忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

消費者金融ATM、利用料最大630円

消費者金融会社が貸出金利を引き下げる代わりに、利用者から徴収出来るようになる現金自動出入機(ATM)利用料について、金融庁が上限を630円にする方針である事がわかった。貸金業法(旧貸金業規制法)には上限金利を年29.2%から15~20%に引き下げることが盛り込まれたが、ATM利用料を含むと実質金利が年50%を超す場合もあるという。
金融庁は、今秋に定める貸金業法規則でATM利用料を決める。同庁の原案では、3万円以上の引き出しや返済の場合の利用料は最大630円。3万円未満の場合は同420円とし、幅広く意見を募るパブリックコメントをすでに締め切った。
利用料の上限が適用され、年利20%で3万円を借りた場合、ATMから引き出した際に630円かかり、毎月3000円返済するたびに420円の利用料が発生。金利とATM利用料を合わせた実質年利が53.3%になる計算だ。10万円を借りて毎月1万円返済した場合は実質年利が26.9%となり、いずれも改正後の上限金利を大きく上回る。
自民党の後藤田正純衆院議員と森雅子、丸山和也参院議員が2日、同党の谷垣禎一政調会長を訪れ、「法の抜け穴で、実質的な金利負担の増加だ」と指摘。法改正の際に金融庁課長補佐として法案作成にあたった森氏は「当初は夜間手数料100円くらいは認めるとの話だったが、630円は高すぎる」とし、引き下げるよう要請した。
一方、金融庁は「これはあくまで上限。業者が負担する実費以上に利用者から徴収したら、行政処分の対象にする」として、原案の利用料で問題ないとの立場だ。
従来は金利にATM利用料も含まれていたが、法改正で金利とは別にATM利用料を徴収していいことになった。(朝日新聞引用)

ちょっと長い記事ですが朝日としては珍しい消費者金融関係のニュースからです( -д-)ノ

記事を読んでみました…もうね、アフォかと(;´Д`)ハゥ
何なんですかね、これ?金融庁、何を考えているのかと、唖然としましたよ(・◇・)
貸出金利を引下げる代わりにATM手数料を徴収していいって…グレーゾーンでの貸出金利は貸金業規制法違法だったから引下げるんだろうがっ!何で今更そんな代替案みたいなのが出て来るんだよ!場合によっては実質の支払いが年利50%軽く超えてるじゃねぇかよっ!どこの闇金だよっヽ(#`Д´)ノ!

金融庁は最高裁に完全に喧嘩を売っていますね、金融業者がグレーゾーン金利での商売が出来なくなり、過払い金請求の増加などで利益が減ってきたからでしょうか?
過払い金返還請求に対しての最高裁の英断や先人達の努力、その結果がこれですか…(´ ;ω ;`)?

手数料が1万円借りて420円、3千円返して420円、3万円借りて630円3万円返して630円???
消費者金融のATMってのはどんだけ複雑でコストの掛かるシステムを使ってんだよ!そんなもんぶっ壊しちまえ(ノ`Д´)ノ ムフォー

後はこの部分にも大注目ですね…(  -д-)ノ
>金融庁は「これはあくまで上限。業者が負担する実費以上に利用者から徴収したら、行政処分の対象にする」として、原案の利用料で問題ないとの立場だ。
何が問題ないのか、俺の少ない脳みそで小一時間…
人件費・修繕費・維持費etcって事で、後からいくらでも言い訳出来るだろうがぁ~( `Д´ )!

皆さん、過払い金請求です、早く過払い金請求をして、こんな事を企てているような業界とは手を切らないと大変な事になります、とっとと過払い金を取り返して、消費s金融などとは二度と関係の無い生活を送れるように頑張りましょう、日本は着々と素晴らしい国になりつつありますよヽ(#`Д´)ノ

そしてたぶん、明日もまたふざけたニュースの紹介になります…(´・ω・`)

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 出資法違反
過払い金が発生している状態で返済を受けるのは、無限大の利率で利息を受領したことになるはずです。これは、出資法5条3項違反で、10年以下の懲役、3000万円以下の罰金になります。トライトは、過払いが発生していることを承知で受領しているし、プロミスも悪意でそれを幇助しています。監督官庁に行政指導、行政処分の申告をすべきだと思います。
通りすがり 2007/10/04(Thu)06:10:27 編集
» Re:出資法違反
通りすがりさん、おはようございます。
今、出資法の条文を見てきたのですが、一応出資法の貸付上限利率を超過していないのでみなし弁済が成立していると思っていた、で切り抜けられてしまいそうですね(みなし弁済など成立していないのは周知の事実ですが…)
通りすがりさんの主張されている事に類似して金融会社に対する架空請求認定訴訟というものが起こったのだと思います(残念ながら最高裁までは行きませんでしたね)
また今日書いた記事にもあるように監督官庁の1つである金融庁があんなんですから…日本の未来は暗そうですね。
通りすがりさん、いつも貴重なご意見ありがとうございます。
プロミスやアイフルの行為に明らかな脱法行為や信義則違反が認められるなら、行政処分の申立は確実に必要になってきそうですね。
2007/10/04 06:26
» お役所ってとこは
どこもかしこも腐ってるんですかね…。

