忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
過払い返還優先を

武富士110番に相談次々 クレ・サラ被連協が緊急実施

サラ金大手の武富士が東京地裁に会社更生法適用を申請し経営破たんしたことを受け、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(被連協)は29日、「緊急・武富士110番」を開始しました。武富士の高金利請求によって払いすぎた過払い金返還が減額されるのではないかと、全国から100件近い電話相談が寄せられ、午後6時の相談時間を過ぎても電話が鳴りやみませんでした。

過払い金が返還されるのか心配」「年金だけでは生活費が足りないのでお金を借りて行きづまった」「これから過払い返還請求をしたいがどうしたらいいのか」など不安の声が寄せられました。

相談にのった田中孝江さんは「過払いの可能性があるのに確実にお金は返したいというまじめな人が多い。きちんとした情報を伝えなくてはいけないと感じた」と言います。

被連協の本多良男事務局長は「利息制限法を超える暴利で貸し付け、職場や子どものところにも取り立てて、借り手の生活を破壊するなど武富士はあくどい商法をやってきました。市場からの退場は当然です」と述べました。

そのうえで「過払いしてきた人はまったく不要なものを払わされてきたのですから、もうけが目的で資金を貸してきた銀行などと同列にせず優先的にお金が返るようにすべきです」と、利用者の保護を求めました。

「武富士110番」は当面、土・日・祝日を除いて午後1時から6時まで。電話03(5207)5520、03(5207)5507。(しんぶん赤旗引用)

しんぶん赤旗引用の記事なんですが、こういう時は赤旗「共○党」は攻撃的な記事が少しだけ頼りになりますねw
私自身はこの新聞ほとんど読んだ事は無いのですが、経営破綻した武富士に対する過払い金返還請求に関する被害者対策110番というものが紹介されていたのでここに引用させていただきました。

>「利息制限法を超える暴利で貸し付け、職場や子どものところにも取り立てて、借り手の生活を破壊するなど武富士はあくどい商法をやってきました。市場からの退場は当然です」

>そのうえで「過払いしてきた人はまったく不要なものを払わされてきたのですから、もうけが目的で資金を貸してきた銀行などと同列にせず優先的にお金が返るようにすべきです」

この意見には私もまったく持って同意です、今後武富士に手を差し伸べるスポンサー企業があるかは分かりませんが経営陣の皆さんにはあくどく稼いできた資産の最後の最後まで過払い金という債務の返済に充てるよう努力して貰いたいものですね、きちんとした資産調査を行い悪質な資産隠しなどが無いようにしっかりと調査して貰いたいですね。

<<前へ  次へ>>
 

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 答弁書
こんにちは、みなさん。

小生が係属する裁判でようやく相手方から答弁書が届きました。内容は例によってペラペラです。

常套句として「原告の請求を棄却」「訴訟費用原告負担」の判決を求めています。
原因の認否も「追って認否」とだけ書かれ、連絡事項として欠席・擬制陳述の記載が有るだけです。

これでは反撃のしようもなく、第一回期日は単なる次回期日決定のための場になりそうです。
過払い請求のときにも経験しましたが、サラ金の答弁書も事実上こんなものです。

請求棄却・訴訟費用原告負担は定冠詞や枕詞みたいなもで、実際裁判所に行けば貰える答弁書用のテンプレにも同様の記載が有ります。

答弁書は提出しなければ訴状の内容を認めた(法律用語では擬制の自白)ことになり、訴状の記載通りの判決が法律に添って出されますから、余程のアホでもない限り提出はしてくるでしょう。

さて今回の答弁書、シロウトの本人訴訟へのコケ脅しのつもりなのか、たった4行しかも全て常套句の内容に対して、代理人弁護士名が20人ほど書かれています。うち2名に「担当」の文字。
弁護士の職印を多数見せ付けてビビらす作戦なのでしょうが、キッチリ思い知らせてあげます。

早速弁護士事務所のHPを検索。書かれていた弁護士は所属の全員。まぁ殆ど意味が無いでしょう。
その法律事務所のHPでは同種事件に対して「請求は当然の権利」なる記載が有るくせに、被告代理人になるということは覚悟が必要でしょうね。展開次第でHP記載部分を甲号証で提出です。

