忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
<アエル>民事再生法の適用申請

消費者金融中堅のアエル(旧日立信販、東京都中央区)は24日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。負債総額は231億円。利用者が過去に支払った利息制限法の上限を超える過払い金利の返還請求が増え、金融機関の融資姿勢が厳しくなったことで資金繰りに行きづまった。

費者金融業界では、昨年9月に東証1部上場の中堅、クレディアが民事再生法の適用を申請するなど、貸金業法の施行で淘汰(とうた)が進んでいる。

アエルは03年11月に会社更生法の適用を受け事実上倒産。米投資ファンド、ローンスターの傘下で再建を進め、昨年8月に更生手続きを完了したばかりだった。同社の貸出残高は約1000億円強で、業界10位前後と見られる。(毎日新聞引用)

消費者金融業界は、まさに冬の時代ですね…(・_・;)

過払い金返還請求の波に耐えられず、次に逝く消費者金融は何処か?というような予想では、常に上位ベスト3には挙げられていたであろうと思われる、元更生会社アエル(旧日立信販)が今月の24日に東京地裁に民事再生法の適用申請を行なったようです。

取引履歴の開示や過払い金返還の対応も非常に悪いという噂も多かったアエルですが、クレディに続いて民事再生という世界へお逝きになられてしまったようです…(‐人‐)合掌

それによって、やはり気になるのはアエルに対する過払い金返還請求が今後どうなるのか?
という事に尽きると思いますが、まずはアエルの行なった民事再生法の申請が認められるのか?というところからの問題になってくるとは思いますが、アエルに対する過払い金債権を持っている人にとっては非常に気になるニュースであると思います(´・ω・`)

アエルは記事にもあるように、米投資ファンドのローンスターグループの支援によって事業の再建を行ってきたようですが、親会社のローンスターも本国のサブプライムローン問題などでそれどころでは無かったという感じなのでしょうかね(・_・;)?

アエルは旧日立信販時代からの取引を続けている人なども多く、その契約上の約定金利もかなり高いものであったと思います、その長期間に亘る不当利得金である過払い金という債務金額も膨大である事だと思いますし、個々の過払い金返還請求額も非常に大きな金額になっている人も多いと思います。
まだクレディアの過払い金問題も完全に決着していない状況でアエルもこのような形になってしまいました、アエルに対する過払い金返還請求権は何処まで保全されるのでしょうかね(  -д-)

先行きが心配ですね…(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» アエル民事再生法
こんにちは、逆襲のルパンさん、皆さん
地方に住んでいると、アエルが民事再生法を申請した事を知りませんでした。このブログのおかげでエーと思っていて、裁判日程も決まっているがどうなるのか裁判所に問い合わせました。
しかし、裁判所では民事再生法を申立した事は連絡があったようだが、申立が決定していないのでなんとも言えないと言われ、はっきりするまではわからないと言われました。対応方法を聞くと、民事再生法が決定すると、裁判にも影響する事は必至で、その裁判自体が出来ない可能性もあります。これからはこのアエルのニュースについては注意深くしなくてはと思っています。クレディアと同じで債権債務の確定が必要になるとどう対応するのか勉強しなくてと思います。過払金請求をする人は、消費者金融会社が債権整理されたら大変ですので、自分でも早いアクションを起こして解決されるようにしてください。
Yoshi 2008/03/25(Tue)13:18:46 編集
» Re:アエル民事再生法
Yoshiさん、こんにちは。
アエルの民事再生法適用の申請、私もニュース記事を読んでビックリしてしまいました。
アエルに関しては、確かにいつこうなってもおかしくないような経営状況(新規の貸出しの停止など)であったのだとは思いますが、実際にこうなってしまうと、やはり消費者金融業界はクレディア・アエルの破綻、レイクの売却などからも業界再編を感じさせられずにはいられませんね。
何度かこの過払いブログ上でも書いてはいますが、やっぱり過払い金返還請求はお早めに、という事なのでしょうかね…
Yoshiさんはアエルに対する過払い金返還請求の真っ最中のようですが、今回のアエルの破綻による影響は避けられないと思われます、今後色々と大変な事になるとは思いますが、少しでも多くの過払い金をアエルから取り返す事が出来るようになると良いですね。
お気持ちお察し致します…気を落とさずに頑張って下さいね。
また何か動きが有りましたら、ブログ上で紹介していきたいと思います。
Yoshiさんにおきましても、何か新たな動きがありましたら、ぜひコメントの書き込みをよろしくお願い致します。
2008/03/27 10:01
» アエルあぼ~ん
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

ちょっと2ch風のタイトルにしていますが、現状アエルに過払いを有する人には予断を許さない事態となってしまいました。
新聞各社のニュースサイトも報じているのは日経、毎日のみで、産経、朝日、読売には出ていません。

