忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
民事再生のクレディア、債権者弁済17日までに 総額233億円

民事再生法の適用を受けた消費者金融、クレディアが17日までに債権者への弁済を終えることが9日明らかとなった。支払総額は約233億円。資金を融資していた金融機関や過払い債権を持つ個人などに返済する。弁済完了のメドが立ったことで、貸金業法改正後初となる上場消費者金融の再生処理は最終段階に入る。今後、同社の業務を引き継いだ新会社が事業の再建を目指す。

弁済対象の債権者数は約1万。今月1日に弁済を開始、17日までに全債権者への支払いを終える予定だ。当初は10月に弁済を始める計画だったが、債権者が多いため準備に時間がかかったもよう。

クレディアが示した、(1)弁済率(債務に占める返済額の割合)は40%(2)過払い債権を含む30万円以下の少額債権については全額返還――との内容で支払う。17日までの対象者は民事再生中に設けた期日までに債権を届け出た個人や法人。今後債権が判明した個人などについては、同社の業務を引き継いだフロックス(静岡市、藤沢信義会長)が同じ条件で弁済する方針だ。(日経ネット引用)

今日はクレディアの民事再生法適用後の過払い金請求に関するニュース記事を紹介します(  ・д・)ノ

クレディアの持つ債務の弁済は一応のところ目処が立ったという事のようですね、その支払い総額は223億円、この金額の中のどのくらいが過払い金の返還に当たるのかはこの記事からは分かりませんが過払い債権を含む30万円以下の債権に関しては全額、それ以上に関しては40%の返済率という事ですから、随分多くの過払い金等の債権が弁済されないという事になっているんでしょうね(  -д-)

まぁ、それでも今の所何の進展も聞こえてこないクレディアと同様に破綻したアエルに対する過払い金返還請求に比べれば、このクレディアの過払い金返還対応はマシな方だと言えるのでしょうかね?
あまりそういった風には考えたくはないのですが、これが現在の過払い金返還請求、そして追い詰めら破綻した金融業者の状況という事なのでしょうかね…(-_- ;)?

一応、些細ながら救いとして考える事が出来る部分としては、今後同様の過払い債権の返済に関しても上記の記事のような対応をクレディアの業務を引き継ぐ事になるフロックスという会社が行っていくという事だけでしょうかね( ・ω・)

後これは俺の素朴な疑問なんですが、仮に70万円の過払い金返還請求権を持っている場合は70万円の40%である28万円の過払い金の返還ではなく、30万円までは過払い金の返還が保障されるという解釈で良いんですよね?
そうでないとおかしいですよね(´・ω・`)?

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» アコム判決
こんにちは、ルパンさん、皆さんへ

ルパンさん60万アクセスおめでとうごさいます。
最近はコメントしていませんが、なんだか過払い金の請求を行う方々が増えた感じがしています。

タイトルのとおり、本日判決文が届きました。アコムとの争点は悪意の受益者で争っていましたが、結論から言うと平成18年1月20日以降は悪意の受益者であったが、それ以前は認められないものでした。訴訟費用も10/1は原告負担との判決でした。しかしながら、アコムが証拠として提出した帳票類を裁判所が本当に精査した内容の記述もなく、これを17条書面や18条書面になるのでは、原告に非常に不利であり、内容の精査すればを明らかに17条書面、18条書面ではないことはわかると思うのですが、この判決には満足していませんが、控訴した場合には、原告代理人を行う事が出来ない事やまだ時間がかかる事などを考えて、これで終結させる予定です。もし原告本人なら、いままで裁判を延々と引き延ばしたアコムに対して、控訴したいのですが請求額から5万円の減額及び訴訟費用の4千円の減額ですが、控訴して弁護士に依頼する費用を考えても過払い額が少ない事もあり、控訴しないほうが得策だと考えて、これで悔しいけど終わりにしたいと思います。過払いで戦っている方々には一部アコム有利な判決で、本当なら控訴したかった気持ちがありますが、これでアエルのみとなりました。

