忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
追跡やまがた:多重債務者 貸金業者への訴訟相次ぐ 行政以外でも救済策模索 /山形

昨年1月、利息制限法(元本により上限金利15~20%)と出資法(上限金利29・2%)の間の「グレーゾーン金利」を実質無効とする最高裁判決が出されて以降、県内でも貸金業者に払いすぎた金利の返還を求める請求や訴訟が相次いでいる。多くの業者から借金を重ね、無効な金利を返済し続けている多重債務者も多く、行政以外にも弁護士や司法書士ら法律専門家が対策を始め、金融機関も救済策を模索している。

「これで死ななくて済むんですね」。山形市内に事務所を開く弁護士は、同市内の50代の男性がそうつぶやいたことが忘れられない。男性は消費者金融やクレジット会社から借金を重ね、多重債務に陥っていた。少額を借りては、数社からその額以上の借金を繰り返す。そのうち借金の額は膨らみ、とても返済できなくなっていた。しかし、相談を受けた弁護士が返済計画を示すと、男性の表情には少しだが明るさが戻ったという。

県弁護士会は、山形市に事務所を構える有志の弁護士ら約30人が平日の午後に初回相談料無料の多重債務法律相談を開いている。市町村や消費生活センターからの紹介もあり、相談数は8月に始まって以来、平均で月150人に上る。当番制で1日1人が担当するが、実際には非番と合わせて2人で相談に乗らないと間に合わない日が多い。

相談内容の多くは、高金利の融資だ。その中でも、消費者金融に関する相談数は群を抜いているという。相談に訪れた市内の40代の女性は、20年前に30万円を借りて以来、少額の借金を繰り返した結果、計4社からの総額は約500万円にまで膨れ上がった。

消費者金融の多くは、グレーゾーン金利を取っていた。しかし改正貸金業法で3年以内をめどに上限金利が利息制限法に合わせられるようになった。それ以降、金利を下げる業者が増えた。利息制限法の利息を超える部分は過払いとして返還を求める請求、訴訟が相次いでいる。

金融機関も多重債務問題の対策を始めている。東北労働金庫県本部は、多重債務者が借りている貸金業者の金利が利息制限法を超えていないか確認し、過払いがある場合には弁護士や司法書士への相談を融資の条件にしている。初めに過払い部分を整理してから融資をすることで、少しでも借り手の負担を軽くするためだという。審査の結果融資できない場合にも弁護士や司法書士を紹介し、任意整理をはじめとした対策をとるよう助言している。

置賜地区の労金4店舗は06年10月、多重債務の救済活動をする「クレサラネットワーク置賜」を同地区の司法書士と設立した。今年9月に債務整理の無料相談会を開き、3時間のうちに18人の相談を受け付けた。同ネットワークは、地域の高校で保護者を対象とした金融学習会を開くなど、多重債務問題の予防にも力を入れる。(毎日新聞引用)

またもや今日も毎日新聞からの引用になります(・∀・)ノ

最近の毎日新聞は過払い関係の記事を毎日のように何らかの形で発信しているんじゃないかなぁ、と思うような充実っぷりを見せていますね。毎日は本当に金融関係の公告は少ないのでしょうか?こんどぜひ検証してみたいと思います(´▽`)

この記事を俺が読んで思った事…
それは>「これで死ななくて済むんですね」。山形市内に事務所を開く弁護士は、同市内の50代の男性がそうつぶやいたことが忘れられない。
この部分の記事ですね、多重際者の苦しみによって死を考える…俺にもそんな時がありました、まぁおれの場合は借金の返済が辛くてというよりは借金を返済し終えた後の生活に希望を見出す事が出来ない…だから借金を返済し終えたら死んでしまいたい…という事を何度か考えたという事でした(´・ω・`)

でも俺は「過払い」という言葉を知る事が出来、「過払い金請求」を行う事によって生きるための希望のような物を得る事が出来ました、これは現在の全ての多重債務者に当て嵌まる事では無いとは思いますが。死を感がえる前に出来る事は数多く存在している。その事に早く気が付いて欲しいなぁ、と感じてしまいました。

