悪く引き直しまだしてません…
来週初め辺りに友人宅で訴状作成及び引き直しやります。あーすごい楽しみです。過払いがどんだけあるか。
100万ほぼ一括で完済、10年の付き合い。でも3年前に50万から増枠100万なのでどうかな~
なんか履歴にしてもあまりにもスムーズすぎて怖いです。
ちなみに入金合計の所が-となっていて同じ日付の所でおなじ金額なのですが引き直しの時に入力しなくても大丈夫なのでしょうか?なかなか見にくい履歴ですね…
借金10年(終) 2007/11/16(Fri)23:43:02 編集
» Re:武富士について
借金10年(終)さんw、こんばんは。
私と似たような案件ですね、私の方が少しだけ取引期間が長いかなぁって感じですね、けっこうな金額になりそうですし、引き直し計算が楽しみですねw
ちなみに履歴に+-で同じ金額が同一の日付にある所は無視して大丈夫です、でも結構見づらいので間違いやすいから、後の検算は慎重に行なって下さいね。
(終)マークを頑張って、過払い金で(貯)にしましょうね。
2007/11/17 02:35
» 訴状完成
ルパンさん~
訴状完成しました。
金額はギリギリ簡裁という所でした。地裁まで遠いので内心ホットしてしまいました~
やはり3年前に過払いなったとこで50万増枠してしまいまして、あまり増えませんでした…
まぁ後は真剣に最後の過払い請求訴訟なので気合いで頑張ろうと思います。
今年中に第一回目やっておきたいと思うのですがどうでしょうかね~明日、早速出してその場で決ればよいな~
借金10年(終) 2007/11/20(Tue)00:35:55 編集
» Re:訴状完成
借金10年(終)さん、こんにちは。
いよいよ最後の過払い金返還請求訴訟ですか、それは気合も入りますね!
引き直し計算をしていると気が付く事が多いですが、おそらく金融業者は過払いに気付いているだろうというタイミングで増枠をしている事が多いですよね。
私も自分で引き直し計算を行っていた時に何度も思ったので、これは偶然では無いんでしょうね。
明日、訴状を提出して何とか年内に第一回目の口頭弁論を行ないたい、これはギリギリのタイミングですね、裁判所も場所によっては多少なりこちらの希望を聞いて空いてる時間に弁論日を入れてくれる事もありますので、書記官に相談してみてはいかがですか?
何とか年内に第一回、そして和解成立すると良いですね。
頑張って下さいね。
2007/11/20 12:35
» 今日、提訴
ルパンさん、こんばんわ(^O^)
夕方に時間ギリギリではないですが訴状提出してきました。
来月の中旬になんとか入れてもらい、助かりました。が、書記官さんが自分から進んで和解しようとしないとダメですよと言ってました。ん?と思いましたがこちらから進んでやりますと言っておいた。
でも納得のいく金額でないとやっぱ、和解はできないですよね?
最後の過払いなんで妥協はしたくないな~
アコム、アイフル、自分でやり解決したのだから武富士も自信をもって頑張ろうと思います。
書記官さんの武富士は案外すんなりだと言うのを信じて…
満5+5、印紙代、代表者事項証明代、切手及び支払日が2週間以内なら考えてみてもよいかな~なんて
借金10年(終) 2007/11/20(Tue)21:29:15 編集
» Re:今日、提訴
借金10年(終)さん、こんばんわ。
武富士提訴完了、お疲れ様でした、何とか年内中に第一回目の期日を迎えられる事になって良かったですね。
書記官さんの言う
>自分から進んで和解しようとしないとダメですよ!
これは確かに正論ではあると思います、過払い金請求を早期に解決しようと思うのであればメンドクサくてもこちらからのアクションは必要にはなってきますね、まぁ、だからと言って自分の納得できない条件で和解する必要は1ミリも無いですけどね(笑)
借金10年(終)さんの希望する条件での和解は武富士相手では第一回目までには難しいかも知れませんが(振込みまで2週間というのが1番難しそうですね)やってみなければ分かりませんからね(正直、借金10年(終)さんの和解希望条件、勝訴判決とたぶん1万位しか金額変わらないと思いますし(笑))
今回の武富士が最後の過払い金返還請求訴訟と言う事ですし、気持ちは判決上等!という意気込みで悔いを残さないように、頑張って下さいね。
2007/11/20 22:53
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]