これから過払い金を取り戻す方々には、良い判事との出会いを期待して、過払い金を1円でも多く勝ち取ってください。
Yoshi 2008/12/13(Sat)12:56:41 編集
» Re:アコム判決
Yoshiさん、おはようございます。
60万アクセス達成へのコメントありがとうございます、これも多くの皆さんが真剣に過払い金を取り返す事を考えている結果であると思います。
Yoshi同様に私も過払い金請求を行う人が減少傾向にあるとはまったく思えませんね。
Yoshiさんのアコムに対する過払い金返還請求訴訟の判決は少々残念な物になってしまったようですが、コメントを読ませて頂いていると何だか非常に微妙な判決ですね…
平成18年1月20以降は悪意の受益者であったがそれ以前は違う、という事に対する理由もいまいち理解出来ませんし、17条18条書面に関する詳しい記述も無いという事で何だかなぁ…といった感じですね。
請求額から5万円、そして訴訟費用から4千円の減額という結果を受け入れざるを得ない形になってしまい残念ですが、控訴するに当たっての弁護士費用などを考えたら仕方ないのか知れませんね…これが一部での現在の過払い金返還請求における司法の判断かと思うと非常に残念ですね。
現在の過払い金返還請求訴訟は、それを行う地域や案件を担当する判事によってかなり結果にも影響が出るようになってきてしまっていますね…
これでYoshiさんの行う過払い金請求も残すはアエルだけになりましたか、アエルに対する過払い金請求は少々時間が掛かってしまいそうですが、今までの過払い金請求の集大成として何とか最後まで頑張って下さいね。
アコムへの過払い金返還請求の終結、少々残念な結果ではありますが長い間本当にお疲れさまでした。
2008/12/15 08:18
» 裁判所の過払い利息について
たびたびの投稿ですみません。もしわかれば教えてください。

