忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
クレディアの支援スポンサー、新生銀・アドバンテッジなど3社が名乗り=関係筋

民事再生手続き中の消費者金融会社、クレディアの支援スポンサーに新生銀行とアドバンテッジパートナーズ、消費者金融会社レタスカード(京都)の3社が名乗りを上げていることが25日、明らかになった。複数の関係筋が明らかにした。

クレディアはできるだけ早期に1社を支援先に決めて、5月21日が提出期限となっている再生計画案を共同でまとめる。

乗りを挙げている3社のうち、アドバンテッジパートナーズは、投資先のかざかフィナンシャルグループが受け皿会社になる提案を行っている。新生銀は傘下の消費者金融会社、アプラスやシンキなどとのシナジーを求める考えだ。レタスカードは関西を地盤にする消費者金融会社で、投資ファンドの資金を背景に入札に参加している。

3陣営はクレディアの資産査定を終え、買収金額や再生に向けた事業計画を提示。クレディアは財務アドバイザー(FA)に起用した野村証券と選定作業を行っている。再生計画案には債権のカット率も盛り込む必要があり、利用者の過払い利息返還請求にどの程度応じるのか調整が行われている。クレディアの債権額は約850億円で、債権者数は1万を超える模様だ。関係者の1人は「大変難しい案件だ。期限までにスポンサーが決まり、再生計画がまとまるかは分からない」と述べた。再生計画案は、最終的に債権者集会の賛同を得る必要がある。

クレディアは消費者金融業界15位程度の準大手。貸付残高は2007年8月末時点で868億円あったが、グレーゾーン金利の過払い利息返還請求が増加し、財務状況が悪化。07年9月に民事再生法の適用を東京地裁に申請した。貸金業法の規制強化の流れを受け、業界で最初に法的整理に追い込まれた。

クレディア、アドバンテッジのコメントは得られていない。新生銀はコメントを控えるとした。レタスカードの広報担当者は「スポンサーに正式決定していないため、コメントを控える」とした。(ロイター引用)

今日はクレディア再建の支援スポンサーに3社が名乗りをあげている事が明らかになったというニュース記事を紹介したいと思います(・∀・)ノ

この3社、新生銀行はシンキやアプラスなどの金融部門を持った全国的にも有名な銀行ですね、シンキやアプラスに関しては過払い金返還の対応もそれほど悪い評判も聞こえては来ませんね。
かざかフィナンシャルグループ?いまいちよく分からなかったので調べてみたら、元ライブドア系の会社でした、グループ会社に証券会社やファイナンス会社などを持っているようですね。
そしてレタスカード、関西圏在住ではない俺にはあまりなじみの無い消費者金融なのですが、消費者金融の事業規模としてはそれ程まで巨大な会社ではなさそうですね、このレタスカードは最近の過払い金返還対応に関してはどんな感じなのでしょうかね?

一応この3社が名乗りを上げた訳ですが、やはり問題になっているのは買収金額と過払い金債権などの債権のカット率の問題のようですね、まぁ確かにこれは買収元としては当然気になる部分なのでしょうが、出来る事なら俺としては過払い金返還という債権の保全に関してだけは出来る限りこれをきちんとした形で行って欲しいと思うのですけどね、むずかしいんでしょうね…(´・ω・`)

過払い金、これはあくまで払い過ぎたお金であり、法律上、そして最高裁判決においても返還義務が生じている完全な債権ですからね、この過払い金という債権の支払いをカットなどとほぼ無かった物のような事にして、買収先の会社だけが良いとこ取りになる、そんなふざけた支援プランなどが許される事だけは無いようにしていただきたいものですねヽ(・ω・´ )ノ!