さて早速電話で探りを入れました。そこで一応和解の提案です。とは言え弁護士も相手方の意向を聞いてなどと当然進展は有りません。ご丁重に脅かしながら訴額に利息や訴訟費用に加え罰則的な付加金も含めた内容ですからおそらく「拒否」で来るでしょう。これも作戦のひとつです。

今後の展開はまた報告致します。
ヤマト 2010/10/02(Sat)01:26:58 編集
» Re:答弁書
ヤマトさん、こんばんは。
過払い金請求ではない民事訴訟に取り組むとの事であまり詳しい詳細をお尋ねする事は出来ませんが、今まで幾多の過払い金返還請求訴訟を潜り抜けてきたヤマトさんを被告側は甘く考えているんでしょうねw
まあ、通常素人相手の民事訴訟ならばこの程度で大丈夫だろうという相手側の甘い考えが目に浮かぶようですね。
被告側弁護士事務所所属の弁護士の名前をずらりと並べる、まるでどこかのサラ金みたいですね。
弁護氏名を20並べようが30並べようが、法廷に出廷してくるのは恐らく1人いるかどうかなんでしょうけどね…
弁護士にはそんなくだらない小細工など弄せずに、きちんと法を根拠にした理論的な反論を聞きたいものなんですけどね、そうであればまたヤマトさんのやる気に更に火が点るという感じなのでしょうが第二回の口頭弁論日までは様子見といった感じですね。
た訴額がとても大きな訴訟のようなので今まで過払い金請求で培ってきた知識と経験を駆使して完全勝訴を目指して頑張って下さいね。
被告側担当弁護士をアウアウさせるヤマトさんが目に浮かぶようで楽しみです、気を引き締めて勝利をその手にする為に、ジークジオン!とオタク的応援をさせていただきます。
2010/10/06 21:21
» 第一回口頭弁論
こんにちは、ルパンさん。応援有難うございます。

さて今般無事に第一回期日を迎えました。
日本最大の地裁に属する支部です。本庁とは違い入口の物々しい手荷物検査などは有りません。
支部とは言っても本来なら本庁でしか審判を行わない案件も特例的にこの支部では行っています(他には福岡地裁小倉支部のみ)

さてこの支部、近年に新築移転されたところでバリアフリーなども進化した快適な建物です。
早速開廷表を探します。なになに強制わいせつ事件(裁判員裁判)強姦致傷事件(判決)ありゃこれは刑事だな。なんとなくスケベ心丸出しで傍聴しようと思ったら時間が同じ。残念。

さて目的の開廷表を見てちょっとビックリ。今までの裁判所も同期日同時刻に5~6件の事件が指定されている事は珍しくなかったのですが、本日10時指定の事件は6件全てが本人訴訟の第一回期日で、小生の案件を除けば残り5件が過払い請求。
10時30分からは5件、全てが過払い請求ですが全てが代理人付きで、第一回期日が3件。二回目以降が2件です。どうやらこの支部の方針なのでしょう。

ちなみにトップバッターは小生。10時台の案件は小生が終われば過払い10連発という豪華なものでした。早速これはご報告しなければと思った次第です。6件で30分ですから1件5分以内が目安。さぁ今日の展開です。

