忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
クレディア倒産:債権届の期間終了 県青年司法書士協、過払い者救済訴え /静岡

◇県青年司法書士協、静岡で呼びかけ

9月に消費者金融準大手のクレディア(静岡市駿河区)が経営破綻(はたん)し、民事再生法が適用された問題で、利用者が利息制限法の規定を超えて支払っていた「過払い金」を請求するのに必要な同地裁への債権届の期間が26日で終了した。県青年司法書士協議会は同日、クレディアが自ら進んで利用者の過払い債権を調べて返金することなどを求め、東京地裁前や同社前、静岡駅南口でチラシを配って呼びかけた。

破綻以降、県司法書士会などには約2500件の相談が寄せられた。同会はクレディアの過払い債権者は全国で約50万人いると推定しており、26日までに届け出をしたのはごく一部にとどまったもようだ。同会はこれまで、届け出期間(2カ月)の延長を同社に働きかけるとともに、返済し終えた利用者も含め、同社が持つ契約者履歴から過払い金を算定し、全員に通知するよう求めてきた。

今後は(1)期間終了後も届け出た人に対しては債権者と認める(2)同社自ら算定して分かった過払い債権者を「自認債権」として取り扱い、届け出た人と同率で返金する――など潜在的な過払い債権者救済を訴えていく。

来年2月に、クレディアの再生計画案が同地裁に提出される予定。全国の弁護士や司法書士で発足したクレディア対策全国会議(代表・宇都宮健児弁護士)は、再生手続きの議決権を持つ過払い債権者を増やすなどして、有利な返金条件を導き出したい考えだ。(時事通信引用)

取り敢えず今月の26日で経営破綻し民事再生法が適用されたクレディアに対する過払い金返還請求の債権届けの期限が終了しました…(´・ω・`)

この紹介記事にもありますように、この動きはまだ今後どのような展開になっていくのかは見えていませんね、でもこの記事にもあるように
(1)期間終了後も届け出た人に対しては債権者と認める
(2)同社自ら算定して分かった過払い債権者を「自認債権」として取り扱い、届け出た人と同率で返金する
この2点に関してはぜひ実現されるように、クレディア対策全国会議の方々には頑張って貰いたいですねヽ(・ω・´ )ノ

ちなみにこのクレディア対策全国会議の代表はあの宇都宮健児弁護士なんですねぇ(・∀・)

全国に50万人はいるのではと推測されている、クレディに対する過払い金債権保持者。
この中には過払い金なんて言葉すら知らないでいる人も多い事だと思います、ぜひこのクレディアの破綻をきっかけにして消費者金融が自ら過払い金債権の存在やその返還について通知するような動きが出来たら良いんですけどね(´▽`)

クレディアに対して過払い金請求をされている皆さん、状況は厳しいですが、頑張って下さいね(`・ω・´)ノ

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 三洋第一回
ルパンさん、こんにちは。

本日、三洋信販の第一回が終わりました。ここは提訴後の和解交渉には一切応じず、初めから代理人を立ててきました。どこかの弁護士さんのサイトで最近は代理人を立てて争うとあったので、なるほどという感じです(そのサイト情報では代理人が出てきた場合でも比較的早い段階で和解するそうですが・・・)。ちなみに、推定計算で争うので交渉に応じないというよりは、地裁に提訴された案件は自動的に弁護士にまわしているようでした。費用対効果はどうなんでしょうかね。

答弁書は僕が見た中では最も簡単な、否認して、訴訟費用は原告負担で、追って主張するという三行半のようなものでした。4名の弁護士が連名となっていましたので、誰かは出てくるつもりなのでしょう。
次回は年明け上旬に弁論準備手続となりました。ここで争点が定まれば、判事も「文提は進行を見て」と言っていましたので、そのあたりは不要ということになるかもしれません。次回はもうちょっと内容のあるご報告ができるかと思います。

追伸:今日はどの法廷もにぎわっていたようですが、さっと見た限り過払い訴訟は少なかったですね。本人訴訟はさらに少ないようでした。
ジャバ 2007/11/28(Wed)14:30:15 編集
» Re:三洋第一回
ジャバさん、こんばんは。
三洋信販に対する過払い金返還請求訴訟の第一回口頭弁論に出廷という事で、今日はお疲れ様でした。
三洋信販と言えば一年位前に営業停止を喰らった頃は、過払い金返還の対応はかなり良い部類(提訴前返還が多かった)だったんですけどね、やはり消費者金融、喉元過ぎればなんとやら…って感じなんですかね?
しかし代理人を立てている割には素人が作成したような答弁書ですねw
費用対効果から考えると次回までには和解したいと考えているんですかね、連名で弁護氏名を連ねて書いた答弁書でも中身が無ければ反論すら出来ませんね。
次回までに三洋が折れるのか、文提は出されるのか、まだ予断は許せない状況ですが、次回の年明けの弁論準備までには良い方向に話が進んでいくと良いですね。
もう少しですね、頑張って下さいね。
ps 最近過払い金請求はやはり少々落ち着いてきているんですかね?潜在的過払い金債権者の数はこの程度で終わるとは思えないんですけどね?
年末も近いのでみんな忙しいんですかね?
最新情報の提供、ありがとうございました。
2007/11/28 19:58
» 過払い請求・まだ道途上
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

