忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
現実味を帯びてきた引当金の積み増し

いまや消費者金融業界は、過払い金返還請求で足元から崩れ落ちそうな状況だ。各社とも今年度には、減り始めると見ていたが、その兆しはない。

それどころか、アコムやプロミスでは、昨年12月の過払い金返還請求の申込件数は過去最高を記録した。本来、12月は営業日数が少なく、ボーナスが入る時期でもあり、借り入れ申し込みや過払い金返還請求は減少する時期である。

それにもかかわらず過払い金返還請求が増えたのは、「そうとう、資金難に陥っている人が多いのではないか」(大手消費者金融)と見られる。そこに先の最高裁判決の影響も加われば、さらに過払い金返還請求は増えるだろう。

このままでは、いずれ07年3月期のような5000億円近い巨額の引当金積み増しを迫られる可能性は否定できない。となれば、大手ですら存続は危うい。また、すでに破綻も出始めた地方の中小貸金業者に至っては、壊滅状態に追い込まれるだろう。

消費者保護に向けた行政や司法の判断(下記表参照)は否定しない。だが一方で、出資法と利息制限法の二重の金利体系を認めてきた法体系やその金利帯での営業を認めてきた行政の監督責任はどうなるのか。このままでは貸し手はいなくなる。そのしっぺ返しは消費者に返ってくる。(週刊ダイヤモンド引用 一部改変)

原文記事URL  http://diamond.jp/series/closeup/09_02_21_001/


借り手に有利な判決が続く

週刊ダイヤモンドのダイヤモンドオンラインというところの記事からの引用なんですが、過払い金請求に携わる者としては結構興味深くて面白い(ツッコミどころも多いですしw)記事なので、かなり長い記事なのですが、ぜひ過払い金請求に携わる多くの方にも読んでみて頂きたいのでここで紹介させていただきたいと思います(・∀・)ノ

この記事、最初は消費者金融業界を擁護しているのかと思って読んでいたら、最後には国や行政などの監督責任に矛先を向けてきましたねw

ただ、この記事を書いている方も過払い金返還請求に関しては表面的な部分しか理解していないのではないのかなぁ、と俺はこの記事を読んでいて感じてしまいました、過払い金という不当利得金の搾取によってでしか経営が成り立たない貸金業ならばこの国の法体系にはそぐわないという事なのでしょうから、消えてしまっても仕方はないですね…
そもそも過払い金問題というものの陰にはどれだけの人の苦しみが隠れているのかという事から理解してもらいたいなぁ…と  ・д・)

きちんとこの国の法や司法判断を遵守し、その上で消費者と上手く付き合いながら利益を上げていく事が出来る貸金業者ならば今後も生き残っていく価値もあるのではないかと俺は考えています、新たに浮上している信用情報機関への登録に関する記事なども過払い金問題と共にかなり興味深い話ですねぇ(  -д-)

という事で長くなってしまいましたが、これからもっともっと過払い金や消費者金融を取り巻く状況は変化していきそうな感じがしていますね、しつこいようですが、やっぱり「過払い金請求はお早めに!」という事なんでしょうね (`・ω・´)ノ 最初から読むお

 <<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ルパンさんへ
コメントありがとうございます。(*^□^*) 


頑張って早く取り戻しできるように一歩踏み出してみようと思います。 

また進展を報告、相談させていただきますが、今後ともよろしくお願いします。(><)
しょうちゃん 2009/02/22(Sun)20:05:06 編集
» Re:ルパンさんへ
しょうちゃんさん、こんばんは。
またまたコメントへの返信が遅くなってしまいました、すいません。
まずは一歩ずつ、そしてその一歩が更におおきな一歩になり結果自分自身が最後に納得の出来る過払い金返還請求をする事が出来ると良いですね。
今は過払い金請求をする者にとっては追い風が吹いていますが、過払い金を返還する側にとっては逆風という事ですからSFCGなどのようになる金融業者はこれからも増えていくのではないかと思われますので、その辺りのバランスも上手く考えながら頑張って下さいね。
近い内にも何か進展があって、しょうちゃんさんの良い報告コメントが読めるのを楽しみにしていますね。
2009/02/25 03:22
» SFCG破綻
ルパンさん、皆さん、こんにちは。