近代ビルは全館禁煙が当たり前ですが、どういうワケか法廷の目の前が喫煙所。地裁本庁のように1階の隅っこではないので本人訴訟と思しき数名がタバコを吸っています。

本庁では別に弁護士などの入口が有りますが、ここには無くスーツに弁護士バッジという場違いな代理人もいました。

9時55分頃、法廷入口のランプに「開廷中」のランプが灯ります。なんだかテレビドラマの「手術中」のランプが灯るシーンにも似て初めての人は不安になるかもしれません。

おそらく小生以外は初めての裁判と言う事で緊張していると思います。そこで落ち着いてトップの役割を果たす事にします。

裁判長が入場し起立して一例。裁判長を見て若いなぁという感想。今まではベテランというか中年オジサンばかりでしたからちょっと違和感。高裁での裁判長を除いた2名が若手だったので、裁判長を務める以上十分な経験を持っているのでしょう。決して不安感はありません。
早速名前が読み上げられ原告席へ。
例によって「訴状の陳述」「答弁書の(擬制)陳述」で始まり、「相手方と連絡は取っていますか」といった軽い質問に答え、裁判長から「相手の主張が出揃ってないので反論はそれからだと思いますが、相手方主張の内容に拠っては請求額の一覧表を作成してください。もちろん急ぎません」とのお話でした。直に次回期日の事になりました。相手方代理人が「都合のよい日時」を伝えてきていましたが、全て「仕事に支障」との理由で小生が否定。

1週間に1万円を超える利息の出る案件であり、急ぐ必要も有りません。11月下旬の日時を裁判所から提案され「出来れば翌週」としましたが、裁判所側から「あまり先の日程は設定できない」と言われ、了承。ホントは前もって言っておけばいつでも休める職場だけど年休は使いたくないだけです。
相手方提案より2週間ばかり「時間稼ぎ」ができただけよしで、キッチリ利息まで回収します。ここまでざっと2~3分です。

2件目はアコム・プロミス・アイフルが相手で、原告は30代後半くらいの女性。
訴状の陳述からですが、アコムとは和解書を取り交わし入金待ち、プロミスは答弁書に書かれた和解金額で合意とのこと。しかしアイフルは手強いようです。
アイフルの答弁書には反論に加え和解金額も書かれていたようですが、元金にすら程遠い金額のようで、入金期日も半年以上先のようです。
期日については、裁判長が「こんな先なら審理続行して判決を出したほうが早いね」という言葉からの推測ですが来年4月以降でしょう。
原告も「アイフルの提案金額は根拠も無く、元金にすら程遠いので認められない」「仮に分割にせよ年内に支払いを開始してもらいたい」といった和解条件を相手に伝えてるとのこと。
裁判長からは「裁判と平行して和解の話も勧めて下さい」とのことで、次回期日の決定。

3件目はオリコ。原告は若い頃は羨望の的だったという感じの清楚なモデル体系の女性。オリコは5%の利息を付加して裁判外での支払いに応じており、訴訟は少ないと聞いていましたが、どうやら小生と同じように不開示期間が有る様子。
残高ゼロ計算で140万円超の案件でしょう(だって地裁だから)訴訟前の交渉では110万円だった和解金額が「答弁書記載の通り118万円で(和解に代わる)決定を出します。よろしいですね」で終結。オリコの110万円という最初の提案は勝手な推測ながら推定計算で10万円未満切捨てだったのかなと小生の案件と重ねて思い出しました。

4件目は再びアイフル。前2件は下世話な話では小生のストライクゾーン。今件は老婆といってよい年金受給世代でそっちのほうは対象外。
「ここまで他の業者は裁判前に合意して既に1000万円以上返してもらった」「引き直し計算や訴状作成はコンピュータに詳しい孫に手伝ってもらった」「取引開始は子供が高校に進学した昭和52年」何やら年輪を感じさせる内容です。
本人訴訟となったのは「お恥ずかしい話、依頼するお金もない」「切手代(印紙?)は息子に借りた」

情状面では抜群です。もちろん芝居には見えず、ここまで違法な高金利に苦しんできた事が伺えます。
アイフル側の昭和52年頃の金利は100%オーバーですから(小生知る限りでの)40%日立真っ青、しかも年数の長い案件です。
先の件のようにアイフルの和解提案はとても納得できる金額ではなかったと思われます。
他生の縁なる言葉から、せめてこの人にはキチンと返して死ねよアイフルと感じました。次回期日を決め終了です。

5件目は名前から見ると男性のようです。しかし被告が武富士。例の倒産劇の余波で裁判による解決が現時点で事実上不可能。両者欠席で裁判長が休止の宣言。(原告からは欠席の旨が伝えられたという話がされました)