昨年破綻したクレディアの件も先行きが不透明のようですし、アエルも裁判所の決定次第では「破産」すら有り得ることになります。

クレディアは女性向けというイメージもあって取引がありませんでしたので、ヤマトの過払い請求の佳境にあっても他人事の感じでしたが、アエルとは取引があったので非常に身近に思います。

既にヤマトはアエルからの過払い金は支払われており、今さらの感もありますが今月末や来月末などに「返還」を待つ同士も少なからずおられると思います。
その方たちの心中を察するには「自分は終わっているから」と言うのは忍びないものがあります。

自分がアエルに対して過払い請求をした頃は更生会社という肩書で、いつ破綻してもおかしくない状況であったことや、他社に先駆けて和解案を提示するなどの心証もあって「元金の8割」という相当に譲歩した金額を了承しています。

減額和解という心ならずもの結果であり、約2ヶ月後に「更生会社」の肩書が取れた際には内心「しまった」とも思ったのもホンネです。

満額以外納得しないとして提訴としても、近年の提訴増加傾向による裁判自体の長期化傾向や、何よりもアエルの「粘りと根性(当然悪い意味での引き延ばし作戦)」で嵌った可能性も十分あったワケです。

「難を逃れた」というのは独りよがりの結果に過ぎませんし、現在アエルに対する請求を行っている人には過酷な状況になったことは間違いないことです。

それ以外でも他社に対しての請求を行う際に、クレディアやアエルの破綻が引き合いに出されて、強硬に「減額和解」を迫られる事態になる可能性もあります。
事実、そのような和解案(元金の半分以下)と言うのが提示されたというコメントも見ますし、何よりも破綻の懸念と払い過ぎたお金という両天秤に悩むことになります。