アコムの判決文に裁判所が添付している計算書に疑問があります。平成18年1月20日までは悪意の受益者でないので5%の利息は付いていませんが、それ以降は5%の利息を付ける事になっていますが、それまでの元金から5%を付けるべきだと思っていますが、裁判所から送られたものは、過去の元金を計算式に含めないで、平成18年1月20日から借入、返済のみを計算しています。判決文には具体的に元金の金額を明示していないので、それまでの過払い金24万に対して平成18年1月20日から利息を付けるべきではと思っています。これだけでも、判決金額に対して4万円も多くなりのに、疑問です。途中から悪意の受益者を計算する場合の元金は裁判所が作成した計算方法が正しいのでしょうか?
Yoshi 2008/12/13(Sat)13:39:42 編集
» Re:裁判所の過払い利息について
Yoshiさん、たびたび、おはようございますw
Yoshiさんの主張されている事は理解出来ました、ただ私は実際にYoshiさんの貰った判決文を読んでいませんし、裁判所が平成18年1月20日以前は悪意の受益者ではないという判断を下している上でそのような計算を行っているのであれば、過払い金に対する悪意の受益者の支払うべき利息である年5分の利息計算に関してはその裁判所の計算式であっているのではないかとは思います。
まぁ、私としては何故平成18年1月20日以前は悪意の受益者で無いという判断を裁判所が行ったのかの方が気にはなるんですけどね…
おそらくは平成18年1月20日を境にして完全に悪意の受益者である期間とそうでない期間を分けているのではないのかなぁと思います。
まぁ、それ自体微妙な判断のような気がしないでも無いんですけどね…
2008/12/15 08:43
» 破綻する金融
ルパンさん、こんばんわ。金田です。
今月プロミス提訴すること確定しました。個人請求は一切受け付けないという門前払いで、面倒な裁判をまた一つかかえることになりそうです。まあ、気長にやっていきます。
でも、今すごく心配なのは、金融会社が来年早々破綻し始めるのではないかということです。私の知人でも、これから提訴しようと考えている方がいるのですが、破産、会社更生、民事再生などをされると債権届書を出して認めてもらわないといけない羽目に陥りますよね。この記事でもあるクレディアのようなところががんがんでるような気がしています。今年の3月決算はどこの企業もぼろぼろでしょう。トヨタが下期1000億円の営業赤字ですから通期では黒字かもしれませんが、来年上期は惨憺たる結果になるような気がします。当然、自動車産業だけでなく全ての産業に降りかかる減収減益、営業赤字経常赤字、果ては純利益赤字。こうなると債務不履行状況が。。。と最悪期を迎えると思っています。大きいから潰れないとかは通用しないことに。1月に確か各企業が3月決算予想を出すと思いましたが、出せないところがでるのでは?とともにいきなり破産申請か!情報には細心の注意を払っていきたいと思います。
金田 URL 2008/12/13(Sat)22:59:01 編集
» Re:破綻する金融
金田さん、おはようございます、お久しぶりですね。
プロミスに対する過払い金請求、やはり提訴という事になりましたか…
まぁ大手消費者金融から過払い金をまともに取り返そうと思ったら提訴する事になってしまうという流れは未だに仕方の無い事のようですね。
面倒な裁判がまた1つ増えてしまったようですが頑張って下さいね。
金田さんもご指摘されているように今後金融業者がどのようになってしまうのかはまったく予測も出来ませんね…
プロミス(三洋信販)・アコムはしばらくは意地でも潰さないでしょうし、アイフルは先日のニュースで追加経済対策の一環で企業が発行するコマーシャルペーパー(CP)を政府が購入という事みたいですし、武富士は微妙と言えば微妙ですが、大手消費者金融4社に関してはそう簡単に破綻という事は無いでしょうが中小に関して今後は本当に予想出来そうに無いですね。
トヨタに代表されるように自動車産業だけではなく不動産やその他大手企業でも内定の取り消しや派遣社員の契約打ち切りなどと経済が非常に不安な情勢になってきていますからね、金融業者の決算予想などに関しても細心の注意をはらっておかないといけないという事は確かに言えそうですね…
金田さんのプロミスに対する過払い金返還請求訴訟、進展や最新情報などありましたらぜひ情報提供よろしくお願い致しますね、頑張って下さいね。
2008/12/15 09:06
» 明日は裁判です
 ルパンさん、皆さんこんにちは。
いよいよ、明日は、対オーエムシー裁判です。
 相手の答弁書の内容はわかっているし、今回は出頭もしないそうですので、緊張感も余りありません。先回、「地元の無料法律相談を受ける予定」と書き込みましたが、都合により、受けてません。
 それで、明日は、準備文書1枚+勝訴判例(平成20年3月 松山地裁)を出廷の前に提出予定です。
 「時効の援用は信義即違反」を主張するつもりです。相手の主張する「最後の支払いから10年」はながして、「取引履歴の開示を受けて初めて、過払いの状態を知ったので、早期の請求ができなかった。」との書面を作成しました。
 今回は、第1回をまず出てみて、裁判官の判断を仰ぎます。
 そして、今月もう一度無料相談を受けられそうなので、確実に受けて、第2回目に備えたいと思います。
 三洋信販の時もそうでしたが、オーエムシーのような貸し金業者は、提訴されても、一度は、「否認する」、2回目からは 時効の否定や、悪意の受益者否定 など、時間稼ぎや、個人で訴訟する人の足元をみて、心理的プレッシャーをかけてくるんでしょうね。
 裁判所行ってから、また書き込みしますね。
50台主婦 2008/12/14(Sun)18:19:35 編集
» Re:明日は裁判です
50台主婦さん、こんにちは。
今日はいよいよOMCに対する過払い金返還請求訴訟の第一回口頭弁論に出廷ですか、今回相手側代理人は出廷しないという事のようですので、取り敢えずは擬制陳述で訴訟は進行という事になりそうですね、後はこの案件を担当する判事の案件に対する見解を見極めてくるという重要な課題がありますが時効起算日に関する争点ですからどう転ぶかは今の段階では何とも言えない状況ではありそうですね…