県や自治体。そして国などでも多重債務者を救うための無料相談などを多く行なっています、借金などで死を考えるくらいなら開き直ってで出来る事問いのは過払い金返還請求だけではなく債務整理・特定調停・自己破産民事再生など色々と多くの自分の債務状況に合った選択肢があると思います、まずは弁護しなり自治体なりに相談をする。ここから始まる事って結構多いと思いますので、最後まで諦めずに何とか借金生活から抜け出すために頑張って欲しいと思いました(´・ω・`)

過払い請求特定調停は何も怖い事ではありません、自己破産もそれ相応のペナルティをしばらくの間受ける事にはなりますが、まずは返す事が困難になってしまった多重債務から抜け出すために、まずは行動、そして自分の中から搾り出す、やる気、これによって多くの多重債務の場合は立ち直る事が出来る事が多いと思いますので、まずは専門家や相談機関に相談をする、場合によっては過払い金の存在によって、借金生活から抜け出して貯金生活に変わる事が出来る事もあると思います(`・ω・´)

今の辛い現状に嘆き悲しみ最悪の道を選ぶ前に。出来る事、出来る限りの事を行い、何とか新しい人生を切り開けるように頑張って欲しいなぁ、と感じてしまいました(´・ω・`)

とにかく、借金で死ぬのは(`・ω・´)ダメ、ゼッタイ!

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 災い転じて。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

自分が博識かどうかは別にして、人並みはずれた知識欲があります。知らなければ調べてみようと思う性格ですし、ネット時代というのは正に自分の待ち望んだ時代でも有ると言えます。

このことは志半ばで不本意ながら学校を中退しなければならなかった事と無関係では無いと思います。

また、多重債務に追い討ちをかけた格好の交通事故だって、中々人に話せなかった借金問題をカミングアウトする絶好の機会になりました。

借金で苦しい時は正常な判断が出来なくなります。自分もそうでした。「あのとき人に相談できていれば」多くの多重債務者(類は友を呼ぶ?)から何度も聞いた話です。

悪い方向に悪い方向にと思考が進む中、自殺などを考えてしまう。精神的に追い詰められてしまう。自分も当然のように経験しています。

まぁ借金などで死ぬのはバカバカしいくらいに思っていたので自決の選択肢はありませんでしたが、万が一自分が自殺に見せかけて殺されたら、背後関係を調べるうちに借金を苦にして覚悟の自殺で処理されるなって思ったことは何度もあります。

やはり人に相談できたというのは大きかった。
人といっても会社の同僚や上司じゃなんの解決にもならないことは実体験で実証済みですが、自分の場合、大きかったのが武富士店長。
債権者・債務者という立場ながら、おそらく辞める覚悟はできていたのでしょう。様々なアドバイスをしてくれました。

さすがにヤミ金には手を出していなかったので助かりましたが、そうした人も含めて法律の専門家というのは頼りになります。

人に知られるのが恥ずかしいとも思いますが、専門家は淡々と事務的にそして親切に相談にのってくれます。
ヤマト 2007/11/21(Wed)13:10:02 編集
» Re:災い転じて。
ヤマトさん、こんばんは。
多重債務を経験した者には、やはり人それぞれ辛い思いを何度もした過去というものが存在していますね。
私も今でこそこんなんですし、今までの人生をある程度自分の好きなように生きてきました、まぁこれが借金を作った理由の1つでもあるのですが…
ヤマトさんの知識欲というもの、これは非常に大切な事であると私は思います、知識を身に付ける事は生きていく上で自分の武器になりますよね、私の場合は自分の興味のある事が偏ってしまっているので、あまり生きていく上での武器にはなっていないかも知れません(笑)
また自分の弱い部分(特に借金問題ですね)を人に相談するのって難しいですし、借金をする以上に勇気のいる事なんでしょうね。
私も昔は借金を何とか返済し終えたら死んでしまいたいな…などと考える事が良く有りました、何故返し終えたらかと言いますと、自分の人生の汚点を残したままでは死にたくないな、と考えていたからだと思います。
これは私も自決するまでの決意など私には無かった、だから今こうして何とか穏やかで少しの幸せを感じる事が出来る生活を送る事が出来ているんだと、今考えるとバカだったなぁ、と本当に思います。
でも、それくらい借金に負われるって事は人の気持ちを追い詰めていってしまうんでしょうね…
そんな私が今思う事は、借金苦で自殺なんてゼッタイにダメだ!人間借金くらい何とでも出来る、まずは専門家に相談して今後の自分の人生を考えましょう、という事ですね。
ヤマトさんは身近に頼りになる不思議な関係の方がいらっしゃって、本当に良かったですね。
2007/11/21 19:33
» 相談窓口
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