こんにちは、ルパン様。皆さん、お疲れ様です!
市町村及び社保庁の年金横領を始め、昨日の金融庁の法案など、全てとは言わないまでも、お役所って所は一体どうなってるんですかね(怒)。昨日の法案など、どう考えても金融業社(皿)と役人との癒着アリとしか思い浮かびませんが…本当、もうアフォかと思います。まあ、それで利用者が無くなればそれに越した事はないので、飛躍的に良い理解をするとすれば、皿金業社はいずれ消滅への道を辿る、と言えなくもないですが…。自分自身としては、皿金業社など、もう関わる事の無い企業ですし、皆が過払い金を回収したら、いっそのこと消えてしまってくれた方がイイんですけどね。

先日、当方のアイフル訴訟は、4回目を以て結審いたしました。結局、被告側からは新たな主張も弁論も無く、およそ3週間後には判決が出ます。今のところ、控訴は無いだろうと読んでいますが、今やなりふり構わずの皿金業界ですし、完全勝訴の判決が出ても、当該判決が確定する11月初旬までは落ちつかない日々です。もう何もする事がないので、あとは判決言渡しを待つのみですが、「消滅時効の援用」「一連計算の認否」についての事案なので、毎朝「どうか神判事であって欲しい」と、東の空に向かって祈っっております(笑)。当方事案は委任先の職においても、今後その争点に対応するモデルケースになるとの事なので、判決確定の際には、構わなければ、ルパン様宛て送付させて戴ければと思います。
閑話休題…
先週末の「F1日本GP」、日本勢には残念な結果でしたね。富士は何と言っても一番に、「長いホームストレートでの高速オーバーテイク合戦があって、他のコーナーワークも活きるレイアウト」だと思うので、やはり雨は合わない、ですね。ライコネンの過激なアタックなど、それなりに見どころはありましたが、全体的には物足りなさが強く残ったレースでした。また次回に期待です(苦笑)。その一方で、「読売巨人軍、5年振りのリーグ優勝」です!(万歳!)監督が東海大相模で甲子園を沸かせた頃からの、根っからの原ファンなので、サヨナラの瞬間には思わず涙してしまいました。中日ならびに阪神ファンの方には大変申し訳ありませんが、ありがとうございました。CSでお待ちしております。
m(u_u)m

後半は過払いに関係なく記してしまいました。いつもすみません。後日、判決報告いたします。
第20使徒 2007/10/04(Thu)12:30:41 編集
» Re:お役所ってとこは
第20使徒さん、こんばんは。
今回の記事の金融庁630円問題wはまだ確定した訳では無いようですが、まぁそう内容も変わらずに可決されるんでしょうね…もうアフォかと。
社保庁といい政治家といい、日本がドンドン素晴らしい国になってきてる事が分かる話ですよね。
さて、アイフルはついに結審しましたか、判決は3週間後ですか、楽しみでもあり不安でもある時間ですね。
先日2ちゃんねるの過払いスレを見ていたら、武富士のATM内の現金に執行を掛けた兵がいましたw確かに仮執行宣言さえ付いていれば一応確定を待たずに執行掛ける事も出来ますし、ATMではなく、ATM内現金なら執行可能ですね良いアイディアでありかなりの嫌がらせになると思いました、1つのアイディアですねw
第20使徒さんが判決確定の際か入金確認が出来次第でもぜひ内容について教えていただければ嬉しく思います。
まだまだ過払い金の入金を確認するまでは安心出来ませんね、あと少しの辛抱ですね、頑張って下さいね。

話は変わりますが…
F1日本グランプリ、確かに少々残念な内容でしたね、私はそれでもそれなりに楽しめてしまいましたが、晴れていたらまた違った形で楽しめたのかなぁ、と思っています、これは来年に期待したいですね。
原巨人、優勝でしたね、勝ち方は…相手がヤクルトらしかったなぁ、といった感じもありましたが、見事本拠地で優勝でした、クライマックスシリーズに日本シリーズが楽しみですね。
2007/10/04 20:33
» 金融庁って
金融庁って本当に馬鹿ですね、これまでも曖昧な上限を認めてきたからこそ、過払いが発生してると言うのに、、、何も資本が要らない上18パーのボロ儲けなのに、また債務者に重りを架けてくるとは、人間じゃないですね、許せません!!