私個人としては過払い金返還請求権の時効起算日は過払い金の発生時からという判断に関してはアホかふざけんな!という見解ではあるのでですが、最近の過払い金返還訴訟においては非常に様々な判断が下されてる非常に微妙な争点ではありますね、また50台主婦さんのOMC案件は最終取引日とその後の貸金返還請求書の送付を受けているなどと難しい部分もありますが、まずは案件を担当する判事の考え方を少しで良いので察して来たいところですね。
その後、その判事の判断の仕方によっては訴訟戦術を変更していく事にもなるとは思いますので、今度はぜひ弁護士さんの無料相談に行ってきてどのような戦い方が理想であるのか、ぜひとも意見を伺って来たいところですね。
最近の過払い金請求訴訟は多くの貸金業者がそうしているように、基本的には争点を小出しにして訴訟を長期化させ原告に負担を強いてきて少しでも減額和解に持ち込もうとしている節がビンビンに感じられますが、それでも案件担当判事の判断によっては原告にとって良い結果を得る事が出来ない事もないとは思います、ですから心理的プレッシャーに負けずに最後まで自分の主張を貫いてご自身の納得出来る結果で過払い金請求を終える事が出来るよう頑張ってきて下さいね。
今日の弁論への出廷で何か新たな動きなどありましたら、ぜひここにまたコメントして下さいね、出来るだけ良い報告を聞ける事を楽しみにしていますね。
頑張って来て下さいね。
2008/12/15 10:55
» クレディア入金!!
かなり、お久しぶりです。
すっごい賑わっていますね!
コメントはしてませんでしたが、こっそり読ませて頂いていました。
60万アクセスのお祝いも、風邪のお見舞いもせずに、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
師走の慌ただしさの中、自分のブログもサボりがちで・・・反省です。
先週、クレディアからの返還金が入金されました。
8月に通知を受け取って、年内には返還かれるのかな?って半信半疑で待ってました。
これで、本当の完了です。
昨年の秋から始まって、まる1年・・・
今年の年の瀬は、世間の厳しい状況の中、本当に申し訳ないですが、少し穏やかに過ごせそうです。
20数年に渡って自分が招いた事とは言え、ベルトが切れそうになりながら自転車操業を続けて、心穏やかなゆっくりとした年末年始なんて夢物語だと思っていました。
やっと夢が現実になります。
だから、本当にごめんなさいだけど・・・
この年末年始は、ゆっくり過ごさせて頂きます。
今、戦っている同志の皆さん。
春は必ずやって来ます!!
くじけずに、しっかり戦って下さい◎
一主婦 URL 2008/12/14(Sun)23:03:31 編集
» Re:クレディア入金!!
一主婦さん、こんにちは、お久しぶりですね。
一主婦さんの過払いブログ、たまに覗かせては貰っていたのですが、どうやら色々と忙しかった様子ですねw
60万アクセスの達成に対するお祝いのお言葉をいただきまして、本当にありがとうございます。
この過払いブログが少しでも過払い金請求を行っている方にとって何かのきっかけなどになればいいなぁと常々から私は思っています。
風邪に関してはあまり弱気な発言はしたくないのですが…ここ一週間くらいは最悪の体調になっています、インフルエンザなどでなければ良いんですけどね…お見舞いのお言葉も頂きましてありがとうございます、今週中には何とか復活したいなぁと自身では思ってはいるのですが…微妙な感じです…
確かに年末は過払い金請求もそうですが仕事や家事など様々な事をこなしていかなければならないので厳しい季節ですよね、私はこのまま具合の悪いまま年を越す事になるのでしょうか…不安です。
一主婦さんは、今回クレディアから過払い金の返還があったという事ですね、本当に長い間に亘ってのクレディアに対する過払い金請求、御疲れさまでした、クレディアから過払い金の返還を受ける事が出来て本当に良かったですね。
おめでとうございます。
まる一年間に亘ってきた一主婦さんの過払い金請求もこれで全てが終了、本当に御疲れさまでした、今年の年末はその労をねぎらって良い年越しをして下さいね。
そして少し時間的なゆとりが出来たらご自身のブログの更新と共に、この過払いブログを訪れて下さっている後に続く方達に一主婦さんの行ってきた過払い金請求における経験や知識などから、ぜひともアドバイスなどを頂けたら非常に嬉しい事だと思っています。
申し訳ない事は何もありません、それは一主婦さんが「やる気」を出して「努力」して過払い金請求に取り掛かってきた結果であると私は思います。
20数年間の辛かった借金返済に追われて生きる日々からの脱却、本当におめでとうございます、しばらくはゆっくりとした穏やかな時間を楽しんで下さいね、謝る必要もまったく無いですよ。
確かに過払い金請求には必ず終わりが来ます、先の見えない借金返済に追われていた日々から考えたら仮に一年という月日を費やしたとしても惜しくは無いですよね。
後は一主婦さんが落ち着いたら後に続く同士の方の為に何か出来る事をして下さったら私も嬉しく思います、風邪薬の影響でここのところ意識が朦朧としている事が多く上手くコメントの返信を行う事もままなりませんが、それでも過払い金請求を行う方の数は減少していないですね、一主婦さんの応援メッセージのように必ず春はやってくるはすですから、最後まで挫けずに「やる気」と「努力」で頑張って過払い金請求を成し遂げて貰いたいですね。
私もそのような頑張っている皆さんに何かのきっかけを作る事が出来れば良いなぁといつも思っています。
一主婦さん、長い間本当に御疲れさまでした、また一主婦さんの過払いブログにも顔を出させて頂きますね。
それでは良い年末年始を心行くままに過ごして下さいね、本当に良かったですね。
2008/12/15 11:18
» お返事ありがとうございます
和です。
お返事ありがとうございます。
又、ライフについて調べていただいたり、みなさんへの協力依頼など、ご尽力ありがとうございます。

