忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
消費者金融大手、不良債権の比率上昇・審査厳格化で返済滞る

消費者金融大手の不良債権比率が上昇している。アイフルと武富士は20%を超え、アコムとプロミスも10%近くと、いずれも5年前の2倍以上になった。各社が過払い利息の返還請求や、上限金利を引き下げる貸金業法改正に向けた融資審査の強化に追われ、不良債権が増えてきた。ノンバンク事業に力を入れる大手銀行の収益見通しを狂わせる可能性がある。

不良債権比率は3カ月以上返済が滞ったり、金利を減免したりした債権が貸出残高に占める割合。大手4社のうちアイフルの同比率は2002年度末に約6.8%だったが、07年12月末には21.6%に急上昇した。武富士も同じ期間に10.1%から20.3%と2倍に拡大した。(日経ネット引用)

消費者金融の示す不良債権とは
どうやら
>3カ月以上返済が滞ったり、金利を減免したりした債権
の事とようですが、金利の減免に関しては最終的に貸金業規制法で定められた上限金利以下には通常はならないですよね?

例えば、仮に過払い金の存在を知らずに返済が滞っている状態で貸金業者側から金利の引き下げや金利無しでの分割払いでの支払いを進められる事ってありますよね、これ一見したら契約者本人にとっては消費者金融からすごく親切にされているようにも感じる可能性がありますが、このような場合って、おそらくまずほとんどの場合その取引は過払い状態になっているという事ですよね?何だかおかしな話ですね(´・ω・`)

また記事中の
>各社が過払い利息の返還請求や、上限金利を引き下げる貸金業法改正に向けた融資審査の強化に追われ、不良債権が増えてきた。
というくだりも気になるところですね、過払い金返還やグレーゾーン金利の撤廃と不良債権、これはどういった関係があるんでしょうかね?

