忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
最高裁と金融庁が放った“爆弾” 消費者金融は消滅する!?

増え続ける過払い金返還請求に喘ぐ消費者金融業界。その流れがさらに加速しそうな新たな2つの火種がくすぶっている。時効を認めないとした最高裁判決と、情報機関への登録についての金融庁の圧力だ。このままでは過払い金返還請求はさらに増え、消費者金融業界は存続できなくなるだろう。

「なんで30年前の売り上げを今頃になって返せと言われなきゃいけないのか……」

1月22日、最高裁判所が中堅消費者金融の東日本信販に下した判決に対し、消費者金融業界からこんな恨み節が聞こえてくる。

理由は、この判決によって過払い金返還請求の消滅時効が事実上、認められなくなったためだ。これまで消滅時効については下級審によって判断が分かれていたが、ついに最高裁が結論を下した。

争点は何だったのか。以下、順を追って説明しよう。

まず債権の消滅時効は、民法167条により10年と定められている。となれば、利息制限法の上限金利(15~20%)を超えて支払った利息(過払い金)は、支払ってから10年経過すれば請求できない。

そこで問題となっていたのは、いつの時点から消滅時効がスタートするのかという“起算点”。一般に消費者金融でおカネを借りる場合はリボルビング契約を結び、一定の枠内で借り入れと返済を繰り返す。そのため、起算点がいつになるのかわかりにくい。

この起算点をめぐって消費者金融と債務者は真っ向から対立していた。起算点がいつになるかによって、過払い金返還請求の対象期間が大きく違ってくるからだ。

たとえば、15年にわたって消費者金融から借り入れと返済を繰り返した後、過払い金返還請求をした場合はどうなるか。
直近の10年分は返還するが、それより前の5年分は支払わないというのが消費者金融側の主張。

これに対し債務者側は、リボルビングは一連の取引であり、返済のたびに発生した過払い金は次の返済に充当されるため、解約するまで時効の起算点は発生しないと主張した。つまり、契約を解除してから10年たたないと時効にはならない、また、一連の取引であるため、延々と遡って過払い金を返還請求できるというのだ。

今回、最高裁は、債務者側を支持する判決を下した。消費者金融側は「そもそも過払い金を次の返済に充当すると決めた覚えはない」と言うが、この判決によって今後は、20年前だろうが30年前だろうが、遡って過払い金返還請求されることになった。

では、この判決が消費者金融に与える影響はいかほどか。

「影響額は想像がつかないが、確実に過払い金の返還額は増える」と肩を落とす。実際、東日本信販の案件では、時効が認められなかったため、過払い金の返還額は150万円から320万円に倍増。実際の交渉では、時効などを材料にして請求額を値切ることが多いが、今後はできなくなる。

次に、弁護士や司法書士による“掘り起こし”が増える。最近では、彼らの働きかけによって借金を返済し終わった完済者からの過払い金返還請求が急増している。10年以上取引のある利用者は30%以上いるともいわれており、時効の壁がなくなれば、顧客層は格段に広がるためだ。

加えて、過払い金返還時には年利5%の利息を付けねばならず、期間が長引けば長引くほど過払い金返還額は加速度的に増えることになる。(週刊ダイヤモンド引用 一部改変)

真っ当な事も言っていますし、ツッコミどころもありますが、この記事結構面白いので、ぜひ最後まで読んでみて下さい、これからまだまだ続きますw (`・ω・´)ノ 続くお

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
 ルパンさん皆さん御無沙汰しています。
 おととい、裁判所へ行ってきました。
 結果は、意外にも相手から(オーエムシー)損害金の請求に対する準備書面が出されて、結審が来月初めに持ち越されました。内容は、「原告の請求した通り、ちゃんと取引履歴等提出しているので、不開示による損害金の請求をされるほどの違法性はない」との事。
 先月の裁判官の言い方に非常に焦り、「最後の取引から15年たっているから時効だ(被告の主張通り)」弁護士にも相談しましたが、「これは自分には難しい.他をあたってくれ」との事でした。
 てっきり、敗訴を言い渡されると思ったら、弁論再開ということで、損害金に関しては、私の言い分があれば判決までに準備書面を提出すれば、相手にファックスし、その上で、判決するとの事でした。
 相談した弁護士は、(去年法テラスでお世話になった弁護士ですが、)損害金に関しては、なにも言ってくれなかったんです。5250円の相談料も払ったのに。もしかして、一部(損害賠償部分の)勝訴ってこともあるんじゃないですかね、私の準備書面の内容によっては。後は裁判官がどう判断するかにかかってくると思うのですが。
 
 最後になりましたが、先回の書き込みの後、皆様からいろいろアドバイスや励ましのお言葉いただき
ながら、お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
 最初の取引が、昭和63年である事、最後の取引
(入金)が平成5年で、残債有り。の状況で、裁判官に原告の主張どおり時効だといわれたこと、また少額ですが法律相談した弁護士にも難しいと言われたこと。等々でかなりこたえて、しばらく
立ち直れませんでした。
 でも、今日こちらを覗いてみたら、「時効に対して反論できるかもしれないかも」なんて勇気づけられました。
 まずは、準備書面を作成して、裁判所へもっていきます。
 また報告します。
 ルパンさん皆さんいつもありがとうございます。
50代主婦 2009/02/25(Wed)11:26:27 編集
» Re:無題
50代主婦さん、こんばんは、お久しぶりですね。
OMCに対する過払い金返還請求訴訟の為の裁判所への出廷お疲れさまでした。
この50代主婦さんのコメントを読ませて頂いていると何だか少し追い風が吹いているような気がしなくもないですね、損害賠償に関しては50代主婦さんの提出する準備書面上の主張構成から判断する案件担当判事の裁量権に掛かってくると思いますので私のような素人が判断するのは難しいですが、50代主婦さんのこの案件てコメントを読ませて頂いている限りでは平成5年が最終弁済日でその後残債務があるまま支払いをしていなかったという事でしたよね確か?
もしそうだとしたらなんですが、これ最終的に解約日っていつになるんですかね?契約書に記載されていますかね?
通常の場合だと金融業者はその契約上の約定債務を全て弁済し終えたり債務整理での弁護士介入でもない限りは契約を終了させるという事は無いような気がするんですけどね。
仮にですが、もし上記のような状況であったなら最高裁1.22の判決内容から考えると時効は成立していないですよね、最高裁1.22で示された過払い金返還請求権の時効起算日は契約の終了日から起算という事ですから、平成5年が最終取引日でも契約終了日ではないですよね?そう思いませんか?私はそう思うんですけどね…
最高裁1.22判決によって、そういった主張も出来るようになったような気がするんですけど、これ50代主婦さんのOMC案件にも当て嵌まりますかね?
これ何かのヒントにでもなって時効起算日の見直しが出来れば大逆転なんですけどね、上記のような取引状況だったら1審で一部敗訴しても控訴審で逆転勝訴とかありえそうな感じもするんですが、どうですかね。
中々難しい状況ではあると思いますが、このような事が何かのヒントにでもなって50代主婦さんの過払い金請求が少しでも良い結果で終わると良いですね。
準備書面の作成、気合を入れて頑張って下さいね。
PS(おそらくですが、50代主婦さんが法テラス紹介の弁護士さんに相談をした当時と今で過払い金の時効起算に対する認識はかなり変わってきているのではないかと私は思います)
2009/02/26 22:25
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]