忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
アコム、プロミスが業績上方修正 消費者金融の急回復は本物か?

消費者金融大手のアコムに続いて、2007年11月1日、プロミスが07年9月中間期の業績の上方修正を発表した。いわゆるグレーゾーン金利問題に端を発した貸付金利の引き下げや、利息の過払い請求訴訟など収益環境が急速に悪化して「生き残り」のための再編話まで飛び出していたはずの業界だが、息を吹き返したようにもみえる。急回復した消費者金融の実力は本物なのか。

■プロミスは中間純利益が予想の12億円から118億円

三井住友銀行系の消費者金融・プロミスは11月1日、中間純利益(連結ベース)が当初予想(07年5月)の12億円から118億円に増えると発表した。106億円もの大幅な上方修正で、中間期の黒字は2期ぶりのことだ。
同社はその理由を、「貸倒費用や債務保証費用を多めに計上していたが、それが少なくて済みました」と説明する。当初予想に比べて貸倒費用が124億円減少するなど、営業費用の合計で141億円の減少を見込んでいる。それによって、営業利益で133億円増の171億円、経常利益148億円増の182億円、当期純利益で106億円増の118億円になったという。
消費者金融各社は、06年12月に成立した改正貸金業関連法の影響や利息の過払い請求訴訟への対応に追われ、これらにかかる貸倒引当金について、会計基準の変更もあって複数年にわたって積んでいた。プロミスは約4年分を積んでいて、消費者金融各社の中では多めに見積もっていたほうだった。

■新規契約は伸びていない

これより先の10月18日には、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが9月中間期の業績修正を発表。営業利益(連結ベース)で前回予想を190億円上回る493億円に上方修正していた。翌19日のアコム株はストップ高となり、武富士やアイフル、プロミスなど消費者金融株を軒並み押し上げたほどのインパクトがあった。
しかし、業界関係者のなかにはこれを「一時的なもの」とみる向きが少なくない。

これまで消費者金融は、「資金需要があっても、金利を引き下げているためにリスクの高い客をとれない」ことを、新規契約が伸びない理由にしてきた。実際に、申し込みをしても審査ではじかれるケースは増えているという。このため、「営業利益が好転したのは、審査基準を甘めにしたからではないのか」(業界関係者)との見方もある。もし、そうなら貸倒費用がまた増えるだけだ。

プロミスは最近の契約状況について、「(利息の過払い請求など)だいぶ落ち着いてきていますし、申し込み件数は底近くになっています」と話す。ただ、厳しい収益環境にあることは否定しない。武富士も「新規契約が伸びているわけではないので、(厳しい)状況に変化はない」という。

黒字転換などと喜んではいられないようだ。(J-CASTニュース引用)

このJ-CASTニュースの記事を踏まえてですが、過払い金請求は本当に落ち着いてきたんですかね?
確かに俺のブログにも過払い金請求の超初心者さんからのコメントなどは、ほとんど無くなってきましたし、コメントをくださっている多くの方が過払い金請求の途中、もしくは終盤に差し掛かってきているように見受けられます(´▽`)

でも、潜在的な過払い金はこの程度で済むような金額では無いとは思うんですけどね…
やはり過払い請求を知らない人や躊躇している人などの数多いのでしょうか?
過払い金請求、確かに世間に少しずつ広まりを見せてきてはいますが、まだまだ一般的な物にはなっていないんじゃないかなぁ、と俺は感じています。

実際に実生活での俺の身の回りでは「過払い」という言葉を聞く事なんてほとんどありません。
確かにあまり人に話をするような事ではないのかもしれませんが、実際はこんなもんなのでしょうかね(´・ω・`)?

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 黒字転換
ルパンさん、おはようございます。

過払い金請求が山を越えたのかという問題ですが、2chを見る限りは「過払い金ってなに」レベルの質問が相変わらずあることからまだまだじゃないかという気がします。
ただ徹底的に勉強し、納得がいくまで争うというルパンさんたちのようなタイプの人は減ってきているのかもしれません。その一方で、電話で9割和解できますかねというタイプで、過払いの仕組みもよく知らないという請求者はたくさんいそうです。
そういう意味では潜在的な過払い返還金に対する返還率は減少するわけで、皿にとって以前ほど厳しい戦いは減っているのかもしれません。なにしろ相手にはノウハウが蓄積し、こちらは常に新人が戦うわけですから、新人の学習意欲次第では安い和解も当然の現象かもしれませんね。
過払い返還の知識や体験談はネットに偏っていると思います。ネットへの接近が難しい人たちが潜在的な過払い請求者として大勢残っているのだろうと思っています。
「知る」という段階、「学ぶ」という段階それぞれでボトルネック解消の工夫がいるのかもしれませんね。
ジャバ 2007/11/06(Tue)09:58:08 編集
» Re:黒字転換
ジャバさん、こんにちは。
う~ん、確かにジャバさんの言われている通りだと思いました。
過払い金請求の多様化とでも言うんでしょうかね、自分の払い過ぎたお金なのだからトコトンまで返還請求、出来るだけ多く還って来るなら嬉しいな、でもまんどくさいのはヤダな、過払い金ってなにそれ?…こんな感じですかね。
私自身は本人が納得出来るのであれば、過払い金請求を行なわないという意思、それも個人の自由ではあると思います、ただ今まで自分がしてきた苦しい思い(自分の責任も大きいとは思いますが…)から考えてしまうと、過払い金が発生している人には出来るだけ過払い金返還請求は行なって欲しいとも思います、ここは難しい部分ですね。
不当利得、この不当という部分で会社を大きくしてきた消費者金融業界、それに対しての返還金を大きく引き当てて赤字決算していましたよね、この引当金のうちどの位の金額が過払い金の返還に使用されたのか正確な数字が知りたいところですね。
ジャバさん、非常に分かり易い説明に的確なご意件をいただき、ありがとうございました。
2007/11/06 10:20
» 不当利得の総額?
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