返済が滞っている債権や貸倒れ金を不良債権とするのは分かりますが、過払い金特定調停などで金利の減免が行われた物を不良債権と言われても…といった感じですよね(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 強制執行をしました
ルパンさん、みなさん、ご無沙汰してました。
三和ファイナンスへ債権執行してきました。
先週に東京に行ってきたのですが、今日銀行から陳述書が送られてきました。
結果ですが、深刻です。
3つの銀行を押さえたのですが、一つは口座がなく、一つは400円しかなく、30万円が口座にあったところは既に差し押さえが入ってました。競合です。わたしの過払い金より他の人たちの方が金額が大きいので、分配されても、執行費用程度にしかなりません。動産執行を考えなくてはいけないかもしれません。
とても深刻な状態です。皆さんに良い報告をしたいと思ってましたが、過酷な現実に直面してます。
きょぱん 2008/04/08(Tue)19:52:42 編集
» Re:強制執行をしました
きょぱんさん、おはようございます。
三和ファイナンス…深刻ですね、400円て、今時小学生でも喜ばないような金額ですね。
一行は空振り、一行は400円、30万残高の有った口座は競合ですか、どうにもならないですね。
やはり現在では三和ファイナンスから過払い金をまともに取り返す事は非常に困難を極めるようですね、でも三和も貸付金に対する利息は必ず回収しているはずなのですから、それがいつ何処にどのように集められているのか?これが分からないと難しいですね…
そんな状況ではあまりにも虚しいですね…
何とか情報を集めて頑張って下さいね、応援しか出来なくてすいません…
何か良い情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスよろしくお願い致します。
2008/04/10 08:59
» ありがとうございます。
ルパンさん、励ましの言葉ありがとうございます。
親のこととはいえ、友人とかにも相談できず、とても孤独な感じがして、3月のはじめくらいは仕事も忙しく、少し精神的にまいってしまいました。
広島高裁の判例、どういう事案なのか調べたのですが、わからなかったです。
1月18日の件だけでも頭痛いのに…
最近は原告のほうが追い詰めらるてるような閉塞感があるので、こちらも情報を共有して打破したいです。
にゃんたろう 2008/04/08(Tue)23:04:59 編集
» Re:ありがとうございます。
にゃんたろうさん、おはようございます。
過払い金請求や借金に関する事は中々人に相談も出来ず辛いものですよね。
でもこのブログ上では色々な人が多くの方の悩みや疑問に耳を傾けてくれていると思っています、これはとても嬉しい事ですよね。
広島高裁の裁判例、私も少し調べたのですがネット上では見かけないんですよね…でも法曹関係の者の中ではかなり金融業者にとって利用価値のある裁判例として類似裁判例として訴訟上で示されているようで困った物ですね。
一昔前と言っても一年位前は過払い金返還請求訴訟に関してはかなり原告有利な状況であったのが、現在では微妙なバランスになってきてしまっていますね。
何とかこのような状況を打破出来るように、様々な情報を共有して知恵を出し合い、ふざけた金融業者から私達のお金「過払い金」を取り返す事が出来るよう、頑張っていきたいものですね。
う~ん、でも最高裁6.7が前提にある限り一連の取引で生じた過払い金の時効起算点は明確に示されているような気がするんですけどね…
2008/04/10 09:09
» 期日変更
ルパンさん、度々すみません。
今日、帰宅したら裁判所より封筒が届いていました。武富士からの答弁書かと思ったら、被告代理人から期日変更申請の連絡でした。第二回口頭弁論の期日も武富士の希望で2ヶ月先になったのに、またかよという感じです。
この時間を利用して、親は高齢で耳が遠くなっており、判事からこの方だと難しい(ボケてると思われた?)と言われたので後見制度の補助の申請を検討しようと思います。
にゃんたろう 2008/04/09(Wed)20:20:57 編集
» Re:期日変更
にゃんたろうさん、おはようございます。
武富士の勝手な都合で第二回の期日が二ヵ月後になったんですよね?さらにそれをまたもや勝手な都合で引き延ばそうというのですか武富士は?
それ普通に申請の却下を求める上申書でも提出しておけば却下して貰えませんかね?第一更なる期日の延期理由は何なのですかね?その申請に正当性はあるのでしょうか?
にゃんたろうさんのお父上の体調の問題もあるとは思いますが無駄な時間稼ぎに付き合う必要は無いような気がするんですけど…
補助申請、認められると良いですね、頑張って下さいね。
2008/04/10 09:39
» 債権譲渡の通知相次ぐ 一括請求の消費者金融業者から
おはようございます。逆襲のルパンさん、皆さん
消費者金融会社が返済が遅れた場合に、一括返済を要求したり、他社に債権を譲渡したりしています。

***************************************
山形市内の消費者金融3社が債務者に借金の一括返済を求めている問題で、先月下旬以降、債務者から県弁護士会(五十嵐幸弘会長)に対し「(3社から)貸付債権を別の業者に譲渡したとの通知が届いた」とする相談が相次いでいる。9日現在、弁護士会にはこの件に関する相談が17件寄せられており、突然の通知に債務者は混乱しているという。一括返済問題に取り組んでいる県弁護士会所属の弁護士有志は「会社をなくして利息制限法の金利を超えた過払い分の返還請求を免れる狙いがある」との見方を示しており、「通知が届いたらすぐに弁護士に相談してほしい」と呼び掛けている。

 3社は昨年10月下旬から債務者に対し一斉に「以前、約定返却日より支払いが1、2日遅れたので一括支払いを求める。返済しないと連帯保証人に取り立てする」と、過去にあった支払い遅れを理由に一括返済を求めている。「返済方法が突然変更になり困っている」などの相談を受けた県弁護士会所属の弁護士有志5人(外塚功代表)は昨年12月、「軽微な支払い遅れを理由とした一括請求は不当」として県に対し、是正措置を要請している。