過払いなのですが、今日予定通り提訴致しました、訂正印を数カ所押す事になってしまいましたが、なんとか受理してもらえました。

それでルパンさんに報告しようと思ったら金融庁のニュースが、、、

そんなに世の中曖昧なものだったら、6%も、包括契約の極度額での引き直しも、全て認めろよ!!って気持ちになります

ATMの手数料が認められない事を切に願います
次元 2007/10/04(Thu)13:12:34 編集
» Re:金融庁って
次元さん、こんばんは。
本日無事に提訴終了ですか、お疲れさまでした。
まぁ、訂正印数箇所はご愛嬌と言う事ですね(私の初提訴の訴状は「訂正印だらけ」でしたからねw)
そして金融庁630円wの話題ですが、私には金融庁の役人が悪いのか、政治家が悪いのか、消費者金融が悪どいのか、その全てなのかは分かりませんが…もうねアフォかと、以外に言葉が見つかりませんでしたよ。
確かに過払い金請求が終了してしまえば、消費者金融とは無縁の生活を送る事になりますが、それでもこのような事を黙って認めてはいけないと思います。
法案成立の前に一般的な良識において審議される事を、切に願うばかりですね、こんなんが通ったらただの弱者いじめ以外のなんでもないですからね。
次元さん、頑張って過払い請求を終わらせて、こんな事をまじめに議論しているふざけた業界とお別れ出来るように、頑張って下さいね。
2007/10/04 21:03
» ご無沙汰です
今日の記事私も読みました。
いつもルパンさんが仰っているように、私も脊髄反射的に新聞に「何でやネン」って周りの目も気にせず一人突っ込みを入れてしまいました。
さて、かねてからの新洋信販は特に新しい争点も主張してこず相変わらず「債権は買ったが債務までは買ってない」で先月末弁論終結しました。今月末には判決です
第20使途さんと同じく「神判事」であることを祈る日々です。
プロミスも今日準備書面が届き「取引の分断」「第一取引の時効の援用」を主張してきました。「半年で分断???取引口座も同一系列でお前の所が明細送ってきてんだろ」と又大声で突っ込み(笑) 涼しくなってきた気候に逆行すべく一人真夏の一日を過ごしてしまいました。
連休明けに二回目の弁論なんで、シッカリ論理武装して弁護士相手に挑んできたいと思いますんで、今後共ルパンさんには叱咤激励のほど宜しくお願いします。

