忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
消費者金融過払い金に賠償命令 被害者救済の範囲を拡大

利息制限法の上限を超える金利を消費者金融大手のプロミスに違法に支払わされたとして、兵庫県淡路市の女性(62)が過払い分の返還を求めた訴訟で、神戸地裁(橋詰均裁判長)が同社に損害賠償を命じる判決を出していたことがわかった。過払い金不当利得に当たるとして、顧客への返還が全国の地裁で認められているが、損害賠償の対象として認めた判決は例がないという。

不当利得の請求権は10年で時効が成立するため、過払いが発覚しても完済から10年以上たった場合は提訴できない。しかし、損害賠償の時効は被害を知った時点から3年となる。専門家は「被害者救済の新たな道を開く判決」と話す。

判決によると、女性は81年ごろ、プロミスから50万円を借り、90年9月までに計145万円を返済した。06年6月、約79万円が過払い金と知り、不当利得返還損害賠償の2通りの請求理由で昨年11月、洲本簡裁に提訴。請求は棄却され、神戸地裁に控訴した。

今年11月13日の地裁控訴審判決は、不当利得返還請求権については「時効で消滅した」と判断。一方で、「過払い金を受け取ることは債務者の無知に乗じた違法な行為」とし、その全額と利息の計約91万円を損害賠償として支払うようプロミスに命じた。判決は確定しており、過払い分が返還されることになる。

プロミス広報部は「判決に納得はしていないが、上告して勝訴できるのに十分な準備の時間がなかった。今後、同様の判決が出れば対応する」とのコメントを出した。(朝日新聞引用)

今日はこの過払いブログの常連さんの打倒さんがコメントしてくれた神戸地裁の神判決を朝日新聞から拾ってきましたので紹介したいと思います

この神戸地裁の判決、いくつかの新聞各紙が報じてしましたが、なかでも珍しく朝日が一番詳しく報道していたので今日は朝日からにしました、結構これはこれで珍しいです

まずこれ控訴審判決なんですねぇ
この判決における最大のポイントはここですね(・∀・)ノ
不当利得返還請求権については「時効で消滅した」と判断。一方で、「過払い金を受け取ることは債務者の無知に乗じた違法な行為」とし、その全額と利息の計約91万円を損害賠償として支払うようプロミスに命じた。

これ本当に神判決ですね、過払い金と同額の損害賠償金の支払いを認めている、それも不当利得返還請求権の時効成立は認めた上でです、と言う事は…
これが法曹の一般的解釈とされるようになったなら、過払い金請求権の10年の時効と言う物は意味を持たなくなると言う事ですね(まぁこの判決が一般的解釈となるのは現段階では少し厳しいかなぁと個人的には思いますが…) (  -д-)

でも、これで時効を理由に過払い金返還請求を諦めていた案件も、この判決の趣旨を基にして提訴して争う道は開けてきていますね、地裁判決なので大きな力にはならないかも知れませんが、この判決の持つ意義は非常に大きなものだと思います(`・ω・´)

最後に負け惜しみっぽいコメントを出しているプロミスさん、良い仕事をしてくれました。
上告して高裁で敗訴してくれたらもっと良かったのですが十分です、しっかりと過払い金と同等の損害賠償金をこれからも払い続けて下さいね m9(^Д^)www

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ギブアップです
ルパン様、打倒には、理論構成、無理みたいです。
脳の、カラータイマーが点滅しました。(ジュワッチッ)ピーコン、ピーコン、ピー(点滅音です。)

「不当利得」
民法 第703条
「法律上の原因なく他人の財産又は労務によって
利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。」

「不法行為による損害賠償」
民法 第709条 
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

不当利得者=権利または利益を侵害した者、
ですよね。

やはり、これしか浮かびません。
「権利・利益の侵害」があったかどうか
・侵害行為の立証
・契約上の貸金請求行為が侵害に当たるのか
・過払い請求権への権利侵害があったか
・みなし弁済が成立しない時に
 即座に権利・利益の侵害にあたるのか
等、他にも色々と有りそうですが、クリアできそうなのも有ると思いますし、立証が困難な物も有ると思いますので、やはり個人訴訟では、厳しそうです。
(争点が何なのか解れば、意外とイケルかも。)

「故意又は過失」であったか
これは、過失が認められそう。かな?

でも、裁判やってみないと解りません。
私の実感として、裁判は受身で答えた方が有利だと感じました。

と言うことで、ルパン様、打倒は全然解りませんでした。
          ゴメンナサイ。打倒でした。
打倒 2007/12/13(Thu)02:29:16 編集
» Re:ギブアップです
打倒さん、おはようございます。
脳から煙出てないですか。大丈夫ですかね(笑)
不法行為である事を立証するための理論構成、結構屁理屈をこね回せば素人でも何とかなるレベルかもしれませんが、打倒さんの言われているように争点が絞られている方が素人には有利になりそうですね。
特に過払い金返還請求訴訟のような、あらかた結果が見えている民事訴訟については受身の答弁の方が有利ですね(ただ時間がかかる可能性は大ですねw)
不法行為による損害賠償請求は多くの方(個人、弁護士問わずに)が行っていると思いますが先日の神戸地裁のような判断を示したのは基本的には初めての事ですから、そこから学ぶべき物が多くあるんでしょうね。
打倒さんの挙げられた
>・侵害行為の立証
 ・契約上の貸金請求行為が侵害に当たるのか
 ・過払い請求権への権利侵害があったか
 ・みなし弁済が成立しない時に即座に権利・利益の侵害にあたるのか等
この辺りの判断というのはまさに答弁の内容と、それを判断する判事の法解釈に拠るところが大きくなりそうですね。
私にも難しくて朝から煙が…
2007/12/13 09:41
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]