 県弁護士会消費者問題対策委員長の峯田典明弁護士によると、「債権を譲渡した」との通知が債務者に届き始めたのは先月下旬から。峯田弁護士が相談を受けた男性には「貸付債権(利息、遅延損害金を含む)を平成20年2月28日付にて別の消費者金融業者に譲渡したので通知する。今後、債権の弁済は譲渡先の業者にするよう依頼する」との文書が届いた。封筒の中にはこの件に関する「承諾書」も同封されており、住所、氏名を記入し、押印して返信するよう求めていた。
 3社が譲渡したのは岩手県や北海道の業者で、いずれも最近になって各知事の登録を受けていたという。こうした状況から外塚弁護士は「譲渡先の会社は、債権を移すためだけに設立した可能性が高い」と推測、「通知が届いた人の数や文書の中身を早急に確認し、有効な対策を講じたい」と話している。

 実態把握のため、県弁護士会は10日午前10時から午後3時まで山形市の同会事務所で無料相談会を開くことを決めた。相談は電話でも受け付ける。023(635)3648。

 過払い返還請求 最高裁は2006年1月、利息制限法(金利15-20%)と出資法(同29.2%)の中間金利(いわゆるグレーゾーン金利=20-29.2%)を事実上認めない判断を下した。これまで多くの消費者金融業者はグレーゾーン金利で融資してきたが、同金利での取り立ては不当になったため、06年ごろから全国で過払い分の返還を求める動きが広まり、山形地裁では昨年、300件を超える訴えを受理した。同地裁によると、前年と比べ2倍以上も増えたという。

http://yamagata-np.jp/news/200804/09/kj_2008040900125.php
***************************************
Yoshi 2008/04/10(Thu)08:08:35 編集
» Re:債権譲渡の通知相次ぐ 一括請求の消費者金融業者から
Yoshiさん、おはようございます。
また新たな過払いにも関連している情報を提供していただきまして、ありがとうございます。
軽微な返済遅延から他社への債権譲渡による貸付残金の一括返済請求、新たな過払い金返還逃れとも言えるような事ですね。
そのような事がまかり通ってはいけないと思いますので注意が必要ですね。
2008/04/11 09:36
» 第一回口頭弁論が終わりました。
こんにちは、逆襲のルパンさん、皆さん

第一回口頭弁論で4社が終わりました。逆襲のルパンさんのブログにも書かれていますが、内容は訴状、答弁書の陳述と次回口頭弁論の期日を決めるだけでした。昨日は簡易裁判所で3社あったのですが、過払い金返還請求事件が、他に10件程度あり、民事調停についても20社近くあり、改めて各自が考えて自分にあった方法で、裁判を起こしたり、民事調停しているようです。件数の多さにびっくりしています。今日は地裁で1社ありましたが、地裁でも他に3社ほどあるのを確認しました。ちょっとがっかりだったのは、簡易裁判所も地方裁判所も裁判官は和解勧告をするし、裁判官は被告側なのかと思ってしまいました。昨日は兄に代わって原告として簡易裁判所に立ったのですが、裁判官が最後に弁護士、司法書士にお願いするように言われ、弁護士、司法書士に依頼するなら、最初からそうしていたと言いたかったが、それを声に出さないで終了しました。

各社の答弁書の内容です、各社の争点ですのでこれから裁判をする方々の参考にして下さい。
アイフル、ワイドは、貸金業規制法43条=みなし弁済を主張し、17条18条書面が整っていると主張し、留保しています。
ここはアイフルとワイドは資本関係があるので、争点は同じでした。
アコムは答弁書では争点がかかれていなくて、ここは裁判の数日前に電話があり、和解したいと電話があり、兄に代わって、相手には説明しましたが、簡易裁判所は第一回口頭弁論で認められる為に、まだ兄の代理人になっていないため、交渉は第一回口頭弁論以降に行う予定です。ただ、男爵イモさんのような対応があるのかなと思っていますが、自分は他社に比べて一番紳士的対応でしたので、担当者にもよるのかなと思っています。
武富士との争点は、一連一体を認めない主張です。
武富士は借入残高は多いのですが、過払い金は8万程度なので、武富士が提示している金額は3万程度ですので、どうしようか迷っています。これからどっち良いか検討してみます。