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 補佐人2
ルパンさん、こんにちは。
実は提訴の前に「訴訟は本人で出来る」という本で補佐人の事を読んだのですが、地裁民事部で訴状提出の時に補佐人のことを尋ねたのですが、保佐人の方を案内されてしまい。家裁で詳しい事聞いて下さいとの答えだったのです。私も無知だったのであの本は補佐人も誤字だし、 いい加減なこと書くなと思っていました。今日改めて「訴訟は本人で出来る」を読んだのですが、「地方裁判所、簡易裁判所を問わず、やはりそばに誰かいないと不安でしょうがないという向きには、裁判所の許可を得て、身内の者などを補佐人とすることもできる。補佐人は、本人とともに出頭した場合にのみ本人のために陳述をすることができる。」と書いてあったので本人だけだと心もとないようなら裁判所に聞いてみた方がいいですね。親族なら許可されるかもしれないので…
本に書いてある通りだと簡単そうに感じてしまいます。
にゃんたろう 2008/04/26(Sat)17:08:41 編集
» Re:補佐人2
にゃんたろうさん、こんばんは。
保佐人と補佐人の違いが調べたら良く分かりました。
保佐人とは、判断能力が著しく不十分である状況にある成年(知的障害者、精神障害者、認知高齢者など)の保護者をいいます。保佐人は、家庭裁判所が本人(被後見人)、配偶者などの審判の請求により専任された者であり、その被保佐人が有する財産などに関するすべての法律行為を代理に行います。本人、配偶者、4新等内の親族、市町村長など法律で定められたものの申し立てで、過程裁判所より保佐開始の審判を受けた者(被保佐人)を保佐します。
補佐人とは審査請求人に付き添って意見陳述の期日に出頭し、その陳述を補佐する者をいいます。
とまぁ簡単に調べたらこんな感じでした、補佐人に関してだけ言えばにゃんたろうさんのように案件を担当する判事の権限において認められる事もあるようですね。
何にしろ、にゃんたろうさんはその許可が下りて本当に良かったですね。
そして有意義な情報の提供、ありがとうございました。
にゃんたろうさん、頑張って補佐してきて下さいね。
2008/04/27 22:52
» にゃんたろうさんへ
こんばんは、にゃんたろうさん

補佐人制度のコメントありがとうごさいます。
以前にもコメントしていますが、もう一度詳しくコメントしますが、原告は実兄で私は弟です。
現在簡易裁判所に4件、地方裁判所に1件訴状を提出していて、簡易裁判所の4件のうち3件は第一回口頭弁論は終わり、1件は某アエル案件で裁判が中断し私が兄に代わって、訴訟代理人をしています。しかし、地裁案件は訴状提出時に簡易裁判所と同じように制度はないか確認しましたが、原告本人か弁護士以外は駄目と言われ、傍聴席で第一回口頭弁論に挑みました。簡易裁判所も地方裁判所もGW明けに第二回口頭弁論があり、簡易裁判所の3件のうち1件は和解合意したので、簡易裁判所は残り2件は午前中で、午後から地方裁判所で第二回口頭弁論があり、簡易裁判所は私が出廷しますが、消費者金融会社とは私が原告として挑みますが、地裁は第一回口頭弁論で兄の対応を見て難しいと判断していました。しかし、補佐人制度があり希望が見えてきました。民事訴訟法60条がその内容だと理解したのですが、何か申請には特別な理由がないと難しいのでしょうか。もしわかりましたら教えてください。
地裁案件ですから、相手も弁護士が出廷しますので、争点は答弁書ではわかっているけど、本人が返答に困ったらとか、考えていて早期和解も考えている状態です。最悪はこちらも弁護士とも思っていますが、急な依頼は難しいと思うし、途中の裁判は弁護士も嫌がるとおもうと考えしまいます。時間がないのと、地裁案件は一応書面での和解希望を出していて、相手から回答待ち状態で和解合意が出来なければ、準備書面は提出する準備はしていますが、それだけではやはり不安です。よろしくお願いします。
Yoshi 2008/04/26(Sat)22:02:48 編集
» 報道機関の役割
こんにちは
今日は過払い金に関係ない話です。