過払い金問題の本質は、今さら強調するまでもなく違法な営業形態であり、貸金業者の破綻は違法行為に対する免罪符になってはならないと感じています。

適法な金利でアエルなどに貸し出す銀行は税務処理上の優遇措置に救われますが、過払い債権についてはなんら救済措置はなく、せめて優先債権として扱われることが裁判所の判断として出されることが待たれます(事実クレディア破綻の弁護団などから出されている意見)
ヤマト 2008/03/25(Tue)18:57:59 編集
» Re:アエルあぼ~ん
ヤマトさん、こんにちは。
アエル、あぼ~んしてしまいましたね…
私もヤマトさんと同じようにアエルに対して過払い金返還請求を行った者として、複雑な心境でこのアエルの民事再生法の適用申請のニュース記事を読みました。
ヤマトさんは和解、私は判決と解決の方法は異なりますが、私達は単に運が良いだけであったのかも知れないなぁ…なんて事も考えさせられてしまいましたね。
もっとも私のアエルに対する過払い金返還請求訴訟はアエルの破綻上等!で最後まで戦ったものであり、訴訟の途中でアエルが破綻してしまったら仕方が無いとまで考えた上でのものでした。
でも、自分がアエルに対して過払い金請求を終える事が出来たからといって、このようなニュースを見ると本当に複雑な気持ちになってきてしまいます…
このブログを訪れて下さっている方の中にも、現在アエルに対して過払い金返還請求を行っていた方やアエルから過払い金の返還予定であった方などもいる事と思いますので、本当にやるせないですね…
不当利得金、これは読んで字の如く、金融業者が私達から法律上の要因無く不当に利得した過払い利息ですよね、これをきちんと全て返すことも無く破綻…
これじゃぁ、やったもん勝ちみたいな状況になってしまいますよね…
私もヤマトさんと同じように
>貸金業者の破綻は違法行為に対する免罪符になってはならないと感じています。
このように考えています。
ですから、今後アエルに関しては出来るだけ多くの情報を提供していきたいと思っています。
前回のアエルの会社更生の際と同様に、東京地裁でぜひ過払い金債権の優先的保全という英断をお願いしたいものですね。
2008/03/27 09:44
» 地裁判決勝訴なり
こんにちは。逆襲のルパンさん。
しばらく、なりを潜めておりましたが、
三和に対し、全面勝訴判決を獲ることができました。4回の口弁ののち、判決です。
強制執行をするための準備をこれから行うところです。強気の一点張りでここまで来ましたので、変わらず自分の本来のお金を取り戻すために猛進します。今回の三和に対する勝訴背景はまた、詳しくお伝えいたします。まずはご報告まで。
サニー 2008/03/26(Wed)20:48:23 編集
» Re:地裁判決勝訴なり
サニーさん、お久しぶりですね、こんにちは。
三和ファイナンスに対する過払い金返還請求訴訟、まずは無事に全面勝訴、おめでとうございます。
長い4回もの口頭弁論、本当にお疲れさまでした。
三和に関しては、勝訴判決後もまだ強制執行という課題が残されてはいますが、払い過ぎた自分のお金である過払い金を取り返すために頑張って下さいね。
訴訟に関する背景はまた今度落ち着きましたら、ぜひコメントして下さいね。
サニーさんの経験が後に続く方達の良い参考書になる事と、私は思っています。
ご報告、ありがとうございました。
2008/03/27 08:56
» アエルのばかぁーん
はじめまして、ルパンさん、皆さん
初めてコメントします
いつも、ブログ見させてもらい、勉強させてもらってました。最近では、皆さんの話にもついていけるようになり、過払い請求も2件終わりました、ルパンさん、皆さん、大変感謝しています、ありがとうございます
初めてで、質問も何なのですが、今回のアエル民事再生ということで、過払い請求して和解している人達は、債権届出書を提出しないと債権が失効するとか・・・・・
提出期限もあるらしいので、出来れば前もって準備しておきたいと思うのですが、債権届出書とは、アエルの方から送られてくるのですか?それとも、自己作成なのですか?
アエルの債務の行方がどうなるか、まだ解らない状況なので、この質問も早とちりなのかもしれないですが、ちょっとした時間の経過が大変な事になりそうで、常に情報に耳を傾けていないといけないような気がして、コメントしました
忙しいところ、すみませんが、よろしければ教えてやってください
ぴんダッシュ 2008/03/27(Thu)01:29:41 編集
» Re:アエルのばかぁーん
びんダッシュさん、はじめまして、こんにちは。
まずは2件の過払い金返還請求が終了という事で、おめでとうございます。
お疲れ様でした。
しかしアエル…やってくれましたね、某巨大掲示板のアエルのスレッドを読んでみても今回の民事再生に関しては前々からかなり計画的に進められてきたのでないかと勘ぐってしまいますね。
アエルの民事再生法の適用が東京地裁に認められた場合、アエルに対して過払い金返還請求を行い勝訴判決を得ている人や訴訟外等における和解などで、アエルに対して過払い金返還請求権という債権を持っている人には本来ならアエルから債権届出書が送られてくるはずなのですが、なんせアエルですから、こちらから債権届出書を送るように求めた方が良いかも知れませんね。
後はアエルの行う債権者説明会などに出席出来るようでしたら、それに出向いてみるのも1つの情報収集になるかも知れませんね。
民事再生が認められることになるとアエルから本来の過払い金債権額には遠く及ばない位の過払い金が返還される可能性は有りますが、民事再生が認めらない場合は破綻という事になると思いますので、そうなるともうどうにもならなくなってしまいますね…
びんダッシュさんも色々と大変だと思いますが、多くの情報を収集して出来るだけの事をしてみて下さいね。
アエルに関してはこのブログでも続報を見つけ次第、随時紹介させて貰いたいと思っています。
気を落とさずに頑張って下さいね。
2008/03/27 08:40
» アエルのばかぁーん
ルパンさん、忙しい中、お返事ありがとうございました。
債権者説明会には行ってみたかったのですが、債権者説明会の、日時の書いた書類が届いていたのが、26日で
日にちは、翌日の27日・・・・・
時間は、午前9時30分・・・・・
場所は、東京・・・・・
行けるわけもなく・・・・・
今日、連絡したところ、説明会の議事録的資料と、債権の必要書類(債権届出書?)を後日送付するとのこと(連絡しないともらえないかも?)
とりあえず、この送付を待ってみようと思います。
アエルが今後どうなるのか、解りませんが債権だけは、失いたくないので、粘っていきます
今後も情報が入り次第、すぐにコメントさせていただきます
ルパンさん、ありがとうございました
そして、これからもお世話になります
ぴんダッシュ 2008/03/27(Thu)19:00:16 編集
» Re:アエルのばかぁーん
びんダッシュさん、こんにちは。
アエルの債権者説明会、ぜひ参加して頂き、その詳細についてなどについて一部でも紹介して頂きたかったところですが、急すぎますよね、26日に書類が届いて27日の午前9時30分から東京で債権者説明会…普通の人はまず無理な時間と日程と場所ですよね…
某巨大掲示板のアエルスレにも書込みがありましたが、今回のアエルの動きの速さはおかしなくらい手際がいいですよね…
24日に東京地裁に民事再生法の適用申請、26日には債権者説明会の案内書類が届き、27日には場所を押さえて債権者説明会…過払い金返還の対応から考えるとアエルとは思えない手際の良さですよね…
上記の内容からは計画的な臭いがプンプンと漂ってきますね、そう考えると今月末に過払い金の返還を引き延ばされたという人にとっては、まるで詐欺に近いような行為にも思えてしまうのですが、それを立証する事は不可能に近いですしね…
やはり外資はやる事がエゲツナイという事なのでしょうか?
びんダッシュさんには後日債権者説明会の議事録的資料が届く予定との事ですが、もし良かったらで構わないので一部分でも良いので公開出来る部分など有りましたら、ぜひ紹介して頂けないかと思っています。
よろしくお願いいたします、アエルの情報は多くの方が欲していると思いますので…
びんダッシュさんはアエルに対しての債権を失わないように粘り強く頑張ってみて下さいね。
そして、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたしますね。
2008/03/28 10:55
» 武富士
本日公園でボール蹴ったりリフティングしたりして汗を流していると一本の電話が鳴り、
武富士の債権管理部からでした。