今日地方裁判所で争っているのがアイフルで、事前には兄に今日の裁判官とのやり取りや、争点をメモして内容も説明しましたが、理解していないようで、これから裁判を維持するのが難しそうなのですが、早期に和解するか準備書面を提出して戦うのか迷っています、地方裁判所には本人に代わって法廷に出廷できるのは弁護士以外方法は無いのでしょうか?今後相手の弁護士が被告席に来ても、戦えるか不安です。皆さんから良いアドバイスがあれば教えてください。
Yoshi 2008/04/10(Thu)13:06:33 編集
» Re:第一回口頭弁論が終わりました。
Yoshiさん、おはようございます。
第一回口頭弁論終了と言う事ですね、お兄様に付き添っての出廷だと思いますがお疲れさまでした。
過払い金返還請求や民事調停など借金やお金に関する訴訟はやはりまだまだ多い様子ですね。
基本的に民事訴訟は判決では無く、両者の歩み寄りによる和解での解決を求められる事が多いですね、特に簡易裁判所では過払い金返還請求で判決を貰うのは結構大変だと思います…司法委員などの和解しろ攻撃にかなりげんなりする事だと思われますので…
それからやはり基本的に地裁では弁護士以外が本人の代理で法廷に立つ事は出来ません、代理権がありませんから…これは法律上の問題なので仕方が無いと言えば仕方が無い事になってしまいますね。
各社の答弁書内容に関しては色々と参考になりますね、現在の過払い金請求での各社の答弁は今後各社に対して過払い金返還請求訴訟を起こそうと考えている方にとっては先に相手の主張してくる事を知る事が出来ますしね、まぁ全ての案件で同一という事は無いでしょうが参考にはなりますよね。
アイフル・ワイド、アコム、武富士とそれぞれにまだ問題点は残っているようですが、アイフルの43条の適応要件を満たしているという主張の立証留保は無視しといていいでしょう、99%いや多分100%の確立で立証出来ませんからw
アコムに関してはやはり少し時間稼ぎ的な臭いがしてきますね、後はYoshiさんんも思われているように地域や担当や案件内容によっても多少なり対応が違っているのでしょうかね?
武富士に関しては請求金額と和解提示金額の差額が5万円ですか、一連の取引である事の否認という事ですので、取引の内容にもよりますが確かに悩み所ですね…私としましては今後の状況なども考慮の上で納得出来るラインを探して早期に解決出来ればそれが一番良いとは思うのですが、まぁそれに関してはよく考えてみて下さい。
問題は地裁案件のアイフルですね、第二回までにはまた新たな動きもあるとは思いますが、お兄様の状態から考えるとやはりなるべく早期解決を目指す方向で考えていくのが良いのかなぁとは思います。
これから色々と動きも出て来るとは思いますが、最後まで挫けずに頑張って下さいね、また進展など有りましたら、ぜひ報告コメントの書き込み、よろしくお願いしますね。
2008/04/11 10:01
» アイフルとの第一回口頭弁論のご報告
ルパンさん、こんにちわ。
先日メールさせていただきましたT・Yです。

みなさんとっくにご存知のことも多いと思うので、簡単に報告をさせていただきます。

東京簡裁でアイフルとの第一回口頭弁論でした。
相手は、予想通り「みなし弁済であるから、不当利得とはならない。ただ、元金は返還することを和解案とする」という意味の通らないものです。

