忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
事故情報扱い改めず 過払い返還請求で貸金業者

消費者金融利用者の与信審査に利用される個人信用情報機関「全国信用情報センター連合会」(全情連、東京)が、利息制限法の上限金利(年20%)を超えた返済金(過払い金)を返還請求した債権者について、現在も「延滞」「債務整理」などの事故情報として登録していることが25日、分かった。仙台地裁で続いている過払い金返還訴訟で、原告の男性が入手した全情連の信用情報記録開示書で明らかになった。

事故情報登録は、債務者が貸金業者とトラブルになっている印象を与え、与信審査で不利益を被る恐れがあるため、全情連は9月から、過払い金分の事故情報登録をやめる方針を業者に通知していた。

全情連は「業者は新規分は方針通りに登録している。過去分は順次切り替えているが件数が多く、一斉の更新は不可能だ」と説明しているが、原告側は「通知が守られず、今も信用が傷ついている」と批判している。

男性は4月、商工ローン大手との貸借契約で年20%を超える利率により約706万円の過払いが生じた上、「債務整理」と登録されたとして、過払い分の返還と慰謝料などを求めて提訴した。男性側が10月中旬時点の信用情報記録を確認した結果、依然として「延滞」「債務整理」と登録されたままだった。

全情連は従来、弁護士が介在した過払い金返還請求を、事故情報の一つで返済遅延や自己破産などと同じ区分の「債務整理」と登録していた。

昨年1月の最高裁判決で、利息制限法と出資法の上限(年29.2%)間の「グレーゾーン金利」が事実上無効とされたほか、将来的にグレーゾーン金利をなくす貸金業規制法の改正もあり、過払い金返還請求について「契約見直し」という項目を新設。9月から債務整理と区別する方針を全国33の個人信用情報センターを通じて加盟金融業者に通知していた。

全情連事務局は「各地のセンターや業者に事故情報扱いの更新を申し出てもらえれば対応する。全情連としても今後、更新状況をチェックしたい」と話している。(河北新報引用)

えぇ~(・◇・)!っと言った感じのニュースなのですが、引用させてもらった川北新報?すいません…知らないんですが、記事自体が仙台地裁での過払い金返還請求訴訟の記事なので、宮城県の新聞ですかね?
非常に無知で申し訳ないのですが、このような記事を書いて頂いている事には素直にエールを送りたいと思います(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

それにしても、さすが全情連…消費者金融の力強い味方ですね、言い訳も面白いですね、この時代に一斉の更新は不可能だ、と来ましたかw
しかも業者や各地のセンターが更新を申し出なければ情報を更新・変更しないって言ってるんですかね?これって?全情連ってなんなんですかね?アフォですかね…
絶対に延滞の更新なら2秒でするんでしょうけどね…( `ε´ )

過払い金返還請求において信用情報の事故記載問題は重要な問題だと思いますので、個人情報の重要性をもっと考慮した対応をして貰いたいものですね(`・ω・´)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 参考になるかどうか?
ルパン様、ひろさんこんにちは、お問い合わせの件ですが、参考になるか ・ ・ ・①興信所及び企業調査機関の利用(料金高(-.-;))
②自分の取引銀行へ問い合わせる(一部入金あったのなら振込み元を特定できるはず)③裁判所に財産開示申立を行う(債務者は期日までに裁判所に出頭し宣誓及び債権目録を提出しなければならない)

僕の場合毎月コツコツ振込みしていたんで、特定は楽でしたね、まずは支店から攻めて行きます。

参考になるかどうか判りませんが、又、別の方法が見つかりましたらご報告致します、頑張って下さいね。では失礼します。
玄海 2007/10/28(Sun)05:23:29 編集
» Re:参考になるかどうか?
玄海さん、こんばんは。
いつも情報提供、本当にありがとうございます、感謝です。
いくつかの方法があるんですね、参考になりました。
ひろさんの参考にもなれば非常に嬉しく思います、それではまた宜しくお願い致します。
2007/10/28 17:41
» ちょっとビックリと言うか驚きと言うか
お久しぶりです、ルパンさん。ヤマトです。

特に自分自身の案件について進展が有ったワケではありませんが、第20使徒さんのコメントを見て義憤に駆られ参上しました。

確かに時効の援用に関しての明確な指針(最高裁での判例)が無いことや、こうした訴訟の審理は全て個別のものであるという前提から考えると考えられる判決なのかも知れませんが、明らかに時代に逆行する不当判決と思えます。

時折、ルパンさんや小生など、みなさんから寄せられる消費者の立場に立った「判例」が紹介され、そのことに勇気付けられた方々も少なからずおられると思います。
裁判の判決に口を挟む立場では無いのかもしれませんが、この「不当判決」がサラ金業者を勇気付けるものになってしまうことを危惧します。

一方でサラ金業者(この例はプロミス)の時効援用の主張を明確に否定した判例もあり、紹介したいと思います。
(平成19年3月1日那覇地裁)

この例は昭和58年7月~平成18年4月までの取引ですが、昭和62年2月~平成7年11月までの8年9ヶ月の解約による空白期間があり、会員番号なども異なっているという案件です。