実は、私は航空機が大好きで、国内線には100回以上搭乗し、国際線も年に1回から2回ほど搭乗しています。その中で、最近気になるニュースをネットで知って、国内の報道機関でほとんど報道されなかったニュースがあります。日本国内の大手の日本航空と全日空の航空会社は、日本航空の場合には、国内、国際線でも常に報道機関からニュースとして事故、事件が報道され、もう一社の全日空は大きな事故・事件でなければあまり報道されないと思っています。なぜこんな偏りがあるのか以前疑問を持ち調べたら、全日空の大手株主には朝日新聞が入っています。これは、IR情報としてわかるので個人でも調べられるので、あえて書きましたが、報道機関が大株主になって正しい報道が出来るのかと疑問です。
そんな事故を象徴する事があり、ネットでは乗客に対する対応が悪かったらしく、怒っているコメントを見ました。事故については、株主でもあるよう肩が、事実確認の為に本社宛に書面で真相を確認したそうです。
報道機関は、公平にしかも事実を正しく報道する義務があると感じています。報道機関の偏りは別に朝日新聞だけではありませんけど、読売もそうですしね。私が言いたいのは、情報は正しく伝えられているか、1社だけの報道ではなく、複数の報道を個人個人が確認し判断しなくていけないと言う事です。

以下はある掲示版でのコメントです。
しかし、私個人でもこの情報が正しいとか間違っているとかわかりませんが、事実としては事故はあったようだと思います。
---------------------------------------4月4日NH915便の件、会社側の事実説明がありました。貨物室の煙探知機が作動したため消火剤を散布して香港空港に臨時着陸したこと、火災は発生しておらず煙探知機の誤作動であったこと。
しかし、再度運行するには消火剤の補充が必要だったため、乗客には香港で臨泊してもらうことになり、バンコク到着は翌日19時30分になって心配と迷惑を掛けて申し訳なく思うという内容でした。
---------------------------------------
Yoshi 2008/04/27(Sun)11:40:47 編集
» Re:報道機関の役割
Yoshiさん、こんばんは。
報道と放送の違いという問題ですね。
報道機関と放送会社、これは似ているようでまるで別物ですよね、報道機関は事実を舛ことなく報道できる機関、そして放送会社というのは自社や自社に係わるスポンサーなどに都合の悪い事実に関しては極力放送しない会社と考えれば良いんでしょうね。
そしておそらく日本の民法TV局のほとんどは後者の放送会社であるという事になってしまうんでしょうね、民法TV局がスポンサーからの収入で成り立っているという構図が存在する以上ある程度は仕方が無い事ではあるのでしょうが、例え自社や自社のスポンサーに都合の悪い事実や事件事故などを事実として報道出来ない以上は単なる放送であって、それが報道になる事は無いのでしょうね…これは大きな問題でもありますよね。
この国にもスポンサーからの収入で無く国民からの視聴料で成り立っている放送局が存在していますが、ここも本当の意味での報道は出来ているのでしょうか?それには少々疑問が残るところですね。
私が思いますに基本的にTV放送というのはあくまで垂れ流しの情報であって、自分にとって本当に必要な情報が得られるとは限りませんよね、ですから残念ながら現在の状況では自分にとって必要な情報はネットなどを利用して自分自身の手で得る事が重要だという事になってしまうんでしょうね…
私は過払い金請求を知ってから特にこの事に関して強く思うようになりました。
2008/04/28 02:04
» 貸金業法の対照表
こんにちは、逆襲のルパンさん、皆さん