こちらは当初の請求を安易には崩したくないので、
和解は受け入れないといいましたら、裁判官が
「判決か、和解を受け入れるかを今すぐ決めて!!」とのことなので、和解はとんでもないと思い「判決です」と言ったところ「ええー、大変だよ。和解にしたら、和解」と言ってきたので「こんな和解は受け入れられないです。」と答えると、司法委員とやらの年配男性が「私が説明をします」とのことで別室に連れて行かれました。
「判決は大変だから和解にしたら。判決にしたってこの利息分は認められるかわからないし、素人(この言葉を連発してました!!)には強制執行は大変だよ~。殆ど元金を返すというのはまあ良心てきな方だと思うけどな」と繰り返すので「和解か判決かの二者択一なんですか」と聞くと、ようやく「続行というのもあるけどね」と認めました。
法廷に戻ると、呆れ顔で裁判官に話し、裁判官も苦笑してました。

もちろん、弁護士をつけないのですから、基礎的な知識をつけていくのも必要ですが、3種類の選択のうち2種類しかないかのような提案をする裁判官も
不親切だなと思いました。
一体、おまえら、誰の味方じゃい、と言う感じですね。
法律上、本人訴訟も認められているのですから、素人にもわかりやすくするのが大原則だと思います。
私などは、このHPで勉強させていただいてますが、PCもない、なかなか見る暇もない、という方もいるでしょうし。
しかも、まるでこちらが請求するのがゴネているかのような気にさせられます。お互いに非があるもの同士が歩み寄るのが本当の「和解」であって、一方的に余分に払ったものを返すなんてのは和解でも何でもなく、幼稚園のころから教えられてることですよね。

同時に、三和ファイナンスの不当利得返還請求事件を扱っていましたが、50万円くらいの請求に対し、三和側の弁護士が「7万円でどうですか。机もなにもかも全部持っていかれてる状態です。心苦しいんですが、ない袖はふれないんですよ。頼みます!!」と原告弁護士に頭を下げていました。
三和を相手にしている方、急がれた方がいいと思います。この事件だけで判断するのもよくないかもしれませんが。

強制執行は、名義を移してしまったものにはできない、という法律もなんとかならないのでしょうかね。逃げ得になりますし、判決なんて絵に書いた餅ですよ。判決前にさっさと個人の財産にしたり、知人の名義に書き換えるなんて当然のようにしてますからね。結局きちんと手間隙・お金をかけて裁判するより、ヤクザっぽい人にお金を払ってお願いした方が早い、なんていう暴論に異議を唱えられないですよ。
諸外国とかはもっと柔軟に対応しているのか、知りたいところです。
とにかく、三和相手の方が心配になったもので、コメントさせていただきました。なにも出来ずに心苦しいですが、情報収集に協力できればと思います。
とにかく、皆さんのがんばりを励みにして、私もがんばります。
T・Y 2008/04/18(Fri)15:00:38 編集
» Re:アイフルとの第一回口頭弁論のご報告
T・Yさん、こんばんは。
先日メール読ませていただきました、一応返信したのですがちゃんと届いてましたかね?
さて、アイフルに対する過払い金返還請求ですが、出廷お疲れ様でした、ただ何だか意味不明な議論が法廷では行われているんですね…
アイフルの主張している
>「みなし弁済であるから、不当利得とはならない。ただ、元金は返還することを和解案とする」
これ、私にしてみれば突っ込みどころ満載のw意味不明な答弁ですし、なんで「和解案とする!」とか上から目線なんですかねw
みなし弁済が成立していると思っているなら和解する必要も無いし、素直にみなし弁済の適用要件を満たしていた事を立証してくれば良いのになぁwww
なんて思ってしまいますね。
それに「和解してやる」に近いような上から目線の相手と和解する必要性はまるで無いと私も思いますけどね、どうやらT・Yさんのアイフル案件は簡裁らしいですね、司法委員、これ結構ウザイんですよね「和解しろ、和解しろ」って、お前の金だったらそんな条件で誠意の感じられない相手と和解するのかよ?と聞いてあげたいものです。
それに判事がよく口にする「強制執行は大変だよ」とか「素人なのに」とか、まるで意味が分かりませんね。
民事訴訟の基本は個人訴訟でしょうし、弁護士や司法書士はあくまで代理人に過ぎないと思いますし、強制執行に関しても三和ならともかくアイフルあたりの今後の事業展開を考えているような大手に対してはそれ程の苦労は無いものではと私は思うんですけどね、強制執行に関しても全ての業者に対する事を一緒くたに考えているようじゃ話になりませんよね。
判決か現段階での和解の2者択一を迫っている時点でかなりその判事はやる気なしと見受けられますね、簡裁らしいと言ってしまえばそれまでなのかも知れませんが…ムカつきますね。
今後もまだ色々とあるかとは思いますが心を折らずに最後まで頑張ってご自身の納得出来る形でのアイフルに対する過払い金返還請求を行ってくださいね。
私も出来る限り、陰ながらですが応援させていただきますね。
PSやはり三和は末期的何ですかね?もう通常の民事訴訟だけではどうにもならないところまで来てしまっている感がありますね、こういう時こそ国や行政などが何か考えて実行してくれたら、と思わずにはいられませんね。
2008/04/18 20:40
» 追加
ルパンさん、メールのお返事は頂きましたよ。
忙しい中丁寧にありがとうございます。