債務相談はお金がかかるとか、恥ずかしいとか思われがちですが、公的な相談機関というのも本当は充実しています。
一例では埼玉県の公式HPに有用な情報が多く乗っています(他県に比べ充実しています。住所に関係なく利用できるものもあります)
参考URL(埼玉県総務部県民消費生活課)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BQ00/tajyuusaimu/tajyuusaimutop.html

そして驚くべきことに埼玉県総務部県民消費生活課では「過払い」についての説明をキチンと行っていることです。そこには払いすぎた金利は返してもらえる事が書かれています。
参考URL(埼玉県総務部県民消費生活課)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BQ00/tajyuusaimu/kabarai.html

実際に「返してもらうため」の手法についての言及はありませんが、前記ページからのリンクで相談窓口を探すことも可能ですし特定非営利活動法人へのリンクもあります。

行政に不満ばかり言う前にこうした努力が行われていることを知っておくのも良いかもしれません。
(私は公務員ではありませんし、もちろん行政に不満を持つ一市民だったりもします)
ヤマト 2007/11/21(Wed)13:37:45 編集
» Re:相談窓口
ヤマトさん、情報提供、ありがとうございます。
これは、このまま紹介させていただきます、参考にしてくれる方がいると良いですね。
2007/11/21 19:36
» mK928様
少しでもお役に立てればと思いカキコミさせて頂きます。私もレタスカードの会員でして、ある日突然債権譲渡通知が自宅に届きました。私の場合はレタス→新洋信販に譲渡されてました。私が請求したのは新洋信販に対して過払い請求を行いましたが、請求出す以前に譲渡後の取引履歴しか出さず、やむを得ずにレタスカードに譲渡前の取引履歴を開示させて、レタスカードと新洋信販の取引を足して一つの取引明細書を作り、簡易裁判所に提訴しました。…先月コメントにも書かせて頂きましたが、勝訴判決頂いたんですけど被告の新洋信販が控訴しており現在、控訴審の判断待ちです。
赤い彗星 2007/11/21(Wed)15:44:57 編集
» Re:mK928様
赤い彗星さん、こんばんは。
早速の情報提供、本当にありがとうございます。
mk928さんがこれを読んで参考にしてくれて、過払い請求が上手くいくと良いですね、赤い彗星さんもご自分の信用信販案件、大変ですが頑張って過払い金を勝ち取って下さいね。
2007/11/21 19:44
» 控訴審に備えて
ルパン様、ご無沙汰しております。
薄給のわりに仕事は多忙にて、冷え込みとともにイライラも積もる毎日ですが、控訴手続きを今月初日に済ませ、理由書の作成に取り掛かっております。
勝訴部分の金額は元利とも、控訴状提出の翌朝一番に返金されました(返金対応は早い、この点だけは許してやれます)。
民事における控訴審はさしたる新証がなければ、第2回第3回と口頭弁論はほとんど無く、控訴理由書にてほぼ結審するとの事・・・原審での敗訴部分を覆すに十分な法解釈の陳述書と、引用できる高裁判例の収集をして担当弁護士に電送し、当方の主張にのっとった理由書の原案を作成中です。提出期間まで1か月を切ったので、来月初旬には完成させて実質的な控訴審に突入します。
原審判決を読めば読むほど怒りがこみ上げますが、どうか今度こそ「神判事」にあたりますように、と願う日々です。「負けることを前提に控訴はしていない」のですが、「チャンスは計3回」あるし自分を信じて挑むしかない、と思うまでに落ち着いています。