商工ローン大手のSFCGが民事再生申請法の適用を申請。負債総額は約3380億円。
株価が下がったと言っても、まだ千円台での経営破綻。武ちゃんマンデビルも500円を割り、毒チワワも百円も割りそうです。
やはり請求はお早めにいうことは間違いなさそうです。できれば業者は過払い金払い終わるまでは細々と生きながらえてほしいものです。
にゃんたろう 2009/02/23(Mon)11:26:06 編集
» Re:SFCG破綻
にゃんたろうさん、こんばんは。
糞会社が民事再生申請法の適用を申請しやがりましたね、負債総額は3380億円ですか…武富士の今期の過払い金返還の為の引き当て金の1.7倍の負債額で破綻ですか、今までの不当利得は何処に行っちゃたんでしょうかね?SFCGって決してまともな過払い金返還対応を続けてきて経営が苦しくなったような会社じゃないような気がするんですけどね…
基本的には糞オーナーのワンマン経営のような会社ですよね?
今日のSFCGの終値は確か800円位でした、武富士約362円、アイフル101円、シンキ99円、全てsageです。
武富士、アイフルは大丈夫なんですかね、これ?
にゃんたろうさんも言われているように、やっぱり「過払い金返還請求はお早めに!」ですが、本当に少しでも長く持ち堪えて貰いたいものと言える水準になってきているような感じがしますね…
2009/02/25 03:35
» SFCG破綻
こんにちは、みなさん。既にニュースなどでご存知の方も多いとは思いますが、SFCGが東京地裁に民事再生法の申請を行い事実上破綻しました。
このブログは「個人で」過払い金を取り戻すという趣旨のためか、専ら商工ローン中心のSFCGやロプロ(旧・日栄)に関する話題は少なかったようですが、いずれにしてもSFCG判決に名を残すような高利金融であったことは事実です。

さてSFCGの破綻は、SFCGという会社本体という意味ではなく「高利金融会社」としては予想された事態ですが、ここ数日のストップ安を除けば株価自体の下落率は他に危機説が飛び交う武富士・アイフル・ロプロといった会社よりマシな水準であり唐突と言う印象は否めません。某株式サイトでは最上級の「買い推奨」まであったくらいです。(先週金曜日確認)

さて、いつどこが破綻しても不思議ではないというのが高利金融会社の現実でしょう。少なくとも決算上SFCGは赤字を出していないのに破綻です。
1株10数円というロプロ、100円割れ目前のアイフル、上場来安値更新中の武富士あたりがヤバいなんて話は普通に出てきます。
かつて山一證券が破綻したときも「経営は苦しいが大丈夫」「債務超過ではない」などと繰り返されており、信じた従業員までもが「会社を支える」などとして株式を購入し大きな損害を受けたと聞きます。(もちろん株式投資は自己判断ですし、ボロ株の中にも化けるものもあり、一概に騙されたとは言えないが)

さてこうなって来ると本当に難しいのが「完全勝利」か「早期和解」かの選択。明暗というワケではないですけど、アエル案件を小生がルパンさん同様に戦っていた場合「取りこぼした可能性」が出てくる事も事実です。

小生のアエル案件はご承知のように「元金の8割」という妥協の産物です。仮に元金の1~2割といったふざけた和解案なら蹴っ飛ばしているとは思いますが、5~6割だったらどうかな?と自問してしまいます。

当事者からすれば「運・不運」と言う言い方は不謹慎にも聞こえてしまいますし、小生も結果論として最も有利な方法での「取り戻し」であったことから簡単には言う事が出来ません。