さきほどのコメントへの追加ですが、今日簡裁で見た三和ファイナンスの件です。

弁護士が原告側に「本当に調べていただいて結構なんです。本当に何もないんです。店舗をどんどん閉鎖している最中で、残りの数十店舗も近々閉める予定なんです。ホント、調べてみて下さい」と言っていました。これが、倒産をさすのか、企業再生で存続していくのか、何を指すのかはわかりません。
でも原告の弁護士さんも何も言えずにいたくらいでした。
真面目に返し過ぎていた方たちがたくさんいるでしょうに。国はそれを放置しておくのでしょうか。
また、それに対して弁護士たちが集団で何か方策をとれないのか、考えてしまいました。

ルパンさんの励ましの言葉はうれしかったです。
ご自分のことだけでなく、他の人への共感を持ち続けるのはすばらしいですね。
私も、自分の問題が片付いたらそれでいい(片付けば、の話)のではなく、しつこく問題を追及していこうと思います。
T・Y 2008/04/18(Fri)22:11:05 編集
» Re:追加
T・Yさん、三和ファイナンスかなりというか末期的ですね。
それでも三和はお隣韓国での消費者金融事業はかなり上手く行っているようなんですけどね…
国内がダメな分、その資本を海外で運用という事なのでしょうかね、それも元々は私達日本人が三和に対して払い過ぎたお金である過払い金も含まれているのでは?と思ってしまうのですが、私はその辺りの事まではあまり詳しくないので、何だかなぁ…と思う事くらいしか出来ないですね。
ただこれはもしもですが三和が上記のような事を意図的に不法行為を絡めて行なっているのだとしたら…
日本の行政に求める物は大きな物になってくるでしょうね。
私も過払い金返還請求を自身で行うまでは本当に人から見ればくだらない人生を送ってきたと思っています。
ですから、自分が過払い金請求を通じて感じた事や学んだ事を少しでも多くの人に伝えていく事が出来れば…まぁこれは単なる自己満足になってしまうのかも知れませんが、それでも自分という1人の人間が何かをする事が出来たと思えるのでは思っていたりします、何だか変な話ですね、すいません。
この過払いブログを書き始めてから、もう1年以上、多くの方と多くの事を語り合ったり喜びや悔しさを共有してくる事が出来ました、顔も名前も知らない多くの人と同じ価値観を共有する事が出来る、これはネットという物が与えてくれた私の財産であると思っています。
T・Yさんもご自身の過払い金返還請求を頑張る事とともに1人でも多くの方に「過払い金請求」や世の中に存在するおかしな事を伝えていって下さいね。
2008/04/18 23:27
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]