今日は昨日裁判所からアコムからの準備書面を受け取り何度も読んで、原告の準備書面を考えています。一応電話では悪意の受益者で争うとか言っていましたが、本当に書面がこないともうあそこは信頼できませんからね。一応悪意の受益者に関しては書かれていますが、みなし弁済が認められなくては悪意の受益者は立証できるのでしょうか?疑問です。みなし弁済と悪意の受益者は一体と考えいますが、逆に原告側から言えばはみなし弁済を認められたら、悪意の受益者も認められないと考えていたので
過払い金を請求出来るか借入金を返済しなくてはならなくなりますね。本当に裁判では、プラスかマイナスでしかなくゼロがないと思っています。
それでネットで過払い請求をされている方々に参考になるホームページを見つけました。貸金業の対照表です。
ルパンさんもしよかったら、コメントではなくこのアドレスを過払金手順の項目に追加してもらえたらうれしいです。もちろんアドレスを確認して参考になると思ったら、ぜひアドレスを貼り付けてくださいね。よろしくお願いします。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Kasikin/kasikintaihi.html

こんさんへ
コメントありがとうございます。うれしかったです。でも、これはあくまでも個人が戦っている事なので、私の為と思わないで、こんさん個人が納得した内容で、判決をもらうか、和解するかはその方の自由ですよ。無理して逆に納得できない判決をもらうより、納得された和解であれば、それで今までの生活から脱却できると思います。まずは無理しないで下さい。自分で出来る事をすこしづつして下さいね。アコムとの交渉は訴状の7割から8割程度を提示されると思いますが、その交渉でその金額の根拠を求めてみて納得できればOKですしね。私の場合は悪意の受益者(5%)を認めないとなら訴状にある金額を計算したら訴状の9割でした。相手は最初から誠意を持って接していれば、もしかして交渉結果では、9割5分とかなると思うのに、根拠がない7割から8割でしたからね。まあこことは交渉決裂していますので、では裁判で争いましょうと言いましたから、いまさらこちらから電話する気はありませんけどね。でもルパンさんが戦っていた時はもっと大変だった気がします。先人の方やルパンさんのおかげで、裁判までもっと行く事が出来たと思います。私は参考になるページや情報があれば、これが恩返しさせてもらっています。本当は別の方法がいいのかも知れませんが、今出来る事はこれしかないの許して下さいね、ルパンさん。
Yoshi 2008/04/27(Sun)15:36:58 編集
» Re:貸金業法の対照表
Yoshiさん、こんにちは。
アコムから準備書面がついに届きましたか、その内容についてはそれ程深い主張が書かれた内容のものでは無い様子ですね。
みなし弁済の適用要件を満たしていない取引とそれに対する悪意の受益者の推認に関しては最高裁判決にて一応明確に判断がなされてはいますが、私はこの2つに関しては必ずしも貸金業者がみなし弁済の適用要件が満たされていない取引であるから、悪意の受益者であるとはならないとも考えています。
この2つに関しては、みなし弁済の適用要件を満たしていない取引であったから過払い金が生じる、そして貸金業者はその経営に関する性質上から貸金業法を熟知して経営を行っている事が最低限の前提であるという判断においてみなし弁済の適用要件を満たす事の出来ている取引であった事を立証出来ない金融業者は悪意の受益者であったと推認されているものであり、この2つの主張に関しては同列のようで別の主張が必要であるとも思います。
まぁ、最高裁の判例を1つ引っ張ってくれば事足りる可能性も無きにしも有らずと言ったところかも知れないとも思いますが、一応この部分に関しては理解しておく事も過払い金返還請求訴訟の場においては重要な事になってくると思います。
PS Yoshiさんの紹介して下さった貸金業者の対照表、早速カテゴリーに追加させていただきました。
これ過払い金請求を個人で行う者にとっては非常に便利なサイトですね、過払い金返還請求において重要になってくる貸金業法やそれに対照した金融庁のガイドラインが凄い分かりやすくなっている非常に良いサイトであると思います。
Yoshiさん、いつも過払い金請求において必要になるようなサイトの紹介などをして頂いて、本当にありがとうございます。
この貸金業法の対照表、現在過払い金請求を行っている方や、今後過払い金返還請求を行なおうと考えている方に参考にして頂けたら良いですね。
貴重な情報提供、本当にありがとうございました。
これからも色々とよろしくお願いしたしますね。
アコムに対する過払い金請求、そして準備書面の作成、頑張って下さいね。
2008/04/28 12:52
» Yoshiさんへ
いつもコメント拝見しています。いろいろな情報ありがとうございます。