過払い金返還までの道のりは相手の出方次第の部分も大きいのですが、履歴請求から実際の返還までに半年から1年以上といった時間を要するものになっています。早期解決を目指しつつ一方で納得の出来る条件での和解(解決)となると、裁判だけに頼るのではなく自らの積極的な行動も必須になってきますね。
ヤマト 2009/02/23(Mon)11:57:03 編集
» Re:SFCG破綻
ヤマトさん、こんばんは。
そうですねぇ、株価の動きなどだけ(まぁ素人レベルですけどw)で見ているとSFCGの破綻(民事再生法の適用申請)って何かおかしいですよね?
にゃんたろうさんへのコメントでも書きましたが、SFCGってそんなにまともに過払い金の返還なんて行ってないような会社ですよね?
かつての商工ローン全盛時代などに不当に利得していた不当利得金は何処に行っちゃったんですかね?それに未だにHPがそのままなのもイラつきますね…
このブログは基本的には「個人」訴訟で過払い金を取り戻す!が確かに主旨ですから商工ローン系の話題には疎いですが、それでも少なからず話題になっていた会社ですからね、武富士やアイフル、ロプロなどの株価の状況などから考慮してもSFCGは電撃破綻という事ですよね。
ヤマトさんが言われているようにこれからの過払い金返還請求は落しどころというのも非常に重要になってくる事は間違い無さそうですね、過払い金返還請求を行いたくても相手の業者がアエルのようになってしまえば取り戻す事の出来る過払い金はわずか1、2割…
1.22最高裁判決で過払い金請求を行う者にとっては絶好の追い風が吹いたのとは逆に今まで不当利得金で利益を得ていた金融業者にとっては猛烈な向かい風とい事ですからこうなるのも理解は出来なくは無いのですが、とは言っても長年に亘って不当に高い利息を搾取され続けてきて、さあそれを返してくれ!という事になったら相手が破綻とは何だか本当にやり切れないですよね…
これからの過払い金請求は「お早めに!的確判断で!バランス良く!」という事が重要にもなって来そうですね。
2009/02/25 03:51
» SFCG破綻について
昨日夕方の新聞記事でSFCG民事再生手続きを知りました。
一主婦の友人でもある会社社長が、ここから資金を借りています。
司預けで交渉中でしたが決裂状態になっていました。
利息引き直しで残債を分割払いでと交渉してくれていたのですが、SFCG側は一括返済の一点張りで・・・
とりあえず、3回に分けて支払う段取りをして、2回までが済んでいたのですが・・・
最期の1回分の返済が出来ずにいたところ、
SFCG側から利息引き直し前の状態で入金分を差し引いた書類が届きました。
利息も前のまま、遅延損害金も加算され・・・
酷い状況でしたが、どうすることも出来ず、司もお手上げ状態で・・・
そうこうしてる内にSFCG破綻のニュースです。
今後、相手側弁護士から連絡があると思うのですが、昨日の今日なので、まだどうなって行くのか全然見えません。
過払い金返還請求には100%対応できないとか・・・
民事再生が通って支援企業が出たら、また再起しちゃうんでしょうね・・・ゾンビみたいですね。
貸した人には多くの利息を乗せて返済請求するくせに、自分が苦しくなったら全部チャラにしてもらって立ち直ろうとするなんて・・・
とっても理不尽で酷いとしかいえません。
どうなっていくのかなぁ??
心配です◎
一主婦 URL 2009/02/24(Tue)13:33:34 編集
» Re:SFCG破綻について
一主婦さん、こんばんは。
一主婦さんのご友人の方はSFCGとはそんな経緯があったのですか、本当に糞会社ですね。
これからそのご友人方がどのような形でSFCGと手を切る事が出来るのか、確かに心配ですが、地裁に民事再生法の適用申請をした以上はアホみたいな相手の主張する利息などは払う必要は無くなるとは思いますので最悪は最後の一回の支払い残金に遅延分の商事法定利息年6分までの支払いで済むような気がするんですが、やはり心配ではありますよね…
自分達の債権に関しては一主婦さんの友人に対するように請求を出しながら、自分達の利得してきた不当利得に関しては100%の返還は出来ないと既に開き直っている…やっぱり糞ですね。
これですぐに支援するような会社が現れたら何だか出来レースのような気がしてならないですね。
SFCGに対して過払い金返還請求を行っているような方はその金額もかなり高額になっている方も多いと思いますので、何とか少しでもまともな再生計画案になると良いんですけどね、あまり期待出来そうな気がしないんですよね…
SFCGに関しては今後も要注目ですね。
2009/02/25 04:06
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]