過払い金請求に取り掛かってからちょうど9か月が経った今日、ついにまた1つ歳をとりました。今年の自分の誕生日までには全て片付き、今までの同じ日に比べて少しは落ち着いたものになるかなと予想しておりましたが、事は思うようにはなかなか運ばなかったですね(笑)。

mk928さんが「レタスカード」の件でコメントされていますが、当方はすでに和解し、来月10日の入金を待っている状況です。この内容は以前に投稿させていただきました。参考になればよいのですが・・。また「サンライフ」とも闘っておられるようで・・当方とは比較的近距離の方でしょうか、頑張って頂きたいです。

気がつけば今年もあとわずかですね!
この時期になると、「〇〇年流行語大賞」なるもののノミネートがありますが、
今年はぜひとも「過払金」「過払金請求」、もしくは「不当利得返還請求」も一考してもらいたいものです。



(以下、ルパン様あて)
以前、判決が出たら資料を送付しますと申し上げてまいりましたが(一部敗訴なので、参考にはならないかも・・)、どのような形で行えばよいのでしょうか?
第20使徒 2007/11/21(Wed)22:19:20 編集
» Re:控訴審に備えて
第20使徒さん、こんばんは。
今日は誕生日ですか、おめでとうございます!
私もそうですが、そろそろ誕生日=楽しい日では無くなって来ているかも知れませんが、記念日=1つの区切りですからね。
本来なら全ての過払い金請求訴訟が終了していれば心から喜びを表す事が出来たんでしょうが、人生は山あり谷ありですからねきっと来年の誕生日は本当に心から笑える日になると良いですね。
控訴審、私は経験が無いので知識としての物しか情報を持ち合わせていませんが、やはり原審を元にそれが妥当な物で在ったかどうかを争うため、それ程の時間は掛からないようですね、それでも判決までには年越しになってしまいそうですね…
何とか年内一杯頑張って、来年には笑えるような神判事に当たると良いですね、確かにチャンスは3回ありますが2回目で勝負を決めてしまいたいですね!
mk928さんのレタスカードについては第20使徒さんの前のコメントを引っ張ってきて紹介させていただきますね。
控訴審、私には何も手助け出来ませんが、応援しています、応援する事しか出来ないのが歯痒いですが、頑張って下さい。
そして来年には第20使徒さんの喜びのコメントが聞ける事を願っています。

ps流行語大賞、「過払い」とかあればいいんですけどねw
資料に関してですが第20使徒さんが面倒でなければ私のブログの顔の下にメアドが載っていますので、コピペでもファイルでも構いませんので送っていただけたら皆さんの参考になるような形で第20使徒さんの訴訟が終わり次第でも紹介させて頂けたらと思っています。
でも、これは本当に第20使徒さんの気が向いたらで構いませんので、よく考えてみてくださいね。
お気持ち、本当にありがとうございました。
最後に、何歳になったか分からない第20使徒さんですが、第20使徒さんのこれからの1年が良い1年になりますように…
2007/11/21 23:37
» mk928様、第20使徒様へ
こんにちは,ルパン様、打倒です。