赤い彗星 2007/10/04(Thu)21:11:50 編集
» Re:ご無沙汰です
赤い彗星さん、こんばんは。
お久しぶりですね、まさに、「もう、アフォかと…」としか思えないようなニュースですよね、「問題はないと考えている…」そんな事考えてるのはオマエラだけだよ!と一人ツッコミの嵐でした、未だに意味不明ですよ。
信用信販とやらは面白い主張を続けているんですね、例えるなら遺産相続でも不動産や現金は相続するが借金については相続しない!という主張みたいなもんですかね?少し例えは違うかも知れませんが、それが出来るなら夢のような話ですねw
プロミスもお得意の分断と時効の主張ですか、まぁ主張をするのは自由ですが取引口座と履歴が同一で具体的な根拠は示せるんですかね?
確かに取引きの分断や時効については予断を許せない現状ですが、何とか判事を納得させられる主張を行なって、納得の行く形で過払い金請求を終わらせる事が出来ると良いですね。
赤い彗星さん、私は叱咤激励と言うほどの大それた事は出来ませんが、ずっと赤い彗星さんや過払い請求を頑張っている皆さんを、応援していきたいと思っています。
糞業者になんか負けずに頑張って下さいね!
2007/10/05 01:38
» 無題
おはようございます。
確かにルパンさんのおっしゃるとおり形式的には出資法違反にはならないと思います。しかし、最高裁判決、貸金業法改正等みなし弁済がほぼ確実に認められない状況での今回の行為です。皆さんおっしゃるとおり金融庁は業者よりだと思います。何の声もなければ業者の行為を黙認するでしょう。みなし弁済がそうでした。声を上げることが大切だと思います。そのうち、トライトの件も裁判になるでしょう。親子会社を隠れ蓑に架空請求をし続けたという主張も可能かと考えます。そのときに監督官庁に指導処分の申告をしたのになんの指導もしなかった監督官庁の監督責任が問われるかも知れません。架空請求の裁判で、業者が堂々とみなし弁済について「監督官庁にも容認されていた」と主張しました。架空請求と認定された行為を監督官庁が認めていたということになります。金融庁としてもこのような主張をされる事は避けたいでしょう。そのことを認識させるために、それなりの数の申告は効果があると思います。紙一枚と80円切手でできるのですから。長々と取り留めのない話になってしまい申し訳ありません。
通りすがり 2007/10/05(Fri)06:46:29 編集
» Re:無題
通りすがりさん、おはようございます。
いえいえ、貴重な意見だと思います、確かに我々消費者側が何の行動も起こさなければ黙っていて改善される問題ではないですからね。
確かに架空請求訴訟で業者側がそのような主張をしているのであれば、同様の案件が増えた場合には監督官庁としての立場は危ういものになりますからね。
やはり消費者金融などの悪質な過払い金返還逃れに遭っている場合などには、監督官庁に申立を行ない、その申立を甲号証として訴訟で使用するくらいはしないと駄目ですね。
過払い金請求がこれだけ大きくなった事と同じように、小さな行為から大きな力になる可能性はありますよね。
いつも、貴重なご意見を頂きまして、ありがとうございます。
2007/10/05 09:18
» 無題
ルパンさん、おはようございます。いつも、ご返事ありがとうございます。出資法5条は「当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。」となっています。受領や要求しただけで該当します。貸金業法43条のみなし弁済は18条書面の交付が必要とされています。利息制限法上限利率の利息を受領する瞬間では18条書面の交付はされていないので、みなし弁済は成立しておらず、その後18条書面が交付されて初めてみなし弁済とされるという構造になっています。もちろん他の全ての要件を満たしているという前提です。文字通り全ての厳格な要件を満たした場合のみ「後」から利息の弁済と「みなされる」のだと思います。ですから「みなされなければ」それは出資法5条違反の受領や要求に当たるという解釈は十分成立する可能性があると思います。架空請求裁判の請求権が全くなくなった段階(過払いの瞬間)での「請求・受領」よりも早い段階(引き直し計算による利率が29.2%或いは109.5%を超えた瞬間)に出資法5条違反になると考えます。ちょっと無理があるでしょうか。
通りすがり 2007/10/06(Sat)04:59:07 編集
» Re:無題
通りすがりさん、おはようございます。
朝なのであまり頭が働いていませんし、元々あまり私は頭が良い方では無いので、上手く伝わるか分かりませんが…
条件として利息制限法をを超過した利率で返済を行なっていてみなし弁済の成立する余地が無く、新たな借入によって発生している過払い金が借入金に充当もしくは相殺されていない状態ならば、通りすがりさんの言われている理論構成での主張は出来ると思います。
ただし私が出資法第5条及びその2項、3項で気になる文言がありまして「契約をしたときは」と記されてますよね、この部分が気になりますね。
確かに「当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者」という文言もあるのですが、これが前期の契約を前提にして示されているのではないのか?と言うのが私の疑問になっています、通りすがりさんは、どのように思われますか?
後、私が気になったのは、この出資法第5条の7項において考えると、改正貸金業規制法で導入が検討されているATM手数料は余程の特例措置を取らない限りはもろにこの7項に該当するのでは?と言う事ですね。
これについても、どのように考えられますか?通りすがりさんの率直な意見を頂けたらと思います。
2007/10/06 08:28
» 無題
ルパンさん、こんにちは。毎度私見で申し訳ありませんが。5項の実際に利用可能な交付額を元本として利息を計算するという考え方からも、充当や相殺をした後の額を元本として計算すればどこかの時点で2項、3項違反になると考えています。また、「利息の契約をしたときは」と「利息を受領し」と「その支払を要求した」は並列の関係にあると考えています。利息の契約をしただけ、受領をしただけ、要求をしただけで該当するという条文構造だと思います。もちろん、「その貸付に関し」から金銭消費貸借契約の存在が前提ですが、現在の解釈ではヤミ金等の超高率の利率でない限りは契約そのものは無効にはならないと思います。仮に無効になれば不法原因給付、架空請求、詐欺等になるのだと考えます。ATM手数料については、私も「その貸付けに関し受ける金銭」「手数料」から「利息とみなす」となると思います。
通りすがり 2007/10/08(Mon)09:20:49 編集
» Re:無題
通りすがりさん、こんにちは。
そうですね、確かにそのような解釈も出来るのかもしれませんね。
悪意に関しても、対象になる相手企業の過去の裁判例をいくつか持ってくれば立証になりそうですから、みなし弁済が成立していると思っていたからという否認主張は潰せそうですね。
ただしあくまで出資法の上限利率を超えた契約は行なわれてはいないので、その基本契約に基づいて考えてしまうと厳しい主張になるのかも知れませんね。
私はATM手数料の導入を行なうのには出資法の改正が必要だと思うんですけどね、改正貸金業規制法での特別条項か何かで対応するつもりなんですかね?
出資法の改正無しで導入なら、今までと同じ事の事の繰り返しになるような気がするんですけどね…
2007/10/08 11:27
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]