申請の特別な事情については私もわからないのですが、書記官に相談した時に、「判事に事情を話して許可取れたら後で連絡します。」という事だったので、担当判事の判断次第のような印象受けました。それから許可がでて裁判所から雛型が郵送され、雛型に記入して戸籍抄本一通を添付して返送しました。相談してからここまで3~4日くらいでした。

裁判所は補佐人制度のこと説明してくれないのか?と思います。

YoShiさん、的確な返答できなくて、すみません。
にゃんたろう 2008/04/27(Sun)21:33:24 編集
» 取り返したい!7
ルパン様、皆様、こんばんわ( ´∀`)
ご無沙汰しています。レタスのmk928です。

近況報告でーす。
3/26に判決確定し4/25にプロミスからの入金確認(90万)、同日に訴訟費用確定の申し立てをしてきました。
ところが・・・・裁判所から連絡が有り、雛形コピペの為、初歩的なミスを・・・・。原告代理人旅費、原告代理人日当っと本人訴訟でありながら代理人記載のまま提出してしまいました。( ̄_ ̄|||)
そのまま正本にするとの事で修正ではなく再度提出して欲しいとの事で4/28に無事再提出!!

私が過払い請求、不当利得返還請求訴訟した6社の内プロミスだけが非通知で連絡してくるのは何故なんでしょ?
「判決後、4/11で入金します。」
「再度、口座確認の為連絡します」
非通知がプロミスだって事は感じてたんですが・・・気持ち悪くて出ませんでした。それでも何回も非通知で掛かって来るので出たら案の定プロミスでした。その為入金日、遅れました(*`Д')
(*`Д')←ルパン様ブログから拝借。

以上、近況報告でした。

追伸

クレディア支援先の記事、拝見しました。
↓各金融会社の見極めってむずかしいですね。
びっくりなのは倒産、先行き不透明、偽債権譲渡で苦労したあのレタスの名前の記載が有るじゃぁーありませんか(*`Д')金が無いなんてうそっぱちじゃぁーありませんか(*`Д')。
残りプロミスの訴訟費用とレタスの和解金の入金(6/6)があります。レタスさんしっかり宜しくお願いしまーすm(_ _;)m

mk928 2008/04/29(Tue)02:01:25 編集
» Re:取り返したい!7
mk928さん、こんばんは、お久しぶりですね。
プロミスから過払い金の返還がありましたか、おめでとうございます。
本当にお疲れ様でした。
ただ、訴訟費用の申立では少々ミスってしまったようですね、私も過払い金請求の際にはよく訴状に準備書面や各申請書の類でもコピペ改変という事が多かったので提出の前日まで出来るだけしっかりチェックはしていたつもりなのですが、いざ裁判所に提出しに行くと何でこんな間違いに気付かないんだろう…orz
という事がよくありましたw
それからプロミスは非通知で電話掛けてくるんですか、何か理由でもあるんですかね?非通知拒否にしている私のような者の場合はどうするんですかね(*`Д')?
謎ですね…
そしてmk928さんと言えばレタスカード、クレディアの支援先に名乗りですね、金あるんですね、ふざけてますね、氏ねばいいですね(*`Д')
そんな金があるのなら、もっと素直に自分の会社の過払い金を返還しろよ!とツッコミを思いっきり入れてあげたいものですね。
でも、そのような名乗りをあげるくらいですからレタスの経営も何とか安泰、そしてmk928さんに返還される予定の過払い金やレタスに過払い金返還請求をしている人もしばらくは安泰と考えても良いのでしょうかね?
また新たな動きなどありましたら、ぜひコメントして下さいね。
ヽ(・ω・´ )ノ最後まで気を抜かずに頑張って下さいねヽ(・ω・´ )ノ
2008/04/29 02:58
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]