私は住んでいるところは東京で、案件も限度額が30万→50万とさほど高くなかったので、簡裁案件で収まる金額ですが、それでも利息込みだと更正法適用前と後では約40万ほどの開きがあり、なかなか踏ん切りがつきません。

更正法前で過払い発生の提訴の場合、いろいろ調べましたが、その金額の何割かで和解した、とかの事例がみつけられませんでした、これから提訴という方はおられましたが…(とことん闘うらしいです)

覚悟がなければ、0計算で提訴ってことは十分わかっているのですが…
なかなか難しいですね。
2008/12/14(Sun)23:46:04 編集
» Re:お返事ありがとうございます
和さん、こんにちは。
ライフへの過払い金請求ですが、和さん東京ですか…
それはもしかしたら会社更生前の過払い金の返還請求を行うに当たっては厳しい場所にはなってしまいそうですね…
ライフの会社更正法適用前の過払い金に関しては返済義務が生じない事を肯定する判断を行ったのは確か東京地裁だったと思いますし、最高裁判決に対してそれを参考にして審理を行うのが東京地裁や東京高裁の判断基準でしょうから、特に簡裁案件だともろに最高裁判決を引用して審理を行われる可能性も高そうですね…
そこは和さんも徹底的に争うのか、それとも残高0計算で提訴するのか良く考えてみてから動かれると良いと思います。それかもしくは神戸地裁などでの判例を元に予備的主張として会社更生前の過払い金の返還に関しても盛り込んでみるという手もあるのかとは思いますが、東京だと本当に微妙だなぁとしか私には今の段階では言えないですね…
まぁ、今の段階では基本的には最高裁判決がまず指針となってしまいますから、そう考えると会社更生前の過払い金に対する返還請求は非常に難しいものになる事は予想出来そうな気がしてしまいますね。
後は和さんが何処まで争うつもりなのかにも拠るとは思いますが、覚悟を決めて訴訟に臨むか、残高0計算で相手に立証責任を求めて争うか、良く考えた上で選択してみて下さいね。
和さんも理解されているように非常に難しい選択になるとは思いますが、選んだ道を最後まで貫き通して、ライフへの過払い金返還請求、最後まで頑張って納得のいく過払い金請求を行って下さいね。
出来る事ならくれぐれも悔いを残さないようにしっかりと訴訟の方針を決めて過払い金請求を行うようにして下さいね。
和さんの選んだ戦い方が、和さんの行う過払い金請求です、これは全ては自己責任になってしまいますが、それでも納得出来る方法を模索してみて下さいね。
また何か進展がありましたら、ぜひコメントして下さいね。
2008/12/15 12:17
» 裁判所の計算間違えの指摘について
こんにちは、ルパンさん、皆さん