向こうの引き直し計算した元本の金額が30万位開きがありトータルだと50万位違うので
個人的な交渉にはお客様の場合は応じられないとのこと!
ただ争点はないので調停などでお客様の負担が少ないのでいかがでしょう?
なんて言ってた。

(あほかぁ~~)

大体どうやって計算したら30万も差が出るねん!

ちなみに50万の差というと5%で計算した利息分ときっちり同じです。

50万払いたくないから調整しやがったなぁ!

そっちで計算書送付してくれって言っても『裁判所通してでないとぉ・・・』

って言ってやがった。ま、こんなもんですね。

最後は件数が多くて対応が追いついてないの弁、司、裁判所通した案件でないと掘り下げて対応できないって泣きが入ってました。

一応『こちらはこちらのその書面通りで主張して行きますのでそこにも書いてあるとおり訴訟にかかった費用、交通費まできっちりいかせてもらいます』って電話きりました。

家帰って計算書もっかい確認したら一行間違えてて一万円多く請求してました。

提訴したら裁判所の方でも計算して原告が間違えてないか確認してくれるんですよね?

明日は気分転換に桜見にいこっと!

心を癒して心技体充実して過払い請求がんばりまぅす!



しま 2008/03/28(Fri)21:58:44 編集
» Re:武富士
しまさん、おはようございます。
しまさん、サッカーやってらっしゃるんですね、私も小学生の頃から高校2年まではサッカー漬けの日々を送っていた元サッカー少年でした(もっとも今では見る方専門になってしまっていますがw)
天気の良い日に広い公園などでボールを蹴るのは楽しそうですですね、今度私もやってみようかなぁ
え~と、武富士のお話ですが、しまさんも思われているとおり基本的に武富士の過払い金返還の対応は低姿勢を装いながらも、人を馬鹿にしているのか?というような感じで間違いないと私も思います。
私が武富士に過払い金返還請求を行なった際、提訴前に武富士から一発目に電話で提示された和解金額は返還請求した過払い金の5割でした、まぁ当然「ふざけろ!どこの誰がそんな金額で納得するんだ?そんな金額で和解する気は毛頭無いから提訴しますわwww」と電話を切りましたがけどね。
それに私が武富士に過払い金返還請求を行なった頃はまだそれ程低姿勢でも無かったですよ(まぁこれは担当にもよるのかも知れませんけど)
あくまで基本的には、という前提にはなってしまいますが、武富士に対する過払い金返還請求においては提訴前交渉は単なる時間の無駄でしかないような気がしますね…
>最後は件数が多くて対応が追いついてないの弁、司、裁判所通した案件でないと掘り下げて対応できないって泣きが入ってました。
これも確かに武富士の本音なのかも知れませんが、逆に言えば「うちは今まで多くの契約者から長年に亘って不当な利息を取り続けていたので、その返還対応にはまったく追いつかないし追いつかせる程の人員を割く気も無い、それに出来る事なら返還する金額は少しでも少なくしたいので訴訟でも起こされない限りはまともに返還する気も無い!」というような事を言っている様な気がしますね…というか多分そう言っているんでしょうw
私が過払い金請求を行なった頃の武富士は取引の分断など、特に争点が無い場合は第一回の期日前での満5和解もあったようですが、今では最低でも第二回の口頭弁論前後まで引き延ばしを行う事が多いようですね、糞ですね。
ですからとっとと提訴してしまった方が話は早いと思いますし、糞富士に対する遠慮は当然ながら一切いらないと思います、それに武富士は消費者金融業界ではかなりの大手ですが、あくまでメガバンクの後ろ盾を持たない独立系ですから、先行きに関してもアコムやプロミスなどよりは不安も残る物であるとも考える事も出来ますので、早期解決を目指して頑張って下さいね。

PS今日は花見ですか?良いですねぇ、私も花見にでも行きたいなぁ…
2008/03/30 07:25
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]