6件目は男性。メタボが心配な体型で頭髪も寂しく女子高生あたりから「キモ」と言われそうな感じです(もちろん小生も大差なし)被告は三度アイフル。
しかし裁判長との受け答えもしどろもどろでちょっと頼りない。ココまで法廷に立った女性に比べると心許ない。
「(アイフルの)和解案に納得できない理由は」と聞かれても「えーと」と答えて次が出てこない。
ここまでに出てきた案件のように「元金に満たない」「支払期日が認められない」なんてヒントも豊富なんだし、「次回期日までに準備書面にて明らかにします」で十分なんですよって助け舟を出したい感情に晒されました。
裁判長からも「急ぎませんので次回までに反論の用意をして下さい」と促され、期日を決定し終了。

時計を見ると10時17分。次の10時30分まで休息です。

10時30分からの案件は代理人訴訟のため面白くも有りません。1~3件目の第一回期日分は「和解提案は(最高裁判例に比べて)不十分」で次回期日を決め終了。4件目・5件目の案件は武富士でボツ。
ここまで僅か8分。そして急ぎ退廷。

今日の感想は女性の強さを再認識。もっとも専業主婦で時間があるとか、条件の違いは有るにせよ見ていてハラハラさせる展開は男の原告のみです。
もちろんサンプルと言うには少ない数で一概には言えませんが「コピペ」でも「猿マネ」でもキチンと勉強する(当て付けだったら申し訳ない)ことが大事だと思った次第です。
ヤマト 2010/10/07(Thu)16:00:38 編集
» Re:第一回口頭弁論
ヤマトさん、こんにちは、第一回口頭弁論出廷お疲れさまです(`・ω・´)ゝ
過払い金請求を終えてからは裁判所には縁が無いで済んでいる私ですから、最近の裁判所における過払い金請求の実情が分かりませんでしたが、まだまだ本人訴訟・代理人訴訟共に過払い金請求の件数は大幅減少という事にはなっていないようですね。
世間一般においても一時的にとははいえ消費者金融業界のトップに君臨してあこぎの限りをつくしていた武富士の破綻により世間一般に更に過払い金返還請求という正当な請求行為が浸透してしまったようですね。
私のブログにも武富士破綻のニュースが流れた日には2000人を超える人が訪れてくださいました、この数字は正直言って今までこの過払いブログを書いてきた中でもかなり上位のUA数になりますのでやはり武富士の破綻は大きなものだったのでしょうね(数年前に武富士から数百万の過払い金を既に返還してもらった私としては少々微妙な気持ちではありしたが…)
裁判所での同時刻審理においてヤマトさんがトップバッターであった事はきっとその後の本人訴訟を行っている方達にとってはとても頼もしいものであったと思います、「ああ、本人訴訟でもあんな感じでいけばいいんだ」とヤマトさんの後に過払い金請求訴訟を本人訴訟で第一回を迎えた方はきっとそう感じた事だと思います(推論ですがw)
裁判長の方もお若い印象だったという割にはかなりしっかりとした穏やかな人のような印象を受けましたがどうなんですかね?
私も数回裁判を傍聴し数回自分自身で裁判を行った経験からいうと「なんだ、この裁判官…外れだな。。。」と思わせるような糞頑固な人も中にはいましたからねw
本人訴訟の過払い金請求においては担当裁判官の最初の印象というのはかなり大きなものであるとも思えますので、本当についていない場合は外れに当たるといらん恐怖心を抱いてしまいますからね…
それにしても、やはり女性はここぞという時に開き直ると本当に強いものですね、我々男性よりもやはり女性の方が修羅場においては強そうですね(これも私自身の推論ですがw)
武富士の破綻は数年前にここの住人を含む一部では想像されてはいましたが、やはり破綻の影響は大きなものになりそうですね、創業者の武井一族の責任問題も追及するようですし今後も目が離せないですね。
ヤマトさんは11月末の第二回口頭弁論に向けて気持ちを落ち着けながら頑張って下さい、20名の連名で答弁書を送ってきた弁護士事務所でもどの位キャリアがあってどの位弁が立つ弁護士さんが出廷してくるのか楽しみですね、若いやっつけ仕事しかした事の無いようなお使い弁護士だったらヤマトさんにフルボッコにされそうですねw
2010/10/07 17:47
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]