アコム判決についてコメントしましたが、判決添付されている計算書が間違っているのではないかと、裁判所に問い合わせしたが、この計算書は裁判官自らが作成していて、書記官は作成していないとの事で、書記官が裁判官に確認すると間違っていないとの事でがっかりです。
本当は裁判所から送られたきた計算書をここで公開したい気持ちですが、事前に計算していた悪意の受益者が認められない場合の金額と変わりない金額で、裁判を起こした意味が全然ありません。
原告が計算した過払い利息0%の場合=495,200
判決決定額=495,202+1,042
武富士、ワイド、アコムと3件の担当裁判官でしたが、ワイドの判決では全面勝訴判決であったが、その時の判決文で気にはなっていた悪意の受益者の立証責任は原告にある記述がありましたが、この裁判官は利益を受ける側が立証しなければいけないようでした。不当利得の判例では、立証責任は消費者金融会社があるはずと判断していて、その部分をもっと主張すべきでしたが、計算間違えを原告から指摘されても裁判官は認めないし、本当に過払い金訴訟を理解しているのか疑問で仕方ありません。
最初から良い印象はなかったけど、裁判所の公平な判断は期待出来なかったと言う結論でした。本当に10ヶ月と一番長い期間戦った結果が判決内容とはかなり乖離している金額で悔しい気持ちや虚しい気持ちだけがこみ上げてきます。最後には笑える気持ちで終わりたかったのに残念ですが、受け入れるしかないと思うと、アコムが裁判を引き延ばした勝利としか言えないです。
Yoshi 2008/12/16(Tue)13:13:24 編集
» Re:裁判所の計算間違えの指摘について
Yoshiさん、こんばんは。
コメントの返信遅くなってしまい、すいません。
計算書の件を裁判所に問い合わせて確認しましたか、でもやはり裁判所の計算で正しかったという事なんですね。
まぁ、残念な結果ですがこれは計算間違いという事はまず無いケースでしょうから確認出来ただけでも良かったですね(まぁ仮にですが間違っていたとしても裁判官自らがそれ認めるとは思えないですけど…)
判決の結果、返還される過払い金の金額は悪意の受益者である事を認めないものとほとんど同一でしたか…
ちなみに消費者金融が悪意の受益者であったという事を立証する責任は基本的にはそれを主張している原告にあります、訴訟上では主張を行った者に立証責任がありますからね…
でも、貸金業者のs悔いの受益者の認定に関しては一昔前まではみなし弁済の適用要件を満たす取引で無かった事と貸金業者は貸金業法を熟知して経営を行っているのが当然であるから、みなし弁済が認められない取引であった事を認める以上は悪意の受益者であったと推認される、というのはセットのような感じだったのですが過払い金返還請求訴訟での悪意の受益者に関する判断基準もかなり変わってきているようですね…
このように一昔前までは争点にすらならなかった事が改めて訴訟上の争点になってきているというのは何だかおかしな感じがしないでもないですね…
過払い金返還請求訴訟はその案件を担当する判事の裁量に委ねられる部分が大きいものですし、司法判断を当たり外れという概念で私は決して考えたくはないのですがこれは前々からある問題ですからどうにかならないものでしょうかね?
Yoshiさんのアコムに対する過払い金請求は長い闘いになってしまった上に今一納得の出来ない結果を受け入れざる得ない形になってしまいましたが、まぁここは何とか納得して後に続く方に仇を打ってもらえるように願っていきたいものものですね…
本当にお疲れさまでした、悔しいとは思いますがYoshiさんが頑張ったという事自体は無駄にはならないと私は思います。
2008/12/18 20:50
» ドラゴンクエスト
こんにちはルパンさん。ヤマトです。

近頃はかなり冷え込むようになってしまいました。ご貴殿も体調を崩されているとのこと。ご自愛下さい。

さて、いつまで経っても途切れることなく「過払い請求中」のコメントが寄せられていますね。
貸金各社が「峠は越えた」みたいな業績予測を平気で発表しておりますが、収まる気配など毛頭感じられませんね。

どちらかと言うと大手の中では「優等生」だったプロミスも最近では対応が悪化しているなんて噂も聞きますから安心できないと言うのが正直なところでしょう。

過払い請求って終えてみるとRPGのようなものと感じる部分があります。
多少穿った見方ですが、貸金業者という「ラスボス」と戦う勇者と言ってよいでしょう。
キチンとした手順を踏めば必ずゴールに到達できるところなどは正にRPG感覚ではないでしょうか。