こういった、話を聞くとムカつきますね。
権利関係が複雑で、どちらに請求して良いのか困りますよね。

mk928様,私も同じような案件がありましたので気持ちが解ります。
ですが、あまり深く悩まない方が良いと、思います
時間と手間とお金が掛かる可能性は、有りますが、取りあえず、最後に取引した会社を提訴し、取れなかったら、もう1方を提訴で良いと思います。
最後まで、強い気持ちでやり通せば、結果は,ついて来ると思いますし,気持ちが折れなければ、何とかなりますよ。
mk928様にはルパン様や書き込みしてくださる皆様が一緒に戦ってくれますので頑張って取り返しましょう。
第20使徒様へ、私は,控訴した事がないので、第20使徒様が勝訴出来ることを願う事しか出来ません。
第20使徒様が勝訴出来る事を願っています。
                打倒でした。
打倒 2007/11/22(Thu)08:17:18 編集
» Re:mk928様、第20使徒様へ
打倒さん、こんにちは。
過払い請求を必死で戦っている皆さんへの応援そして暖かい言葉を、ありがとうございます、1人じゃないその事が多くの方の力になる事だと思います。
債権・債務の権利関係が複雑…これは結構厄介ですよね、それに債権譲渡なんて言葉知らないで金融業者からお金を借りて言われるままに返済している人なんていうのもきっと多い事と思います。
一般的消費者って意外と細かい契約内容とか分からないですからね、そういった事もあって現在の過払い金請求というものの流れが起きているんでしょうね。
これは私達自身も少し反省して今後の生活に生かしていかなければイケマセンね。
私も打倒さんと同様、mk928さんと第20使徒さんを応援しています。
頑張って下さい。
2007/11/22 11:29
» さらば武富士
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

昨日弁護士事務所から連絡があり、武富士側が過払い金の全額(元金+5%)を認めたため和解するとの報告がありました。判決上等!受けて立つ!ってな抵抗があったと聞いていただけにチョッピリ意外な幕切れとなってしまいました。残念ながら返還指定期日が来年1月のため当初目標であった年内完全解決には至りませんでしたが、残るレイクも12月の弁論でほぼ和解の見通しですので今年中にはメドが立ちそうです。

思えば長く苦しい道程でした。電気などのいわゆるライフラインが止まったことも1度2度ではありません。借金人生20年の総決算と思うと感慨深いものがあります。

今まで何度も書いてきましたが、武富士は最初に借りたというだけでなく浅からぬ因縁があります。
後はほぼ一生続く住宅ローンがありますが、大きな仕事(高利の借金)を決済した今、住宅ローンの金利なんて「ドンと来い」と受けて立てます。
現在までに戻ってきたお金の多くは先週ちょうど住宅ローン1周年ということで繰り上げ返済に充当しました。返済期間が3年ほど短縮されましたので気分の上では3歳若返った感じがします。
弁護士事務所からの返還を待って全額繰上げ返済に充てるとさらに6年若返ります。ヤマトは晴れて20代!なワケです。

まぁ20代を目指す必要の無い中年のおじさんですから、別の意味で若返ろうと思いカミさんとも相談の上、インプラント治療の原資ということで決済を頂きました。
保険外診療(ただし医療費控除の対象)で、今までは贅沢と思っていた治療ですが、お金が無くて受診できず失った歯でもあり、それを取り戻すことは自身が過払い請求に対して抱いた「時間を取り戻す」ことにも通じます。