 プロミスは第1取引と第2取引とは会員番号も異なっていること、中断期間が8年9ヶ月もの長期に及んでいることなどから過払い金の計算についても両取引を区分して計算すべきであり、第1取引についての「過払い金返還請求権は時効により消滅している」と主張していました。
 しかし、那覇地方裁判所は、貸金業者に対する貸金債務をいったん完済した後、再び同一の貸金業者から借入れを繰り返す借主が少なくないことは裁判実務上、顕著な事実であり、貸金債務をいったん完済した借主を優良な顧客として新たな貸付を行う貸金業者も多いと考えられるから、本件第1取引が終了した時点においても、将来、再び取引がされることは十分想定されていたということができること、借主は、全体として借入れ総額が減少することを望み、複数の権利関係が発生するような事態が生ずることは望まないのが通常と考えられることなども考慮すると本件第1取引から生じた過払い金は、本件第2取引に係る債務に充当されるのが相当であるとして、プロミスが主張した「消滅時効の抗弁は失当である」としました。
 そして、判決は昭和58年7月28日の取引から計算した過払い金と利息を支払え。

サラ金業者の抵抗は増すばかりですが、本来違法金利を「グレーゾーン」と言い換え不当な利得を収奪していたに過ぎません。

那覇地裁が明確に示したように「借主は債務が減少することを望み」というのは当たり前のことです。
このことはサラ金業者でも認識できると思います。

本来なら裁判に頼らなくとも先年の最高裁判決以降はサラ金業者側から返還されるのが当たり前ですが、逆に抵抗を強めるというおかしなことがまかり通っています。

現状「本人訴訟」で取り返せる例というのは仕事の都合やその他の事情でかなりの困難を伴いますし、弁護士などの専門家に頼るには相応の費用が生じます。

サラ金業者の無為な抵抗を断罪したいくつかの判例を併せてご紹介します。

まずは弁護士費用を認めた判例。
(平成19年7月24日、長崎地裁佐世保支部)

弁護士費用を含む請求に対し、サラ金業者は、多くの過払い金返還請求訴訟が、弁護士に委任せずに提起されており、また、貸金業者側も訴訟提起前の段階から任意に返還に応じるなどしていることは顕著な事実であるから、弁護士費用相当額の賠償は認められるべきでないと主張。

 しかし、長崎地方裁判所佐世保支部は、被告は本件訴訟提起前に原告の本件訴訟代理人を通じて被告に過払い金の返還を求めたにもかかわらず、被告から容易にその返還を受けることができなかったため、本件訴訟を提起せざるを得なかったことが認められるとし、本訴提起により原告に生じた弁護士費用相当額を賠償すべき責任があるというべきであるとして、同社に対して過払い金だけでなく、弁護士費用相当額の請求を認めています。

グレーゾーン金利に対する損害賠償を認めた例。
(平成19年7月31日大阪高裁)

大阪高裁はレイクに対し「過払い金が発生した時点で、それが法律上の原因を欠くことを知っていたと推認するのが相当であるから、約定の利率による元利金の請求は、一部又は全部が無効な部分を含んでいることになり、その意味で架空請求に類似する」とし、レイクの請求は「本来支払い義務のない制限超過部分は、債務者の無知に乗じて請求してこれを収受してきたというべきであるから、社会的に許容される限度を超えた違法なもの」としました。
 また、このような請求を受けたことで、債務者は「全額支払わなければならないと誤信して、その支払いのために他の貸金業から借入れを重ねるなどして、多重債務に陥ったり、経済的に苦しい生活を余儀なくされて精神的苦痛を被ったと認められるところ、このような精神的苦痛は、法定利息を付した過払金返還請求が認められることにより損害が補填される関係に立つものとはいえない」とし、精神的苦痛に対する慰謝料額を認めるのが相当であるとしました。(認められた金額は15万円)

これらの判決は有名な平成19年4月26日札幌高裁でのCFJに対する裁判の判決に於いてグレーゾーン金利の請求を「充当計算の結果元本がなくなるまでは、その一部は存在しない債務に係るものであり、元本がなくなった後は、その全部が存在しない債務に係るものであるから、架空請求として不法行為を構成する」としたものを踏まえた妥当な判決と言えるでしょう。

自分が如何に力説したところで何の力にもならないことは承知の上ですし、判決を覆すことが出来るのは上級審だけです。

他人のブログを利用してで申し訳のないことなのですが後に続く人のためにも、そして第20使徒さんご本人のためにも納得できない判決に屈することなく頑張ってください。
ヤマト 2007/10/28(Sun)09:57:07 編集
» Re:ちょっとビックリと言うか驚きと言うか
ヤマトさん、こんばんは、お久しぶりですね。
第20使徒さんの受けた判決は非常にショッキングな物になってしまいましたね…
確かに現在の過払い金返還請求訴訟での分断や時効の援用に関する判断は、その案件を裁く判事や裁判所の裁量に大きく委ねられてしまうという問題が存在していますね、各地で画期的な判例も出されてはいますが、それが統一されていないという事もあって、まだまだどのような判断を下されるかは結果を見るまで分からない、そんな状況に置かれています。
これでは、何のための過払い金返還なのか?私などは少々疑問に感じてしまいますね。
年金横領などの問題でもそうですが、悪意の不法行為に対して通常の時効を援用というのはどうなのでしょうかね?
やはり強い者(法的強者)が弱い者(法的弱者)から不当な搾取を行なっても仕方の無い事なのでしょうか?
法の不知はこれを許さず、これも確かなのでしょう…
しかし過払い金返還を示した最高裁のその趣旨には法的弱者を救済するためと言う趣旨が存在していたはずだと思います。
何度も書いていますが、過払い金は払いすぎていたお金です、これを返還する事は当然の事であるはずだと私はいつも考えています…
ヤマトさん、いつも多くの情報をありがとうございます。
ご自身の案件もお時間が掛かっているようですが、頑張って下さいね。
皆さんの優しさや言葉の1つ1つが、第20使徒さんやその他の頑張っている方達の勇気になればと思っています。
私もこれからも多くの人達に過払い金請求を通じて何かを伝えられたらいいなぁ、と思っています、それでは、また…
2007/10/28 18:04
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]