ちなみに小生もロトさん同様ドラゴンクエストの大ファンだったりします。
初めてドラクエと出会ったのが21歳のとき。Ⅲの発売から3年以上が経過していましたが、思いっきりハマってしまいました。
家にはメタルスライムの置物(金属製)なんてものが在りますし、交響組曲ドラゴンクエストのCDも持っており、雄大なフルオーケストラで聴くドラクエミュージックは今でも爽快なものです。
他にも吹奏楽バージョンの「インブラス」ピアノバージョンの「オンピアノ」も持っており折に触れて聴いていますよ。
ヤマト 2008/12/16(Tue)15:33:01 編集
» Re:ドラゴンクエスト
ヤマトさん、こんばんは。
最近、寒い日と少しだけ過ごしやすい日の気温差が激しいですね…
私の体調を気遣って頂きまして、ありがとうございます。
ただ…現状まだまだ本来の状態までは回復していません、私に風邪をうつした者を探し出したいくらいですw
それでも何とか仕事もしなければいけませんし、外は寒いし家に帰って来たらダウンしていましたので、この過払いブログにコメントを下さっている皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまっているのが歯がゆいです…
でも、そこは多くのご常連の皆様が私以上に良いアドバイスやコメントの交換などをして下さっているのを見ていて本当に嬉しくなりました、私がいなくてもこの過払いブログは問題ないなと、軽くですが感じましたw
ヤマトさんがご指摘されているように「これから過払い金請求を始める」「現在、頑張って過払い金請求している」、というコメントはたくさん頂いていますね、やはり過払い金請求は減少傾向に無く高止まりであるという事なんでしょうね収まる気配などまるで無いですしこれからもまだまだ続いていくと思います、と私の中の小さな世界ではそういう事になっています。
過払い金請求はRPGに似ている、言われてみるとそんな感じかも知れませんねw
私が過払い金請求を行った当時はアコム・武富士なんかが小ボスで丸井が中ボス、アエルがラスボスという感じでしたが、今は多くの金融業者が中ボスからラスボスのようにレベルを上げてきているようですけどね…
まずは何も知らない状態から少しずつ「情報」や「知識」という武器を手に入れて、「やる気」と「努力」でレベルを上げて闘いに挑む、そして気付いた時には中ボスも見下し位のレベルに自分が育っている事もある、まさにRPGのようですね(ただし掛かっているのは命ではなく命同様に大切な自分の払い過ぎたお金ですけどね…)
クリア条件は異なれどエンディングは必ずやってくるという点も似ていますね。
私もドラゴンクエストにははまりましたよ、ⅠからⅨまで一応全てクリアしています、ドラクエⅠ発売の頃は私はまだ小学生でしたが「世の中にはこんなに楽しいゲームがあるんだ」と子供心に感じた事を覚えていますw
今では携帯のアプリでドラクエが出来る時代ですからね、世の中の進化って言うのはすごいものですよね。
ヤマトさんはドラクエのフルオーケストラCDを所持しているんですか、それは羨ましいですね、私の場合はそっち方面よりはルパン三世の音楽を作っているジャズピアニストである大野雄二さん方面に行ってしまっていますね…
車の中で聞くあの感覚は私にとっては非常に心落ち着くものです。
2008/12/18 21:23
» 危惧してます
ルパンさん、皆さん、こんばんは。
先週、東京の認定司法書士が脱税で告発されていました。
所得隠し2億4千万円で脱税額9千万円だったと思います。テレビや新聞では過払い金バブルでの収入とクローズアップされて報道されていました。こういったことから今後の過払い金請求の流れに悪い影響がでてきてしまうのではないかと危惧してます。
にゃんたろう個人としては法律事務所のテレビCMもいささかやり過ぎなのではと感じてしまいます。こういった風潮になってくると貸し金業者も今や弱者なのではないかという見方も生まれてきても不思議ではないかなと思っています。
生意気なことコメントしてすみません。ルパンさん、早く体調取り戻すように祈ってます。
にゃんたろう 2008/12/16(Tue)22:48:33 編集
» Re:危惧してます
にゃんたろうさん、こんばんは。
コメントの返信遅くなってしまい、すいません。
東京の認定司法書士が脱税ですか、しかもかなり高額ですね…
この事は私はこのにゃんたろうさんのコメントを読ませて頂いて知ったのですが、司法書士という法を知る者が自ら犯罪を犯す、先日私がこの過払いブログに紹介した記事にもあったように裁判所の書記官が職務で知りえた情報を悪用し犯罪を犯す、酷い話ですよね…
世の中の一部では過払いバブルなどと言われている事もありましたが、認定司法書士で所得隠し2億4千万円で脱税額9千万円ですか…凄い金額ですね、まさに過払いバブルという状態だったんでしょうね。
TVでの法律事務所のCMに関しては私はその全てを否定はしませんし、過払い金の存在を世の中に知って貰う為には有意義な一面もあるとは思います、ただし深夜などとはいえTVにCMを流す事が出来るという事は…やはり過払い金請求は司法書士や弁護士などにとってはまさに過払いバブルなんでしょうね…
これがにゃんたろうさんの危惧しているように、世間の認識が貸金業者が弱者だという湾曲した風潮に流れてしまうような事にならなければいいなぁとは思いますね。
立て続けに起きた法曹に携わる者の犯罪、その立場を利用しての悪質な行為、これは許される事ではないですね…出資法を楯にして長期間に亘って不当に過払い金という利得を得ていた消費者金融などと大差無いと言われても仕方ない事のような気がしないでもないですね。
私の体調を気遣って頂きまして、ありがとうございます。
にゃんたろうさんもこの寒さで体調を崩したりしないように気を付けて下さいね。
2008/12/18 22:09
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]