今後は新たな同士に対する協力も惜しみませんし、経験した者でなければ理解できない怒り、苦しみ、痛みを、最高のカタチで昇華することが出来るよう進んでいけるように精進したく存じます。
ヤマト 2007/11/22(Thu)10:53:03 編集
» Re:さらば武富士
ヤマトさん、こんにちは。
ついに武富士も和解成立ですか、おめでとうございます。
残るレイクも次回の12月中の弁論日には和解出来そうな感触を持っていらっしゃると言う事ですので、何とか年内に形にはなりそうですね。
確かに振込みが来年になってしまう事は残念ですが、今まで辛い思いをしてきた長い時間から見ればあっという間の事ですよね。
武富士も判決上等などという姿勢を見せて争ってきてはいても、やはり企業として勝ち目の無い案件での判決や上級審での控訴審判決などを残す事はデメリットでしかないので避けたいとうのが実情なのでしょうね(笑)
それなら最初から素直にとは思うのですが、株主に対しての問題など含めて色々とあるんでしょうね、まぁそんな事は私達にはまったく関係の無い事ですけどね(笑)
残るレイクへの過払い金請求が終わったら、ついにヤマトさんの過払い金請求もゴールですね、全てが終わった時にはとても感慨深い物があると思います。
住宅ローンは残ると言っていますが、住宅ローンは消費者ローンとはまったく性質の違う物ですからね、自分と自分の家族の生活を本当の意味で豊かにするためのものですから、同じ借金ではあっても気持ちが違うと思います(私にはてても手が出ませんから羨ましいです(笑))
それと歯の治療(インプラント)ですが、このような自分の体に対してのケアも債務に追われる生活ではほおって置きがちになってしまっている事ですから、今後の長い人生を楽しく過ごすためにも、体は大事にして下さいね。
早く20代になったヤマトさんの喜びのコメントが聞ける事を楽しみにしていますね。
2007/11/22 11:48
» はじめまして。
ルパンさん、同士のみなさん、こんにちわ。はじめまして。アンギョンと申します。突然無礼なのですが、本日デビューさせていただきます。私の場合は7社ありまして、皆様の血の滲むような努力と決して他人には話せないようなことの情報のやりとり、専門家に依頼すると膨大なお金がかかることを皆様の知識と経験により自分で解決なされること。大変尊敬し参考にさせていただいております。今後、皆様に参考になるようなことが少しだけでもあればいいなぁと思いましてコメントさせていただきます。さて、今月第一週にアコムとCFJを初めての、しかもいきなり提訴いたしました。どうせ事前に連絡しても無意味みたいで電話代ももったいないからです。書類も何ヶ所かの訂正印で受理してもらい、翌日には来月第一週目に第一回口頭弁論があると連絡がありました。提訴日より2週間後、アコムより連絡がありました。この取引は平成5年9月よりあり、満5で130数万円ある事件です。最近対応の悪いことを知っていましたので、どんな条件でくるのか。言われる事は、分断もなく、過払い金もぎりぎり10
年にはかかってなくてなにも問題がないものだと思っていたら、なんと支払い日の延滞利息のことを言うのです。私の場合、結構な遅れもあったので、そこまで指摘してくるのかと。「私の計算書とおりすべて18%では和解できないと言うし、第二回までは出廷しないので。」やっぱりなぁ。そこでこちらからアコムの担当者にお宅の計算ではいくらかとたずねると、「100数万円である。」と回答された。もちろん、鵜呑みには出来ないと思ったけどなんと、この金額
で和解するなら、年末前には振り込むとのこと。さあどうするかね。みたいな。一瞬迷ったけれども、
今後の訴訟費用を考えると助かるし、まぁいいっか。あっさりと白旗をあげました。約80数%の回収
私の場合、会社員だから、時間をとられるのが少々苦痛な面もあって満足すべきかな。長々とすいません。以上アコムとの和解についてでした。その他進展がありましたら報告します。もしご迷惑でなければ。
アンギョン 2007/11/22(Thu)13:50:32 編集
» Re:はじめまして。
アンギョンさん、はじめまして、こんばんは。
過払い請求デビューですね、まずはアコム1社和解成立おめでとうございます

請求額の80%は少し勿体無いかなぁ、という気がしないでも無いですけど、アンギョンさんが納得出来ていて厳しい事情にもよるものでしたら仕方ないですね、仕事と時間と金額のバランスって難しいですからね。
アコムから返還される過払い金を元手にして、残り6社からの過払い金請求、頑張って下さいね。
コメントはいつでも気が向いたら書き込みして下さい、また何か困った事があってもきっと多くの方が力を貸してくださると思いますし、アンギョンさんの実際の経験を聞いて今後の過払い金請求の励みになる方も多いと思いますよ。
まずは来月のCFJの第一回ですね、仕事との兼ね合いが大変かも知れませんが頑張って下さいね。
2007/11/22 18:27
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]