クレディアの破綻に伴う「債権」の届出件数について、記事ではごくわずかという表現でしか紹介されていませんが、おそらくせいぜい多く見積もっても数%ではないでしょうか。

クレ・サラ業界の多くは自主的な返還に応じるどころか、さまざまな手法で「抵抗」してきます。
本来ならば明確な判断が司法によって示された以上、記事中の「返済し終えた利用者も含め、同社が持つ契約者履歴から過払い金を算定し、全員に通知するよう求めてきた。」
という事をキチンと行うことこそコンプライアンス(法令順守)だと思います。

貸付残高が1兆円を超える大手も数社あり、取引継続の有無に関わらず時効のカベと無関係な過去10年分だけでも単純計算で大手1社あたり1兆円は不当利得を溜め込んでいることになります。

しかしながら大手1社あたりの毎月の返還額は公表されているだけではせいぜい50億円。年間でも600億円程度です。
毎月1万件を超える訴訟が提起されているとのことですが、非常に少なく感じてしまいます。

個人の自己破産は一時期年間20万件を超え、緩やかな景気回復や、過払いでの救済の増加もあり昨年は16万件まで減少しています。自己破産者のほとんどは多重債務者であり、ある統計では一人当たり8.6件の借り入れとのことですから、この数と比較してもまだまだ過払い訴訟は少ないと言わざるを得ません。

大手が毎月1万件と豪語?しても、ヤマト一人で6件の訴訟(2社は訴訟前和解)を提起しており、利用者の数から考えても潜在的な「過払い債権者」は相当な数で存在すると思います。

ルパンさんの地道な活動には本当に頭が下がる思いですが、まだまだその「成果」を必要とする人たちはたくさん残っています。今後もお互いに頑張りましょう。
ヤマト 2007/11/28(Wed)19:43:59 編集
» Re:過払い請求・まだ道途上
ヤマトさん、こんばんは。
少し前に保険会社の保険金不払い問題というのが大きなニュースになっていましたよね?この消費者金融による過払い金という不当利得の返還も問題の本質としてはほとんど同じ事であると思うんですよね。
ただ、その後の対応や報道、これには歴然とした差が生じていますね、過払い金はみなし弁済の適用要件を満たしていない限りは不当利得である、これを最高裁がいくつもの判決によって下している以上は本来は自主返還に応じるのがまさに株式上場企業としての最低限のコンプライアンスだと私も思います。
ここ十数年での自己破産者や多重債務を苦にした自殺者など、本来ならもっと違う未来があったであろう人達の事を考えるとやり切れない思いになりますね…
クレディアが破綻した消費者金融が破綻した、これはあくまでその企業がの経営びビジョンが無かっただけでグレーゾーン金利での営業という不当な利得の上に何時までも胡坐をかいて怠慢な経営を行なってきたツケであり、まったく同情の余地すらありません、彼らが今までの長い期間に私達のような社会的弱者であったであろう者から搾取してきた金銭は、会社の破綻などで許せる物では無いですよね?法的に認められない不当な利得によって彼らは今までどれだけの良い思いをしてきたのでしょう?
債権の届出、ふざけた話です。
宇都宮弁護士には、ぜひ頑張って貰いたいところですね。
それに負けないように私達も潜在的な過払い金債権者に少しでも「過払い」という言葉の重さを伝える事が出来るように、今後もコツコツと頑張っていきましょうね、ヤマトさん宜しくお願いしますね。
2007/11/28 20:19
» 武富士の件
こんにちわ、ルパンさん
早速、武富士に探りの電話をしてみました。まだ本社から部署に書類が来ないので期日前に折り返し担当が決り次第、連絡するということです。
ひねくれた言い方すると私はこのまま一回目になってもらったほうがよいです。書記官さんに和解を強く言われてますが私からはアクションしましたから…なぜか電話も落ち着いて話すことができましたし、余裕でした。
武富士の対応も今のところ、他社と変わらないと思いました。これからなのですが…
後は電話待ち。
どんな和解案を出してくるのか楽しみです。満5+5 印紙 代表者事項証明 郵券 最低でもとりたい。
借金10年(終) 2007/11/29(Thu)14:58:55 編集
» Re:武富士の件
借金10年(終)さん、こんにちわ。
武富士のお得意の台詞ですね、それw
私も一度聞いた記憶がありますよ、それから数日後に電話があって怒りが込み上げてくるような和解案を提示されたような記憶が…
それでも、まだ私が過払い金請求を行なった頃の武富士の対応はまともだったんだなぁと最近は思ってしまうような話を数多く聞きますね。
借金10年(終)さんの考えているように期日まで和解案は出てこない方が良いかも知れませんね、それでまともな和解案じゃなければ武富士の不誠実さが判事にも伝わるでしょうしね。
何とか借金10年(終)さんの満足出来る結果で終れると良いですね。
頑張って下さいね、またの報告をお待ちしていますね。
2007/11/29 17:37
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]