プロミスなどの大手が昨年4000億円~5000億円の引当金を積んだ影響で軒並み大赤字に陥ったことは報道などでご存知かと思います。

しかしながらここには数字の「マジック」が隠されています。プロミスが「過払い返還」用に積んだ引当金は年間600億円程度と見積もられており、現実には毎月50億円少々が出て行っていることで「不足の懸念」が有るとされています。

引当金4000~5000億円に対して年間の返還額が600億円強(プロミスの場合)ですから、今後数年の「戦い」に備えていることが見えてきます。

一方で貸し出し金利引下げの影響は大きいようで、かつては40%台後半であった成約率が30%台前半まで落ちている現状があります。

世界中の「金貸し」の中にはグラミン銀行のようにノーベル平和賞を授与される事例もありますが、そもそも日本のサラ金業界の場合問題視されるのは違法な金利だけでは無いように思います。
ヤマト 2007/11/06(Tue)14:38:16 編集
» Re:不当利得の総額?
ヤマトさん、こんにちは。
そうですよね、昨年の消費者金融はその多くが過払い金返還に対する巨額の引当金を積んでいますよね、当然赤字決算だったと思います、けどそれって実際は違いますよね?
私が思うのは大手銀行が消費者金融業務に乗り出してきている事にも問題はあると思います、アコム・プロミス・シンキ・アエル、国内と外資の違いはあれど全部巨大銀行系ですよね、別にアイフルや武富士のような専業系なら良いと言っている訳ではありません、ただ大手の銀行がサラ金という子会社を使って巨額の利益を得ているという事、バブルがはじけた時に銀行はどのようにして救済されたのか…考えると腹が立ってきますね。
本当なら金貸しなんていう仕事は無い方が良いのでしょうが、それもまた違う話になってしまいますからね、せめて法を損守して営業してほしいですね。
そうすれば後は私達消費者の問題にもなって来ますからね。
私達は過払い金請求と言う行為によって少しは知恵を付けられたのかなぁと思える事が救いにはなりますね。
2007/11/06 15:00
» こういうことも有り?
今日、三和の第一回口頭弁論に行ってきました。実際には、主人が出るので、うちは見てるだけなんですがf^_^; 次は12月11日に決めて終了しました。
ついでにライフを提訴するのに前日に必要な書類作成して、あとは法務局に代表者事項証明書を取るだけだったのですが、「この住所ではないですね。」と言われ株式会社ライフで登記されてる住所の用紙を見せられました。同じ千代田区で3件もあり、(全部で6件)「相手に電話で確認するしかありませんね。」と法務局の方にアドバイス貰いすぐ主人に確認して貰ったら神奈川県の住所を言われメモしてφ(.. ) 訴状打ち直しせなあかんから、提訴出来ませんでした(-.-;) WiKiでの本社住所では登記されていないてあるんですね!しかも、電話で問い合わせても、なかなか教えてもらえない。。。なんなんでしょうね(-"-;)
源苦労の妻 2007/11/06(Tue)16:32:54 編集
» Re:こういうことも有り?
源苦労の妻さん、こんばんは。
三和の第一回出廷お疲れ様でした、第二回を決めてきたと言う事は相手からの和解の提示は無かったんですかね?三和ですから提示してきたとしても話にならないような金額だったという可能性も有りますね。
さてライフの件ですが、登記の変更は金融業者は昔から結構やっていますね、どこに限らずチョコチョコと住所や代表者などの当期変更は行なっていますね。
理由は色々とあるようですが、私達のような過払い金請求を行なう者にとっては嫌がらせ以外の何物でもありませんね。
金融業者のHPの住所と登記中の住所がまったく違うなんて事も有りますからね、まったく困った物ですね。
三和の二回目、そしてライフと苦労しそうですが、頑張って下さいね。
2007/11/06 17:14
» 家族の過払い
以前何回か投稿しましたホワイトです。自分の過払いは全部取り返しましたが、姉にもアイフル相手に過払いがあり請求するように言ってますが、代わりにやってと言われてます。代理で請求する事に業者は応じてくれるのかが問題なんですが。
ホワイト 2007/11/06(Tue)19:47:36 編集
» Re:家族の過払い
ホワイトさん、こんばんは。
まずは、お姉さんのアイフルに対する過払い金がどのくらい有るのかを把握しない事にはその答えは分かりません。
140万未満の簡裁案件でしたら家族が代理人になって請求する事が出来ますが、140万以上の地裁案件の場合は弁護士以外は代理人になる事は出来ません、また業者と直接交渉する場合も足元を見られる可能性は大きいですし、相手によっては本人か弁護士以外との交渉はしないという業者も多いと思います。
出来る事ならお姉さんが本人で行なえれば良いのですが、それが無理ならば140万未満ならホワイトさんが代理で行い、140万以上なら弁護士に依頼するというのが現実的かなぁ、と思います。
頑張って下さいね。
2007/11/07 02:03
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]